【4/11発売】auのGalaxy S24/Ultraが最大22,000円割引 | auオンラインショップ

【注目】楽天モバイル クーポン配布中!最大32,000円相当の還元も!

当サイトiPhone大陸の記事はPRを含みます。

SHARP AQUOS R8 pro

【実機レビュー】AQUOS R8 proを9項目で辛口評価!1インチセンサーカメラの作例も紹介

【実機レビュー】AQUOS R8 proを9項目で辛口評価!1インチセンサーカメラの作例も紹介

AQUOS R7の後続機として登場した「AQUOS R8 proアクオスアールエイトプロ」。

ライカ監修の1インチセンサーカメラや発熱を抑えたCPU「Snapdragon 8 Gen2」を採用、Pro IGZO OLEDディスプレイ、大型3D超音波指紋センサーを搭載するなど、高性能技術を惜しみなく詰め込んだ1台に仕上がっています。

実際にAQUOS R8 proを使いましたが、非常に完成度が高いなと感じています。ただ、可愛くないのが本体価格......。

定価は約20万円するため決してノリと勢いで購入できる端末ではありません。「カメラの写り方はどうなのか」「実際の電池持ちはどうなのか」など、カタログスペックだけではわからない部分も多いでしょう。

そこで今回は、AQUOS R8 proの実機を使い9項目でレビューします!良い点も悪い点も正直にお伝えするので、ぜひ購入前の参考にしてみてください。

汗だくになりながらもAQUOS R8 proのカメラを構えて写真を撮ってきました! AQUOS R8 proの競合となりうるGalaxy S23 UltraやXperia 1 Vの作例とも比較します。

それでは開封ーー!!

AQUOS R8 pro_開封レビュー

注目ポイント

  • ラウンドデザインで手に馴染みやすいボディ
  • プロも認めるライカ社監修の背面カメラ
  • カメラ用レンズフィルターを装着して本格カメラの撮影体験が可能
  • 6.6インチ、ピーク輝度2,000nitのPro IGZO OLEDディスプレイ
  • 高セキュリティ性の3D超音波指紋センサー
  • Dolby VisionとDolby Atmosで大迫力の映像・音響を楽しめる
  • 5,000mAhの大容量バッテリーと省エネ技術で長持ち電池

ドコモ公式 : https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

街のお店より1万円以上おトクなことも!ahamoの方も機種変更可!

今すぐAQUOS R8 proをおトクにドコモオンラインショップで手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら事務手数料が無料!

>>最新の【ドコモオンラインショップ クーポン】はこちら

ソフトバンク公式 : https://www.softbank.jp/online-shop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

ソフトバンクオンラインショップでお得にAQUOS R8 proを手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら頭金・事務手数料が無料!(自宅受取りが対象)


>>最新の【ソフトバンク キャンペーン】はこちら

【Androidスマホの最新情報】

2024年7月26日更新

目次

auお得注意報!

Galaxy Z6シリーズ機種変更おトク割

Galaxy S23 FE機種変更おトク割

auオンラインショップで使えるキャンペーン au Online Shop SIM乗りかえ特典

5G機種変更おトク割 Xperia 10 VIへの機種変更がいきなりおトク!

auオンラインショップ SPECIAL SALE

au Xperia 1 VI機種変更おトク割

auではiPhone15シリーズやGalaxy S24/S24 Ultra、Galaxy Z Fold6/Flip6、Xperia 1 VI、Pixel 8a、Galaxy A55 5G、Redmi Note 13 Pro、Galaxy Tab S9 FE+ 5Gなどの新型スマートフォンやタブレットが続々登場!

それに伴い、auオンラインショップではお得なキャンペーンを多数実施しています。

新規ユーザーだけでなく、既存ユーザーへの還元も怠らないのがauの魅力。機種変更なら最大27,500円、他社からの乗り換えなら最大44,000円の還元が受けられちゃいます!

そして、スマホの買い替えで分割払いを検討している方には24回払いの「スマホトクするプログラム」がおすすめ!

機種に応じた残価を最終回分の支払いに設定し、25ヶ月目に端末を返却すると残価がまるっと免除される購入方法です。超カンタンにお伝えすると、実質半額程度の負担で2年ごとに新しいスマホが使える購入サポート。

例えば..

機種/定価 新規契約 乗り換え 機種変更
Galaxy Z Flod6
(256GB)
269,800円
実質149,800円~
(初回6,514円+6,513円×22回)
実質138,800円~
(初回6,052円+6,034円×22回)
実質138,800円~
(初回6,052円+6,034円×22回)
Galaxy Z Flip6
(256GB)
169,800円
実質83,800円~
(初回3,654円+3,643円×22回)
実質72,800円~
(初回3,170円+3,165円×22回)
実質72,800円~
(初回3,170円+3,165円×22回)
Galaxy S24
(256GB)
144,800円
実質68,800円~
(初回2,998円+2,991円×22回)
実質57,800円~
(初回2,514円+2,513円×22回)
実質74,300円~
(初回3,240円+3,230円×22回)
Galaxy S24 Ultra
(256GB)
224,800円
実質114,800円~
(初回4,998円+4,991円×22回)
実質103,800円~
(初回4,514円+4,513円×22回)
実質120,300円~
(初回5,240円+5,230円×22回)
Xperia 1 VI
214,800円(NEW)
実質123,800円~
(初回5,396円+5,382円×22回)
実質112,800円~
(初回4,912円+4,904円×22回)
実質112,800円~
(初回4,912円+4,904円×22回)
iPhone 15
145,640円~
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
iPhone 14
127,900円~
実質33,047円~
(初回1,455円+1,436円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質38,547円~
(1,697円+1,675円×22回)
Pixel 8a
80,000円
実質11,047円~
(初回487円+480円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質16,547円~
(729円+719円×22回)
Galaxy A55 5G
77,000円
実質36,400円~
(初回1,596円+1,582円×22回)
実質25,400円~
(初回1,112円+1,104円×22回)
実質41,900円~
(1,838円+1,821円×22回)
Redmi Note 13 Pro 5G
41,800円
実質15,800円~
(初回708円+686円×22回)
実質4,800円~
(初回224円+208円×22回)
実質21,300円~
(928円+926円×22回)

※2024年7月18日時点の情報です。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

Galaxy S24(256GB)なら通常価格は144,800円ですが、25ヶ月目に端末を返却すると65,000円が免除されるため、実質負担金は79,800円。

さらに22,000円割引を適用すると実質57,800円、月々2,513円(初回2,514円)で購入できちゃう! お得過ぎませんか!?

iPhone 14やPixel8aなら実質47円~購入できますよ!

そのほかauオンラインショップではSIM単体契約で10,000円相当(不課税)のau PAY残高還元も行っています。

もしあなたがスマホや携帯会社の切り替えを検討していたり、auでの機種変更を考えているなら、一度auオンラインショップを覗いてみてくださいね。

機種変更なら午前11時45分までの注文完了で当日の18時~22時に商品を届けてくれます(地域限定)

\オンライン購入アドバイザーに無料相談しながら手続きできる!/
auオンラインショップ公式 : https://www.au.com/mobile/onlineshop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

auオンラインショップはこちらをタップ!

※au Online Shop お得割実施中

>>最新の【au キャンペーン】はこちら
>>auショップ 待ち時間対策はこちら

 

【実機レビュー】AQUOS R8 proの1インチセンサーカメラの実力を作例とともに紹介

AQUOS R8 pro_カメラ性能レビュー

AQUOS R8 proのカメラスペック
背面カメラ 4,720万画素 F値1.9
焦点距離19mm(35mm換算)
前面カメラ 1,260万画素 F値2.3
焦点距離27mm(35mm換算)
カメラ機能 AIオート / 星空モード / 花火モード / RAW撮影

スマホにカメラ性能を求める方は多いのではないでしょうか? 性能は年々向上しており、一眼レフ並の写真も手軽に撮れる点がスマホカメラの魅力です。

出先でちょっと記録を残しておきたい場合、一眼カメラを持ち出すには少し億劫ですがスマホカメラなら気軽に構えられます。やっぱりスマホでもカメラ性能が良いと気分も上がりますよね!

その点、AQUOS R8 proのカメラは非常に優秀。カメラ好きなら誰もが知る「ライカ社」が監修した1インチセンサー4,720万画素のメインカメラを搭載しています。1インチセンサーはコンデジにも採用されることが多い。

さらに、スマホ用に開発された7枚構成の「SUMMICRONズミクロンレンズ」を搭載。光を取り込む量も多いため、明るく、そして歪みを低減した写真が収められます。

7枚構成のズミクロンレンズ

また、AQUOS R8 proには14chスペクトルセンサーが搭載されているので、忠実な色合いで写真が撮れます。

では、実際にAQUOS R8 proで撮影した写真をご覧ください。AIオートはオンで撮影しています。

AQUOS R8 pro_作例1 AQUOS R8 pro_作例2 AQUOS R8 pro_作例3 AQUOS R8 pro_作例4 AQUOS R8 pro_作例5 AQUOS R8 pro_作例6 AQUOS R8 pro_作例7 AQUOS R8 pro_作例8 AQUOS R8 pro_作例9 AQUOS R8 pro_作例10 AQUOS R8 pro_作例11 AQUOS R8 pro_作例12目で見たままに近い自然な色乗り」と「ライカらいしい絶妙なコントラスト」。まさに、エモい”感じの写真に仕上がっていると思います。

どこか他のスマホカメラとは違う、その場の空気や匂いを写真から感じられるものがあります。広いバス停にポツンと設置されたベンチ、放置された自転車、夏の神社の手水舎、青い空と白い雲、なにかグッとくるものがありますね。

Galaxy S23 UltraやXperia 1 Vで撮った写真と比較するとこんな感じです。

  • AQUOS R8 pro_作例16
  • Galaxy S23 Ultra_作例1
  • Xperia 1 V_作例8

▲(左から)AQUOS R8 pro / Galaxy S23 Ultra / Xperia 1 V

AQUOS R8 pro_作例17

Galaxy S23 Ultra_作例4

▲(左から)AQUOS R8 pro / Galaxy S23 Ultra

撮影時の天候は違えど、どの端末も細かい部分までしっかり再現できています。Galaxy S23 Ultraは2機種に比べてやや彩度が高めかなという印象です。あとは好みの問題になってくるでしょう。

AQUOS R8 proでの撮影時は快晴だったこともあり、非常に映える写真が撮れました。そのままSNSにアップしても恥ずかしくないでしょう。

ちなみに、AQUOS R8 proのディスプレイ初期設定はアプリによって適した画質に切り替わる「おススメ」設定になっています。そのため、例えば撮った写真をSNSにアップする場合、アップ前と後で見え方が変わってくることがあります。

AQUOS R8 pro_ディスプレイ基本設定

個人的にはAQUOS R8 proを購入したらディスプレイ設定は「標準」にしておくのが良いかなと思います。設定>ディスプレイ>基本設定から設定変更が可能です。

また、AQUOS R8 proはピント切り替えも非常にスムーズです。例えば以下の写真、カメラを向けたときは手前のフェンスにピントがあっており、奥の川がボケています。

AQUOS R8 pro_作例14

しかし、撮影時に川の部分をタップするとピントが切り替わり、手前のフェンスをボカした川の写真が撮れます。

AQUOS R8 pro_作例15

このように撮影時にピント切り替えで不便に思うことはありませんでした。AQUOS R8 proは高速・高精度なオートフォーカス機能を備えているので、動きのある撮影でもある程度満足のいく撮影ができるでしょう。

より細かい設定を行いたい方は「マニュアル写真」モードを使っても良いでしょう。ISO感度やシャッタースピードなどの設定も可能です。

AQUOS R8 pro_マニュアル写真モード

遠くの被写体を撮影

AQUOS R8 proは最大6倍ズームが可能です。2倍ズームであればワンタップで切り替えできます。

実際にズーム撮影した写真をご覧ください。

AQUOS R8 pro_作例1倍

1倍

AQUOS R8 pro_作例2倍

2倍

AQUOS R8 pro_作例3倍

3倍

AQUOS R8 pro_作例6倍

6倍

2倍、3倍まではズーム時でも画質が落ちずキレイな写真が撮れています。6倍ズームでも記録として残しておく分には十分です。

Galaxy S23 UltraやXperia 1 Vに比べるとズーム倍率という部分では劣ってしまいます。

Galaxy S23 Ultraで月を撮影_30倍

Galaxy S23 Ultraで月を撮影_100倍

▲Galaxy S23 Ultraで撮影 | 左から30倍 / 100倍

しかし、日常生活において30倍、100倍ズームして写真を撮るシーンはほぼありません。どうしても遠くの被写体を撮りたい方は、Galaxy S23 UltraやXperia 1 Vを選ぶと良いでしょう。

また、AQUOS R8 proは0.7倍にすれば超広角写真が撮れます。例えば、高さのある東京タワーやスカイツリーなどを撮影する場合は0.7倍で縦撮りするのが良さそうです。大人数で集合写真を撮りたいときにも役立つでしょう。

AQUOS R8 pro_作例0.7倍

0.7倍

AQUOS R8 pro_作例13

0.7倍

近くの被写体を撮影

以下は、花を近くで撮影した写真です。

AQUOS R8 pro_作例(花) AQUOS R8 pro_作例(花)2

写真を見てわかるように、AQUOS R8 proは強めのボケ感が楽しめるスマホです。AIオートをオンにしての撮影ですが、AQUOS R8 proはしっかり”花”と認識し色鮮やかに写し出してくれました。

ただAQUOS R8 proはマクロ撮影に対応していないため、1倍で近くの被写体を撮影する場合、一定の距離まで近づくとピントがあわなくなります。そのため、少し被写体から離れてズームを活用しながら撮影するのがポイントです

AQUOS R8 pro_作例18

1倍で被写体に近づいて撮影

AQUOS R8 pro_作例19

被写体から離れて3倍ズームで撮影

暗所での撮影

続いて暗所で撮影した写真をみていきましょう(オートで撮影)。

AQUOS R8 pro_暗所_作例13

AQUOS R8 pro_暗所_作例1 AQUOS R8 pro_暗所_作例2 AQUOS R8 pro_暗所_作例3 AQUOS R8 pro_暗所_作例4 AQUOS R8 pro_暗所_作例5 AQUOS R8 pro_暗所_作例6 AQUOS R8 pro_暗所_作例7 AQUOS R8 pro_暗所_作例8 AQUOS R8 pro_暗所_作例9 AQUOS R8 pro_暗所_作例10 AQUOS R8 pro_暗所_作例12

AQUOS R8 proは暗所でも満足のいく写真が撮れます。例えばバス停の写真では周辺に明かりがなく暗いシチュエーションでしたが、明るく綺麗に撮れています。

細かい設定をせず、オートでここまで綺麗に撮れれば十分でしょう。ノイズも低減されており気になることはありませんでした。

その他の写真に関してはライト部分に若干モヤがかかっているような感じはありますが、ディティールはハッキリしており、トータル的には満足できる仕上がりです。

ちなみに6倍ズームで暗所を撮るとこんな感じ。

AQUOS R8 pro_暗所_作例14

6倍

さすがに暗所での6倍ズームはノイズがスゴくかなり微妙な仕上がり。とは言え、2倍、3倍程度で綺麗に写ってくれれば十分です。

ペット(猫)を撮影

続いて猫を撮影してみたのですが、ペット撮影に関してはあまり得意ではありません......。

AQUOS R8 proにはオートフォーカス機能が付いていますが、オートでの撮影だとブレが目立ちます。ふとした「可愛い瞬間を収めたい!」といった場合でもブレてしまっては意味がありません。

実際に猫が動いている所をオート撮影した写真が以下です。

AQUOS R8 pro_猫2 AQUOS R8 pro_猫3

ブレが酷く、記録として残しておくには残念すぎる感じがします。

マニュアルモードでISO感度やシャッタースピードをいじれば、ある程度は綺麗に撮れますがノイズが目立ちます。

AQUOS R8 pro_猫4

光のあたり加減によっては満足のいく写真が撮れることもありますが、ペットの可愛い瞬間を見逃したくないという方にはあまりおすすめできません。

AQUOS R8 pro_猫1

動きのあるペットの何気ない瞬間を手軽に撮りたいなら、やっぱりXperia 1 Vかなという印象です。もちろんXperia 1 Vでもブレることはありますが、綺麗に撮れる確率は高いと思います。

Xperia 1 Vにはシャッターボタンも備わっており、半押しでフォーカスをあわせ全押しでシャッターを切れます。またカメラ好きならXperiaのカメラUIのほうが使いやすいかもしれません。

画質に関しては、正直AQUOS R8 proもXperia 1 Vもほぼ同じです。

メシウマな写真を撮影

続いてメシウマ写真を撮ってみました。

AQUOS R8 pro_メシの写真1 AQUOS R8 pro_メシの写真2 AQUOS R8 pro_メシの写真3

同じくAIモードでの撮影ですが、"料理"と認識され美味しそうな写真に仕上げてくれました。

屋外で明かりの少ない薄暗い場所での撮影でしたが、明るく、そして焦げ目まで忠実に再現したメシウマな写真が撮れたのかなと思います。

焼きおにぎりの米1粒1粒までしっかり写真に収められています。SNSにそのままアップしても映えを狙えるのではないでしょうか。

ニッポンフードシフト ロゴ

当サイト「iPhone大陸」は、農林水産省が実施する「ニッポンフードシフト」の推進パートナーに参加登録しました。

ニッポンフードシフトは食と農のつながりの深化に着目した新たな国民運動です。

当メディアがニッポンフードシフトの活動に少しでも貢献できればと思い参画させていただきました。

動画撮影

AQUOS R8 proの動画性能は、以下の通りです。

AQUOS R8 proの動画性能
4K オート(60fps~30fps) / 30fps
フルHD
1.6M
1.2M
その他機能 8Kビデオ / タイムプラス / スロービデオ / マニュアルビデオ / HDRビデオ

AQUOS R8 proは高解像度の8Kビデオ撮影に対応しています。ただ、8Kは録画時間が最大1分なので、日常利用においては4KやフルHDで撮影するのが無難でしょう。

以下は、実際に4K・オート(60fps~30fps)で撮影した動画です。

手持ちでの撮影ですが、手ぶれ補正もかなり効いています。色合いも写真と同じく目に見たままに近い自然な感じです。

また、動画撮影においてもマニュアルモードがあるのでISO感度や彩度、コントラストなどを自分好みに変更して撮影することもできます。

そのほか、タイムプラスやスロービデオにも対応しているので、シーンにあわせて動画モードを選べば面白い動画が撮れるでしょう。

カメラ起動時に若干の発熱はあるものの不具合はなし

AQUOS R8 pro_サーモマネジメントシステム(1)

そしてカメラ利用時に気になるのが発熱問題ですよね。

結論からお伝えすると、カメラ利用時に若干の発熱は感じるものの機能面では全く問題なく撮影できました。

撮影時の気温は33℃前後、日陰がない所だと半袖短パンでも汗だくになるほど暑いシチュエーションです。その日は1時間半くらい写真や動画を撮っていましたが、アプリが強制終了したりカメラに機能制限がかかったりすることもなく撮影を続けられました。

AQUOS R8 proのボディがブラックということもあり熱を溜め込みやすいかなとは思いますが、カメラ利用においては問題なく快適に撮影が楽しめます。

AQUOS R8 pro_サーモマネジメントシステム(2)

発熱が抑えられたCPU「Snapdragon 8 Gen 2」や放熱設計「サーモマネジメントシステム」の採用効果が現れているのでしょう。

カメラ用レンズフィルターを装着して本格カメラの撮影体験が可能

AQUOS R8 pro_カメラ用レンズフィルター

AQUOS R8 proはカメラ撮影がより楽しめるよう拡張アクセサリーも用意しています。

シャープ認定アクセサリー「DESIGN FOR AQUOS」から登場したケースを装着すれば、カメラ用レンズフィルターを使えます。

フィルターにも種類があり、幻想的に撮れるもの、ノスタルジックに撮れるもの、光の演出を高めてくれるものなど様々。

「今日はガチな写真を撮るぞ!」という日にはフィルターを活用してみると良いでしょう。表現の幅が広がり写真をより楽しめること間違いなしです!

AQUOS R8 pro_フィルター装着撮影(1)

AQUOS R8 pro + ND フィルター(メーカー:ケンコー・トキナー)で撮影

AQUOS R8 pro_フィルター装着撮影(2)

AQUOS R8 pro + クロスフィルターで撮影

参考 : カメラ用レンズフィルターで自分だけの写真を楽しもう | AQUOS:シャープ / AQUOS R8 pro × デジカメ用フィルター撮影

【カメラ性能の評価】

カメラ性能は全体的に完成度の高い仕上がりになっています。

ライカ社監修のカメラということもあり、自然な色味とエモい写り加減が非常に好み。個人的には前作のAQUOS R7ではイマイチな写りになる場面が多いと感じていましたが、AQUOS R8 proでは改善されており満足しています。

また、1インチセンサーという強みももっており、明るくボケ感のある撮影を気軽に行えるのでついカメラを構えるのが楽しくなってしまいます!

ただ動きのあるペット撮影においては、まだまだ改善が必要な部分かなと思います。そのほか、風景や人物撮り、花の写真、メシの写真なんかはそのままSNSへアップしても映えが狙えますよ。

スマホカメラにこだわりたいならAQUOS R8 proという選択肢は十分あり!

ドコモ公式 : https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

街のお店より1万円以上おトクなことも!ahamoの方も機種変更可!

今すぐAQUOS R8 proをおトクにドコモオンラインショップで手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら事務手数料が無料!

>>最新の【ドコモオンラインショップ クーポン】はこちら

ソフトバンク公式 : https://www.softbank.jp/online-shop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

ソフトバンクオンラインショップでお得にAQUOS R8 proを手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら頭金・事務手数料が無料!(自宅受取りが対象)


>>最新の【ソフトバンク キャンペーン】はこちら

 

AQUOS R8 proのデザイン・携帯性をレビュー | カメラの存在感がスゴい!

AQUOS E8 pro_デザインレビュー

AQUOS R8 proのベースデザインは前作のAQUOS R7と同じです。背面にはカメラレンズが1つだけ備わった特徴的な「Center Circle Designセンターサークルデザイン」。

ただ背面カメラのサイズは前作よりも大きくなっており、存在感はマシマシです。カメラ性能だけでなく、外観もコンデジっぽくなっているような気がしますね。

AQUOS R7 レビュー2

AQUOS R7

ディスプレイ面に関しては、上部中央にパンチホール型のインカメラが搭載されたシンプルなデザインです。

ちなみにドコモ版のAQUOS R8 pro(SH-51D)は、背面中央に「docomo」のロゴが刻まれています

AQUOS R8 pro_ディスプレイ面

ディスプレイ面

AQUOS R8 pro_背面

背面

 

インターフェースとボタンの配置は、以下の通り。

AQUOS R8 pro_上部

上部

AQUOS R8 pro_下部

下部

AQUOS R8 pro_右側面

右側面

AQUOS R8 pro_左側面

左側面

本体上部にはイヤホンジャックとSIM&SDカードスロット、マイク、下部には充電口とスピーカー、マイクが備わっていますまた、右側面には電源ボタンと音量調整ボタンが配置されており、左側面にはなにもありません。

AQUOS R8 pro_背面カメラの出っ張り

AQUOS R8 pro 背面カメラの出っ張り

背面カメラの出っ張りに関しては、厚めのポイントカード約3枚分です。最近のフラッグシップモデルではこの程度の出っ張りは仕方ないでしょう。

iPhone14Pro カメラの出っ張り

iPhone14Pro

Galaxy S23 Ultra_カメラの出っ張り

Galaxy S23 Ultra

ちなみにiPhone14Proはポイントカード約4枚分、Galaxy S23 Ultraだと約2.5枚分です。デスクに置いたときにカメラを傷つけないか心配な方は、カメラ周りをしっかり保護してくれるケースを用意しましょう。

背面はサラサラ感があり指紋が目立たない

AQUOS R8 pro_背面

背面素材はPBT樹脂を使っており、サラサラした触り心地で指紋はほぼ目立ちません。

ただ、裸持ちしたい方は背面がサラサラしていて手から滑り落ちそうになるので取扱い注意です! 約20万円する端末を裸持ちする勇者は中々いないとは思いますが......。

ちなみにAQUOS R7のような背面のキラキラ感はなくなっています。

AQUOS R7 レビュー7

AQUOS R7 背面がキラキラしていた

デザイン面で1つ気になる部分としては、やや安っぽさが感じられる点です。

フラッグシップモデルはガラスや金属素材を採用していることが多いので、PBT樹脂を採用しているAQUOS R8 proは高級感に欠けます。フレームだけアルミ合金。

その分、本体サイズが大きいわりに重量は203gと比較的軽い方です。ただ高級感を味わいたい方だと少し物足りないかもしれません。

ケースを付ければ気にならないんですけどね....。

本体サイズと重量について | ラウンドデザインで持ちやすさは感じられる

AQUOS R8 proの本体サイズは約高さ161×幅77×厚み9.3mm(突起部除く)で、重量は約203gです。前作のAQUOS R7と比べると本体サイズは全く同じですが、重量は約5gの軽量化に成功しています。

233gあるGalaxy S23 Ultraや212gあるGoogle Pixel 7 Proを持った後だと、AQUOS R8 proは軽いなと思います。

サイズ感の参考としてGalaxy S23 Ultraを横に並べてみましたが、AQUOS R8 proのほうが少しだけコンパクトです。

本体サイズ比較_AQUOS R8 proとGalaxy S23 Ultra

(左から)Galaxy S23 Ultra / AQUOS R8 pro

AQUOS R8 pro_背面ラウンドデザイン

側面の角を削ったラウンドデザイン

AQUOS R8 proは背面の両端の角を削った「ラウンドデザイン」になっているため、大きめサイズのスマホではありますが手へ馴染む感じはあります。

【デザイン評価】

素材の関係もあり、ややチープさは感じるものの全体的なデザインは個人的に好きです。メインカメラの主張が強いので好みがわかれる部分かもしれませんが、これはこれでカッコいいと思います!

また個人的な感想ですが、本体サイズはやっぱりもう少し小さめが好き。私は手が小さめなので、大きめスマホは片手操作しにくいですね.......。背面がサラサラしているので落としそうになるのも心配。Xperia 5シリーズあたりのサイズ感だったらGood!

ただ、画面が大きいので動画やゲームを楽しむには良いですし、一度に入ってくる情報量も多いので、その点は評価できます。

ちなみにカラバリはブラックの1色のみ。日差しの強い屋外での利用だと、やや熱を溜め込んでしまうかも。

ドコモ公式 : https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

街のお店より1万円以上おトクなことも!ahamoの方も機種変更可!

今すぐAQUOS R8 proをおトクにドコモオンラインショップで手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら事務手数料が無料!

>>最新の【ドコモオンラインショップ クーポン】はこちら

ソフトバンク公式 : https://www.softbank.jp/online-shop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

ソフトバンクオンラインショップでお得にAQUOS R8 proを手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら頭金・事務手数料が無料!(自宅受取りが対象)


>>最新の【ソフトバンク キャンペーン】はこちら

 

AQUOS R8 proのディスプレイ性能をレビュー | Pro IGZO OLD

AQUOS R8 pro_ディスプレイレビュー

AQUOS R8 proのディスプレイ性能
画面サイズ 約6.6インチ
種類 Pro IGZO OLED
解像度 WUXGA+(1,260×2,730)
コントラスト比 2,000万:1
リフレッシュレート 1~240Hz

AQUOS R8 proは約6.6インチのPro IGZO OLEDを採用しています。解像度はWUXGA+(1,260×2,730)でリフレッシュレートは最大240Hzです。

ディスプレイは非常に綺麗で文句なし。 撮った写真や動画も綺麗な画面で見返すことができ、映画もゲームも存分に楽しめます!

また、AQUOS R8 proには映画館にも使われているHDR映像技術「Dolby Visionドルビービジョン」が搭載。さらに、立体音響の「Dolby Atmosドルビーアトモス」も搭載されているので、映像や音へのこだわりがある方でも大迫力で映像体験ができます。

そして気になるのが屋外での画面の見え方だと思うのですが、AQUOS R8 proはピーク輝度2,000nitであるため不便を感じる場面はありませんでした。炎天下の中でも画面が明るく見やすいので、その点も安心して良いでしょう。

最大1,750nitのGalaxy S23 Ultraよりも明るい画面です。

コンテンツに応じて1~240Hzで変動するリフレッシュレートに対応

AQUOS R8 pro_リフレッシュレート

AQUOS R8 proは最大240Hzのリフレッシュレートに対応しています。ただ、一般的なものとは違い、毎秒120回の表示更新に連動して間に黒画面を挿入した疑似240Hzです。

とは言え、利用する上での違和感はありません。

リフレッシュレートとは?

リフレッシュレートとは、1秒間に画面が更新される回数。240Hzなら1秒間に240回画面を切り替えることが可能。数値が高いほど滑らかな映像や操作感を味わえる。

AQUOS R8 proと同価格帯のスマホでもリフレッシュレートは最大120Hzである場合が多いので、擬似的とは言え最大240HzはGoodポイントではないでしょうか。

また、リフレッシュレートはコンテンツに応じて1~240Hzの間で変動するため、消費電力も抑えられます。例えば、一瞬の動作が勝敗をわけるようなゲームであれば240Hz、写真や文字を表示するだけのときは1Hzにリフレッシュレートを抑えるといったイメージです。

スクロールオートが何気に便利

AQUOS R8 proはスクロールオートに対応しています。スクロールオートとは、手動ではなく自動でスクロールしてくれる便利機能のことです。

従来のモデルから存在していた機能ですが、何気にスクロールオート機能が便利なんです!

例えば、「ページが長くてスクロールが面倒くさい」「Twitter(X)を流し見したい」なんてときに役立つでしょう。スクロール速度も変更できます。

スクロールオートのやり方は、2本指でスクロール、または1本指で画面をゆっくりなぞり矢印の上に指をスライドさせるとできます。ただ2本指だと状況によっては誤作動起こす場合があるので、個人的には1本指での操作がおすすめです。

設定>AQUOSトリック>スクロールオートで設定をオンにする必要があるので、AQUOSユーザーは活用してみてください。

【ディスプレイ評価】

とくに不満はありません。

AQUOSということもありディスプレイ性能は非常に優秀。画面が綺麗なので気分も上がります。

また、画面のピーク輝度も2,000nitと明るい点は個人的に嬉しいポイントです、日差しの強い屋外利用でもストレスなく使えます。

また、消費電力も考えられた1~240Hzの可変式リフレッシュレートも快適。ディスプレイ性能はAQUOS R8 proの大きな強みと言えるでしょう。

 

要チェック!

RM 3.2(2)

iPhoneを購入するなら楽天モバイルがおすすめ!

キャリア最安値&最大32,000円相当の還元が受けられ、最新iPhoneでも実質半額以下で購入できちゃいます!

  • 一括払いまたは24回払い
    →最大20,000円値引き+最大12,000ポイント還元
  • 48回払い
    →最大12,000ポイント還元

例えば、他社では約145,000円~150,000円するiPhone 15(128GB)が、楽天モバイルなら131,800円で購入可能。32,000円相当の還元を加味すると、実質99,800円で購入できます。

いま使っているキャリアで機種変更するよりも断然安くなります! 浮いたお金でケースや画面保護フィルムを揃えることも可能。本体容量をワンランクアップしても良いでしょう。

分割払いにしたい方は48回払いの楽天モバイル買い替え超トクプログラムを使って2年後に端末を返却すれば、本体代金の約半分の支払いが免除になります。

iPhone 15(128GB)ならポイント還元も加味すると実質53,880円で入手できちゃうんです!

ぜひ、この機会に楽天モバイル公式サイトを覗いてみてください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

最大32,000円相当還元!

楽天モバイルでお得にiPhone15/15 Proを購入する

※楽天ポイントもザクザクたまる!

>>最新の【楽天モバイルクーポン】はこちら

AQUOS R8 proのバッテリー・電池持ちをレビュー | Qi充電にも対応

AQUOS R8 pro_バッテリー性能レビュー

AQUOS R8 proのバッテリー性能
バッテリー容量 5,000mAh
ワイヤレス充電 対応(Qi規格対応)
チャージシェア 対応
充電時間 約100分
急速充電規格 USB Power delivery Revision3.0

AQUOS R8 proのバッテリー容量は5,000mAhです。前作のAQUOS R7から変化はありません。

実際にYouTubeを視聴した場合と11時間完全放置した場合で電池の減り具合を計測してみたので、結果をご覧ください。

▼YouTube視聴

  0時間 1時間 2時間 3時間
AQUOS R8 pro 100% 97% 94% 90%
AQUOS R7 100% 96% 93% 89%
Galaxy S23 Ultra 100% 98% 95% 92%
Xperia 1 V 100% 91% 84% 76%
iPhone14Pro 100% 100% 95% 89%
Pixel 7 Pro 100% 94% 89% 89%

AQUOS R8 proでYouTubeを視聴した場合、1時間あたり3~4%の電池が減りました。わずかですが、前作のAQUOS R7よりも電池持ちが良くなっています。CPUによる電力効率の改善も少しはあるのでしょう。

仮に通勤時間が片道1時間半、往復3時間かかったとして、YouTubeを見続けたとしても残り90%は他の用途で利用できます。

 

▼11時間完全放置

測定結果

  • AQUOS R8 pro : 85%→83%(2%減)
  • AQUOS R7 : 88%→86%(2%減)
  • Galaxy S23 Ultra : 84%→82%(2%減)
  • Xperia 1 IV : 76%→72%(4%減)
  • iPhone14Pro : 48%→44%(4%減)
  • Pixel7Pro : 89%→85%(4%減)

AQUOS R8 proを11時間完全放置した場合は、85%→83%で約2%の電池が減りました。

この結果から、ある程度ヘビーな使い方をしても1日は安心して利用できることがわかりました。

また、AQUOS R8 proは液晶アイドリングストップ(IGZOシステム)を採用しています。静止した画像を表示している際は1秒間に1回しか液晶が更新されないので、電池の表示を大幅に削減できます。

AQUOS R8 pro_アイドリングストップ

AQUOS R8 proは電池持ちを重視したい方にもおすすめの機種だと言えます。

【バッテリー評価】

電池持ちに関しては不満はありません。1日安心して利用できるバッテリー性能です。

また、この価格帯では当然かもしてませんが、ワイヤレス充電に対応している点も個人的には嬉しいポイントです。わざわざ充電ケーブルを抜き差しする必要もなく、充電口を傷めて故障する心配もいりません。

チャージシェアにも対応しているので、万が一手持ちのワイヤレスイヤホンやサブ端末の充電が切れてしまってもAQUOS R8 proから充電できて非常に便利。

ただ1つネックなのは充電速度です。急速充電に対応しているものの、満充電までの時間は約100分......。お世辞にも充電速度が速いとは言えません。

中華スマホだとAQUOS R8 proよりも価格が安くて最大100W以上の急速充電に対応しているスマホもあるので、その点は少し残念。

その分、日本メーカーという安心感があるのも事実です。

ドコモ公式 : https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

街のお店より1万円以上おトクなことも!ahamoの方も機種変更可!

今すぐAQUOS R8 proをおトクにドコモオンラインショップで手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら事務手数料が無料!

>>最新の【ドコモオンラインショップ クーポン】はこちら

ソフトバンク公式 : https://www.softbank.jp/online-shop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

ソフトバンクオンラインショップでお得にAQUOS R8 proを手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら頭金・事務手数料が無料!(自宅受取りが対象)


>>最新の【ソフトバンク キャンペーン】はこちら

 

AQUOS R8 proのCPU「Snapdragon 8 Gen 2」をレビュー | 発熱改善

AQUOS R8 pro_CPU

AQUOS R8 proにはCPU「Snapdragon 8 Gen 2」が搭載されています。「Snapdragon 8 Gen 1」が搭載されていた前作のAQUOS R7と比較すると、CPU性能は32%、GPU性能は24%、AI性能は約50%アップ。書込速度も最大1.7倍、読込速度も最大1.6倍になっています。

  • CPU : 人間でいう脳みそにあたる部分。CPU性能が高いと全体的なパフォーマンスも向上する。
  • GPU : 画像処理装置の性能。3D描写の多いゲームアプリや動画再生などに関係してくる。

また、背面のカメラリングと側面から熱を放出する「放熱設計サーモマネジメントシステム」を採用したことで発熱耐性に関しても向上しています。日常利用においては熱さを感じるシーンはほぼありませんでした。

Antutuベンチマークスコアも計測したのでご覧ください。

AQUOS R8 proのAntutuベンチマークスコアを計測 | 140万点超え

AQUOS R8 proのAntutuベンチマークは、以下の通り(Ver10で計測)。

  • AQUOS R8 pro_Antutuベンチマークスコア(1)
  • AQUOS R8 pro_Antutuベンチマークスコア(2)
  • AQUOS R8 pro_Antutuベンチマークスコア(3)

Antutuベンチマークスコア

  • 総合スコア : 1,388,666点
  • CPUスコア : 373,766点
  • GPUスコア : 504,850点
  • MEMスコア : 275,503点
  • UXスコア : 234,546点

※上記は3回計測した平均スコア

AQUOS R8 proのAntutuベンチマークは総合スコアで1,388,666点を叩き出しています。場合によっては140万点を超えることも!

スコアから見ても、AQUOS R8 proはかなりヌルヌルでサクサクな動作感と思って良いでしょう。

日常利用にとどまらず、3Dゲームなどヘビーなシチュエーションでもストレスなく使える端末です。

【レスポンス評価】

特に不満はありません。

使用用途としては、ブラウジングやSNS、動画視聴、カメラがメインで、たまにオンラインゲームをプレイしますが、どの用途でもレスポンス良く快適に利用できます。

発熱対策もされており、アプリが強制終了することもなし。悪評のあったSnapdragon 8 Gen 1から8 Gen 2へ変更した点は大きな進化です。

ドコモ公式 : https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

街のお店より1万円以上おトクなことも!ahamoの方も機種変更可!

今すぐAQUOS R8 proをおトクにドコモオンラインショップで手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら事務手数料が無料!

>>最新の【ドコモオンラインショップ クーポン】はこちら

ソフトバンク公式 : https://www.softbank.jp/online-shop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

ソフトバンクオンラインショップでお得にAQUOS R8 proを手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら頭金・事務手数料が無料!(自宅受取りが対象)


>>最新の【ソフトバンク キャンペーン】はこちら

 

AQUOS R8 proのメモリとストレージをレビュー | 最大1TBのmicroSDにも対応

AQUOS R8 pro_RAM/ROM

AQUOS R8 proのRAM(メモリ)は12GB、ROM(ストレージ)は256GBです。

メモリは一時的な記憶領域で主にマルチタスクに影響してきます。例えば、作業机が大きければ大きいほど一度に複数の教科書を開いて作業ができるのと同じで、メモリも大きいほど複数アプリを起動しての利用が快適になります。

一般的なメモリの目安は、エントリーモデルなら4GB、ミドルレンジなら6GBまたは8GB、フラッグシップモデルなら12GBです。3Dグラフィックのゲームをするなら8GB程度必要と言われていますが、AQUOS R8 proはその2倍のメモリを搭載しています。

「ゲームをガッツリ楽しみたいけどゲーミングスマホまではいらない」という方にはちょうどいいスマホでしょう。

【メモリとストレージの評価】

個人的にはメモリもストレージも十分な容量です。

ストレージは256GBのみで選択肢がありませんが、最大1TBのSDカードに対応しているので問題ではありません。写真や動画、アプリ等で本体容量を圧迫してしまうのであれば、別途SDカードを用意すれば良いでしょう。

それよりもSDカードの抜き差しが非常に面倒だと思いました......。

AQUOS R8 proはSDカードの挿入口が本体上部にありますがSIMピンが必要です。頻繁にSDカードを抜き差しする方はネックになるかも。

溝に爪を引っ掛けてトレーを引き出すタイプのほうが正直使いやすいです。

 

AQUOS R8 proの生体認証をレビュー | 顔・指紋ともに爆速認証

AQUOS R8 pro_生体認証

AQUOS R8 proはマスク対応の顔認証と画面内指紋認証に対応しています。

指紋認証には高セキュリティの「3D超音波指紋センサー(Qualcomm 3D Sonic Max)」を採用。認証範囲は30mm×20mmと大きく、2本指での認証にも対応しています。

以下のように、AQUOS R8 proの認証精度は抜群で画面ロックの解除も爆速です!

そして指紋や顔の登録も爆速! 指を何度も画面へかざす必要もなければ、スマホの前で顔をグルグル回す必要もありません。セキュリティ面が不安なくらい一瞬で認証登録が完了します。

指紋センサー長押しで使えるPayトリガーが便利

AQUOS R8 pro_Payトリガー

またAQUOS R8 proはPayトリガーにも対応しています。

画面ロック時に指紋認証センサーを長押しするとPayトリガーが起動し、あらかじめ設定しておいたアプリを瞬時に開けます

例えば、d払いやPayPayなど、決済系のアプリを設定しておくとお買い物時にもたつくことなく支払いができて便利でしょう。

決済系アプリに限らず、カメラや通話アプリ、ゲームなども設定できるので購入したら自分好みにカスタマイズしてみてくださいね!

【生体認証の評価】

とくに不満はありません。

高価格帯スマホの中でも、指紋または顔認証の一方にしか対応していない機種がある中、AQUOS R8 proは両方に対応しています。しかも顔認証はマスク対応で、指紋の認証スピードも爆速です。

指紋センサーの範囲も広いため、自然に指を置く流れで認証解除ができ快適に使えます。ぜひiPhoneにも採用してほしい所。

ドコモ公式 : https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

街のお店より1万円以上おトクなことも!ahamoの方も機種変更可!

今すぐAQUOS R8 proをおトクにドコモオンラインショップで手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら事務手数料が無料!

>>最新の【ドコモオンラインショップ クーポン】はこちら

ソフトバンク公式 : https://www.softbank.jp/online-shop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

ソフトバンクオンラインショップでお得にAQUOS R8 proを手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら頭金・事務手数料が無料!(自宅受取りが対象)


>>最新の【ソフトバンク キャンペーン】はこちら

 

AQUOS R8 proのゲーム性能をレビュー | サクサク快適にプレイできる!

AQUOS R8 pro_ゲームレビュー

AQUOS R8 proでゲームをプレイしてみましたが、とくに不満に思う点はありませんでした。

私は普段、広告にでてくるようなカンタンにプレイできるゲームを暇つぶし程度にプレイ、たまに荒野行動をガッツリプレイしたりします。ゲームガチ勢というよりは、ゲームエンジョイ勢といった感じです。

実際にオンラインゲームの荒野行動を最高設定にして1時間ほどプレイしてみました。画質レベルは超高画質、解像度はHD、フレームレートは120フレームです。結果、端末は熱くなるものの、プレイ中にカクついたりラグが発生することはなく常時ヌルサクで快適に遊べました!

発熱といっても端末が持てなくなるほどではないですし、最高設定でゲームするならある程度の発熱は仕方ないかなと思います。発熱箇所は主に熱を放出するカメラリング部分。

ちなみに、重たいゲームで知られる原神で設定をあげても処理落ちしないという声があるので、AQUOS R8 proはゲームガチ勢でも十分楽しめるスマホだと言えるでしょう。

リフレッシュレートも最大240Hzに対応しているので、非常に滑らかな映像と操作感を味わえます。

【ゲーム性能の評価】

ゲーム性能についても不満はありません。動作やレスポンスについてはもちろん、発熱対策も十分されているのかなと思います。

悪評のあった「Snapdragon 8 Gen 1」を搭載するAQUOS R7よりも、「Snapdragon 8 Gen 2」を搭載したAQUOS R8 proのほうが圧倒的にゲームパフォーマンスは上です。CPUの進化はゲームへの影響も大きいですね。

また、AQUOS R8 proのボディは四つ角と側面がラウンドしているので、長時間ゲームをしていても手が痛くなることはありませんでした。ディスプレイ面のパンチホール型インカメラはゲームによっては気になりそうです。

 

AQUOS R8 proの防水/防塵性能をレビュー | IP68等級

AQUOS R8 proはIPX5・IPX8等級の防水性能とIP6Xの防塵性能を備えています。

・IPX5とは、内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から12.5リットル/分の水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、電話機としての機能を有することを意味します。
・IPX8とは、常温で水道水、かつ静水の水深1.5mのところに電話機を静かに沈め、約30分間放置後に取り出したときに電話機としての機能を有することを意味します。
・IP6Xとは、保護度合いを指し、直径75μm以下の塵埃(じんあい)が入った装置に電話機を8時間入れてかくはんさせ、取り出したときに電話機の内部に塵埃が侵入しない機能を有することを意味します。

引用 : AQUOS R8 proのスペック | SHARP公式

また、浴室温度5~40℃以下で湿度99%以下であれば、2時間以内の範囲でお風呂でも利用できます

【防水防塵性能の評価】

防水防塵性能ともに最高等級のため不満なし。

水回りの仕事をしている方や、キッチンまわりでスマホを利用する方にもおすすめできる1台です。

また、お風呂でスマホをいじることが多い方もAQUOS R8 proなら安心し利用できます。

 

AQUOS R8 proのSDGsの取り組み

SDGs

SHARPはSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みとして、スマートフォンの筐体や環境に配慮したパッケージに力を入れています。

AQUOS R8 pro_内容物1 AQUOS R8 pro_内容物2

AQUOS R8 pro_内容物3

AQUOS R8 pro_内容物4

AQUOS R8 proのパッケージに関してもプラ素材が使われておらず、環境への負担を抑えた紙素材が採用されています。

SHARPはSDGsの達成にどのように貢献していくかをテーマに、事業の拡大と社会課題の解決の両立に取り組んでいます。

参考 : SDGsとは? | JAPAN Action Platform | 外務省 / シャープとSDGs | SHARP公式

 

AQUOS R8 proのスペック・本体価格一覧表

最後にAQUOS R8 proのスペックと本体価格をまとめておきます。

AQUOS R8 proのスペック
カラー ブラック
大きさ 約高さ161×幅77mm×厚み9.3mm(突起部除く)
重量 約203g
ディスプレイ 約6.6インチ Pro IGZO OLED
解像度 WUXGA+(1,260×2,730)
リフレッシュレート 1~240Hz
SoC Snapdragon 8 Gen 2
3.18GHz + 2.8GHz + 2.0GHz オクタコア
OS Android 13
メモリ 12GB
ストレージ 256GB
アウトカメラ 4,720万画素 F値1.9
ライカカメラ社監修1インチセンサー
フロントカメラ 1,260万画素 F値2.3
バッテリー 5,000mAh
急速充電規格 USB Power delivery Revision3.0
ワイヤレス充電 Qi規格ワイヤレス充電対応
チャージシェア対応
SIM nanoSIM / eSIM
防水/防塵 IPX5・IPX8(お風呂防水対応) / IP6X
SDカード 最大1TB
スピーカー ステレオスピーカー
Dolby Atmos
イヤホンジャック イヤホンマイク端子(3.5φ)
Bluetoothコーデック aptX / aptX HD / aptX Adaptive / SBC / AAC / LDAC / LC3
生体認証 顔認証(マスク対応) / 3D超音波指紋認証(Qualcomm 3D Sonic Max)
おサイフケータイ 対応
本体価格 ソフトバンク : 191,520円(実質95,760円)
ドコモ : 209,000円(実質117,920円)
( )内の価格は2年後に端末を返却した場合の実質負担額

参考 : AQUOS R8 proのスペック | SHARP公式

ドコモ公式 : https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

街のお店より1万円以上おトクなことも!ahamoの方も機種変更可!

今すぐAQUOS R8 proをおトクにドコモオンラインショップで手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら事務手数料が無料!

>>最新の【ドコモオンラインショップ クーポン】はこちら

ソフトバンク公式 : https://www.softbank.jp/online-shop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

ソフトバンクオンラインショップでお得にAQUOS R8 proを手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら頭金・事務手数料が無料!(自宅受取りが対象)


>>最新の【ソフトバンク キャンペーン】はこちら

対応バンドとミリ波の対応状況について

AQUOS R8 proの対応バンドは、以下の通り。

  5G 4G LTE
ソフトバンク版 n3、28、77、78、79 バンド1、3、8、11、18、19、21、41、42
ドコモ版 n1、3、28、41、77、78、79、257 バンド1、3、8、11、18、19、21、41、42

参考 : AQUOS R8 pro SH-51Dのスペック | ドコモ / AQUOS R8 pro 搭載周波数帯一覧 | ソフトバンク

AQUOS R8 proはドコモとソフトバンクで取り扱っていますが、対応バンドに違いがあります。大きく分かれる部分としては5Gのn257の対応状況です。

n257はミリ波と言われる周波数帯。ドコモ版はミリ波に対応していますが、ソフトバンク版は非対応です。

ミリ波って?

ミリ波は30~300GHzの周波数帯。真の5Gとも言える。

ミリ波は5Gバンドの1つでSub6よりも高速通信が可能になります。ただ、現状Sub6を中心に5Gエリアを拡大しており、ミリ波が使えるエリアはかなり限定的です。そしてミリ波必須のサービスもありません。

そのため、現状ミリ波にこだわりすぎる必要はないでしょう。ソフトバンク版のAQUOS R8 proでも十分ですが、一応違いがあることは知っておきましょう。

ドコモ公式 : https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

街のお店より1万円以上おトクなことも!ahamoの方も機種変更可!

今すぐAQUOS R8 proをおトクにドコモオンラインショップで手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら事務手数料が無料!

>>最新の【ドコモオンラインショップ クーポン】はこちら

ソフトバンク公式 : https://www.softbank.jp/online-shop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

ソフトバンクオンラインショップでお得にAQUOS R8 proを手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら頭金・事務手数料が無料!(自宅受取りが対象)


>>最新の【ソフトバンク キャンペーン】はこちら

 

【総合評価】AQUOS R8 proの良い点と悪い点について

AQUOS E8 pro_デザインレビュー

【総合評価】

AQUOS R8 proは5段階評価の4.5点です。全体的に完成度が高く、同価格帯のスマホとしっかり張り合えるだけのポテンシャルを備えています。

AQUOS R8 proの注目すべき所はライカ社監修の1インチセンサーカメラですが、これはもう素晴らしい仕上がりです! 動きのあるペット撮影はやや不向きかもしれませんが、そのほかのシーンにおいては満足のいくパフォーマンス。

盛りすぎることもなく、目に見たままに近い自然な色合いとライカらしいエモい感じがマッチして映えを狙えるカメラ性能です。

もちろんレスポンスやディスプレイ性能、電池持ち、ゲーム性能、発熱耐性も十分。顔認証と指紋認証のどちらにも対応しており認証速度が爆速な点も評価が高いです。

気になる点を1つあげるとするなら充電速度が遅い点です。欲を言えば100W以上の急速充電に対応してほしいなと思います。

とは言え、充電速度を妥協できるくらい他の性能は優れています。スマホに尖った性能を求めるならAQUOS R8 proはピッタリなスマホです。

約20万円と価格設定は高めですが、キャンペーンを活用すれば実質半額程度で購入できるので事前にチェックしておくと良いでしょう。

ドコモ公式 : https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

街のお店より1万円以上おトクなことも!ahamoの方も機種変更可!

今すぐAQUOS R8 proをおトクにドコモオンラインショップで手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら事務手数料が無料!

>>最新の【ドコモオンラインショップ クーポン】はこちら

ソフトバンク公式 : https://www.softbank.jp/online-shop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

ソフトバンクオンラインショップでお得にAQUOS R8 proを手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら頭金・事務手数料が無料!(自宅受取りが対象)


>>最新の【ソフトバンク キャンペーン】はこちら

楽天モバイルお得情報!

要チェック!

RM 3.2(2)

iPhoneを購入するなら楽天モバイルがおすすめ!

キャリア最安値&最大32,000円相当の還元が受けられ、最新iPhoneでも実質半額以下で購入できちゃいます!

  • 一括払いまたは24回払い
    →最大20,000円値引き+最大12,000ポイント還元
  • 48回払い
    →最大12,000ポイント還元

例えば、他社では約145,000円~150,000円するiPhone 15(128GB)が、楽天モバイルなら131,800円で購入可能。32,000円相当の還元を加味すると、実質99,800円で購入できます。

いま使っているキャリアで機種変更するよりも断然安くなります! 浮いたお金でケースや画面保護フィルムを揃えることも可能。本体容量をワンランクアップしても良いでしょう。

分割払いにしたい方は48回払いの楽天モバイル買い替え超トクプログラムを使って2年後に端末を返却すれば、本体代金の約半分の支払いが免除になります。

iPhone 15(128GB)ならポイント還元も加味すると実質53,880円で入手できちゃうんです!

ぜひ、この機会に楽天モバイル公式サイトを覗いてみてください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

最大32,000円相当還元!

楽天モバイルでお得にiPhone15/15 Proを購入する

※楽天ポイントもザクザクたまる!

>>最新の【楽天モバイルクーポン】はこちら

SHARP記事一覧


コスパ最強スマホ9選はコレだ

iPhone(アイフォン) SHARP Oppo Pixel Motorola

【2024年】コスパ最強スマホ9選はコレだ!安いだけじゃなくスペックの妥協もなし!【ミドルレンジ~ハイエンドクラス】
投げ売りスマホ

iPhone(アイフォン) Xperia Galaxy SHARP Pixel

【2024年7月】スマホ投げ売りキャンペーンのセール情報!お得な機種はコレ!
LEITZ PHONE3 VS LEITZ PHONE2

SHARP LEITZ PHONE 2 LEITZ PHONE3

どっちを買うべき?LEITZ PHONE3とPHONE2のスペックの違い!キャンペーンで安く買う方法も紹介
【最新】AQUOS wish3のキャンペーン・価格・割引・値下げ情報まとめ

SHARP AQUOS wish3

【最新】AQUOS wish3のキャンペーン・価格・割引・値下げ情報まとめ | 安く機種変更できるのはどこ?

SHARP AQUOS R7

【最新】AQUOS R7のキャンペーン・割引・値下げ情報まとめ!最安値はどこだ?

SHARP AQUOS sense7 plus AQUOS sense7

【最新】AQUOS sense7/7plusのキャンペーン・割引・値下げ情報まとめ!実質半額以下で購入も可能!?

SHARP AQUOS R8 pro AQUOS R8

【最新】AQUOS R8/R8 proの値下げキャンペーン・投げ売り情報まとめ!機種変更で安く買うならココだ!
AQUOS sense8のキャンペーン・割引・値下げ情報まとめ|実質半額以下で購入可能!

SHARP AQUOS sense8

【最新】AQUOS sense8を安く買うならどこ?キャンペーン・割引・値下げ情報まとめ!実質半額以下で安く買う方法も紹介
AQUOS wish4 VS wish3

SHARP AQUOS wish4 AQUOS wish3

どっちを買うべき?AQUOS wish4とAQUOS wish3のスペックの違い!

SHARP AQUOS wish4

AQUOS wish4の発売日は2024年7月上旬!価格やスペック最新情報まとめ

SHARP AQUOS R9 AQUOS R9 pro

AQUOS R9/R9 proの最新情報まとめ!発売日はいつ?スペックや価格も紹介
AQUOS R9 VS R8

SHARP AQUOS R9 AQUOS R8

買うならどっち?AQUOS R9とR8の違いを徹底比較!
【最新】AQUOS R9/R9 proのキャンペーン・投げ売り・値下げまとめ!最安値はどこ?

SHARP AQUOS R9

【最新】AQUOS R9/R9 proのキャンペーン・投げ売り・値下げまとめ!最安値はどこ?

SHARP AQUOS R7 AQUOS R8

AQUOS R8とR7の違いを15項目で徹底比較!どっちを買うべき?

SHARP AQUOS R8 pro AQUOS R8

【最新】AQUOS R8/8Proの発売日はいつ?予約開始日・価格・スペック情報まとめ

Xperia Xperia 5 V Galaxy Galaxy S23 FE SHARP AQUOS R8 Pixel Pixel 8

Galaxy S23 FEとGoogle Pixel 8とXperia 5 ⅤとAQUOS R8の違いを11項目で徹底比較!どっちを買うべき?

Xperia Xperia 5 V SHARP AQUOS R8

Xperia 5 ⅤとAQUOS R8の違いを13項目で徹底比較!どっちを買うべき?

SHARP AQUOS R8 pro AQUOS R8 Pixel Pixel 8 Pixel 8 Pro

Pixel 8/8 ProとAQUOS R8/R8 proの違いを10項目で徹底比較!どっちを買うべき?

SHARP AQUOS R8 pro AQUOS R8

AQUOS R8とR8 proの違いを11項目で徹底比較!どっちを買うべき?

iPhone(アイフォン) iPhone15Pro Max iPhone15Pro iPhone15 iPhone15Plus Xperia Xperia 1 V Galaxy Galaxy S23 Galaxy S23 Ultra SHARP AQUOS R8 AQUOS R8 pro Xiaomi Xiaomi 13T Pro

Xiaomi 13T ProとiPhone15/Plus・Galaxy S23/Ultra・Xperia 1 V・AQUOS R8/Proの違いを11項目で徹底比較!結局どれがおすすめ?

SHARP AQUOS R8 pro AQUOS R8

AQUOS R8/R8 proが使える格安SIMおすすめ7選!15社の動作確認状況も調査
AQUOS R8_review

SHARP AQUOS R8

【実機レビュー】AQUOS R8通常モデルを9項目で激辛評価!買うべき理由と買わない理由

SHARP AQUOS R8 AQUOS sense7 AQUOS sense7 plus

AQUOS R8とAQUOS sense7/7 plusの違いを10項目で比較|どちらを買うべき?

iPhone(アイフォン) iPhone15 SHARP AQUOS R8

AQUOS R8とiPhone15の違いを9項目で徹底比較!どっちを買うべき?

Galaxy Galaxy S23 SHARP AQUOS R8

Galaxy S23とAQUOS R8の違いを12項目で徹底比較|どっちを買うべき?

SHARP AQUOS R8 AQUOS sense8

AQUOS sense8とAQUOS R8の違いを11項目で徹底比較!どっちを買うべき?
Galaxy S24/UltraとAQUOS R8/proの比較

Galaxy Galaxy S24 Galaxy S24 Ultra SHARP AQUOS R8 pro AQUOS R8

Galaxy S24/UltraとAQUOS R8/proの違いを9項目で徹底比較!どっちを買うべき?
1円スマホのキャンペーン一覧!一括一円はどこで買えるのか【ドコモ・au・ソフトバンク】

iPhone(アイフォン) Xperia SHARP Xiaomi Pixel Arrows Motorola docomo(ドコモ) au ソフトバンク 格安SIM

【2024年6月最新】1円スマホのキャンペーン一覧!一括一円はどこで買えるのか【ドコモ・au・ソフトバンク】
AQUOS R9在庫・入荷状況一覧!店舗とオンラインショップの在庫確認方法も紹介

SHARP AQUOS R9 AQUOS R9 pro

AQUOS R9在庫・入荷状況一覧!店舗とオンラインショップの在庫確認方法も紹介

SHARP

AQUOSケータイ4のキャンペーン・割引・値下げ情報まとめ!実質半額以下の購入も可能
LEITZ PHONE3 VS AQUOS R8 pro

SHARP AQUOS R8 pro LEITZ PHONE3

どっちがいい?LEITZ PHONE3とAQUOS R8 proの違いを徹底比較!選ぶポイントと機種の特徴は?

iPhone(アイフォン) Xperia Galaxy SHARP Xiaomi Oppo Pixel

【2024年】LHDC/LDAC対応スマホ一覧!おすすめ機種やコーデックの違いも紹介

iPhone(アイフォン) iPhoneSE3 SHARP AQUOS sense8

AQUOS sense8とiPhone SE3(第3世代)の違いを13項目で徹底比較!どっちを買うべき?

SHARP AQUOS sense7 Pixel Google Pixel 7

Pixel7とAQUOS sense7の違いを9項目で徹底比較 | どっちを買うべき?

SHARP AQUOS sense8 Pixel Pixel 7a

AQUOS sense8とPixel 7aの大きな違いはCPUと重量!10項目で比較してどっちを買うべきか紹介!

Xperia Xperia 10 V SHARP AQUOS sense8

AQUOS sense8とXperia 10 Vの違いを10項目で徹底比較!どっちを買うべき?

Galaxy Galaxy S23 Ultra SHARP AQUOS R8 pro

Galaxy S23 UltraとAQUOS R8 proの違いを15項目で徹底比較!どっちを買うべき?

iPhone(アイフォン) Xperia Galaxy SHARP Xiaomi Pixel

FeliCa搭載(おサイフケータイ)対応スマホをコスパで選ぶならコレ!おすすめ7選【Android/iPhone】

iPhone(アイフォン) iPhone14 Pro Max iPhone14 Pro iPhone14 Plus iPhone14 SHARP AQUOS R7

iPhone14とAQUOS R7の違いを11項目で徹底比較!どっちを買うべき?

SHARP AQUOS R8 AQUOS R8 pro

AQUOS R8/R8 proの大きさ・画面サイズ・重さまとめ!片手操作は可能?

SHARP AQUOS wish3

AQUOS wish3の発売日はいつ?予約開始日・価格・スペックを徹底解説
AQUOS wish3_実機レビュー

SHARP AQUOS wish3

AQUOS wish3を7項目で辛口レビュー評価!スペックダウンしたって本当!?

SHARP AQUOS wish3 AQUOS wish2 格安SIM

AQUOS wish3とAQUOS wish2の違いを8項目で徹底比較!どっちを買うべき?

SHARP AQUOS wish3

AQUOS wish3の大きさ・画面サイズ・重さまとめ!携帯性や操作性はどんな感じ?

iPhone(アイフォン) iPhone14 Galaxy Galaxy S23 FE Galaxy S23 SHARP AQUOS R8 Xiaomi Xiaomi 13T Pro Xiaomi 13T

ゲームがサクサク動くスマホで安い機種おすすめ11選!au・ソフトバンク・ドコモで購入可能なスマホも紹介!

iPhone(アイフォン) Xperia Galaxy SHARP Xiaomi Oppo Pixel ASUS Arrows 京セラ Motorola

【2024年】eSIM対応スマホ一覧!iPhone・Android別に紹介

Xperia Galaxy SHARP Xiaomi Motorola

スマホはエントリーモデルで十分?評判の良いAndroidランキング

iPhone(アイフォン) Xperia Galaxy SHARP Pixel

一眼レフ並みのカメラ性能を持つスマホランキングTOP5!プロ並みの写真を撮る方法とは?

iPhone(アイフォン) iPhone15Pro SHARP AQUOS R8 pro

iPhone15ProとAQUOS R8 proの違いを9項目で徹底比較!どっちを買うべき?
AQUOS sense8の発売日・価格・スペック・キャンペーン情報まとめ

SHARP AQUOS sense8

【11月9日発売】AQUOS sense8の発売日・価格・スペック全情報まとめ【ドコモ・au・楽天・格安SIM】

SHARP AQUOS sense7 AQUOS sense8 AQUOS sense7 plus

AQUOS sense8とsense7/7 plusの違いを10項目で徹底比較!どっちを買うべき?

SHARP AQUOS sense8 格安SIM

AQUOS sense8が使えるおすすめ格安SIM7社をランキング形式で紹介!
AQUOS sense8_レビュー

SHARP AQUOS sense8

AQUOS sense8実機レビュー!良い点・悪い点を9項目で辛口評価してみた!

SHARP AQUOS sense8 docomo(ドコモ) au 格安SIM UQ mobile(ユーキューモバイル) J:COMモバイル

AQUOS sense8の大きさ・重さ・画面サイズまとめ!携帯性に優れた軽量なスマートフォン!

SHARP AQUOS sense8 Oppo OPPO Reno9 A

AQUOS sense8とOPPO Reno9 Aの違いを11項目で徹底比較!どっちを買うべき?

SHARP AQUOS sense8 Oppo OPPO Reno10 Pro 5G

AQUOS sense8とOPPO Reno10 Pro 5Gの違いを13項目で徹底比較!どっちを買うべき?

Galaxy Galaxy A54 5G SHARP AQUOS sense8

AQUOS sense8とGalaxy A54 5Gの違いを10項目で徹底比較!どっちを買うべき?

SHARP AQUOS sense8 docomo(ドコモ) au 格安SIM 楽天モバイル J:COMモバイル

AQUOS sense8の月額料金はプラン料金込みだといくらになる?【au/楽天/ドコモ/UQ/J:COM】

Xperia Xperia 10 IV SHARP AQUOS sense7

AQUOS sense7とXperia 10 IVの違いを8項目で徹底比較!どっちを買うべき?

Xperia Xperia 1 V SHARP AQUOS R8 pro

Xperia 1 VとAQUOS R8 proの違いを14項目で徹底比較!どっちを買うべき?

Xperia Xperia 5 SHARP AQUOS R3 docomo(ドコモ)

Xperia5(SO-01M)とAQUOS R3( SH-04L)の比較レビュ―!コスパがいいのはどちらだ?

SHARP

歴代AQUOSの発表日・予約開始日・発売日一覧【ドコモ/au/ソフトバンク/楽天】

SHARP AQUOS sense7 plus AQUOS sense7 UQ mobile(ユーキューモバイル)

AQUOS sense7と7 plusの違いを11項目で徹底比較!どっちを買うべき?

HUAWEI ZTE Nothing Phone Xperia Galaxy SHARP Xiaomi Oppo Pixel ASUS Arrows 京セラ Motorola

【2024年】Displayport alternate mode対応スマホ一覧!ケーブル1本でテレビに映像出力できる!

ZTE Nothing Phone iPhone(アイフォン) Xperia Galaxy SHARP Xiaomi Oppo Pixel ASUS Arrows 京セラ Motorola

【2024年】Qi/Qi2対応のAndroid機種一覧!ワイヤレス充電で面倒なケーブルの抜き差しから卒業しよう!

iPhone(アイフォン) Xperia Galaxy SHARP Oppo Pixel Motorola

【2024年最新】スマホおすすめ15選!キャリア別人気ランキングやコスパ最強端末も紹介!【Android/iPhone】

iPhone(アイフォン) iPhone13 Xperia Galaxy SHARP docomo(ドコモ)

【2024年版】ドコモのバッテリーが長持ちするスマホはどれだ?!電池消耗を抑える方法も紹介

iPhone(アイフォン) Xperia Galaxy SHARP Pixel

スマホの寿命は何年?5年以上使いたいなら必見。スマホが壊れる前兆と寿命を延ばすための方法を徹底解説!

Nothing Phone iPhone(アイフォン) Xperia Galaxy SHARP Xiaomi Oppo Pixel ASUS 京セラ Motorola

マイナンバーカード読み取り対応スマホ一覧【Android・iPhone】

HUAWEI ZTE Nothing Phone iPhone(アイフォン) Xperia Galaxy SHARP Xiaomi Oppo Pixel ASUS Arrows 京セラ Motorola

WiFi6/6E/7対応スマホ一覧!高速Wi-Fiが使えるスマホはこれだ!

iPhone(アイフォン) Xperia Galaxy SHARP Xiaomi Oppo Pixel ASUS Arrows 京セラ Motorola

壊れやすいスマホの故障ランキング!故障率の高い端末の特徴と壊れにくいスマホ5機種も紹介
スマホが熱い6つの理由とは?熱さ対策とやってはいけないことも紹介

iPhone(アイフォン) Xperia Galaxy SHARP Xiaomi Oppo Pixel ASUS Arrows 京セラ Motorola

スマホが熱い6つの理由とは?熱さ対策とやってはいけないことも紹介

SHARP AQUOS R8 pro AQUOS R8

AQUOS R8/R8 proの在庫・入荷状況一覧!店舗とオンラインショップの在庫確認方法も紹介!
【実機レビュー】AQUOS R8 proを9項目で辛口評価!1インチセンサーカメラの作例も紹介

SHARP AQUOS R8 pro

【実機レビュー】AQUOS R8 proを9項目で辛口評価!1インチセンサーカメラの作例も紹介
Dandyストア 評判

iPhone(アイフォン) iPad Xperia Galaxy SHARP Xiaomi Oppo Pixel ASUS Arrows

Dandyストアはヤバい? 評判・口コミと実際に購入した商品を紹介!

SHARP AQUOS R7 docomo(ドコモ) ソフトバンク

AQUOS R7の発売日・予約開始日はいつ?価格・スペックなど情報まとめ【ドコモ/ソフトバンク】
【実機】AQUOS wish2を辛口レビュー | 10項目を徹底調査してわかった「買うべき理由・買ってはいけない理由」とは?

SHARP AQUOS wish2

【実機】AQUOS wish2を辛口レビュー | 10項目を徹底調査してわかった「買うべき理由・買ってはいけない理由」とは?

iPhone(アイフォン) iPhoneSE3 SHARP AQUOS sense7

iPhoneSE3とAQUOS sense7の違いを7項目で徹底比較!買うならどっち?
【実機レビュー】AQUOS sense7/7 plusを10項目で辛口評価!買うべき理由と買ってはいけない理由とは?

SHARP AQUOS sense7 plus AQUOS sense7

【実機レビュー】AQUOS sense7/7 plusを10項目で辛口評価!買うべき理由と買ってはいけない理由とは?

SHARP LEITZ PHONE 2

Leitz Phone 2の キャンペーン・割引・値下げ情報まとめ!実質半額で購入も可能【ソフトバンク】

SHARP LEITZ PHONE 2 Leitz Phone 1

Leitz Phone 2とLeitz Phone 1の違いを比較!よりオススメしたいのは断然Leitz Phone 2!

SHARP AQUOS sense7 plus AQUOS sense7

AQUOS sense7/7plusに不具合はある?調査結果まとめ

SHARP AQUOS R7 LEITZ PHONE 2

Leitz Phone 2とAQUOS R7の違いを11項目で徹底比較!どっちを買うべき?

SHARP LEITZ PHONE 2

Leitz Phone 2の大きさ・重さ・画面サイズは?過去機種やiPhoneやギャラクシーなどと比較

SHARP AQUOS sense7 AQUOS sense7 plus

AQUOS sense7/7plusはSDカードとイヤホンジャックに対応してる?カードの選び方と取り付け方は?
何が違うAQUOSケータイ4と3のスペックの違いを徹底解説!

SHARP

何が違う?AQUOSケータイ4と3のスペックの違いを徹底解説!

SHARP LEITZ PHONE 2

Leitz Phone 2はSDカードやイヤホンジャックに対応している?取り付け方は?

SHARP AQUOS sense7 plus Pixel Google Pixel 7

Pixel 7とAQUOS sense7 plusの違いを9項目で徹底比較!どっちを買うべき?

SHARP 京セラ

AQUOSケータイ4とDIGNOケータイ4を比較してわかった7つの違いとは?おすすめはどっち?

SHARP AQUOS sense7 plus AQUOS sense7

AQUOS sense7/7 plusのAntutuベンチマークスコアが判明!前モデルとどれくらい性能差があるか比較してみた
AQUOS sense7・7 plus スペックを比較発売日や価格も紹介

SHARP AQUOS sense7 plus AQUOS sense7

AQUOS sense7・7 plusスペックを徹底解説!発売日や価格も紹介

SHARP AQUOS sense7 AQUOS sense7 plus

シャープAQUOS sense7/7plusの大きさ・重さ・画面サイズ情報や比較まとめ
【実機レビュー】AQUOS R7を辛口評価 | 10項目を徹底調査してわかった買うべき理由・買ってはいけない理由」とは?

SHARP AQUOS R7

【実機レビュー】AQUOS R7を辛口評価 | 10項目を徹底調査してわかった買うべき理由・買ってはいけない理由とは?
ahamoで使えるAQUOSの対応機種一覧セット購入できる端末も紹介

SHARP 格安SIM ahamo

ahamoで使えるAQUOSの対応機種一覧|セット購入できる端末も紹介

SHARP AQUOS R7 AQUOS R6 docomo(ドコモ) ソフトバンク

AQUOS R7とAQUOS R6の違いを比較!よりオススメしたいのは断然「AQUOS R7」!

SHARP AQUOS sense6 AQUOS sense6s

AQUOS sense6sとAQUOS sense6に違いはあるのか?!徹底比較と購入するならここだ!

SHARP AQUOS sense6

AQUOS Sense6 キャンペーン一覧【ドコモ・au・ソフトバンク・格安SIM】

SHARP AQUOS sense6 docomo(ドコモ) au 格安SIM 楽天モバイル

AQUOS sense6をレビュー!実際の使い心地やカメラを検証!
AQUOS sense6 アイキャッチ

SHARP AQUOS sense6

AQUOS sense6のスペック・機能・発売日等まとめ

iPhone(アイフォン) iPhone13 SHARP AQUOS R6

iPhone13とAQUOS R6を徹底比較!どっちがオススメ?

Xperia Xperia 1 III SHARP AQUOS R6

AQUOS R6 と Xperia1 III を徹底比較!どちらの端末がオススメか正直に検証!

SHARP AQUOS R6

AQUOS R6をレビュー!ディスプレイの美しさが際立つ!最新ハイスペックモデル

SHARP AQUOS R6

AQUOS R6のスペック・新機能・発売日等まとめ

SHARP AQUOS R6

AQUOS R6の月額料金・端末価格・値下げ・キャンペーン・安く買う方法まとめ!

SHARP AQUOS zero5G basic au

AQUOS zero5G basicのスペックは?ゲーミングスマホとしての性能はあるか?

SHARP AQUOS zero5G basic DX au

au、動画やゲームを快適に楽しめる5G対応スマホ「AQUOS zero5G basic DX」を9月19日から発売

SHARP AQUOS sense4 docomo(ドコモ)

AQUOS sense4 (SH-41A)は安くて使えるスマホ。価格や発売日、コスパや特徴

Xperia Xperia 5 SHARP

Xperia5(SO-01M)とAQUOS sense3(SH-02M)の実機比較!おすすめはどっちだ?

SHARP AQUOS sense3 docomo(ドコモ)

AQUOS sense3(SH-02M)のレビュー。使ってみて感じたことメリットデメリット

SHARP AQUOS R5G docomo(ドコモ)

AQUOS R5G(SH-51A)の価格やキャンペーンについて。事前予約で更にお得!
  • この記事を書いた人
iPhone大陸

iPhone大陸運営事務局

格安SIMの「ロケットモバイル」を提供する株式会社IoTコンサルティングが運営しています。「IoT」という手段を通して、世の中を効率化し、生産性を上げていくことをミッションに抱えています。年々高騰するスマートフォンや頻繁に変化する格安SIMを後悔せず選べるように「iPhone大陸」を運営しております。

-SHARP, AQUOS R8 pro

© Copyright - 株式会社 IoTコンサルティング All Rights Reserved.