iPhone(アイフォン) iPhone13 iPhone13 mini iPhone13 Pro iPhone13 Pro MAX

iOS15の不具合と改善方法まとめ

【必見】新型iPhone 13 特集

iPhone13 不具合まとめ

本記事では、iOS 15の不具合についてまとめていきます

2021年9月21日からリリースされたiOS 15ですが、すでに様々な情報が上がってきています。

外部アプリの表示がおかしい、Spotifyの影響によりバッテリー消耗が激しくなった、AirPods Proの操作をSiriに頼むと断ってくるなど、情報が入り次第随時、更新を行っていきます。

解決方法の情報も入りましたら、更新していきますので参考にしてみてください。

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ

iOS 15 アプデートによる不具合まとめ

iOS 15 不具合まとめ

現状、iOS 15の報告があがっている大きな不具合は、以下のようなものがあります。

不具合

  • プライベートリレーによる不具合
  • 空き容量は十分だが「iPhoneの空き容量が残りわずか」の警告
  • バッテリーへの影響
  • 外部アプリへの影響

1つずつ詳しく見ていきましょう。

プライベートリレーによる不具合

携帯キャリア

iOS 15にすることで新たに使えるようになった「プライベートリレー」は、IPアドレスや位置情報などのプライバシー情報を保護し、安心してネット接続ができる機能です。(2021年9月時点ベータ版)

ただこの機能が、各携帯キャリアへ弊害を与えてしまっている現状。

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル共通で注意喚起を行っています

これからお伝えする不具合は、プライベートリレーの設定をオフにすることで、一時的に回避できるとのこと。

プライベートリレーをオフにする

iPhoneの設定アプリを開く

一番上の自分の名前をタップ

iCloudをタップ

プライベートリレーの項目のスライドボタンをタップ

プライベートリレーによるドコモへの弊害

ドコモではdアカウントメニュー、iチャンネルへの影響がでているようです。

dアカウントメニューが利用できない

dアカウントメニューで影響を受ける可能性があるものは、以下の6つの機能です。

  • パスワードの確認
  • 2段階認証の設定
  • dアカウント利用履歴
  • ログイン通知/ログイン情報詳細
  • ID発行
  • ID/パスワードを忘れた方

主にログインに関する機能です。

上記を利用する場合は、プライベートリレーをオフにする必要があります。

パスワード忘れをしていなければ、問題なくログインはできるので大きな影響はないかもしれません。

ドコモ側は、プライベートリレーに対する改修は予定していないとのこと。

iチャンネル 一部コンテンツが利用できない

iチャンネルのコンテンツの一部が利用できないという状況も確認されています。

【iPhoneアプリ版】
天気チャネル内の10分天気の利用が不可

【iPadブラウザ版(Safari)】
パケット定額サービスを利用していなくても動画再生が可能になってしまう

iチャンネルは、月額コース制でニュースや天気、占い、dマーケットなどなど様々なコンテンツが楽しめるサービス。

現状、不具合が出ているのは一部のみとのことです。

▲プライベートリレーをオフにする

プライベートリレーによるauへの弊害

auではフィルタリングサービス、世界データ定額に不具合があるとの報告があがっています。

フィルタリングが利用できない

未成年のスマホ利用において、有害なサイトや大人のサイトへのアクセスをブロックしてくれる大事な機能のフィルタリング。

親御様は子どもにスマホを持たせるのが心配で、フィルターをかけている方も多いはずです。

「未成年ウェブフィルター」が機能しないことで、何かあってはと心配ですよね。

これもまた、プライベートリレーをオフにすることで解消することができます。

世界データ定額が利用できない

海外でauのスマホを利用している方は、プライベートリレーをオンにしていることで、データ通信ができなくなると報告されています

「世界データ定額」は世界150以上の国・地域で、データ通信を行うことができる便利なサービスです。

現状、対象の国にいる方全てに影響が出ているので、プライベートリレーをオフすることをauは呼びかけています。

▲プライベートリレーをオフにする

プライベートリレーによるソフトバンクへの弊害

ソフトバンクではプライベートリレーにより、プラン、フィルタリングへの影響がでています。

データカウントフリー対象外となる

ソフトバンクでは「メリハリプラン」「ウルトラギガモンスター+」と、YouTubeやAmazon Prime Video、LINE、Twitterなど一部のコンテンツのデータ使用量をカウントしないプランを提供しています。

しかしプライベートリレーによってカウントしないものまでカウントしてしまう場合があるとのことです。

iOS15以降でiCloud+を利用する際に、プライベートリレーをONに設定すると、データ量を消費する場合がございます。
プライベートリレーをOFFにした場合、iOS14以前同様に対象サービスがギガノーカウントによりご利用いただけます。

引用:ソフトバンク公式サイトより

YouTubeやAmazon Prime Videoは利用している方も多いので、もしカウント対象となってしまった場合、すぐにデータ容量の上限に達してしまう方も出てくるかもしれません。

フィルタリングが利用できない

au同様、ソフトバンクでもフィルタリングへの影響を受けています。

小さいお子様にiPhoneを持たせている方は、一度プライベートリレーの設定を確認してみましょう。

▲プライベートリレーをオフにする

プライベートリレーによる楽天モバイルへの弊害

楽天モバイルでもカウントフリーサービスへの影響を受けています。

課金対象外のサービスを課金対象としてカウントしてしまう

楽天モバイルの強みでもある、「Rakuten Linkアプリ」を通した通話無料サービスにも不具合が生じています。

・Rakuten Linkアプリ同士のメッセージ送受信、電話の発着信
※なお、Rakuten Linkアプリを用いた通話料につきましては、一部電話番号への発信を除き、無料でご利用いただけます。
・my 楽天モバイルのご利用

引用:楽天モバイル公式サイトより

通常課金の対象外とされているサービスも、プライベートリレーがオンになっていることで、課金対象としてカウントされてしまいます

楽天モバイルも他社同様に、プライベートリレーをオフにすることを呼びかけています。

楽天モバイル以外にもIIJmioの通話アプリ「みおふぉんダイアルアプリ」にも不具合がでており、強制終了するとのこと。

その他、キャリアの通話アプリを介して電話するものは、不具合が出る可能性がありそうですね。

▲プライベートリレーをオフにする

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ

SiriがAirPods Proに対しての操作を拒否する不具合

iOS15 AirPods Pro 不具合

なんとiOS 15した際に、SiriにAirPods Proのノイズキャンセリング機能や外部音取り込み機能をオンにするよう頼むと、「すみません、それはできません」と拒否されるとのこと。

その他にもいくつか、Siriに操作をお願いすると拒否されるものがあると報告されています。

ノイズキャンセリング機能や外部音取り込み機能は、コントロールセンターやAirPods Proの感圧センサーを長押しすることでオンにすることも可能です。(長押し時にどのモードにするかは、設定から選択できる)

>>AirPods Pro 感圧センサーの操作(アップル公式サイト)

何よりもiOS 15の空間オーディオが凄すぎるという反応が多い印象です。

https://twitter.com/yasaigames_/status/1440518683999096832?s=20

空き容量は十分だが「iPhoneの空き容量が残りわずか」の警告

iOS 15 ストレージ 不具合

iPhoneは設定アプリから、本体容量に対してどれくらいの容量を利用しているかを見ることができます。

容量がいっぱいであれば、「iPhoneの空き容量が残りわずか」の警告がでてきます。

しかし、iOS 15にすることによって、空き容量が十分にあっても、同じように警告が出てくるといいます。

https://twitter.com/piyokichi_room/status/1441261085567307781?s=20

しかもその警告は消すことができないとのこと。

アップルサポートでは、再起動することに促していますが、改善されることはありません。

バグの改善がされるまで、しばらく待ちましょう。

バッテリーの不具合

iOS 15 バッテリー 不具合

iOS 15に関するバッテリー問題も、多々あがっています。

アップデートをした後に、バッテリーの最大容量が5%減る現象が多く報告されています。

バッテリー最大容量はスマホを利用する上での寿命みたいなものですが、一気に5%減るのはかなり衝撃ですね。

「設定アプリ」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」から確認することができるので、アップデート前と後で確認してみてください。

また充電の消耗が早い、充電時間が長くなったという声もあります。

さらには音楽再生を楽しむ「Spotify」が影響で、異常にバッテリーが減るという報告が入っています。

普段バックグラウンドで音楽を再生しながら、iPhoneを操作している方も多いのではないでしょうか。

一部ユーザーからは1秒毎に1%電池を消耗していくという声もあるそうです。この症状はiOS14.8〜見られているようでいまだ原因がわかっていません。

バッテリー問題は、次のアップデートで早急に対応して欲しい所ですね。

iOS 15による外部アプリへの不具合

iOS 15 外部アプリ 不具合

iOS 15はiPhone自体の不具合に留まらず、キャリアへの不具合も見せていますが、外部アプリへの影響も見せています。

主に皆さんが利用しているアプリへの影響も、確認していきましょう。

LINE

LINEではメッセージを受け取ってから、通知がくるまで遅延があるという声が非常に多いです。

場合によっては通知すらこなく、LINEを立ち上げると通知に気づくということもあるそうです。

Twitter

TwitterもLINE同様に、通知に関する不具合が多いようです。

またiOS 15アップデート直後に、Twitterだけログアウトされているという現象があるようです。

ログイン情報がわからないと、最悪Twitterを最初からはじめることにもなりかねませんね。

https://twitter.com/ee_gourmet/status/1441332533136744454?s=20

Instagram

インスタに関しては、全体的にアプリが重たくなる不具合が発生。

音が聞こえないという声も多数報告されていますね。

https://twitter.com/tetemaru_army_/status/1440684806660976647?s=20

ウマ娘

ウマ娘はiOS 15に順次対応していくとお知らせしています。

またアップデートにより、うまく動作しないこともあるため、iOS 15にするのは様子を見たほうが良さそうですね。

データが消えたという方もいます。

https://twitter.com/shion_shi_on/status/1439096086388375552?s=20

パズドラ

パズドラもiOS 15への対応は、まだ公式で発表されていません。

ただパズドラはアップデート後も問題なく利用できるという声が多いです。

心配な方は、iOS 15への対応が公式にされてからアップデートを行いましょう。

ポケモンGO

ポケモンGOも特に不具合らしきものは確認されていない様子です。

iOS 15に対応しているiPhone

iOS 15 不具合まとめ2

これからiOS 15にアップデートを考えている方、少し様子を見ようと考えている方、色んな方がいると思いますが、アップデートする前にご自身のiPhoneが対応しているか確認しておきましょう。

iOS 15対応 iPhone

  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone Xs
  • iPhone Xs Max
  • iPhone Xr
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPod touch(第7世代)

iPhone SEの(第1世代)やiPhone 6sは、今回アップデート対応機種から外れると予想されていましたが、iOS 15にすることが可能となっています。

ただ本体の容量の問題でアップデートができなかったり、近いうち新しいiOSに非対応になる可能性が高いので、早いうちに機種変更することをオススメします。

iOS 15にアップグレード後iOS 14に戻すことはできる?

iOS 15 不具合 ダウングレード

新しいiOSにアップデート後に不具合が出てくるのは毎度の事です。

アップデートをして公後悔をしたという方もいますが、アップル公式では以前のバージョンにダウングレードすることはできないと記載されています。

iOS、iPadOS、tvOS、watchOS のソフトウェア・アップデートをインストールした後で、それ以前のバージョンにダウングレードすることはできません。

引用:アップル公式サイトより

iOS 15にアップデートして不具合ができるのが不安という方は、少し様子を見た後に行うか、不具合が改善された次のiOSが提供されるまで待ちましょう。

公式でない方法でダウングレードできる方法も公開されていますが、作業する場合は自己責任で行うようにしてください。

iOS 15の不具合時にできる簡単な対処法

iOS 15 不具合まとめ3

iOS 15にすることで様々な不具合が報告されていますが、ここで簡単にできる対処法をお伝えしていきます。

あくまで改善される可能性があるもので、絶対に不具合が改善されるというものではないので注意。

iPhoneを再起動する

アップルサポートでも案内していますが、まずはiPhoneの再起動を試してみましょう

「設定アプリ」→「一般」→「システム終了」→「スライドで電源オフ」で電源を落とし、少し時間をおいた後、電源ボタン長押しで起動しましょう。

再起動で改善される不具合もあります。

ネットワーク設定をリセットする

Wi-Fiに繋がりにくいと言った時は、「ネットワーク設定をリセット」することで改善されることがあります。データはそのまま残ります。

ただ保存してあるWi-Fiの情報が全てリセットされるので、リセット後はWi-Fiのパスワードを入力し直す手間はあります。

リセットは「設定アプリ」→「一般」→「リセット」→「ネットワーク設定をリセット」で可能。

iPhoneの初期化

ありとあらゆる方法を試しても不具合が改善しない場合は、一度初期化して復元をかけて見る方法もあります

工場出荷時の状態にリセットするので、しっかりバックアップを取った後で行いましょう。

データを復元する作業もあるので、手間はかなりかかります。

また不具合が絶対に治るとも限らないので、最終手段と言えるでしょう。

まとめ:iOS15の不具合と改善方法

iOS 15にすることで不具合が既に多く報告されています。

不具合

  • プライベートリレーによる不具合
  • 空き容量は十分だが「iPhoneの空き容量が残りわずか」の警告
  • バッテリーへの影響
  • 外部アプリへの影響

今後、更に不具合が出てくる可能性が高いです。

新しいiOSバージョンが出てくれば、それに合わせて外部アプリもアップデートしていかなければならないケースが多いので、不具合が出てくるのも当然でしょう。

心配な方は周りの様子を見てから、アップデートすることをオススメします。

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ

-iPhone(アイフォン), iPhone13, iPhone13 mini, iPhone13 Pro, iPhone13 Pro MAX

Copyright© iPhone大陸 , 2021 All Rights Reserved.