WiMAX・ポケットWi-Fiで使うクレードルとは?機能や役割を解説!

WiMAXの公式サイトなどでよく「クレードル」というワードをよく見ますが、
クレードルというのは、卓上に設置するスタンド型の拡張機器のことを言います。

携帯電話や家庭用電話の子機を置く卓上型の充電機器と同じ形状をしています。

クレードルも充電はできますが、充電だけしか出来ないという訳ではありません。

充電以外にも、有線での接続が可能だったり無線ルーターとして使うことも出来ます。

たくさんの機能や役割があり、持っておいて損はないので、
紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

充電が簡単

クレードルは、卓上に設置するスタンド型の拡張機器のことを言いますが、
見た目は、家庭用電話の子機など置く卓上型の充電機器と同じ形状をしています。

ポケットWi-Fiでも、クレードルに置くだけで充電ができます。

クレードルがあると、ポケットWi-Fiの充電差し込み口に充電器をさす作業が省けるので、
簡単にポケットWi-Fiを充電することが出来ます。

置き場所が明確

ポケットWi-Fiは、大体スマホや携帯と同じくらいのサイズなので、
無くしてしまう場合があります。

携帯やスマホのように音が鳴るわけではないですし、知らない人に利用されてトラブルに巻き込まれる事も考えられます。

紛失した場合は、契約したプロパイダに回線を停止するように
電話をしなくてはいけないので、紛失時はかなり面倒くさいです。

ただ、クレードルがあると『充電する時は、クレードルに置く』という風に定位置を決めることができるので
ある程度紛失を避けることができます。

物をなくしやすいという方は、念のために購入しても良いかと思います。

無線ルーターになる

固定インターネット回線がある場合は、クレードルの裏面にあるLANケーブルとつなげば、
無線ルーターとしてWiMAXを利用することが出来ます。

しかも、固定インターネット回線の電波を利用しているので
WiMAXの通信量を抑えることが出来ますし、
複数の端末とつなぐことが出来るのでゲームやパソコンなど同時につなぐことが可能です。

さらに言えば、WiMAXの電波がつながりにくい地域のホテルに泊まった場合に
有線ケーブルがある宿泊先であれば、クレードルとホテルのLANケーブルをつなぐだけで、
インターネットの利用が出来るので、
出張やホテルに泊まることが多い方にとって、クレードルは結構使えるアイテムになります。

有線での接続が可能

古いパソコンだと、無線LANを搭載していないパソコンが中にはあります。

そういった場合に、ポケットWi-Fiを置いた状態のクレードルと
古いパソコンにLANケーブルを接続すれば、インターネットの利用が出来ますし、
無線LAN搭載のパソコンであっても、LANケーブルとクレードルを接続するだけで
パソコンとWi-Fiの通信を安定させることが出来ます。

古いパソコンでもう一度インターネットを利用したいと考えている方や
現在、光回線など解約してしまった方で固定回線がない方は、
クレードルを固定回線として使うことも可能です。

ただし、クレードルを利用しても結局、回線はWiMAXかLTE/4Gの回線なので、
回線自体の電波がなければ、通信速度は遅いです。

固定回線と比べると、通信は安定しないという点は注意しておきましょう。

口コミ・評判

Twitterの口コミ・評判

まとめ

ポケットWi-Fiやクレードルは、固定回線の代用に出来ますし、持ち運びが出来るので自宅や外出時などの様々なシーンで活用できるという点で持っておいて損はありませんが、必ず持っておかなければいけないという訳ではないです。

物をなくしやすい方や自宅用の固定回線として代用したいという方、出張やホテルの利用が多い方は、持っておくと良いですし、最低限のWi-Fi機能さえついてれば良いという方は特に購入しなくても良いと言えます。

プロパイダによってクレードルのプレゼントキャンペーンを実施しているところもあるので探してみてもいいかもしれません。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする