【4/11発売】auのGalaxy S24/Ultraが最大22,000円割引 | auオンラインショップ

【注目】楽天モバイル クーポン配布中!最大32,000円相当の還元も!

当サイトiPhone大陸の記事はPRを含みます。

Oppo OPPO Reno7 A

【辛口評価】OPPO Reno7 Aの実機レビュー!9項目を調査してわかった買うべき理由とは?

OPPO Reno7 Aを実機レビュー | 9項目を徹底調査してわかった!まさに洗練されたスマホ!

最新情報

  • 2023年10月11日より、楽天モバイルのOPPO Reno7 Aが34,980円→21,980円へ値下げされました(値下げ幅13,000円)

2022年6月23日、OPPOの新型スマートフォン「OPPO Reno7 A」が発売しましたね。有機ELディスプレイも再び採用され、撮影した写真や動画、ゲームやYouTubeなども、きれいな画面で存分に楽しむことができます!

デザインも個人的にはかなり好みです。全体的に丸みのないフラットな仕上がりで、つい手にとってしまいたくなるようなデザイン。

3~4万円台で手に入るスマホとしては、かなり満足感を得られます。キャンペーンを適用すれば最安1万円台で入手することも可能ですよ!

では実際に使ってみて機能や性能はどうなのか、OPPO Reno7 Aは買うべきなのか...
今回はOPPO Reno7 Aの実機をお借りしたので、触って感じたことを9項目で正直にレビューしていきます!果たしてOPPO Reno7 Aはコスパ最強といえるスマホなのか...。

詳しく見ていきましょう!

OPPO Reno7 A_実機レビュー

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\楽天モバイルでiPhoneが買える!しかも端末代4キャリア最安値/

今すぐOPPO Reno7 Aを楽天モバイルでお得に手に入れるにはこちらをタップ!

※最大1万相当以上の還元あり

>>最新の【楽天モバイル クーポン】はこちら
>>【楽天モバイルの評判】はこちら

【Androidスマホの最新情報】

2024年5月20日更新

auお得注意報!

Galaxy S24機種変更おトク割

auオンラインショップで使えるキャンペーン au Online Shop SIM乗りかえ特典

5G機種変更おトク割 Google Pixel 8aへの機種変更がいきなりおトク!

auオンラインショップ SPECIAL SALE

au_スマホスタート応援割

auではiPhone15シリーズやGalaxy S24/S24 Ultra、Xperia 1 VI、Pixel 8a、Galaxy A55 5G、Redmi Note 13 Pro、Galaxy Tab S9 FE+ 5Gなどの新型スマートフォンやタブレットが続々登場!

それに伴い、auオンラインショップではお得なキャンペーンを多数実施しています。

新規ユーザーだけでなく、既存ユーザーへの還元も怠らないのがauの魅力。機種変更なら最大27,500円、他社からの乗り換えなら最大44,000円の還元が受けられちゃいます!

そして、スマホの買い替えで分割払いを検討している方には24回払いの「スマホトクするプログラム」がおすすめ!

機種に応じた残価を最終回分の支払いに設定し、25ヶ月目に端末を返却すると残価がまるっと免除される購入方法です。超カンタンにお伝えすると、実質半額程度の負担で2年ごとに新しいスマホが使える購入サポート。

例えば..

機種/定価 新規契約 乗り換え 機種変更
Galaxy S24
(256GB)
144,800円(NEW)
実質68,800円~
(初回2,998円+2,991円×22回)
実質57,800円~
(初回2,514円+2,513円×22回)
実質57,800円~
(初回2,514円+2,513円×22回)
Galaxy S24 Ultra
(256GB)
224,800円(NEW)
実質114,800円~
(初回4,998円+4,991円×22回)
実質103,800円~
(初回4,514円+4,513円×22回)
実質103,800円~
(初回4,514円+4,513円×22回)
Xperia 1 VI
214,800円(NEW)
実質123,800円~
(初回5,396円+5,382円×22回)
実質112,800円~
(初回4,912円+4,904円×22回)
実質112,800円~
(初回4,912円+4,904円×22回)
iPhone 15
145,640円~
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
iPhone 14
127,900円~
実質33,047円~
(初回1,455円+1,436円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質38,547円~
(1,697円+1,675円×22回)
Pixel 8a
80,000円(NEW)
実質11,047円~
(初回487円+480円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質5,547円~
(245円+241円×22回)
Galaxy A55 5G
77,000円(NEW)
実質36,400円~
(初回1,596円+1,582円×22回)
実質25,400円~
(初回1,112円+1,104円×22回)
実質41,900円~
(1,838円+1,821円×22回)
Redmi Note 13 Pro 5G
41,800円(NEW)
実質30,800円~
(初回708円+686円×22回)
実質4,800円~
(初回224円+208円×22回)
実質21,300円~
(928円+926円×22回)

※2024年5月15日時点の情報です。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

Galaxy S24(256GB)なら通常価格は144,800円ですが、25ヶ月目に端末を返却すると65,000円が免除されるため、実質負担金は79,800円。

さらに22,000円割引を適用すると実質57,800円、月々2,513円(初回2,514円)で購入できちゃう! お得過ぎませんか!?

iPhone 14やPixel8aなら実質47円~購入できますよ!

そのほかauオンラインショップではSIM単体契約で10,000円相当還元も行っています。

もしあなたがスマホや携帯会社の切り替えを検討していたり、auでの機種変更を考えているなら、一度auオンラインショップを覗いてみてくださいね。

機種変更なら午前11時45分までの注文完了で当日の18時~22時に商品を届けてくれます(地域限定)

\オンライン購入アドバイザーに無料相談しながら手続きできる!/
auオンラインショップ公式 : https://www.au.com/mobile/onlineshop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

auオンラインショップはこちらをタップ!

※au Online Shop お得割実施中

>>最新の【au キャンペーン】はこちら
>>auショップ 待ち時間対策はこちら

 

はじめに。OPPO Reno7 Aを使って感じた良かった所・悪かった所

OPPO Reno7 A_手持ち

はじめにOPPO Reno7 Aを使って良かった所と悪かった所をまとめておきます。

良かった所(メリット) 悪かった所(デメリット)
  • 背面がサラサラしたマット素材で指紋が気にならない
  • フラットで手に馴染むデザイン
  • 購入時からフィルムが貼られている
  • 有機ELディスプレイで色の発色がきれい
  • カメラに癖がなく綺麗に写真が撮れる
  • 画面が大きく2分割での利用も快適
  • 4,500mAhの大容量バッテリーで1日安心して使える
  • SDカードやイヤホンジャックにも対応している
  • 生体認証が顔と指紋どちらにも対応している
  • 重たいゲームでも設定次第でサクサク快適!
  • キャンペーンを活用すれば1万円台で入手できる
  • 望遠レンズがない
  • 動画撮影・手ブレ補正がイマイチ!
  • 4K動画撮影に対応していない
  • 暗所での撮影に弱い
  • 充電速度がもう少し早いとよい

結論、買って後悔はしないスマホだと思いました

尖った性能はありませんが、まとまりが良く刺さる人には刺さる機種です。

個人的には携帯性を重視するため本体の大きさが懸念点でしたが、それをカバーするほどの薄さと軽さに驚きました。レビュー用に約1時間ほど外でカメラを構えていましたが、手が疲れることもなく持ち歩くのも苦ではありませんでした。スマホを手に取ってカメラを構えるまでのハードルが低いため、写真を撮っていて楽しいと思えます。

低価格でありながらもカメラの綺麗さにも驚きました。後ほど作例を紹介しますが、カメラに変な癖がなくナチュラルな写真が収められます。ぶっちゃけ暗所撮影や動画撮影はOPPO Reno7 Aの弱点です。しかし日中の風景や明るい場所での写真が綺麗に撮れればOK!という方にはコレで十分でしょう。白飛びして全然ダメという声もありますが、とくにそのようなこともなく構図に集中して撮影が楽しめました。

動画撮影においては手ぶれ補正と4K動画に対応していないのが残念ポイント。
前モデルのReno5 Aが4K動画撮影に対応していただけに、不満に思う方もいるはずです。

そのほかにもSDカードやイヤホンジャック対応、生体認証が顔と指紋の両方に対応しているなど、とにかく良かったと思えるポイントは多くありました。

低価格スマホで購入を迷っている方には、間違いなくおすすめできる機種だと個人的には思います!

これ以上長くなってもあれなので、ここからは項目ごとにOPPO Reno7 Aをレビューしていきます。

 

【実機レビュー】OPPO Reno7 Aを開封!フラットなデザインでかっこいい

まずはデザインから見ていきましょう!今回お借りしたのは、ドリームブルーです。

OPPO Reno7 A レビュー1

グラデーションが効いていて、とてもきれいなブルー系の色味となっています。角度によって、見え方も変わってきます。

背面はマット加工でサラサラしているため、指紋はまったく気になりません!光沢も抑えられているので、落ち着いた印象がありますね。これがOPPO独自の背面加工「OPPO Glow(オッポ グロウ)」です!

前モデルのOPPO Reno5 Aでは、光沢感のある仕上がりでしたが、これはこれでしっくりきますね!

OPPO Reno7 A_背面デザイン

背面デザイン : (上から)OPPO Reno7 A/5 A

本体カラーはドリームブルーの他にも、スターリーブラックがあります

oppo-reno-7-a

またデザインをみてわかるように、OPPO Reno7 Aは全体的にフラットな仕上がりになっています。これまでのOPPO Aシリーズでは、背面の端っこが丸みを帯びている作りになっていましたが、ここで大きく変更となっています。

デザインは好みが分かれる部分にもなりそうですね!

以下は、横からOPPO Reno7 Aをみた場合です。

OPPO Reno7 A_右側面

右側面 : (上から)OPPO Reno5 A/7 A

OPPO Reno7 A_左側面

左側面 : (上から)OPPO Reno5 A/7 A

OPPO Reno7 A_上部

上部 : (上から)OPPO Reno5 A/7 A

OPPO Reno7 A_下部

下部 : (上から)OPPO Reno5 A/7 A

右側面には電源ボタン、左側面には音量調節ボタンとSIMトレーが備わっています。そして本体下部には、スピーカー、Type-Cの充電端子、イヤホンジャック、マイク穴があります。

ちなみにOPPO Reno7 Aの同梱物は、以下の通りです。

OPPO Reno7 A_同梱物

同梱物

同梱物

  • OPPO Reno7 A 端末本体
  • SIMピン
  • クリアケース
  • 画面保護フィルム(貼付け済み)
  • クイックガイド
  • 安全ガイド

画面保護フィルムとクリアケースが付いてくるのは素直に嬉しいですね! 

付属のクリアケータイについても薄い作りとなっており、装着時も違和感がありません。ケース側面にOPPOの文字が刻まれているのも地味にカッコいいです。

OPPO Reno7 A_クリアケース装着時

クリアケース装着時

OPPO Reno7 A_クリアケース装着時2

ケース側面にOPPOの文字が刻まれている

背面カメラの出っ張りは最小限に抑えられている

OPPO Reno7 A レビュー6

OPPO Reno7 Aは、サイズの異なる3つのレンズから構成されたカメラを背面に備えています。そこで気になるのが、背面カメラの出っ張り。

機種によっては、カバーを付けないと心配なくらい飛び出ていますが、OPPO Reno7 Aはどうでしょう。

OPPO Reno7 A_背面カメラの出っ張り

背面カメラの出っ張り : (左から)OPPO Reno5 A/7 A

上記画像をみてわかるように、OPPO Reno7 Aの背面カメラの出っ張りはほぼありません!前モデルのReno5 Aと比較してみると、出っ張りが最小限に抑えられていることがわかります。

本体・画面サイズは大きいが手に馴染みやすく軽い!

OPPO Reno7 A_大きさ・サイズ

(左から)iPhoneSE3/OPPO Reno5 A/7 A

OPPO Reno7 Aの本体サイズは縦159.7mm×横73.4mm×厚み7.6mmで、重さは約175gとなっています。とにかくこのサイズ感で175gの軽さには驚き...。つい「軽ッ」と声に出してしまう軽さです。

コンパクトなiPhoneSE3と比較するとかなり大きくみえますが、手に馴染むので安心感があります。

OPPO Reno7 A_手持ち2

四隅は角が削られているので、手のひらにあたっても痛くはありません。横持ちするようなゲームでも、手に馴染む感覚があり、長時間遊んでいても手が疲れにくいなと感じました!

ただ手の小さい方は、片手操作だと画面上部に指が届かないでしょう。よく使うようなアプリは、画面下部に設置しておくことをおすすめします。

外観の評価

個人的にデザインはかなり好み。どこで手に取っても恥ずかしくない機種です。
安っぽさが全くなく、グラデーションカラーもいい味を出しています。むしろ高級感すら感じさせてくれます。付属のクリアケースでデザインを楽しみたいと思えるスマホです。

また最初は本体の大きさがネックでしたが、それをカバーするほどの薄さと軽さをOPPO Reno7 Aは備えています。「つい手にとることが癖になってしまう」そんな1台に仕上がっていると思います。

写真を長時間撮っていても、ゲームをしていても手が疲れにくいのは大きな魅力の1つとなるでしょう。

 

OPPO Reno7 Aのカメラ性能をレビュー | 癖のないカメラで綺麗に撮れる

OPPO Reno7 A_カメラ性能レビュー

OPPO Reno7 Aの背面カメラは、広角・超広角・マクロの3つのレンズから構成されています

カメラ

【アウトカメラ】
広角 : 約4,800万画素 F値1.7
超広角 : 約800万画素 F値2.2 画角120°
マクロ : 約200万画素 F値2.4

【インカメラ】
約1600万画素 F値2.4

前モデルのOPPO Reno5 Aではモノクロレンズを加えた4眼カメラでしたが、今回は3眼構成となりました。モノクロ撮影を使うシーンはほとんどないでしょうから、あまり気にしなくてもいいかもしれません!ただ望遠レンズがないのはやや残念ポイント...。

OPPO Reno7 Aのカメラは彩度低めで、目にみたままに近いような印象。日中の景色は、かなり綺麗に撮れました。被写体に近づいた時の背景のボケ具合もいい感じだと思いました。

以下は、実際にOPPO Reno7 Aで撮影した写真です(AIオン/HDRオン/48MP)。

OPPO Reno7 A_作例1 OPPO Reno7 A_作例2 OPPO Reno7 A_作例3 OPPO Reno7 A_作例4 OPPO Reno7 A_作例5 OPPO Reno7 A_作例6

OPPO Reno7 A_作例7

無加工でSNSにアップしても映える写真ではないでしょうか?
色味の変な癖もなく、目に見たままに近い写真が撮れていると思います。

前モデルとOPPO Reno5 AやiPhoneSE3とも撮り比べてみたので、写り具合を比較してみてください。

iPhoneSE3_作例(あじさい)

iPhoneSE3で撮影

AI

SE3 カメラ1

▲(左)OPPO Reno7 A/(右)iPhoneSE3

明るく撮れているのはOPPO Reno7 Aです。iPhoneSE3は明るみよりも、彩度が高めな印象です。iPhone特有の塗り絵感がでているように思います。

 

OPPO Reno5 A_作例

OPPO Reno5 Aで撮影

OPPO Reno5 A_作例

OPPO Reno7 A_作例4

OPPO Reno5 Aの写真は赤みが強い印象、一方でReno7 Aは青みが強くサッパリした印象です。写り方の違いはそれぞれ好みがあるのでどれが良い悪いとかはありませんが、個人的にはOPPO Reno7 Aの写真が好みです。

OPPO Reno7 Aはシンプルなカメラ設定がななので、構図に集中して撮影できます。より細かな設定をしたいという方は、エキスパートモードも用意されているので使ってみるとよいでしょう!

OPPO Reno7 A エキスパートモード

OPPO Reno7 A カメラその他設定

IOS感度やシャッタースピードなど細かく設定可能です。その他にも様々なモードがOPPO Reno7 Aには備わっていますよ。

続いてズーム撮影や広角、夜景モードで撮影した写真も見ていきましょう。

ズーム撮影

OPPO Reno7 Aには望遠レンズが備わっていません。ただ最大6倍までズームすることは可能!タップ1つで2倍・5倍と簡単にズームもできます。ピンチアウトすれば細かくズーム倍率を変えることも可能です。

最大6倍ズームで撮影した写真がこちら。

OPPO Reno7 A_最大6倍ズーム撮影1

最大6倍ズーム

最大ズームでも、思った以上にきれいに撮影ができました!最大6倍ズームなのであまり遠くのものは撮影できませんが、これだけきれいに撮れていれば十分でしょう!

ちなみにiPhoneSE3はズーム撮影がやや苦手な様子...。粗っぽさが目立ってしまいました...。

SE3 カメラ3

▲iPhoneSE3(望遠)

超広角撮影

続いて超広角で撮影した写真をどうぞ。

▼まずは通常時の写真

AI2

▼そして超広角で撮った写真

広角2

超広角では画角120°まで収めることができます!中々の広範囲!!

大人数での撮影でも役立ちそうですね。

ナイトモード撮影

OPPO Reno7 Aでは夜景モードも搭載しています。まずは暗所を通常モードとAIモードで撮影した場合の写真を見比べてみましょう。

R 通常1

R AI1

▲(左)通常/(右)AIモード

通常モードもAIモードもほぼ真っ黒状態で、何が写っているかよく見ないとわかりません...。では夜景モードを使った撮影だとどうでしょうか。

R 夜景1

▲OPPO Reno7 A 夜景モード

夜景モードというだけあり、暗所でもかなり明るく撮影ができました。ただ物足りなさを感じる方もいるでしょう。ハイスペックなスマホと見比べてしまうと、やはり差はでてきてしまいますね。暗所での撮影はほぼしない、という方ならあまり気にしなくてもいいかもしれません。

ちなみにiPhoneSE3で撮影した場合は、以下のようになります。

SE3 1

▲iPhoneSE3

iPhoneSE3は残念なことにナイトモードが搭載されていません。とはいえ通常モードでこの明るさ!

OPPO Reno7 Aの通常モードでは黒く潰れていましたが、iPhoneSE3では明るくくっきり写っています。目でみた自然な感じを映し出せているのは、iPhoneSE3かなという印象です。

ポートレート・マクロ撮影

続いてポートレートとマクロモードで撮影した写真を見ていきましょう。

まずはポートレートです。

ポートレート

▲OPPO Reno7 A(ポートレート)

ポートレートといっても、人物を撮影するシーン以外にも何かと便利な機能です。被写体をメインに、背景にぼかしを効かせたそれっぽい写真ができあがります。

ついSNSにアップしたくなるような写真ですよね!

そしてマクロモードで撮影した写真がこちら。

OPPO Reno7 A_マクロ

かなり近寄っても、ピントがバッチリあっているのがわかります。

ただマクロモードにして撮影しただけなのに、いい感じの味がでてませんか?ちなみにマクロを使う時は、被写体から4cm程離して撮影すると、きれいに写りますよ!

OPPO Reno7 Aには非常に多くの撮影モードが備わっています。iPhoneSE3にはポートレートモードやマクロモードなどはありません。

より写真を楽しみたいという方は、OPPO Reno7 Aを手にとってみるとよいでしょう。ついスマホを手に取ってカメラを構えてしまうに違いありません!

OPPO Reno7 Aの動画撮影

OPPO Reno7 Aで動画撮影した場合はこちら。

正直、手ブレ補正はイマイチといった印象。4Kには対応していません

iPhoneSE3の場合は4Kや60fpsにも対応しているので、なめらかできれいな動画撮影が可能です。動画撮影においては、iPhoneSE3が一歩リードしている印象をうけました

OPPO Reno7 Aのアウトカメラでの動画撮影は1080P・720Pの30fpsのみ対応しています。なお電子式手ブレ補正に対応しているのは、1080P 30fpsのみです。

カメラ性能の評価

夜景撮影ではナイトモードでもノイズが入り、個人的には満足できる写真には仕上がりませんでした。

ただ日中はかなり綺麗な写真が撮れます。構図に集中してパッとシャッターを切っただけでも、それっぽい写真が撮れるのは大きな強みでしょう。

カメラ写りも癖がないので、色味も非常にナチュラル!
価格を抑えて作られたモデルですが、これだけ綺麗な写真が撮れてれば十分です。

ワイモバイル公式 ヤフー店 : https://ymobile-store.yahoo.co.jp/

最大26,000円相当キャッシュバック!(5/7まで増額中)学割も開催中!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※店舗と違って事務手数料がタダ!

 

ワイモバイル公式 : https://www.ymobile.jp/store/

オンラインストアなら機種代金が最大2万円値引き!学割も開催中!

今すぐOPPO Reno7 Aをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,850円する事務手数料が無料!

>>最新の【ワイモバイル キャンペーン】はこちら
>>【ワイモバイルの評判】はこちら

 

要チェック!

RM 3.2(2)

iPhoneを購入するなら楽天モバイルがおすすめ!

キャリア最安値&最大32,000円相当の還元が受けられ、最新iPhoneでも実質半額以下で購入できちゃいます!

  • 一括払いまたは24回払い
    →最大20,000円値引き+最大12,000ポイント還元
  • 48回払い
    →最大12,000ポイント還元

例えば、他社では約145,000円~150,000円するiPhone 15(128GB)が、楽天モバイルなら131,800円で購入可能。32,000円相当の還元を加味すると、実質99,800円で購入できます。

いま使っているキャリアで機種変更するよりも断然安くなります! 浮いたお金でケースや画面保護フィルムを揃えることも可能。本体容量をワンランクアップしても良いでしょう。

分割払いにしたい方は48回払いの楽天モバイル買い替え超トクプログラムを使って2年後に端末を返却すれば、本体代金の約半分の支払いが免除になります。

iPhone 15(128GB)ならポイント還元も加味すると実質53,880円で入手できちゃうんです!

ぜひ、この機会に楽天モバイル公式サイトを覗いてみてください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

最大32,000円相当還元!

楽天モバイルでお得にiPhone15/15 Proを購入する

※楽天ポイントもザクザクたまる!

>>最新の【楽天モバイルクーポン】はこちら

OPPO Reno7 Aのディスプレイ性能をレビュー | 有機EL・90Hzで快適

OPPO Reno7 A_ディスプレイ性能レビュー

OPPO Rno7 Aは、6.43インチの有機ELディスプレイを採用しています。前モデルのOPPO Reno5 AではTFT(液晶)を採用していたので、アップグレードしました。前モデルをさらに遡ると、OPPO Reno3 Aでは有機ELディスプレイだったので、再び戻ってきたともいえますね!

以下は、OPPO Reno5 AとReno7 Aのディスプレイを比較したものです。

OPPO Reno7 A_ディスプレイの綺麗さ

(左から)OPPO Reno5 A/Reno7 A

OPPO Reno5 Aのディスプレイは黄色っぽく、明るさを最大にしても少し暗いなと思いました。一方でOPPO Reno7 Aのディスプレイは非常に明るいですし、有機ELということもあり綺麗に映っています。

また大画面を活かして、画面を2分割して使うこともできます。

OPPO Reno7 A 画面分割

例えば上の画面でYouTubeを流しながらSNSをみたり、調べ物をしながらLINEをするなんてこともできちゃいます!画面が大きいので、分割にしても快適に使うことができますよ。

またディスプレイはフラットタイプを採用しており、リフレッシュレートは90Hzに対応しています。ミドルレンジスマホでも、いまは90Hzを採用することが多くなってきましたね。

リフレッシュレートの数値は高ければ高いほど、なめらかな動きを実現してくれます。またライバルになりうるiPhoneSE3では、60Hzのリフレッシュレートなので、より指に吸い付くような操作感を味わえるのはOPPO Reno7 Aだといえます。

スクロールしたときや激しいゲームをした時に、リフレッシュレート90Hzの満足感を得られるでしょう!

ディスプレイの評価

ディスプレイ面でとくに不満に思うことはありませんでした。

日差しの強い屋外でも十分見えますし、有機ELなのでとにかく画面が綺麗。動画視聴もゲームも綺麗な画面で楽しめるのでテンションが上がります!

リフレッシュレートも90Hzあれば不便はありません。SNSや調べ物をしていてもスクロールが滑らかで気持ち良いです。

 

OPPO Reno7 Aのバッテリー性能・電池持ちをレビュー | 4,500mAh

OPPO Reno7 A_電池持ちレビュー

OPPO Reno7 Aのバッテリー容量は、4,500mAhです。OPPO Reno5 Aでは4,000mAhだったので、500mAhとわずかですが、容量が多くなっています。

ちなみにiPhoneSE3のバッテリー容量は2,007mAhです。外出先で一日使うには、やや不安ですね。

実際にYouTube視聴した場合で、電池の減り具合を測定してみました。

▼YouTube視聴

  OPPO Reno7 A iPhoneSE3
0時間 100% 100%
1時間 96% 91%
2時間 91% 82%
3時間 86% 75%

OPPO Reno7 AでYou Tubeを視聴した場合、1時間あたり4~5%の電池が減るとわかりました。

例えば往復3時間の通勤電車でずっとYou Tubeを見ていたとしても、14%程度の電池しか減らないので、自宅につく頃でも電池は十分余っているでしょう。

またOPPO Reno7 AはType-Cの充電端子で、最大18Wの急速充電に対応しています。OPPO Reno5 Aから進化のなかった部分なので、残念に思う方も少なくないでしょう。同じ4〜6万円台のスマホでも、50W以上の急速充電に対応しているモデルもあるのでやや残念ポイントでもありますね。

例えば同等価格帯のスマホだと、Redmi Note 11 Proが最大67Wに対応しています。充電スピードを重視して選ぶなら、Redmi Note 11 Proという選択肢もあるでしょう。楽天モバイルならRedmi Note 11 Proが実質19,980円で購入できます。

では実際にOPPO Reno7 Aがどのくらいの入力値で充電できるのか、サードパーティー製の電圧計測器で測ってみましょう。(あくまで目安程度にかんがえてください)

OPPO Reno7 A_急速充電1

電池残量80%以上ある場合

OPPO Reno7 A_急速充電2

電池残量80%以下の場合

電池残量が80%以上の時は8.42Wでしたが、80%以下の時は16.4Wの入力値が確認できました。電池が多い時はバッテリーを痛めないように、充電パワーを制御しているのではないかと考えられます。

バッテリーの評価

電池持ちはとくに良くも悪くもないといった印象です。ただ高負荷のアプリを使い続ければ電池は早くなくなります。

使い方によって電池持ちの体感は変わってくる部分でしょう。LINEやSNS、調べ物、動画を少し見る程度の使い方がメインの私にとっては1日十分電池は持ちました。

充電スピードもこだわらなければ気になることはないでしょう。

ワイモバイル公式 ヤフー店 : https://ymobile-store.yahoo.co.jp/

最大26,000円相当キャッシュバック!(5/7まで増額中)学割も開催中!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※店舗と違って事務手数料がタダ!

 

ワイモバイル公式 : https://www.ymobile.jp/store/

オンラインストアなら機種代金が最大2万円値引き!学割も開催中!

今すぐOPPO Reno7 Aをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,850円する事務手数料が無料!

>>最新の【ワイモバイル キャンペーン】はこちら
>>【ワイモバイルの評判】はこちら

 

OPPO Reno7 Aのプロセッサとレスポンス | Snapdragon 695を搭載

OPPO Reno7 A CPU

OPPO Reno7 Aのプロセッサは「Qualcomm Snapdragon 695」を採用しています。Snapdragon 695は2021年冬に発表されたチップで、主に4〜6万円前後のミドルスペックのスマホに採用されています。

Snapdragon 695が搭載されているスマホであれば、日常使いで不便に感じることはほぼないでしょう。Snapdragon 695を搭載しているスマホはOPPO Reno7 Aの他にも、AQUOS wish2やXperia 10 IV、moto g52j、Redmi Note 11 Pro 5Gなどがあります。どの機種もコストパフォーマンスに優れており、高い人気を集めています。

ゲーム性能については後ほど詳しくお伝えしますが、Apexや原神などのゲームも比較的安定してプレイできました。

実際に「Antutu Benchmark」アプリを用いて、ベンチマークスコアを計測してみました。

OPPO Reno7 Aのベンチマークスコア

スマホの性能を知る目安としてベンチマークスコアというものがあります。

スコアがよい程、不便なく快適にスマホを利用できます。またゲームをするならGPUも気にしておきましょう。

スコア別にどれくらい快適に利用できるかを示したのが以下の表です。

ベンチマークスコアの目安
総合スコア:約50万点以上
GPUスコア:約18万点以上
ヌルヌルした動作で快適
総合スコア:約35万点〜50万点
GPUスコア:約14万点〜18万点
重いゲームでもなんとか使える
総合スコア:約25万点〜35万点
GPUスコア:約7万点〜14万点
軽いゲームくらいならなんとか使える
総合スコア:約15万点〜25万点
GPUスコア:約3万点〜7万点
最低限ほしいレベル
総合スコア:約15万点以下
GPUスコア:約3万点以下
メイン端末としては心もとない

そしてOPPO Reno7 Aのベンチマークスコアは以下の通り。

OPPO Reno7 A ベンチマーク

スコア

  • 総合スコア : 381468(Socの総合的な性能スコア)
  • CPU : 119369(スマホ全体の処理能力スコア)
  • GPU : 99580(ゲーム性能に重要なスコア/グラフィック処理)
  • MEM : 61590(メモリや本体容量の読み書き速度のスコア)
  • UX : 100929(操作性に関わるスコア)

ミドルレンジスマホとしては、十分なスコアという結果がわかりました。重たいゲームもなんとか遊べるといった所でしょう。

レスポンスの評価

引っかかりもなくサクサク動いて快適です。

発熱もほぼ感じられず、3~4万円台のスマホとしては素晴らしいパフォーマンスです。

 

OPPO Reno7 AのRAM・ROM | SDカードにも対応

OPPO Reno7 A RAM/ROM

OPPO Reno7 AのRAM(メモリ)は6GBで、ROM(ストレージ)が128GBとなっています

RAMはデスクの大きさに例えられることが多く、大きければその分色んな作業が可能です。

例えばゲームをしながら攻略法を調べたり、YouTubeをみながらSNSをしても、動作が重くなりにくく快適に使うことができます。6GBあれば、日常使いでストレスになることはほぼありません。画面分割して同時にアプリを使うのも便利です!

OPPO Reno7 A SDスロット

▲SIMµSDが入る

またOPPO Reno7 Aのストレージは128GBですが、外部メモリ(microSDカード 最大1TB)にも対応しています。写真や動画などをたくさん撮る方は、microSDカードを入れておくと良いでしょう。もしくはクラウドサービスをうまく活用して、本体容量を節約するのもありです。

iPhoneはSDカードが差し込めないので、その点はOPPO Reno7 Aの強みだといえますね!

RAM/ROMの評価

たまにしかゲームをしない私にとって、RAM6GBのOPPO Reno7 Aで不便はありません。

とくに嬉しいポイントはSDカードに対応している所です。iPhoneはもちろん、AndroidでもSDカードに対応していない端末が多いですが、やっぱりSDスロットはあったほうが良いです。

写真や動画をSDカードに溜め込んでおけば本体容量を圧迫することもないですし、クラウドサービスに課金する必要もありません。

同じ端末を長く使い続けようと考えている方はとくに、SDカード対応の端末は嬉しいのではないでしょうか。

ワイモバイル公式 ヤフー店 : https://ymobile-store.yahoo.co.jp/

最大26,000円相当キャッシュバック!(5/7まで増額中)学割も開催中!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※店舗と違って事務手数料がタダ!

 

ワイモバイル公式 : https://www.ymobile.jp/store/

オンラインストアなら機種代金が最大2万円値引き!学割も開催中!

今すぐOPPO Reno7 Aをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,850円する事務手数料が無料!

>>最新の【ワイモバイル キャンペーン】はこちら
>>【ワイモバイルの評判】はこちら

 

OPPO Reno7 Aの生体認証をレビュー | ディスプレイ内指紋認証搭載

OPPO Reno7 A画面内指紋認証

OPPO Reno7 Aは、顔認証とディスプレイ内指紋認証に対応しています

OPPO Reno5 Aでは背面に指紋センサーがありました。好みの分かれる部分かと思いますが、個人的にはディスプレイ内指紋認証のほうが使いやすいですね。

親指の振れる自然な位置で認証できますし、デスクに置いたままでも認証ができるので使い勝手がよいです。また顔認証も搭載しているので、シーンに応じて使い分けできるのは便利!

指が濡れていて指紋認証が通らないというシーンでも、顔認証できちゃいますからね。

しかも指紋認証の精度も中々よく快適です。

生体認証の評価

生体認証について不満はありませんでした。

ディスプレイ内指紋認証の懸念点としては、フィルムを貼り付けた時に精度が落ちること。しかしOPPO Reno7 Aは購入時からフィルムが貼られており認証精度も抜群です!

画面ロックの解除は頻繁に行うため、スムーズに認証できる点はストレスがなく嬉しいポイントです。もし自分でフィルムを別途用意するという方は、慎重に選んだほうが良いでしょう。

 

OPPO Reno7 Aのゲーム性能をレビュー | FPSゲームも快適

OPPO Reno7 A ゲーム1

実際にOPPO Reno7 AでApexをプレイしてみましたが...思っていた以上にサクサクした動きで問題なく楽しめました!

リフレッシュレートも90Hzあるため動きもなめらか。グラフィックやフレームレートを高めに設定しても、そこまで大きな影響は感じられませんでした。

密集地帯や戦闘時でも、カクつきやラグはほとんど感じられず、そこそこのパフォーマンスは発揮できる1台に仕上がっています。
ちなみに私はFPSゲームはすきなのですが、めちゃくちゃ下手くそです...。

より快適にプレイしたいのなら、最適な設定に変更して遊んだほうがよいでしょう。

OPPO Reno7 A ゲーム3

また面白いのが、左上から中央に向かってスワイプすると、ゲームに特化した設定をすることができる点です。そこで端末本体の温度や電池残量も確認できます。

ちなみにApexをプレイしていた時は、36〜37℃前後の熱さになりました。人間の体温と同じくらいですね。

OPPO Reno7 A ゲーム5

またゲームフォーカスモードというのもあり、通知や着信、アラームなど、ゲーム時にじゃまになりそうなあらゆるものをブロックできる機能も備わっています。

スマホでそこそこゲームも楽しみたいという方でも、OPPO Reno7 Aで十分満足できるのではないでしょうか。

OPPO Reno7 Aと同じく、Snapdragon 695を搭載しているRedmi Note 11 Proで原神をプレイしている動画もあったので、購入前の参考にしてみてください。

ゲームの評価

FPSゲームなら問題なくプレイできます。

ただ原神など重たいゲームの場合フレームレートやグラフィック設定を上げると、ややもっさりする場面もでてきます。設定を下げればプレイできないこともありません。

ゲームガチ勢な方だと不満も出てくるかもしれませんが、そこそこ楽しめればOKという方はOPPO Reno7 Aでも十分でしょう。

発熱もそこまで気になりませんでした。

ワイモバイル公式 ヤフー店 : https://ymobile-store.yahoo.co.jp/

最大26,000円相当キャッシュバック!(5/7まで増額中)学割も開催中!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※店舗と違って事務手数料がタダ!

 

ワイモバイル公式 : https://www.ymobile.jp/store/

オンラインストアなら機種代金が最大2万円値引き!学割も開催中!

今すぐOPPO Reno7 Aをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,850円する事務手数料が無料!

>>最新の【ワイモバイル キャンペーン】はこちら
>>【ワイモバイルの評判】はこちら

 

OPPO Reno7 Aは防水・防塵・おサイフケータイに対応

OPPO Reno7 Aは、NFC、おサイフケータイに対応しています

「Suica」や「iD」、「QUICPay」など様々な電子マネーに対応しているので、お金を持ち歩かなくても決済ができちゃいます!いまの時代おサイフケータイはかかせないですよね。

またOPPO Reno7 Aは、IPX8 / IP6Xの防水・防塵性能を備えています。そのためちょっとやそっとの水濡れで壊れることはありません。

水回りでの利用も安心して使うことができますよ!

防水・防塵性能の評価

不満なし

 

OPPO Reno7 Aの取り扱いキャリア・格安SIMと本体価格

OPPOの発売キャリアは、au・UQモバイル楽天モバイル・ワイモバイルです。その他にもIIJmioやイオンモバイル、OCNモバイルONEmineoなど数多くの格安SIMでも取り扱っています。

またJoshinやコジマ、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダ電気などの家電量販店や、Amazon、メーカーサイトなどのECサイトでも販売されています。

本体価格は、以下の通りです(最安値はキャンペーンの割引やポイント還元を加味した場合の実質負担額)。

  通常本体価格 最安値
実質本体価格
楽天モバイル
公式へ
45,800円→34,980円
→21,980円(値下げ)
1,968円〜
(20,012円相当おトク)
IIJmio
狙い目!
公式へ
39,800円 9,980円
(29,820円相当おトク)
mineo
公式へ
35,640円 35,640円
QTモバイル
公式へ
39,600円 35,640円
(3,960円相当おトク)
イオンモバイル
販売終了
公式へ
29,700円 29,700円
ワイモバイル
販売終了
公式へ
36,720円 14,800円~
(21,920円おトク)
OCNモバイルONE
販売終了

公式へ

34,300円 24,000円
(14,300円おトク)

各キャリアでお得なキャンペーンを開催しているので、料金を比較しながら購入してみるとよいでしょう!

キャンペーンの詳細は以下の記事でまとめているので、気になる方はあわせてご覧ください。

 

OPPO Reno7 AのライバルはiPhoneSE3?

OPPO Renoシリーズは何かとiPhoneSEシリーズと比較されることが多いです。そもそもSoCが違うので比較対象ではないという意見もありますが、どこを重視するかで選ぶ機種はかわってくるでしょう。

スペックや性能をまとめてたので、もしこの2機種で迷っている方は参考にしてみてくださいね。

仕様 OPPO Reno7 A iPhoneSE3
SoC Qualcomm Snapdragon 695 5G A15 Bionic
メモリ(RAM)/ストレージ(ROM) 6GB/128GB 4GB/64GB・128GB・256GB
外部メモリカード microSD/最大1TB -
ディスプレイ 6.43インチAMOLED 有機EL
リフレッシュレート:90Hz
約4.7インチ Retina HD
リフレッシュレート:60Hz
カメラ [メイン]
広角約:4,800万画素
超広角:約800万画素
マクロ:約200万画素
[サブ]
約1,600万画素
[メイン]
1,200万画素
[サブ]
700万画素
バッテリー 4,500mAh
最大18W急速充電
2,007mAh
最大20W急速充電
防水機能 IPX8 / IP6X IP67
イヤホンジャック -
サイズ 約73.4×159.7×7.6mm 約67.3×138.4×7.3mm
重さ 約175g 約144g
SIM nanoSIM/eSIM nanoSIM/eSIM
おサイフケータイ 対応 対応

OPPO Reno7 Aがいい方

  • 大画面で動画視聴やゲームをしたい方
  • 有機ELのきれいなディスプレイを求めている方
  • なめらかな操作感を味わいたい方
  • 写真や動画を楽しみたい方
  • 電池持ちのよいスマホがほしい方
  • SDカードや有線イヤホンを使いたい方

iPhoneSE3がいい方

  • コンパクトサイズのスマホがほしい方
  • Apple製品を使いたい方
  • 本体容量を選びたい方
  • 低価格のiPhoneで性能のよさを求めている方

iPhoneSE3はiPhone13と同じチップを採用しているので、コンパクトながらも最高のパフォーマンスを発揮してくれるに違いありません。

OPPO・iPhoneどちらにも、よい点や残念な点はあります。自分の使い方にあったスマホを選ぶことが、何よりも大切です。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\楽天モバイルでiPhoneが買える!しかも端末代4キャリア最安値/

今すぐスマホを楽天モバイルでお得に手に入れるにはこちらをタップ!

※最大1万相当以上の還元あり

>>最新の【楽天モバイル クーポン】はこちら
>>【楽天モバイルの評判】はこちら

 

実際にOPPO Reno7 Aを利用している方の評価・評判

OPPO Reno7 Aを利用している他の方の評価・評判についてもチェックしてみましょう。

ちょくちょく目にするのはLINEの不具合。LINE利用中にアプリが落ちるという不具合があったようなのですが、アップデートすれば問題なく利用できるようです。

カメラ性能に関してはどこを重視するかで、良い悪いが変わってくると感じがしました。私も暗所撮影にはがっかりしましたが、動画はほぼ撮らないですし、明るい場所では綺麗に撮れるのでまだいいかなと思いました。

価格の安さから繋ぎでOPPO Reno7 Aを検討している方もいるようです。

 

OPPO Reno7 Aの評価まとめ

OPPO Reno7 A_手持ち

総合評価

冒頭でもお伝えしましたが、OPPO Reno7 Aは買って後悔しない機種だと個人的には思います。残念なポイントもあげましたが、総合的にはミドルレンジスマホとして非常に優れた1台に仕上がっています!

OPPO Reno7 Aは、SDカードやイヤホンジャックに対応、顔・指紋認証、防水・防塵対応など、細かい部分まで満足できるスマホです。カメラ性能もよく、まさに洗練されたスマートフォンだといえます。

「ときめき、長持ち。」というように、今回OPPO Reno7 Aを触ってみて、長く使い続けることができるスマホだと思いました。

キャンペーンで1万円台で買えるなら、むしろお試し感覚で使ってみようと思う方もいるはずです。

ぜひこの機会にあなたもOPPO Reno7 Aに手を出してみてはいかがでしょうか。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\楽天モバイルでiPhoneが買える!しかも端末代4キャリア最安値/

今すぐOPPO Reno7 Aを楽天モバイルでお得に手に入れるにはこちらをタップ!

※最大1万相当以上の還元あり

>>最新の【楽天モバイル クーポン】はこちら
>>【楽天モバイルの評判】はこちら

楽天モバイルお得情報!

要チェック!

RM 3.2(2)

iPhoneを購入するなら楽天モバイルがおすすめ!

キャリア最安値&最大32,000円相当の還元が受けられ、最新iPhoneでも実質半額以下で購入できちゃいます!

  • 一括払いまたは24回払い
    →最大20,000円値引き+最大12,000ポイント還元
  • 48回払い
    →最大12,000ポイント還元

例えば、他社では約145,000円~150,000円するiPhone 15(128GB)が、楽天モバイルなら131,800円で購入可能。32,000円相当の還元を加味すると、実質99,800円で購入できます。

いま使っているキャリアで機種変更するよりも断然安くなります! 浮いたお金でケースや画面保護フィルムを揃えることも可能。本体容量をワンランクアップしても良いでしょう。

分割払いにしたい方は48回払いの楽天モバイル買い替え超トクプログラムを使って2年後に端末を返却すれば、本体代金の約半分の支払いが免除になります。

iPhone 15(128GB)ならポイント還元も加味すると実質53,880円で入手できちゃうんです!

ぜひ、この機会に楽天モバイル公式サイトを覗いてみてください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

最大32,000円相当還元!

楽天モバイルでお得にiPhone15/15 Proを購入する

※楽天ポイントもザクザクたまる!

>>最新の【楽天モバイルクーポン】はこちら

OPPO記事一覧


OPPO_Reno7_a

OPPO Reno7 A

OPPO Reno7 Aのキャンペーン情報まとめ!実質半額以下での購入も可能!

Oppo OPPO Reno9 A

OPPO Reno9 Aを安く買う方法と機種変更キャンペーン・値下げ・投げ売り情報まとめ!最安値はココだ!

Oppo OPPO A79 5G

【最新】OPPO A79 5Gのキャンペーン・割引・値下げ情報まとめ!安く買う方法は?

Oppo OPPO Reno10 Pro 5G

【最新】OPPO Reno10 Pro 5Gの投げ売りキャンペーン・値下げ情報まとめ!安く買う方法は?

iPhone(アイフォン) Xperia Galaxy Oppo

【2024年最新】買ってはいけないスマホランキング5選!ハズレ機種の特徴とは?
コスパ最強スマホ9選はコレだ

iPhone(アイフォン) SHARP Oppo Pixel Motorola

【2024年】コスパ最強スマホ9選はコレだ!安いだけじゃなくスペックの妥協もなし!【ミドルレンジ~ハイエンドクラス】

Xiaomi Redmi 12 5G Oppo OPPO A79 5G

OPPO A79 5GとRedmi 12 5Gの違いを11項目で徹底比較!どっちを買うべき?

iPhone(アイフォン) Oppo OPPO Reno9 A OPPO Reno7 A

iPhoneが高すぎて買えない!高い理由とスマホの賢い購入方法を伝授!

iPhone(アイフォン) Xperia Galaxy Oppo Pixel

【2024年】YouTube撮影向けスマホおすすめ機種5選!選ぶポイントやメリット・デメリットも紹介

iPhone(アイフォン) Xperia Galaxy SHARP Xiaomi Oppo Pixel

【2024年】LHDC/LDAC対応スマホ一覧!おすすめ機種やコーデックの違いも紹介

Oppo OPPO Reno10 Pro 5G Pixel Pixel 7a Motorola motorola edge 40

OPPO Reno10 ProとPixel7aとmotorola edge 40の違いを11項目で徹底比較!どれを買うべき?

Xperia Xperia 10 V Oppo OPPO Reno9 A

OPPO Reno9 AとXperia 10 Vの違いを15項目で徹底比較!どっちを買うべき?

Oppo OPPO Reno9 A OPPO Reno7 A

OPPO Reno7 AとReno9 Aの違いを7項目で徹底比較!どっちを買うべき?

Xiaomi Redmi 12C Oppo OPPO A77

Redmi 12CとOPPO A77の違いを11項目で徹底比較!どっちを買うべき?

Oppo OPPO Reno9 A

【がっかりスペック?】OPPO Reno9 Aの発売日・予約開始日・価格の最新情報まとめ

iPhone(アイフォン) Xperia Galaxy SHARP Xiaomi Oppo Pixel ASUS Arrows 京セラ Motorola

【2024年】eSIM対応スマホ一覧!iPhone・Android別に紹介

Oppo OPPO Reno10 Pro 5G

OPPO Reno10 Pro 5Gの月額料金はプラン料金込みだといくらになる?【ソフトバンク/IIJmio/mineo】

SHARP AQUOS sense8 Oppo OPPO Reno9 A

AQUOS sense8とOPPO Reno9 Aの違いを11項目で徹底比較!どっちを買うべき?

SHARP AQUOS sense8 Oppo OPPO Reno10 Pro 5G

AQUOS sense8とOPPO Reno10 Pro 5Gの違いを13項目で徹底比較!どっちを買うべき?

Oppo OPPO A79 5G

OPPO A79 5Gの大きさ・画面サイズ・重さまとめ!他のスマホと比較してわかったA79 5Gの良さ
OPPO A79 5G VS OPPO Reno9 A

Oppo OPPO Reno9 A OPPO A79 5G

OPPO A79 5GとOPPO Reno9 Aの違いを11項目で徹底比較!どっちを買うべき?

Oppo OPPO Reno9 A

OPPO Reno9 Aの大きさ・画面サイズ・重さまとめ!大き目でも軽量化された持ちやすいスマホ!

Galaxy Galaxy A54 5G Oppo OPPO Reno9 A

OPPO Reno9 AとGalaxy A54の違いを12項目で徹底比較!どっちを買うべき?

Oppo OPPO A79 5G

OPPO A79 5Gの日本発売日・価格・スペックまとめ!おサイフケータイ搭載のエントリースマホ!

Xiaomi Xiaomi 13 Pro Xiaomi 13T Pro Oppo OPPO Reno10 Pro 5G

Xiaomi 13T/13T ProとOPPO Reno10 Proの違いを11項目で徹底比較!どっちを買うべき?

iPhone(アイフォン) Oppo Pixel 格安SIM

【トリプルSIM】スマホ1台で3つの回線が使える?対応端末やメリット・注意点を徹底解説

HUAWEI Nothing Phone ZTE Xperia Galaxy SHARP Xiaomi Oppo Pixel ASUS Arrows 京セラ Motorola

【2024年】Displayport alternate mode対応スマホ一覧!ケーブル1本でテレビに映像出力できる!

iPhone(アイフォン) Nothing Phone ZTE Xperia Galaxy SHARP Xiaomi Oppo Pixel ASUS Arrows 京セラ Motorola

【2024年】Qi/Qi2対応のAndroid機種一覧!ワイヤレス充電で面倒なケーブルの抜き差しから卒業しよう!

Xiaomi Oppo ASUS

【2024年最新】中華スマホおすすめ10選!1万円以下のコスパ最強機種もあり

iPhone(アイフォン) Xperia Galaxy SHARP Oppo Pixel Motorola

【2024年最新】スマホおすすめ15選!キャリア別人気ランキングやコスパ最強端末も紹介!【Android/iPhone】

iPhone(アイフォン) Nothing Phone Xperia Galaxy SHARP Xiaomi Oppo Pixel ASUS 京セラ Motorola

マイナンバーカード読み取り対応スマホ一覧【Android・iPhone】

iPhone(アイフォン) Nothing Phone HUAWEI ZTE Xperia Galaxy SHARP Xiaomi Oppo Pixel ASUS Arrows 京セラ Motorola

WiFi6/6E/7対応スマホ一覧!高速Wi-Fiが使えるスマホはこれだ!

iPhone(アイフォン) Xperia Galaxy SHARP Xiaomi Oppo Pixel ASUS Arrows 京セラ Motorola

壊れやすいスマホの故障ランキング!故障率の高い端末の特徴と壊れにくいスマホ5機種も紹介
スマホが熱い6つの理由とは?熱さ対策とやってはいけないことも紹介

iPhone(アイフォン) Xperia Galaxy SHARP Xiaomi Oppo Pixel ASUS Arrows 京セラ Motorola

スマホが熱い6つの理由とは?熱さ対策とやってはいけないことも紹介
OPPO Reno10 Pro 5GのYouTuberによるレビューまとめ5選!

Oppo OPPO Reno10 Pro 5G

OPPO Reno10 Pro 5GのYouTuberによるレビューまとめ5選!

Oppo OPPO Reno10 Pro 5G

【5/17更新】OPPO Reno10 Pro 5の在庫・入荷状況一覧!店舗とオンラインショップの在庫確認方法も紹介!
OPPO Reno7 A

Oppo OPPO Reno7 A

OPPO Reno7 Aの発売日はいつ?スペック・価格情報まとめ
OPPO Reno7 Aを実機レビュー | 9項目を徹底調査してわかった!まさに洗練されたスマホ!

Oppo OPPO Reno7 A

【辛口評価】OPPO Reno7 Aの実機レビュー!9項目を調査してわかった買うべき理由とは?

Oppo OPPO Reno10 Pro 5G

OPPO Reno10 Pro 5Gの大きさ・画面サイズ・重さまとめ!充実した内容なのに軽量化された大き目スマホ!
OPPO Reno10 5Gの発売日・価格・スペックを徹底解説!6,400万画素のハイスぺカメラが魅力

Oppo OPPO Reno10 5G

OPPO Reno10 5Gの発売日・価格・スペックを徹底解説!6,400万画素のハイスぺカメラが魅力
Dandyストア 評判

iPhone(アイフォン) iPad Xperia Galaxy SHARP Xiaomi Oppo Pixel ASUS Arrows

Dandyストアはヤバい? 評判・口コミと実際に購入した商品を紹介!

Xiaomi Oppo

OPPO Reno7 AとXiaomiのRedmi Note 11 Pro 5Gの違いを比較してみた!人気スマホはどっち?

Oppo OPPO A77

買ってはいけない!?OPPO A77のスペック・発売日・価格まとめ

Oppo OPPO Reno7 A OPPO Reno5 A

OPPO Reno7 AとReno5 Aの違いを7項目で徹底比較!どっちを買うべき?
OPPO Find N 発売日・スペック・価格のまとめ

Oppo OPPO Find N

「OPPO Find N」OPPO初の折りたたみスマホが発売!スペックや価格は?

Oppo OPPO Reno5 A

【レビュー】OPPO Reno5 Aを使ってみた!全体的バランスの良い「最良」スタンダードモデル!ワイモバイルで購入せよ!

Oppo OPPO A55s 5G ソフトバンク 格安SIM 楽天モバイル

OPPO A55s 5G のスペック・特徴・価格を紹介!コスパ最強!安いのに5Gにも対応

Oppo OPPO Reno3 5G

OPPO Reno3 5Gのキャンペーン・値下げ情報・端末価格・月額料金まとめ
Reno5 A eye catch

Oppo OPPO Reno5 A

OPPO Reno5 Aのスペック・新機能・発売日等まとめ

Oppo OPPO Find X3 Pro

OPPO Find X3 Pro 【OPG03】の発売日・スペック・新機能等まとめ
  • この記事を書いた人
iPhone大陸

iPhone大陸運営事務局

格安SIMの「ロケットモバイル」を提供する株式会社IoTコンサルティングが運営しています。「IoT」という手段を通して、世の中を効率化し、生産性を上げていくことをミッションに抱えています。年々高騰するスマートフォンや頻繁に変化する格安SIMを後悔せず選べるように「iPhone大陸」を運営しております。

-Oppo, OPPO Reno7 A

© Copyright - 株式会社 IoTコンサルティング All Rights Reserved.