【4/11発売】auのGalaxy S24/Ultraが最大22,000円割引 | auオンラインショップ

【注目】楽天モバイル クーポン配布中!最大32,000円相当の還元も!

当サイトiPhone大陸の記事はPRを含みます。

iPhone15

iPhone15miniは出る?出ない?その理由は?

結論

iPhone15シリーズでは、iPhone15miniは発表されませんでした。

発表されたのは「iPhone15」「iPhone15Plus」「iPhone15Pro」「iPhone15Pro Max」の4モデルです。

iPhone15の発売日はいつ?スペック・価格など最新情報まとめ

また、iPhone15の予約方法攻略についてもご覧ください。

iPhone14ではminiシリーズを撤廃し、その代わりにPlusを出すという戦略にでました。

実際にminiが出なくてガッカリした方もいますし、小さめスマホというのは年々少なくなっている傾向にあります。

しかしスマホは利便さと共に携帯性も重視されます。やはり小さいほうが手に持ちやすく好きだ!と言う方もいますよね。

そして2023年のiPhone15ではminiは復活するのかしないのか?出るのか出ないのか?という話題も地味~に議論されたり、気になっている方もいます。

そこで今回は、iPhone15miniが出るのか出ないのか?どうしてか?というところを掘り下げてみましたので、気になる方はぜひともチェックしてみてくださいね!

iPhone15シリーズ 機種比較
iPhone15とiPhone14の比較 iPhone15ProとiPhone14Proの比較
iPhone15とiPhone15Proの比較 iPhone15ProとiPhone15Pro Maxの比較

auお得注意報!

Galaxy S24機種変更おトク割

auオンラインショップで使えるキャンペーン au Online Shop SIM乗りかえ特典

5G機種変更おトク割 Google Pixel 8aへの機種変更がいきなりおトク!

auオンラインショップ SPECIAL SALE

au Xperia 1 VI機種変更おトク割

auではiPhone15シリーズやGalaxy S24/S24 Ultra、Xperia 1 VI、Pixel 8a、Galaxy A55 5G、Redmi Note 13 Pro、Galaxy Tab S9 FE+ 5Gなどの新型スマートフォンやタブレットが続々登場!

それに伴い、auオンラインショップではお得なキャンペーンを多数実施しています。

新規ユーザーだけでなく、既存ユーザーへの還元も怠らないのがauの魅力。機種変更なら最大27,500円、他社からの乗り換えなら最大44,000円の還元が受けられちゃいます!

そして、スマホの買い替えで分割払いを検討している方には24回払いの「スマホトクするプログラム」がおすすめ!

機種に応じた残価を最終回分の支払いに設定し、25ヶ月目に端末を返却すると残価がまるっと免除される購入方法です。超カンタンにお伝えすると、実質半額程度の負担で2年ごとに新しいスマホが使える購入サポート。

例えば..

機種/定価 新規契約 乗り換え 機種変更
Galaxy S24
(256GB)
144,800円(NEW)
実質68,800円~
(初回2,998円+2,991円×22回)
実質57,800円~
(初回2,514円+2,513円×22回)
実質57,800円~
(初回2,514円+2,513円×22回)
Galaxy S24 Ultra
(256GB)
224,800円(NEW)
実質114,800円~
(初回4,998円+4,991円×22回)
実質103,800円~
(初回4,514円+4,513円×22回)
実質103,800円~
(初回4,514円+4,513円×22回)
Xperia 1 VI
214,800円(NEW)
実質123,800円~
(初回5,396円+5,382円×22回)
実質112,800円~
(初回4,912円+4,904円×22回)
実質112,800円~
(初回4,912円+4,904円×22回)
iPhone 15
145,640円~
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
iPhone 14
127,900円~
実質33,047円~
(初回1,455円+1,436円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質38,547円~
(1,697円+1,675円×22回)
Pixel 8a
80,000円(NEW)
実質11,047円~
(初回487円+480円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質5,547円~
(245円+241円×22回)
Galaxy A55 5G
77,000円(NEW)
実質36,400円~
(初回1,596円+1,582円×22回)
実質25,400円~
(初回1,112円+1,104円×22回)
実質41,900円~
(1,838円+1,821円×22回)
Redmi Note 13 Pro 5G
41,800円(NEW)
実質30,800円~
(初回708円+686円×22回)
実質4,800円~
(初回224円+208円×22回)
実質21,300円~
(928円+926円×22回)

※2024年5月24日時点の情報です。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

Galaxy S24(256GB)なら通常価格は144,800円ですが、25ヶ月目に端末を返却すると65,000円が免除されるため、実質負担金は79,800円。

さらに22,000円割引を適用すると実質57,800円、月々2,513円(初回2,514円)で購入できちゃう! お得過ぎませんか!?

iPhone 14やPixel8aなら実質47円~購入できますよ!

そのほかauオンラインショップではSIM単体契約で10,000円相当還元も行っています。

もしあなたがスマホや携帯会社の切り替えを検討していたり、auでの機種変更を考えているなら、一度auオンラインショップを覗いてみてくださいね。

機種変更なら午前11時45分までの注文完了で当日の18時~22時に商品を届けてくれます(地域限定)

\オンライン購入アドバイザーに無料相談しながら手続きできる!/
auオンラインショップ公式 : https://www.au.com/mobile/onlineshop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

auオンラインショップはこちらをタップ!

※au Online Shop お得割実施中

>>最新の【au キャンペーン】はこちら
>>auショップ 待ち時間対策はこちら

 

そもそもiPhoneのminiシリーズはどんなだったか

iPhoneではiPhone12miniとiPhone13miniの2機種のminiシリーズを発売しています。

この画像からも分かるように、ぎゅっとコンパクトに仕上がったのがiPhone12mini。

内容はiPhone12と同じで、ただサイズが違うだけの小さくて性能の良い機種でした。

2020年に私はこちらのiPhone12miniを購入しており、その際にどのくらいサイズ感が違うのか、定規で実寸を書いて見比べたのがこちら↓

初代iPhoneSEが123.8×58.6×7.6mmに対してiPhone12miniは131.5×64.2×7.4mmで、初代SEと比べると若干大きいので、miniが登場した当初でも「初代SEよりはでかいな・・・これがiPhoneの限界か」という感じだったのですが、それでも性能などを含めて考えたらこのminiシリーズというのは非常に優秀かつコンパクトサイズでの登場で、初代SEなどの小さいサイズ感が好きだった方にはやはり喜ばれた機種でもありました。

代表的なiPhoneSE(初代)とiPhone12/13mini、iPhoneSE(第3世代)とAndroidではコンパクトなサイズのXperia ACE IIIの機種でサイズを見比べてみましょう。

機種 サイズ 重さ インチ
初代iPhoneSE 123.8×58.6×7.6mm 113g 4.0インチ
iPhone12mini 131.5×64.2×7.4mm 133g 5.4インチ
iPhone13mini 131.5×64.2×7.65mm 140g 5.4インチ
iPhone SE3 138.4×67.3×7.3mm 144g 4.7インチ
Xperia ACE III 140×69×8.9mm 162g 5.5インチ

やはり群を抜いてiPhoneSE(初代)は小さいのですが、コンパクトと呼ばれるサイズ感のスマホで、スペックが良いものはiPhone12miniとiPhone13mini。SE3はコンパクトと呼ばれているものの、それでもminiと比べたらちょっと大きいですよね。

こう数字で並べてみると、SE(初代)はともかく、12mniや13miniは非常に頑張った結果だったんじゃないかなと思うわけです。

だからコンパクトサイズが好きな方は結構な期待をして購入したんだと思います。

実際に私が購入したiPhone12miniはこちら。

サイズ感はとっても気に入っており、こんなコンパクトで性能いいとか最高!と思ったものでした(なぜならこの前に初代SEを利用していたのです!!初代SEがもう性能的には終わりを迎えそうだったので、だけど大きいスマホは好きじゃなかったのでこのminiの登場は本当にうれしかった・・・)

しかし結論からいうと、半年でminiを使うのをやめました。サイズも使い心地も完璧だったのに、なぜやめたかというとバッテリーの持ちが悪かったからなんです・・・

バッテリー持ちが悪いというのはiPhone12miniでは結構出た意見だったので、割とその意見を見て「やっぱminiやめとこ」となった方もいるのかもしれません。

iPhone13miniでそれは改善されたといっても、それでもやはり通常のサイズのiPhoneに比べるとバッテリーが小さく、バッテリー持ちの限度はあったのかなという感じです。

miniシリーズはこのiPhone12/13でしか登場せず、14では消え、Plusという大きい方向へと変わりました。

しかし、miniシリーズはまだ出るのか?出ないのか?という話題もまたあります。

それはやっぱりこのサイズ感が好きな方がまだまだいるから、という事なのでしょう。

 

iPhone15miniは出るのか?出ないのか?

iPhone15miniは出るのか?という問いには残念ながら「出なかった」という答えになります。
それはiPhone14miniが出なかった、その理由にあります。

簡単に言ってしまうと

iPhone12miniと13miniの売り上げが悪かった

というのが一番の理由になります。

ただ、それだけではありません。iPhone15miniが出なかったといわれる理由が他にもあります。

ではどんな理由か、それを見ていきましょう。

 

iPhone15miniが出なかった・復活しなかった理由

iPhone15miniが出なかった理由は

  • 物理的にminiを作るのが難しいから
  • ゲームや動画の視聴には大き目なディスプレイが向いているから
  • miniの需要が少ないから
  • iPhoneSEがminiの代わりになっている状況だから

最大の理由1・物理的な問題がある

iPhoneはこれまでカメラなどの進化も含めて毎年何かしらスペックをアップしていっています。
その中でもiPhone12miniからiPhone13miniになるときに、カメラのセンサーサイズがアップしているのです。

カメラ性能が上がるということは、カメラの機能部分が物理的にスペースを使うということになります。
実際にセンサーが大きくなることで、miniの本体のスペース部分がカメラで大きく使われるため、バッテリーなどを大きくできなくなります。

しかしバッテリーも大容量化しなければ需要に見合わない。
カメラを重視するとスペースがなくなるし、実際に物理的に無理がある、という事なのです。

こちらはElekwoldさんのYoutubeにてその内容を紹介していました。

参考:iPhone 13 Mini Tear Down | Small But Super! | How It Comes So Compact?

理由2・ゲームや動画などの視聴には大画面のほうが向いているから

今やYoutubeは当たり前、動画コンテンツをスマホで見る方は多くなりました。

miniは持ちやすい・持ち運びやすいというメリットはありますが、映像コンテンツを見たりアプリをするにはあまり向かない機種かもしれません。

無理ではないし、その小ささが操作しやすくていい、という方もいます。
ただやはり、映像コンテンツは大きい画面で見たほうが楽しめます。

つまり、需要に合っていない。ということでしょう。
実際にYoutubeを含め、Netflixなどの有料配信コンテンツなどをスマホで楽しんでいる方はたくさんいます。
そういった方にとっては、やはり小さい画面よりも見やすい画面のほうが良く、需要にマッチします。

理由3・単純に需要が少ないから

iPhone12miniと13miniを発売しても、あまり売り上げが芳しくなかった。
需要が少ないとみなされたため、やはりもう作らない方向でしょう。

実際に作ってみたところで、また売り上げが低迷するのであれば、無駄だなと思うのが普通です。

※どの程度低迷していたのか、以下のiPhone14miniが出なかった理由にて紹介します。

理由4・iPhoneSEがminiの代わりになっているから

iPhoneSEシリーズもまた、小さめスマホではあります。
初代SEはまさに小さく、かわいく、手に持ちやすいサイズ感でした。

続いて出たiPhoneSE2,3はともにiPhone8を踏襲した形になっており、初代SEと比べれば大きいです。
しかし、他iPhoneが大きくなっているため、今や比べれば小さいほう。

SEシリーズがminiの代わりのような状況になっています。
実際にはそのサイズ感はminiではないと私は思っているのですが、コンパクトスマホという枠になるでしょう。

SE3があれば別に新しいminiはなくても良いのではないか。というのもまた理由の一つでしょう。

auオンラインショップ

→au iPhone15予約

ドコモオンラインショップ

→ドコモ iPhone15予約

ソフトバンクオンラインショップ

→ソフトバンク iPhone15予約

楽天モバイルオンラインショップ

→楽天モバイル iPhone15予約

Apple Store Online

 

 

 

要チェック!

RM 3.2(2)

iPhoneを購入するなら楽天モバイルがおすすめ!

キャリア最安値&最大32,000円相当の還元が受けられ、最新iPhoneでも実質半額以下で購入できちゃいます!

  • 一括払いまたは24回払い
    →最大20,000円値引き+最大12,000ポイント還元
  • 48回払い
    →最大12,000ポイント還元

例えば、他社では約145,000円~150,000円するiPhone 15(128GB)が、楽天モバイルなら131,800円で購入可能。32,000円相当の還元を加味すると、実質99,800円で購入できます。

いま使っているキャリアで機種変更するよりも断然安くなります! 浮いたお金でケースや画面保護フィルムを揃えることも可能。本体容量をワンランクアップしても良いでしょう。

分割払いにしたい方は48回払いの楽天モバイル買い替え超トクプログラムを使って2年後に端末を返却すれば、本体代金の約半分の支払いが免除になります。

iPhone 15(128GB)ならポイント還元も加味すると実質53,880円で入手できちゃうんです!

ぜひ、この機会に楽天モバイル公式サイトを覗いてみてください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

最大32,000円相当還元!

楽天モバイルでお得にiPhone15/15 Proを購入する

※楽天ポイントもザクザクたまる!

>>最新の【楽天モバイルクーポン】はこちら

iPhone14miniが出なかった理由・・・

iPhone14miniが出なかった理由は

  • mini自体の売れ行きが低迷していたから
  • 大き目スマホのほうが全体的には好まれたから
  • バッテリーへの不満があったから

最大の理由1・miniの売れ行き低迷

iPhone12miniとiPhone13miniは発売されたものの、iPhone12miniに関しては、シリーズの発売後2カ月の販売成績において、iPhone12miniの売り上げの割合はなんと全体の3%にしかならなかった、という事実があります。

続けてiPhone13miniも発売されたものの、やはり売れ行きが芳しくなかった。
そのため、miniシリーズを撤廃し、Plusへと方向転換したというのがiPhone14においてminiが発売されなかった最大の理由になります。

内容は英語ですが、以下、翻訳した内容を紹介します。

•iPhone 13は、数年で単一モデルで最大のシェアを持っていました
•iPhoneミニモデルは、購入者のごくわずかなシェアしか引き付けていません
•購入者は以前の電話を短期間保持するようになり、長時間のトレンを逆転させます

逆に、iPhoneミニモデルは少数の購入者を引き付け続けています。iPhone13ミニモデルと12ミニモデルそれぞれ総売上高の3%を占めていました。

参考:constantcontact.com

やはりAppleも売り上げが大事ですからね・・・シェアが少なく需要が少ないと見込めばやはり、なくすのは致し方ないところでしょう。

理由2・世界で見れば大き目のほうが好まれがち

日本人は比較的にminiが好きな方も多く、スマホも持ちやすいサイズ感を重視する人も多くいます。
しかし、世界的に見れば流れとしては大き目スマホのほうに流れており、日本ではある程度の人気はあったと思います。

だからといって、日本以外でもiPhoneは発売されているわけで、日本人がいくらAppleが好きだからといってもその中でminiを選ぶ人もまた限られています。

もちろん、miniの撤廃に残念がる声も多くありましたが、広くみればやはり一部のユーザー、それも少ないとなればminiをなくすのも当然の流れだったと思います。

理由3・miniだからこそバッテリーに不満が出た

私も実はiPhone12miniを購入して使っていたのですが、その媒体が小さいが故にバッテリーも小さく、そのためバッテリーが長持ちしない、という事実に直面しました。
これは使い方にもよるのかもしれませんが(ゲームなど)そういった声は少なくなく、やはりminiだから・・・というマイナス面が出てしまいました。

iPhone13miniでは改善された面もありますが、それでもやはりそもそものバッテリー容量は小さめです。
これは無印iPhoneやProと比べてしまうとやはりバッテリーの持ちには差がありました。

バッテリーの問題はやはり大きいところがあります。
選ぶ時にはできるだけ一日長持ちしてくれるほうがいいに決まっています。
実際に私は12miniのバッテリー持ちが嫌になってしまい、結果iPhone13(通常)に機種変更しました笑

そういったところのクチコミなどがあればマイナスなイメージもつきますよね。少なからずminiタイプが好きな方にはこれは問題だったといえます。

 

それでもiPhone15miniの復活を願う声があった!

iPhoneといえばジョブス氏がポケットに入れられるiPhoneってことで出してんだからやっぱりあのサイズ感がいい!
っていう方はいますし、手に持ちやすいサイズ感は女性や手が小さめな方にもやはり人気なんですよね。

私も小さいほうが好きで、初代SEにiPhone12miniという小さめiPhoneを寵愛してきた一人です。
だから「miniを願う気持ちはすごくわかる」んです。

SellCellでは、米国の2,500人以上のiPhoneユーザーに調査を実施しています。

参考:iPhone User Survey 2022: Will iPhones Be on This Year's Christmas List? - SellCell.com Blog

いくつかのアンケートがあり、iPhone14 Plusを購入しない人の6.6%が小型タイプが好きだから買わない、という回答をしています。

別のアンケートの中で、iPhone 15のラインナップで最も熱望する機能は何ですか?
という問いがあります。その中の答えを翻訳して、要約すると以下の通り。
※すべての内容ではありません。確実な翻訳が難しいところは抜かしています。

  • 新しいデザインが欲しい(35.2%)
  • 新しいカラーが欲しい(30.3%)
  • iPhone15のアクセサリーの充実(28.8%)
  • LightningじゃなくてUSB-Cへの統一(20.3%)
  • 指紋認証の復活(23.6%)
  • miniの復活(8.5%)

が挙げられます。8.5%、miniの復活を望む声があり、これは少なくはないと思います。

ただ他の指紋認証やUSB-Cへの統一などを見ると、そっちのほうが断然頷けて、優先順位としてはminiサイズは後回しになってしまいそうですが、でも実際に復活を望む声があったのは事実です。

もしあのサイズで、バッテリーも大容量で、無印iPhoneと同様スペックだったら・・・すごく欲しいです。

日本でもiPhone15 miniが欲しい人は結構いそう

私もminiが好きなので、なんとなく勝手にみんなもmini好きだろ!と思っていたのですが笑、でもデータをみるとそこまで人気がなくて正直ガッカリしたことがあります笑

しかしこのように「本音はすごくミニサイズ好き」は絶対いるんですよねww

私もバッテリーが良かったら本当に欲しいと思います(どんだけバッテリーにトラウマ・・・)

もし出るとしたらそれは、かなりの技術革命でも起きた時なのかもしれませんね・・・

Appleさんにはとりあえず、SEでいい感じの出してほしいです・・・

 

まとめ

iPhone15/Pro_Design

結果、iPhone15 miniは出ませんでした。
しかしminiを愛する人達はそれなりにいるぞ・・・?というところで、いつしか原点回帰した持ちやすいiPhoneを発売してほしいですね!

まさかのGalaxy Flipみたいになったりして・・・笑

現状厳しそうですが、mini好き派は気長に、技術革命を待ちましょう・・・!

気になるiPhone15の記事もiPhone大陸では紹介しています。よかったらチェックしてみてくださいね。

auオンラインショップ

→au iPhone15予約

ドコモオンラインショップ

→ドコモ iPhone15予約

ソフトバンクオンラインショップ

→ソフトバンク iPhone15予約

楽天モバイルオンラインショップ

→楽天モバイル iPhone15予約

Apple Store Online

 

 

楽天モバイルお得情報!

要チェック!

RM 3.2(2)

iPhoneを購入するなら楽天モバイルがおすすめ!

キャリア最安値&最大32,000円相当の還元が受けられ、最新iPhoneでも実質半額以下で購入できちゃいます!

  • 一括払いまたは24回払い
    →最大20,000円値引き+最大12,000ポイント還元
  • 48回払い
    →最大12,000ポイント還元

例えば、他社では約145,000円~150,000円するiPhone 15(128GB)が、楽天モバイルなら131,800円で購入可能。32,000円相当の還元を加味すると、実質99,800円で購入できます。

いま使っているキャリアで機種変更するよりも断然安くなります! 浮いたお金でケースや画面保護フィルムを揃えることも可能。本体容量をワンランクアップしても良いでしょう。

分割払いにしたい方は48回払いの楽天モバイル買い替え超トクプログラムを使って2年後に端末を返却すれば、本体代金の約半分の支払いが免除になります。

iPhone 15(128GB)ならポイント還元も加味すると実質53,880円で入手できちゃうんです!

ぜひ、この機会に楽天モバイル公式サイトを覗いてみてください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

最大32,000円相当還元!

楽天モバイルでお得にiPhone15/15 Proを購入する

※楽天ポイントもザクザクたまる!

>>最新の【楽天モバイルクーポン】はこちら

iPhone15シリーズ
機種名 iPhone15/15Plus/15Pro/15Pro Max
メーカー Apple
発表日 2023年9月13日(水) 午前2時(日本時間)
予約開始日 2023年9月15日(金) 21時:iPhone15 予約
国内発売日 2023年9月22日(金) :iPhone15 発売日
在庫状況 iPhone15 在庫
入荷待ち 目安は1~2週間、人気モデルが在庫切れの場合は1ヶ月以上待つことも : iPhone15 入荷待ち
本体価格 iPhone15の本体価格・月額料金まとめ
月額料金 プラン料金込みのiPhone15の月額料金
補償 月額770円で加入できるモバイル保険がおすすめ
iPhone15 補償
キャンペーン 実質半額以下で購入可能
iPhone15 キャンペーン
取り扱いチャネル ドコモauソフトバンク楽天モバイル
iPhone15 予約 ドコモ
iPhone15 予約 au
iPhone15 予約 ソフトバンク
iPhone15 予約 楽天モバイル
レビュー iPhone 15/15 Proの実機レビュー
兄弟機種の比較 iPhone15とiPhone15Proの比較
iPhone15ProとiPhone15Pro Maxの比較
前モデルとの比較1 iPhone15とiPhone14の比較
前モデルとの比較2 iPhone15ProとiPhone14Proの比較
ライバル機種1 iPhone15とGalaxy S23の比較
iPhone15Pro/Pro MaxとGalaxy S23 Ultraの比較
ライバル機種2 iPhone15Pro/Pro MaxとXperia 1 Vの比較
iPhone15/ProとXperia 5 Vの比較
ライバル機種3 iPhone15とAQUOS R8の比較
iPhone15ProとAQUOS R8 proの比較
格安SIMでの取扱 楽天モバイル:iPhone15におすすめの格安SIM
スペック詳細 iPhone15 スペック
デザイン フルモデルチェンジという噂も。上位モデルにはチタンフレームが採用されるかも? : iPhone15 デザイン
カラー iPhone15は淡いカラー展開・iPhone15Proはチタニウム素材で大人シックな高級感あるカラー展開 : iPhone15 カラー
miniモデル 発売なし : iPhone15mini
充電口 全モデルでUSB Type-Cを採用 : iPhone15 USB Type-C
SDカード 非対応
イヤホンジャック 非搭載
本体サイズ/重量 iPhone15Proモデルではチタニウム素材が採用されたこともあり、iPhone14Proよりも軽量化している
iPhone15 大きさ・画面サイズ・重さ
不具合 データ転送や発熱などの不具合あり
iPhone15 不具合
動作確認 iPhone15 格安SIMの動作確認状況
Apple Storeで買ったiPhone Apple Storeで買ったiPhone auで使う
Apple Storeで買ったiPhone ドコモで使う
Apple Storeで買ったiPhone ソフトバンクで使う
Apple Storeで買ったiPhone 楽天モバイルで使う
Apple Storeで買ったiPhone ワイモバイルで使う
・Apple Storeで買ったiPhone UQモバイルで使う
Apple Storeで買ったiPhone povoで使う
・Apple Storeで買ったiPhone ahamoで使う
Apple Storeで買ったiPhone irumoで使う
Apple Storeで買ったiPhone LINEMOで使う
・Apple Storeで買ったiPhone IIJmioで使う
Apple Storeで買ったiPhone mineoで使う
Apple Storeで買ったiPhone J:COMモバイルで使う
データ移行 iOS→iOS : クイックスタート
AndroidからiPhoneにデータ移行
  • この記事を書いた人
iPhone大陸

iPhone大陸運営事務局

格安SIMの「ロケットモバイル」を提供する株式会社IoTコンサルティングが運営しています。「IoT」という手段を通して、世の中を効率化し、生産性を上げていくことをミッションに抱えています。年々高騰するスマートフォンや頻繁に変化する格安SIMを後悔せず選べるように「iPhone大陸」を運営しております。

-iPhone15

© Copyright - 株式会社 IoTコンサルティング All Rights Reserved.