携帯ショップや家電量販店に行くと1円と記載されたPOPを目にすることが多いと思います。

2024年7月現在、各社では1円スマホや1円iPhoneを購入できるキャンペーンが実施されています。

このキャンペーンは、UQモバイルワイモバイルなどの格安SIMauソフトバンクなどのキャリアが実施しており、対象のスマートフォンを1円で購入することができます。

本記事では、この1円スマホのキャンペーン概要や、対象のスマートフォン、キャンペーンの注意点などについて解説します。

1円スマホ 7月(2)
1円スマホ一覧
キャリア1円機種
ワイモバイル公式
公式へ
・iPhone SE2(認定中古品) : 21,600円→1円(21,599円お得)新規も同額
・AQUOS wish3:21,984円→1円(21,983円お得)
・moto g53y 5G : 21,996円→1円(21,995円お得)
・moto g64y 5G : 21,996→3,996円(18,000円お得)←NEW
・OPPO A79 5G : 21,996円→1円(21,995円お得)
・Libero 5G IV : 21,996円→1円(21,995円お得)新規も同額

新どこでももらえる特典の6,000円相当クーポン適用で上記端末が実質0円!!
ワイモバイル ヤフー店
公式へ
・iPhone SE2(認定中古品) : 21,600円→1円(21,599円お得)新規も同額
・AQUOS wish3:21,984円→1円(21,983円お得)
・moto g53y 5G : 21,996円→1円(21,995円お得)
・moto g64y 5G : 21,996→3,996円(18,000円お得)←NEW
・OPPO A79 5G : 21,996円→3,980円(18,016円お得)
・Libero 5G III : 21,996円→1円(21,995円お得)新規も同額
・Libero 5G IV : 21,996円→3,980円(18,016円お得)新規も同額

新どこでももらえる特典の6,000円相当クーポン適用で上記端末が実質0円!!
au
公式へ
・iPhone 14(128GB) : 127,900円→実質47円(初回3円+2円×22回)127,853円お得
・iPhone SE3(64GB) : 70,935円→実質47円(初回3円+2円×22回)70,888円お得
・Pixel 8a : 80,000円→実質47円(初回3円+2円×22回)79,953円お得←NEW
・Redmi 12 5G : 22,001円→実質47円(初回3円+2円×22回)21,954円お得
ソフトバンク
公式へ
・iPhone 15(128GB) : 145,152円→実質14,160円(月々590円×24回)130,992円お得
・iPhone 15 Pro(128GB) : 185,760円→実質24円(月々2円×12回)185,736円お得
・iPhone 14(128GB) : 127,440円→実質48円(月々2円×24回)127,392円お得
・iPhone SE3(64GB) : 73,440円→実質24円(月々1円×24回)73,416円お得
・Pixel 8a : 77,760円→実質24円(月々1円×24回)77,736円お得←NEW
・Pixel 8 : 94,320円→実質24円(月々1円×24回)94,296円お得←イチオシ
・Pixel 8 Pro : 160,128円→実質24円(月々2円×24回)160,104円お得
・AQUOS R8 pro : 155,520円→実質24円(月々2円×24回)155,496円お得
・Xiaomi 13T Pro : 94,320円→実質24円(月々1円×24回)94,296円お得
・motorola razr 40s : 97,200円→実質24円(月々1円×24回)97,176円お得
・Redmi 12 5G : 21,984円→実質24円(21,960円お得)
・あんしんファミリースマホ : 21,984円→実質24円(21,960円お得)
UQモバイル
公式へ
・iPhone SE3(64GB) : 70,935円→実質47円(初回3円+2円×22回)70,888円お得
・Pixel 8 : 74,000円→実質47円(73,953円お得)←NEW
・Redmi 12 5G : 22,001円→実質47円(21,954円お得)
楽天モバイル
公式へ
・Rakuten WiFi Pocket Platinum : 7,980円→一括1円(7,979円お得)←NEW
・Rakuten WiFi Pocket 2C : 7,980円→一括1円(7,979円お得)
※2024年7月12日時点の情報です。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

2023年12月27日からはスマホの割引規制が改定されましたが、規制後も1円スマホは存在しています。ただし、機種はかなり限定的になっています。

一方、新たな割引規制によりキャリアの販売形態にも変化が現れてきました。実際にソフトバンクからは割引と新トクするサポートを併用した実質24円(月々1円)スマホもでてきています。

1年や2年で新しいスマホに買い替えられる、いわゆる”レンタル方式”の1円スマホが今後のメインになってくるでしょう。

新トクするサポートについて

  • 「新トクするサポート」の種類(「プレミアム」、「スタンダード」、「バリュー」)のいずれが適用されるかは購入時点の指定に基づいて決まる
  • 対象機種は追加または変更される場合がある
  • それぞれの対象機種及びプログラム詳細はソフトバンクの公式ウェブサイト(https://www.softbank.jp/mobile/products/new-tokusuru-support/)をご確認下さい
新生活のWiFi環境は楽天モバイルで決まりだ!
Rakuten WiFi Pocket Platinum 1円

新生活でWiFi環境を安く整えたいと考えている方には楽天モバイルの「Rakuten WiFi Pocket Platinum」がおすすめです!

Rakuten WiFi Pocket Platinumはポケット型WiFiで持ち運びが可能。自宅にいる時は家のWiFiとして使うこともできます。

しかも、プラチナバンド対応モデルでルーター代金が7,980円一括1円とキャンペーン価格で購入できちゃいます!

IoTコンサルティング編集部

楽天モバイルならデータをどれだけ使っても3,278円で使い放題!
通常、自宅に固定WiFiを導入すると5,000円程度かかってきますが、楽天モバイルなら格安でWiFi環境を整えられます。

また、楽天モバイルではスマホセット契約で最大3万円以上、SIM単体契約で最大14,000円の還元が受けられるキャンペーンも実施中です。

1円スマホはありませんが、安さを求めているなら楽天モバイル公式サイトを覗いてみるのも良いでしょう。

楽天モバイル公式サイトは以下の青いリンクまたは赤いボタンをタップでアクセスできるので、ぜひチェックしてみてください。

楽天モバイル公式サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\楽天モバイルでiPhoneが買える!しかも端末代4キャリア最安値!/今すぐスマホを楽天モバイルでお得に手に入れるには
こちらをタップ! >

※最大3.2万円分相当の楽天ポイントがもらえる

>>最新の楽天モバイル クーポンはこちら
>>楽天モバイルの評判はこちら

10代~60代の男女666人に「1円スマホの意識調査アンケート」も行ったので、あわせて参考にしてみてください。

→1円スマホのアンケート調査結果はこちら

目次 [ close ]
  1. 1円スマホのキャンペーン一覧【一括1円スマホ・実質1円スマホ】
    1. ワイモバイルの一括1円スマホ・月々1円スマホ
    2. auの一括1円スマホ・月々1円スマホ
    3. ソフトバンクの一括1円スマホ・月々1円スマホ
    4. UQモバイルの一括1円スマホ・月々1円スマホ
    5. 楽天モバイルの一括1円スマホ・月々1円スマホ
    6. ドコモの一括1円スマホ・月々1円スマホ
    7. IIJmioのほぼ1円スマホ
    8. 家電量販店(ヤマダ電機/ヨドバシ)の一括1円・月々1円スマホ情報はリアルタイムでチェック
    9. スマホ乗り換え.comでスマホが月々1円・実質12円~購入可能!
  2. 1円iPhoneとキャンペーン一覧
    1. ソフトバンクのiPhone15Pro(128GB)が実質24円(月々2円)
    2. ソフトバンクのiPhone14(128GB)が実質48円(月々2円)
    3. ソフトバンクのiPhone SE3が実質24円(月々1円)
    4. auのiPhone14(128GB)が実質47円(月々2円)
    5. au/UQモバイルのiPhoneSE3(64GB)が実質47円(月々2円)
  3. 1円スマホの種類とからくりについて
    1. 一括1円スマホ | 1円を支払えば自分のものになる
    2. 実質12円(月々1円)スマホ | 端末返却必須なレンタル式
  4. 1円スマホは終了せず!割引規制はなぜ入った?
    1. 割引上限は22,000円→44,000円に変更
    2. 割引上限をシミュレーションでわかりやすく解説
    3. 以前は規制が緩く1円iPhoneも存在していた
  5. 1円スマホ規制によって登場した実質12円スマホの存在とは
    1. 実質12円スマホは端末割引と端末購入プログラムによって実現される
    2. ソフトバンクの新トクするサポートを利用した実質12円スマホ
  6. 一括1円スマホ・実質1円スマホの5つのデメリットや落とし穴
    1. 年齢制限付きの場合がある
    2. 対象プラン/オプションに加入しないと1円にならない
    3. 回線なしの場合は1円にならない
    4. 一定期間後に端末を返却しないと1円にならない
    5. 店舗だと在庫隠しにあう場合がある
  7. 【666人に聞きました!】1円スマホの意識調査アンケート結果発表
  8. 1円スマホに関するよくある質問
  9. 割引規制と1円スマホのバトルはまだまだ続く!
auお得注意報!
au Online Shop お得割
Galaxy S23 FE 機種変更がおトク!
au Online Shop SIM乗り換え特典
Google Pixel 8a 機種変更がいきなりおトク
auスペシャルセール
Xperia 1 VI 機種変更がいきなりおトク

auではiPhone15シリーズやGalaxy S24/S24 Ultra、Galaxy Z Fold6/Flip6、Xperia 1 VI、Pixel 8a、Galaxy A55 5G、Redmi Note 13 Pro、Galaxy Tab S9 FE+ 5Gなどの新型スマートフォンやタブレットが続々登場!

それに伴い、auオンラインショップではお得なキャンペーンを多数実施しています。

新規ユーザーだけでなく、既存ユーザーへの還元も怠らないのがauの魅力。機種変更なら最大27,500円、他社からの乗り換えなら最大44,000円の還元が受けられちゃいます!

そして、スマホの買い替えで分割払いを検討している方には24回払いの「スマホトクするプログラム」がおすすめ!

機種に応じた残価を最終回分の支払いに設定し、25ヶ月目に端末を返却すると残価がまるっと免除される購入方法です。超カンタンにお伝えすると、実質半額程度の負担で2年ごとに新しいスマホが使える購入サポート。

例えば…
機種/定価新規契約乗り換え機種変更
Galaxy Z Fold6
(256GB)
269,800円(NEW)
実質149,800円~
(初回6,514円+6,513円×22回)
実質138,800円~
(初回6,052円+6,034円×22回)
実質138,800円~
(初回6,052円+6,034円×22回)
Galaxy Z Flip6
(256GB)
169,800円(NEW)
実質83,800円~
(初回3,654円+3,643円×22回)
実質72,800円~
(初回3,170円+3,165円×22回)
実質72,800円~
(初回3,170円+3,165円×22回)
Galaxy S24
(256GB)
144,800円(NEW)
実質68,800円~
(初回2,998円+2,991円×22回)
実質57,800円~
(初回2,514円+2,513円×22回)
実質57,800円~
(初回2,514円+2,513円×22回)
Galaxy S24 Ultra
(256GB)
224,800円(NEW)
実質114,800円~
(初回4,998円+4,991円×22回)
実質103,800円~
(初回4,514円+4,513円×22回)
実質103,800円~
(初回4,514円+4,513円×22回)
Xperia 1 VI
214,800円(NEW)
実質123,800円~
(初回5,396円+5,382円×22回)
実質112,800円~
(初回4,912円+4,904円×22回)
実質112,800円~
(初回4,912円+4,904円×22回)
iPhone 15
145,640円~
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
iPhone 14
127,900円~
実質33,047円~
(初回1,455円+1,436円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質38,547円~
(1,697円+1,675円×22回)
Pixel 8a
80,000円(NEW)
実質11,047円~
(初回487円+480円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質5,547円~
(245円+241円×22回)
Galaxy A55 5G
77,000円(NEW)
実質36,400円~
(初回1,596円+1,582円×22回)
実質25,400円~
(初回1,112円+1,104円×22回)
実質41,900円~
(1,838円+1,821円×22回)
Redmi Note 13 Pro 5G
41,800円(NEW)
実質15,800円~
(初回708円+686円×22回)
実質4,800円~
(初回224円+208円×22回)
実質21,300円~
(928円+926円×22回)
※2024年6月2日時点の情報です。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

Galaxy S24(256GB)なら通常価格は144,800円ですが、25ヶ月目に端末を返却すると65,000円が免除されるため、実質負担金は79,800円。

さらに22,000円割引を適用すると実質57,800円、月々2,513円(初回2,514円)で購入できちゃう! お得過ぎませんか!?

IoTコンサルティング編集部

iPhone 14やPixel8aなら実質47円~購入できますよ!

そのほかauオンラインショップではSIM単体契約で10,000円相当のau PAY残高還元も行っています。

もしあなたがスマホや携帯会社の切り替えを検討していたり、auでの機種変更を考えているなら、一度auオンラインショップを覗いてみてくださいね。

機種変更なら午前11時45分までの注文完了で当日の18時~22時に商品を届けてくれます(地域限定)

ョップ公式:https://www.au.com/mobile/onlineshop/

※24時間自宅からスマホ・PCだけで完結!

1円スマホのキャンペーン一覧【一括1円スマホ・実質1円スマホ】

1円スマホのキャンペーン

1円スマホのキャンペーンはソフトバンクやauといった大手キャリアと一部の格安SIMで開催されています。

1円でなくても110円~とほぼ1円で購入できる格安スマホもあるので、ここで紹介してきます。

ワイモバイルの一括1円スマホ・月々1円スマホ

1円スマホ ワイモバイル
特典特価スマホのキャンペーンで対象端末が1円~
条件・ワイモバイルオンラインストアまたはワイモバイル ヤフー店から手続きする
・新規契約または他社からの乗り換えでシンプル2 M/Lを契約する
・同時に対象端末を購入する
1円スマホAQUOS wish3 / moto g53y 5G / Libero 5G IV / Libero 5G III / OPPO A79 5G / iPhone SE2(認定中古品)
期間終了日未定

ワイモバイルオンラインストアでは新しく契約する方を対象に人気スマホを一括1円で販売しています。新規契約でも一括1円になるスマホもあるので、子どものスマホデビューにもおすすめです。

2024年7月はAQUOS wish3・moto g53y 5G・Libero 5G IV・OPPO A79 5G・iPhone SE2(認定中古品)などが一括1円スマホとして購入できます。

さらに、ヤフー店限定の新どこでももらえる特典の6,000円相当クーポンを適用すれば、実質0円スマホとして購入できます

機種定価割引後
AQUOS wish321,984円1円
(21,983円お得)
moto g53y 5G21,996円1円
(21,995円お得)
Libero 5G IV21,996円1円
(21,995円お得)
新規契約でも同額
Libero 5G III21,996円1円
(21,995円お得)
新規契約でも同額
OPPO A79 5G21,996円1円
(21,995円お得)
iPhone SE2(認定中古品)21,600円1円
(21,599円お得)
moto g64y 5G21,996円3,996円
(18,000円お得)

ワイモバイルでは定期的に1円スマホが変わるので、安くスマホを購入したい方は必ずチェックしておきましょう。

ワイモバイルオンラインストアなら頭金や3,850円の事務手数料も0円です。

ワイモバイル公式サイト:https://www.ymobile.jp/store/

\【10周年記念】SIMのみ契約で一括2万円相当還元!/ワイモバイル公式オンラインストアはこちらをタップ >

※街のお店で3,850円する事務手数料が無料!

ワイモバイル公式ヤフー店:https://ymobile-store.yahoo.co.jp/

\最大36,000円相当のPayPayポイント還元!/ワイモバイルオンラインストア ヤフー店はこちらをタップ >

※店舗と違って事務手数料がタダ!

>>ワイモバイルの評判はこちら

auの一括1円スマホ・月々1円スマホ

1円スマホ au
特典auオンラインショップで対象端末が実質47円(月々2円)~
条件・auオンラインショップから手続きする
・他社からの乗り換えで契約する
・同時に対象端末を購入する
1円スマホiPhone 14(128GB) / iPhone SE3(64GB) / Pixel 8a / Redmi 12 5G
期間終了日未定

auでは一括1円・実質1円のスマホは販売していません。

ただ、auオンラインショップの割引と端末購入プログラム「スマホトクするプログラム」を併用することで、実質47円(月々2円)とほぼ1円に近い状態のスマホを購入できます

2024年7月はiPhone 14(128GB)・iPhone SE3(64GB)・Pixel 8a・Redmi 12 5Gがほぼ1円スマホとして購入できます。

機種定価割引後
(返却あり)
iPhone 14(128GB)127,900円実質47円
(初回3円+2円×22回)
127,853円お得
iPhone SE3(64GB)70,935円実質47円
(初回3円+2円×22回)
70,888円お得
Pixel 8a80,000円実質47円
(初回3円+2円×22回)
79,953円お得
Redmi 12 5G93,600円実質47円
(初回3円+2円×22回)
21,954円お得

スマホトクするプログラムを利用することで、iPhone 14も激安で購入できます。

端末の返却は必須ですが、高性能なスマホがほしい方はauオンラインショップをチェックしておきましょう。

auオンラインショップ公式:https://www.au.com/mobile/onlineshop/

※24時間自宅からスマホ・PCだけで完結!

>>auショップ 待ち時間対策はこちら

ソフトバンクの一括1円スマホ・月々1円スマホ

1円スマホ ソフトバンク
特典ソフトバンクオンラインショップで対象端末が実質24円(月々1円)~
条件・ソフトバンクオンラインショップから手続きする
・5歳以上22歳以下の新規契約または他社からの乗り換えで契約する
・同時に対象端末を購入する
・端末の受け取り方法を自宅受取りにする
1円スマホiPhone 15 Pro(128GB) / iPhone 14(128GB) / iPhone SE3(64GB) / Xiaomi 13T Pro / Pixel 8a / Pixel 8 / Pixel 8 Pro / motorola razr 40s / AQUOS R8 pro/ Redmi 12 5G / あんしんファミリースマホ
期間終了日未定

ソフトバンクではオンラインショップ割と新トクするサポートのキャンペーンを併用することで、実質24円(月々1円)~スマホを購入できます

端末の返却は必須ですが、1年や2年ごとに新しいスマホに買い替える予定がある方には嬉しいキャンペーンでしょう。

2024年7月はiPhone 14(128GB)、iPhoneSE3(64GB)、Pixel 8a、motorola razr 40sなどが月々1円で購入できます

また、iPhone15Pro(128GB)やPixel 8 Pro、AQUOS R8 proなども月々2円とほぼ1円で購入できます。

機種定価割引後
(返却あり)
iPhone 15 Pro(128GB)185,760円実質24円
(2円×12回)
185,736円お得
iPhone 14(128GB)127,440円実質48円
(2円×24回)
127,392円お得
iPhone SE3(64GB)73,440円実質24円
(1円×24回)
73,416円お得
iPhone SE3(64GB)94,320円実質24円
(1円×24回)
94,296円お得
Pixel 8a77,760円実質24円
(1円×24回)
77,736円お得
Pixel 894,320円実質24円
(1円×24回)
94,296円お得
Pixel 8 Pro160,128円実質24円
(2円×12回)
160,104円お得
AQUOS R8 pro155,520円実質24円
(2円×12回)
155,496円お得
motorola razr 40s97,200円実質24円
(1円×24回)
97,176円お得
Redmi 12 5G21,984円実質24円
(1円×24回)
21,960円お得
あんしんファミリースマホ21,984円実質24円
(1円×24回)
21,960円お得
※新トクするサポート(プレミアム)対象のiPhone15Pro(128GB)、Pixel 8 Pro、AQUOS R8 proは、別途「あんしん保証パック(550円~1,740円/月」と「早トクオプション利用料(最大12,100円)」が発生します。

コスパ最強スマホのXiaomi 13T ProやPixel 8も月々1円と端末代金を抑えて購入できます。

auとは違い1年と早いタイミングで返却が必要な端末もありますが、高性能スマホが激安で使える点はソフトバンクの大きなメリットでしょう。新しいモノ好きの方にはピッタリなキャンペーンです。

ソフトバンクオンラインショップなら頭金や事務手数料3,850円も0円です。

新トクするサポートについて

  • 「新トクするサポート」の種類(「プレミアム」、「スタンダード」、「バリュー」)のいずれが適用されるかは購入時点の指定に基づいて決まる
  • 対象機種は追加または変更される場合がある
  • それぞれの対象機種及びプログラム詳細はソフトバンクの公式ウェブサイト(https://www.softbank.jp/mobile/products/new-tokusuru-support/)をご確認下さい

ソフトバンクオンラインショップ公式:https://www.softbank.jp/online-shop/

※オンラインショップなら頭金・事務手数料が無料!(自宅受取が対象)

UQモバイルの一括1円スマホ・月々1円スマホ

1円スマホ UQモバイル
特典UQ mobile オンラインショップおトク割で対象端末が1円~
条件・UQモバイルオンラインショップから手続きする
・新規契約または他社からの乗り換えでトクトク/コミコミプランを契約する
・同時に対象端末を購入する
・増量オプションIIに加入する
1円スマホiPhone SE3(64GB) / Pixel 8 / Redmi 12 5G
期間終了日未定

UQモバイルでは一括1円・実質1円のスマホは販売していません。

ただ、UQモバイルオンラインショップの「UQ mobile オンラインショップおトク割」と端末購入プログラム「スマホトクするプログラム」を併用することで、実質47円(月々2円)とほぼ1円に近い状態のスマホを購入できます

2024年7月はiPhone SE3(64GB・)Pixel 8・Redmi 12 5Gがほぼ1円スマホとして購入できます

機種定価割引後
iPhone SE3(64GB)70,935円実質47円
(初回3円+2円×22回)
70,888円お得
Pixel 874,000円実質24円
(初回3円+2円×22回)
73,953円お得
Redmi 12 5G22,001円実質47円
(初回3円+2円×22回)
21,954円お得

スマホがほぼ1円になる条件として月額550円の増量オプションIIへの加入は必須です。ただ増量オプションIIは適用月から7ヶ月間は無料なので、スマホを1円でも安く買うことを優先しましょう

増量オプションIIが不要ならキャンペーン終了後に解約すればOKです!

UQモバイル公式サイト:https://shop.uqmobile.jp/shop/

\SIMのみ契約でも最大2万円(不課税)相当のau PAY残高還元!/UQモバイルオンラインショップはこちらをタップ >

※オンライン購入アドバイザーに無料相談できるから手続きも安心!(10時~20時)

>>UQモバイルの評判はこちら

楽天モバイルの一括1円スマホ・月々1円スマホ

1円スマホ 楽天モバイル
特典最大32,000円相当の還元
条件・楽天モバイルの申し込みが初めてであること
・対象スマホを購入すること
・開通後にRakuten Linkで10秒以上の発信通話をすること
1円スマホなし
期間終了日未定

楽天モバイルで1円スマホは販売していません

Rakuten WiFi Pocket Platinum 1円

ちなみにスマホではありませんが、楽天モバイルではプラチナバンド対応のポケット型WiFiRakuten WiFi Pocket Platinum」が一括1円で購入できます。ポケット型WiFiを検討している方はチェックしてみてください。

楽天モバイルならデータ無制限が3,278円で利用できます。

また、スマホトク得乗り換えキャンペーンやiPhoneトク得乗り換えキャンペーンで最大32,000円相当の還元が受けられるキャンペーンを開催しています

iPhoneはキャリア最安値なので、安くiPhoneを購入したい方は楽天モバイルをチェックしておくと良いでしょう。楽天モバイル買い替え超トクプログラムを利用すれば、実質半額以下でiPhoneを買うこともできます。

楽天モバイル公式サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\楽天モバイルでiPhoneが買える!しかも端末代4キャリア最安値!/今すぐスマホを楽天モバイルでお得に手に入れるには
こちらをタップ! >

※最大3.2万円分相当の楽天ポイントがもらえる

>>最新の楽天モバイル クーポンはこちら
>>楽天モバイルの評判はこちら

ドコモの一括1円スマホ・月々1円スマホ

1円スマホ ドコモ
特典最大4万円相当以上の還元
条件・新規契約または他社からの乗り換えであること
・対象スマホを購入すること
1円スマホなし
期間終了日未定

ドコモで1円スマホは販売していません

ただ、新規契約や他社から乗り換える方を対象に最大4万円相当以上の還元を行っています。還元方法はスマホによって異なり、端末割引またはdポイント還元になります。

以下は、キャンペーンの対象機種の一例です(乗り換えの場合)。

機種割引額
iPhone 14 Pro Max 128GB44,000円割引
Google Pixel 8a32,450円割引
iPhone 1522,000円割引
iPhone 13(256GB/512GB)
Google Pixel 8
Xperia 5 IV SO-54C
Xperia 10 V SO-52D
Xperia 10 V Fun Edition SO-52D
Galaxy A54 5G SC-53D
arrows N F-51C
iPhone SE(第3世代)16,500円割引
arrows We F-51B
らくらくスマートフォン F-52B
iPhone 149,900円割引

※割引適用日から1年間、一度他社に乗り換え後再度ドコモに乗り換えた場合、適用不可

一部機種においては44,000円割引が適用されます。

auやソフトバンクほどのお得さはありませんが、ドコモで安くスマホを購入したいという方はキャンペーン情報に目を通しておきましょう。

ドコモオンラインショップ公式:https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

※オンラインショップなら頭金・事務手数料が無料!

IIJmioのほぼ1円スマホ

1円スマホ IIJmio
特典スマホ大特価セールで対象機種が110円~
条件・他社からの乗り換えであること
・音声SIM/音声eSIMのギガプランを契約すること
・同時に対象スマホを購入すること
1円スマホなし
期間2024年6月4日~2024年9月2日

IIJmioで1円スマホは販売していません

しかしIIJmioでは他社から乗り換える方を対象にスマホ大特価セールで110円~スマホを販売しています。ほぼ1円スマホと言って良いでしょう。

2024年7月はRedmi Note 10TやOPPO A79 5Gがほぼ1円スマホとして購入できます

機種定価割引後
OPPO A79 5G26,800110円
(26,690円お得)
Redmi Note 10T18,800円110円
(18,690円お得)
moto g2419,800円1,980円
(17,820円お得)

Redmi Note 10TやOPPO A79 5G以外にも、IIJmioには格安で購入できるスマホが揃っています。

大手キャリアでは取り扱っていないスマホもIIJmioにはあるので、少し変わったスマホがほしい方はIIJmio公式サイトをチェックしてみてください。

IIJmio公式サイト:https://www.iijmio.jp/

\スマホが110円~!公式サイトでお得なキャンペーン実施中!/今すぐIIJmioをお得に申し込むにはこちらをタップ >

※お得すぎて売り切れの機種もあります

>>IIJmioの評判はこちら

家電量販店(ヤマダ電機/ヨドバシ)の一括1円・月々1円スマホ情報はリアルタイムでチェック

1円スマホ 家電量販店

家電量販店の1円スマホはリアルタイムで情報を得ることが大切になってきます。

家電量販店でも1円スマホのキャンペーンを実施していますが、どの店舗でもやっているわけではありません。キャンペーン実施の告知もなければ、不定期による開催なので実際に店舗に行って確認する必要があります。

ただ、店舗に行って1円スマホのキャンペーンを開催していないこともあるので、SNSでの情報収集がおすすめ。例えばXでは1円スマホを実際に買った方がキャンペーン情報をポストしていることもあります。

基本的にはキャリアショップやオンラインショップで開催しているキャンペーン内容と同じですが、稀に家電量販店独自のキャンペーンも開催していたりするので、リアルタイム情報をチェックしてみると良いでしょう。

ただ家電量販店で契約する場合、3,850円の事務手数料がかかります。また、店舗によっては5,500円~16,500円程度の頭金がかかることも。

店舗に行くまでの時間や交通費等も考えると、オンラインショップでお得に1円スマホを購入するのがおすすめです。

スマホ乗り換え.comでスマホが月々1円・実質12円~購入可能!

norikae.com

※スマホ乗り換え.comへの問い合わせ殺到中につき、お客様への返信が遅れる場合があるようです。その点、ご了承ください。

おトク注意報!
iPhone14-iPhone15_説明画像_03 (1) (1)

スマホ乗り換え.comなら期間限定でiPhone15(128GB)が実質14,160円、iPhone14(128GB)が実質24円で購入可能。新型iPhoneや型落ちiPhoneを狙っている方は今がチャンスです!!

実質10万円以上もお得なんです。月々の支払いは1円~!

iPhoneのキャンペーンは来店が必須なので、気になる方は一度電話で問い合わせてみてくださいね。その際は「スマ割キャンペーン」について聞きたいと伝えればOKです!

スマホ乗り換え.comでは、店舗限定で大幅な割引キャンペーンを開催中です。大好評なキャンペーンなので、ほしい機種がなくなる前にGETしましょう!

対象機種は都度変わり、iPhoneが実質24円(月々1円)で購入できる場合もあります。

時期により割引額は変動します。2024年7月最新の対象機種と本体価格は、以下の通り。
※スマホデビュープラン+は、22歳以下の新規契約かガラケーからの乗り換えで加入できます。
※お一人1台まで

対象機種通常本体価格割引後本体価格開催期間条件
iPhone15145,152円~実質137,304円(内訳→14,160円(590円×24回)+123,144円(5,131円×24回))
※24回目の支払いが終わった時に端末を返却すれば実質14,160円
割引総額-7,848円
終了日未定・乗り換え(MNP)または5〜22以下の新規契約
・メリハリ無制限+、メリハリ無制限、ペイトク30/50/無制限、スマホデビュープラン+(20GB)いずれかに加入
・店舗への来店で手続きをする(iPhoneのみ)Androidはオンライン申込可能
iPhone15Pro185,760円~実質141,792円(内訳→24円(2円×12回)+141,768円(3,938円×36回))
※12回目の支払いが終わった時に端末を返却すれば実質24円
割引増額-43,968円
※別途あんしん保証パック(1,740円×13回)+早トクオプション利用料12,100円
iPhone14127,440円~実質105,456円(内訳→24円(1円×24回)+105,432円(4,393円×24回))
※24回目の支払いが終わった時に端末を返却すれば実質24円
割引総額-21,984円
iPhoneSE373,440円~実質51,456円(内訳→24円(1円×24回) +51,432円(2,143円×24回))
※24回目の支払いが終わった時に端末を返却すれば実質24円
割引総額-21,984円
Xperia 10 VI(NEW)77,760円実質63,690円(内訳→9,840円(410円×24回) +53,856円(2,244円×24回))
※24回目の支払いが終わった時に端末を返却すれば実質9,840円
割引総額-21,984円
さらに、
・PayPayガチャで3,000円~20,000円相当の還元
・モバイルiサポート加入特典で5,000円相当還元
終了日未定・乗り換え(MNP)または5〜22以下の新規契約
・メリハリ無制限、ペイトク30/50/無制限、スマホデビュープラン+(20GB)いずれかに加入
Xiaomi 13T Pro94,320円実質72,336円(内訳→24円(1円×24回) +72,312円(3,013円×24回))
※24回目の支払いが終わった時に端末を返却すれば実質24円
割引総額-21,984円
Google Pixel 8a(NEW)88,560円
→77,760円(値下げ)
実質55,776円(内訳→24円(1円×24回) +55,752円(2,323円×24回))
※24回目の支払いが終わった時に端末を返却すれば実質24円
割引総額-21,984円
motorola razr 40s85,584円実質75,216円(内訳→12円(1円×12回)+85,572円(2,377円×24回))
※24回目の支払いが終わった時に端末を返却すれば実質12円
AQUOS R8 pro155,520円実質111,552円(内訳→24円(2円×12回)+111,528円(3,098円×36回))
※12回目の支払いが終わった時に端末を返却すれば実質24円
割引増額-43,968円
※別途あんしん保証パック(990円×13回)+早トクオプション利用料12,100円
LEITZ PHONE3195,696円実質173,712円(内訳→37,956円(3,163円×12回)+135,756円(3,771円×36回))
※12回目の支払いが終わった時に端末を返却すれば実質37,956円
割引増額-21,984円
※別途あんしん保証パック(990円×13回)+早トクオプション利用料12,100円
Redmi 12 5G21,984円一括1円
割引総額-21,983円
AQUOS wish321,984円一括1円
割引総額-21,983円

人気のiPhone 15やPixel8aなどが対象になっています。スマホの新調を考えている方もそうでない方も、この本体価格なら手にしておいて損はありません。

日常使いレベルであれば、一括1円スマホのRedmi 12 5GやAQUOS wish3がおすすめです!

ワイモバイルユーザーはソフトバンクへ乗り換えると、データ無制限が1年間最安990円で維持できます。ワイモバイルでは取り扱っていない機種も、ソフトバンクなら安く手に入るので、この機会に乗り換えも視野に入れてみると良いでしょう。

また5歳以上22歳以下なら新規契約でスマホデビュープラン+(20GB)への加入ができます。基本料金は6ヶ月間1,078円/月、8ヶ月目~2,728円/月、14ヶ月目~3,916円/月で利用できちゃいます!

メリハリ無制限+とペイトク無制限どっちのプランにしようか迷っている方は、以下も参考にしてみてください。

norikae.com

そのほか機種について不明な点があれば、一度スマホ乗り換え.comに相談してみてくださいね。

norikae.com-call-center

またスマホ乗り換え.comでは、不要になった端末の買取も行っています。契約後に送られてくる買取用のQRコードを読み取り必須事項を入力したら、あとは端末を送るだけです!送付キットも後日送られてくるので準備する必要はなし、さらに集荷もきてくれるので自宅にいながら買取手続きができます。

査定が完了すると査定金額の案内メールが届くので、納得すれば1週間程度で口座に振り込まれます。不要な端末の処理に困っている方は、この機会に買取に出してみてはいかがでしょうか?

なおスマホ乗り換え.comの店舗は、池袋、難波、博多の3店舗です。iPhoneのみ店舗への来店が必須です。Androidスマホは郵送での対応が可能!

また土日・月末は予約でいっぱいになる可能性が高いので、余裕を持って平日の早い段階での申し込みがおすすめです!

この機会を見逃さないようにしましょう!

スマホ乗り換え.com公式:https://mobile-norikae.com/

\新規・乗り換えで機種代金が最大2万円以上割引!/今すぐスマホ乗り換え.comでお得にスマホを手に入れるにはこちらをタップ >

※スマホ乗り換え.comなら新規でも割引あり!

スマホ乗り換え.com 転売禁止
スマホ乗り換え.com

1円iPhoneとキャンペーン一覧

1円iPhone キャンペーン

Androidスマホではなく1円iPhoneがほしいという方もいるでしょう。

2024年7月はiPhone15(128GB)やiPhone14(128GB)、iPhone SE3(64GB)などが1円スマホとして購入できます。

1円iPhone
  • ソフトバンクのiPhone15Pro(128GB)が実質24円(月々2円)
  • ソフトバンクのiPhone14(128GB)が実質48円(月々2円)
  • ソフトバンクのiPhone SE3が実質24円(月々1円)
  • auのiPhone14(128GB)が実質47円(月々2円)
  • au/UQモバイルのiPhoneSE3(64GB)が実質47円(月々2円)

ソフトバンクのiPhone15Pro(128GB)が実質24円(月々2円)

Softbank-iPhone15Pro(128GB)

ソフトバンクオンラインショップでは最新モデルのiPhone15Pro(128GB)が月々2円、実質24円スマホとして購入できます

通常価格は185,760円ですが、13ヶ月目に端末を返却すると141,768円の支払いが免除になるので実質負担金は43,992円になります。

さらに、他社からの乗り換えまたは5歳以上22歳以下の新規契約なら43,968円割引が適用されるため、実質24円(月々2円)で購入できるというわけです(あんしん保証パック1,740/月×13回・早トクオプション12,100円 別途)。

最新iPhoneは高いというイメージがあるかもしれませんが、ソフトバンクならiPhone15Proでも破格で購入できます。

いま利用しているキャリアにこだわらないなら、ソフトバンクへ乗り換えてiPhone15Proをお得にGETしましょう。

ソフトバンクオンラインショップはこちら

ソフトバンクのiPhone14(128GB)が実質48円(月々2円)

Softbank-iPhone14(128GB)

ソフトバンクオンラインショップのiPhone 14(128GB)は月々2円、実質48円スマホとして購入できます。ほぼ1円の投げ売り状態です。

通常価格は127,440円ですが、25ヶ月目に端末を返却すると83,424円の支払いが免除になるので実質負担金は44,016円になります。

さらに、他社からの乗り換えまたは5歳以上22歳以下の新規契約なら43,968円割引が適用されるため、実質48円(月々2円)で購入できるというわけです。

割引額が非常に大きいので、いま狙い目な機種といえます。

ソフトバンクオンラインショップはこちら

ソフトバンクのiPhone SE3が実質24円(月々1円)

Softbank-iPhoneSE3

ソフトバンクオンラインショップのiPhone SE3(64GB)は月々1円、実質24円スマホとして購入できます

通常価格は73,440円ですが、25ヶ月目に端末を返却すると51,432円の支払いが免除になるので実質負担金は22,008円になります。

さらに、他社からの乗り換えまたは5歳以上22歳以下の新規契約なら21,984円割引が適用されるため、実質24円(月々1円)で購入できるというわけです。

iPhone14とは違い、48回分割のうち最大24回分が免除になる新トクするサポート(スタンダード)の対象機種になるため実質24円になります。

ただ「1年スパンで新しいスマホに買い替えたい」「高性能なiPhoneがほしい」という方はiPhone15やiPhone14がおすすめです。

指紋認証やコンパクトなiPhoneがいいなど、特別な理由がないのであればiPhone15/14を買ったほうが満足度は高いでしょう。

詳細はソフトバンクの公式サイト(https://www.softbank.jp/mobile/)でご確認ください。

ソフトバンクオンラインショップはこちら

auのiPhone14(128GB)が実質47円(月々2円)

auオンラインショップのiPhone14(128GB)は月々2円、実質47円スマホとして購入できます

通常価格は127,900円ですが、25ヶ月目に端末を返却すると83,853円の支払いが免除になるので実質負担金は44,047円になります。

さらに、他社からの乗り換えなら44,000円割引が適用されるため、実質47円(月々2円)で購入できるというわけです。

ソフトバンクとは月々1円の差額なので、auでiPhone14を利用したい方は本キャンペーンを利用しましょう。

auオンラインショップはこちら

au/UQモバイルのiPhoneSE3(64GB)が実質47円(月々2円)

auオンラインショップ・UQモバイルオンラインショップのiPhone SE3(64GB)は月々2円、実質47円スマホとして購入できます

通常価格は70,935円ですが、25ヶ月目に端末を返却すると48,888円の支払いが免除になるので実質負担金は22,047円になります。

さらに、他社からの乗り換えなら22,000円割引が適用されるため、実質47円(月々2円)で購入できるというわけです。

auオンラインショップはこちら

→UQモバイルオンラインショップはこちら

1円スマホの種類とからくりについて

1円スマホの種類とからくりについて

1円スマホには「一括1円スマホ」と「月々1円スマホ」と大きく2種類あります。

ここでは1円スマホのからくりについて詳しく解説します。

1円スマホの種類
  • 一括1円スマホ | 1円を支払えば自分のものになる
  • 実質12円(月々1円)スマホ | 端末返却必須なレンタル式

また、”レンタル”と呼ばれる1円スマホの実態についても触れているので、事前知識として身につけておきましょう。

一括1円スマホ | 1円を支払えば自分のものになる

一括1円スマホは、最初に1円を支払えば端末が自分のものになります

後から別途費用が発生したり、端末を返却したりする必要もありません。シンプルに1円だけ支払って終わりなのが一括1円スマホです。

割引規制があることから、一括1円になるスマホは主にエントリーモデルと言われる格安スマホが多いです。

実質12円(月々1円)スマホ | 端末返却必須なレンタル式

実質12円スマホは、端末返却が必須なレンタル方式の購入方法です。端末割引と端末購入プログラムを併用することで月々の支払いが1円になり、1円を12ヶ月間または24ヶ月間支払っていくことから「実質12円スマホ」や「実質24円スマホ」と呼ばれています。

端末購入プログラムとは、端末代金を48回分割にして一定期間後に端末を返却することで、最大36回分の分割支払金が免除になるサービスです。実質12円あるいは実質24円にするには端末の返却が必須ですが、1年や2年ごとにスマホを買い替える方にとってはメリットのある内容です。

端末を返却することから「レンタル1円」とも言われています。一括1円スマホと実質1円スマホの違いはレンタルかそうでないかです

実質12円スマホをずっと使い続けることも可能ですが、実質負担金が大きく膨れ上がるので基本的には途中で返却するのがおすすめです。

1円スマホは終了せず!割引規制はなぜ入った?

1円スマホ 割引規制

規制が緩かった時代はエントリーモデル~フラッグシップモデルまで、多くの機種が1円で購入できていました。各携帯会社では自社回線をどうにか獲得しようとお金をバラマキ、機種代金を1円にし、契約者を増やしてきました。

しかし、転売ヤーによって本当に機種を欲しているユーザーに在庫が行き渡らないこと、公正な競争を確保できないことなど、さまざまな問題が重なりスマホの割引規制は改定。2023年12月27日には割引上限が22,000円→44,000円に変更されました。

ただ、ルールが変わるたびにキャリアも抜け穴を探し1円スマホを実現させる”イタチごっこ”が始まったのです。今回もキャリアはあの手この手を使って1円スマホを実現させています。

いま現在も一括1円スマホは存在しているのです。

  • 割引上限は22,000円→44,000円に変更
  • 端末価格によって割引上限は変動する
  • 以前は規制が緩く1円iPhoneも存在していた

上記、3つのポイントについて詳しく解説していきます。とくに割引上限が22,000円→44,000円に変更なった点には罠が潜んでいるので見逃さないよう注意しよう。

割引上限は22,000円→44,000円に変更

先程もお伝えしたように2023年12月27日にスマホの割引規制が改定され、割引上限は22,000円→44,000円に変更されました。一見、割引額が増額して緩和されたかのように見えますが、実は罠が潜んでいます。

Discount-upper-limit

上記画像をみてわかるように、2023年12月26日までは端末セット販売に対して22,000円の割引上限が設定されていました。端末単体値引きに関しては割引上限の設定は一切ありません。

端末単体値引き、いわゆる”店舗の独自値引き”には上限がないため、店舗側が値引きしようと思えばいくらでも値引きができ、1円スマホを実現することができたのです。

しかし2023年12月27日からは端末セット販売+端末単体値引きをあわせた割引上限が44,000円になりました。また、この44,000円の割引上限にも細かいルールが設定されています。

Discount-upper-limit

割引上限は原則44,000円

しかし、以下の場合は割引上限が変動

  • 端末価格が4万円以下の場合 : 2万円割引まで
  • 端末価格が44,000円~88,000円の場合 : 50%(半分)まで割引

参考 : 電気通信事業法施行規則等の一部改定 | 総務省(PDF)

原則、割引上限は44,000円ですが、購入するスマホの端末価格に応じて割引上限が変動するのがポイントです。

わかりやすいように実例をだしながら割引上限をシミュレーションしてみましょう。

割引上限をシミュレーションでわかりやすく解説

端末価格が22,000円のスマホの場合は、「端末価格が4万円以下の場合」に含まれるため、割引上限は22,000円です。

例えばワイモバイルで取り扱っているLibero 5G Ⅳは端末価格が21,996円ですが、他社から乗り換えで対象プランを契約し同時に端末を購入すると21,995円割引が適用されるため、一括1円で購入できます。主にエントリーモデルの格安スマホが一括1円になる傾向があります。

続いて端末価格が66,000円のスマホだった場合をシミュレーションしてみましょう。この場合、端末価格が「44,000円~88,000円」の範囲に含まれるため、割引上限は端末価格の50%、要するに33,000円が割引上限になります。

では端末価格が10万円を超えるスマホの場合はどうでしょうか。この場合、端末価格が「88,000円以上」になるため、割引上限は44,000円になります

かなり複雑ですが、「割引上限が原則44,000円であること」「端末価格が4万円以下の場合2万円割引まで」「端末価格が44,000円~88,000円の場合は50%割引」までということを頭に入れておけばOKです。

以前は規制が緩く1円iPhoneも存在していた

iPhoneのシェア率が半数を超える日本では「iPhoneは1円で購入できるの?」という声が聞こえてきそうですね。規制が緩かった時代はiPhone 12やiPhone 12 miniなどが一括1円で購入できていました

しかし、規制が厳しくなった今では一括1円iPhoneのキャンペーンはありません。なぜなら規制に引っかかってしまうからです。

その代わりに姿を現したのが実質12円(月々1円)iPhone。詳細は後ほど解説しますが、実質12円iPhoneは月々1円、1年間のレンタル契約でiPhoneが安く使えるキャンペーンになります。1年ごとに新しいiPhoneを使える点が大きなメリットです。

規制が厳しくなった2024年に1円iPhoneを買うなら、”実質12円”や”実質24円”など、月々の支払いが1円になるような記載に注目しておきましょう。

1円スマホ規制によって登場した実質12円スマホの存在とは

1円スマホ 実質12円スマホ

そしていま注目を集めているのが「実質12円スマホ」の存在です。

実質12円スマホはソフトバンクで販売されています(対象機種は定期的に変わる)。ミドルレンジ~フラッグシップモデルの高性能な端末が安く使える点がメリットです。

割引規制が厳しくなったことで、今後は実質12円(月々1円)というのがデフォルトになってくるかもしれません。いまはソフトバンクのみですが、auやドコモでも実質12円スマホが出てくる可能性があります。

実質12円スマホは端末割引と端末購入プログラムによって実現される

実質12円スマホは端末割引と端末購入プログラムによって実現されています

例えばソフトバンクのiPhone15(128GB)を例に詳細を確認してみましょう。

ソフトバンクのiPhone15(128GB)の実質12円(月々1円)キャンペーンは、2024年4月25日をもって終了しています。

現在は実質14,160円(月々590円)から購入できます。

以下は、過去のキャンペーン内容です。

  • iPhone15(128GB)の通常価格 : 142,920円
  • 13ヶ月目に端末返却 : 120,924円免除(実質負担21,996円)
  • 他社からの乗り換えまたは22歳以下の新規契約 : 21,984円割引

実質12円(月々1円×12ヶ月)

お得額はなんと142,908円!

このようにソフトバンクは端末割引と端末購入プログラムの「新トクするサポート(バリュー)」を組み合わせることで、スマホを安く利用できる仕組みにしています。価値が落ちない早い段階でソフトバンクがスマホを回収し原資を確保することで、高性能なスマホも安く使えるということです。

48回分割のうち最大24回分を免除できる「新トクするサポート(スタンダード)」はこれまでもありましたが、新しい端末購入プログラムの登場により、さらに高性能なスマホが激安で購入できるようになりました。

新トクするサポートについて

  • 「新トクするサポート」の種類(「プレミアム」、「スタンダード」、「バリュー」)のいずれが適用されるかは購入時点の指定に基づいて決まる
  • 対象機種は追加または変更される場合がある
  • それぞれの対象機種及びプログラム詳細はソフトバンクの公式ウェブサイト(https://www.softbank.jp/mobile/products/new-tokusuru-support/)をご確認下さい

ソフトバンクの新トクするサポートを利用した実質12円スマホ

ソフトバンクの割引と新トクするサポートを利用して実質12円あるいは実質24円、実質48円になるスマホは、以下の通りです。

実質12円スマホ
  • iPhone15(128GB)

※月々1円×12回払い

実質24円・実質48円スマホ
  • iPhone15Pro(128GB)
  • iPhone14(128GB)
  • iPhone SE3(64GB)
  • Pixel 8
  • Pixel 8 Pro
  • AQUOS R8 pro
  • Xiaomi 13T Pro
  • motorola razr 40s

※月々1円×24回払い
※新トクするサポート(プレミアム)対象のiPhone15Pro(128GB)、Pixel 8 Pro、AQUOS R8 proは、別途「あんしん保証パック(550円~1,740円/月」と「早トクオプション利用料(最大12,100円)」が発生します。

高性能な1円スマホを探しているならソフトバンクは必ずチェックしておきましょう。

ソフトバンクオンラインショップ公式:https://www.softbank.jp/online-shop/

※オンラインショップなら頭金・事務手数料が無料!(自宅受取が対象)

一括1円スマホ・実質1円スマホの5つのデメリットや落とし穴

1円スマホ 落とし穴

ここでは1円スマホの5つの落とし穴について解説します。

1円スマホの落とし穴
  • 年齢制限付きの場合がある
  • 対象プラン/オプションに加入しないと1円にならない
  • 回線なしの場合は1円にならない
  • 一定期間後に端末を返却しないと1円にならない
  • 店舗だと在庫隠しにあう場合がある

年齢制限付きの場合がある

1円スマホには年齢制限付きのものがあります

例えばソフトバンクで実質24円(月々1円)スマホを購入する場合は他社からの乗り換え、または5歳以上22歳以下の新規契約である必要があります。

23歳以上の新規契約や既存ユーザーによる機種変更では割引が適用されません。意外と見落としがちな所なので、キャンペーン条件には必ず目を通しておきましょう。

対象プラン/オプションに加入しないと1円にならない

1円スマホを購入する多くの場合でプランの指定があります

他社から乗り換える場合は大容量プラン、新規契約の場合はスマホデビュープランが対象、といったように決められたプランに加入しないと割引が適用されません。

ワイモバイルやUQモバイルでもデータ中容量以上のプランに加入しないといけなかったり、対象オプションへの加入有無によって割引額が変動したりするので、どのような条件で1円になるのか確認することは重要です。

回線なしの場合は1円にならない

回線契約なしの端末のみ購入の場合はスマホが1円にならないケースがほとんどです。なぜなら販売店に旨みがないから。

割引の条件にも他社からの乗り換えや新規契約が対象といったような記載されており、回線契約なしで割引が受けられることは極稀です。

44,000円割引の対象だったとしても販売店が端末セット契約時に割引するという条件を設けているなら、その条件下で購入するようにしましょう。

値引き交渉するのはありかもしれませんが、しつこく値引きしてくれと頼む乞食みたいなことはやめたほうが良いかもしれません。時間も無駄なので、諦めて回線契約ありで購入するか、他の店舗をあたりましょう。

一定期間後に端末を返却しないと1円にならない

”実質”表記のある1円スマホを購入する場合、端末返却は必須です

契約時にしっかり内容を聞いておかないと後から「こんな金額聞いてねぇ!!」ということになりかねないので、注意してください。

一括1円であれば最初に1円を支払って終わりですが、月々1円を支払うタイプの実質12円スマホや実質24円スマホは返却を忘れないようにしましょう。

1円スマホの返却方法

auのスマホトクするプログラムやソフトバンクの新トクするサポートを利用した場合、一定期間利用後に端末を返却する必要があります。

端末の返却方法は、「店頭返却」と「郵送返却」があります。

端末返却の流れは以下の通りです。

STEP1
プログラムの利用申込をする

まずはプログラムの利用申込を行いましょう。申込手続きは店舗や各オンラインショップから行えます。店舗で手続きを行う際は、返却する端末に加えて本人確認書類が必要なので忘れずに持っていきましょう。

STEP2
データ移行を行う

旧端末のデータのバックアップを取り、新端末へ移行しておきましょう。iPhone同士ならiCloudやクイックスタート、Android同士ならGoogleアカウントでの移行がスムーズです。

STEP3
スマホの初期化を行う

データ移行が終わったら、旧端末は工場出荷時の状態に初期化しましょう。初期化は端末の「設定」の「リセット」項目から行えます。またiPhoneの場合は「iPhoneを探す」も忘れずにオフしておきましょう。

STEP4
返却キットに旧端末を入れて送付する

返却キットが自宅に届いたら、旧端末を梱包して送付しましょう。返送キットはプログラム申込後、1週間程度で届きます。また端末には郵送期限があるので、必ず期限内に返却するようにしてください。期限はキャリアによって異なります。

なお、返却時に端末が故障・破損等していた場合は、最大22,000円の支払いが発生するので、端末の取り扱いには気をつけましょう。

店舗だと在庫隠しにあう場合がある

主に端末だけ購入する際に出くわすのが「在庫隠し」です。

端末のみ購入だと販売店にはほとんど利益がないため、在庫があってもあえて在庫がないと言われる場合があります。

もちろん在庫隠しはいけないことですが、事実である場合もあるので素直に他の店舗を探すか、オンラインショップから購入するのがおすすめです。

【666人に聞きました!】1円スマホの意識調査アンケート結果発表

クラウドワークス登録者の10代~60代の男女666人に「1円スマホの意識調査アンケート」をとりました。

■1円スマホというワードを知らない方は約6割

questionnaire

そもそも「1円スマホ」というワードはそこまで浸透していませんでした。

アンケートによると、1円スマホの存在を知らない方が59.6%(397人)、知っている方が40.4%(269人)という結果になっています。

ただ1円スマホを知っていたとしても、ネガティブなイメージを持っている方は非常に多くいました。

■1円スマホにネガティブなイメージを持っている方は約6割

questionnaire2

「1円スマホ」と聞いてネガティブなイメージを持っている方は59.6%(397人)、ポジティブなイメージを持っている方は40.4%(269人)という結果に。

約6割は1円スマホにネガティブなイメージがあるようです。

確かに1円と聞いて素直に「ほしい!」と思う方は中々いないですよね。「何かしら裏があるのでは?」と疑うのが人間の心理です。

IoTコンサルティング編集部

では具体的に”1円スマホ”にどういったイメージを持っているのでしょうか?

■1円スマホに対するイメージ

questionnaire3
1円スマホのイメージ
  • お得だから : 216人(32.4%)
  • 月額料金が安そう : 38人(5.7%)
  • 裏(罠)がありそう : 240人(36%)
  • 選択端末が低性能そう : 119人(17.9%)
  • 月額料金が高そう : 52人(7.8%)
  • 契約期間などの縛りが発生しそう : 0人(0%)

最も回答数が多かったのは36%で「裏(罠)がありそう」という内容でした。やはり1円という衝撃的な価格に不信感を抱いてしまう方は多いようです。

また、料金プランやオプションに対する複雑なイメージから1円スマホに抵抗がある方もいるかもしれません。過去に嫌な経験をしたことがある方だと、なおさらネガティブに捉えてしまうのかも。

続いて回答数が多かったものは、32.4%で「お得だから」、17.9%で「選択端末が低性能そう」という結果に。

IoTコンサルティング編集部

「価格が安い=低性能スマホ」という勝手なイメージを付いてしまうんだね。
中にはPixel7といった高性能なスマホもあるので、価格で決めつけると損をしてしまうかも…。この記事で紹介している1円スマホには高性能な端末もありますし、面倒な条件もないので安心して購入できますよ!

■1円スマホの利用用途について

questionnaire4

「1円スマホがあったらほしいと思うか」というアンケートに対し、「ぜひとも欲しい」と回答した方は18.9%、「どちらかといえば欲しい」と回答した方は35.1%でした。

そして、欲しいと思っていない方は46%という結果に。
この結果からもわかるように、1円スマホに対するネガティブなイメージは非常に強いものだと感じました。

また、1円スマホに興味があったとしても「いま使っているスマホに満足している」「1円スマホの利用イメージが湧かない」などといった方は、1円であっても買わないのかもしれません。

IoTコンサルティング編集部

実際に1円スマホが欲しいと思っている方は、以下のような利用用途があるみたい!

利用用途
  • メイン端末・普段使いとして使いたい
  • 保証用として予備に持っておきたい
  • プライベート用・サブ端末として使いたい
  • ゲームや動画鑑賞、レシピを見る用など趣味として使いたい
  • タブレット代わりとして使いたい
  • 子供用として使いたい
  • 気になるから1円なら試してみたい

普段使い以外で1円スマホを持つメリットとしては、メイン端末が壊れた時の保証用、2台目のサブ機として使えるなどがあげられます。

1円スマホで賢い持ち方をしている方もいるので、とりあえずお試し感覚で購入してみるのもありかもしれません!

1円スマホに関するよくある質問

ここでは1円スマホに関するよくある質問をまとめています。

以下のような疑問を抱えている方はここで解決しておきましょう。

よくある質問
  • 1円スマホを購入してすぐ解約しても大丈夫?
  • 新規契約でも1円スマホは買える?
  • iPhone15は1円になる?
  • スマホが0円(無料)になるキャンペーンはある?
1円スマホを購入してすぐ解約しても大丈夫?

1円スマホを購入してすぐ解約するのはおすすめしません。

携帯会社も長く利用してくれることを前提にキャンペーンを実施しているので、すぐ解約してしまうと特典が受けられなくなり、高額な請求がくる場合があります。

また、携帯ブラックになる可能性もあります。契約と解約を短期間で繰り返していると、契約審査で弾かれてしまうこともあるので、最低でも6ヶ月以上は契約を継続したほうが良いでしょう。

新規契約でも1円スマホは買える?

ワイモバイルオンラインストアならLibero 5G IVや認定中古品iPhone SE3が新規契約でも一括1円になります。スマホデビューしたい子どもにもおすすめの購入先です。詳細:ワイモバイルオンラインストア

またソフトバンクオンラインショップでも月々1円スマホが購入できます。iPhoneやAndroidスマホなどの高性能機種がほしいならソフトバンクがおすすめです。詳細:ソフトバンクオンラインショップ

iPhone15は1円になる?

iPhone15は1円になりません。

高性能iPhoneを安く買うなら、いまは値下げ&割引増額しているiPhone14が狙い目です。

例えばauやソフトバンクなら月々2円で購入できます。

スマホが0円(無料)になるキャンペーンはある?

端末代金が無料になる0円スマホキャンペーンは開催されていません。

3Gガラケーからスマホへ乗り換える場合は無料機種もありますが、スマホからスマホへの買い替えで無料になる機種はありません。

乗り換えキャンペーンや端末購入プログラムを利用した、実質ほぼ0円のスマホならあります。

割引規制と1円スマホのバトルはまだまだ続く!

今回は1円スマホに関わるお話をしました。

行きすぎた値引きや転売など、さまざま問題から安売りルールの規制はどんどん厳しくなっています。ただ、その度にキャリアも抜け穴を見つけては1円スマホを実現してきました。

今後も割引規制と1円スマホのバトルは続いていくでしょう。今はまだ一括1円スマホもありますし、新たに登場した実質12円(月々1円)スマホもあります。

一時期は1円スマホが姿を消す…なんてことも言われてましたが、現状1円スマホは存在しています。ただ今ある1円スマホもいつ終わってもおかしくありません。

スマホを安く入手したいなら1円スマホがある今のうちに購入するのがおすすめです! 1円スマホはauやソフトバンク、ワイモバイル、UQモバイルなどで購入できるので、ぜひチェックしてみてください。

\iPhone・スマホの予約購入は頭金不要のオンラインショップがおすすめ/

IIJmio公式サイト:https://www.iijmio.jp/

\スマホが110円~!公式サイトでお得なキャンペーン実施中!/今すぐIIJmioをお得に申し込むにはこちらをタップ >

※お得すぎて売り切れの機種もあります

>>IIJmioの評判はこちら