docomo(ドコモ)

ドコモのスマホおかえしプログラムを利用すれば最新の5G対応のiPhoneやGalaxyがお得にゲットできる!ただし注意点あり

ドコモのスマホおかえしプログラムを利用すれば最新の5G対応のiPhoneやGalaxyがお得にゲットできる!ただし注意点あり

最新の5G対応iPhoneやAndroidスマホを通常価格の3分の2の価格で、安く購入する方法をご存じでしょうか。

実は、ドコモの「スマホおかえしプログラム」を利用すれば12ヵ月分の端末代を支払わずに、最新の5Gスマホを安く購入できますよ。

この記事では、最新の5G対応スマホを安く購入したい方に向けて、ドコモのスマホおかえしプログラムの概要や適用条件、対象機種、注意点などを紹介していきます。

街のお店より1万円以上お得なことも!ahamoの方も機種変更可!

ドコモオンラインショップはこちらをタップ!

※2021年11月26日から機種変更はスマホ・タブレットのモバイル回線のみとなりました

目次

ドコモのスマホおかえしプログラムの特長やメリットを徹底解説

ドコモのスマホおかえしプログラムについて

スマホおかえしプログラムとは、ドコモで対象のスマホを購入し、条件を満たすことで12ヶ月分の端末料金の支払いが不要になるサービスのことです。

ここでは、ドコモのスマホおかえしプログラムの概要や対象機種などについて解説していきます。

スマホおかえしプログラムの概要を解説

スマホおかえしプログラムの支払いイメージ

支払いイメージ

ドコモのスマホおかえしプログラムの概要について解説していきます。

スマホおかえしプログラムとは、対象の機種を36回払いで購入し、購入してから24か月後にスマホを返却すれば、残りの12ヶ月分の支払いが不要になるサービスのことです。

例えば、iPhone12を新規契約で購入した場合の端末代は、101,376円で36回払いだと2,816円/月になります。

24ヶ月間にiPhone12を返却すると、12ヶ月分の33,792円の支払いが不要になります。

そのため、iPhone12を実質67,584円で購入できることになります。

スマホおかえしプログラムを利用すれば、最新端末を3分の1の価格で購入できるので、最新端末に目がない方にはおすすめです。

【iPhone】スマホおかえしプログラムの対象機種と割引額を紹介

2021年4月15日現在で購入可能な、スマホおかえしプログラムの対象となっている機種を紹介します。

まずは、iPhoneの対象機種とその割引額を紹介していきます。

機種名容量本体価格適用時割引額
iPhone12 Pro Max128GB129,096円86,064円43,032円
256GB156,024円104,016円52,008円
512GB182,952円121,968円60,984円
iPhone12 Pro128GB129,096円86,064円43,032円
256GB142,560円95,040円47,520円
512GB169,488円112,992円56,496円
iPhone1264GB101,376円67,584円33,792円
128GB109,296円72,864円36,432円
256GB123,55282,368円41,184円
iPhone12 mini64GB87,912円58,608円29,304円
128GB95,832円63,888円31,944円
256GB110,088円73,392円36,696円
iPhone SE64GB57,024円38,016円19,008円
128GB62,568円41,712円20,856円
256GB64,224円42,832円21,392円

iPhone11/11Pro/11 Pro Maxも対象機種となっていますが、4月15日現在では在庫なしとなっています。また、再入荷も未定となっているため、在庫のある店舗に電話して確認してみる必要があります。

表を見てみると、容量の大きいスマホほど割引額も大きくなっているのが分かります。

64GBでは物足りないという方は、容量の大きいスマホの購入がおすすめですね。

街のお店より1万円以上お得なことも!ahamoの方も機種変更可!

ドコモオンラインショップはこちらをタップ!

※2021年11月26日から機種変更はスマホ・タブレットのモバイル回線のみとなりました

【Android】スマホおかえしプログラムの対象機種と割引額を紹介

次に、2021年4月15日現在で購入可能な、Androidスマホの対象機種と割引額を紹介していきます。

機種名本体価格適用時割引額
Galaxy S21 5G SC-51B99,792円66,528円33,264円
Galaxy S21 Ultra 5G SC-52B151,272円100,848円50,424円
Galaxy Note20 Ultra
5G SC-53A
145,728円97,152円48,576円
Galaxy A51 5G SC-54A70,488円46,992円23,496円
Galaxy S20+ 5G SC-52A114,840円76,560円38,280円
Xperia 5ⅡSO-52A99,000円66,000円33,000円
arrows NX9 F-52A76,032円50,688円25,344円
arrows 5G F-51A118,008円78,672円39,336円
LG VELVET L-52A70,488円46,992円23,496円
LG VELVET L-52A
(LGデュアルスクリーン付き)
88,704円59,136円29,568円
LG V60 ThinQ 5G L-51A118,008円78,672円39,336円
AQUOS R5G SH-51A111,672円74,448円37,224円
Xperia XZ3 SO-01L53,900円35,936円17,964円

街のお店より1万円以上お得なことも!ahamoの方も機種変更可!

ドコモオンラインショップはこちらをタップ!

※2021年11月26日から機種変更はスマホ・タブレットのモバイル回線のみとなりました

スマホおかえしプログラムの適用条件は2つだけ

スマホおかえしプログラムの適用条件は2つだけ

スマホおかえしプログラムを適用する条件は、たったの2つだけです。

条件

  • 対象の機種を36回払いで購入する
  • スマホを返却する

以上の2つが条件です。

返却せずにそのまま36分割で支払い続ければ、割引はされません。

旧プランの方でも適用される

スマホおかえしプログラムは、旧プランでも適用されます。

「カケホーダイ」や「シンプルプラン」といった、すでに新規受付を終了している旧プランを契約されている方でも、スマホおかえしプラグラムは適用されます。

また、新プランである「ギガホ」や「ギガライト」といったプランに申し込みをしなくても問題ありません。

街のお店より1万円以上お得なことも!ahamoの方も機種変更可!

ドコモオンラインショップはこちらをタップ!

※2021年11月26日から機種変更はスマホ・タブレットのモバイル回線のみとなりました

ケータイ購入割引クーポンを利用しても損をしない

スマホおかえしプラグラムを利用する際に、dポイントやクーポンを利用しても損をしない仕組みになりました。

以前までは、端末の購入時にdポイントを使用したときに、端末価格からdポイント分を引いてから端末代金の総額を分割していました。

しかし、これだとポイントも一緒に消滅してしまい、ポイントを使用する旨味がありませんでした。

スマホおかえしプログラムのポイントを使った場合の従来の方式

表の内容に従い、108,000円のスマホを購入した時に、10,800ポイントを使った場合とポイントを使わなかった場合を比べていきます。

108,000円のスマホの購入時に10,800ポイントを使用。

残額の97,200円を36分割。

2,700円×36回=97,200円。

24回目にスマホを返却した場合、2,700円×12回=32,400円の支払いが不要となり、実質負担額は75,600円です。

次に、ポイントを使わずに

 10,800ポイントを使用ポイントを使わない
端末代金108,000円108,000円
ポイント使用後97,200円
36分割時のスマホ代金2,700円3,000円
24ヶ月目に返却した時の支払い不要額32,400円36,000円
差額3600円

10,800ポイントを使用し、24ヶ月目に返却した場合の負担額は32,400円です。

しかし、ポイントを使わずに購入した場合は、36,000円でした。

これだと、3600円も差額が生まれてしまい、ポイントを使わずに購入した方が損をする計算になります。

そこで、ドコモは新しい方式を作りました。

スマホおかえしプログラムでポイントを使用した新方式

新方式では、最初の3ヶ月まではポイントが使われるため無料。4ヶ月目は1,800ポイントから引いた1,200円の支払い。

5回目以降は、3,000円の支払いとなります。

 10,800ポイントを使用ポイントを使わない
端末代金108,000円108,000円
ポイント使用後97,200円 108,000円
1~3ヶ月目の支払い額ポイントでカバー3,000円
4ヶ月目の支払い額1200円
5ヶ月目以降の支払い額3,000円
24ヶ月目に返却した時の支払不要額36,000円
差額なし

新方式では、ポイントを使いきるまでは無料で利用でき、使いきったら残りの額を分割していきます。

ポイント使っても使わなくても負担額が変わらないため、損をしない仕組みになりました。

街のお店より1万円以上お得なことも!ahamoの方も機種変更可!

ドコモオンラインショップはこちらをタップ!

※2021年11月26日から機種変更はスマホ・タブレットのモバイル回線のみとなりました

スマホおかえしプログラムと下取りプログラムは併用できる?それぞれのメリット・デメリットを解説

ドコモにはスマホおかえしプログラムと似た、下取りプログラムがあります。しかし、両方のサービスを併用することはできません。

どちらも最新のスマホを安く購入できる、という共通点はありますが明確な違いがあります。

下取りプログラムについて

ドコモの下取りプログラムとは、対象機種をドコモに下取りに出すことで、dポイントが還元されるサービスのことです。

つまり、不要になったスマホを下取りに出して、買い取ってもらった金額で新しいスマホを安く購入できるというものです。

では、スマホおかえしプログラムと下取りプログラムでは、どちらがお得なのでしょうか。

両者のメリット・デメリットを解説し、紹介していきます。

スマホおかえしプログラムのメリット・デメリット

まずは、スマホおかえしプログラムのメリット・デメリットを紹介してきます。

メリット

  • 最大12ヶ月分の支払いが不要になる
  • 最新端末を安い価格で利用できる

デメリット

  • ずっと手元に残しておくことはできない
  • 破損や故障があったときは、追加料金を取られる

スマホおかえしプログラムのメリットは、最新端末を3分の1の値段で利用できる点ですね。最新機種はどれも10万円近い値段がするので、安く購入したい方におすすめです。

デメリットは、ずっと使い続けることができない点です。最新機種を安く使うには、2年で返品をしなければいけません。

レンタルのような感覚になってしまうため、ずっと使い続けたい方には向きません。

街のお店より1万円以上お得なことも!ahamoの方も機種変更可!

ドコモオンラインショップはこちらをタップ!

※2021年11月26日から機種変更はスマホ・タブレットのモバイル回線のみとなりました

下取りプログラムのメリット・デメリット

次に、下取りプログラムのメリット・デメリットを紹介していきます。

メリット

  • 機種の状態によっては、高額で下取りをしてくれる
  • 付与されたポイントをすぐに使える

デメリット

  • 下取りの時期やスマホの状態によって、下取り価格が大幅に変動する
  • 機種によって下取り価格が大きく異なる

下取りプログラムのメリットは、スマホの状態が良ければ高額で下取りをしてくれる点ですね。iPhone11は容量や状態にもよりますが、大体4~6万円の間で下取りをしてくれます。

デメリットは、機種やスマホの状態によって下取り価格が大きく変動する点です。古い端末や機種に損傷などがある場合は、下取り価格が大幅に下がります。

ドコモの公式ページで下取り価格の一覧が記載されているので、確認をしておくといいでしょう。

街のお店より1万円以上お得なことも!ahamoの方も機種変更可!

ドコモオンラインショップはこちらをタップ!

※2021年11月26日から機種変更はスマホ・タブレットのモバイル回線のみとなりました

スマホおかえしプラグラムと下取りプログラムはどっちがお得?

2年単位でスマホを買い替えたい方や最新機種を安く使いたい方は、スマホプログラムがおすすめ。

下取りに出すスマホの状態が良い場合や購入した端末をずっと使い続けたい方は、下取りプログラムがおすすめです。

料金面で比較をすると、そこまで遜色はありません。

先ほども紹介したように、iPhone12を新規契約で購入した場合の端末代は、101,376円で36回払いだと2,816円/月になります。

24ヶ月目に返却をした場合は、67,584円で利用できます。

また、下取り価格が高いスマホは、以下のようになっています。

機種下取り価格
iPhone11 Pro Max/512GB71,800円
iPhone11 Pro Max/256GB62,400円
iPhone11 Pro/512GB60,100円
iPhone XS Max/512GB54,900円
iPhone11 Pro Max/64GB51,200円

スマホが良品で発売時期が短いスマホほど、下取り価格は高くなります。

実際に確認をしてみると、スマホおかえしプラグラムよりもお得になるケースがあります。

しかし、スマホの状態や時期によっては非常に低い価格での下取りになってしまうこともあるので、十分に注意しましょう。

街のお店より1万円以上お得なことも!ahamoの方も機種変更可!

ドコモオンラインショップはこちらをタップ!

※2021年11月26日から機種変更はスマホ・タブレットのモバイル回線のみとなりました

ドコモのスマホおかえしプログラムに関する注意点について

スマホおかえしプラグラムには、メリットもあればデメリットもあることが分かりました。

ここからは、プログラムを利用する際の注意点を紹介していきます。

利用してみようかと考えている方は、しっかりと把握しておきましょう。

購入したスマホは24ヶ月目の返却が最もトクする【25ヶ月目以降は損】

最新のスマホを安く利用したい方は、24ヶ月目に返却をしましょう。なぜなら、24ヶ月目が最も負担額が低いからです。

また、返品する時期によって支払い額は異なり、使用する期間が長い程、支払い額も多くなります。

iPhone12を例にとって紹介していきます。

iPhone12/64GB=101,376円(2,816円×36回)

支払い回数支払った額割引額
24回未満/24回目67,584円33,792円
25回目70,400円30,976円
26回目73,216円28,160円
27回目76,032円25,344円
28回目78,848円22,528円
29回目81,664円19,712円
30回目84,480円16,896円
31回目87,296円14,080円
32回目90,112円11,264円
33回目92,928円8,448円
34回目95,744円5,632円
35回目98,560円2,816円
36回目101,376円0円

上記のように、購入してから24ヶ月目が最もお得に利用でき、それ以降は支払い額が大きくなっていきます。

また、24ヶ月目未満にスマホを買い変えた場合でも、24ヶ月分の端末代は支払うことになります。

2年単位でスマホの買い替えをしたい方は、時期を間違えないようにしましょう。

街のお店より1万円以上お得なことも!ahamoの方も機種変更可!

ドコモオンラインショップはこちらをタップ!

※2021年11月26日から機種変更はスマホ・タブレットのモバイル回線のみとなりました

端末購入後に加入することはできない

スマホおかえしプラグラムは、スマホを購入するときに申し込むプログラムです。スマホ購入時に、必ず36回払いを選択するようにしましょう。

また、購入した後から申し込むことはできないので、注意しましょう。

返却時に故障や損傷があると故障時利用料が必要になる

返品時に査定をするのですが、その時に故障や損傷といった傷が見られる場合、22,000円の故障時利用料を支払う必要があります。

以下のようなケースの場合が、故障時利用料の支払いの対象となります。

スマホおかえしプログラムで損傷しているケース一覧

以上のような場合は、査定条件を満たしません。

また、受付不可の場合もあります。

スマホおかえしプログラムで受け取り不可のケース

上記の画像のような場合は、返品が不可となります。

スムーズに引き取ってもらうためにも、スマホケースを利用するなどして対策をしましょう。

しかし、ドコモユーザーの方であれば、dカードケータイ補償サービスが適用されるため、2,200円の支払いで済みます。

故障時利用料はdカードケータイ補償サービスで2,200円で済む

スマホおかえしプラグラムは、ドコモユーザー以外の方でも適用できるサービスです。ドコモオンラインショップで機種だけの購入を選択すれば、端末単体での購入ができます。

しかし、dカードケータイ補償サービスは適用されません。

dカードケータイ補償サービスとは

dカードを持っている方であれば、スマホを購入してから1年以内に、事故や紛失、盗難、修理不能な(全損、水濡れ)となったときに、同一機種・同一カラーの端末と交換してくれるサービスのこと。

ちなみに、dカードGOLDであれば補償期間は3年になります。

ドコモユーザーやahamoユーザーの方で、dカードを持っていれば22,000円の故障時利用料が2,200円になります。

しかし、ドコモとahamoユーザー以外の方は全額負担です。

スマホが損傷してしまい返却時に22,000円も支払うのが嫌な方は、スマホカバーをする、36カ月使用する、といった対策を取るといいでしょう。

街のお店より1万円以上お得なことも!ahamoの方も機種変更可!

ドコモオンラインショップはこちらをタップ!

※2021年11月26日から機種変更はスマホ・タブレットのモバイル回線のみとなりました

スマホおかえしプログラムはahamoでも適用されるのか徹底解説

2021年3月からは、ahamoのサービスが提供開始となりましたね。それに伴い、ドコモからahamoへの乗り換えを検討されている方も多いのではないでしょうか。

そこで気になるのがahamoに乗り換えたときにスマホおかえしプログラムは継続されるのか、ahamoで購入した端末はスマホおかえしプログラムが適用されるのかですね。

詳しく解説していきます。

ドコモで端末を購入しahamoに移行した場合は継続して適用される

スマホおかえしプログラムはahamoに乗り換えても継続して適用される

ドコモで36回払いで購入した後にahamoに途中で移行した場合、スマホおかえしプログラムは継続して適用されます。

実際にahamoのQ&Aコーナーでは、継続して適用されるとの回答がありました。

これなら安心してahamoに乗り換えができますね。

ahamoで購入した端末にスマホおかえしプログラムは適用されない

しかし、ahamoで購入した端末に、スマホおかえしプログラムは適用されません。

ahamoでは2021年4月現在、以下の3機種が販売されています。

  • iPhone11
  • Galaxy S20 5G SC-51A
  • Xperia 1 Ⅱ SO-51A

上記の3機種をahamoで購入した場合、スマホおかえしプログラムは適用されないので要注意です。

とはいえ、どの機種も安い料金設定となっているため、上記3種類をahamoで購入しても損をすることはありませんよ。

機種名新規・MNP機種変更公式価格
iPhone11/64GB49,390円62,590円71,280円
iPhone11/128GB54,890円68,090円76,780円
iPhone11/256GB66,990円80,190円88,880円
Xperia 1 Ⅱ SO-51A71,500円79,200円118,800円
Galaxy S20 5G SC-51A62,700円70,400円95,945円

ドコモで端末を購入してからahamoへの乗り換えがおすすめ

ドコモからahamoに移行し端末も新しくしたい場合は、ドコモで機種変更してからahamoに乗り換えましょう。

というのも、機種変更する前にahamoに乗り換えてしまうと、スマホおかえしプログラムが適用されないからですね。

ahamoで端末を安く利用する手順

  1. ドコモオンラインショップで36回払いで端末を購入する
  2. ドコモからahamoにプラン変更する

上記のステップであれば、ドコモからahamoに乗り換えても端末は安く利用できることになります。

ahamoへの乗り換えと同時に端末も機種変更したい方は、手順を間違えないように注意しましょう。

街のお店より1万円以上お得なことも!ahamoの方も機種変更可!

ドコモオンラインショップはこちらをタップ!

※2021年11月26日から機種変更はスマホ・タブレットのモバイル回線のみとなりました

スマホおかえしプログラムに関するQ&A

最後に、スマホおかえしプラグラムに関する疑問にお答えしていきます。利用する前に勘違いをしないように気を付けましょう。

スマホはレンタルするってこと?絶対に返却しないといけないの?

購入したスマホは、必ずしも返却しなければいけない訳ではありません。36回払いで契約し、24ヶ月目の支払い時にスマホを返却することで、12か月分の支払いが不要になります。

とはいえ、返却をする場合は実質レンタルをするようなイメージになりますね。

また、返却時に損傷があると22,000円の故障時利用料を支払う必要があるので、注意しましょう。

36回払いで契約するデメリットはある?

36回払いで契約するデメリットは、特にありません。スマホおかえしプラグラムは、ドコモユーザー以外の方でも、端末のみを購入することで、適用できます。

また、ドコモユーザーの方が途中でドコモから他社へ乗り換えた場合でもサービスは適用され、24ヶ月目に返却をすることで、12ヶ月分の支払いは不要になります。

スマホの返却方法は何がある?

スマホの返却方法は、以下の2点です。

  • 店頭に持ち込む
  • 郵送で返却する

店頭に持ち込む場合は、最寄りのドコモショップに持って行き、その場で査定をします。

郵送で返却する場合は、対象機種を指定センターへと返却するだけです。しかし、輸送時に機種が破損した場合、ドコモは一切責任を負ってくれるないので、注意しましょう。

街のお店より1万円以上お得なことも!ahamoの方も機種変更可!

ドコモオンラインショップはこちらをタップ!

※2021年11月26日から機種変更はスマホ・タブレットのモバイル回線のみとなりました

ドコモのスマホおかえしプログラムに関するまとめ【迷ったら36回払いがおすすめ!】

この記事では、スマホおかえしプログラムについて解説しました。

最後に、スマホおかえしプログラムの特長をまとめていきます。

  • 36回払いで購入すると、サービスが適用される
  • 24ヶ月目に端末を返品することで、12ヶ月分の支払いが不要になる
  • 適用条件は、36回払いで購入することと、返品することの2点
  • 返品をすることで最大12ヶ月分の支払いが不要になるので、ずっと手元に残しておくことはできない
  • 損傷や傷が見られた場合、22,000円の故障時利用料がかかる
  • ahamoに移行しても継続して適用される
  • ahamoで購入した端末は、適用外

スマホおかえしプログラムは、36回払いで購入し、24ヶ月目に返品をすることで、残りの割賦代の支払いが不要となります。

また、必ずしも返品しなければいけない訳ではありません。

やっぱり手元に残しておきたいと思った場合でも、問題ありません。

そのため、支払い回数で迷ったらとりあえず36回払いで購入しておくことをおすすめします。

街のお店より1万円以上お得なことも!ahamoの方も機種変更可!

ドコモオンラインショップはこちらをタップ!

※2021年11月26日から機種変更はスマホ・タブレットのモバイル回線のみとなりました

ドコモ最新記事


docomo(ドコモ) au ソフトバンク News

5Gスマホへの買い替え時期はいつ?2022年のおすすめスマホも紹介
ドコモでXperia 1 IVに機種変更する手順とお得なキャンペーンを紹介!

Xperia Xperia 1 IV docomo(ドコモ)

ドコモでXperia 1 IVに機種変更する手順とお得なキャンペーンを紹介!

SHARP AQUOS R7 docomo(ドコモ) ソフトバンク

AQUOS R7のキャンペーン情報まとめ|予約特典は何かズバリ予想!【ドコモ・ソフトバンク】

SHARP AQUOS R7 AQUOS R6 docomo(ドコモ) ソフトバンク

AQUOS R7とAQUOS R6の違いを比較!よりオススメしたいのは断然「AQUOS R7」!

SHARP AQUOS R7 docomo(ドコモ) ソフトバンク

AQUOS R7の発売日・予約開始日はいつ?価格・スペックなど情報まとめ【ドコモ/ソフトバンク】

docomo(ドコモ) 格安SIM ahamo

ahamoでもついにApple Watchのワンナンバーサービスに対応?!いつから開始か、月額料金はいくらになるのか
ドコモの認定中古品iPhoneがオンラインショップで販売開始!本体価格は?

docomo(ドコモ)

ドコモの認定中古品iPhoneがオンラインショップで販売開始!本体価格は?

Galaxy Galaxy A53 5G docomo(ドコモ) au 格安SIM UQ mobile(ユーキューモバイル)

Galaxy A53 5Gのスペック・デザイン・発売日まとめ

Galaxy Galaxy S22 Ultra 5G Galaxy S22 docomo(ドコモ) au

Galaxy S22 / S22 Ultra の価格・月額料金・各種プログラム利用時の実質負担金を紹介【au・ドコモ】

docomo(ドコモ)

ドコモの2022年春夏モデルには何が出るか?予約開始・発売日を予想!

-docomo(ドコモ)

Copyright© iPhone大陸 , 2022 All Rights Reserved.