iPhone(アイフォン)

AndroidをiPhoneにする方法!4つのアプリを使うだけ!Z世代で人気急上昇!

「AndroidをiPhoneにする方法」

これは今、中学生や高校生を中心としたZ世代においてTikTokやTwitterで話題となっているワードです。

AndroidをiPhoneにする方法というのはどういうことなのでしょうか?

それはアプリを利用してAndroidをiPhone風にカスタマイズするということです。

若い世代の中では「AndroidよりiPhoneの方が優れている」という風潮があります。

若い女の子の中には「好きな人がAndroidだとちょっと冷める」といった人もいるようです。

そこでAndroidユーザーがアプリを使ってiPhone風にカスタマイズすることが流行っているんですね。

本記事ではAndroidスマホを限りなくiPhoneに近づける方法について分かりやすく簡単に説明しています。

また、Androidから1円でiPhoneに乗り換える方法もお伝えしますので最後までご覧ください。

この記事を読むと分かること

  • AndroidをiPhoneにするにはアプリをインストールして簡単な設定をするだけ
  • 【見た目】AndroidをiPhoneにする方法
  • 【操作感】AndroidをiPhoneにする方法
  • AndroidからiPhoneに1円で乗り換えるにはワイモバイルかOCN モバイル ONEがおすすめ
  • AndroidからiPhoneへデータ移行する方法

※本記事は2022年6月3日時点の情報を基に記載していています。
※本記事の表示価格は全て税込み表示です。

オンラインストアなら機種代金が最大21,600円値引き!

今すぐ1円iPhoneをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,300円する事務手数料が無料!

 

SIMのみ契約でも最大10,000円相当のPayPayポイントがもらえる!

YM ヤフー店 訴求

店舗と違って事務手数料がタダ!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※SIMのみ契約の方はこちらがお得!

スマホセットがお得すぎて品切れ端末続出中!

今すぐ1円iPhoneをOCNモバイルoneでお得に手に入れるにはコチラをタップ!

※12/9まで限定スマホセール実施中

AndroidをiPhoneにする方法とは?

AndroidをiPhoneにする方法とは正確に言うとAndroidスマホをiPhone風にカスタマイズするということです。

AndroidスマホをiPhone風にカスタマイズする方法はアプリを使って見た目や操作感をiPhoneに近づけることができますよ。

AndroidよりiPhoneが優れているのは、シンプルかつハイセンスでおしゃれな見た目とハイテク感漂う操作感ですよね。

そんなiPhoneに近づけるにはどのようにすればいいのでしょうか?

実際にどのようなアプリを使えばAndroidスマホをiPhone風にカスタマイズできるか紹介していきますね。

【見た目】AndroidスマホをiPhoneにする方法

Androidスマホの見た目をiPhone風にカスタマイズするには以下の2つのアプリを使うことで実現できます。

見た目をiPhone風にするアプリ

  • ランチャーiOS|ホーム画面のアイコンをiPhone風に変更
  • Wallpaper iOS|ロック画面の壁紙をiPhone風に変更

ではこの2つのアプリについて詳しく解説していきますね。

ランチャーiOS|ホーム画面のアイコンをiPhone風に変更

Androidスマホの見た目をiPhone風にカスタマイズするための1つ目のアプリは「ランチャーiOS」です。

ランチャーiOSはAndroidスマホのホーム画面のアイコンと壁紙をiPhone風にすることができるアプリとなります。

まずはあなたのAndroidスマホで「ランチャーiOS」をインストールしましょう。

ランチャーiOSは自動でiPhone風のホーム画面にカスタマイズしてくれるのでとても簡単です。

他の多くのアプリの場合、あなたが自分でカスタマイズする必要があるのに対し、ランチャーiOSは自動でカスタマイズしてくれるのはありがたいですよね。

ランチャーiOSをインストールすると以下の画像ようなアイコンとなります。

アイコンの見た目はほぼiPhoneですよね。ランチャーiOSをインストールするだけでandroidをここまでiPhone風にできるなんて驚きですよね。

Wallpaper iOS|ロック画面の壁紙をiPhone風に変更

Androidスマホの見た目をiPhone風にカスタマイズするための2つ目のアプリは「Wallpaper iOS」です。

Wallpaper iOSはAndroidスマホのロック画面とホーム画面をiPhone風にすることができるアプリとなります。

あなたのAndroidスマホでWallpaper iOSをインストールして壁紙を見てみましょう。

iPhoneの壁紙のようなハイセンスでおしゃれな壁紙がたくさんあります。

その画像の中からあなたの好きな画像を選んでロック画面とホーム画面に設定しましょう。

ロック画面とホーム画面が変わると一気に雰囲気も変わりグッとiPhone風になるでしょう。

実際にWallpaper iOSを使ってロック画面と壁紙をiPhone風にしてみましたのでご覧ください。

どうですか?画像のセンスがiPhone風でおしゃれではありませんか?

この2つの画像以外にも数十種類の画像があり無料で壁紙に設定できるので、あなたがカッコいい、カワイイと思うベスト壁紙を探してみてはいかがでしょうか。

【操作感】AndroidスマホをiPhoneにする方法

Androidスマホの操作感をiPhone風にカスタマイズするには以下の2つのアプリを使うことで実現できます。

操作感をiPhone風にするアプリ

  • コントロールセンターiOS|コントロールセンターをiPhone風に変更
  • アシストタッチiOS|iPhone風のアシストタッチ

ではこの2つのアプリについて詳しく解説していきますね。

コントロールセンターiOS|コントロールセンターをiPhone風に変更

Androidスマホの操作感をiPhone風にカスタマイズするための1つ目のアプリは「コントロールセンターiOS」です。

もしあなたがiPhoneのコントロールセンターをAndroidスマホでも使いたいと思っているのであれば「コントロールセンターiOS」がおすすめです。

コントロールセンターiSOのアプリをインストールして使うだけでAndroidスマホでもiPhone風のコントロールセンターにかなり近づけることができます。

また、コントロールセンターiOSは操作感を近づけるだけでなくデザインもあなたの思うままにカスタマイズ可能です。

あなたのセンス次第ではiPhoneよりもおしゃれなデザインにできるかもしれませんよ。

アシストタッチiOS|iPhone風のアシストタッチ

Androidスマホの操作感をiPhone風にカスタマイズするための2つ目のアプリは「アシストタッチiOS」です。

AndroidスマホでiPhoneのアシストタッチにかなり近いものをカスタマイズ可能です。

それはアシストタッチiOSというアプリを使用することで実現できます。

あなたがもしiPhoneを使ったことがないのであればアシストタッチは最初は使いにくいかもしれません。

しかし、使いこなすことでとても便利でなくてはならない機能となることでしょう。試しに一度使ってみることをオススメします。

Androidで実際にアシストタッチiOSをインストールして使ってみたのでご覧ください。

iPhone風のアシストタッチがAndroidスマホでも使えるようになりました。これで機能的にもかなりiPhoneに近づきましたね。

AndroidをiPhone風にしてもできないこと

AndroidスマホをiPhone風にすることはできますがiPhoneにできてAndroidにはできないことも多くあります。

例えば以下の2つがAndroidではできません。

注意

AndroidはAirDropで画像共有ができない
・AndroidはiOS限定のアプリが使えない

AirDropはiPhoneの機能でiPhone同士限定で写真を転送・共有できるものです。

AndroidではAirDropの機能が使いないので注意しましょう。

また、AndroidではiOS限定のアプリは使えません。例えばiOS限定のアプリは以下のようなものがあります。

iOS(iPhone)のみ使えるアプリ

  • safari
  • Garage Band
  • ヘルスケア
  • ミュージックアプリ
  • iCloud
  • iCloudDrive
  • iMovie
  • facetime
  • News stand
  • iBooks
  • pages

safariやヘルスケアはiPhoneユーザーであれば誰もが使用しているアプリです。

Androidでは似たようなアプリはたくさんありますが、全く同じアプリは使えません。

AndroidスマホをiPhone風にしても使えない機能やできないことはあるので注意しましょう。

「好きな人がAndroidを使っていると冷める」との声もある

中高生を中心としたZ世代では「好きな人がAndroidを使っていると冷める」という声がTikTokやTwitterでありバズっています。

特に女の子から見て「好きな男の子がAndroidを使っていると冷める」という子もいるみたいです。

Android自体が嫌な場合と、AirDropを使った画像共有ができないことやその他機能の違いに対して嫌な場合があるようです。

実際のツイッターの生の声を集めてみましたのでご覧ください。

 

 

 

Twitterの声が全てではないですし、Androidスマホの良さもあります。

しかし、事実として特に若い世代ではAndroidよりiPhoneの方がいいという論調があります。

また、いくらあなたのAndroidスマホをiPhone風にしたとしてもそれはAndroidです。

根本的な解決にはなっていないでしょう。

そこでオススメするのがAndroidからiPhoneに乗り換えることです。

iPhoneは価格が高いイメージがありますが、選ぶ機種や購入する場所によってはかなりお安く、場合によっては1円で購入できる可能性も十分にあります。

あなたがもしiPhoneに憧れを持っていて、1円やそれに近い価格でiPhoneに乗り換えできるのであればそれが一番ではありませんか?

では具体的にどこで1円のiPhoneが販売されているのかを解説していきますね。

AndroidからiPhoneに1円で乗り換える

AndroidをiPhone風にする方法は説明しましたが、それはあくまでもiPhone風になったAndroidです。

どれだけカスタマイズしてもiPhoneにはならないのです。そこで、AndroidからiPhoneに低価格で乗り換える方法を紹介します。

iPhoneを1円や低価格で販売しているのは以下の4箇所です。

1円iPhoneを販売している4箇所

ではiPhoneを1円や低価格で購入できる上記4箇所についてより詳しく説明していきますね。

ワイモバイル|iPhone 8がMNPで1円

ワイモバイル ロゴ2

ワイモバイルでは2022年6月6日現在でiPhone 8 64GB(ソフトバンク認定中古品)が通常21,840円のところ、1円で購入することが可能となっています。

条件としてはMNPが条件であり、ワイモバイルに乗り換えることが必要となります。

iPhone 8は最新のiPhone SEシリーズのiPhone SE3(第三世代)と同じサイズであり、コンパクトで非常に使いやすいことで今でも愛用している人は多くいます。

ではiPhone 8 64GBのスペックを見てみましょう。

項目iPhone 8 64GB
CPUA11 Bionicチップ
高さ138.4 mm
67.3 mm
厚さ7.3 mm
重量148 g
容量64GB
カメラシングル12MPカメラ(広角)
広角:ƒ/1.8 絞り値
光学式手ぶれ補正
最大5倍のデジタルズーム
写真の自動HDR
ディスプレイRetina HDディスプレイ
1,334 x 750ピクセル解像度
1,400:1コントラスト比(標準)
True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
3D Touch
最大輝度625ニト(標準)
生体認証Touch ID

スペック表の通り、今でもiPhone 8は十分使えるスペックだということが分かります。

特にサイズ感やディスプレイ機能はiPhone SE3(第三世代)と比較してもそれほど違いを感じません。

但し、CPUとカメラ性能はiPhone SE3(第三世代)と比較すると物足りなさはあります。

まずCPUはiPhone 8は A11 Bionicチップなのに対しiPhone SE3(第三世代)はA15 Bionicチップです。

4世代の差があり、処理速度は違いが出るでしょう。

また、カメラ機能としては「Deep Fusion」「ポートレートモード」「フォトグラフスタイル」などの機能はiPhone 8にはありません。

CPUとカメラ性能はそれなりの差があるので処理速度やカメラ性能を気にするのであればiPhone 8を購入することはよく検討してからにしましょう。

また、ワイモバイルはよくUQモバイルと比較されますよね。

あなたの場合、どちらがオススメなのか簡単に分かる方法があります。

それは「契約する人数」です。

あなたがもし2人以上の家族で契約するのであれば、ワイモバイルがオススメです。

逆にあなた1人で契約するのであればUQモバイルがオススメとなります。

ワイモバイルの3GBプランは2,178円ですが2人目からは家族割となり990円です。

つまり2人で契約した場合は2,178円+990円で3,168円となります。

UQモバイルの3GBプランは1,628円で家族割はありません。

つまり2人で契約する場合は1,628円×2で3,256円です。

2人で契約する場合、ワイモバイルの方が安くなるのでワイモバイルがオススメと言えます。

また、ワイモバイルの家族割は3人目、4人目も家族割が適用となり最大9人まで990円となるので大人数で契約する程オトクになりますよ。

したがって、あなたがもし2人以上で契約するのであればワイモバイルにしましょう。

オンラインストアなら機種代金が最大21,600円値引き!

今すぐ1円iPhoneをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,300円する事務手数料が無料!

 

SIMのみ契約でも最大10,000円相当のPayPayポイントがもらえる!

YM ヤフー店 訴求

店舗と違って事務手数料がタダ!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※SIMのみ契約の方はこちらがお得!

ソフトバンク|iPhone 8がMNPで480円

ソフトバンク ロゴ

ソフトバンクオンライン限定「SoftBank Certified」ではiPhone 8が480円で購入可能です。

SoftBank Certified(認定中古品)とはソフトバンクが厳選した認定整備済みのiPhoneのことを指します。

SoftBank Certified(認定中古品)は以下の3つの特徴があります。

特徴

  • ソフトバンク認定の良質なiPhone
  • 初期化クリーニング済み
  • 万が一不良品の場合は交換対応

つまりSoftBank Certifiedはただの中古品とは違いソフトバンクが認定している中古品の為、粗悪品はなく良質なiPhoneで安心できるということです。

そんなSoftBank CertifiedではiPhone 8 64GBが21,840円で販売されていますが、他社からの乗り換え(MNP)の場合480円で購入することができます。

ソフトバンクではとてもオトクにiPhone 8へ乗り換えができるので非常におすすめです。

ではiPhone 8 64GBのスペックを見ていきましょう。

項目iPhone 8 64GB
CPUA11 Bionicチップ
高さ138.4 mm
67.3 mm
厚さ7.3 mm
重量148 g
容量64GB
カメラシングル12MPカメラ(広角)
広角:ƒ/1.8 絞り値
光学式手ぶれ補正
最大5倍のデジタルズーム
写真の自動HDR
ディスプレイRetina HDディスプレイ
1,334 x 750ピクセル解像度
1,400:1コントラスト比(標準)
True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
3D Touch
最大輝度625ニト(標準)
生体認証Touch ID

iPhone 8はサイズ感やディスプレイ機能は現行のiPhone SE3(第三世代)と同等スペックです。

カメラ性能やCPUはiPhone SE3(第三世代)の方がいいものの480円でiPhone 8が購入できます。

ソフトバンクオンラインショップでiPhone SE3(第三世代)を購入する場合、U30 web割を適用しても合計46,080円となり、iPhone 8との価格差は歴然です。

少しでも安くiPhoneを手に入れたいのであればソフトバンクの認定中古品「SoftBank Certified」でiPhone 8を480円で購入してみてはいかがでしょうか?

街のお店より1万円以上お得なことも!ahamoの方も機種変更可!

ソフトバンクオンラインショップでお得に480円のiPhone 8を手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら頭金・事務手数料が無料!

OCN モバイル ONE|iPhone 7がスマホセットで1円

OCN モバイル ONEではスマホセットでiPhone 7 128GBの認定中古品が1円で販売されています。

中古品と言ってもOCN モバイル ONEが厳選したiPhoneであり安心して購入することができるでしょう。

OCN モバイル ONEのスマホセットのスマホを取り扱っているgoo Simsellerには下記のように明記されています。

利用中の端末に不具合がある場合、商品の出荷日から起算して30日以内はgoo Simseller規約(中古商品に関する特記事項)による保証が適用される場合があります。

goo Simseller「よくある質問」より引用

中古品の最大の懸念事項は、粗悪品を買ってしまうことではありませんか?

しかし、OCN モバイル ONEのスマホセットで中古品を買う場合は、仮に不具合があったとしても保証されます。

安心して購入できることは非常にありがたいですよね。

ではiPhone 7 128GBのスペックを見てみましょう。

項目iPhone 7 128GB
CPUA10 Bionicチップ
高さ138.3 mm
67.1 mm
厚さ67.1 mm
重量138 g
容量128GB
カメラシングル12MPカメラ(広角)
広角:ƒ/1.8 絞り値
光学式手ぶれ補正
最大5倍のデジタルズーム
写真のHDR
ディスプレイRetina HDディスプレイ
1,334 x 750ピクセル解像度
1,400:1コントラスト比(標準)
広色域ディスプレイ(P3)
3D Touch
最大輝度625ニト(標準)
生体認証Touch ID

OCN モバイル ONEで1円となるiPhone 7は容量が128GBです。

ワイモバイルやソフトバンクで購入できるiPhone 8は64GBとなります。

あなたがもし写真や動画をよく撮影してiPhone本体に保存しておくのであれば128GBのiPhone 7の方がオススメでしょう。

逆に写真や動画をあまり撮らない方や、データはクラウドやHDD等に保存するのであればUPU性能やカメラ性能が僅かに高いiPhone 8をオススメします。

また、OCN モバイル ONEはドコモ系格安SIMの中で価格と品質のバランスが非常に良いMVNOです。

データ通信容量も500MB、1GB、3GB、6GB、10GBと選択の幅が広く最適なプランを選ぶことが可能となっています。

スマホセットがお得すぎて品切れ端末続出中!

今すぐ1円iPhoneをOCNモバイルoneでお得に手に入れるにはコチラをタップ!

※12/9まで限定スマホセール実施中

UQモバイル|iPhone XRがMNPで6,400円

UQモバイルではau Certified(au認定リユース品)でiPhone XR 64GBが6,400円で販売されています。

au Certified(au認定リユース品)とはauが厳選した中古品なので安心して購入できるのが強みです。

iPhone XR 64GBを6,400円で購入するためには下記条件を全て満たす必要があります。

条件

  • 他社からの乗り換え(au/povo1.0から乗りかえを除く)
  • 増量オプションⅡ(月額550円/1年間無料キャンペーン実施中)にご加入

 

増量オプションⅡとは

増量オプションⅡとは基本データ容量を増加するオプションです。
3GB→5GB、15GB→20GB、30GB→35GBとなり、オプション価格は550円ですが、2022年6月9日現在は1年間無料でオプションを利用することができます。

iPhone XRは6.1インチの大画面です。あなたがもし、大きいiPhoneがいいのであれば最適な格安iPhoneになるでしょう。

ROMが64GBで容量が心配なのであれば、iPhone XR 128GBは9,200円で購入できます。

では早速iPhone XRのスペックを見てみましょう。

項目iPhone XR
CPUA12 Bionicチップ
高さ150.9 mm
75.7 mm
厚さ8.3 mm
重量194 g
容量64GB/128GB
カメラシングル12MPカメラ(広角)
広角:ƒ/1.8 絞り値
光学式手ぶれ補正
最大5倍のデジタルズーム
ポートレートモード
ポートレートライティング
写真のスマートHDR
ディスプレイLiquid Retina HDディスプレイ
1,792 x 828ピクセル解像度
1,400:1コントラスト比(標準)
True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
触覚タッチ
最大輝度625ニト(標準)
生体認証Face ID

UQモバイルは、3GBのデータ通信で月額1,628円です。UQモバイルのライバルはワイモバイルですが単独回線の場合2,178円となります。

よって単独回線で契約の場合ワイモバイルよりUQモバイルの方が安くておすすめです。

あなたがもし、高品質な回線をお求め且つ単独で回線契約をするのであればUQモバイルをおすすめします。

今すぐスマホ/SIMをお得に手に入れよう!

UQモバイル公式サイトはこちらをタップ!

※6/10よりiPhone 12の取り扱い開始!

AndroidからiPhoneへデータ移行する方法

AndroidからiPhoneへデータ移行する方法についてよくある質問をまとめまいたのでご覧ください。

AndroidからiPhoneに機種変更してアプリを一括で移行する方法は?

AndroidからiPhoneに機種変更した場合、「iOSに移行」というアプリを使用することで下記内容については一括で移行できます。

  • 連絡先
  • メッセージの履歴
  • カメラで撮った写真とビデオ
  • Webのブックマーク
  • メールのアカウント
  • カレンダー

その他のデータ内容については個別に対応する必要があるので注意しましょう。

AndroidからiPhoneに一括移行できないデータの例は以下の通りです。

  • LINE
  • SNS(Twitter/Instagram/Facebook/TikTok等)
  • 電子マネー
  • ゲームアプリのデータ
  • Googleスプレッドシート/Googleドキュメント等

上記データをAndroidからiPhoneへ移行する方法は下記記事にて詳しく解説しています。

気になる方は是非ご覧ください。

AndroidからiPhoneにしたらアドレスは変わる?

AndroidからiPhoneにしてもメールアドレスは変わりません。

メールアドレスが変わる場合はキャリアを変える場合です。

例えばドコモのメールアドレスは「〇〇〇@docomo.ne.jp」ですがこれはドコモで契約している方のみ使えるメールアドレスです。

ドコモからソフトバンクやau、その他格安SIMへ乗り換えた場合はAndroidやiPhone関係なく、ドコモのメールアドレスは使えなくなります。

但し、月額330円や年額3300円のオプション料金を支払うことで他社へ乗り換え(MNP)をしたとしても継続してメールアドレスを使うことも可能です。

メールアドレスの引継ぎに関しては下記記事にて詳しく解説していますので気になる方はご覧ください。

また、GメールやYahoo!メール等のフリーメールアドレスはAndroidからiPhoneへ変更した場合もキャリアを変更した場合も関係なく引き続き使用可能なので安心して下さいね。

AndroidからiPhoneにした場合のゲームデータ移行方法は?

AndroidからiPhoneにした場合のゲームデータ移行方法はそのゲームにより様々です。

Googleアカウントに紐づいているものやアカウントIDとパスワードで引継ぎ可能なものもあります。

ゲームデータ移行はそのアプリにより異なります。あなたがゲームデータ移行したいアプリの公式ホームページを見て確認して下さい。

まとめ

AndroidをiPhoneにする方法は以下のアプリをインストールし簡単な設定をするだけです。

アプリ

  • ランチャーiOS|ホーム画面のアイコンをiPhone風に変更
  • Wallpaper iOS|ロック画面の壁紙をiPhone風に変更
  • コントロールセンターiOS|コントロールセンターをiPhone風に変更
  • アシストタッチiOS|iPhone風のアシストタッチ

この4つのアプリを使うことで見た目や操作感がiPhone風となります。

ただし、本物のiPhoneになるわけではありません。AirDropが使えないことやその他iPhone限定のアプリも使えません。

そこでAndroidから格安iPhoneへの乗り換えをしてみてはいかがでしょうか?

ワイモバイルやソフトバンク、OCN モバイル ONE、UQモバイルでは型落ちのiPhoneが1円や数百円から数千円という低価格で販売されています。

特にワイモバイル、OCN モバイル ONE、UQモバイルの場合、格安SIMなので月々の通信費も格段に安くすることが可能です。

あなたがもし3大キャリアをお使いであるならば、通信費が月に5000円以上安くなる可能性もあります。

これを機会にAndroidからiPhoneに乗り換えてみてはいかがでしょうか?

オンラインストアなら機種代金が最大21,600円値引き!

今すぐ1円iPhoneをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,300円する事務手数料が無料!

 

SIMのみ契約でも最大10,000円相当のPayPayポイントがもらえる!

YM ヤフー店 訴求

店舗と違って事務手数料がタダ!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※SIMのみ契約の方はこちらがお得!

スマホセットがお得すぎて品切れ端末続出中!

今すぐ1円iPhoneをOCNモバイルoneでお得に手に入れるにはコチラをタップ!

※12/9まで限定スマホセール実施中

今すぐスマホ/SIMをお得に手に入れよう!

UQモバイル公式サイトはこちらをタップ!

※6/10よりiPhone 12の取り扱い開始!

-iPhone(アイフォン)
-

Copyright© iPhone大陸 , 2022 All Rights Reserved.