iPhone(アイフォン) iPhoneSE3

iPhoneSE3(第3世代)最新情報まとめ!発売日は3月18日!価格・カメラ・スペック何が変わった?

iPhoneSE3(第3世代)最新情報まとめ

注目

2022年3月8日の午前10時(日本時間9日午前3時)に、Appleイベント「Peek performance.」が開催されました。

iPhoneSE3やiPadAir5、Mac Studio、iPhone13の新色など、多くの新製品が発表されました。

本記事では、iPhoneSE3(第3世代)の発売日や本体価格、スペックの確定情報をまとめています。

「iPhoneSE3(第3世代)にTouch IDは搭載されたの?」
「iPhoneSE3(第3世代)のバッテリー容量は増えた?」
「iPhoneSE3(第3世代)は全画面ディスプレイ?」
「iPhoneSE3(第3世代)のカメラ性能は上がった?」
「iPhoneSE3(第3世代)には最新チップが搭載されるの?」
「iPhoneSE2(第2世代)よりも安いの?」

新型iPhone発表時期になると、このような期待の声が飛び交うと同時に、様々な噂(リーク情報)がでてきます。

iPhone SEシリーズは、コンパクトなサイズ感と安い本体価格で、高い人気を集めてきました。新型のiPhoneSE3(第3世代)では、どのような期待に応えてくれるのでしょうか。

アップルイベントでiPhoneSE3(第3世代)の正式な発表があったので、わかりやすくまとめています

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ
UQモバイルオンラインショップ
ワイモバイルオンラインストア

目次

【確定】iPhoneSE3(第3世代)の最新情報まとめ

iPhoneSE3(第3世代)

2022年3月9日に開催されたアップルイベントで、iPhoneSE3(第3世代)の確定情報が発表されたのでまとめました。

iPhoneSE3(第3世代)のスペック
本体価格64GB : 57,800円
128GB : 63,800円
256 : 76,800円
※アップルストアでの本体価格です
デザインiPhoneSE2(第2世代)をベースにしたデザイン
カラーミッドナイト / スターライト / (PRODUCT)RED
ディスプレイ6.1インチ LCDディスプレイ
4.7インチ(SE2と同一)の可能性も高い
カメラシングルカメラ
12PM F値1.8
CPUA15 Bionic(iPhone13と同一)
ストレージ容量64GB / 128GB / 256GB
生体認証ホームボタン内蔵 指紋認証(Touch ID)
バッテリービデオ再生 : 最大15時間
ビデオ再生(ストリーミング) : 最大10時間
オーディオ再生 : 最大50時間
充電端子Lightning
急速充電30分で最大50%充電(20W以上のアダプタを使用した場合)
ワイヤレス充電対応
通信方式4G / 5G(Sub6)

見た目による大きな変化はないものの、5G対応や搭載チップのアップグレードなど、iPhone13同等の性能をリーズナブルな価格で発揮してくれます。

iPhoneSE2(第2世代)との違いについて気になる方は、以下の記事も参考にしてみてください。

Appleイベントが2022年3月9日開催!iPhoneSE3は発売されるのか(予想)

予想

iPhoneSE3(第3世代)発表前の予想です。

Appleは2022年3月9日午前3時(日本時間)より、新製品発表イベントを開催することを決定しました。

発表が噂(リーク)される新製品は、以下の通りです。

新製品予想

  • iPhoneSE3(第3世代)
  • iPadAir5(第5世代)
  • MacBook Pro(M2チップ搭載)
  • Mac mini(M1チップ搭載)

iPhoneSE3(第3世代)だけでなく、iPadやMacに関しての情報もあがっています。

有名アナリストによる様々な予想(リーク情報)が飛び交う中、Appleイベントではどんな発表があるのでしょうか。

Appleイベントはオンラインから視聴可能です。気になる方はぜひチェックしてみてください。

iPhoneSE3(第3世代)の発売日

iPhoneSE3(第3世代)の予約開始日・発売日が確定しました。

予約開始日・発売日

予約開始日 : 2022年3月11日(金)午後10時~

発売日 : 2022年3月18日(金)

→アップル公式サイト

販売キャリアは

となります。

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ
UQモバイルオンラインショップ
ワイモバイルオンラインストア

過去のスケジュールから予想するiPhoneSE3(第3世代)の予約開始日と発売日(予想)

予想

iPhoneSE3(第3世代)発表前の予想です。

iPhone SEシリーズは、これまでもナンバリングシリーズ(iPhone13,iPhone12等)と被らない春に発表・発売がされています。

そのため3代目となるiPhoneSE3(第3世代)も、春ごろの発表・発売が濃厚と予想されます。

これまでのiPhone SEシリーズの発表・発売日は、以下の通りです。

 発表日予約開始日発売日
iPhone SE(第1世代)2016年3月21日2016年3月24日2016年3月31日
iPhone SE(第2世代)2020年4月16日2020年4月17日2020年4月24日
iPhone SE(第3世代)2022年3月2022年3月10日(予想)2022年3月18日(予想)

iPhoneSE2(第2世代)のときは、イベント発表があった翌日に予約が開始されました。そのためiPhoneSE3(第3世代)の予約開始日は、2022年3月10日になると予想されます。

発売日に関しては予約開始日の翌週金曜日に発売される傾向が強いため、iPhoneSE3(第3世代)は2022年3月18日に発売されると予想できます。

一時期はiPhoneに搭載されるチップの不足により、iPhoneSE3(第3世代)の発表・発売にも影響を与える可能性があるという声もありました。

しかし今回のAppleイベントでiPhoneSE3(第3世代)が発表されるとなれば、例年通りのスケジュールになりそうです。

ソース : Gizchina(iPhoneSE3はいつ登場するのか)

iPhoneSE3(第3世代)はでない?「iPhoneSE Plus」「iPhoneSE +5G」になるとの予想も

iPhoneSE3(第3世代)と騒がれている中、製品名は「iPhoneSE Plus」「iPhoneSE +5G」になるのではないかとサプライチェーン調査会社のCEO Ross Young氏はいいます。

LCDディスプレイ搭載の次期iPhoneは2022年に導入され、8と同じ4.7インチと5Gを備えたSEPlusと呼ばれると聞いています。

5.7 - 6.1 インチ LCDディスプレイを備えたiPhoneSE3は2024年に発売されます。

 

次のSEモデルはSE + 5Gと呼ばれ、4.7インチのLCDを搭載すると噂されています。以前、次のSEモデルであるSE3は5.7インチまたは6.1インチのディスプレイを搭載する予定です。現在は5.7インチのように見えます。 2024年ではなく2023年に発売される可能性があります。

上記からわかるように、2022年に4.7インチのiPhoneSE Plus、2024年に6.1インチのiPhoneSE3(第3世代)が発売されると予想しています。

iPhoneの製品名にPlusが付くモデルは、本体サイズが大きなものを示しています。

本体サイズは4.7インチ〜6.1インチになると予想されますが、コンパクトサイズであった場合、Plusが付くのは違和感を覚えそうですね。

AmazonではすでにiPhoneSE3(第3世代)のフィルムが発売されている

iPhoneのSE3(第3世代)の正式発表がされていない中、Amazonではすでに「iPhone SE3 ガラスフィルム」が出回っています。

iPhone SE 5Gのフィルムもありました。

よくみるとiPhoneSE2(第2世代)やiPhone8という記載もあるので、ディプレイサイズは継承するのでしょうか。

iPhoneSE3(第3世代)の本体価格 | 57,800円〜

iPhoneSE3(第3世代)の本体価格

iPhoneSE3(第3世代)の本体価格は、以下の通りです。

※料金はすべて税込表記です。実質本体価格は、各キャリアの機種購入サポートを適用した場合です。

iPhoneSE3(第3世代)の本体価格
キャリア64GB128GB256GB
ドコモ65,230円
(23ヶ月目に返却 : 33,310円/12ヶ月目に返却 : 30,010円)
75,097円
(23ヶ月目に返却 : 38,257円/12ヶ月目に返却 : 33,857円)
94,248円
(23ヶ月目に返却 : 47,688円/12ヶ月目に返却 : 42,188円)
au65,335円
(実質34,615円)
75,190円
(実質39,790円)
93,720円
(実質49,680円)
ソフトバンク67,680円
(実質33,840円)
74,880円
(実質37,440円)
90,000円
(実質45,000円)
楽天モバイル57,800円
(実質28,896円)
63,800円
(実質31,896円)
76,800円
(実質38,400円)
アップルストア57,800円63,800円76,800円

 

リーク情報によるとiPhoneSE2(第2世代)から5,000円程度の値上げ(予想)

予想

iPhoneSE3(第3世代)発表前の予想です。

iPhoneSE3(第3世代)は5G対応に伴い、本体価格がiPhone SE2(第2世代)よりも、やや高めに設定されることが予想されています。

ただナンバリングシリーズよりも、iPhoneSE3(第3世代)は安価であることが売りです。そのため、現時点で購入できるiPhone 12 mini 64GBの本体価格よりも、高く設定されることはないでしょう。

本体価格は米ドルで449ドル、日本円にすると50,960円で発売されると予想されています。

以下は、iPhoneSE3(第3世代)のストレージごとの予想本体価格です。(iPhone SE2の本体価格は、発売当初のもの)*料金は税込み表記です。

 iPhoneSE3(第3世代)iPhone SE2(第2世代)
64GB50,960円44,800円
128GB55,960円49,800円
256GB66,960円60,800円

iPhone 12 mini 64GBの本体価格は69,800円なので、iPhone SE2(第2世代)との間を取って、上記のような価格設定になる可能性が非常に高いです。

2万円台で発売されるとの予想もありますが、スペックや性能面から考えて、そのは可能性が低いかもしれません。

もし2万円台で購入できるのであれば、より多くのユーザーが購入を求めるでしょう。

ソース : Macword by Jason Cross(2022 iPhone SE : 価格とリリース)

iPhoneSE3(第3世代)のデザイン・カラー | ベースはiPhoneSE2(第2世代)を採用

iPhoneSE3(第3世代)のベースはiPhoneSE2(第2世代)

iPhoneSE3(第3世代)のデザインとカラーの詳細は、以下の通りです。

デザイン・カラー

デザイン : iPhoneSE2(第2世代)と同じ

カラー : ミッドナイト / スターライト / (PRODUCT)RED

ベースはiPhoneXRになるとの噂もありましたが、iPhoneSE2(第2世代)を採用しました。本体サイズも全く同じです。

カラーについても大きな変化はありません。

iPhoneSE3(第3世代)の筐体はXRを採用する(予想)

iPhone SE3 デザイン・カラー2

▲画像出典 : You Tube(Matt Talks Techチェンネル)

予想

iPhoneSE3(第3世代)発表前の予想です。

iPhoneSE3(第3世代)のデザインは、iPhone XRをベースとした作りになると予想されています。iPhone XRのボディ側面は、丸みのある作り込みになっています。

またiPhone Xシリーズから採用されてきたディスプレイ上部のノッチは、廃止されるとのこと。インカメラはパンチホール型となり、ディスプレイに埋め込まれたようなデザインになると予想されます。

パンチホール型のインカメラの大きさにもよりますが、iPhoneを操作する上で気になる方もでてくるのではないでしょうか。好みが分かれる部分でもあります。

またiPhone XRのような、豊富なカラー展開が期待されます。

iPhoneSE3 カラー

 

別の説として、iPhone SE2(第2世代)同様のボディになるという予想もあります。

もしiPhone SE2(第2世代)をベースとしたボディであれば、まだホームボタンは廃止されないということになるでしょう。

iPhoneSE3(第3世代)のディスプレイ・インチ | 4.7インチのRetina HD

iPhoneSE3(第3世代)のディスプレイ

iPhoneSE3(第3世代)のディスプレイの詳細は、以下の通りです。

ディスプレイ

ディスプレイ : Retina HDディスプレイ

インチ : 4.7インチ

解像度 : 1,334 x 750ピクセル 326ppi

コントラスト比 : 1,400:1(標準)

最大輝度 : 625ニト(標準)

ディスプレイも同様に、iPhoneSE2(第2世代)から変化はありません。

ディスプレイは6.1インチの全画面ディスプレイになる(予想)

iPhone SE3(第3世代) ディスプレイ

▲画像出典 : You Tube(Pranav Natheチャンネル)

予想

iPhoneSE3(第3世代)発表前の予想です。

ディスプレイはiPhoneXRと同じ「6.1インチ」の全画面モデル、iPhoneSE2と同じ「4.7インチ」という2つの予想が存在します。

4.7インチとなった場合は、全画面ディスプレイの可能性はかなり低くなるでしょう。それはiPhone 12 miniよりも、コンパクトなボディになり得るということです。

またディスプレイには、iPhone SE2(第2世代)と同じLCD(液晶)が採用される可能性が高いです。そういった細かな部分で、コストを抑えているのかもしれません。

ソース : Gizchina(iPhoneSE3はApple最後のLCDディスプレイiPhoneになる)

iPhoneSE3(第3世代)のカメラ性能 | 12PMのシングルレンズ搭載

iPhoneSE3(第3世代)のカメラ性能

iPhoneSE3(第3世代)のカメラ性能の詳細は、以下の通りです。

カメラ性能

【背面カメラ】
・12PM 広角カメラ
・F値 1.8
・最大5倍のデジタルズーム
スマートHDR 4
Deep Fusion
フォトグラフスタイル

【前面カメラ】
・7PM
・F値 2.2

iPhoneSE3(第3世代)で新たに追加されたのが、「スマートHDR 4」「フォトグラフスタイル」「Deep Fusion」です。

iPhoneSE2(第2世代)から画素数は変わっていませんが、上記が追加されたことでより自然な写真を収めることが可能になりました。

背面カメラはシングルカメラを継続(予想)

iPhone SE3(第3世代) カメラ

予想

iPhoneSE3(第3世代)発表前の予想です。

iPhoneSE3(第3世代)はリーク情報自体がそれほど多くありませんが、これまで多くのリーク情報が的中したTechTipser(@TechTipster_)によると、背面/インカメラそれぞれ1,200万画素のシングルカメラになるとのこと。

リアカメラは広角&ポートレート撮影可能ですが、iPhone SE2(第2世代)と同じようにカメラにはそれほどコストがかけられない模様です。

iPhoneSE3(第3世代)のCPU | A15 Bionic

iPhone SE3(第3世代) 搭載チップ「A15 Bionic」

iPhoneSE3(第3世代)には、「A15 Bionic」を採用しました。

A15 Bionicは、iPhone13にも搭載されているチップなので、パフォーマンスが向上したといえます。

リーズナブルな価格でiPhone13同等の性能なので、コスパはよいでしょう。

搭載チップは「A15 Bionic」を採用する(予想)

CPUはiPhone 13シリーズと同じチップセット「A15Bionic」が搭載されると予想されています。

リークにはiPhone 12シリーズに搭載された「A14 Bionic」という情報もありましたが、iPhoneSE2には当時の最新チップセットが搭載されたことからiPhone13と同等になると思われます。

iPhoneSE3(第3世代)のストレージ | 64GB/128GB/256GB

iPhone SE3(第3世代) ストレージ

iPhoneSE3(第3世代)のストレージは、iPhoneSE2(第2世代)から変わらず「64GB / 128GB / 256GB 」の3つから選択できます。

写真や動画を大量に撮る方やアプリがたくさん入っている方は、物足りなさを感じるかもしれません。

ストレージは据え置き(予想)

iPhoneSE3(第3世代)のストレージは、iPhone SE2(第2世代)から据え置きで、64GB / 128GB / 256GB の3つから選択可能になると予想されます。

ストレージ容量から見るに、iPhoneSE3(第3世代)はライトユーザー向けのモデルだとわかります。

アプリや動画を大量に取り込むようなヘビーユーザーの方には、少し物足りない印象です。

iPhoneSE3(第3世代)の生体認証 | ホームボタン内蔵の指紋認証(Touch ID)

iPhoneSE3(第3世代) ホームボタン内蔵の指紋認証

iPhoneSE3(第3世代)の生体認証は、ホームボタン内蔵の指紋認証(Touch ID)を引き継いでいます。

センターポジションにあるため扱いやすいのではないでしょうか。

顔認証には対応していません。

ホームボタン非搭載で電源ボタンにTouch IDを内蔵する(予想)

予想

iPhoneSE3(第3世代)発表前の予想です。

iPhoneSE3(第3世代)では全画面ディスプレイが予想されるため、ホームボタンは廃止となります。

今までホームボタンに搭載されていた指紋認証は、サイドの電源ボタンに内蔵され「Touch ID」として採用するとのことです。

Touch IDはiPad Air4にも搭載されています。もしiPhoneSE3(第3世代)に搭載されれば、iPhoneとしては初となるTouch IDとなるでしょう。

またコスト削減のため、顔認証は搭載されないという情報もあります。

iPhoneSE3(第3世代)のバッテリー・充電端子 | Lightning継続で電池持ちは向上

iPhoneSE3(第3世代)のバッテリー

iPhoneSE3(第3世代)の充電・バッテリーの詳細は、以下の通りです。

充電・バッテリー

ビデオ再生 : 最大15時間
ビデオ再生(ストリーミング) : 最大10時間
オーディオ再生 : 最大50時間
充電端子 : Lightning端子
急速充電 : 30分で最大50%充電(20W以上のアダプタを使用した場合)
ワイヤレス充電 対応

iPhoneSE2(第2世代)に比べ、ビデオ再生時間が2時間、ストリーミング再生時間が2時間、オーディオ再生時間が10時間増えています

また搭載チップがA15 Bionicにアップグレードしたことで、激しい電池消耗を避けパフォーマンスが向上したと考えられます。

バッテリー容量は据え置きでUSB-Cは採用されない(予想)

iPhone SE3(第3世代) バッテリー

予想

iPhoneSE3(第3世代)発表前の予想です。

iPhoneSE3(第3世代)のバッテリーに関して、有名アナリストやリーカーからの情報は見つかりませんでした。

もし現行モデルから変化がなかった場合、iPhoneSE3(第3世代)のバッテリー容量は1,821mAhになります。

iPhone SE2(第2世代)は本体がコンパクトであるため、大容量バッテリーを詰め込めないのかもしれません。

しかしiPhoneSE3(第3世代)が拡大化するのであれば、バッテリー容量も増えるはずです。

新型iPhoneを検討する上で、バッテリーがネックになることは避けたいですね。最低でも2,500mAh以上はほしい所でしょう。

また充電端子については、毎度のことながらType-Cの採用を期待する声が多いです。しかし残念ながら、Lightningを継続する可能性が非常に高いです。

iPhoneSE3(第3世代)の通信方式 | 5G・Sub6対応

iPhone SE3(第3世代) 5G・Sub6

iPhoneSE3(第3世代)は、5G・Sub6に対応しました。

5G端末が主流になりつつある今、5Gは欠かせません。現在5Gに対応していないエリアでも、1年後あるいは2年後に対応してくることは間違いないでしょう。

5Gに対応する(予想)

iPhoneSE3(第3世代)は5G・Sub6に対応すると予想されます。

既にGalaxyやOPPOなどのAndroid低価格機種は、続々と5G対応が始まっています。Appleとしても遅れを取るわけにはいかないでしょう。

広い帯域の電波を拾い上げ、より高速な通信を可能にする「ミリ波」については、コスト削減のため対応しないと予想されます。

ただ5Gエリアは普及途中のため、現時点でそこまでこだわる必要はないかもしれません。5Gエリア内の方は、高速通信が期待できるでしょう。

ソース : Gizchina (5G接続を備えたiPhoneSE3)

iPhoneSE3(第3世代)は待つべき?

iPhoneSEシリーズを検討しているなら、iPhoneSE3(第3世代)がおすすめです。

本体価格もiPhoneSE2(第2世代)から8,000円〜13,000円程度しか変わりません。であれば5G対応でiPhone13同等の性能であるiPhoneSE3(第3世代)を選んだほうが、長い目で見てもよい選択だといえます。

ただiPhoneSE3(第3世代)の発売によりiPhoneSE2(第2世代)が、さらに値下げする可能性はあるので、価格と性能のバランスを見ながら決めてみてください。

値下げされたiPhone SE2(第2世代)や12シリーズを購入するのもあり | スペック・価格・比較

値下げ iPhone 12 mini

値下げ iPhone SE(第2世代)

2021年9月にiPhone 13シリーズが発売されたことで、iPhone 12シリーズやiPhone SE2(第2世代)は値下げされています。

それぞれ高い性能を持ちながら、比較的手の出しやすい価格設定となっています。

各キャリアの購入サポートを利用すれば、半額近くでの購入が可能です。さらにキャリア間の乗り換えであれば、お得な特典があるので、かなり狙い目かもしれません。

以下は、iPhone SE2(第2世代)とiPhone 12 miniのスペックです。

 iPhone SE2iPhone 12 mini
ディスプレイ
(解像度)
1,334 x 750px(4.7インチ)
326ppi
Retina HDディスプレイ
2,340 x 1,080px(5.4インチ)
476ppi
Super Retina XDRディスプレイ
認証Touch IDFace ID
CPUA13 BionicA14 Bionic
ストレージ64GB/128GB/256GB
バックカメラ約1200万画素
(広角:F値1.8)
シングルカメラ
約1200万画素
(超広角:F値2.4
広角:F値1.6)
デュアルカメラ
フロントカメラ約700万画素
(F値2.2)
約1200万画素
(F値2.2)
ビデオ撮影4K撮影(24/30/60fps)
1,080p(30/60fps)
※4K撮影はバックカメラのみ
4K撮影(24/30/60fps)
1,080p(30/60fps)
Dolby Vision対応HDR(最大60fps)
※バック・フロント両方で4K撮影が可能
ナイトモード×バック・フロント・ビデオ
全てに対応
Apple Pay
ワイヤレス充電
Qiワイヤレス充電

Qiワイヤレス充電とMagSafe
バッテリービデオ再生:最大13時間
ストリーミング(YouTube等)
再生:最大8時間
オーディオ再生:最大40時間
ビデオ再生:最大15時間
ストリーミング(YouTube等)
再生:最大10時間
オーディオ再生:最大50時間
防水IP67
(水深1メートルで最大30分間)
IP68
(水深6メートルで最大30分間)
BluetoothBluetooth 5.0
通信4G5G(Sub-6)
価格最安33,270円
(UQ mobile)
最安49,650円
(UQ mobile)

動画の視聴を頻繁に行ったり、ゲームをたくさんするという方は、iPhone 12 miniも視野にいれてみるとよいでしょう。

反対に、LINEやSNS、調べ物など比較的スマホに負荷がかからない使い方がメインなら、iPhone SE2(第2世代)はまだまだ快適に利用ができます。

iPhone 12 miniは特典を活用すれば、5万円を切る価格で購入できます。

お得なキャンペーンを開催しているキャリアを以下にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

iPhone 12 miniの販売価格
楽天モバイル69,800円
楽天ポイント20,000ポイント還元(初めて楽天モバイルを利用する場合)
UQ mobile49,650円(他社から乗り換え)
55,150円(新規契約)
Y!mobile61,200円(他社から乗り換え/新規契約)
Apple Store69,800円

各キャリアのお得なキャンペーンも以下で解説していますので、あわせてご覧ください。

iPhoneSE3(第3世代)に関する口コミまとめ

Twitterによる口コミをまとめてみました。

電池持ちを懸念している

筐体は小さいままで、5G対応に加えて性能がよくなれば、電池もちも心配になります。

ただiPhoneSE3(第3世代)ではバッテリーが向上し、搭載チップもアップグレードしました。

よりエコな使い方で、電池持ちが向上すると考えられます。

筐体によって購入するか決める

iPhoneSE2(第2世代)の発売から約2年経っているので、機種変更を考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし筐体がiPhone2(第2世代)のままであれば、見た目による変化を感じられず面白みがないですね。

iPhoneXRの筐体を求める声は、非常に多い印象でした。

新色を増やしてほしい

iPhoneSE2(第2世代)では3色展開だったため、新色を求めるユーザーが多くいました。

iPhoneXRのようにカラーバリエーションが増えれば、選択肢も増え注目も集めそうですね。

ライトニング端子を廃止してほしい

https://twitter.com/aiaitamachan/status/1500700988310622209?s=20&t=XiOC0OMgH5tl-UISUk9PVg

これは新型iPhoneが発表されるたびに、毎度あがってくる声ですね。

ライトニングケーブルは利用できる端末がiPhoneやiPadなどの一部に限られてくるので、USB Type-Cにしてほいという方も多いです。

ただ今回もiPhoneSE3(第3世代)にUSB Type-Cが採用されることはありませんでした。

iPhoneSE3(第3世代)を見送りiPhone14の購入を検討する

iPhoneSE3(第3世代)の正式発表がされましたが、様子を見て購入を検討するのもよいでしょう。

ヘビーな使い方をする方は、SEシリーズよりもナンバリングシリーズのほうがよいでしょう。

iPhoneSE3(第3世代)はiPhone13同等の性能でコスパ最強

iPhoneSE3(第3世代)は、2022年3月9日のAppleイベントで発表され、スペックや本体価格が確定しました。

iPhone13と同じチップを採用し、iPhoneの中では低価格で購入できるモデルなので、コスパは十分よいといえます。

せっかくiPhoneを新調するのであれば、キャンペーンも活用して、少しでもお得に手にいれてください!

iPhoneSE3(第3世代)のスペックを再度確認したい方は、以下からどうぞ!

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ
UQモバイルオンラインショップ
ワイモバイルオンラインストア

 

-iPhone(アイフォン), iPhoneSE3

Copyright© iPhone大陸 , 2022 All Rights Reserved.