まだポケット型Wi-Fi使ってるの?ahamo大盛りは100GB使えてテザリング無料!安定・高速のドコモ回線が月たったの4,950円

2022年3月23日、ポケット型Wi-Fi業界を大きくひっくり返すできごとがありました。

NTTドコモが「ahamo大盛り」を発表したのです。この発表によって多くの「〇〇Wi-Fi」を提供しているポケット型WiFi事業者が廃業に追い込まれても不思議ではない状態となりました。

「ahamo大盛り」とは、月々2,970円で20GB利用できるドコモの格安プランahamoに、プラス1,980円することで80GBを追加利用できる「大盛りオプション」を付与した状態のことです。

合計すると月々4,950円で合計100GB使えるということになります。

このahamo大盛りがなぜ、ポケット型Wi-Fiを残滅してしまう可能性があるのでしょうか?この記事で詳しく紹介します。

 \5分通話無料/100GB 4,950円で使える!/ 

 

ahamo大盛りは安くて早くて5G対応でポケット型WiFi不要でテザリングができてギガを使わない月は節約もできて海外旅行のときはローミングもできる。つまり最強

ahamo ポケット型Wi-Fi
ネットワーク ドコモ クラウドSIM
(ソフトバンク・au・ドコモ)
通信世代 5G/4G 4G/3G
利用端末 自分のスマホ レンタル
または購入
容量 100GB
大盛りオプション適用
100GB程度
※契約による
回線上限速度
※スペック上の最高速度
下り:最大4.1Gbps程度
上り:最大480Mbps程度
下り:最大150Mbps程度
上り:最大50Mbps程度
回線実速度
※埼玉県西部で計測
下り:100Mbs以上
上り:10-20Mbps程度
下り:10Mbps程度
上り:10Mbps程度
月額料金 4,950円 3,000円程度
通話 5分無料 不可
SMS 利用可 不可
海外ローミング 20GBまで無料 会社により異なる
スマホの通信料 月額料金に含まれる 別途契約が必要
途中解約の違約金 無料 月300円程度の解約無料オプションが主流
事務手数料 無料 会社により異なる
※3300円程度が主流

表をみただけでもahamoの凄さがわかりますが、ここからはさらに深堀りして紹介していきます。

ahamoはモバイル界屈指の爆速安定ドコモ回線!

近年人気を博しているポケット型WiFiはたいてい「〇〇Wi-Fi」という名称です。

そんな「〇〇Wi-Fi」ですが、人気があるのはたいてい100GBで月額3,000円前後のサービスでクラウドSIMを利用したものとなっています。

クラウドSIMは、3社(ドコモ・au・ソフトバンク)のネットワークを自動切り替えするのでつながる範囲がとても広いというメリットがあります。その一方、通信速度はお世辞にも早いとは言えません。

▲hi-ho Let's Wi-Fi(クラウドSIM)

埼玉県西部エリアでクラウドSIMのポケット型Wi-Fiを計測したところダウンロード・アップロード共に10Mbpsが出るか出ないかといったところです。ネットワークの利用が集中する時間帯では速度が1桁Mbps以下になってしまうこともしばしばありました。

さらに、ポケット型WiFiは3社のネットワークを利用できるものの、ネットワークの切り替えにも数分程度時間を要し、想像していたほどすんなり繋がらないということが起こりえます。

それに対し、ahamoはドコモ回線をそのまま利用しています。3G回線を利用できないため、一部の山間部では繋がりにくくなったという意見もありますが、そもそも大手3社では以下のスケジュールで3Gの停波が確定しています。

NTTドコモ「FOMA」:2026年3月末
KDDI「CDMA 1X WIN」:2022年3月31日
ソフトバンク:2024年1月

3G停波に合わせてドコモは随時アンテナの増設を行っていますので、3Gのエリアがつながらない心配も時期に解消するものと考えられます。

また、よほどの地方部でなければ、ドコモの4G・5Gの電波が繋がりますので、安心してahamoを利用することができます。

 

ahamoは4Gに加えて5Gが使える!これからの時代5Gが重要な理由とは・・・?

ahamoはドコモの4G/5Gのネットワークに対応しています。その一方ポケット型Wi-Fiは3G/4G通信に対応したものがほとんどです。実は「5G対応」が安定した通信には不可欠です。

というのも、現在ドコモ・au・ソフトバンク共に5Gのエリア拡大と5G対応端末の普及をを急ピッチで進めています。

そして実は、3社すべてが「今まで4Gで使えた電波を5Gに転用」しているのです。

これは私のオフィスでドコモ回線を使って速度計測した時の画像ですが、ネットワークは5Gになっています。しかし、通信速度は100Mbps程度。5Gは理論上1000Mbps以上出てもおかしくないはずなのに1/10の速度です。

私のオフィスではドコモの5Gに対応する前も同じような速度でした。つまり、スマホでは「5G」と表示されるものの、「4G」と変わらない通信速度です。というと、単純に4Gに割り当てられる電波・通信のトラフィック量が5Gの拡大によりどんどん減っていくんです。

では安定して早い通信環境を手に入れるにはどうすれば良いのでしょうか?

5G対応端末と5G対応回線が必要です。

端末としておすすめなのはiPhoneSE 第3世代です。5G対応iPhoneで最も廉価、しかも持ちやすく指紋認証にまで対応しています。

回線はもちろん5G対応のahamoがあればバッチリですね!

ポイント

4G設備は徐々に5G設備へと切り替わっています。

そのため5G対応端末でないと、通信が安定しなかったり、本来発揮できる通信の速さを実現できなくなってきます。

今のうちから5G端末および5Gに対応しているプランへ切り替えておきましょう!

 

月額料金は4,950円!ギガを使わない月は2,970円!なのにSMSも通話もできてスマホ1台で事足りる!

ahamoの大盛りオプションは都度追加できるので、その時のデータ使用量に応じて柔軟に対応できます。

ahamoの基本料金は20GB 2,970円です。そこに大盛りオプションを追加することによって80GBが追加され、合計100GB 4,950円で使えるというわけです。

そして大盛りオプションは、以下3つのパターンから追加できます。

  • 翌日適用 : 申込月の翌月から80GBが追加される
  • 即日適用 : 申込みしたその時から80GBが追加される
  • 即日適用・月末廃止 : 申込みしたその時に80GBが追加され、月末でオプションは解除される

「即日適用・月末廃止」で大盛りオプションを申し込めば、必要な時だけデータを増量できるので無駄がありません。1,980円で80GBプラスされると考えれば、ポケット型Wi-Fiを持つよりも圧倒的にお得ですよね。

例えばあなたが楽天モバイルでスマホを利用しており、電波が入りづらいという理由でクラウドSIMのポケット型Wi-Fiも利用しているとしましょう。その場合、毎月かかる料金は5,000円程度に収まります。

しかしahamo1本に絞れば、100GB使えて4,950円!さらに安定した高速通信を利用できるのでストレスフリー!もちろんテザリングも無料で100GBの中から利用できるので、外出先でタブレットやPCを使いたい場合でもスマホ1台で完結できちゃうんです。

スマホとポケット型WiFiの2台持ちだと、持ち運びも充電も単純に2倍。クラウドSIMのルーターはたいていmicroUSBの充電端子なので、ケーブル類の持ち運びも増えてしまいますね。出かけるときにうっかりポケット型WiFi忘れてしまい、外出先で何もできなくなる可能性もあります。

だったらahamo大盛りで1本化したほうがよくないですか?

ポイント

ahamoなら

  • 5分通話無料/100GB 4,950円で使える!
  • なんならデータを使わない月は2,970円に抑えられる!
  • スマホとしてもポケット型WiFiとしても使える!1台2役
  • 契約事務手数料も解約金も0円で使い始めやすい!

ahamoなら海外利用にも強い!82の国に対応でレンタルWiFiもいらない

感染症も徐々に収まり、海外の渡航制限も緩和されつつあります。そんな中、ハワイやグアム、韓国など、海外旅行でストレスを発散しつつ楽しもうと考えている方も多いのではないでしょうか?

そして海外渡航に向けてポケット型Wi-Fiをレンタルしようと思う方も多いはずです。しかしレンタル端末だと使い終わった後の返却が面倒ではありませんか?

海外を存分に楽しんだ後に「ポケット型Wi-Fiの返却しなきゃ…」とか考えるの嫌ですよね?しかも期日までに返さないと遅延損害金がかかってしまいます。しかもレンタル品なので、ルーターの電池持ちが悪いということも少なくありません。

そこで海外データ通信にも強いahamoの登場です!ahamoなら海外82の国のデータ通信に対応しているので、スマホにSIMを入れておくだけでOK!面倒な手続きが発生するポケット型Wi-Fiのレンタルは不要です。

ahamo 海外データ通信

海外で通信したい時は、スマホの設定から「データローミング」をオンにするだけで使い始められるので超簡単!

ただ海外でahamoを利用する場合、制限があるのでポイントも押さえておきましょう。

海外で最初にデータ通信を利用した日(日本時間)を起算日として15日経過後の日本時間0時以降に、海外では通信速度が送受信最大128kbpsとなります。本速度制限は、利用可能データ量を追加購入しても日本に帰国しデータ通信を行うまで解除されませんのでご注意ください。
引用 : 海外データ通信 | ahamo公式

ahamoを15日以上海外で利用する場合は、128Kbpsに通信速度が制限されます。128Kbpsだと調べ物をするにも、速度が遅く時間がかかりストレスを感じてしまうかもしれません。ちなみにahamo 大盛りオプションに加入している場合でも、海外で利用できるデータ容量は20GBです。

とはいえ15日を超えない場合は、ahamoでの海外データ通信がもっとも手軽でコスパもよいといえます。WiFiをレンタルした場合、持ち運びも充電も1台分増えるわけですから、何かと面倒です…。

仮にポケット型Wi-Fiをレンタルした場合、2日間で2,400円、3日間で3,600円程度かかる計算になります。またWi-Fiルーターの受取手数料も500円ほどかかるので、2日間海外に滞在した場合の目安料金は2,900円というわけです。

1日だけ海外に行くというならポケット型Wi-Fiのレンタルでも良いかもしれません。ただ1日だけ海外に行くなんてことは、ほぼほぼないですよね。海外旅行サイトを見ていても旅行期間2日間〜となっている所が多いです。

それならahamoで20GBたっぷりデータ通信できて、2,970円で使えるほうがよいですよね!手荷物も減って手軽に海外を楽しめる!ahamoがあればポケット型WiFiのレンタルもいらないですね。

\5分通話無料/100GB 4,950円で使える!/ 

 

ahamoを使う方法!申込み手順から注意点まで紹介!

ahamoの良さがわかった所で、ここからは申込み手順を解説していきます。

大まかな流れは、以下の通りです。

申し込みの流れ
  1. スマホを用意する
  2. 必要なものを用意する
  3. ahamoを申し込む
  4. 開通手続きをする

詳しく見ていきましょう。

1. スマホを用意する

いま利用しているスマホをahamoでも引き続き利用するか、それともahamoの申込みと同時に端末も購入するか決めましょう。

自分で端末を用意する場合は、「SIMフリー化されているか」「ahamoで動作確認がされている端末か」を事前に確認しておいてください。

SIMロックがかかっていると、ahamoのSIMを端末に挿入しても通信ができません。SIMロック解除は各キャリアのマイページまたは店舗でできます。もしSIMロックがかかっているかわからない場合は、以下の手順で確認してみてくださいね。

【iPhoneの場合】
「設定」>「一般」>「情報」>「SIMロック」で「SIMロックなし」になっていればSIMフリー化されています。

【Androidの場合】
「設定」>「デバイス情報」>「SIMカードステータス」>「許可されています」になっていればSIMフリー化されています。

SIMフリー化されていることが確認できたら、ahamoの動作確認端末から確認しておきましょう。動作確認されていない端末だと、うまく接続できない場合があるので注意!

2. 必要なものを用意する

続いてahamoを申し込む際に必要なものを用意しておきましょう。

  • 本人確認書類
  • 支払先に設定する銀行のキャッシュカードまたはクレジットカード
  • MNP予約番号(他社から乗り換える方のみ)

本人確認書類は運転免許証やマイナンバーカード、日本国パスポートなどでOKです。健康保険証しかない場合は、別途補助書類を用意しておいてくださいね。補助書類は電気・ガス・水道いずれかの3ヶ月以内の領収書や住民票などで大丈夫です。

また他社からahamoへ乗り換える場合、MNP予約番号が必要になります。MNP予約番号は、いままで使っていた携帯電話番号をahamoでも引き続き使えるようにするために必要な10桁の番号です。

MNP予約番号は、各キャリアのマイページ・電話窓口・店舗で発行できます。

auでMNP予約番号を取得する

  1. My auにログインし「スマートフォン・携帯電話」をタップする
  2. 「ご契約内容 / 手続き」から「お問い合わせ / お手続き」を選択する
  3. 「MNPご予約」をタップする
  4. MNPを利用する携帯電話番号を入力し、「次へ」を選択する
  5. 注意事項を確認したら「確認して次に進む」をタップする
  6. 暗証番号を入力したら「次へ」をタップする
  7. そのほかメールアドレスの入力、注意事項を確認したら「予約番号を取得する」をタップする
  8. MNP予約番号が記載されたSMSが届く

電話窓口の場合は「0077-75470(無料)」で取得できます。

ソフトバンクでMNP予約番号を取得する

  1. My Softbankにログインし「設定・申込」をタップする
  2. 「契約者情報の変更」をタップする
  3. 「番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」をタップする
  4. 「番号ポータビリティ(MNP)予約(予約番号の発行)」をタップする
  5. MNP予約番号が発行される

電話窓口の場合は「0800-100-5533(無料)」で取得できます。

楽天モバイルでMNP予約番号を取得する

  1. my 楽天モバイルにログインし「≡メニュー」から「契約プラン」をタップする
  2. 各種手続きの「その他のお手続き」から[手続きへ進む]をタップする
  3. 「他社へのお乗り換え(MNP)」をタップする
  4. アンケートに回答して「MNP予約番号を発行する」をタップする
  5. MNP予約番号が発行される

ドコモはMNP予約番号不要

ahamoはそもそもドコモのオンライン専用プランです。

そのためドコモを利用している方は、MNP予約番号の取得は不要です。

3. ahamoを申し込む

必要なものが準備できたら、ahamoの申込みを進めていきましょう。ahamoは24時間受付可能なので完全オンライン上で契約を短時間で簡単に完了することができます。※サイトメンテナンス中など、受付できない場合がございます。

ahamo公式申込みページから乗り換え手続きを開始しましょう!

  1. 画面下部「docomoを契約していない方」からスマホもセットで購入するか・SIMの購入するか選択することができます。
  2. 画面下部「docomoを契約していない方」新規契約(新しい番号へ変更)・MNP乗り換えかを選択します
  3. 購入内容を確認して画面下部「次へ」
  4. 契約前の確認事項をチェックして「手続きへ」
  5. dアカウントの取得はahamo申し込みには必須となっています。dアカウントを持っている方はそのまま進みましょう。
  6. メールアドレスに届いた「ワンタイムキー」を入力
  7. 引き継ぐ電話番号の引き継ぎ情報などを入力して「次へ」
  8. 本人確認書類の「選択」本人確認書類の「アップロード」
  9. 住所名前などの個人情報の入力・dアカウントのパスワード設定
  10. 内容を確認して問題がなければ「注文を確定する」をタップ

手続き完了後3日以内程度で端末やSIMは届きます。

4. 開通手続きをする

商品が手元に届いたら、SIMをスマホにセットしましょう。端末の側面にSIMトレーがあるので、引き出したらahamoのSIMを挿入します。

SIMピンが必要な機種もあれば、爪で引き出せる機種もあります。

SIMの向きに気をつけて入れてくださいね。無理やり差し込むと故障の原因になるので注意してください。

SIMの差し込みができたら、通信できるか確認して完了です!

\5分通話無料/100GB 4,950円で使える!/ 

 

ポケット型WiFiはもう不要!ahamo大盛りに1本化して快適に使おう!

正直、スマホとポケット型WiFiを2台持ちするメリットは少ないです。物理的な手荷物が増えますし、充電する手間も2倍になります。

何よりも2台持ちした場合とahamo大盛りにした場合とで、毎月の支払いに大きな差はでません。むしろahamoにまとめたほうが安くなるケースのほうが多いでしょう。

であれば、ahamo大盛りを利用したほうがトータル的に考えておすすめです。ドコモの安定した高速通信で、テザリングも無料で使えます。

実際にポケット型WiFiを使っている方で、ahamo大盛りに1本化している方は増えています。

ぜひこの機会にahamo大盛りを申し込んでみてはいかがでしょうか。

ポイント

ahamoなら

  • 5分通話無料/100GB 4,950円で使える!
  • なんならデータを使わない月は2,970円に抑えられる!
  • スマホとしてもポケット型WiFiとしても使える!1台2役
  • 契約事務手数料も解約金も0円で使い始めやすい!
  • 外出時の荷物も減って手軽
  • 充電するのはスマホ1台だけでOK!
  • 海外82の国にも対応しているのでそのまま渡航できちゃう!
  • テザリングも無料で使える!大盛りオプション追加時はたっぷり100GB

ahamo公式サイトは以下からどうぞ!

\5分通話無料/100GB 4,950円で使える!/

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする