iPhone(アイフォン)

Apple Watch 7をレビュー!大画面で完成度が高い!

Apple Watch 7をレビュー

Apple Watch 7の発売により、購入や買い替えを検討している方もいるのではないでしょうか?

Apple Watchを選ぶ際は、「従来モデルからどこがどう進化して、価格差がどれくらいか」という部分が気になりますよね。

今回は従来モデル(Apple Watch 6/SE)と比較しながら、Apple Watch 7を徹底レビューしていきます。

Apple Watch 7のメリット・デメリットに触れつつ、購入するべきかについてもお伝えしていきます。

ぜひ購入前の参考にしてみてください。

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ
UQモバイルオンラインショップ
ワイモバイルオンラインストア

※料金はすべて税込みです。

Apple Watch 7の新機能・進化点は? | 6・SEと比較

Apple Watch series7

Apple Watch series6

Apple Watch SE

▲左からApple Watch Series 7/6/SE

Apple Watchはいくつものモデルを発売してきましたが、見た目による大きな変化はありません。

では性能についてはどうでしょうか。

以下は、Apple Watch 7/6/SEのスペック表です。

 Apple Watch Series 7Apple Watch Series 6Apple Watch SE
搭載チップS7
W3ワイヤレスチップ
U1チップ
S6
W3ワイヤレスチップ
U1チップ
S5
W3ワイヤレスチップ
ストレージ32GB
ケース・アルミニウム
・ステンレス
・チタニウム
・アルミニウム
・ステンレス
・チタニウム
アルミニウム
カラー[アルミニウム]
・(PRODUCT)RED
・ブルー
・ミッドナイト
・スターライト
グリーン
[ステンレス]
・シルバー
・ゴールド
・グラファイト
[チタニウム]
・スペースブラック
・チタニウム

[アルミニウム]
・(PRODUCT)RED
・ブルー
・シルバー
・スペースグレイ
・ゴールド
[ステンレス]
・シルバー
・ゴールド
・グラファイト
[チタニウム]
・スペースブラック
・チタニウム
・スペースグレイ
・シルバー
・ゴールド
サイズ41mm / 45mm40mm / 44mm40mm / 44mm
ディスプレイ常時表示Retina常時表示RetinaRetina
バッテリー最大18時間
高速充電対応--
耐水・防塵50mm / IP6X50mm / -50mm / -
血中酸素濃度測定対応対応-
心電図測定対応対応-
価格48,800円〜47,080円〜32,800円〜

進化点

  • 搭載チップ
  • カラー
  • サイズ
  • 防塵
  • 高速充電

性能に関しても、特別目立つようなアップグレードはないです。

搭載チップは従来のS6からS7へと変わりましたが、体感としてそこまで変化はありません。ほぼ同じといった印象です。Appleもチップへの進化点を詳しく述べていません。

Apple Watch 7のポイントとしては、Appleも掲げているように、耐久性を高めた大きなディスプレイと高速充電でしょう。

強いこだわりがないのであれば、Apple Watch 6やSEで十分だと感じました。

とはいえ大きなディスプレイは、非常に便利です。文字の見やすさやタッチのしやすさ、ストレスなく快適に使いたいなら、Apple Watch 7を視野に入れてみてください。

Apple Watch 7の本体価格【モデル別】

Apple Watch 7の価格 (モデル別)

Apple Watch 7の本体価格は、「ケース」と「接続方式」で異なります。

接続方式は「GPSモデル」と「セルラーモデル」が存在し、セルラーモデルのほうが高価です。

モデルの違いは?

GPSモデルはiPhoneが側にないと、電話をしたりLINEを送ったりできません。

一方でセルラーモデルは、Apple Watch単体で通信ができます。そのためiPhoneが近くになくても、Apple Watchだけで電話やLINEができます。

※単体で通信するには、キャリアのオプション加入が必要です。

以下は、Apple Watch 7の本体価格です。

Apple Watch 7 本体価格
 アルミニウムステンレスチタニウム
GPSモデル41mm : 48,800円
45mm : 52,800円
--
セルラーモデル41mm : 60,800円
45mm : 64,800円
41mm : 82,800円
45mm : 88,800円
41mm : 94,800円
45mm : 100,800円

アルミニウムケースはGPSモデルとセルラーモデルがあり、ステンレスケースとチタニウムケースはセルラーモデルのみの扱いです。

チタニウムケースだと10万円超えするため、かなり高額です。少しプラスすれば、iPhone 13も買えてしまいますね。

ちなみにApple Watch 6は42,800円〜、Apple Watch SEは29,800円〜購入できます。

各Apple Watchの比較は、以下の記事でも解説しています。あわせてご覧ください。

Apple Watch 7のデザイン・ケース | アルミニウム・ステンレス・チタニウム

Apple Watch 7 アルミニウム

Apple Watch 7 ステンレス

Apple Watch 7 ステンレス

▲左からアルミニウム / ステンレス / チタニウム

Apple Watch 7のデザインは、従来のモデルからあまり変わりません。丸みがあり、Appleらしいシンプルなデザインです。

ただベゼル部分は狭くなり、ディスプレイ面積が広くなりました。

Apple Watch 7 レビュー

▲Apple Watch 7 / 45mm / ステンレス

右側面には引き続き、サイドボタンとデジタルクラウン(クルクル回るホームボタン)が搭載されています。

ちなみにデジタルクラウンの色が赤いものはセルラーモデル、そうでないものはGPSモデルです。

Apple Watch 7 レビュー2

▲右側面

Apple Watch 7 レビュー3

▲左側面

ケースにこだわると本体価格が一気に跳ね上がります。こだわりがないならアルミニウムケースで十分でしょう。

滑らかな触り心地で、非常にカッコいい。ずっと装着していたくなるようなデザインです。

NIKE・エルメスモデルもあり

Apple Watch 7 NIKEモデル

Apple Watch 7 NIKEモデル2

▲NIKEモデル

前回に引き続きApple Watch 7でも、NIKEモデルやエルメスモデルがあります。

通常モデルとの違いは、オリジナルの文字盤があることや、専用バンド、本体にロゴマークがあることくらいでしょう。

性能に関してはまったく同じです。

Apple Watch 7 エルメスモデル3

Apple Watch 7 エルメスモデル2

Apple Watch 7 エルメスモデル

▲エルメスモデル

特にエルメスモデルは高級ブランドを掛け合わせただけあり、とても高価です。iPhone 13 Proが購入できてしまいます。

エルメスモデルを購入するのであれば、下位モデルにしてAirPodsやiPadなどのiPhone周辺機器を揃えたほうがよいかもしれません。

Apple Watch 7のカラー | 男性・女性の人気色は?

Apple Watch 7のカラーはかなり豊富なため、購入に迷う方もいるのではないでしょうか。

カラーはケースによって、選べるものが変わります。

Apple Watch 7 アルミニウムカラー

アルミニウム

  • ミッドナイト
  • スターライト
  • グリーン
  • ブルー
  • (PRODUCT)RED

Apple Watch 7 ステンレスカラー

ステンレス

  • シルバー
  • グラファイト
  • ゴールド

Apple Watch 7 チタニウムカラー

チタニウム

  • チタニウム
  • スペースブラック

写真と実物の色味が若干異なる場合があるので、気になる方はAppleで展示品を確認してから購入しましょう。

Apple Watch 7 レビュー2

▲Apple Watch 7 / ブルー

そして今回はブルーをチョイスしました。ほとんど写真とイメージは変わらず、鮮やかなブルーです。

Apple Watch 6のときにはなかったグリーンは、深めの色で目立ちすぎず、程よい色味です。

Apple Watch 7 グリーン

男性人気色はブルー・グリーン

https://twitter.com/nkgw_yki/status/1456857651225055235?s=20

男性はブルーやグリーンなどの、色物を選んでいる方が多い印象でした。特にブルーはかっこよいと、評判がよかったです。

色物といっても抑えめなため、スーツにあわせてもおかしくなさそうです。

無難にブラックやシルバーで、革バンドに交換してもよさそうですね。

女性人気色はスターライト・シルバー

https://twitter.com/bpm120girl/status/1483315822190030850?s=20

女性の方はスターライトや、シルバーを好む傾向が見られました。

今回のスターライトは真っ白ではなく、少しくすんだような色味で可愛らしさがあります。

バンドを交換して、カジュアルに身に着けてもよさそうですね。

時計でありデジタル機器であり、ファッションの一部として取り入れている方もいます。

Apple Watch 7のサイズ | 45mm・41mmの2種類

Apple Watch 7のサイズはApple Watch 6からさらに大きくなり、45mmと41mmになりました。

以下はApple Watch 6の小さいほうと、Apple Watch 7の大きい方を比べたものです。

Apple Watch 7/6 サイズ比較

▲(左)Apple Watch 6/40mm (右)Apple Watch 7/45mm

大きさをアップグレードしたことで、見やすさと操作感がよくなりました。

Apple Watch 7はサイズアップしたことで、Apple Watch3より50%、SEより20%以上広いディスプレイを実現しました。

Apple Watch 7のディスプレイ | 耐久性アップ

Apple Watch 前面クリスタル

Apple Watch 7のRetinaディスプレイは、前面クリスタルで覆われています。しかも従来よりも50%厚くなっているため、強度と耐久性は2倍です。

ディスプレイは常にむき出しになっているため、このアップグレードは嬉しいですね。

Apple Watch 7 ディスプレイ

ただクリスタルディスプレイが採用されているのは、ステンレスケースとチタニウムケースのみです。

アルミニウムケースの場合は、従来と変わらずガラスディスプレイが採用されています。

Apple Watch 7のヘルスケア機能 | 血糖値・血圧測定機能は搭載されず

Apple Watch 7 ヘルスケア

従来モデル同様に、Apple Watch 7でもヘルスケア機能が使えます。

ただ搭載されると噂されていた、血糖値や血圧の測定機能は、残念ながら非搭載です。

Apple Watch 7で利用できる、ヘルスケア機能は以下の通りです。

ヘルスケア

  • 酸素レベルの計測
  • 心電図の計測
  • 心拍数の計測
  • 睡眠計測
  • ワークアウトの記録

Apple Watchの背面からは光学式心拍センサーがでており、血液の色から酸素レベルがわかる仕組みになっています。

Apple Watch 7 背面

また心拍数や心電図、睡眠記録など、様々なデータを手首から読み取ってくれるため、健康管理においてApple Watchは欠かせない存在になりそうです。

ワークアウト機能を使えば、ランニングやウォーキングの際、振動で走行距離を教えてくれます。ペース配分がわかり、モチベーション維持にもつながります。

これらの機能を駆使すれば、健康への意識も変わってくるでしょう。

Apple Watch 7のバッテリー持ち | 従来モデルから変化なし

Apple Watch 7 バッテリー

Apple Watchの課題でもあるバッテリー持ちに関しては、従来モデルから改善されず。1日のバッテリー駆動時間は、最大18時間です。

24時間丸々使うと、電池が持たないのが残念ポイント。

Apple Watch 7の45mmと従来モデルのバッテリー持ちを比較しても、長持ちする気配はありません。充電が面倒と思ってしまう方は、Apple Watchは向いていないかもしれません。

とはいえ常時点灯ディスプレイで最大18時間利用できれば、十分ともいえます。

Apple Watch磁気高速充電

また充電ケーブルはType-C(Apple Watch磁気高速充電)を採用し、従来モデルよりも最大33%速く充電されるようになりました

約45分で80%の充電が完了します。

Apple Watch 7の耐水・防塵 | 50mの耐水・IP6X

Apple Watch 7 耐水

Apple Watch 7は水深50mまでの耐水性能があるため、海やプールなどでも外すことなく利用できます。

もちろん汗が付着しても支障ないため、運動中も身につけたままで大丈夫です。シャワー中も装着したままで問題ないですが、石鹸が付着するのは避けたほうがよさそうです。

またApple Watch 7では、防塵IP6Xに対応しました。細かい引っかき傷にも強いため、安心して利用できます。

Apple Watch 7を購入するメリット・デメリット

Apple Watch 7 メリット・デメリット

ここまで紹介したApple Watch 7の性能から、メリット・デメリットをまとめました。

メリットデメリット
・ディスプレイが大きくなった
・防塵が対応になった
・高速充電に対応した
・バッテリー容量の改善なし
・性能はほぼ同じ
・コスパはよくない

Apple Watch 6と比較してしまうと、どうしても物足りなさは感じてしまうでしょう。

ただApple Watch 7の大画面ディスプレイと高速充電は、非常に魅力的です。

Apple Watchとしてはかなり完成度が高く、Apple製品で統一したときの利便性は抜群です。

iPhoneユーザーは、ぜひ検討してみてください。

Apple Watch7は購入するべき?レビューまとめ

Apple Watch 7 レビューまとめ

はじめてApple Watchを手に取る方なら、Apple Watch 7という選択肢はありです。

しかしすでにApple Watchを持っている方は、性能と価格のバランスを考えて買い替えたいところです。

Apple Watch 5以前から買い換えるならありですが、Apple Watch 6からだとあまり進化を感じられません。その場合はApple Watch 8の発売を待つべきでしょう。

とりあえず予算を抑えたいなら、Apple Watch 3やSEのGPSモデルがおすすめです。セルラーモデルの購入を考えているなら、大手キャリアのオンラインショップからどうぞ!

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ
UQモバイルオンラインショップ
ワイモバイルオンラインストア

iPhone最新記事


iPhone14 カラー リーク

iPhone(アイフォン) iphone14

【最新】iPhone14/mini/Pro/Pro Maxの発売日はいつ?スペック・価格情報まとめ
ワイモバイルでiPhoneSEを割引価格で購入しよう!最大21,600円割引でお得!

iPhone(アイフォン) iPhoneSE3 iPhone SE (第2世代) 格安SIM Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルでiPhoneSEを割引価格で購入しよう!最大21,600円割引でお得!
ワイモバイルのiPhone11は価格が安い?割引や機種変更方法も紹介

iPhone(アイフォン) iPhone11 格安SIM Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルのiPhone11は価格が安い?割引や機種変更方法も紹介
iPhone14 指紋認証

iPhone(アイフォン) iphone14

iPhone14で指紋認証は復活するか否か?!リーク情報を調査!
iPhone13のキャンペーンまとめ!実質半額以下での購入も可能!

iPhone(アイフォン) iPhone13 iPhone13 mini iPhone13 Pro iPhone13 Pro MAX

iPhone13のキャンペーンまとめ!実質半額以下での購入も可能!

iPhone(アイフォン) iPhoneXR iPhone8 格安SIM Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルオンライン限定でソフトバンクの認定中古品iPhoneが480円の破格の値段で買えちゃう!

iPhone(アイフォン) iPhone13 格安SIM OCNモバイルONE

OCN モバイル ONEでiPhone 13販売開始!使う手順や設定方法を解説!
ETOREN公式サイト

iPhone(アイフォン) Xperia Galaxy Xiaomi

海外通販サイト「ETOREN」の評判は?注文から購入まで流れを紹介!

iPhone(アイフォン) iPhoneSE3 iPhone13 格安SIM 楽天モバイル

楽天モバイル公式と楽天市場店の違いを徹底解説!どっちがおトクにiPhoneを購入できる?
iPhone13とXperia 1 IVの違いを徹底比較!買うならどっちがいい?

iPhone(アイフォン) iPhone13 Xperia Xperia 1 IV

iPhone13とXperia 1 IVの違いを徹底比較!買うならどっちがいい?

-iPhone(アイフォン)

Copyright© iPhone大陸 , 2022 All Rights Reserved.