ポケット型Wi-Fi・モバイルWi-Fiの無制限プランに要注意!おすすめはコレ!【2021】

動画やゲームを思う存分楽しみたいのにデータ通信制限のせいでストレスを感じている人、結構多いんじゃないでしょうか?

かく言う私も普段からHuluで海外ドラマを見たりYouTubeを見たりと比較的インターネットの使用量は多い方で、日々データ容量制限には悩まされています。

高画質な動画やゲームなどコンテンツ側は進化を遂げているのにも関わらず、インターネット回線側は全く進化していないんです。

パケット容量を気にせず無制限でネットを使いたい!

と思いますよね?

というわけで、本記事ではそんなポケット型Wi-Fiの「無制限プラン」にスポットをあてて詳しく解説していきます。

完全な無制限はない

まず大前提としてご理解頂きたいのが完全に無制限のポケット型Wi-Fiは存在しないということです。

無制限をうたっている場合、ほとんどが

  • 1ヵ月間の制限はない代わりに3日間の容量判定はある
  • 無制限だけど速度は少し遅くなる(通信制限ほどじゃない)
  • 無制限だけど異常なヘビーユーザーと見なされたら通信制限

このいずれかに該当し、1ヵ月7GB制限ほどは厳しくないけど完全な無制限ではないというパターンです。

現在ドコモ、au、ソフトバンクが進めている「5G」が実装されれば使い放題プランも登場するかもしれませんが、4G回線では完全使い放題が実現することはなさそうです。

つまり、インターネットを沢山使いたい人がポケット型Wi-Fiを選ぶ場合にはなるべく1ヵ月7GB制限より緩い条件のモノを選ぶというのが基本的な指針になります。

「無制限」の注意点

ひとまずポケット型Wi-Fiにはどんな回線があるのか確認しましょう。

WiMAX LTE
回線速度 下り最大708Mbps 下り最大612Mbps
データ容量 1ヵ月間の上限なし(3日で10GBまで) 無制限(7GB以降はAXGP回線)

上の表を見て

「なんだLTEは無制限じゃないか!」

と思った方、残念ながらこれは完全な無制限ではありません

1ヵ月のうち7GBまでは下り最大612Mbpsの4G/LTE回線を使用できるのですが、7GBを超えるとAXGPという回線に切り替わります。

実はこのAXGP回線がくせ者です。

AXGP回線は4G/LTE回線よりもはるかに提供エリアが狭くなる上に、回線速度は下り最大110Mbpsまで低下します。

もちろん128kbpsしかでない通常の通信制限よりかははるかに速度は早いのは間違いありません。

しかし、それなら3日間で10GBの制限はあるが、1ヵ月間の制限がなく、1ヵ月間ずっと下り最大708Mbpsで使えるWiMAXの方がはるかに条件が緩いと思いませんか?

ポケット型Wi-Fiの「無制限」という言葉にはこういうトラップがあったりするので注意が必要なのです。

レンタルWiFiという選択肢

ポケット型Wi-Fiは従来まで端末を購入するのが一般的でしたが、最近では端末をレンタルするという方式を採用している会社もあります。

最終的に端末を返却しなければならないので、仮に端末を壊したり紛失してしまったりすると弁償金を支払わなければなりませんが、契約期間の縛りがないので1年程度で解約したいという人から高い支持を得ています。

そして何より最近のレンタルWiFiは「LTE無制限プラン」なるものを提供する会社が現れています。

レンタルWiFiのLTE無制限が画期的なのはYahoo!WiFiのように月7GBを超えても速度が低下したりしないという点です。

一応各レンタル会社とも「異常なヘビーユーザーと見なされた場合速度が制限される場合があります」という注釈がついているので完全無制限とまではいえませんが、限りなく無制限に近いと言えるかもしれません。

おすすめランキング

1位
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB

WiMAXの中で最もオススメなのがGMOとくとくBBです。GMOとくとくBBはキャッシュバック金額が数あるWiMAXのプロバイダの中で最も高く、キャッシュバック込みの実質月額料金で言えば業界最安クラスになります。ただしGMOとくとくBBのキャッシュバックは端末が発送されてから11ヶ月後に送られてくるメールで受け取りの手続きをしなければならず、一定期間内に行わないとキャッシュバックが受け取れなくなってしまいます。とにかく月額料金を抑えたいという人で、キャッシュバックをしっかり受け取れる自信がある人はGMOとくとくBBがオススメです。

2位
BroadWiMAX
BroadWiMAX

キャッシュバックを受け取るのが面倒な人にオススメなのがBroadWiMAXです。WiMAXはキャッシュバック等のキャンペーンを実施しているところが多く、キャッシュバック込みで「実質料金が安い!」という売り込みをしている場合が多いです。しかしキャッシュバックといっても大抵の場合は申し込みから1年後に振り込み手続きをしなければならず、忘れた場合はキャッシュバックが受け取れなかったりします。一方、BroadWiMAXの場合は単純に月額料金が安く設定されているので面倒な手続きをせずにお得に使うことが出来ます。とにかく月額料金の安いポケット型Wi-Fiを使いたい!という人はBroadWiMAXを選びましょう。

3位
Yahoo!WiFi
Yahoo!WiFi

WiMAXに次いでオススメなのがLTE回線を使用しているYahoo!WiFiです。LTEはWiMAXに比べて提供エリアが広く、さらに周波数の関係でWiMAXよりも屋内の電波が入りやすいという特性があります。回線の繋がりやすさや安定性で言うなら間違いなくLTEがオススメです。しかし既に説明した通りLTEはデータ容量無制限をうたっていますが、実際には7GBを超えると回線速度が最大612Mbpsから最大110Mbpsに低下してしまうのでその点は要注意です。

4
SAKURA WiFi
SAKURA WiFi

LTE回線を無制限で使える画期的なポケット型Wi-FiがSAKURA WiFiです。SAKURA WiFiの無制限プランはWiMAXのように3日間で10GBまでという制限はありませんし、Yahoo!WiFiのように7GBを超えても速度が低下するということはありません。しかし回線の提供元であるソフトバンクがヘビーユーザーであると判断した場合、制限がかけられてしまう可能性があるという点は注意です。さらにSAKURA WiFiはWiMAXやYahoo!WiFiのように端末を購入するのではなくレンタルという方式を採用しています。契約期間が満了したらしっかり端末を返却しなければならないという点も注意しましょう。

5
SAKURA WiFi
SAKURA WiFi

SAKURA WiFiと同じくLTE回線を無制限で使えるレンタルWiFiで、大容量プランのバリエーションが豊富なのがFUJI WiFiです。無制限プランの月額料金はSAKURA WiFiには劣りますが、200GBプラン、100GBプランといったように、ヘビーユーザー向けの超大容量のプランを多数取り揃えています。沢山インターネットは使用するが、無制限プランを契約するほどは使わないという人はFUJI WiFiを検討してみましょう。

ポケット型Wi-Fi比較

BroadWiMAX GMOとくとくBB Yahoo!WiFi SAKURA WiFi FUJI WiFi
回線 WiMAX WiMAX LTE LTE LTE
月額料金 【ギガ放題】
1~2ヶ月目:2,726円
3~24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目~:4,011円
【ギガ放題】
1~2ヶ月目:3,609円
3か月目~:4,263円
【データプラン2】
1~3か月目:3,696円
4か月目~:4,380円
【無制限プラン】
3,680円/月
【無制限プラン】
6,000円/月
速度 下り最大708Mbps 下り最大708Mbps 4G/LTE:下り最大612Mbps
AXGP:下り最大110Mbps
下り最大612Mbps 下り最大612Mbps
容量制限 1ヵ月の上限なし
(3日間で10GBまで)
1ヵ月の上限なし
(3日間で10GBまで)
無制限
(月7GBを超えたら下り最大110Mbpsに低下)
無制限
(異常なヘビーユーザーと見なされたら制限される場合あり)
無制限
(異常なヘビーユーザーと見なされたら制限される場合あり)
支払い方法 ・クレジットカード
・口座振替
クレジットカード Yahoo!ウォレット クレジットカード クレジットカード
端末 購入 購入 購入 レンタル レンタル
総合評価 丸5個 丸4個 丸3個 丸2個 丸2個
公式HP 公式HP 公式HP 公式HP 公式HP 公式HP

月額料金はBroadWiMAXが最も安く、キャッシュバック込みの実質料金ではGMOとくとくBBが最も安くなります。

1ヵ月で使用できるデータ容量月額料金の両方を考慮すればこの2社が間違いなくオススメのポケット型Wi-Fiトップ2です。

ただ表をパッと見た感じ「SAKURA WiFiはもっと評価が高くても良いのでは?」と思う人もいるかもしれません。

確かにSAKURA WiFiは月額料金も安く、それでいて容量制限も「異常なヘビーユーザーと見なされたら」という条件なのでYahoo!WiFiよりはるかにデータ制限の上限も緩いです。

しかし冷静に考えると「LTEの使い放題」というのはあり得ない話なんです。

そもそもYahoo!WiFiにしろSAKURA WiFiにしろFUJI WiFiにしろLTE回線の提供元はソフトバンクです。

では回線の大元であるソフトバンクはスマホのプランで使い放題なんていうプランを提供しているかと言えばしていません。

ソフトバンクに限った話ではなく、ドコモもauもLTEの使い放題プランなんて言うのは提供出来ていないんです。

キャリアは基本的に一部のヘビーユーザーが回線を独占することを嫌い、幅広いユーザーに平等に提供することをお題目として掲げています。

それなのにソフトバンクから回線を借りているに過ぎないSAKURA WiFiやFUJI WiFiといったレンタル会社はなぜか無制限プランを提供しているんです。

ソフトバンクとレンタル会社でどういう契約が結ばれているのかは分かりませんが、結局のところ通信制限に関してはソフトバンクがすべての権限を握っていると言っても過言ではありません。

つまり、ソフトバンクに「無制限プランの提供をやめろ」と言われてしまったらある日突然サービス提供が終了してしまう可能性も十分あり得るわけです。

とは言っても「LTEが使い放題」というのが魅力的なプランであることは間違いないので当サイトもおすすめしていますが、サービスの持続性がWiMAXやYahoo!WiFiに比べて不安定なので評価を落としているというわけです。

まとめ

以上が当サイトがオススメするポケット型Wi-Fiです。

話をまとめると

  • 1ヵ月の制限がなく料金が安いポケット型Wi-Fiを選びたい人:BroadWiMAXかGMOとくとくBB
  • 提供エリアが広く屋内の通信が安定しているポケット型Wi-Fiを選びたい人:Yahoo!WiFi
  • サービス終了の可能性はあってもLTEを実質無制限で使いたい人:SAKURA WiFiかFUJI WiFi

というのが皆さんのニーズに合った選択になります。

本記事が皆さんの快適なインターネットライフの一助になれば幸いです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする