iPhone(アイフォン) iPhone13 News

2021年買ってよかったスマホ・ガジェット20選|iPhone大陸編集部4人のベストバイ

この記事ではiPhone大陸編集部のメンバー4人が「2021年に買ってよかったスマホ・ガジェット」を紹介します。

各ライターによって生活パターンや環境が異なるので、買ってよかったものも全く別物になって非常に面白く、読み応えのある記事になっております。年末年始のリベンジ消費のご参考にもぜひご覧ください。

目次

sonokuroの2021年買ってよかったスマホ・ガジェット5選

こんにちは!iPhone大陸で執筆をさせていただいています、36歳3人子持ち、猫が好きで猫吸いしちゃう見た目はオバハン、中身がオッサン、なかなか終わっている(女子力はもっぱら長女出産時に胎盤と共にすべて出てしまったらしい)sonokuroです!ついでに主婦力も低め!自覚してます♡

もう今年も終わりますね~!なんだかあっという間っていうのを毎年言っている気がします!年ですね!親にはあっという間に老人になるよって脅されています!

今年も色々と記事を書かせていただきました。主にレビュー記事を多めに書いております!

例えばGalaxy Z Fold3とGalaxy Z Flip3を比較!どちらも凄いけど、やっぱりFoldは最強じゃん。のレビューや、iPhone12ProとiPhone13を比較!最新のiPhone13か、ハイスペック旧モデルiPhone12Proどちらがいいかをレビュー検証! など、毎年iPhone系は使ってみた記事を書いています!(レビュー記事で猫の写真があったら大体私かもしれません。)

自分では買えないような高額スマホを手にすることが多いので、Galaxy FoldとGalaxy Flipが同時に来た時には震えましたね。

その他にも機種のスペックの紹介などもしていますよ。

そして今年を振り返ってみて「買ってよかったスマホ・ガジェット」はなんだったのかを考えて紹介します!やっぱりこれでしょう~!っていうのはすぐ浮かびましたよ。

その買ってよかったスマホ・ガジェットを5選、ランキング形式でお届けしたいと思います!みなさんの参考になれば幸いです^^

第1位 やっぱり最新iPhone13!

出ました~!今年のiPhone~!

やっぱりなんだかんだで毎日使うのって「自分のスマホ」ですよね。
ちょっと自分のiPhoneの使い方をみてみたんですけども~・・・やばいですね、ゲームしすぎでしょ。
寝ている時間もバレます笑

こんだけiPhone使っているのか~

1日9時間も使っているってかなりだとは思うんですけど、日中は子供がいて公園いたりして使ってなくて
夜にここぞとゲームしているのがウケます←

iPhone13にした理由は、iPhone12miniを利用していた当時「なにこのバッテリー!小さいから減りが早くて嫌!」っていうのが大きくなってしまい、iPhone13を購入することを決めてしまったのです。
おかげで、12miniの時には日に2回ほど充電していたのが、寝る前に充電すればOKになりましたね!これは大きい。

小さめスマホに拘っていた時があったので、大きくなって使いにくいのでは?と心配したのですが、そんなことありませんでした。
全然余裕で慣れてしまい、むしろ快適に使えています。

小さいとやっぱりゲームには不向きなんですよね。こんだけ利用してゲームもするユーザーは、小さめスマホはやめたほうがいいわ。

いや~来年はProが買えるくらいお金持ちになってたいな~!(iPhone14Proを買いたい奴がここにいる)

また、なんといっても「文句が出てこない」です。
多少不具合報告とかあったりもしますが、個人的には不具合はあまり感じたことがなくって。
なので、使っていて「もっとこうであってほしい」とかあんまりないんですよね。

強いて言えば「iPad Airでやれるんなら指紋認証をサイドボタンにつけとけよ」くらいで。
次こそ指紋認証が搭載されるといいんですけど!

ただ、やっぱり今年のって言われたら、iPhone13がベスト1でしょう。

今後もガツガツに使っていきますよ!

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ
UQモバイルオンラインショップ
ワイモバイルオンラインストア

第2位 1台で2役のハイブリッド設計!Anker 充電器(Anker PowerCore Fusion 10000)

私が初めて出会ったAnker・・・それがこのAnker PowerCore Fusion 10000!!!

これは10,000mAhのモバイルバッテリーとして使うことも、急速充電器として利用することもできる優れモノなんです!

もうゴリゴリに使っているので表面が傷ついていますが、それだけ色々持ち歩いた証拠!
うっかり寝落ちしてしまった時や、泊まりで出かける時、一日外出するからバッテリーが心配な時、ゲームしすぎて日中バッテリーが減ったとき・・・

そういつもあなたがそばにいましたよ・・・!

もう最高ですね、この子は。素晴らしい。

まず基本は私が独占して使っていますが(笑)うちの人が外泊をしないとならない時にこれをフル充電してカバンにいれて出かけていきましたし(あるだけで安心感ある)
寝るときに充電器が思わぬところで遠い時にこれならどこでだって使えるし、一晩充電したってまだまだ残量はあるし、本当に助かる一台です!

「心配するなよ、充電なら任せろってばよ」っていう安心感があるんですよ~!

勿論、使いまくればバッテリーがなくなって本体充電は必要だけど、元の容量が大き目だからそこまで頻繁にしなくてもOK

年末年始、旅行に行く人や、義実家に行くけどコンセント借りにくいわ~・・・っていう人にはオススメしますよ・・・!
この1台があればかなりスマホバッテリーの心配はなくなりますよ!

またUSBポートが2つあるのがポイント。USB-AとUSB-Cが搭載されています。1台で2役のハイブリッド設計です!

またiPhone13の急速充電にも対応。一般的な5Wの充電器と比べると最大3倍速く充電できます!

もうこれは買うしかないでしょ。

 

第3位 ゲーム用に購入スマホ:コスパ最強Xiaomi Poco X3

かつてiPhoneSE,iPhone12miniを利用していた頃に「バッテリーの減りえっぐ!」と思っていたことと
「もっとリフレッシュレートのいい端末が欲しい」という欲望から、リフレッシュレート120Hzのコスパ最強の端末Xiaomi Poco X3を探し当てました!

※なんか表面細かい傷だらけですけど気にしないでください・・・笑

なんと価格は2万円台前半で、かなり安いんです。

ド貧乏・・・(なのにiPhone13買ってんじゃね~よというツッコミはなしで)なのにスマホへの欲望が抑えられない非節約家の私はついにこのXiaomi Poco X3を購入してしまったんです。

そう、ゲームのために・・・

iPhoneは13でも60Hzなので、その倍ある120Hzは非常に魅力的。
更に大き目スマホでゲームもしやすく、バッテリーも長持ち。

正直な話しちゃいますとね、SEはそもそも小さめスマホ、12miniも小さいです。だからバッテリー容量が大きくありません。
そのため、私がやっているゲームをするとバッテリーの減りがやばくって、充電を日に2回しないとならないことがありました。

そんなバッテリーが虚弱なのかゲームが重すぎるのか果たしてなんなのか分からない中で
「快適かつバッテリーの心配をしたくない!」ゆえに購入して、これ正解でした。

まずバッテリーのもちがいい!ゲームメインでしか使わないのもありますが、一番バッテリーを食うのはゲーム。でしかない。

結構な時間やっても「え?!まだこんなにバッテリーあんの?!」って驚くほど優秀でした。
120Hzについては、あんまりよく分かりませんでした(えっ。)

そもそもオペレーションシステムがiPhoneとAndroidで異なりますので、操作感はちょっと違います。
iPhoneのほうが慣れてしまっている分、いいなと思いがちなのですが、かといって悪いわけではありません。
ハイエンドスマホにありがちな早とちり感がXiaomi Poco X3にはないので(ミドルハイだから)他Androidよりも使いやすいとは思いました。

普段使いではないため、SIMもいれておらず連絡など受けたり取ったりはしませんが、nano SIMデュアルスタンバイの機種なので、使い勝手とコスパがいい機種だなと思います!

現在、amazon では私の持っているpoco X3はなく、poco X3 Proが取り扱われていました。

こちらはProでも約32,000円と非常にコスパが良く安いので、ゲーミング用として何かお手頃なスマホが欲しい方は見てみてくださいね。

 

 

第4位 ゲーム用タッチペン

タッチペンというと、絵を描く人は鉛筆っぽい感じのタッチペンを想像するんじゃないかと思いますが
ゲームをする用だと、先が柔らかくって丸いタッチペンの方をメインで使っている人も多いはず!

私自身はゲームでしかタッチペン使わないんで(・・・)それだと先が柔らかくて丸いやつじゃないとダメなんです!

私が購入したエレコム タッチペン 超高感度タイプ ゲーミングスタイラスなんかがそのタイプですね。

撫でたりするような操作が必要なタイプのゲームには、先がとがったペンタイプよりも、丸いほうが断然感度がいいと思います。

何よりも、タッチペンを使うと液晶が綺麗なまま保てるのが最高です。
もう指紋ベッタベタになりますもんね、指でやるとさ・・・

タッチペンを使わないでいた頃はイベントが終わると画面がなんか・・・ちょっと曇ってた気がしますもの・・・

ゲームをやる人はぜひ!タッチペンを利用してみてください!!!!

 

 

第5位 急速充電は超便利!Anker 充電器(Anker PowerPort III 20W)

みなさんAnker持っています?持ってないって?じゃあ買いましょう!

ってことで、ゴリ推ししたい。このAnkerの充電器!やっぱり充電って大事じゃないですか?
もうね、一度Anker使ってからは、もうAnkerしか勝たんのですよ。

スマホを買ったときに一緒についてくる充電器とか家電量販店で買う安い充電器はもう、論外です(ひどい笑)

Anker PowerPort III 20Wのメリットは、なんといっても「充電速度が速い!」ってことです。

我が家ではiPhone×2とiPadがメインで使われているので、充電器はマストです。
特にiPadはちょっと使いまくってバッテリーの減りが早くなっているのと、子供たちがYoutubeをガンガンにみるので、ウッカリすると「電池切れた」っていうことが起きます。
まだバッテリーの残りを気にしながら使えない4歳児が特に見たがるので、できるだけ早い充電が望ましいんです・・・!

そこで、大活躍のAnker PowerPort III 20W。やっぱり早いと思います。
勿論、他の私のゲーミングスマホとかもこの充電器が大活躍。

ちょっと充電するだけでなんかあっという間にたまっていく感覚です。

一台あるだけで、忙しいタイミングには最高な充電パフォーマンスをしてくれるので、ぜひ!使ってみてほしいです!

 

 

いかがだったでしょうか?

人によっては使いたいものは違うし、使い方も変わりますよね。タブレットで仕事をしている人なんかはキーボードにもこだわりがあるでしょうし、オススメは異なってきますが、あくまでも私のオススメは以上となります!

ゲームばっかしてんじゃね~よ!っていう意見は甘んじて受け入れますが(笑)

みなさんは今年、どんなアイテムを使いましたか?もしオススメがあればぜひ!コメントで教えてくださいね!

以上、iPhone大陸sonokuroの「今年買ってよかったスマホ・ガジェット」5選でした!

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ
UQモバイルオンラインショップ
ワイモバイルオンラインストア

 

Hatch∞(はっち)の2021年買ってよかったスマホ・ガジェット5選

どうもはっちです!

いつかガジェット記事も書いてみたいな〜なんて思っていたので、この場を借りて執筆できるとは非常に嬉しいです!(^^)

2021年も終わりに差し掛かってますが、とてつもなく1年が早く感じます。今年は会社を辞め個人事業主デビューするという、かなり変化のあった年になりました。

そんな僕はモバイル関連を中心にフリーでライター活動をしています。副業時代からお世話になっているiPhone大陸では、かなり多くの記事を執筆させていただきました。スマホレビュー記事にキャンペーン記事、最新情報系記事まで幅広く執筆。

フリーライターとして順調なスタートを切れたのは、iPhone大陸があったからだといえます。感謝しかありません。

皆さん、よかったら僕の執筆した記事も見てくださいね!

では本題!ここからは2021年に僕が購入したおすすめのスマホ・ガジェットを5つほど紹介させていただきます。

少しでも参考になれば嬉しいです!

 

Xiaomi Redmi Note 10 Pro | コスパ最強スマホ!1億800万画素カメラ搭載

機種紹介記事を執筆していてAndroidほしいなと思い購入したのが「Redmi Note 10 Pro」。

見た目がかなり美しい!僕は迷わずグラディエントブロンズを購入しました。さらさらした肌触りで指紋も付かず、グラデーションぽい色味がなんとも高級感溢れるデザインです。

背面には主張の強い4眼カメラ搭載。1億800万画素と様々なモードで面白い写真が撮れますよ!

スペックはこんな感じ。

スペック

  • Qualcomm® Snapdragon™ 732G
  • RAM:6GB / ROM:128GB
  • 5020mAh 33W急速充電対応
  • 4眼カメラ
  • リフレッシュレート120Hz
  • 顔 / 指紋認証対応

もうサブ機としては十分。むしろメイン機でも全然使えるなと感じました!

リフレッシュレートは120HzとiPhoneよりも高くかなりヌルヌルです。スクロールしてるだけで気持ちいくらい。またサブとして使っていたので、電池は2日〜3日くらいは余裕で持ちました。大容量バッテリーで33W急速充電は凄すぎますね。

これだけの性能であり、本体価格はなんと2万円台!!

使っていない楽天モバイル回線があったので、乗り換えで端末値引きされて、たぶん1万円前後で購入した気がします。

中国メーカーのスマホに抵抗がある方が多い印象ですが、むしろ性能よくて低コストで最高ですよ!XiaomiやOPPOのスマホはコスパ最強の新製品がかなりあるので、みなさんもぜひ一度試してみてくださいね。

IIJmioOCNモバイルなどで随時キャンペーンを行っているので、格安で手に入りますよ!

Galaxy Z Flip3 | 話題の折りたたみスマホ

購入してしまいました。BTSのCMで話題の「Galaxy Z Flip3 5G」。BTSが好きというわけではないです。笑

これまでiPhoneをずっと使っていたのですが、新しく出るiPhoneはどれも見た目に変化がなくて飽きてきしまい、変化を求めてついに手を出してしまいました。もちろんiPhoneも手元に残してあります。

以下、スペックになります。

スペック

  • Qualcomm® Snapdragon™ 888 5G
  • RAM:8GB / ROM:128GB
  •  3,300mAh
  • デュアルカメラ
  • リフレッシュレート120Hz
  • 顔 / 指紋認証対応

初ドコモ回線&初Galaxyということでかなりワクワクしました!それまでは長いことソフトバンクを使っていたのですが、Galaxyの取り扱いがないのでドコモへ。そして乗り換えた当日にahamoに変更しました!

てかドコモ回線早すぎてびっくりしました。トータルコストも安くなったし結果良かったですね!

カバーディスプレイも色々カスタマイズできて面白い。

直角において写真取ったりもできます。

ディスプレイの折り目が気になるという口コミもありますが、僕はあまり気になりませんでした。気になる方は気になるのかもしれませんね。

かなり満足しているのですが、バッテリー容量はもう少しほしいですね。僕は基本的に在宅ワークなのでいつでも充電できますが、外出先で使ってると心配になることもあります。アプリゲームで遊んでたらすぐなくなりますね。

あと先日、エントリー特典のGalaxy Bods Proが届きました!

これ普通に購入すると15,000円くらいするらしいのでかなり嬉しいですね。外部音取り込み、ノイズキャンセル機能もあります。ただiPhone × AirPods Proの組み合わせには敵わないかなという印象でした。iPhoneの空間オーディオは凄い!

総合的にはかなりいい機種だと思うので、スマホに変化がほしい方はGalaxy Z Flip3 5Gを使ってみてもいいかもしれませんね!

しばらくはメイン機として使っていく予定です。

Keychron K8 | 有線・Bluetooth切替可能 メカニカルキーボード

人生初のメカニカルキーボード!!

一度は使ってみたいと思い、色々探した結果「Keycron K8」のキーボードにたどり着きました。

本当はHHKB Professional HYBRID Type-Sがほしかったのですが3万円するので手が出せませんでした...とはいってもKeycron K8も15,000円とそこそこするのですが。

メカニカルキーボードって軸の種類がたくさんあって凄く迷ったのですが、今回は赤軸を購入しました!打鍵感はスコスコまではいかないけど、スカスカって感じ?初めてタイピングしたときは、キーが軽くて滑らかな感じで感動したのを覚えています。

ただ個人的にはもっと静音の方がいいなと...。タイピングしていると家族にうるさいといわれました笑

そのため静音リングというものを付けてみました。

気持ち静かになったかな程度です。一個ずつはめていくのは中々大変でした...。

あとパームレストも購入しました!メカニカルキーボードって高さがあるから、タイピングしてると疲れるらしいです。

パームレストがあるのとないのとでは全然違いますね!これがあることによって手首が固定され、タイピングはしやすくなりました。

またKeycronはスイッチ1つでWindows・MacBookの切り替え、有線・Bluetoothの切り替えができるので非常に便利です。

僕は充電が面倒なので有線で常に使ってます。

Keycron K8はめちゃくちゃおすすめ!

でもいま1番気になるキーボードは、「ロジクール MX KEYS mini KX700GR」。めっちゃほしいーー!

 

ERGO M575 | Bluetoothマウス

続いてBluetoothマウス。

僕は現在MacBookを使っていますが、モニターと繋いでデュアルディスプレイ化しています。それに伴い、マウスの新調をしたのですがこれがまた使いやすい。

マウスにあまりこだわりないので何でもいいと思っていたのですが、この丸いものをコロコロしてみたくなり購入。

このトラックボールを転がすとマウスが動くのですが、最初はクリックしたいところにカーソルを合わせるのが難しかったです。笑

ですがこのマウスは設定ツールをパソコンに入れると、ボタン機能の変更やマウスの感度を変更することができるのです。

自分好みに使いやすくカスタマイズができるので、今では必須アイテムともいえます。

トラックボールと本体の間にホコリが溜まりやすいのでこまめな掃除は必要です!

 

 

Mi Smart Band 5 | これこそスマートウォッチ

最後にスマートウォッチ。バンドの変更もできるので、革のバンドを一緒に購入しました。

もともとApple Watch Series3を使っていたのですが、電池が最大でも2日くらいしか持たず、充電するのが面倒になってしまいただのアクセサリー化していました。

もっと充電持ちのいいスマートウォッチないかなと探していたときに見つけたのが「Mi Smart Band 5」です。大体フル充電で2週間くらいは持ちます。

Apple Watchほどディスプレイは大きくありませんがこれで十分。

電話通知やLINE通知はもちろん、ヘルスケアや睡眠の質まで管理できるのでかなり便利です。防水なのでお風呂でも問題なしです。

スマホがAndroidであればサードパーティ製のアプリでディスプレイを色々カスタマイズできるので楽しいですよ!もちろんiPhoneユーザーでも使えます。

現在はMi Smart Band 6まで発売されているみたいです。

 

 

以上!いいなと思った商品があれば、ぜひ皆さんも購入してみてくださいね。

 

よしだの2021年買ってよかったスマホ・ガジェット5選

どうもこんにちは。iPhone大陸のよしだです。気がついたら2021年も終わりですね。

私の代表作といえば「古いiPhoneを有効活用する11の方法|下取りに出すのはもったいなさすぎる」や「クイックスタートで新しいiPhone・iPadにデータ移行する手順と注意点|バックアップ不要でかんたんすぎる」があります。

2020年〜2021年にかけてリモート飲みが流行り、私の中でもリモート飲み環境を整えるのが大ブームになりました。リモート飲みの環境を整えるのにスマホやガジェットの存在は欠かせないでしょう。

私はiPhone好き・リモート飲み大好きの2つの観点から2021年買ってよかったスマホ・ガジェットを3つご紹介します。

Apple iPhone13|2021年発売の人気スマホ

2021年に購入したものの中で一番満足しているのがiPhone13になります。従来のiPhoneよりも高画質で重たい動作もほとんど問題はありません。

仕事柄スマホを使用する時間がかなり長いので、こういった点はかなりありがたいと感じています。

 

また、特に重宝しているのは夜景などを美しく撮影できるナイトモード。自分の目で実際に見ている景色よりも写真の方が美しく撮影できていると感じています。

さらに、iPhone13はバッテリーの持ちが向上。フル充電の状態であれば20時間程度の稼働が可能になりました。外出先で充電がなくなってしまったということがほとんどなく、かなり快適です。

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ
UQモバイルオンラインショップ
ワイモバイルオンラインストア

Apple Macbook pro|サクサク動く!ストレスフリーなノートパソコン

今回私が購入したのは、13インチのMacbook proでCPU性能が従来よりも最大2.8倍向上。グラフィックス処理速度は最大5倍になりました。

つまり、画質が綺麗になって処理速度も向上したということになります。事前に調べてから購入していましたが、実際に使用してみるとその使用感に驚いてしまいました。どれだけ重たい動作をしても、固まることなくサクサクと動いてくれています。

また、リモート飲みのシーンでも、相手の顔がかなり鮮明に映ります。画質が高いので、まるで実際に会っているかのような臨場感を感じられました。

2021年で一番活躍してくれたのは、このMacbook proだと言えるかもしれませんね。

 

 

Anker 電源タップ|急速充電対応!USBが4口もある優れもの

充電タップが壊れてしまったので、新たに購入。急速充電が可能でサイズは小さめ、できるだけたくさんのデバイスを充電できるものという厳しい条件を掲げていました。

そこで出会ったのがAnkerの電源タップ。我が家には私以外にもガジェット好きの主人がいるので、4口あるUSBは常に埋まっています。

4口全てに挿している状態でも、問題なく充電を完了させてくれています。電源タップにはかなり無理をさせていると感じていますが、本体が熱くなってしまうということも今のところはありません。

性能の高さに感動し、追加で2つ購入するほどのお気に入りです。

 

 

ロジクール YETI マイク|深みのある声に大変身できる高機能マイク

YETIのマイクもまた、リモート飲みに欠かせない重要なアイテム。

ノイズキャンセル機能がついているので、衣摺れやドアの開け閉めの音をかなり軽減してくれます。家の中でリモート飲みをしている人がいても、あまり気を使うことなく普段通りの生活ができますね。

また、マイクの性能が高いので実際の声や音よりも深みのある良い声に聞こえます。ノイズを軽減できるだけでなく、深みのある良い声になったように見せてくれるのでかなり重宝しています。

 

 

NANAMI ワイヤレス充電器3in1|複数の端末がまとめて充電できる

Apple Watch、iPhone、AirPodsproを持っているのでいつも充電に困っています。また充電場所が確保できたとしても、どうしても散らかりやすくなるというのが悩みでした。

そこで登場するのが今回ご紹介するワイヤレス充電器3in1です。AirPods proは台に乗せるだけ、Apple Watchはベルトを巻くだけ、iPhoneは置くだけで充電が可能に。

ケーブルの本数もかなり抑えられるので、かなりスッキリした印象になります。

購入はAmazonより(私が購入したものは現在販売されておらず、最新版のみの販売となっています)

 

 

Lakko モバイルバッテリー|13800mAhの大容量なのに超軽量

超軽量型のモバイルバッテリーも2021年に購入したアイテムの中で、かなり気に入っています。

13800mAhの大容量にも関わらず重さは卵2個分と、超軽量。大きさも手のひらにすっぽり収まってしまうほどのミニサイズなのでバッグの中に入れておいても邪魔にならないので持ち運びやすくかなり便利です。

また、軽量型のモバイルバッテリーにありがちな本体が熱くなってしまうこともありません。2021年の始めあたりに購入したモバイルバッテリーですが、1年間ずっとバッグの中に潜み、重要なシーンで活躍してくれていました。

 

 

以上、iPhone大陸よしだの「今年買ってよかったスマホ・ガジェット」でした。

 

 

 

みくの2021年買ってよかったスマホ・ガジェット

どうもこんにちは。iPhone大陸編集長のみくです。みくという名前でやってますが中身は32歳のおっさんです。

気がついたら2021年も終わりですね。私はサイト全体を監督する立場なので、めったに記事は書きませんが、私の代表作といえばなんといっても「iPad mini 第6世代はズボンのポケットに入るのか?試してみた結果・・・」でしょう。

理系出身なこともあり、未知のことを実験・実証するのが好きです。

さて私は猫好き視点と仕事視点の2つで2021年買ってよかったスマホ・ガジェットを○つ紹介したいとおもいます。

 

Xperia 1III|猫の瞳に恋してる!瞳AF対応スマートフォン

2021年のベストバイスマートフォンと言ったら間違いなくこのXperia 1IIIですね。Androidユーザーにお勧めのスマホを聞かれたら、私は真っ先にXperia 1IIIを挙げます。

実は私、Xperia 1IIまでは生粋のアンチエクスペリアンでした。Xperiaは変に縦長すぎて持ちにくいし、熱暴走してバッテリーは持たないし、「αの技術を搭載!」とかいいながらヘンテコな色をした写真しか吐き出さないカメラ。これが2020年までのソニーのスマホだったわけですよ。

2021年にXperia 1IIIが発売されてちょっと手に取ってみたら本当にたまげましたね。「ついにSONYがまともなスマホを作った!!」なんて思って、速攻で男の一括購入をいたしました。

 

Xperia 1IIIのリアルタイムトラッキング瞳AF。Xperia1IIIのシャッターボタンを半押しすると瞳にピントを合わせトラッキングを始める

2021年に発売されたXperia 1IIIは素晴らしすぎて鳥肌が立ちました。なによりも優秀なのは瞳AFでリアルタイムトラッキングをし、つねに狙った被写体をとらえるカメラです。スマホ用の豆粒センサーなのでISO1000がノイズの限界なのは惜しいですが、それでも常に猫の瞳にAFを合わせた撮影がスマホで簡単にできるというのは驚きました。

 

iPhone13で撮影。全体的に暗く、色が濃すぎる。iPhoneのAIによる加工はふわっとした雰囲気を出したいペット撮影には不向き

Xperia 1IIIで撮影。うちのかわいいニャンコが現実さながらの自然な色合いできれいに撮れる。iOSシステムに縛られていない全ペットの飼い主さんにおすすめしたいスマホだ

おまけにiPhone13よりも100倍自然な色合いの画像に仕上がるのもポイント。iPhoneで猫を撮るといつも暗く濃く残念な色合いになってしまい、かわいさが半減してしまうのですが、Xperiaは自然な写真が撮れます!Xperia 1 III最高!

そして、このXperia 1IIIを買ってしまったばっかりに、後に高級デジカメのRX100VIIやミラーレスのα6400も買ってしまいました。ソニーの瞳AFは猫愛好家にとって最高のカメラです。

 

iPad mini 第6世代 256GB セルラー版|持ち運びができる最高の手のひらタブレット

続いて紹介するのは2021年に生み出された最高のタブレットである「iPad mini 第6世代」。発売日に予約しなくても買えるだろうと高をくくっていたらどこにも在庫がなくって、あちこち電話をかけまくったら某ららぽーと内店舗に在庫があったので車を1時間走らせて受け取りに行きました。

iPad mini 第6世代は本当に仕事でもプライベートでも役立っています。

 

今回の企画も「ライター横断型」ということを忘れないためにしっかりメモ。Apple Pencilもセカンドモデル対応でiPad mini 本体にマグネットでくっつく。「なくさない&常にフル充電」というのもビジネスには欠かせないポイントだ

仕事において役立つポイントは「TypeC対応」「第2世代Apple Pencil対応」といったところでしょうか。

突如舞い降りてきた仕事のアイデアを瞬時に書き留めたり、じっくりサイトの戦略を長考する際にApple Pencilは非常に役立っています。

そしてUSB TypeCに対応したことで、充電ケーブルはAndroidスマホと統一され出張時の荷物も楽になりました。

 

電子書籍を読むのにちょうどいいサイズ。iPhoneでは文字が小さいコミックも楽しく読める。

加えてiPad mini 第6世代はプライベートにもちょうどいい。DMMで購入した電子コミックを読むのにはジャストサイズです。

高画質なミラーレスで撮った画像を、高精細なiPad mini 第6世代で楽しめる。スマホでは気づかなかったピントの甘い写真なんかもiPadではよくわかってちょうどいい。

さらに、ミラーレスカメラで撮影した猫の画像をiCloudにアップロードして、iPad mini 6の画面で眺めています。いやー、癒される。

 

ちなみにセルラー版をApple Storeで2021年12月に注文すると2022年1月に到着するようです。在庫がないのは半導体不足の影響が大きいでしょうから早く解消されるといいですね。

 

Apple Watch Series7 セルラー版|iPhoneがなくても通話できる最高の腕時計

あなたは家や車にうっかりiPhoneを忘れて出かけてしまったことはありませんか?そんな時に限って仕事の電話がかかってきていて、自宅に戻ってから冷や冷やしながらかけなおしたことはありませんか?

私はそんなことがしょっちゅうあるので、Apple Watch Series7のセルラー版を購入しました。iPhoneが手元になくても電話できるというのはシンプルに安心できます。

通話品質はお世辞にも良いとは言えませんが、ひとまず電話に出て、要件を確認することができるだけでも大助かりです。

なお、Apple WatchはiPhoneとセットで使うのが普通ですが、Xperia 1IIIと組み合わせて使う裏技なんてものを実験しました。一応AndroidとApple Watchの組み合わせで裏技的に使えなくはないのですが、素直にiPhoneと組み合わせて使ったほうが通知を受けることができて使い勝手が良かったです。

そのため悲しいことに、メインスマホをXperia 1IIIからiPhone13へ変更。カメラの画質は大幅に劣化しました。そしてもっと高画質なカメラを買いました。

 

α6400 + Tamron 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)|予算20万で猫をきれいに撮れる最高の組み合わせ

つづいてはミラーレスカメラとレンズをセットで紹介します。

私が選んだのは「α6400」というAPSCサイズのミラーレスカメラと、タムロンの標準ズームレンズ「28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)※以降「A063」と呼称」です。

まずα6400のカメラ本体に関しては、Xperia 1IIIと同じく猫の瞳をリアルタイムトラッキングする瞳AFがついています。これで猫の撮影はばっちり。

カメラ購入時のセットになっているキットレンズは「f値」が大きいので、ネコのいる室内では暗い画質になってしまいがち。そこで、タムロンのA063のレンズを購入しました。

 

A063の最短撮影距離は0.18m。つまりカメラのセンサーから18cm離れている被写体を撮影できるということ

上の写真のように近づいてもイーブイの瞳にピントにばっちりだ

タムロンのA063というレンズ素晴らしい点は、「AFが爆速」と、「被写体に近づいて撮影できる」ことですね。

 

iPhone、いや、スマホでは決して撮影することができない1枚。非常にナチュラルで透明感のあるボケ、色合い

猫はカメラを向けると近づいてくることが良くあります。このタムロンのレンズは最短撮影距離が0.18mなので、ネコがカメラに近づいてきても、バシバシ撮影できます。

これがソニー純正レンズだと、画質はタムロンよりいいかもしれませんが、そもそもピントが合わず撮影ができません。

 

上記2枚はα6400の瞳AFに任せて連写撮影したものからピックアップ。猫じゃらしで遊ぶ一瞬の光景を切り取ることができました。

こういった写真が撮れるので、私にとってはA063は猫撮りのベストに近いレンズだと思っています。(本当はA058が欲しかったけど在庫がなかったから仕方なく買ったんですが結果オーライでした)

来年はα9IIIという高速連写機能を高めたボディの発売が予想されているので買い増しをしようか悩むところ。(噂によるとα9IIIは60万円だとか・・・高すぎる!)

 
 

 

Panasonic Let's note CF-QV1GFNQR|どこでも瞬時に仕事を開始できる最高の相棒

最後に紹介するのはパナソニックのノートパソコン「レッツノート CF-QVシリーズ」。私が買ったのは「CF-QV1GFNQR」というモデルで購入当時価格は30万円弱。

ビジネスマンにとってはもはや使うのが常識なレッツノート、ノートはMac派の私にとっては久々の自腹のWindowsノートPC購入です。

 

バッテリーを外すとSIMスロットが見える。私はドコモ純正回線を利用しているが非常に快適だ。

このパソコンを購入した理由としては、「SIMカードスロット」と「タッチパネル」を両立しているパソコンが欲しかったからです。

私は嫁に運転してもらって、自分は助手席に座ってパソコンを叩くことがよくあります。隙間時間の30分から1時間の間に効率よく仕事が進んだりするんですよね。

レッツノートを購入するまではMacbook Airを使っていましたが、iPhoneのテザリングがプツプツ切れて仕事にならないことも多く非常にストレスが溜まっていました。

しかし、レッツノートを買ってからは世界が激変しました。パソコンを開くと、スマホのロックを解除したかのように瞬時にネットにつながり、仕事がサクサク進みます。

 

タッチパネル搭載なのでスマホ感覚で操作できる。Macのような優秀なトラックパッドがなくても、タッチパネルさえあればWindowsでも操作しやすい。

 

また、WindowsのノートPCはmacに比べてタッチパッドの操作性が悪いことをよく取り上げられますが、タッチパネルが搭載されているとページスクロールもタッチパネルでできて非常に使いやすくしあがっています。

 

約30万円もする高価なパソコンなのにキーボードのバックライトがありません。夜に車内で仕事をするのは難しいので、別途USBで給電できるライトを車に入れています。

 

このパソコンのデメリットをあげるならばバッテリー持ちが悪いこと(2時間程度しか持ちません)と、キーボードバックライト非搭載(バックライト搭載モデルは40万程度と超高額)であること。

この2点は玉に瑕ですが、SIMフリーなLet's noteは瞬時に仕事を開始できる最高の相棒として活躍してくれています。

 

 

 

まとめ|編集後記

今回記事を書いてくださった、sonokuroさん、はっちさん、よしださん。日ごろからご協力いただきありがとうございます。

sonokuroさんがAnkerにはまっているのは意外でした。ガジェットオタクだけではなく、普通の主婦すら魅了してしまうのがAnkerという会社の素晴らしさなのでしょう。

はっちさんの購入したものでは、折り畳みスマホの「Galaxy Z Flip 3」が印象的でしたね。折り畳みスマホは気になってるけど、まだ発展途上だから買わないという方も多いのではないでしょうか?人柱感謝です。

とういか気づいたら、よしださんも「Anker製品」を挙げていますね。うちのサイトもAnker製品のレビューをもっと積極的に行って仕事を振っていったほうがライターさんが喜ぶかもしれないなと感じました。

私(みく)が飼ったものに関しては…、トータルいくらなんだろう?考えないほうが幸せなので考えるのをやめます(笑)

以上iPhone大陸編集部が選ぶ「2021年買ってよかったスマホ・ガジェット20選」でした!ぜひ、リベンジ消費やクリスマスプレゼントの参考にしてくださいね!

iPhone最新記事


iPhone14 カラー リーク

iPhone(アイフォン) iphone14

【最新】iPhone14/mini/Pro/Pro Maxの発売日はいつ?スペック・価格情報まとめ
ワイモバイルでiPhoneSEを割引価格で購入しよう!最大21,600円割引でお得!

iPhone(アイフォン) iPhoneSE3 iPhone SE (第2世代) 格安SIM Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルでiPhoneSEを割引価格で購入しよう!最大21,600円割引でお得!
ワイモバイルのiPhone11は価格が安い?割引や機種変更方法も紹介

iPhone(アイフォン) iPhone11 格安SIM Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルのiPhone11は価格が安い?割引や機種変更方法も紹介
iPhone14 指紋認証

iPhone(アイフォン) iphone14

iPhone14で指紋認証は復活するか否か?!リーク情報を調査!
iPhone13のキャンペーンまとめ!実質半額以下での購入も可能!

iPhone(アイフォン) iPhone13 iPhone13 mini iPhone13 Pro iPhone13 Pro MAX

iPhone13のキャンペーンまとめ!実質半額以下での購入も可能!

iPhone(アイフォン) iPhoneXR iPhone8 格安SIM Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルオンライン限定でソフトバンクの認定中古品iPhoneが480円の破格の値段で買えちゃう!

iPhone(アイフォン) iPhone13 格安SIM OCNモバイルONE

OCN モバイル ONEでiPhone 13販売開始!使う手順や設定方法を解説!
ETOREN公式サイト

iPhone(アイフォン) Xperia Galaxy Xiaomi

海外通販サイト「ETOREN」の評判は?注文から購入まで流れを紹介!

iPhone(アイフォン) iPhoneSE3 iPhone13 格安SIM 楽天モバイル

楽天モバイル公式と楽天市場店の違いを徹底解説!どっちがおトクにiPhoneを購入できる?
iPhone13とXperia 1 IVの違いを徹底比較!買うならどっちがいい?

iPhone(アイフォン) iPhone13 Xperia Xperia 1 IV

iPhone13とXperia 1 IVの違いを徹底比較!買うならどっちがいい?

-iPhone(アイフォン), iPhone13, News

Copyright© iPhone大陸 , 2022 All Rights Reserved.