iPhone(アイフォン) iPhone13

iPhone13の保証はどうしたらいい?おすすめは?

【必見】新型iPhone 13 特集

電化製品の買物は一般的に保証がついていますよね。

iPhoneもやはり、保証がついていますし、別に保険に加入しておけば安心です。

高額商品で、しかも毎日フル稼働する勢いで使う「スマートフォン」というものは、今や生活必需品そのもの。だからこそ「もし不具合があったら?」「高いお金をだして保証をしたほうがいい?」など気になるところ。

今回は、iPhone13を購入する際に知っておきたい保証と、そしてiPhone12で起きた不具合、不具合を感じた際にはどうしたらいいのか?を紹介していきましょう!

9/22追加:justInCaseがiPhone13の保証に対応しました。iPhone13シリーズの保険料を掲載しています。

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ

iPhone13を購入したら保証はどうするか

スマホは高額商品となり、特にiPhoneは10万円前後、もしくはそれ以上する商品ですからやはり保証は大事です。
画面をうっかり割ってしまったり、思わぬ故障が起きてしまうことはやはりあり得ます。
そうなると、やはり個人的には保証をつける、というのがオススメです。

通常、Apple Storeで購入した商品については特に何にも加入せずとも、購入後1年間のハードウェア製品保証と購入後90日間の無償電話サポートがついてきます
ただし自然故障のみが対象となり、水没や落下による故障は対象外となっています。

購入時にはApple Care+ for iPhone/Apple Care+盗難・紛失プランに加入が可能です。
購入した日から1年間に2回まで、画面の損傷、過失や事故によるその他の損傷、盗難または紛失に対する保証を、特別価格で受けることが可能です。

※盗難・紛失に対する保証を受けるには、デバイスの盗難または紛失が発生した時点で、そのデバイス上で「iPhoneを探す」が有効になっていることが必要です

特に多いのは画面割れですが、通常保証がないと数万円もかかってしまうケースがほとんどです。

しかし保証に入っていれば、画面の損傷については安く修理が可能です。

・画面の損傷3,700円(税込)
・過失や事故によるそのほかの損傷12,900円(税込)
・盗難または紛失12,900円(税込)

また、購入先(契約先)により、保証に加入することが可能となり、購入した際には「保証に入るかどうか」は自分次第となります

保証に関しては自己責任となり、自分で決める話となります。
保証は入っていれば安心ですが、それなりに金額がかかりますので注意です。

保証に関しては、購入・契約先以外にも、スマホ用の保険、カードに付帯した保険などもありますので、自分でどうするかを決めていきましょう。
こちらの記事では、スマホ用の保険についても紹介しますので、Apple Care for iPhoneが高いから入るの躊躇するな~という人にも参考になると思います。

iPhone12で起きた不具合例

バッテリーの消耗が激しい

5G対応になることで、5Gをオンにしていると、場所や環境によってバッテリーの消費が激しい現象が見られました。

対処法

もし5Gがあまり入らない地域にいる場合には、4Gにしておくなどの設定も必要です。

また、APPのバックグランドをオフにするなどをしてバッテリーの消耗を抑える方法もありますが・・・
Twitterを見てみると、現在もiPhone12miniで特にバッテリーの消耗が激しい報告があります。
これは劣化なのでは?Apple側の問題なのでは?と思わざるを得ないのですが、私も12miniのバッテリーが11か月程度の利用で88%まで落ちており、1年でこれだけ減るのは解せないと思って問い合わせたり状態を見ましたが異常はないとのことで終了してしまいました。万が一iPhone12シリーズでバッテリーが79%まで減っているというのであれば、保証期間内は無料交換対象となります。

Appleの1年間の無料でつく保証期間の情報は、設定⇒一般⇒情報にて限定保証という項目から確認できます。

ディスプレイのちらつき

iPhone12では、ディスプレイのチラつきや緑がかったような色になるという不具合が出ました。

対処法

ディスプレイの明るさが約90%以下に設定されている場合に発生するといわれていますので、設定を90%以上にするとよいでしょう。またこちらはTrue ToneとNight Shiftをオンオフにすることで解消されるとの報告も。まだiOSでの対処の確認はとれていません。

ロック画面で入力が反応しない(iPhone12 mini)

iPhone12 miniではロック画面が反応しない問題が起こりました

対処法

iOS 14.2.1にて対処されました。
修正前には本体背面部分(カバーをしていればカメラ部分)に触れたり、フィルムを剥がすことで一時対応している人がいました。
このロック画面の反応しない問題はかなり由々しき問題でしたね。

ワイヤレス充電が遅い

ワイヤレス充電を推奨し、Mag Safeなども販売したiPhoneですが、15Wの高速充電が切れる不具合が起きていまいsた。
Appleの純正製品以外のケースだと高速充電ができなかったなどもありました

対処法

iOS 14.2.2にて修正が行われました。
もしまだ問題を感じている場合、iOSをアップデートするか、純正のケースを使うのがオススメです。

MMSが届かない

MMSの送受信(または一方)ができない不具合がありました。
届いても通知されない、グループチャットだけ確認できないなど、それなりに話題にのぼって問題になっていました。

対処法

iOS 14.3にて修正が行われました。

その他アップデートによる修正内容はこちらから確認できます。

iOS 14 のアップデートについて - Apple サポート (日本)

iPhone13では最新iOSにするべきなのか

最新iPhoneでiPhone12のようにエラーが発生する可能性もありますので、随時アップデートをしてもいいでしょう。

また、Apple側もエラーや不具合があれば対処していきますので、何か不具合を感じた場合にもアップデートでの改善できることも多いです。

最新iOSなら新機能なども搭載されることもありますし、iPhone13でアップデートはしていいと思っています。

しかし、アップデートで逆に使いづらいとか何かおかしな点が起きる事もあります。
大体最新iOSにすると誰かしらが「人柱」になって試してくれることが多いので、その人の報告を待つのもありですね笑

iPhone13の初期不良はどのくらいの確率で起こるのか

こればかりは出荷して実際に使われてみないとわからないこともありますが、iPhoneに限らず、スマホ全体で考えると、全体の約2%ほどが初期不良にあたるという話があります

ただし本当に正確な%や台数は分かりませんので、あくまで「そのくらいあるかもしれない」程度に思ってください。

2%というと、割とありますよね。ただ98%は初期不良には当たらないと考えると、ほぼほぼ大丈夫でしょう。

もし初期不良に当たったら、すぐメーカーに問い合わせてくださいね。

iPhone13の保証はApple Care+for iPhoneでいいのか

iPhoneはApple Care+ for iPhoneを利用するとができます。
端末によって価格が変わりますが、それなりに価格は高いです。

しかし、修理などは有料であり、保証といったって、安めに修理してくれるだけの話です。
もし期間内に何も起こらなければ、単なる払い損になる、という感覚の人が多いかと思います。

それでもやはりiPhoneの故障の修理は、何の保証にも入っていないと高額です。
何万円もかかってしまって、もう1台別の端末買えたじゃん・・・というような事になることも。

しかし、必ずしもApple Care+ for iPhoneではなくていいのです。
保証はApple以外にもあります

iPhone13の保証【オススメのスマホの保険】

キャリアの保証

ドコモ:ケータイ補償サービス

ドコモではケータイ補償サービスを提供しています。
内容は以下のようになります。

iPhone12の場合 AppleCare+ ケータイ補償サービス
料金 0円/月 825円/月
2年総額 18,480円 19,800円
補償期間 2年 期間の定めなし
サービス利用回数 2年間に2回まで 年間2回まで
サービス利用料金 画面の損傷:3,700円その他:12,900円 12,100円
水濡れ・水没
画面割れ
全損・破損
紛失・盗難
バッテリー交換
自然故障

期間の事などを考えると、ドコモの補償のほうが少し良いかと思います。
ただしバッテリー交換が対象ではないため、その点が不満の残るところですね。

街のお店で機種変更するより1万円以上お得なことも!

ドコモオンラインショップはコチラをタップ

※オンラインショップ限定キャンペーンあり

au:紛失故障サポートwith AppleCare Services

Apple公式の保証サービスAppleCare Servicesの製品保証を4年間提供してくれるサービスです。
紛失・盗難時に電話またはWEBでお申し込みいただくと新品同等品をお届けする補償もついています。

サービス内容 お客さまご負担額
テクニカルサポート チャットまたは電話 無償
修理サービス iPhone または iPad本体、バッテリー、および付属のアクセサリのハードウェア製品保証。 無償
過失や事故による損傷 ・画面修理:3,700円(税込)
・その他の修理:12,900円(税込)

バッテリーも含まれますので、Apple Careよりも断然いいと思います。
月額は最新iPhone12Proが税込1,309円、iPhone12/12miniは税込み979円です。

街のお店より1万円以上お得なことも!

auオンラインショップでお得にスマホを手に入れるにはコチラをタップ!

※24時間自宅からスマホ・PCだけで完結!

ソフトバンク:あんしん保証パックwith AppleCare Services

AppleCare+ 同等の保証に加え、ソフトバンクオリジナルで配送交換も行っています。

サービス内容 お客さまご負担額
テクニカルサポート チャットまたは電話 無償
修理サービス 自然故障 無償
過失や事故による損傷 ・画面修理:3,700円(税込)
・その他の修理:12,900円(税込)
・配送交換(故障/紛失/盗難)12,900円(税込)

iPhone12シリーズは月額1,309円の料金となっています。

街のお店でもオンラインでも使える!ソフトバンクの月額料金が最大13,200円(税込)割引クーポン

ソフトバンクにこれから新規・MNP契約することを予定の方におすすめなのが、ソフトバンクの月額料金がお得になるYahoo! JAPANクーポンです。最大13,200円(税込)お得になるので絶対に入手しておかないと損ですよ!

クーポンの詳細はこちらをタップ!

 

モバイル保険

月額700円で、修理費用保険金として年間最大10万円まで補償してくれます。
同一契約で3端末まで補償(Wi-FiやBluetoothにつながるモバイル通信端末に限る)してもらえるので非常にお得です。

リペアパートナーへの持ち込みで、キャッシュレス修理が可能となっています。

現に私も、iPhone12mini、iPad、iPhone SE、どれもモバイル保険にて入っており、主端末のiPhone12miniは保証が最大年間10万円ですが、副端末で登録しているiPadやiPhone SEは2台の合計で年間最大3万円となります。

ただ月額700円で保証が効くので、非常にコスパがいいと思っています。

iPhoneだけでなく、ゲーム機なども対象なので、幅広く保証してくれます。

※新品、中古品を問わず、メーカーまたは販売店等による保証書が発行されたものであれば登録可能です
※新規取得した日から1年以上経過しているものでも当保険へ申込みをおこなう時点で、メーカーまたは通信キャリアが提供する有償の補償サービスに加入しており、かつ当該サービスにより補償が受けられる状態であれば登録可能です。
その際にはキャリア等のサービス加入が分かる画面が必要になります。

モバイル保険 - 新しい形のスマホ保険 (mobile-hoken.com)

JustInCaseスマホ保険

画面割れや故障、水濡れした時の修理代、修理不能時や、盗難紛失時の再購入費用を補償してくれます。
端末によって月額料金は異なりますが、iPhone12も対象となっており、1~3か月は620円、4か月目以降は約434円です。

iPhone12の場合、修理補償上限額は8万円で、自己負担額は3500円と手ごろになっています。

また今回iPhone13も新たに保証に対応することとなりました。以下、月額料金および自己負担額となります。自己負担額は3,500円とiPhone12同様となっており、かなりお得に保証してもらえますよ。4か月目以降の30%割引は大きく、この金額はキャリアの保証よりお得だといえます。

機種名 割引前の月額保険料金 30%の割引後保険料金 修理費用上限額 自己負担額
iPhone13 770円 539円 100,000円 3,500円
iPhone13mini 690円 483円 90,000円
iPhone13Pro 920円 644円 120,000円
iPhone13promax 990円 693円 130,000円

※ご利用開始4ヶ月目以降、保険料の平均30%の割引が適用されます。

スマホ保険(JustInCase)

各種カードの保証

各カード会社によって異なりますが、携帯の保証を行う会社もあります。
ドコモですと、dカード(dカードまたはdカード GOLD)の保証が厚く、dカード GOLDをご契約の方は新端末の購入金額または頭金および事務手数料のうち、最大100,000円も保証されます。
10万もあれば、大体OKでしょう。

ドコモで購入する方は、dカード GOLDでの購入がおすすめですよ。

iPhone13がおかしいなと感じたら

再起動する

再起動することで、電源が入らない、通信が認識されないというようなハードウェアの故障が疑われる不具合が解消されることがあります。

保護ケースなどを外す

iPhone12miniで起きた不具合のように、純正品でない場合は特にiOSのデバイスやカメラなどと干渉してしまうことがあります。
もし「おかしいな」と思う場合、一度何もつけない状態で使ってみるといいかもしれません。

バックアップから復元

バックアップは時々とることをオススメしますが、状況に応じて過去に作成したバックアップから復元、もしくは「今すぐバックアップ」で更新後復元します。
明らかな不具合を感じたタイミングがあるのなら(何かをインストールしたり、何か特別な操作をしたりなど)バックアップから復元で不具合を治せる可能性があります。

新しいいデバイスとして設定

もしバックアップデータに問題があれば、新しいデバイスとして設定することで問題は解消します。
しかし新しいデバイスとして設定してみても不具合が改善されなければ、iOSやハードウェアの問題の可能性が高くなります。
この場合、Appleサポートにて相談してみることが一番早いかもしれません。

Apple サポートに問い合わせ

上記の事などを試したうえで、まったく改善されないとか、もしくは明らかなハードウェアの不具合を感じる場合には
すぐにAppleサポートへ問い合わせてみましょう。

まとめ

新しいiPhoneはやっぱり何かあったら困るので保証は入っていたほうがいいとは思います!
ただ「どの保証にするか」は別で、どれにするかは選択肢も増えているので、情報を得て考えてみるといいかなと思います^^

キャリアではキャリア独自の保証もあるので安心ですね!

格安SIMなどで、Appleから購入する人は、スマホ保険などもぜひ、検討してみてくださいね。

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ

【必見】新型iPhone 13 特集

-iPhone(アイフォン), iPhone13
-, ,

Copyright© iPhone大陸 , 2021 All Rights Reserved.