iPhone(アイフォン) iPhone13 Pro iPhone13 Pro MAX

iPhone13 ProとPro MAXの違いは大きさだけ?2機種を徹底比較

【必見】新型iPhone 13 特集

ついにiPhone13Pro/13ProMaxも発表となりましたね!

皆さんはすでに情報をなんらかの形で目にしているかと思いますが、果たして今回のiPhone13Pro/13ProMaxはどう違うのか?ということにフォーカスをあててみました!

どうせなら良いほうが買いたい、という人もいるでしょうし、大きいサイズが好きとか小さめがいいとか、好みもあります。

じゃあどっちがいいのか?となると、やはりここは比較検討しなければならないですよね!では早速、iPhone13Proと13ProMaxを徹底比較していきましょう!

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ

iPhone13Pro と iPhone13ProMaxの比較

スペックの比較

まず、違いがどんなものか分かるよう、スペックの比較を見ていきましょう。

iPhone13 ProとiPhone13 Pro MAXのスペック比較
  iPhone13Pro iPhone13 Pro Max
サイズ 146.7*71.5*7.65 160.8*78.1*7.65
重さ 203g 238g
容量 128/256/512GB、1TB
ディスプレイ ProMotion搭載SuperRetinaXDRディスプレイ
最大120Hzのアダプティブリフレッシュレートを持つProMotionテクノロジー
2,532x1,170ピクセル解像度、460ppi
ProMotion搭載SuperRetinaXDディスプレイ
最大120Hzのアダプティブリフレッシュレートを持つProMotionテクノロジー
2,778x1,284ピクセル解像度、458ppi
CPU A15
防水・防塵 IEC規格60529にもとづくIP68等級
アウトカメラ (広角カメラ)12MPƒ/1.5絞り値7枚構成のレンズ
(超広角カメラ)12MPƒ/1.8絞り値と120°視野角6枚構成のレンズ
(望遠カメラ)12MPƒ/2.8絞り値6枚構成のレンズ
3倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、6倍の光学ズームレンジ
最大15倍のデジタルズーム
(その他)DeepFusion/ナイトモード(2.2倍の集光力)/マクロ写真撮影
ビデオ撮影 浅い被写界深度でビデオ撮影(1080p、30fps)ができるシネマティックモード
ビデオのデュアル光学式手ぶれ補正(望遠、広角)
ビデオのセンサーシフト光学式手ぶれ補正(広角)
1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
  ステレオ録音
  4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
TrueDepthカメラ(インカメラ) 12MPƒ/2.2絞り値
アニ文字/ミー文字/ナイトモード
バッテリー ビデオ再生:
最大22時間
ビデオ再生:
最大28時間
生体認証 顔認証
SIM デュアルSIM(nano‑SIMとeSIM)
カラーバリエーション(デザイン) グラファイト、ゴールド、シルバー、シエラブルー  テクスチャードマットガラスの背面と
ステンレススチールのデザイン
通信 5G ※sub6のみ対応
取り扱い通信事業者 ドコモ/au/Softbank/Rakuten mobile

ディスプレイの比較

ディスプレイはその大きさによる違いでしかなく、解像度も460ppiと458ppiと数値に多少の差はあれど、人の目から見ての違いなどは全く分からないくらいです。

どちらとも最大120Hzのアダプティブリフレッシュレート対応となります。1秒間に10回から120回の頻度で画面を更新。もちろん、その間のすべてのフレームレートにも対応するので、より滑らかに、より心地よく画面操作ができます。

正直ようやく120Hzに対応したんだな、というところですが、これはiPhone13 Pro / iPhone13 Pro MAXのみの仕様となっています。(正直、無印のiPhone13でも対応してほしかった)

カメラの比較

カメラ機能についてはまったく同じです。
違いがないため、特に「どっちがいい」という話にはなりません。

ただYoutubeなどで動画編集をしたりなどする方にとっては、大き目のPro Maxのほうが使いやすいのでは?と思います。
※持つのか固定するのかでもまた印象は変わると思います

今回のiPhone13 Pro /Pro MAXのカメラ機能には、2センチまで近づいてリアルな描写が可能なマクロ撮影も搭載されており、より楽しみ方の幅が広がりました。

ビデオの機能には、浅い被写界深度でビデオ撮影(1080p、30fps)ができるシネマティックモードが搭載。
人の目線や仕草から、自動でフォーカスを当てるところとボカしを判断してくれます。

テレビなどでも取り上げられる際に、こちらのシネマティックモードが紹介されていました。

動画を撮りたい人には絶対Proシリーズのほうが欲しくなるな、と思う内容ですね。

バッテリーの比較

iPhoneそのものの大きさによるバッテリーの違いから、再生時間などはiPhone13ProMaxのほうが長く持ちます。

ビデオ再生では22時間と28時間で6時間の開きがありますが、オーディオ再生だとiPhone13Proが最大75時間、iPhone13ProMaxが最大95時間となんと20時間も開きがありました。

どちらともリチャージブルリチウムイオンバッテリー内蔵となっており、最大15WのMagSafeワイヤレス充電/最大7.5WのQiワイヤレス充電/高速充電に対応します。

価格の比較

やっぱり気になるのは価格ですよね・・・!

価格は以下の通りとなります。

  iPhone13Pro iPhone13ProMax
128GB 122,800円 134,800円
256GB 134,800円 146,800円
512GB 158,800円 170,800円
1TB 182,800円 194,800円

※すべて税込みでの価格です

全体的に高いのは高いです。一番安くても12万を超えるので、高額端末ですね。

こちらはApple価格ですので、キャリアでの価格はこれよりも少し高く、その上で各キャリアの各種プログラムにより実質負担額は安くなるでしょう。

 

iPhone13ProとiPhone13 ProMaxの発売日は

予約注文は9月17日午後9時からスタートです。
発売日は9月24日です。

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ

結論:iPhone13ProとiPhone13ProMaxの大きな違いはサイズ・バッテリー・価格のみ

こうしてスペックを見ていって分かったのは大きな違いはサイズ・バッテリーと価格のみでしたね!

あんまり違いはなかったのですが、操作性や用途などで、どちらにしようかな?というところでしょう。

iPhone13Proがオススメな人は

動画撮影なども楽しみたい人でしょう。シネマティックモードで、Youtubeへアップする動画や自作映画を作ってみたいなど、映像に関わる人には特にオススメです。女性などで、持ちやすさも兼ね備えていてほしい人にはiPhone13Proがオススメです。

iPhone13proMaxがオススメな人は

動画撮影も含め、編集、大画面での操作をしたい人向けです。Pro同様、Youtubeへアップする動画や自作映画を作ってみたいなど、映像に関わる人には特にオススメです。大き目ですので、固定して撮影したりなどするのにも向いています。

欲しい方は予約開始時に予約を済ませてくださいね!

iPhone13ProとiPhone13ProMaxの予約・購入はオンラインショップがオススメ

発売日は9月24日になりましたね!それに伴い、事前予約は9月17日の21時からとなります。

予約をせず購入となりますと、Applesotreなどに直接購入しに行くか、取り扱い店舗に在庫があるか賭けていくか・・となりますが、やはりそれよりも、欲しいカラーやストレージを入手してほしいので、事前予約がオススメです。

事前予約はAppleからも勿論できますが、キャリアでも取り扱いますので、各キャリアで購入したい方は、キャリアのオンラインショップにて予約をするのがオススメです

予約が早くできれば発売日に自宅に届けてもらうことも可能ですし、キャリアの場合、オンラインショップなら頭金もかからず購入が可能です。店舗ですと、購入の際に頭金という名前の端末に関係ない店舗の利益分が上乗せになるので、頭金まるっと損しちゃいますよ。

こちらの記事でも詳しく書いていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ

-iPhone(アイフォン), iPhone13 Pro, iPhone13 Pro MAX
-, ,

Copyright© iPhone大陸 , 2021 All Rights Reserved.