iPhone(アイフォン) iPhoneSE3 iPhone SE (第2世代)

iPhone SE3とiPhone SE2を比較!6つの違いとは?

2022年3月9日午前3時に開催されたアップルイベントで、iPhoneSE3(第3世代)が3月18日に発売することが決定しました。

iPhone SE3(第3世代)はiPhone SE2(第2世代)と比較しどのような違いがあるのか気になりませんか?

本記事ではiPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)の違いについて徹底比較しました。

結論から言うとiPhone SE3(第3世代)はiPhone SE2(第2世代)の違いは以下の6つです。

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)の6つの違い

  • プロセッサ(チップ)
  • バッテリー持ち
  • 5G対応
  • カメラ性能
  • RAM
  • 価格

具体的な違いについては記事内で詳しく解説しますが、おすすめは断然iPhone SE3(第3世代)です!

私も、もし今iPhone SE3(第3世代)かiPhone SE2(第2世代)のどちらかを購入するのであれば絶対にiPhone SE3(第3世代)を購入します。

その理由は、「5G対応」であること、「プロセッサの向上」、「カメラ性能」です。

価格差も8,000円~10,000円と僅かであり、iPhone SE3(第3世代)かiPhone SE2(第2世代)どちらにしようか迷っているのであればiPhone SE3(第3世代)を強くおすすめします。

iPhone SE3(第3世代)が欲しい方も、iPhone SE3(第3世代)のスペック次第ではiPhone SE2(第2世代)を購入したい方にも必見の情報ばかりです。

是非最後までご覧ください。

auオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ

この記事を読むと分かること

  • iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)の6つの違い
  • iPhone SE3(第3世代)のプロセッサ(チップ)はスペックアップ
  • iPhone SE3(第3世代)は5G対応、iPhone SE2(第2世代)は5G非対応
  • iPhone SE3(第3世代)のRAMは4GB、iPhone SE2(第2世代)のRAMは3GB
  • iPhone SE3(第3世代)のバッテリー性能向上
  • iPhone SE3(第3世代)のカメラ性能向上
  • iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)のサイズとカラーは同じ
  • iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)のディスプレイ(画面)は同じ
  • iPhone SE3(第3世代)はiPhone SE2(第2世代)の価格より8,000円~10,000円程度上乗せ
  • おすすめはiPhone SE3(第3世代)!
  • iPhone SE3(第3世代)の発売日
  • iPhone SE3(第3世代)に指紋認証(ホームボタン)機能は搭載される
  • iPhone SE2(第2世代)の生産終了時期

※本記事内の表示価格は税込み表示です。

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)の6つの違い

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)の違いは以下表の通り6つです。

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)の6つの違い

  • プロセッサ(チップ)
  • バッテリー持ち
  • 5G対応
  • カメラ性能
  • RAM
  • 価格

上記iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)の6つの違いについて分かりやすく表にまとめましたのでご覧ください。

項目iPhone SE3(第3世代)iPhone SE2(第2世代)
プロセッサA15 BionicA13 Bionic

バッテリー
バッテリー容量-1821mAh
ビデオ再生15時間13時間
ストリーミング再生10時間8時間
オーディオ再生50時間40時間
5GSub 6対応なし
メインカメラf値F1.8F1.8
機能スマートHDR 4次世代スマートHDR
光学式手ブレ補正光学式手ブレ補正
Deep Fusion
フォトグラフスタイル
RAM4GB3GB
ストレージ64GB/128GB/256GB64GB/128GB/256GB
価格64GB57,800円49,800円
128GB63,800円55,800円
256GB76,800円66,880円

スペック比較表だけでは、どう変わるのか分かりにくいと思います。

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)の6つの違いについてより詳細に解説していきますね。

auオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ

①プロセッサ(チップ)

項目iPhone SE3(第3世代)iPhone SE2(第2世代)
プロセッサA15 BionicA13 Bionic

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)の違いの1つ目は「プロセッサ(チップ)」です。

iPhone SE2(第2世代)は「A13 Bionic」なのに対しiPhone SE3(第3世代)は「A15 Bionic」となっています。

プロセッサのスペックが上がると、処理速度が速くなり複数のアプリやブラウザを立ち上げていても「モッサリ感」なく「サクサク」動きます。

また、3Dゲームや常時接続型のゲームは処理速度が求められます。特にシューティングゲームなどは0.01秒の動作遅延が命取りになることが多くあります。

ここであなたは「処理速度が速くなったのは分かったけど、どれほど違うの?」と思いませんか?

その答えは「iPhone 11」と「iPhone 13」ほどの違いがあります!

iPhone SE2(第2世代)に搭載しているのプロセッサ「A13 Bionic」はiPhone 11と同じものです。

それに対し、iPhone SE3(第3世代)に搭載しているのプロセッサ「A15 Bionic」はiPhone 13と同じです。

つまり処理速度のスペックとして「iPhone 11」と「iPhone 13」ほどの違いがあるのです。

iPhone 11とiPhone 13の差がある!と言われればかなりの差があるように感じませんか?

②バッテリー持ち

項目iPhone SE3(第3世代)iPhone SE2(第2世代)

バッテリー
バッテリー容量-1821mAh
ビデオ再生15時間13時間
ストリーミング再生10時間8時間
オーディオ再生50時間40時間

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)の違いの2つ目は「バッテリー持ち」です。

ビデオ再生時間は2時間、ストリーミング再生は2時間、オーディオ再生は10時間も電池持ちがよくなっています。

またプロセッサのスペックが上がったこともあり、バッテリー使用方法も最適化されバッテリーの無駄遣いを減らせます

バッテリー容量は公開されていませんが、仮にバッテリー容量が同じでも高性能なプロセッサの場合、「バッテリー持ち」は良くなります。

iPhone SE2(第2世代)の懸念点であったバッテリーは、iPhone SE3(第3世代)で少し改良されたといえるでしょう。

③5G対応

項目iPhone SE3(第3世代)iPhone SE2(第2世代)
5GSub 6対応なし

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)の違いの3つ目は「5G対応」です。

2022年3月現在では5Gの利用ができない地域も多くあります。

もしあなたのお住まいの地域が5G非対応エリアの場合、購入するスマホは5Gに対応している必要ないのでは?

とあなたは思われるのではないのでしょうか。しかし、少し考えてください。

「今」は5Gに対応していない地域かもしれませんが「1年後」はどうでしょうか?

au、ドコモ、ソフトバンク各社は公式HP内で下記のように発表しております。

au

2022年3月には約5万局に達する5G基地局の構築を計画しており、700MHz帯による人口カバー率90%の5Gネットワークを整備していく予定です。

au公式HP 5Gサービスエリアの拡大予定について」より引用

ドコモ

より多くの方々に「瞬速5G」をご体感いただけるよう、基地局開設を積極的に進行中です。2023年3月末までに基地局数を3万2千局、高速・大容量な人口カバー率を約70%へ拡大させることを計画しております。

ドコモ公式HP ドコモの瞬速5Gをご紹介」より引用

ソフトバンク

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、2022年春ごろに5G(第5世代移動通信システム)のネットワークの人口カバー率を90%にすることを目標に、サービスエリアの拡大を推進しています。2022年1月末時点で5Gの人口カバー率が85%超に、基地局数が2万3,000局超になりましたのでお知らせします。

ソフトバンク公式HP 5Gの人口カバー率が85%を突破」より引用

つまり2022年春から2023年3月末までのうちに日本の主要都市はもちろん、地方都市の多くのエリアも5Gに対応している可能性が高いのです。

あなたは今iPhone SE3(第3世代)を購入したら2年以上使いますよね?

そうであるならば「5G対応機種」を購入することは理にかなっていると言えるのではないでしょうか。

5G対応か非対応かはとても大きな違いです。2年先を見越すのであれば5G対応であるiPhone SE3(第3世代)はとても魅力的だと断言できるでしょう。

④カメラ性能

項目iPhone SE3(第3世代)iPhone SE2(第2世代)
メインカメラf値F1.8F1.8
機能スマートHDR 4次世代スマートHDR
光学式手ブレ補正光学式手ブレ補正
Deep Fusion
フォトグラフスタイル

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)の違いの4つ目は「カメラ性能」です。

画素数やF値に変化はないものの、細かな部分でアップグレードをしてきました。

進化ポイントは、「スマートHDR 4」「Deep Fusion」「フォトグラフスタイル」の3つです。

スマートHDR 4では明暗を判別し、風景や人物をくっきりと写真に収めることができます。白い場所は白飛びを防ぎ、黒い場所では黒つぶれを防ぎます。

明暗がはっきりしている場所では、スマートHDR 4を使えば、綺麗で鮮明な写真が撮れること間違いなしです。

またDeep Fusionとフォトグラフスタイルと組み合わせることで、より目で見たままに近い写真を収めることができるでしょう。

Deep Fusionとは

Deep Fusionとは1枚の写真を撮影する際に自動的に4枚の短時間露光、4枚の通常写真、1枚の長時間露光の計9枚の写真を撮影します。

その9枚の写真を自動で合成し最もキレイに映るように生成してくれます。

更にただ合成するだけでなく、その物や部位により最適化された画像として仕上げます。

例えばあなたの顔であればより顔色がキレイに映るように、合成してくれるのです。

フォトグラフスタイルとは

フォトグラフスタイルとはiPhone13シリーズから導入された技術です。

具体的には「標準」「リッチなコントラスト」「鮮やか」「暖かい」「冷たい」の5つのモードがあり、ただ写真を撮影するだけで自動的にそのモードにあった写真撮影を可能とします。

あなたがより美しく映りたいのであれば「暖かい」を選択し、おしゃれなランチを撮影したいのであれば「リッチなコントラスト」紅葉や花などの自然を撮影したいのであれば「鮮やか」にするとより良い写真が撮影できるのではないでしょうか。

⑤RAM

項目iPhone SE3(第3世代)iPhone SE2(第2世代)
RAM4GB3GB
ストレージ64GB/128GB/256GB64GB/128GB/256GB

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)のRAMとストレージ比較は上表のようになります。

iPhone SE2(第2世代)のRAMは3GBなのに対し、iPhone SE3(第3世代)は4GBにアップグレードしました。

よってプロセッサもRAMもiPhone 13と同じとなります。

割安モデルであるiPhone SE3(第3世代)でiPhone 13と同じプロセッサとRAM容量のiPhoneが手に入るなんてとてもお得ですよね??

ストレージに関しては最大256GBなため、ヘビーな使い方をする方には少し物足りなさを感じるかもしれません。

しかしクラウドに写真や動画などのデータを保存しておけば、ストレージの確保は可能です。

⑥価格

項目iPhone SE3(第3世代)iPhone SE2(第2世代)
価格64GB57,800円49,800円
128GB63,800円55,800円
256GB76,800円66,880円

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)の違いの6つ目は「価格」です。

iPhone SE2(第2世代)の各容量帯の価格より8,000~10,000円程度高くなっています

但し、注意して頂きたいのはiPhone SE2(第2世代)は「今の価格に対して」5,000~10,000円高くなるということです。

iPhone SE2(第2世代)の価格はiPhone SE3(第3世代)が発売開始されればほぼ間違いなく値下げするでしょう。

現状の価格との比較の場合8,000円~10,000円ですが、値下げ後は20,000円以上の差になることも十分考えられます。

もしiPhone SE2(第2世代)が欲しいのであれば、iPhone SE3(第3世代)発売後で値下げされるタイミングで購入することをおすすめします。

auオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)のサイズとカラー比較

項目iPhone SE3(第3世代)iPhone SE2(第2世代)
高さ138.4mm138.4mm
67.3mm67.3mm
厚さ7.3mm7.3mm
重量144g148g
カラーミッドナイトブラック
スターライトホワイト
(PRODUCT)RED(PRODUCT)RED

iPhone SE3(第3世代)のサイズについてはiPhone SE2(第2世代)から変更はありません。

ベースがiPhone SE2(第2世代)と同じであることから、コストが抑えられていると考えられます。

私たちユーザーとしてはなるべく安く販売してほしいし、iPhone SE2(第2世代)の大きすぎず使いやすいあのサイズ感が人気なので一石二鳥ですよね!

カラーについては、大まかにみると変わりません。

ただミッドナイトはブラックに比べより黒みが増しており、スターライトはくすみがかったかわいい色味の白になっています。この細かな色の違いにこだわる方もいるかもしれません。

ポイント

iPhone SE3(第3世代)のサイズはiPhone SE2(第2世代)と同じ!!

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)のディスプレイ(画面)性能比較

項目iPhone SE3(第3世代)iPhone SE2(第2世代)
画面サイズ4.74.7
種類Retina HD(液晶)Retina HD(液晶)
解像度1,334 x 750ピクセル1,334 x 750ピクセル
326ppi326ppi
コントラスト比1,400:11,400:1
輝度625ニト(標準)625ニト(標準)
機能True ToneTrue Tone
触覚タッチ触覚タッチ
広色域ディスプレイ(P3)広色域ディスプレイ(P3)

iPhone SE3(第3世代)のディスプレイ(画面)はiPhone SE2(第2世代)から変更はありません。

iPhone13シリーズは有機ELディスプレイですがiPhone SE3(第3世代)は液晶ディスプレイを採用しています。

有機ELディスプレイと液晶ディスプレイを比較すると有機ELディスプレイの方がより高性能なディスプレイです。

大きな違いとしては有機ELディスプレイは黒色の表現がより鮮明となります。

この違いはテレビなどの大画面で見る場合には重要だと言われていますが、スマホの場合はディスプレイが小さくそこまで気になるほどの差ではありません。

また、液晶ディスプレイの方がより安く導入可能なので、iPhoneの中の「格安モデル」という位置づけであるiPhone SEシリーズでは液晶ディスプレイが採用されたと考えられます。

ポイント

iPhone SE3(第3世代)のディスプレイ(画面)はiPhone SE2(第2世代)と同じ!

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)のプロセッサ(チップ)・通信性能比較

項目iPhone SE3(第3世代)iPhone SE2(第2世代)
プロセッサA15 BionicA13 Bionic
5GSub 6対応なし

iPhone SE3(第3世代)はiPhone SE2(第2世代)と比較しプロセッサ(チップ)と通信性能が大きく進化します。

上表の通り、プロセッサ(チップ)は「A13 Bionic」から「A15 Bionic」に、「5G非対応」から「5G対応」となります。

この進化はとても大きくプロセッサの比較でいえば「A13 Bionic」はiPhone 11に搭載されているもので、「A15 Bionic」はiPhone 13に搭載されているチップとなります。

つまり処理性能差でiPhone 11とiPhone 13もの差があるのです。

また、iPhone SE2(第2世代)は5G非対応で、iPhone SE3(第3世代)は5G対応です。

5Gの普及はどんどん進んでおり1年後には地方都市でも使用可能となり、2年後には当たり前にほぼ全ての方が5Gを利用しているでしょう。

あなたが今スマホを購入し2年以上使用する予定であるならば、5G対応のiPhone SE3(第3世代)を強くおすすめします。

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)のプロセッサ(チップ)・通信性能比較については本記事内の「iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)の6つの違い」の「①プロセッサ(チップ)」と「③5G対応」でそれぞれ詳しく解説しています。

気になる方は是非、ご覧ください。

ポイント

iPhone SE3(第3世代)のプロセッサ(チップ)はiPhone SE2(第2世代)と比較し大幅進化!!

iPhone SE2(第2世代)は5G非対応だったがiPhone SE3(第3世代)は5G対応!!

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)のRAMとストレージ比較

項目iPhone SE3(第3世代)iPhone SE2(第2世代)
RAM4GB3GB
ストレージ64GB64GB
128GB128GB
256GB256GB

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)のRAMとストレージ比較は上表のようになります。

iPhone SE2(第2世代)のRAMは3GBなのに対し、iPhone SE3(第3世代)では4GBになりました。

よってプロセッサもRAMもiPhone 13と同じとなります。

割安モデルであるiPhone SE3(第3世代)でiPhone 13と同じプロセッサとRAM容量のiPhoneが手に入るなんてとてもお得ですよね??

ストレージに関しては64GB/128GB/256GBと、iPhone SE2(第2世代)と変化はありません。

あなたがもし、写真や動画をたくさん撮るのであればクラウドサービスをうまく活用してみてください。

ポイント

iPhone SE3(第3世代)のRAMは4GB!

iPhone SE3(第3世代)のストレージ64GB/128GB/256GBとiPhone SE2(第2世代)から変化なし!

プチ情報

ストレージとROMの違いって知っていますか?

どちらも「データ保存領域」という点は同じですが、「ROM」は読み出し専用でデータの書き込みはできません。

ストレージ」は読み出しも書き込みもできる保存領域となります。

以上、「ストレージとROMの違い」のプチ情報でした。

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)のバッテリー比較

項目iPhone SE3(第3世代)iPhone SE2(第2世代)
バッテリー容量-1821mAh
ビデオ再生15時間13時間
ストリーミング再生10時間8時間
オーディオ再生50時間40時間
充電機能高速充電高速充電
ワイヤレス充電ワイヤレス充電
約30分で最大50%約30分で最大50%
-
付属充電器なしなし

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)のバッテリー比較は上表のようになります。

iPhone SE3(第3世代)のバッテリー容量は公表されていませんが、利用可能時間は延びています。

また、仮にiPhone SE3(第3世代)のバッテリー容量がiPhone SE2(第2世代)と同じであったとしても、プロセッサ性能の向上により、確実に電池持ちはよくなったといえます。

先ほどもお伝えしましたがiPhone SE3(第3世代)のプロセッサはiPhone SE2(第2世代)と比較し「A13 Bionic」から「A15 Bionic」へとスペックアップします。

プロセッサ性能が向上すると処理性能が上がり、バッテリーの使用も最低限で行うよう最適化されます。

これにより、仮にバッテリー容量が同じでもバッテリー持ちは良くなると言えるのです。

ポイント

iPhone SE3(第3世代)のバッテリー性能はiPhone SE2(第2世代)と比較し向上している!

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)のカメラ比較

項目iPhone SE3(第3世代)iPhone SE2(第2世代)
カメラ(広角レンズ)シングルシングル
・F値F1.8F1.8
・画素数1200万画素1200万画素
光学ズーム
デジタルズーム5倍5倍
機能スマートHDR 4次世代スマートHDR
光学式手ブレ補正光学式手ブレ補正
Deep Fusion
フォトグラフスタイル
動画4K4K
ビデオの光学式手ぶれ補正ビデオの光学式手ぶれ補正
1080pHDビデオ撮影1080pHDビデオ撮影
最大3倍のデジタルズーム最大3倍のデジタルズーム

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)のカメラ比較は上表のようになります。

進化した点としてはスマートHDR 4」「Deep Fusion」「フォトグラフスタイルが追加されていることです。

特にスマートHDR 4は明暗の激しい場所での撮影に強いので、シーンによっては有効活用できます。

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)のカメラ比較については本記事内の「iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)の6つの違い」の「④カメラ性能」で詳しく解説しています。

気になる方は是非、ご覧ください。

ポイント

機能としてはスマートHDR 4」「Deep Fusion」「フォトグラフスタイル」が追加された!!

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)の価格比較

項目iPhone SE3(第3世代)iPhone SE2(第2世代)
価格64GB57,800円49,800円
128GB63,800円55,800円
256GB76,800円66,880円

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)の価格は上表のようになります。

iPhone SE2(第2世代)の価格に8,000円~10,000円程度上乗せされるようなイメージですね。

iPhone 13 mini 256GBの価格は98,800円であり、iPhone 13 miniと比較しても22,000円も安く購入可能です。

iPhone SE3(第3世代) 256GBはかなりお買い得と言えるでしょう。

ポイント

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)の価格差は各容量帯において、8,000円~10,000円程度上乗せ!!

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)の総スペック表

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)について様々な視点から比較してきましたが、総スペック表が見たい!

という方のために全ての比較項目を一覧にまとめましたのでご覧ください。

項目iPhone SE3(第3世代)iPhone SE2(第2世代)
高さ138.4mm138.4mm
67.3mm67.3mm
厚さ7.3mm7.3mm
重量144g148g
カラーミッドナイトブラック
スターライトホワイト
(PRODUCT)RED(PRODUCT)RED
画面サイズ4.74.7
種類Retina HD(液晶)Retina HD(液晶)
解像度1,334 x 750ピクセル1,334 x 750ピクセル
326ppi326ppi
コントラスト比1,400:11,400:1
輝度625ニト(標準)625ニト(標準)
機能True ToneTrue Tone
触覚タッチ触覚タッチ
広色域ディスプレイ(P3)広色域ディスプレイ(P3)
プロセッサA15 BionicA13 Bionic
5GSub 6対応なし
RAM4GB3GB
ストレージ64GB64GB
128GB128GB
256GB256GB
バッテリー容量-1821mAh
ビデオ再生15時間13時間
ストリーミング再生10時間8時間
オーディオ再生50時間40時間
充電機能高速充電高速充電
ワイヤレス充電ワイヤレス充電
約30分で最大50%約30分で最大50%
-
付属充電器なしなし
カメラ(広角レンズ)シングルシングル
・F値F1.8F1.8
・画素数1200万画素1200万画素
光学ズーム
デジタルズーム5倍5倍
機能スマートHDR 4次世代スマートHDR
光学式手ブレ補正光学式手ブレ補正
Deep Fusion
フォトグラフスタイル
動画4K4K
ビデオの光学式手ぶれ補正ビデオの光学式手ぶれ補正
1080pHDビデオ撮影1080pHDビデオ撮影
最大3倍のデジタルズーム最大3倍のデジタルズーム
価格64GB57,800円49,800円
128GB63,800円55,800円
256GB76,800円66,880円
auオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)どっちがおすすめ?

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)を比較した場合、トータル的に考えるとiPhone SE3(第3世代)がおすすめです。

大きな理由としては以下の3つになります。

iPhone SE3(第3世代)がおすすめな3つの理由

  • 5G対応
  • カメラ性能の差
  • プロセッサの向上

iPhone SE3(第3世代)がおすすめな理由の1つ目は「5G対応」です。

iPhone SE2(第2世代)は5G非対応です。2022年3月現在は5Gが利用できることで恩恵を感じている方はあまりいないと思います。

しかし、これから2年先まで見通した場合、5Gが更に普及し当たり前の世の中になることはほぼ確定しています。

そんな時代にあなたが使っているiPhoneで5Gが使えない場合、あなたはどう感じるでしょうか?

恐らく高確率で後悔し5G対応のiPhoneを買いなおすことになるでしょう。

そうならないためにも今から購入するのであればiPhone SE3(第3世代)がおすすめだと言えます。

iPhone SE3(第3世代)がおすすめな理由の2つ目は「カメラ性能の差」です。

iPhone SE2(第2世代)と比較し「スマートHDR 4」「Deep Fusion」「フォトグラフスタイル」など様々な機能が追加されました。

特に重要な機能が「スマートHDR 4」です。明暗の激しい場所での撮影にかなりの影響がでます。

撮影をする機会が多いならiPhone SE3(第3世代)をおすすめします。

iPhone SE3(第3世代)がおすすめな理由の3つ目は「プロセッサの向上」です。

iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)のプロセッサの差はiPhone 13とiPhone 11程の差があります。プロセッサの性能差によって、動作のサクサク感バッテリー持ちに影響します。

あなたがもし、3Dゲームや常時オンライン型のゲーム、アプリやブラウザを複数立ち上げる等、プロセッサ性能が求められる使い方をするのであればiPhone SE3(第3世代)の方が適しています。

上記3つの理由以外にも「RAMの容量アップ」などおすすめしたい理由はあります。

ただし、1つだけネックとなるのが価格です。

iPhone SE3(第3世代)が発売されればiPhone SE2(第2世代)は高確率で値下げされるでしょう。

その価格差は同容量帯で20,000円程度になると予想されます。

あなたがもし、上記おすすめ理由にあまり魅力を感じず第一優先が「コスト」であるならばiPhone SE2(第2世代)を購入するのも賢い選択かもしれませんね。

auオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ

iPhone SE3 iPhone SE2 違いに関するよくある質問

iPhone SE3 iPhone SE2 違いに関するよくある質問をまとめましたのでご覧ください。

Q:iPhone SE3(第3世代)の発売日はいつ?

機種発表日予約開始日発売日
iPhone SE(初代)2016年3月21日2016年3月24日2016年3月31日
iPhone SE(第2世代)2020年4月16日2020年4月17日2020年4月24日
iPhone SE(第3世代)2022年3月9日2022年3月11日2022年3月18日

iPhone SEシリーズは上表の通り毎シリーズ春に発表されています。

そしてiPhone SE3(第3世代)も同様の時期に発表されました。

但し、1つだけ懸念材料があります。それは世界的な半導体不足です。

この問題はiPhone SE3(第3世代)にも影響し、在庫確保までに時間がかかると考えられます。

Q:iPhone SE3(第3世代)に指紋認証(ホームボタン)はある?

iPhone SE3(第3世代)の認証装置はiPhone SE2(第2世代)と同様、Touch ID(指紋認証)が搭載されています。

よってホームボタンも残っています。iPhone 12シリーズとiPhone 13シリーズにはホームボタンがありません。

これを嫌ってiPhone SEシリーズを使っているiPhoneユーザーの方は多くいます。

あなたもiPhone SE3(第3世代)にホームボタンがあることが分かりホッとしたのではありませんか?

Q:iPhone SE2(第2世代)はいつ生産終了になるの?

2022年3月7日現在でiPhone SE2(第2世代)の258GBは生産終了しています。また、2022年春には64GB と128GBも生産終了する見込みとなっています。

もしどうしてもiPhone SE2(第2世代)が欲しいのであれば、早めに購入した方が良いでしょう。

まとめ

iPhoneの人気機種iPhone SE2(第2世代)の後継機種であるiPhone SE3(第3世代)は大人気機種となることは間違いないです。

iPhone SE2(第2世代)の足りない部分を補ったiPhone SE3(第3世代)は機能面も価格面も備えたコスパ最強機種と言えるでしょう。

スマートフォンデビューする方も、乗り換える方にもiPhoneの中で最もおすすめな機種と言えます。

毎回、新型iPhoneは予約が開始するとすぐに予約が殺到し、申込不可となります。

これを機会に予約開始と同時にiPhone SE3(第3世代)を申し込んではいかがでしょうか?

auオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ

-iPhone(アイフォン), iPhoneSE3, iPhone SE (第2世代)
-,

Copyright© iPhone大陸 , 2022 All Rights Reserved.