iPhone(アイフォン) iPhone13 iPhone13 Pro

iPhone13とiPhone13 Proの違いは?どちらを買うべきか徹底比較

【必見】新型iPhone 13 特集

iPhone13シリーズついに発表となりましたね!今回は「13とProどちらがいいのか」という事を考えてみました!

違いもさながら、自分はどっちが合っているのか?という点も含めて、どちらにしたらいいのかのヒントになれたら嬉しいです!

では早速、比較をしつつどちらが自分にあうのかも考えながら見ていきましょう!

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ

iPhone13とiPhone13 Proの比較

スペックの比較

比較表 iPhone13Pro iPhone13
サイズ 146.7*71.5*7.65 146.7*71.5*7.65
重さ 203g 173g
ディスプレイ ProMotion搭載SuperRetinaXDRディスプレイ
最大120Hzのアダプティブリフレッシュレートを持つProMotionテクノロジー
2,532x1,170ピクセル解像度、460ppi
SuperRetinaXDRディスプレイ
2,532x1,170ピクセル解像度、460ppi
2,778x1,284ピクセル解像度、458ppi
CPU A15
防水・防塵 IEC規格60529にもとづくIP68等級
アウトカメラ (広角カメラ)12MPƒ/1.5絞り値7枚構成のレンズ (広角カメラ)12MPƒ/1.6絞り値7枚構成のレンズ
(超広角カメラ)12MPƒ/1.8絞り値と120°視野角6枚構成のレンズ (超広角カメラ)12MPƒ/2.4絞り値と120°視野角5枚構成のレンズ
(望遠カメラ)12MPƒ/2.8絞り値6枚構成のレンズ ×
3倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、6倍の光学ズームレンジ
最大15倍のデジタルズーム
2倍の光学ズームアウト、
最大5倍のデジタルズーム
(その他)DeepFusion/ナイトモード/マクロ写真撮影 (その他)DeepFusion/ナイトモード
ビデオ撮影 浅い被写界深度でビデオ撮影(1080p、30fps)ができるシネマティックモード
ビデオのデュアル光学式手ぶれ補正(望遠、広角)
ビデオのセンサーシフト光学式手ぶれ補正(広角)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
ビデオのセンサーシフト光学式手ぶれ補正(広角)
1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
ステレオ録音
4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
AppleProRAW ×
ProRes 最大4K/30fps(128GBモデルは1080p/30fps) ×
TrueDepthカメラ(インカメラ) 12MPƒ/2.2絞り値
アニ文字/ミー文字/ナイトモード
バッテリー ビデオ再生:
最大22時間
ビデオ再生:
最大17時間
生体認証 顔認証
SIM デュアルSIM(nano‑SIMとeSIM)
カラーバリエーション(デザイン) グラファイト、ゴールド、シルバー、シエラブルー
テクスチャードマットガラスの背面とステンレススチールのデザイン
PRODUCT RED,スターライト、ミッドナイト、ブルー、ピンク
ガラスの背面とアルミニウムのデザイン
通信 5G ※sub6のみ対応
取り扱い通信事業者 ドコモ/au/Softbank/Rakute mobile

ディスプレイの比較

比較表 iPhone13 Pro iPhone13
ディスプレイ ProMotion搭載SuperRetinaXDRディスプレイ
最大120Hzのアダプティブリフレッシュレートを持つProMotionテクノロジー
2,532x1,170ピクセル解像度、460ppi
SuperRetinaXDRディスプレイ
リフレッシュレート60Hz
2,532x1,170ピクセル解像度、460ppi
2,778x1,284ピクセル解像度、458ppi

iPhone13Proでは、ディスプレイの画面のリフレッシュレートが表示中の内容によって、10Hz~120Hzで変動するPromotionテクノロジーが搭載されています。

iPhone13では従来のまま60Hzとなり、ハイエンドモデルとはいえ、他Andoroidのハイエンドスマホのリフレッシュレートがすでに120~240Hzに対応していることからも、遅れを感じざるを得ません。

しかし、iOS(オペレーションシステム)が優秀であることから、もたつきなどは感じずに操作できることは確かです。

とはいえ、ディスプレイの内容の充実度でいえば、iPhone13Proのほうが優秀です。

ゲーム性能や動画をよく見る方はiPhone13 Proのほうがおすすめです!

カメラの比較

NEW-iPhone13

比較表 iPhone13Pro iPhone13
アウトカメラ (広角カメラ)12MPƒ/1.5絞り値7枚構成のレンズ (広角カメラ)12MPƒ/1.6絞り値7枚構成のレンズ
(超広角カメラ)12MPƒ/1.8絞り値と120°視野角6枚構成のレンズ (超広角カメラ)12MPƒ/2.4絞り値と120°視野角5枚構成のレンズ
(望遠カメラ)12MPƒ/2.8絞り値6枚構成のレンズ ×
3倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、6倍の光学ズームレンジ、最大15倍のデジタルズーム 2倍の光学ズームアウト、
最大5倍のデジタルズーム
(その他)DeepFusion/ナイトモード/マクロ写真撮影 (その他)DeepFusion/ナイトモード
ビデオ撮影 浅い被写界深度でビデオ撮影(1080p、30fps)ができるシネマティックモード
ビデオのデュアル光学式手ぶれ補正(望遠、広角)
ビデオのセンサーシフト光学式手ぶれ補正(広角)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
ビデオのセンサーシフト光学式手ぶれ補正(広角)
1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
ステレオ録音
4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
AppleProRAW ×
ProRes 最大4K/30fps(128GBモデルは1080p/30fps) ×
TrueDepthカメラ(インカメラ) 12MPƒ/2.2絞り値
アニ文字/ミー文字/ナイトモード

カメラでは、まずデュアルカメラかトリプルカメラかの違いがあります。
iPhone13Proでは望遠カメラを搭載していますが、iPhone13は望遠カメラを搭載しません。

また、ズームでもiPhone13Proは最大15倍のデジタルズームができます。一方iPhone13は最大5倍のデジタルズームです。
この点はかなり大きいですね。

ズームの幅が大きければ大きいほど写せる楽しみが変わります。

また、マクロ写真撮影もiPhone13Proでは可能。このマクロ写真撮影の有無はかなり大きいのではないでしょうか。

他にもiPhone13ProではApple Pro RAWやProResが搭載されます。
※このPro RAWを搭載することで、画像編集ソフトを使用し、より柔軟性のある画像編集が可能となります。
※Pro Resは不可逆 映像圧縮フォーマットのことです。8Kまでの解像度のサポートをします。そのためProシリーズはより膨大なデータ保存が必要となり、1TBが出ています。

バッテリーの比較

比較表 iPhone13Pro iPhone13
バッテリー ビデオ再生:最大22時間
オーディオ再生:最大75時間
ビデオ再生:最大17時間
オーディオ再生:最大75時間

iPhoneのサイズは変わりませんが、iPhone13proのほうが、ビデオ再生ではバッテリーが長く持ちます。
ただし、オーディオ再生では同様の時間になっていました。

この違いに関してはちょっとわからない部分もありますが、Proのほうがより長く使える可能性が高いです。

仕様・デザインの比較

比較表 iPhone13Pro iPhone13
カラーバリエーション(デザイン)
グラファイト、ゴールド、シルバー、シエラブルー  テクスチャードマットガラスの背面と
ステンレススチールのデザイン
NEW-iPhone13
PRODUCT RED,スターライト、ミッドナイト、ブルー、ピンク
ガラスの背面とアルミニウムのデザイン

やはり見た目の違いも大きくあります。
iPhone13よりもiPhone13Proのほうが高級感がありますね。使っている素材が違うので、それだけ印象が変わります。
正直、iPhone12でも思ったのですが、質感も見た目もProシリーズのほうが断然素敵です。個人的な見解ではありますが、持っていて嬉しくなるのはProだと思います笑

ただカラバリから見てもわかるように、今回のProは大人しめなラインナップ。噂されたきらびやかなサンセットゴールドなんかはありませんでした。残念。

一方、iPhone13のほうでは、ピンクのみが新しいカラーとなりました。
このピンクは薄い感じなので、派手さではなくやさしさという感じがしますよね。

名前は変わったけどミッドナイトはブラックのようなもんでしょうし、スターライトはホワイトのうようなもんです。
そこを考えると、iPhone13のカラーバリエーションもかなり地味になっています。

ただ、ピンクはやはり人気が出そうだと思われます。

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ

価格の比較

Apple価格 iPhone13Pro iPhone13
128GB 122,800円 99,800円
256GB 134,800円 110,800円
512GB 158,800円 134,800円
1TB 182,800円 -

iPhone13の64GBがなくなり、128/256/512GBというストレージは横並びとなりました。
そのうえで、価格を見てみるとiPhone13のほうがProよりも23,000~24,000円ほど安く購入できます。

この2万円ほどの価格をどう見るか。という話になりますね。

本体の仕様とカメラが大きな違いですから、その点での2万の価値を上乗せして購入するかどうするか。です。

iPhone13とiPhone13Proの発売日は

予約注文は9月17日午後9時からスタートです。
発売日は9月24日です。

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ

結論:iPhone13とiPhone13Proの違いはカメラ、ディスプレイ、価格、質感。

スペックを見ると、分かりやすくカメラやディスプレイで違いが分かります。

あと大きく左右するとしたら、価格とカラーでしょうか?どちらがいいのか・・・迷っている人もいることでしょう。

iPhone13がオススメな人は

日常使いとして快適に使うのであればiPhone13で充分でしょう。スペックも申し分ないですし、使い心地も良いことは間違いないです。

またカラーバリエーションとしての新登場、ピンクに惹かれている人も多いですよね。

「このカラーが欲しい!」があって、日常使いでと考えているのであればiPhone13がオススメです。

iPhone13Proがオススメな人は

動画撮影などの用途を考えている人や、カメラで楽しみたい人に向いています。

高級感ある端末ですから、スマホを仕事でも良く使うのであれば、気を引き締める意味でもProを持つといいかもしれませんね!

もしProと迷う~という人は、

※このPro RAWを搭載することで、画像編集ソフトを使用し、より柔軟性のある画像編集が可能となります。
※Pro Resは不可逆 映像圧縮フォーマットのことです。8Kまでの解像度のサポートをします。そのためProシリーズはより膨大なデータ保存が必要となり、1TBがラインナップに加わりました。

この注釈にピンとこないならiPhone13がいいと思いますし、そうそう、それそれ!ってなるならiPhone13Proを使いこなしてほしいと個人的に思います。あ、私はピンとこないですね←

iPhone13とiPhone13Proを予約・購入するならオンラインショップがオススメ!

発売日は9月24日になりましたね!それに伴い、事前予約は9月17日の21時からとなります。

人気カラーやストレージは、本当に早くなくなってしまう印象です。
特にiPhone13ならピンクなどは早めの予約が必須でしょう。
iPhone13Proも今の時代、動画撮影をする人も多く、需要の高い内容になっています。

どちらの端末も、事前予約でのゲットをオススメします。

事前予約はAppleからも勿論できますが、キャリアでも取り扱いますので、各キャリアで購入したい方は、キャリアのオンラインショップにて予約をするのがオススメです。

予約が早くできれば発売日に自宅に届けてもらうことも可能ですし、キャリアの場合、オンラインショップなら頭金もかからず購入が可能です。
店舗ですと、購入の際に頭金という名前の端末に関係ない店舗の利益分が上乗せになります。iPhoneは高額端末ですので、頭金も16,500円~してしまうところもかなり多いんですよ。
この分がまるっと余分な出費になってしまいますので、頭金のないオンラインショップにて購入してください。

こちらの記事でも詳しく書いていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ

-iPhone(アイフォン), iPhone13, iPhone13 Pro
-, ,

Copyright© iPhone大陸 , 2021 All Rights Reserved.