docomo(ドコモ) iPhone(アイフォン)

iPhone12とiPhoneSEの比較。2020年に買うならどっち?

10月23日に発売されたiPhone12!
やはり人気で今回は在庫が薄いのかな?という印象があります。

同じく今年発売されているiPhoneSE!

これまたコスパ最強のシンプルイズベストなiPhone。

今回はこのiPhone12とiPhoneSE,2020年購入するならどっち?

ということで比較や検討をしてみました!

レビュー記事はこちら↓

【体験談】iPhone12レビュー。サイズやカメラ、使い心地について

[体験談]iPhone12PROレビュー。サイズやカメラ。そして発熱が心配

iPhone12の予約方法の全て!ドコモ・au・ソフトバンクで誰よりも早く確実にゲットする方法を伝授

iPhone12 pro promax miniのカラーでお悩みの方へ。人気色は新色の「ブルー」「パシフィックブルー」

iPhone12の在庫、予約、入荷情報[ドコモ・au・ソフトバンク]

新型iPhone12の予約を間違えた!色や容量の変更やキャンセルは有料か?

iPhone12とiPhone12PROは5G契約じゃないと使えない?4G契約や格安SIMだとどうなるか?

 

iPhone12とiPhoneSEのスペックの比較

iPhone12iPhoneSE
サイズ146.7*71.5*7.4138.4*67.3*7.3
重さ162g148g
ディスプレイSuperRetinaXDRディスプレイ
460ppi
2,000,000:1コントラスト比(標準)
最大輝度1,200ニト(HDR)
RetinaHDディスプレイ
326ppi
1,400:1コントラスト比(標準)
最大輝度625ニト(標準)
CPUA14BionicA13Bionic
カメラデュアル12MPカメラシステム(超広角、広角)
ナイトモード
DeepFusion
2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
シングル12MPカメラ(広角)
最大5倍のデジタルズーム
インカメラTrueDepthカメラ・12MPの写真4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
ナイトモードなど
FaceTimeHDカメラ・7MPの写真
防水・防塵IP68等級IP67等級
セキュリティFACEIDTOUCH ID
カラバリブルー・グリーン・レッド・ホワイト・ブラックレッド・ホワイト・ブラック
価格85.800円~44.800円~
5G対応×

スペック表から順に説明していきましょう

サイズ・重さ

サイズはiPhoneSEが高さで8.3ミリ、横幅で4.2ミリ小さいので
やはりiPhone12よりもSEのほうが小さいサイズ感になっています。

重さも150gを切っているSEのほうが、小さいのが好き!という人には向いています

ディスプレイ

ディスプレイではiPhone12は有機ELであるSuper Retina XDRディスプレイを採用しています
SEは液晶のRetina HDディスプレイ

このディスプレイ自体のきれいさというのはそこまで大きな差はありませんが
今回は解像度やコントラスト比、輝度で大きく差が出ます。

ちょっとコントラスト比に関しては三度見くらいしちゃいましたね。そんな数値違うの?!って。

また、iPhoneSEはベゼル部分が大きいため、画面自体が12に比べて圧倒的に狭いのは確かです。

映像やゲームなどを楽しみたい人や、大き目画面で見たい人にとってはSEは使いにくいと感じる可能性があります。

CPU

A13BionicとA14Bionicという大きな差があります。

今回iPhone12に搭載されたA14Bionicは、5nmプロセスが採用されており
A13 Bionicと比較してチップ性能は40%高速に、GPUコアは30%高速となっています。

処理能力に優れているので、やはりA14BionicのiPhoneのほうがより能力は高いですね。

SEはiPhone11と同様のA13Bionicですが、昨日はたまたまゲームの処理を同時にしていたら
やはりiPhone12のほうがスムーズだったことが分かりました。

もちろん、A13Bionicが悪いワケではありません。
それ以上にA14Bionicが優れているだけです。

カメラ

カメラは同じ12MPでも、搭載しているスペックが全く変わります。
光の取り込む量も変わるし、ナイトモードの有無もある。
ズームの質なども変わりますし、特にインカメラではその差が分かりそうです。

iPhoneSEのインカメラは7MPと正直そこまでいいわけではありません。
iPhone12はアウトカメラと同じ12MPで、更にナイトモードなども利用できます。

デュアルカメラかシングルカメラか、という違いも大きいですが
カメラに関しては拘りたい人・どうでもいい人といるでしょう

iPhoneのカメラ自体はやはりSEでも綺麗に取れるので、通常の撮影だけでいい人にはSEで問題ありません。

セキュリティ

ロック解除は顔認証か指紋認証か、という違いになります。

顔認証でも気にならない人はいいですが
マスクをしていて指紋認証がいい、という声は根強くあり
そのため、今回のiPhone12に指紋認証が搭載されなかったことにはガッカリした人も多かったようですね。

iPhoneSEは指紋認証の貴重な機種ですから、あえてのiPhoneSEを利用したい人も多くいます。

カラバリ

iPhoneSEは3色ですが、iPhone12はそれに2色加えた5色となります。

ただし、iPhone12とSEのレッドはかなり色味が違って見えますね。

これまでのレッドとは違った仕上がりの12に対しては
想像と違ったと思う人もいるかもしれません

価格

価格は倍ほど変わります。

まぁそうだよね~と思いますが5G対応であることや
カメラの機能、A14Bionicへの進化なども考えれば
同じiPhoneとはいえ、全く違うものでしょう。

そうなれば価格のつけかたも違って当たり前なので
SEが【安価で使いやすい】を求めた結果なら
12は【ハイスペックなiPhone】という事なんでしょう。

ただ、12とSEの比較は正直そこまで重要じゃないと思っています
私は12miniが出たら、それこそSEと比較検討するべき機種だと思いますね・・・!(真顔)

iPhone12とiPhoneSEに求めるものがそもそも違う?

iPhone12とiPhoneSEって、同じiPhoneだけど同じ土俵ではないところで戦っているiPhoneだと思います。

というのは、iPhoneSEは「廉価版」で「ミニサイズ」というそもそもの前提があり
そこから待ち望んで出てきた商品です。
iPhone8の形を踏襲し、指紋認証は残し、シングルカメラでありながらも
CPUはA13Bionicという処理能力の高さが買われた安価なiPhoneです

一方iPhone12は「ハイエンドモデル」で「5G対応」という前提があり
そのシリーズはすべてハイスペックの形を表した商品です。
全面ディスプレイで内容もよく、これまでの11や11Proのような顔認証のままで登場しました。

なのでそれを考えると、iPhone12にしようかな~それともSEかな~
っていう悩み方って正直あんまりないと思いますね。

ただiPhone12miniにしようかな~SEにしようかな~ならあるでしょう。
なぜなら「サイズ感」というモノが近く、12miniはSEよりも小さいからです。

つまり、SEを求める人は「指紋認証」や「サイズ感」や「安さ」を兼ね備えた処理能力の高いiPhoneを
12を求める人は「ハイエンド」で「5G」で寄り素晴らしい処理能力の高いiPhoneを

と、全くの別方向へ向いた求め方だからです。

ちなみに私はどうしても指紋認証が使いやすいし、サイズ感が小さいほうがすきなので
現時点はSEを選んでいますよ。

ただminiが出て実際持ってみて「いいな~!」って思ったら、価格次第では
12miniに流れる可能性が・・・ある!笑

iPhone12とiPhoneSE、2020年に買うなら?

今年ねぇ・・・と思ったのですが
いくつかの選択肢があると思います

・iPhoneSEは安価なので12回払いや一括にして、来年のiPhone13?を買う

・来年こそ5Gは普及しそうなので、予めのiPhone12を買う

この2択で考えるといいかもしれません。

話によると、なので必ずしもそう、とは言い切れないけれど
今年そこまで目立って普及していない5Gも来年は大きく広がると考えられています。
そうなったとき、5Gの恩恵を感じられるiPhone12のほうが、
今5Gの地域外の人だってほんとうに楽に・気軽に5Gに移行できるでしょうし、よりコンテンツを楽しめるでしょう。

しかしiPhoneSEは安価である、という強みがありますから
「次に行くためのつなぎ」的な存在として購入して使ってもいいし
もしくはお財布的な意味で高額iPhoneよりも能力が高くて使いやすいSEを愛用するのはアリですよ。
というかおおいに活躍しますよ。

現在iPhoneSEを使っている身としては、やっぱりiPhoneSEはSEなりに非常にいいと思う。

というわけで。

上記の2つを踏まえた購入で、どちらが自分に合っているのか?
を考慮して買うといいと思います!

ただし!まだ12miniが出る前のこの記事。
来月12miniが出たら「いや、2020年12miniを買うべきだろ」って言ってるかもしれないし
同じ意見かもしれない。
そこらへんはもうちょっと待ってて!

ってことで、急ぎ目で購入を考えている人は、
SEか12か。を選ぶ参考になればコレ幸い。

購入はオンラインショップで

現在iPhone12もSEもMNPではキャリアでは割引が入ってお得になっています!

特にiPhone12は最新モデルなので、相当お得といえますね。

Appleでも下取りに出せばiPhone12も元値を安く購入が可能ですよ。

オンラインショップでは頭金・事務手数料がなく購入することができます。

例えばMNPなどで安くなるよ!といっても、頭金で1万以上かかってしまえばそれは本当にお得・・・?

通常機種変更でも、店舗や家電量販店は頭金があったり
もしくは頭金が0円でも、有料オプションの加入が必要であればやはり高くついてしまいます。

各キャリアのオンラインショップは頭金などはありませんので、
やはり購入はオンラインショップがオススメです!

また、いつもあるとは限らないのですが
ドコモなどではクーポンが発行されることがあります。タイミングが分かりませんが
稀にいきなり発行されることがあるので、こちらの記事もぜひ、参照してください。

ドコモオンラインショップのクーポンの入手方法とシリアルナンバーと裏技。[2020年版]

人気のiPhoneはすぐ売り切れたり、iPhone12に関しては現在ほぼ「予約」をする状況です。
人気カラーなども入手しづらいでしょうから、欲しい人ははやめに予約購入をしてくださいね。

iPhone12の予約ページはこちら

iPhone12の予約ページはこちら

iPhone12の予約ページはこちらから


スマホを機種変更するならオンラインショップがおすすめ

そして最後にちょっとおとくな情報をお伝えしましょう。

スマホを購入する方、まだ店舗で浪費してるんですか?

今は各キャリアショップで並ばずに予約、購入する時代です。

しかもドコモ、au、ソフトバンク、どこでも使えます。

その方法は各キャリアのオンラインショップを利用します。

ドコモ

ドコモオンラインショップ

au

au Online Shop

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップ

オンラインショップとは各キャリアが直営しているインターネットにて

機種変更ができる便利なサービスです。

このサービスを利用すると店舗へ行かずとも自宅で機種変更をすることが可能です。

ECショップなので24時間日本全国どこからでも使えます

キャリアショップや量販店では必須だった頭金が

オンラインショップだとなんと0円、無料なんです。

しかも余計なオプション加入もないですよ。

また余計な営業を受ける事もないです

時間はかからないし頭金がかからない分端末代金が安いのは分った。

でも初期設定や電話帳の移行が不安だからキャリアショップの方がいいなぁ~

なんて思う人もいるでしょう。

そんな人のおすすめなのが各キャリアショップ受取りです。

オンラインショップでは受取り場所をあなたの都合の良い

キャリアショップに設定する事ができます。

料金プランや端末で不安なら全キャリア

事前にチャットで質問する事もできます。

まだ使った事ない人は是非使ってみて下さいね。

ドコモ



*ドコモだとドコモショップや家電量販店では2,000~3,000円かかる事務手数料が無料なので さらにおすすめです。

ドコモオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

au


auオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

au オンラインショップ(au Online Shop)で機種変更すると安い。メリットとデメリットを確認

ソフトバンク



ソフトバンクオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ソフトバンクオンラインショップで機種変更するメリットとデメリット!

-docomo(ドコモ), iPhone(アイフォン)
-, ,

Copyright© iPhoneF@n(iPhone以外もドコモやau、楽天などスマホ情報多め) , 2021 All Rights Reserved.