2021年最新版おすすめホームルーター5選!光回線との比較やゲームで使えるかまで解説!

面倒な工事が不要で簡単にWi-Fi環境を整えられるホームWi-Fiルーター。

その手軽さから人気を博しており、大手通信キャリアのドコモやauも参入を果たすなど今後の需要も高まるばかりです!

そんなホームルーターはどの事業者がおすすめなのでしょうか?

当記事では、ホームルーターのサービス内容にも詳しく触れながらおすすめ事業者を紹介していきます!

1位
ドコモ Home5G
ドコモ Home5G

2021年に最もおすすめしたいホームルーターはドコモの「home 5G」です!
安定した通信品質と月額5,000円を切る価格、そしてなんと言っても「速度制限」の事例未確認!という点で圧倒的におすすめ。

記事本文でも詳しくご紹介をしますが、今からホームルーターを導入するならドコモのHome 5G一択と言えるほど品質に優れています!

この記事でわかること
  • ホームルーターのおすすめ事業者ランキング
  • ホームルーターと光回線はどっちがいい?
  • ホームルーターのデメリット

ホームルーターはどんな方におすすめ?

まず、ホームルーターをおすすめしたい方をご紹介します。

ホームルーターの主なメリットは以下の3点です。

  • 工事不要!手軽に設置ができる
  • エリアは全国!場所を問わずに設置可能
  • 高性能ルーターで電波が届きやすい!

ホームルーターは、手軽に自宅内でWi-Fi環境を整えられる点が最大のメリット。

工事不要、全国のモバイル通信エリアで利用可能と場所を選ばない点も大きな魅力です。

そのメリットを活かせる方は、是非ともホームルーターを利用するべきでしょう!

ホームルーターをおすすめしたい方
  • 光回線などの固定通信サービスがエリア外
  • 宅内工事の許可が管理会社から得られない
  • いつ引っ越しをするかわからない
  • 回線工事までの期間を待てない

ホームルーターのメリットを踏まえて、おすすめしたい方は上記のような方です。

固定回線は工事が必要な上に2年契約で解約金が高額など、エリア外の方だけでなく引っ越し時期がわからない方にもぴったり。

また、最短即日で設置可能な点を活かして固定回線の工事まで待てない方にもとってもおすすめです!

ホームルーターの回線種別は3種類だけ

ホームルーターについて調べていると、たくさんの事業者が提供していて迷いますよね。

しかし、ホームルーターの回線は3種類しかなく、多くの事業者はそれぞれの回線を借りて提供をしています。

そのため、どのホームルーターを利用するか考える前に「どの回線を使うか?」という点をまず検討しましょう!

ドコモ回線のホームルーター「home5G」

ドコモ Home 5G

home5Gは、ドコモが提供しているネットワークを利用して通信ができるホームルーターです。

ドコモ回線の強いネットワークと今後エリアがどんどん広がる5G対応で、通信品質は非常に期待が持てます。

他社でありがちな速度制限(3日○GB制限)も今のところ報告がなく、1日30GB以上利用しても速度制限がかかっていないと評判です!

引用元:https://twitter.com/search?q=home5g%20速度制限&src=typed_query&f=live

こちらの方は1日で100GBを超える通信をしていますが、それでも速度制限がかかっていないとのこと。

ただし、ドコモの公式HPには「通信が輻輳するほどの通信をした場合には制限の可能性がある」と記載されています。

現状は速度制限は実施されていないようですが、今後ユーザーが増加した時には制限の可能性がある点に注意が必要です!

au回線(WiMAX)のホームルーター

au回線網で提供されているホームルーターは全てWiMAXサービスです。

WiMAXとは、UQコミュニケーションズが提供するネットワークにauのエリアをプラスして使える無線インターネット通信サービス。

5Gにも対応しており、通信速度に定評があるWiMAXはホームルーターとして利用しても安定した性能を発揮してくれるでしょう。

ただし、WiMAXサービスには3日で15GB以上利用すると速度制限がされるため、1日に大量の通信を行う方や家族で利用する方には向きません。

auやUQモバイルでスマホを契約していると非常にお得なセット割引を受けられるため、料金面ではお得です。

とは言え、自宅Wi-Fiとしてホームルーターを利用するなら容量無制限のドコモのHome 5Gの方が安心して利用できるでしょう。

ソフトバンク回線(Softbank Air)のホームルーター

SoftBank Air

ホームルーターの先駆けとなった「Softbank Air」は、ソフトバンク回線を利用して接続ができます。

SoftBank Airは通信容量無制限で利用できるものの、混雑時間帯(特に夜間)の速度低下や電波が不安定なことで信頼性はほどほどのサービスでした。

しかし、ドコモに対抗するように2021年9月、5G対応の「Airターミナル5」が登場。

提供から間もないため今後どうなるかわからないものの、評判は上々で従来のSoftbank Airより大幅な通信品質向上がされているようです。

どこまで継続して通信が安定するかは未知数な点には注意が必要です。

3種類の回線でおすすめは?

3種類の回線種別について、様々な項目を表で比較しました。

home5G
ドコモ
WiMAX
au
Softbank Air
ソフトバンク
比較機種ドコモhome5GHome5G L11Airターミナル5
下り平均速度167.72Mbps48.65Mbps79.53Mbps
上り平均速度20.14Mbps12.67Mbps7.78Mbps
速度制限なし3日15GBなし
5G対応対応対応対応
契約期間実質3年実質3年実質3年
月額料金4,950円4,700円程度
(事業者で異なる)
5,368円
セット割対象ドコモau
UQモバイル
ソフトバンク
Y!mobile

通信速度はみんなのネット回線速度に投稿された直近3ヶ月の平均実測速度を引用しています。

速度面ではドコモのHome 5Gが非常に良い数値となっており、回線品質の高さが浮き彫りとなりました。

WiMAX回線は安価な料金が魅力的ですが、やはり3日15GB制限がホームルーターとしては大きな障壁でライトユーザー向けと言えるでしょう。

各社用意されているスマホとのセット割は、WiMAXとSoftbank Airは格安SIM(UQ mobile、Y!mobile)でも適用可能で料金メリットがあります!

ただし、キャリア20GBプラン(ahamo/povo/LINEMO)では適用できない点に注意をしましょう。

総合的に見ると「高速&容量制限無し」のドコモHome 5Gがおすすめです!

  • 速度や品質にこだわりたい!→docomo Home 5G
  • 3日15GBの速度制限があっても少しでも安く利用したい!→WiMAX
  • Y!mobileやソフトバンクを使っていて品質は多少犠牲にしても割引を受けたい→Softbank Air

ホームルーターのおすすめランキング5選

ホームルーターおすすめTOP4!速度・料金を徹底比較【2021最新】 | ポケット型Wi-Fiはコレがおすすめ!モバイルルーター徹底比較!

1位
ドコモ Home5G
ドコモ Home5G

2021年に最もおすすめしたいホームルーターはドコモの「home 5G」です!
安定した通信品質と月額5,000円を切る価格、そしてなんと言っても「速度制限」の事例未確認!という点で圧倒的におすすめ。

5G対応ルーターのため、都会に住んでいる5G対応エリアの方は一層おすすめでき、工事不要のホームルーターながら光回線並みの高速通信を体感できるでしょう!
キャンペーンも端末実質無料&15,000dポイント進呈と文句なし。
今からホームルーターを設置する方はドコモの「home 5G」一択と言っても過言ではありません!

ただし、今後の利用者増加に伴い大量通信の際に速度制限がかかる可能性も存在する点には注意しましょう!

2位
Vision WiMAX
Vision WiMAX

ランキング2位は「Vision WiMAX」です!

VisionWiMAXはWiMAX系の最新機種「Speed Wi-Fi Home5G L12」を選択できる点が大きなメリット。
2021年11月では月額料金は5,313円と他社と同等なものの、Vision WiMAXは定期的に他社対抗キャンペーンを実施しており安い時期を狙って申し込むならおすすめです!

当サイト限定で最大15,000円キャッシュバック中のため、WiMAX回線を選ぶならVison WiMAXを是非ご利用ください!

3位
ソフトバンクエアー Airターミナル5
ソフトバンクエアー Airターミナル5

ランキング3位には「Softbank Air」を選びました!

Softbank Airは「混雑時間帯の夜間(18:00~22:00頃)で通信品質が落ちる」とあまり評判は良くなかったのですが、新機種の「Airターミナル5」の発売とともに速度は非常に安定しています。
ソフトバンクやY!mobileを契約しているなら高額なセット割引の対象にもなるため、価格面でもメリットが非常に大きいでしょう!

スマホがソフトバンク・Y!mobileなら是非Softbank Airを利用してください!
ただし、利用機種は必ず「Airターミナル5」を選択してくださいね。

4
モバレコAir
モバレコAir

ランキング4位には「モバレコAir」を選出しました。

モバレコAirはSoftbank Airと同じ回線を利用したホームルーターです。
通信品質が同じにも関わらず「端末実質0円&24ヶ月3,679円&17,000円キャッシュバック」とお得すぎるキャンペーンを実施しており、料金メリットは非常に大きくおすすめできます!

安いのに4位としたポイントは、Softbank Air回線で重要な「Airターミナル5」提供が2021年12月かという理由です。
キャンペーン併用時の料金は破格ですが、Airターミナル5も同じキャンペーンでの提供かどうかが現状判明していません。
モバレコAirを利用するなら、2021年12月以降にキャンペーンの確認を行い「Airターミナル5」で申し込みをしましょう!

5
Broad WiMAX
Broad WiMAX

ランキング5位には、利用開始から36ヶ月は3,894円と破格の月額料金で利用できる「Broad WiMAX」を選びました!

WiMAX回線は3日15GBの速度制限がやや使いにくいものの、通信品質は高く単身利用にはぴったりです。
3日15GB制限とは言え、Youtubeの高画質動画(1時間で約600MB)を25時間程度視聴可能で日常利用にほぼ影響はありません。

他社回線なら5,000円近くかかってしまう料金が端末代込みで3,894円で使えるのは非常にメリットが大きく、安いWi-Fi環境を求めている方には特におすすめです!

ホームルーターと光回線を比較!

NTT提供の光通信 フレッツ光

ホームルーターを利用する際の疑問として、「自宅の固定回線として耐用できるのか?」という点は気になるポイントですよね。

そこで、光回線と様々な比較を行なって固定回線代わりとして利用できるのかどうかを解説していきます!

ホームルーターフレッツ光nuro光
機種/方式ドコモhome5G光回線方式光回線方式
下り平均速度167.72Mbps269.98Mbps504.58Mbps
上り平均速度20.14Mbps205.03Mbps447.16Mbps
平均Ping55.87ms21.39ms13.88ms
エリア

ドコモの広い電波で利用可!

未導入の地域・マンションがある

エリアはまだまだ狭い
電波の強度戸建は不安
宅内で持ち運び可能
無線LANルーターが豊富
中継機などの利用も可能
開通まで即日2週間〜1ヶ月2週間〜2ヶ月
同時接続64台ルーター次第

比較では、光回線は最もポピュラーな「フレッツ光」と専用線で速度の評判が高い「nuro光」を用いました。

平均速度は光回線が優秀、上り速度は段違い

ホームルーターフレッツ光nuro光
機種/方式ドコモhome5G光回線方式光回線方式
下り平均速度167.72Mbps269.98Mbps504.58Mbps
上り平均速度20.14Mbps205.03Mbps447.16Mbps
平均Ping55.87ms21.39ms13.88ms

平均速度で見た場合、やはり固定光回線の通信速度は優秀です。

特に上り通信速度は圧倒的に光回線優位のため、動画配信やゲーム実況・大容量のデータアップロードを行うならホームルーターだとやや厳しいです。

しかし、下り通信速度は100Mbpsも出ていれば実際の体感速度はほとんど変わりありません。

速度については「動画配信」「大量のデータアップロード」をする場合は光回線、それ以外ならホームルーターで問題ないと言えるでしょう。

また、ホームルーターは5Gエリアの拡大に伴ってどんどん高速化が進むことを考慮すると今後の速度にも期待が持てますね!

通信エリアはホームルーターが圧倒的優位

ホームルーターフレッツ光nuro光
機種/方式ドコモhome5G光回線方式光回線方式
エリア

ドコモの広い電波で利用可!

未導入の地域・マンションがある

エリアはまだまだ狭い
電波の強度戸建は不安だが、宅内で持ち運び可能無線LANルーターが豊富
中継機などの利用も可能

続いて、通信エリアではホームルーターが圧倒的優位です。

光回線は仕様上、「エリア外」「工事不可」となる可能性があります。

そんな時、今までは「エリア内になるまで待つ」という選択肢しかありませんでしたが、ホームルーターなら回線ごとに全国の通信エリアが利用可能なため場所を選びません。

宅内の電波強度ですが、単純な電波の強さは「大元の回線が速い&ルーターの選択肢が豊富」という点で光回線に軍配が上がります。

ただし、光回線の場合は「引き込み位置が決まっている」という大きな弱点があります。

引き込み場所が決まっていると、電波が届きづらい部屋があってもどうすることもできません。

その点、ホームルーターは持ち運びができるためその時々に応じて利用場所を選べます。

この点は一長一短と言える部分で、生活人数や環境によってどちらが良いか変わってくるでしょう。

  • ネット利用者が家族に多く、利用時間も同じ:光回線がおすすめ
  • ネット利用者は限られている:宅内でホームルーター持ち運びがおすすめ

結論:ホームルーターと光回線は一長一短

様々な項目で比較をした結果、ホームルーターと光回線は一長一短です。

3階建てや離れのある住宅、接続台数が多い場合は元回線速度に劣るホームルーターはやや不利と言えるでしょう。

一方、マンションなど生活エリアが平面なら広さを問わず電波は届きやすいためホームルーターでも問題がありません。

また、ネット利用者が少ない場合はホームルーターなら持ち運びができるため、常にルーターを近くに置ける点は大きなメリットです。

完全に光回線の代役になるとは言えませんが、光回線より優れた部分も多いホームルーターが合う方も多いでしょう!

ホームルーターでオンラインゲームはできる?

ホームルーターを利用する際、オンラインゲームが利用できるかどうかを気にする方は多いです。

結論として、ホームルーターでも問題なくオンラインゲームは動作します。

ただし、対戦系のオンラインゲームにおいてプロゲーマー並の快適な環境を求めるなら光回線に優位性があります。

オンラインゲームで重要な点は速度よりも「Ping」です。

ホームルーターフレッツ光nuro光
機種/方式ドコモhome5G光回線方式光回線方式
平均Ping55.87ms21.39ms13.88ms

「Ping」とは、通信回線の応答速度を表しており数値が小さければ小さいほど動作の遅延が少ないことを意味します。

「1ms」は0.001秒であり、Pingが10msならボタンを押してから操作が反映するまで0.01秒の遅延が発生します。(実際には回線速度だけでなく、パソコンやゲーム機、ディスプレイのスペックにも左右されます)

要はPingが高ければ高いほど動作が遅くなりますが、100ms以下では体感速度はごく僅かでゲームプレイへの影響は非常に少ないです。

どこまでの品質をゲームに求めるかにもよりますが、ホームルーターでも特段問題は無いでしょう。

ただし、光回線の方が電波の安定性・Ping共に優れるため僅かな遅延もストレスに感じる方は固定回線の導入をおすすめします。

ホームルーターにデメリットはある?

最後に、ホームルーターのデメリットを解説します!

契約前に注意点はしっかり押さえておきましょう。

通信品質の環境依存度が高い

どの通信回線にも言えることですが、ホームルーターの通信品質は利用環境に特に左右されやすいです。

基地局から利用デバイスまで全て無線通信のため、固定回線よりも環境依存度が高く「思ったより速度が出ない」というリスクも存在します。

特にマンションの高層階(15階以上)や強化ガラスを利用した建物内では電波が届きにくいため、注意が必要です。

実質的な契約期間が長い

ホームルーターは、多くの事業者で本体代金が無料or実質無料になっています。

初期費用がかからない反面、解約時の違約金や機器本体の分割金は高額になる傾向にあるため注意が必要です。

例えばドコモのHome 5Gは本体代金「39,600円」を36ヶ月の分割で支払い、同じ金額を毎月割引することによって実質無料としています。

36ヶ月以内に解約をした場合、残った分の本体代金は支払いが必要なため実質的には3年契約と言えるでしょう。

ソフトバンクAirやWiMAXも同様の仕組みであるため注意をしましょう。

まとめ:品質が年々良くなっているホームルーターはおすすめできる!

当記事では、ホームルーターについておすすめ事業者や特徴を詳しく解説しました。

ホームルーターの先駆けとも言えるソフトバンクAirが出た頃は通信品質にかなり不安がありましたが、今は5Gの登場で安定した回線品質になっています。

特にマンションや1人暮らしのホームルーター利用は手軽で非常におすすめです!

今後のさらなる品質強化も期待できるホームルーターで、手軽に自宅をWi-Fi環境にしましょう!

1位
ドコモ Home5G
ドコモ Home5G

2021年、最もおすすめのホームルーター ドコモ「home 5G」
安定した通信品質と2021年11月現在速度制限未確認!
月額5,000円を切る料金&高品質なサービスでホームルーターならドコモ一択!

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする