【4/11発売】auのGalaxy S24/Ultraが最大22,000円割引 | auオンラインショップ

【注目】楽天モバイル クーポン配布中!最大32,000円相当の還元も!

当サイトiPhone大陸の記事はPRを含みます。

格安SIM LINEMO

LINEMOの9つのデメリットと乗り換えがおすすめな方の特徴を紹介!やめとけは本当?

LINEMOはソフトバンクが提供するオンライン専用プランです。

月額料金は3GBで990円、もしくは20GBで2,728円と格安な料金で利用できることから、乗り換えを考えている方も多いのではないでしょうか。

そんな乗り換えを考えているあなたに、乗り換え前に知っておいてほしいのがLINEMOのデメリットです。

LINEMOに乗り換えてから後悔しないためにも、この記事を読んで事前にデメリットを理解しておきましょう。

またLINEMOがどのような方におすすめなのか、メリットやキャンペーン情報、申込方法までまとめて紹介します。

この記事を読めばあなたが「本当にLINEMOに乗り換えるべきかどうか?」が分かるので、ぜひ最後まで読んで自分にあった格安SIMを見つけてください。

LINEMO公式 : https://www.linemo.jp/

最大10,000PayPayポイント還元中!

今すぐLINEMOをお得に申し込むにはコチラをタップ!

※月々990円~LINEのトークや通話などはギガフリーで使える!

LINEMO
LINEMO

>>最新の【LINEMO キャンペーン】はこちら
>>【LINEMOの評判】はこちら

目次

auお得注意報!

Galaxy S23 FE機種変更おトク割

auオンラインショップで使えるキャンペーン au Online Shop SIM乗りかえ特典

5G機種変更おトク割 Google Pixel 8aへの機種変更がいきなりおトク!

auオンラインショップ SPECIAL SALE

au Xperia 1 VI機種変更おトク割

auではiPhone15シリーズやGalaxy S24/S24 Ultra、Xperia 1 VI、Pixel 8a、Galaxy A55 5G、Redmi Note 13 Pro、Galaxy Tab S9 FE+ 5Gなどの新型スマートフォンやタブレットが続々登場!

それに伴い、auオンラインショップではお得なキャンペーンを多数実施しています。

新規ユーザーだけでなく、既存ユーザーへの還元も怠らないのがauの魅力。機種変更なら最大27,500円、他社からの乗り換えなら最大44,000円の還元が受けられちゃいます!

そして、スマホの買い替えで分割払いを検討している方には24回払いの「スマホトクするプログラム」がおすすめ!

機種に応じた残価を最終回分の支払いに設定し、25ヶ月目に端末を返却すると残価がまるっと免除される購入方法です。超カンタンにお伝えすると、実質半額程度の負担で2年ごとに新しいスマホが使える購入サポート。

例えば..

機種/定価 新規契約 乗り換え 機種変更
Galaxy S24
(256GB)
144,800円
実質68,800円~
(初回2,998円+2,991円×22回)
実質57,800円~
(初回2,514円+2,513円×22回)
実質74,300円~
(初回3,240円+3,230円×22回)
Galaxy S24 Ultra
(256GB)
224,800円
実質114,800円~
(初回4,998円+4,991円×22回)
実質103,800円~
(初回4,514円+4,513円×22回)
実質120,300円~
(初回5,240円+5,230円×22回)
Xperia 1 VI
214,800円(NEW)
実質123,800円~
(初回5,396円+5,382円×22回)
実質112,800円~
(初回4,912円+4,904円×22回)
実質112,800円~
(初回4,912円+4,904円×22回)
iPhone 15
145,640円~
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
iPhone 14
127,900円~
実質33,047円~
(初回1,455円+1,436円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質38,547円~
(1,697円+1,675円×22回)
Pixel 8a
80,000円
実質11,047円~
(初回487円+480円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質5,547円~
(245円+241円×22回)
Galaxy A55 5G
77,000円
実質36,400円~
(初回1,596円+1,582円×22回)
実質25,400円~
(初回1,112円+1,104円×22回)
実質41,900円~
(1,838円+1,821円×22回)
Redmi Note 13 Pro 5G
41,800円
実質15,800円~
(初回708円+686円×22回)
実質4,800円~
(初回224円+208円×22回)
実質21,300円~
(928円+926円×22回)

※2024年6月17日時点の情報です。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

Galaxy S24(256GB)なら通常価格は144,800円ですが、25ヶ月目に端末を返却すると65,000円が免除されるため、実質負担金は79,800円。

さらに22,000円割引を適用すると実質57,800円、月々2,513円(初回2,514円)で購入できちゃう! お得過ぎませんか!?

iPhone 14やPixel8aなら実質47円~購入できますよ!

そのほかauオンラインショップではSIM単体契約で10,000円相当還元も行っています。

もしあなたがスマホや携帯会社の切り替えを検討していたり、auでの機種変更を考えているなら、一度auオンラインショップを覗いてみてくださいね。

機種変更なら午前11時45分までの注文完了で当日の18時~22時に商品を届けてくれます(地域限定)

\オンライン購入アドバイザーに無料相談しながら手続きできる!/
auオンラインショップ公式 : https://www.au.com/mobile/onlineshop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

auオンラインショップはこちらをタップ!

※au Online Shop お得割実施中

>>最新の【au キャンペーン】はこちら
>>auショップ 待ち時間対策はこちら

 

LINEMOのデメリット・メリットからわかった乗り換えがおすすめな方の特徴

linemo-logo

LINEMOのデメリット・メリットを理解した上で、LINEMOへの乗り換えがおすすめな方の特徴は以下の通りです。

  • スマホ代を節約したい方
  • 格安SIMにしたいけど通信品質が心配な方
  • LINEをよく利用する方
  • PayPay残高チャージにまとめて支払いを使いたい方
  • 店舗でのサポートを必要としない方

LINEMOの料金プランは3GBで990円のミニプラン、もしくは20GBで2,728円のスマホプランの二種類です。

ソフトバンクのメリハリ無制限(月額7,238円)と比べるとスマホ代を半額以下に節約できます。

格安SIMのデメリットとしてあげられる通信品質が落ちるという点についても、LINEMOなら問題ありません。

LINEMOは自社のソフトバンク回線を使っているため、大手キャリアと同じ通信品質を保ちながらスマホ代を節約できるのです。

またLINEMOは他の格安SIMと違って、LINE利用時はデータカウントされない、PayPay残高チャージにまとめて支払いを使えるというメリットもあります。

これは他の格安SIMにはないLINEMOならではのメリットのため、LINEやPayPayをよく利用する方におすすめです。

最後に、LINEMOはオンライン専用プランのため申し込み時はもちろん、なにかあった場合のサポートも店舗では受付をしていません。

なにかあった時には自分で調べたり、オンラインでの問い合わせで解決したりする必要があります。

スマホにある程度慣れている方であればLINEMOを問題なく利用できるでしょう。

LINEMO公式 : https://www.linemo.jp/

最大10,000PayPayポイント還元中!

今すぐLINEMOをお得に申し込むにはコチラをタップ!

※月々990円~LINEのトークや通話などはギガフリーで使える!

LINEMO
LINEMO

>>最新の【LINEMO キャンペーン】はこちら
>>【LINEMOの評判】はこちら

 

LINEMOの9つのデメリット・注意点

LINEMOのデメリットは以下の9つです。

  • 契約窓口がオンラインに限られる
  • 料金プランは3GBと20GBのみでデータ使い放題プランがない
  • 余ったデータ容量の繰り越しができない
  • ギガの節約モードがない
  • LINEMOでは機種変更向けの端末販売がない
  • キャリアメールを使いたい場合は引き継ぎが必要
  • 持ち込み端末のSIMロック解除をしておく必要がある
  • 店舗でサポートが受けられない
  • 混雑する時間帯はチャットオペレーターに繋がらない

それぞれのデメリットについて詳しく解説していきます。

どのデメリットもあなたにとっては問題がある可能性があるため、しっかりと各デメリットの内容を確認し、LINEMOがあなたに合っているかどうかチェックしていきましょう。

契約窓口がオンラインに限られる

LINEMOはソフトバンクが提供するオンライン専用プランのため、契約窓口はオンラインに限られています。

ソフトバンクショップや家電量販店では契約ができないため注意してください。

オンラインと聞くと難しく感じるかもしれませんが、申し込み手続きは必要事項を入力していくだけなので5分〜10分で完了します。

わからない点があった場合にはチャットのサポートもあるため、はじめて手続きをする方でも安心です。

料金プランは3GBと20GBのみでデータ使い放題プランがない

LINEMOの料金プランは月額990円で3GBまで使えるミニプランと、月額2,728円で20GBまで使えるスマホプランの2種類のみで、データ使い放題プランがない点はデメリットです。

現在ソフトバンクでメリハリ無制限を使っている方や、ドコモやauでも無制限プランを使っている方は注意が必要です。

LINEMOに申し込みをする前には、必ずあなたが普段どれくらいのデータ量を使用しているのか確認してから申し込みをするようにしてください。

余ったデータ容量の繰り越しができない

LINEMOでは毎月1日にデータがリセットされるため、当月中に使い切れなかったデータは消滅してしまいます。余ったデータを翌月に繰り越すことはできません。

3GBのミニプランの場合はデータ量が余っても気にする必要はありませんが、20GBのスマホプランでデータ量がたくさん余るのであれば注意が必要です。

なぜなら、毎月10GB〜15GBが余るけれど3GBでは足りない方は、他の格安SIMにした方がお得になる場合があるからです。

ただし、他の格安SIMに変えてしまうと通信品質が落ちたり、LINEのデータ使い放題が使えなかったりとLINEMOにはないデメリットがあります。

データ容量を無駄にせず使い切りたいのか、データ容量の余りは気にせずにLINEMOを使い続けるのかはあなたの使い方次第です。

ギガの節約モードがない

格安SIMの中には通信速度を低速に抑える代わりに、ギガを使わずにデータ通信が行える「節約モード」が用意されている場合が、LINEMOにはギガの節約モードはありません

Wi-Fiに繋がずにデータ通信を行っている間は、常にギガが消費されている状態になるため注意が必要です。

ただし、LINEMOではLINEアプリのトーク、音声通話、ビデオ電話のデータ消費は行われずに使い放題で利用できるメリットを持っています。

スマホの主な使いみちがLINEでのやり取りという方にLINEMOはおすすめです。

LINEMOでは機種変更向けの端末販売がない

LINEMOでは端末セットの販売がないため、機種変更することはできません。

そのためLINEMOで利用するためのスマホ端末は、以下のいずれかの方法を使って自分で準備する必要があります。

  • メーカーサイトでSIMフリースマホを購入する
  • ショッピングサイトでSIMフリースマホを購入する
  • 大手キャリアでスマホだけを購入する

LINEMOで利用できるスマホ端末はSIMフリーである必要があります。

AppleやSonyなどの各メーカーサイトや、楽天市場やYahoo!ショッピングなどのショッピングサイトで購入が可能です。

またソフトバンクやドコモ、auの大手キャリアでも契約をせずに端末だけの購入ができます。

LINEMOで端末を変えないのは不便だと言えますが、その分あなたが使いたい端末を幅広く選べるのはメリットとも言えるのではないでしょうか。

ただし、スマホ端末を購入する前に必ずLINEMOの動作確認済端末であるかどうかを確認するようにしてください。

キャリアメールを使いたい場合は引き継ぎが必要

LINEMOではキャリアメールの提供がないため、LINEMOへ乗り換えた後もキャリアメールを利用したい場合は引き継ぎが必要です。

また、引き継ぎをする場合は毎月330円の利用料金が発生します。

キャリアメールの引き継ぎは、現在使っているキャリアの解約後31日以内にマイページから申し込みを行う必要があるため、必要な方は忘れずに行ってください。

持ち込み端末のSIMロック解除をしておく必要がある

LINEMOではSIMロックがかかっている他社端末は利用できません。端末を持ち込む場合はSIMロック解除がされている端末、もしくはSIMフリー端末を用意する必要があります。

SIMロック解除は端末を購入したキャリアのマイページか電話、ショップで手続きが可能です。

ただし2021年10月1日以降に新たに発売された端末については、元々SIMロックがされていない状態で販売されているため、SIMロック解除の手続きは必要ありません。

また、ソフトバンク・ワイモバイルで購入した端末を利用かつ現在の電話番号のままLINEMOに乗り換える場合は、基本的にSIMロック解除をしなくても利用できます。

店舗でサポートが受けられない

LINEMOはソフトバンクが提供するオンライン専用プランなので、購入後のサポートも店舗では受けられず、すべてオンラインでの対応となります。

なにか困ったことがあった時には、カスタマサポートやLINEMOのLINE公式アカウントでチャットでの問い合わせをする必要があるため、スマホに慣れていない方は注意してください。

混雑する時間帯はチャットオペレーターに繋がらない

LINEMOではオペレーターとやりとりできるチャットサポートがありますが、お昼休みや土日など混雑する時間帯は非常に繋がりにくいです。

オペレーターの受付時間は9時〜20時なので、繋がらない場合は時間をずらして問い合わせを行ってみてください。

LINEMOの問い合わせは基本的にAIチャットなので、どうしても解決できないときだけオペレーターへ問い合わせるようにしましょう。

LINEMO公式 : https://www.linemo.jp/

最大10,000PayPayポイント還元中!

今すぐLINEMOをお得に申し込むにはコチラをタップ!

※月々990円~LINEのトークや通話などはギガフリーで使える!

LINEMO
LINEMO

>>最新の【LINEMO キャンペーン】はこちら
>>【LINEMOの評判】はこちら

 

LINEMOの11のメリットと評価ポイント

LINEMOのメリットは以下の11個です。

  • ソフトバンク同等の通信品質で電話もネットも安定している
  • 家族割やネットのセット割がなくても料金が安い
  • 通話オプションが安く必要に応じて追加できる
  • LINEによるデータ通信はギガが消費されない
  • iPhone15や14など最新機種にも対応している
  • PayPay残高へのチャージにまとめて支払いが使える
  • 持ち込み端末の保証サービスも用意されている
  • テザリングが無料で利用できる
  • 支払方法は口座振替・クレジット・デビットカードに対応
  • 5GやeSIMにも対応している
  • 契約事務手数料無料で初期費用を抑えられる

それぞれのメリットについて詳しく紹介します。

ソフトバンク同等の通信品質で電話もネットも安定している

通常格安SIMは大手キャリアの電波を借りてサービスを提供しているため、どうしても通信品質が落ちてしまいます。

しかし、LINEMOであれば自社のソフトバンク回線を利用しているため、ソフトバンク同等の通信品質で電話もネットも安定して利用可能です。

格安SIMに乗り換えたいけど、通信品質が心配だというあなたにLINEMOはピッタリと言えます。

家族割やネットのセット割がなくても料金が安い

ソフトバンクには家族割やネットのセット割があり、割引を受けることで月額料金を安くできる仕組みです。

しかし、LINEMOにはソフトバンクのような家族割やネットのセット割はありません

ただ、LINEMOは家族割がなくても料金が安いのがメリットです。

LINEMOの料金プランは、月額990円で3GBまで使えるミニプランと月額2,728円で20GBまで使えるスマホプランの二種類です。

このどちらの料金プランも、ソフトバンクの家族割やネットのセット割を使った料金よりも安くなるため、割引がなくてもスマホ代を節約できます

通話オプションが安く必要に応じて追加できる

LINEMOでの通話料金は、通常30秒ごとに22円と使ったら使った分だけかかります。

しかし、必要に応じて5分かけ放題を550円/月、通話かけ放題を1,650円/月で利用可能です。

さらに「留守番電話サービス」「着信転送サービス」「着信お知らせ機能」の3つのサービスがセットになった留守電パックが月額220円で利用できます。

必要に応じてオプションへ加入し、通話料金を安く利用できる点もLINEMOのメリットです。

LINEによるデータ通信はギガが消費されない

LINE ギガフリー

LINEMOLINEアプリのトークや音声通話、ビデオ電話など、LINEによるデータ通信はギガが消費されず使い放題です

また月間のデータ容量を使い切って通信速度制限がかかってしまったとしても、LINEの利用時だけは通信速度が落ちずに利用できます。

LINEMOLINEをよく使う方に特におすすめです。

iPhone15や14など最新機種にも対応している

LINEMOiPhone15や14など最新機種にも対応しているため、新しい機種によく買い換える方でも安心です。

iPhone15が発表された2023年9月13日の翌日14日には、動作確認済端末一覧として公式サイトで公開されていました。

最新機種もいち早く動作確認を行ってくれるため安心して利用できます。

PayPay残高へのチャージにまとめて支払いが使える

LINEMOを利用している方はPayPay残高へのチャージにまとめて支払いが利用できます。

まとめて支払いとは、月々のLINEMOの利用料金とPayPayへのチャージ金額をまとめて支払える便利な機能です。

通常PayPay残高へのチャージは、銀行口座からのチャージやコンビニATMでの現金チャージ、紐付けたPayPayカードによるあと払いといった方法があります。

いずれも口座やクレジットカードの紐付けやわざわざATMへ足を運ぶ必要がありますが、まとめて支払いを使えばその場で簡単にチャージができるのです。

特によくPayPayを利用する方は、LINEMOのまとめて支払いを使うことでこれまで以上にPayPayを便利に使うことができます。

持ち込み端末の保証サービスも用意されている

LINEMOでは自分で用意した持ち込み端末の保証サービスが用意されているため、もしもの時でも安心です。

月額料金と保証内容は端末により異なります。

持込端末保証

iPhoneの場合

Androidの場合
月額料金

950円〜1,450円

(機種によって異なる)

715円
保証対象
  • 自然故障(バッテリー交換含む)
  • 画面または背面ガラスの損傷
  • エクスプレス交換サービス
  • Appleサポートへの優先接続
  • その他の損傷に対する修理
  • 配送交換・配送修理サービス
  • 紛失ケータイ捜索サービス
  • データ復旧支援サービス
その他サービス
  • 紛失ケータイ捜索サービス
  • データ復旧支援サービス

修理サービスを利用する場合は、iPhoneが最大12,900円、Androidが6,600円の費用が別途必要です。

テザリングが無料で利用できる

LINEMO別途申し込みも必要なくテザリングが無料で利用できます

テザリングとはLINEMOのSIMカードを差しているスマホを親機として、タブレットやパソコン、ゲーム機などと接続してインターネット通信ができるようになる機能です。

例えばカフェや駅などの外出先でパソコンを使いたい場合、無料Wi-Fiスポットがあれば問題ありませんが、そうでない場合ポケットWi-Fiの契約が必要になります。

ポケットWi-Fiは通常月額3,000円〜4,000円しますが、LINEMOのテザリングを使えば無料でポケットWi-Fiの代わりにインターネットに接続ができて便利です。

特に外出先でパソコンやタブレットをよく利用する方は、LINEMOがあれば無料のWi-Fiスポットを探す必要もなくいつでもインターネットに接続ができます。

ただしLINEMOでテザリングを利用する場合は対応機種である必要があるため、テザリングを利用したい方は事前に動作確認端末一覧で確認をしてください。

支払方法は口座振替・クレジット・デビットカードに対応

LINEMOの支払い方法は以下の通りです。

  • 口座振替
  • クレジットカード(VISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club)
  • デビットカード(VISA、Mastercard、JCB)

格安SIMの中にはクレジットカードにしか対応していない会社もありますが、LINEMOなら口座振替・クレジット・デビットカードに対応しています。

対応している銀行も多いため、あなたにあった支払い方法を選べるのもメリットのひとつです。

5GやeSIMにも対応している

LINEMOはソフトバンクと同等の通信が行えるため、「SoftBank 4G LTE」「SoftBank 4G」といった4Gはもちろん「SoftBank 5G」にも対応しています。

5Gを使えば高速で大容量な通信が可能です。ただし利用には5G対応端末が必要となるため、利用したい方は5G対応端末を用意してください。

また、LINEMOeSIMにも対応している点もメリットです。

eSIMを使えばSIMカードのように差し替える必要がないため、SIMカードの故障や紛失の恐れがなくなります。

オンライン上で簡単に情報の書き換えができるので、申し込みから利用開始までの時短も可能です。

契約事務手数料無料で初期費用を抑えられる

通常スマホの契約をする場合、契約事務手数料として3,300円が必要となります。しかしLINEMOの場合は、契約事務手数料は無料です。

契約時に必要な費用は一切ないため、初期費用を抑えられてお得に乗り換えができます。

また、契約事務手数料だけでなくSIMカード/eSIM再発行手数料やSIM変更手数料、契約解除料、他社へのMNP転出手数料、番号移行手数料といった各種手数料も無料です。

万が一SIMを紛失した場合や、他社へ乗り換えたくなった場合でも手数料はかからないため、安心して利用できる点がLINEMOのメリットと言えます。

LINEMO公式 : https://www.linemo.jp/

最大10,000PayPayポイント還元中!

今すぐLINEMOをお得に申し込むにはコチラをタップ!

※月々990円~LINEのトークや通話などはギガフリーで使える!

LINEMO
LINEMO

>>最新の【LINEMO キャンペーン】はこちら
>>【LINEMOの評判】はこちら

 

要チェック!

RM 3.2(2)

iPhoneを購入するなら楽天モバイルがおすすめ!

キャリア最安値&最大32,000円相当の還元が受けられ、最新iPhoneでも実質半額以下で購入できちゃいます!

  • 一括払いまたは24回払い
    →最大20,000円値引き+最大12,000ポイント還元
  • 48回払い
    →最大12,000ポイント還元

例えば、他社では約145,000円~150,000円するiPhone 15(128GB)が、楽天モバイルなら131,800円で購入可能。32,000円相当の還元を加味すると、実質99,800円で購入できます。

いま使っているキャリアで機種変更するよりも断然安くなります! 浮いたお金でケースや画面保護フィルムを揃えることも可能。本体容量をワンランクアップしても良いでしょう。

分割払いにしたい方は48回払いの楽天モバイル買い替え超トクプログラムを使って2年後に端末を返却すれば、本体代金の約半分の支払いが免除になります。

iPhone 15(128GB)ならポイント還元も加味すると実質53,880円で入手できちゃうんです!

ぜひ、この機会に楽天モバイル公式サイトを覗いてみてください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

最大32,000円相当還元!

楽天モバイルでお得にiPhone15/15 Proを購入する

※楽天ポイントもザクザクたまる!

>>最新の【楽天モバイルクーポン】はこちら

ソフトバンクからLINEMOへ乗り換える際の4つのデメリット

ソフトバンクからLINEMOへ乗り換える際のデメリットは以下の4つです。

  • おうち割や家族割引がなくなる
  • Yahoo!プレミアム会員の無料特典がなくなる
  • 無料のソフトバンク Wi-Fiスポットが使えなくなる
  • eSIMで申し込む場合はソフトバンク端末でもSIMロック解除が必要

それぞれのデメリットについて詳しく解説していきます。

おうち割や家族割引がなくなる

ソフトバンクからLINEMOへ乗り換えると、現在受けているおうち割や家族割引は受けられなくなります。

ただ、おうち割や家族割引の割引後の料金と比べてもLINEMOの方が安くなるため、乗り換える方は問題ありません。気をつけるべきはソフトバンクに残る家族です。

ソフトバンクの新みんな家族割を利用している場合、家族割引グループ内の対象プランを契約している人数によって割引額が異なります。

具体的には2人で660円、3人以上で1,210円の割引を受けられますが、あなたがLINEMOに乗り換えることで家族が受けられる割引額が下がってしまう可能性があるのです。

またソフトバンクでは、家族割引を組んでいる家族同士は国内通話・国内メールが24時間無料でしたがLINEMOへ乗り換えると割引がなくなるため注意してください。

Yahoo!プレミアム会員の無料特典がなくなる

ソフトバンクを利用している方は、通常月額508円かかるYahoo!プレミアム会員の特典を無料で利用できます。

Yahoo!プレミアム会員になれば「Yahoo!ショッピング」の特典が増える、「Yahoo!かんたんバックアップ」が容量無制限で使えるなど特典が満載です。

しかし、LINEMOにはYahoo!プレミアム会員の無料特典は用意されていないため継続して利用したい方は月額508円の利用料が必要となります。

LINEMOでYahoo!プレミアム特典に加入した場合、3GBまで使えるミニプランは1,498円、スマホプランは3,236円で利用可能です。

Yahoo!プレミアムの会員費を合わせてもLINEMOの方がソフトバンクより半額以上安いため、Yahoo!プレミアム会員になったとしても月々のスマホ代の節約ができます。

無料のソフトバンク Wi-Fiスポットが使えなくなる

ソフトバンクは主要駅やカフェなどに無料のWi-Fiスポットが設置されていますが、LINEMOへ乗り換えると利用できなくなります。

LINEMO独自の無料Wi-Fiスポットも用意されていないため、Wi-Fiスポットが無いと困る方は注意してください。

eSIMで申し込む場合はソフトバンク端末でもSIMロック解除が必要

ソフトバンクで購入した端末をLINEMOで利用する場合、通常SIMロック解除の手続きをしなくてもそのままLINEMOで利用できます。

しかし、eSIMでLINEMOに申し込む場合はソフトバンク端末であってもSIMロック解除の手続きが必要です。

ソフトバンクでのSIMロック解除手続きはMy SoftBankから行えます。

  1. My SoftBankへログインする
  2. 「IMEI」番号を入力して「次へ」をタップする
  3. 「解除手続きをする」をタップする
  4. SIMロック解除完了

上記の手順でSIMロック解除手続きは完了です。

なお、Androidを使っている場合最後に「解除コード」が発行され、LINEMOで利用する際に必要となります。

ちなみに現在使っているソフトバンク端末の残債が残っている場合でも、問題なくSIMロック解除や乗り換えができるので安心してください。

LINEMO公式 : https://www.linemo.jp/

最大10,000PayPayポイント還元中!

今すぐLINEMOをお得に申し込むにはコチラをタップ!

※月々990円~LINEのトークや通話などはギガフリーで使える!

LINEMO
LINEMO

>>最新の【LINEMO キャンペーン】はこちら
>>【LINEMOの評判】はこちら

 

LINEMOとワイモバイルを比較してみよう!

ソフトバンクが提供する格安SIMにはLINEMOの他にワイモバイルもあります。

LINEMOとワイモバイルのどちらに乗り換えるべきかをまとめました。

比較表 LINEMO ワイモバイル
月額料金
  • 3GB:990円
  • 20GB:2,728円
  • 3GB:2,178円
  • 15GB:3,278円
  • 25GB:4,158円
国内通話オプション
  • 5分かけ放題:550
  • 24時間かけ放題:1,650
  • 10分かけ放題:770
  • 24時間かけ放題:1,870
割引 -
  • 家族割引
  • おうち割 光セット(A)
  • おうち割でんきセット
  • シェアプランセット割引
契約事務手数料 無料

3,300円

(オンラインストアなら無料)

窓口
  • チャット
  • LINE
  • 店舗
  • 電話
  • チャット
公式サイト LINEMO公式 ワイモバイル公式

少し高くても手厚いサポートを受けたいならワイモバイルがおすすめ

月々のスマホ代はワイモバイルよりLINEMOの方がお得ですが、ワイモバイルはLINEMOにはない店舗が用意されています。

申し込み時はもちろん、なにか困ったときのサポートも店舗で対面で受けられるため安心です。

そのためLINEMOだと店舗が無いのが不安という方にはワイモバイルが向いています。

ただし申し込み時だけはワイモバイルであっても店舗よりオンラインがおすすめです。

ワイモバイルオンラインストアであれば、契約事務手数料3,300円が無料になるため初期費用が抑えられるほか、独自のキャンペーンを行っていてお得に契約できます。

また、ワイモバイルは家族割やおうち割が利用できるため、家族で利用できる方やネット回線とまとめられる方にもおすすめです。

家族割やおうち割を使えばワイモバイルでも3GBをLINEMOと同じ990円で利用でき、15GBプランなら2,090円、25GBプランなら4,158円とお得になります。

一方で家族割やおうち割が使えない方やLINEMOならではのメリットを受けたい方は、LINEMOがおすすめです。

ワイモバイル公式 ヤフー店 : https://ymobile-store.yahoo.co.jp/

最大23,000円相当キャッシュバック!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※店舗と違って事務手数料がタダ!

 

ワイモバイル公式 : https://www.ymobile.jp/store/

【10周年記念】SIMのみ契約で一括2万円相当還元!

今すぐスマホをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,850円する事務手数料が無料!

>>最新の【ワイモバイル キャンペーン】はこちら
>>【ワイモバイルの評判】はこちら

LINEMO公式 : https://www.linemo.jp/

最大10,000PayPayポイント還元中!

今すぐLINEMOをお得に申し込むにはコチラをタップ!

※月々990円~LINEのトークや通話などはギガフリーで使える!

LINEMO
LINEMO

>>最新の【LINEMO キャンペーン】はこちら
>>【LINEMOの評判】はこちら

LINEMOの評判ってヤバい?苦情はあるの?

実際にLINEMO利用している方がどのような評価をしているのか、口コミを調査してみました。

格安SIMのLINEモバイルからLINEMOに乗り換えた方は、地下鉄でも快適に利用できて料金も安いと満足度が高いようです。

楽天モバイルからLINEMOへ乗り換えた方は、データ量が増えて月々のスマホ代を節約できたことに満足されています。

こちらの方は20GB使えるスマホプランを契約していたようですが、データ量が足りずに解約されたとのことです。

 こちらの方は3GBでは足りないけれど20GBではデータ量が多くて使い切れないと困っていました。

LINEMOは3GBと20GBのプランしかないため、自分が普段どれくらいのデータ量を使っているのか契約前に必ず確認しておく必要があります。

実際に使っている人の評判を見ても、あなたの使い方に合っていればスマホ代を節約するのにピッタリで、全体的に評価の高いプランということがわかりました。

 

LINEMOへ乗り換える際に使えるお得なキャンペーン特典

LINEMOのキャンペーン
キャンペーン 特典内容 期間
僕が見たかった青空キャンペーン エントリー期間中にLINEMOのスマホプランもしくはミニプランに他社からの乗り換えもしくは新しい番号で契約した方に以下の特典
・抽選でファンミーティングのチケットが当たる
第2弾エントリー
2024年5月1日

2024年6月17日
LINEMOおかえりだモンキャンペーン 過去に一度でも「他社からの乗り換え」「新しい番号で契約した方」も対象。他社からの乗り換えでLINEMOに契約すると、ミニプラン:2,000円、スマホプラン:4,000円相当のPayPayポイント還元 2023年10月19日

終了日未定
ミニプラン対象!PayPayポイントプレゼントキャンペーン 新しい番号で契約、もしくは他社からの乗り換えでミニプランに契約すると5,940円相当還元 2024年5月2日

終了日未定
スマホプラン対象!PayPayポイントプレゼントキャンペーン 他社から乗り換えでスマホプランでPayPayポイント10,000円相当プレゼント! 2023年12月5日

終了日未定
データ追加購入が半年間おトクキャンペーン 最大6ヶ月間3GB分のデータ追加購入が無料 2024年4月8日

終了日未定
契約者向け!追加申込キャンペーン 現在LINEMO回線の契約者が、他社からの乗り換え、または新しい番号でLINEMOを契約すると3,000円相当PayPayポイントプレゼント 2023年4月22日

終了日未
通話オプション割引キャンペーン2 LINEMO契約月を1ヶ月目として、7ヶ月間通話オプション550円引きされる 2023年7月4日

終了日未定
基本料初月0円特典 ソフトバンクもしくはワイモバイルからの乗り換えで基本料金の初月が無料になる 2023年1月18日

終了日未定
公式サイト LINEMO公式サイト

LINEMOでは新規契約または他社から乗り換える方を対象にPayPayポイント還元を行っています。

申し込むタイミングによっては15,000円相当以上の還元がもらえることもあるので、こまめにキャンペーンをチェックしておくと良いでしょう。

LINEMO公式 : https://www.linemo.jp/

最大10,000PayPayポイント還元中!

今すぐLINEMOをお得に申し込むにはコチラをタップ!

※月々990円~LINEのトークや通話などはギガフリーで使える!

LINEMO
LINEMO

>>最新の【LINEMO キャンペーン】はこちら
>>【LINEMOの評判】はこちら

 

【申し込み方法】実際にLINEMOへ乗り換えてみよう!

LINEMOへの乗り換え方法は大きく分けて以下の3ステップです。

申し込み方法

  1. 必要なものを用意する
  2. LINEMO公式サイトから申し込む
  3. LINEMOの開通手続きをする

それぞれのステップごとに詳しく解説していきます。

STEP1. 必要なものを用意する

LINEMOの申し込みに必要なものは以下の5つです。

  • LINEMOで利用するスマホ端末
  • MNP予約番号
  • 本人確認書類
  • スマホ代の支払いに使うクレジットカードやデビットカードもしくは口座情報
  • メールアドレス

LINEMOではスマホ端末の販売を行っていないため、自分でスマホ端末を用意する必要があります。

現在使っているスマホをそのまま利用できますが、SIMロック解除がされている必要があるため注意してください。

また、現在使っている携帯電話番号をLINEMOでもそのまま使えるようにするために、MNP予約番号の発行が必要です。

MNP予約番号は現在のキャリアのマイページや電話、店舗で発行できます。

発行したMNP予約番号には15日間の有効期限があり、LINEMOの申し込み時点で10日以上の有効期限が残っている必要があるため、MNP予約番号を取得したら早めに申し込みを行ってください。

その他の必要なものとして、運転免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類やスマホ代の支払いに使うクレジットカードもしくは口座情報、連絡を受け取るためのメールアドレスが必要です。

STEP2. LINEMO公式サイトから申し込む

申し込みに必要なものが揃ったらLINEMO公式サイトから申し込み手続きを行います。

  1. LINEMO公式サイトの「今すぐ申し込む」ボタンをタップする
  2. 「今の電話番号をそのまま使用する」と利用中の携帯電話会社にチェックを入れる
  3. 利用するSIMの種類とスマホ端末にチェックを入れて「サービス選択に進む」をタップする
  4. 希望するプランやオプションにチェックを入れて「お客さま情報の入力に進む」をタップする
  5. MNP予約番号や有効期限などのMNP情報と名前や連絡先などの情報を入力して「本人確認書類をアップロードする」をタップする
  6. 本人確認書類をアップロードして「重要事項の確認に進む」をタップする
  7. 各種重要事項の確認と同意欄にチェックを入れて「申込内容の確認に進む」をタップする
  8. 契約内容に不備がないか確認し、問題なければ「申し込みを確定する」をタップして完了

上記の手順でLINEMOへの申し込み手続きは完了します。

基本的には表示される内容を元に選択したり、必要事項を入力したりするだけなので5分〜10分程度で完了します。

LINEMO公式 : https://www.linemo.jp/

最大10,000PayPayポイント還元中!

今すぐLINEMOをお得に申し込むにはコチラをタップ!

※月々990円~LINEのトークや通話などはギガフリーで使える!

LINEMO
LINEMO

>>最新の【LINEMO キャンペーン】はこちら
>>【LINEMOの評判】はこちら

STEP3. LINEMOの開通手続きをする

LINEMOへの申し込み手続きが完了してからeSIMの場合は最短1時間、通常SIMの場合は最短2日で利用開始ができます。

ただし、実際にLINEMOの回線を利用するためには、ウェブもしくは電話での開通手続きが必要です。

開通手続きが完了すると、今まで使っていた携帯電話会社との契約は自動的に解約となります。

もし開通手続きをあなたが行わなかった場合でも、SIMカード到着日の7日後にLINEMOが回線切替を自動で行ってくれますが、すぐに使いたい方は自分で手続きを行ってください。

開通手続き完了後はSIMカードの差し込みを行い、ネットワークの設定を行えばLINEMOへの乗り換えは完了です。

 

LINEMOに関するよくある質問

最後にLINEMOに関するよくある質問についてまとめました。

  • LINEMOは何年縛り?
  • LINEMOを解約するならどうすればいいですか?
  • LINEモバイルが終了したのはなぜ?
  • LINEMOの電波って悪いの?
  • LINEMOに日割り計算はある?
  • LINEMOへ乗り換えるタイミングはいつがいい?
  • LINEMOにしてまたソフトバンクに戻すことはできる?

それぞれの質問に対して詳しく回答していきます。

LINEMOは何年縛り?

LINEMOには2年や1年などの契約期間の縛りはありません。そのため、解約金がかかることもありません。

ただしキャンペーンを受けたい場合、適用条件によって数ヶ月の利用をしないと特典が付与されない場合があります。

キャンペーン目的での即解約はできないと思っておいたほうが良いでしょう。

LINEMOを解約するならどうすればいいですか?

LINEMOは「My Menu」から解約手続きができます。

LINEMOで使っている携帯電話番号を引き継ぐ場合は、MNP予約番号を取得して他社へ申し込みを行えば自動的にLINEMOは解約となります。

また、解約にかかる契約解除料やMNP転出手数料は0円なので、LINEMOをやめる際も費用は一切必要ありません。

ただし解約月のLINEMOの利用料金に関しては日割り計算にならず、1日に解約しても月末に解約しても1ヶ月分の料金が発生するため注意してください。

LINEモバイルが終了したのはなぜ?

LINEモバイルが終了したのは、LINEモバイル株式会社がソフトバンクの完全子会社となり、吸収合併したからです。

LINEモバイルは2021年3月31日をもって新規受付を終了しています。

LINEMOの電波って悪いの?

LINEMOはソフトバンクと同じ回線を利用しているため、高品質な通信が可能です。

そのため一般的に繋がりにくい地下鉄やイベント会場などでも安心して利用できます。

稀に通信環境によっては4Gではなく3Gになる場合がありますが、しっかりと対処すれば問題ありません。

LINEMOに日割り計算はある?

LINEMOでは乗り換えた月の利用料金は日割り計算があるため、月の途中での乗り換えでも安心です。

ただし、解約月に関しては日割り計算にならないため注意してください。

LINEMOへ乗り換えるタイミングはいつがいい?

LINEMOへの乗り換えるタイミングは、早ければ早いほどスマホ代を節約できます。

また月のどのタイミングであってもLINEMOの利用料金は日割り計算になりますが、現在使っているキャリアのスマホ代は日割り計算になりません。

そのため月の最初の方にLINEMOへ乗り換えてしまうと、数日しか使っていなくても現在使っているキャリアのスマホ代1ヶ月分を支払う必要がでてきます。

それではスマホ代がもったいないため、LINEMOへの乗り換えは月の後半〜月末付近のタイミングがおすすめです。

ただし、LINEMOへの乗り換えには数日間かかるため、その月内に開通手続きまでが終わるように余裕を持って乗り換え手続きをするようにしましょう。

LINEMOにしてまたソフトバンクに戻すことはできる?

LINEMOに乗り換えた後でも、またソフトバンクに戻すことができます。

LINEMOからソフトバンクへの乗り換えはMNP予約番号の発行は必要なく、またキャンペーンで契約事務手数料も必要ありません。

いつでも無料でLINEMOからソフトバンクに戻ることができるので、安心してください。

ただし今までソフトバンクを使っていたとしても再加入には審査が必要となります。

 

LINEMOのデメリット・メリットまとめ

この記事ではLINEMOのデメリット・メリットについて紹介してきました。

デメリット メリット
  • 契約窓口がオンラインに限られる
  • データ使い放題のプランがない
  • 余ったデータ容量の繰り越しができない
  • ギガの節約モードがない
  • LINEMOでは機種変更向けの端末販売がない
  • キャリアメールを使いたい場合は引き継ぎが必要
  • 持ち込み端末のSIMロック解除をしておく必要がある
  • 店舗でサポートが受けられない
  • 混雑する時間帯はチャットオペレーターに繋がらない
  • ソフトバンク同等の通信品質で電話もネットも安定している
  • 家族割やネットのセット割がなくても料金が安い
  • 通話オプションが安く必要に応じて追加できる
  • LINEによるデータ通信はギガが消費されない
  • iPhone14や13など最新機種にも対応している
  • PayPay残高へのチャージにまとめて支払いが使える
  • 持ち込み端末の保証サービスも用意されている
  • テザリングが無料で利用できる
  • 支払方法は口座振替・クレジット・デビットカードに対応
  • 5GやeSIMにも対応している
  • 契約事務手数料無料で初期費用を抑えられる

LINEMOには上記のようなデメリットがありますが、あなたの使い方によってはデメリットに感じないものもあったのではないでしょうか?

LINEMOはデメリット以上にメリットも多く、特にLINEMOに乗り換えるとスマホ代を大幅に節約できる点が魅力です。

特に以下のような方はLINEMOへの乗り換えをおすすめします。

  • スマホ代を節約したい方
  • 格安SIMにしたいけど通信品質が心配な方
  • LINEをよく利用する方
  • PayPay残高チャージにまとめて支払いを使いたい方
  • 店舗でのサポートを必要としない方

この記事を参考にLINEMOへ乗り換えてスマホ代を節約し、ぜひあなたもお得で便利なスマホライフを送ってください。

LINEMO公式 : https://www.linemo.jp/

最大10,000PayPayポイント還元中!

今すぐLINEMOをお得に申し込むにはコチラをタップ!

※月々990円~LINEのトークや通話などはギガフリーで使える!

LINEMO
LINEMO

>>最新の【LINEMO キャンペーン】はこちら
>>【LINEMOの評判】はこちら

楽天モバイルお得情報!

要チェック!

RM 3.2(2)

iPhoneを購入するなら楽天モバイルがおすすめ!

キャリア最安値&最大32,000円相当の還元が受けられ、最新iPhoneでも実質半額以下で購入できちゃいます!

  • 一括払いまたは24回払い
    →最大20,000円値引き+最大12,000ポイント還元
  • 48回払い
    →最大12,000ポイント還元

例えば、他社では約145,000円~150,000円するiPhone 15(128GB)が、楽天モバイルなら131,800円で購入可能。32,000円相当の還元を加味すると、実質99,800円で購入できます。

いま使っているキャリアで機種変更するよりも断然安くなります! 浮いたお金でケースや画面保護フィルムを揃えることも可能。本体容量をワンランクアップしても良いでしょう。

分割払いにしたい方は48回払いの楽天モバイル買い替え超トクプログラムを使って2年後に端末を返却すれば、本体代金の約半分の支払いが免除になります。

iPhone 15(128GB)ならポイント還元も加味すると実質53,880円で入手できちゃうんです!

ぜひ、この機会に楽天モバイル公式サイトを覗いてみてください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

最大32,000円相当還元!

楽天モバイルでお得にiPhone15/15 Proを購入する

※楽天ポイントもザクザクたまる!

>>最新の【楽天モバイルクーポン】はこちら

LINEMOLINEMO_ロゴ_ミニ
運営会社 ソフトバンク株式会社
元回線 ソフトバンク
iPhoneの販売 販売なし : ソフトバンクオンラインショップでの購入可能
1円iPhone LINEMO 1円iPhone
端末一覧 販売なし : ソフトバンクオンラインショップでの購入可能
評判・口コミ LINEMOの評判・口コミ
クーポンキャンペーン情報 LINEMOのキャンペーン
学割 学割なし
家族割 LINEMOの家族割情報
解約方法 LINEMOの解約方法
店舗 オンライン申し込みのみ
エリア LINEMOのエリア
5G 対応 : LINEMOの5G
料金 LINEMOの料金
通話料 22円/30秒 : LINEMOの通話オプション
留守電 対応 : LINEMOの留守電
機種変更 LINEMOで機種変更する方法
デメリット LINEMOのデメリット
通信障害情報 LINEMOが3Gになる。4Gに繋がらない時の原因と対処法
MNP転出 LINEMOからMNP転出する方法
テザリング 可能 : LINEMOのテザリング
eSIM 対応 : LINEMOのeSIM
Wi-Fi LINEMOのWi-Fi
新規契約 LINEMOの申込方法
予約 オンライン申し込みのみ
問い合わせ LINEMOのカスタマーサポート
2回線目 LINEMO2回線目のお得な契約方法
海外利用 LINEMOの海外利用
審査情報 LINEMOの審査情報
事務手数料 無料 : LINEMOの事務手数料
他社からののりかえ ドコモからLINEMOへ乗り換える方法と手順
auからLINEMOへ乗り換える方法と手順
ソフトバンクからLINEMOへ乗り換える方法と手順
楽天モバイルからLINEMOへ乗り換える方法と手順
ワイモバイルからLINEMOへ乗り換える方法と手順
UQモバイルからLINEMOへ乗り換える方法と手順
ahamoからLINEMOへ乗り換える方法と手順
povoからLINEMOへ乗り換える方法と手順
IIJmioからLINEMOへ乗り換える方法と手順
OCNモバイルからLINEMOへ乗り換える方法と手順
mineoからLINEMOへ乗り換える方法と手順
ビッグローブモバイルからLINEMOへ乗り換える方法と手順
J:COMモバイルからLINEMOへ乗り換える方法と手順
他社との比較 ドコモとLINEMOの比較
auとLINEMOの比較
ソフトバンクとLINEMOの比較
楽天モバイルとLINEMOの比較
ワイモバイルとLINEMOの比較
UQモバイルとLINEMOの比較
ahamoとLINEMOの比較
povoとLINEMOの比較
IIJmioとLINEMOの比較
OCNモバイルとLINEMOの比較
mineoとLINEMOの比較
NUROモバイルとLINEMOの比較
その他 LINEMOのフィーバータイム
LINEMOの通信速度
LINEMOの配送について
格安SIMを目的別に探す
格安SIMの速度ランキング 格安SIM キャッシュバック 格安SIM 最安
口座振替ができる格安SIM デビットカードが使える格安SIM 後悔しない格安SIM
ドコモ回線の格安SIM au回線の格安SIM ソフトバンク回線の格安SIM
eSIM対応の格安SIM 学割がある格安SIM 通話無制限の格安SIM
格安SIM 端末セット 小中学生向けの格安SIM 格安SIM かけ放題 アプリ不要
格安SIM 1GB 格安SIM 3GB 格安SIM 大容量
格安SIM 月額0円 テザリングにおすすめの格安SIM 格安SIM 審査 緩い
ドコモエコノミーの格安SIM 音声通話のみで最安の格安SIM 格安SIM 比較表
実店舗がある格安SIM 事務手数料無料の格安SIM 格安SIM 5G対応状況
格安SIMをiPhoneで使うデメリット 格安SIM iPhone キャンペーン 格安SIM 無制限
格安SIM iPhone14 格安SIM iPhone13 格安SIM iPhone12
格安SIM iPhoneSE3 格安SIM iPhoneSE2 格安SIM iPad セット
格安SIMのApple Watch セルラーモデル対応 格安SIM au回線 格安SIM auから
格安SIM Galaxy S22 格安SIM Galaxy S23 格安SIM AQUOS Sense5G
格安SIM ZenFone9 格安SIM Nothing Phone(1) 格安SIM Xiaomi 12T Pro
格安SIM Xperia 1 V 格安SIM Xperia 5III 格安SIM Pixel 7a
格安SIM Pixel7    
  • この記事を書いた人
iPhone大陸

iPhone大陸運営事務局

格安SIMの「ロケットモバイル」を提供する株式会社IoTコンサルティングが運営しています。「IoT」という手段を通して、世の中を効率化し、生産性を上げていくことをミッションに抱えています。年々高騰するスマートフォンや頻繁に変化する格安SIMを後悔せず選べるように「iPhone大陸」を運営しております。

-格安SIM, LINEMO

© Copyright - 株式会社 IoTコンサルティング All Rights Reserved.