ポケットWiFiおすすめ比較!モバイルルーターならこれだ!

目的別にポケットWiFiを探す
総合ポケットWiFi
回線WiMAXソフトバンクAirクラウドSIM
レンタル国内レンタルWiFi海外レンタルWiFi
その他ドコモホームルーター無制限

「マンションやアパートに住んでいるが光回線が使えない・・・」

「外でノートパソコンやタブレットを使いたい!」

そんな時に便利なサービスがポケットWi-Fiです!

ポケットWiFiには数多くの事業者があり、月額料金やデータ量・キャンペーンも様々でどこを利用すればよいかわかりにくいですよね?

あなたにとって最適なポケットWi-Fiを絞り込むお手伝いを当サイト「4NET」にお任せください!

結論

「結論、どこで契約すればいいの?」という方のために、当サイトがおすすめするポケットWi-Fiをご紹介します!

  • 速度や同時接続台数を重視したい=Vision WiMAX
  • 30日間お試し利用&月額費用を抑えたい=MUGEN WiFi
  • 契約期間・解約金無しでポケットWi-Fiを使いたい=AiR-WiFi

品質重視ならVision WiMAX、料金重視ならTHE WiFi。

利用期間が決まっていないor短期利用の可能性があるなら解約金を0円にできるAiR-WiFiがオススメです!

上記事業者をオススメする理由や契約プランの違いなど、さらに詳しい情報も解説していきます!

LTEとWiMAXの違い

ポケットWi-Fiの回線種別は、LTEとWiMAXの2種類があります。

それぞれの回線で特徴をお伝えします!

WiMAX系ルーターLTE系ルーター
回線速度最大2.2Gbps
(0円購入可能な最新端末)
最大150Mbps
(主流の端末の場合)
通信方式WiMAX
WiMAX2+(メイン)
5G/4G/LTE
4G/LTE(メイン)
契約期間3年間がメイン契約期間なし~3年間
データ容量3日間で15GB(5Gプラン)
3日間で10GB(ギガプラン)
月間100GB〜300GB
(3日間の制限はナシ)
提供エリア
主な提供事業者Vision WiMAX
Broad WiMAX
UQ WiMAX など
AiR-WiFi
THE WiFi
MUGEN WiFi など

ポケットWi-Fiで、特に重要な点は以下の3点。

  • 回線速度・品質
  • データ容量
  • 契約期間

回線速度は、5Gプランが開始されたWiMAXが一歩リードをしています。

しかし、WiMAXは契約期間が3年&解約金が高額(10,000円〜20,000円が主流)という事業者が多いです。

一方、LTE系のポケットWiFiはリーズナブルな月額料金と広いエリアが魅力。

契約期間も1年〜2年程度の事業者が多く、解約金も5,000円〜10,000円と割安で、中には契約期間も解約金も無い事業者が存在しています。

データ量はWiMAXが3日で15GB(月間150GB)、LTEは月間100〜200GBが主流で大差ありません。

速度のWiMAXか、料金のLTEか。

さらに詳しく解説していきます!

回線の選び方

上記のWiMAXとLTEの違いを踏まえると・・・

  • 回線速度を重視する人:WiMAX
  • 料金を重視する人:LTE(大容量系)

という選び方をオススメします。

今世に出回っているモバイルルーターはおおよそ「WiMAX」「LTE」の2種類に分類できます。

ですから、色々な名前のモバイルルーターがあったとしても、上のどちらのタイプに該当するかを見分ければOKというわけです。

おすすめモバイルルーター

ランキング

万人にオススメできるモバイルルーターは存在しません。

どのモバイルルーターにも長所があり、短所があります。

ですから上でお伝えした選び方を参照し、自分に合ったモバイルルーターを選ぶのが一番です。

しかし、数多くのモバイルWiFiルーターを契約してきた私があえて順位を付けるなら以下の通りになります。

1位
Vision WiMAX
Vision WiMAX

通信速度が速いWiMAXサービスの中でも、特にオススメはVision WiMAXです。

Vision WiMAXは「5G対応&最新機種0円&10,000円キャッシュバック」という高品質とお得さを兼ね備えた事業者。

月額料金は実質4,702円と、他社WiMAXサービスの5Gプランと比較して安く非常にオススメできます!

また、5G対応不要でコストを抑えたい方には月額実質3,848円で利用可能なギガプランも提供中。

ギガプランは利用可能データ量が3日で10GBに落ちますが、リーズナブルな料金と必要十分なデータ量を兼ね備えたサービスとして検討の価値アリです!

Vision WiMAXの口コミ・評判

2位
MUGEN WiFi
MUGEN WiFi

MUGEN WiFiはトリプルキャリア対応のクラウドSIMを利用したポケットWiFiです。月間100GBまで利用でき、WiMAXにように3日間で10GB、15GB以上使ったら制限がかかるということは一切ありません!

さらに、MUGEN WiFiは30日間の返金保証がついています。
ほとんどの月間100GB系のポケットWiFiは申し込んだら即2年縛りが発生し、高額な違約金が発生してしまいますが、MUGEN WiFiであれば30日間じっくり試してから利用することができます!

また、今なら13,500円の高額キャッシュバックを実施中!
キャッシュバックを含めた2年間の実質月額料金は3,293円と業界最安値級の料金も大きな魅力です!

MUGEN WiFiの口コミ・評判

3位
AiR WiFi
AiR WiFi

AiR-WiFiは、最安値クラスの料金&解約金無しプランを用意しているポケットWi-Fiサービスです!

WiMAXにしろLTEにしろ基本的にモバイルルーターには契約期間の制限があります。しかし、AiR-WiFiは契約期間なしオプションを利用することで契約期間の制限はありません

契約期間なしオプションは月額+330円で利用可能。

基本料金の3,278円+330円=3,608円で、一切縛りのないポケットWi-Fiが利用できます!AiR-WiFiは特別なキャンペーンは実施していませんが、通常時の月額料金が安い(3,278円)ことも大きなメリット。

MUGEN WiFiのようにお試し利用はできませんが、長く安い月額料金で利用したい方はオススメです!

AiR-WiFiの口コミ・評判

4
Monster mobile
Monster mobile

Monster Mobileは低容量帯の価格が安く、独自のプラン設計となっています。

  • 毎日2~5GB使えるデイリープラン(2,480円~)
  • 毎月20GB or 50GB使えるプラン(2,090円~)

どの容量帯でも料金は他社と比較しリーズナブル。

レンタルポケットWi-Fiは月間100GBクラスの大容量が主流で、ランキング上位のAiR-WiFiやTHE WiFiも100GBプランです。

しかし「そんなにたくさんのデータ量が必要ない」という方はMonster Mobileは非常にオススメ。

データ量は少なくても、安く利用したい!という方は是非チェックしてください!

Monster Mobileの口コミ・評判

5
THE WiFi
THE WiFi

THE WiFiは「月間100GB利用可能」「3キャリア対応」「海外でも利用可能」の使い勝手が良いLTE回線のWi-Fiルーターです!

100GBプランは現在4ヶ月間無料で利用できるキャンペーンを実施中!

キャンペーンを加味した2年間の実質月額料金は3,281円と100GBクラスのポケットWiFiで最安値級です!

さらに、MUGEN WiFi同様、初めてのポケットWiFiでも安心な「30日間お試し期間」を用意。契約後30日以内なら、もしサービスに満足できない場合は料金負担なく解約可能です!

また、ポケットWi-Fiは基本的に国内向けと海外向けとで別に契約をする必要がありますが、THE WiFiは1台契約するだけで面倒な手続き不要で国内・海外で利用することが可能。

料金・データ量・サポートと3拍子揃ったTHE WiFiはオススメです!

THE WiFiの口コミ・評判

6
Broad WiMAX
Broad WiMAX

Broad WiMAXは、リーズナブルな月額料金が魅力です!

5G対応プラン・ギガプランを提供しており、それぞれの料金が業界最安値級。

特にギガプランは利用開始から3ヵ月間は2,999円で利用でき、3か月目以降は多少値上がりして3,753円になりますが、それでも他社より毎月1,000円以上安く利用出来ます。

ただし、キャンペーンの割引料金が適用されなくなる2年経過後はやや高額な料金です。

契約期間の3年トータルで見た場合は安いものの、それ以降も長期的に利用する場合はあまりオススメできません。

また、リーズナブルとは言えVision WiMAXやLTE系サービスよりは高額。

Broad WiMAXも悪くはありませんが、同じWiMAXならVision WiMAXをオススメします!

BroadWiMAXの口コミ・評判

7
ギガゴリWiFi
ギガゴリWiFi

そこまでデータ通信量が多くなく、かつ短期で解約をしたい人にはGMOのギガゴリWiFiがオススメです。

ギガゴリWiFiは20GB、30GB、ワールドプラン(上限なし)の3プラン展開で、20GBと30GBプランに関しては1年間で解約することが可能です。

ネット回線は2年~3年契約が大半ですが、1年後には引っ越しをする可能性があり、今のネット回線契約が不要になるという人も中にはいるでしょう。

そんな人はギガゴリWiFiの20GB、30GBプランを選びましょう。

ギガゴリWiFiの口コミ・評判

8
BIGLOBE WiMAX 2+
BIGLOBE WiMAX 2+

元々NECグループであり、ADSLや光回線のプロバイダも手掛ける大手の老舗プロバイダが提供するWiMAX回線がBIGLOBE WiMAX2+です。

キャッシュバック金額や月額料金の安さで言えばGMOやブロードワイマックスにはやや劣り、利用期間中に解約した場合の違約金が他社と比較してやや高めという点はデメリットですが、支払い方法に口座振替が選択出来るというのが大きなメリットです。

ただ、キャッシュバックの金額が高かったり端末の発送が早かったりと、クレジットカード払いの方が好条件なので、カード払いが可能な方はなるべく口座振替ではなくクレジットカード決済を選択しましょう

BIGLOBE WiMAXの口コミ・評判

ケース別でおすすめポケットWiFiを比較

ここまで、多くの事業者をランキング形式で紹介しました。

ポケットWiFiには様々な種類がありますが、あくまでも利用用途に応じて契約をすることが基本です!

利用ケース別に契約するべきポケットWiFiを表にしましたので、是非参考にしてくださいね。

ケースおすすめ
速度や品質を確かめるためにお試し利用したいMUGEN WiFi
ZoomやYouTube・Netflixなど動画の送受信を頻繁にするVision WiMAX
小容量で使いたいMonster Mobile
とにかく安い方が良いMUGEN Wi-Fi
AiR-WiFi
契約期間・解約金なしで利用したいAiR-WiFi

モバイルルーター徹底比較

次に、それぞれの事業者ごとに比較をしていきます。

料金比較

まずは月額料金から比較をしていきます!

「実質月額料金」は、事業者ごとに定められている契約期間を利用(解約金がかからないタイミング)し、キャンペーンやキャッシュバックを加味した実費金額としています。

実質月額料金データ量キャンペーン・特徴
MUGEN WiFi実質月額3,278円
(2年間利用時)
月間100GB13,500円キャッシュバック
30日間お試し利用可能
THE WiFi実質月額3,281円
(2年間利用時)
月間100GB最大4ヶ月月額0円
30日間お試し利用有
サポートセンター有
最新機種無料レンタル
Vision WiMAX実質4,702円(5Gプラン)
実質3,848円(ギガプラン)
3日15GB(5G)
3日10GB(ギガプラン)
 最新端末0円
ホームルーター有
5Gプランは最大2.2Gbpsで通信可能
契約期間3年&解約金が高額
AiR-WiFi 月額3,278円月間100GB+330円で解約金なし
BroadWiMAX4,890円(5Gプラン)
3,875円(ギガプラン)
3日15GB(5G)
3日10GB(ギガプラン)
契約期間3年&解約金が高額
BIGLOBE WiMAX5,585円(5Gプラン)
4,348円(ギガプラン)
3日15GB(5G)
3日10GB(ギガプラン)
月額料金は高いが、WiMAXでは珍しく契約期間・解約金なし
Monster Mobile3,828円(デイリー5GB)
2,640円(月間50GB)
2,090円(月間20GB)
低・中容量は最安値

料金については、月間100GB利用可能な「MUGEN WiFi」と「AiR-WiFi」が抜群に安く利用可能。

単純に料金を重視するなら、上記2社で利用することがベストです!

速度重視なら、最大2.2Gbps通信の5G対応WiMAXサービスが魅力的。

Vision WiMAXは最新端末を無償提供&月額料金も5GWiMAX最安値でオススメ!

その他比較

解約違約金支払方法
THE WiFi最低利用期間2年 解約金10,780円
2年後は違約金0円
クレジットカード
Vision WiMAX3年契約・自動更新
12ヶ月以内:28,050円
13~24ヶ月まで:21,450円
25ヶ月目以降更新月以外:14,300円 
クレジットカード
AiR-WiFi1年契約・自動更新
解約金7,700円
月額料金+330で違約金なしプランにできる
クレジットカード
BroadWiMAX12ヶ月以内:21,450円
13~24ヶ月以内:15,400円
26ヶ月目以降:10,450円
5Gプランの場合はそれぞれ28,050円、21,450円、14,300円
クレジットカード
口座振替
BIGLOBE WiMAX解約金なしクレジットカード
口座振替
Monster Mobile契約解除料:10,450円
契約期間:1年間(1年後、自動延長)
クレジットカード
MUGEN WiFi1年未満:9,900円
2年目以降:5,500円
クレジットカード

契約期間・違約金は、WiMAX提供会社は軒並み条件が厳しいです。

その点、AiR-WiFiは月額料金に+330円で違約金なしプランへ変更可能。

さらに、AiR-WiFiは元々の違約金システムも「1年契約・解約金7,700円」と良心的です。

期間に縛られずに利用したいならAiR-WiFi一択ですね!

端末の選び方

基本的に最新機種を選べばOKですが、旧機種でもそこまで性能に開きはありません。

通信契約時に0円購入or無料レンタルになるケースがほとんどなため、その場合は最新機種を選択しましょう。

ただし、機種によって月額料金が多少変わる事業者も存在しています。

「海外利用可能」「モニターや翻訳機能つき」といった、ルーター自体に付加機能がある場合は月額料金に反映されることが多いです。

とは言え、そのような機能をわざわざルーターに求めなくともスマホで解決可能です。

無料なら最新機種、料金がかかるなら旧機種でも料金が安い機種で選びましょう!

  • 0円購入or無料レンタルの場合は最新機種を選ぶ
  • 機種によって料金が変わる場合、旧機種でも性能差はほとんどない
  • レンタルの場合、旧機種だと電池劣化のリスクはある

ポケットWi-Fiの注意点

次に、ポケットWi-Fiを利用する際の注意点についてお伝えをします!

速度の変化に注意

LTE系のモバイルルーターを提供する会社は、ソフトバンクなどのキャリアから会員数に応じて帯域の一部を借り、利用者にインターネット回線を提供しています。

ですから、利用者が少ないうちは回線速度が出やすいですが、会員数が増えてくると次第に帯域が圧迫され、回線速度が低下するという現象が起きます。

つまり、同じ会社のモバイルルーターを全く同じ場所で使い続けていても、時期によって速かったり遅かったりということがあり得るということです。

なので、回線の種類が異なるWiMAXとLTEの速度を比較することには意味がありますが、同じLTE系の回線で「〇〇WiFiは速い」「△△WiFiは遅い」といった口コミにはあまり意味がありません。

ルーターレンタルの場合は付属品の紛失に注意

LTE系のポケットWi-Fiでは、ほとんどの場合端末は無料レンタルです。

その場合、解約時には機器の返送であり、ケーブルや箱が欠けると3,000円〜20,000円程度の賠償金が発生します。

特に長期間利用している場合は箱ごと無くしてしまったというケースもあり得ますので、付属品はまとめて保管しておきましょう!

また、充電ケーブルの故障でも賠償金が発生します。

モバイルルーターの充電端子はmicro USB(Type-B or C)と一般的な規格ですので、壊れやすいケーブル類は自身で用意しましょう!

用途別おすすめポケットWi-Fi

自宅で固定回線代わりに使いたい

Speed Wi-Fi HOME 5G L11

性能の向上から、自宅で利用できるWi-Fiサービスが充実してきているのもポケットWi-Fi業界の特徴です。

特にWiMAXサービスは回線の高速通信を活かしたホームルーターの提供もあり、固定回線代わりとしても十分耐用可能!

当記事オススメ1位のVision WiMAXなら、高品質な5Gプランで使えるホームルーター「L11」が無料で手に入るため、特にオススメです。

固定回線が引けない場合や、工事までの時間が待てないといった時にもとても便利。

契約後、機器さえ届けばコンセントに挿すだけですぐに繋がります!

海外で利用したい

仮にWiMAXやLTEのポケットWi-Fiを契約していたとしても、海外に持ち出してそのまま使うことは出来ません。

WiMAXの場合は使える国が限られていたり、WiMAXは使えるがWiMAX2+は使えないみたいなことが起こったりするので海外でWiMAX端末を使うことは考えない方がいいです。

LTEの場合は海外でLTEを使用する契約をキャリアとかわせば多くの国で使用することが出来ますが、正直に言って複数人で海外にいく場合はポケットWi-Fiを1台契約してみんなで割り勘した方がだいぶ安上がりです。

というわけで、海外でインターネットを利用する場合は当サイトがおすすめするグローバルWiFiと契約することをオススメします。

関連記事:グローバルWiFiの口コミ・評判!接続台数が少ない?デメリットに注意!

契約期間の縛りなしでネットを使いたい

多くの固定回線や、WiMAXをはじめとするポケットWi-Fiには契約期間が定められています。

契約期間が1年であれば、1年未満で解約すると違約金が掛かってしまいます。

しかし、AiR-WiFiは「月100GB利用可能」「3キャリア対応」「月額3608円で違約金なし」という3点において他のポケットWi-Fiとは一線を画すモバイルルーターです。

AiR-WiFiは月額330円の契約期間なしオプションを利用することで契約期間の制限をなくすことができます

月額料金は3,278円+契約期間なしオプション330円の合計3,608円です。数年契約があるWiMAXより通信速度は劣るものの、ソフトバンク、au、ドコモと3社の回線を利用することができ、リモートワークを行うにも問題ない速度が出ています。それで月額3,608円で月100GB。違約金のないポケットワイファイとなれば、1ヶ月~数ヶ月の利用にはもってこいのポケットワイファイです。

小容量でネットを使いたい

「もっと小容量で自分の使い方に合わせた使い方ができればいいのに・・・」

そんな方にオススメのポケットWi-Fiが「Monster Mobile」です。

Monster Mobile マンスリープランの料金
20GB/月プラン50GB/月プラン
月額料金2,090円2,640円
契約解除料:10,450円
契約期間:1年間(1年後、自動延長)

Monster Mobileは月間20GBのマンスリープランは2090円、月間50GBなら2,640円で利用可能。

月間20GB〜50GBクラスのポケットWi-Fiを提供している事業者は他にもありますが、その中でも最安値クラスで非常にお得です!

50GB程度の中容量プランを提供している他社と、料金を比較しました。

国内主要レンタルWi-Fi 4社の中容量プラン料金表
レンタル会社月額料金違約金(更新月以外)公式HP
Monster Mobile2,640円
50GB
10,450円
1年契約、自動延長
公式HP
ギガゴリWiFi2,937円
40GB
24ヶ月未満:10,450円公式HP
Fuji WiFi3,190円
50GB
なし公式HP
ZEUS WiFi2,948円
40GB
2年契約
10,450円
公式HP

Monster Mobileは上記のように月額料金最安値。

レンタル機種も性能が良く、非常にオススメです!

ギガ数別おすすめポケットWiFi

150GB/200GB以上100GB~150GB100GB未満
1位hi-ho Let's WiFi
(最大月間210GB)
Vision WiMAXMonster Mobile
2位Chat WiFi
(月間200GB)
MUGEN WiFiTHE WiFi
3位Vision WiMAX
(5Gプラン)

(最大月間150GB)
AiR-WiFiギガゴリWiFi

200GB以上のおすすめポケットWiFi

200GB以上で一番オススメなのはhi-ho Let's WiFiです。

1日7GB利用できるので月間では210GB相当。一番主流な100GBポケットWiFiの2倍以上のギガを使って通信できます。

100GB~149GBのおすすめポケットWIFi

100GB~149GB使えるポケットWiFiで一番オススメなのはVision WiMAXのギガプランです!

Vision WiMAXには大容量&超高速通信の5Gプランと、100GB&高速通信のギガプランが存在しています。

品質の高いWiMAX電波を少しでも多いデータ量で使いたい方は5Gプランですが、月間100GB程度で十分ならギガプランもオススメ。

ギガプランの場合、月額料金は端末代込みで実質3,828円(3年利用)とリーズナブルな料金のため非常にコスパが高いです!

さらに、当サイト限定申込で5,000円キャッシュバックも実施中!

4NET限定!Vision WiMAXキャンペーン

当記事経由でVision WiMAXを申し込めば月額料金割引&キャッシュバック増額!

限定キャンペーンでお得に利用するなら今です!

100GB未満のおすすめポケットWIFi

100GB未満で一番オススメなポケットWIFiはMonster Mobileです。

Monster Mobileは月に20GB使えるマンスリープランが2090円~、1日に2GB~5GB使えるデイリープランが2,708円~となっています。また、容量が足りなければデイリープランで容量をアップしたり、ギガを別途購入することができます

Q&A

ポケットWi-Fi全般

提供エリアはLTEとWiMAXどちらが広い?

LTEの方が広いです。
詳しい提供エリアに関して、WiMAX2+の場合はUQコミュニケーションズ、LTEの場合はワイモバイルの公式サイトにある提供エリアを確認しましょう。
UQコミュニケーションズ提供エリア
ワイモバイル提供エリア


室内だと速度は遅くなる?

基本的には外よりも屋内の方が速度は低下します。
また、周囲に高いビルがある場合や高層階のマンション等でも速度は低下する傾向にあります。
ちなみに室内では周波数の関係でWiMAXよりもLTEの方が電波の掴みが良好です。


自宅で固定回線の代わりになる?

諸条件により異なります。
自宅が一戸建ての場合、光回線と契約して直接自宅に引き込むのが最も快適にインターネットが利用出来ます。
マンションの場合は建物自体で契約している回線に大きく依存します。
例えば賃貸住宅で無料でインターネットが利用できるタイプの場合、住居者全員で一つの回線を利用していたりするケースがあり、こういう場合は夜間帯に著しく回線速度が低下したりするので固定回線を利用するよりポケットWi-Fiを利用した方が快適に利用できる場合があります。
自宅での利用しか考えていない人はホームルーターもオススメです。


3GBとか7GBってどれくらい?

これくらいです。

1回あたりの通信量3GBあたりの回数7GBあたりの回数
Webブラウジング
(スマホ版Yahoo!トップページ)
236KB13,014ページ30,323ページ
Twitter
(140文字のツイートをした場合)
約155KB約1万9820ツイート約4万6180ツイート
メール
(約300文字のメールを送った場合)
約4KB約7万6800通約17万9000通
YouTube
(720p動画を視聴した場合)
約30MB/分約100分約230分

デスクトップのパソコンでもポケットWi-Fiは使える?

Wi-Fiでの無線接続に対応しているデスクトップパソコンであれば接続可能です。
もし対応していない場合でも、別途クレードルを購入すればLANケーブルで優先接続することも可能です。

関連記事:WiMAX・ポケットWi-Fiで使うクレードルとは?機能や役割を解説!

クラウドSIMって何?

通常LTE系のモバイルルーターはソフトバンクの回線を借りています。
しかしクラウドSIMの場合、au、ドコモ、ソフトバンクの3キャリアの回線を切り替えて接続することが可能です。
THE WiFiで採用されているような端末がまさにクラウドSIM系の端末です。
(ただし口コミによるとソフトバンク回線が使用される確率が非常に高いらしいです)

WiMAX2+

WiMAXとWiMAX2+って何が違うの?

WiMAXは2004年頃からKDDIの子会社であるUQコミュニケーションズが提供している高速通信の無線通信規格で、WiMAX2はWiMAXの通信速度をさらに高速化して2013年からサービスの提供をしている第四世代の無線通信規格です。

移動通信システム概要
1G(第一世代)アナログ方式の携帯電話に採用
2G(第二世代)デジタル方式の移動通信システム
電子メールやウェブに対応
3G(第三世代)IMT-2000規格に準拠した通信システム
NTTドコモやソフトバンク、ワイモバイルが採用しているW-CDMA方式
KDDIが採用しているCDMA2000 1x方式
4G(第四世代)IMT-Advanced規格に準拠する無線通信システム
LTE、WiMAXそれぞれの後継規格LTE-AdvancedとWiMAX2が該当

WiMAX2+の速度はどれくらい?

ダウンロード時の速度である下りが最大220Mbps、アップロード時の速度である上りが最大10Mbpsです。
ただし上の数値はあくまで理論値であり、周囲の環境や時間帯によって変動します。

通信規格通信速度
WiMAX下り最大40Mbps・上り最大15Mbps
WiMAX2+下り最大788Mbps・上り最大10Mbps
5G下り最大2.2Gbps

WiMAX2+はどれくらいのエリアで利用できる?

UQコミュニケーションズの公式発表によると全国実人口カバーは1億人、全国主要都市の実人口カバー率99%です。
正確なエリア判定はUQコミュニケーションズのエリアマップで確認しましょう。
エリアマップ


WiMAXは使い放題?

5Gプランの場合は3日で15GB、ギガプランの場合は3日で10GB以上利用すると速度制限がかかります。
速度制限では、上り/下り速度ともに1Mbps程度に低下します。
制限がかかる期間は超過日の18時頃~翌日2時頃が一般的です。

まとめ

  • 速度や同時接続台数を重視したい=Vision WiMAX
  • 30日間お試し利用&月額費用を抑えたい=MUGEN WiFi
  • 契約期間・解約金無しでポケットWi-Fiを使いたい=AiR-WiFi