【4/11発売】auのGalaxy S24/Ultraが最大22,000円割引 | auオンラインショップ

【注目】楽天モバイル クーポン配布中!最大32,000円相当の還元も!

当サイトiPhone大陸の記事はPRを含みます。

【出戻り歓迎】再契約・2回線目も対象!

\2024年5月31日 23:59まで/RM出戻り

\【残り3日】2024年4月15日 10:00まで/楽天マジ得フェスティバル

RM CP併用

楽天カード会員&楽天モバイルの申し込みが初めての方がiPhoneを同時購入すると、最大4万円相当もお得に契約できます!

楽天マジ得フェスティバルとiPhoneのキャンペーンは唯一、楽天モバイルで併用できるキャンペーンなので、積極的に活用していきましょう。

例えば、約12万円するiPhone14も各キャンペーンを利用すれば、実質8万円台と10万円を切っての購入が可能です! Androidは最大26,930円値引きを実施中!

楽天モバイルの解約履歴がある方や2回線目を申し込みたい方は、三木谷社長の紹介URLから申し込むことで最大14,000ポイントがもらえるのでチェックしておきましょう。三木谷社長の紹介キャンペーン経由で申し込むと、1件につき1万円を三木谷社長が個人的に「災害・人道支援」に寄付してくれます。

「今使っている携帯会社が高すぎる!」「iPhoneを安く買いたい!」「支援活動に協力したい!」そんなあなたは、ぜひこの機会に楽天モバイルを試してみてくださいね!

再契約も対象!SIMのみ契約で14,000ポイント還元

3GB 1,078円~使い始められる!

楽天モバイルのSIMを契約してポイントをもらうにはこちらをタップ

※再契約・2回線目も対象!

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\楽天モバイルでiPhoneが買える!しかも端末代4キャリア最安値/

今すぐスマホを楽天モバイルでお得に手に入れるにはこちらをタップ!

※最大1万相当以上の還元あり

>>最新の【楽天モバイル クーポン】はこちら
>>【楽天モバイルの評判】はこちら

格安SIM

eSIM対応のおすすめ格安SIM7選を徹底比較&人気ランキングで紹介!最安値はココだ!

【eSIM対応】おすすめ格安SIM
格安SIM 基本料金 特徴
楽天モバイル
公式へ
3GB 1,078円~ ・データ使用量に応じたシンプルなワンプラン
・Rakuten Linkアプリで国内通話かけ放題が無料
・楽天市場でのお買い物が最大+3倍
LINEMO
公式へ
3GB 990円~
実質半年間無料
・LINEサービスはギガカウントフリー
・キャリア決済でPayPay残高へのチャージが可能
・ソフトバンク直回線で安心の通信品質

ワイモバイル
公式へ
4GB 2,365円~
最大2万円相当以上のPayPay還元
・家族割やネットのセット割もあり最安1,078円~使い始められる
・キャリア決済でPayPay残高へのチャージが可能
・手厚いサポートも受けられる
UQモバイル
公式へ
4GB 2,365円~ ・でんきや支払いをUQ指定のものにまとめれば1,078円~使い始められる
・手厚いサポートも受けられる

IIJmio
公式へ
2GB 850円~ ・格安SIMの中でも最安級!!
・データ通信専用のeSIMもあり
・端末も格安でGETできる
ahamo
公式へ
20GB 2,970円~ ・プラス1,980円でデータ100GB使える
・5分の国内無料通話が料金コミコミ
・海外91の国/地域にも対応
povo2.0
公式へ
0円~ ・トッピング式で自分好みにアレンジ可能なプラン
・必要な時に必要なトッピングだけを追加できる
・エンタメコンテンツのトッピングもあり

最安値はココ!

  • 音声通話対応のeSIMならIIJmioが安い
  • 通話し放題が使えるeSIMなら楽天モバイルが安い
  • SMS対応のeSIMならIIJmioが安い
  • データ通信のみのeSIMならIIJmio
  • 初期費用が安いeSIMはUQモバイルとIIJmio以外
  • 口座振替対応のeSIMならLINEMO

面倒な携帯電話会社との契約を手短に行えるeSIM。
日本国内でも徐々に認知が高まっており、今後大注目の機能です。

そこで今回は格安SIMのeSIM対応状況とおすすめ人気ランキング7選を紹介していきます!

また利用目的別での最安値のeSIMも紹介していきますので、自分の使い方にあった格安SIMが見つかるでしょう。ただ料金の安さだけで判断せず、通信品質やオプション、サポート体制、キャンペーンなど総合的に考えて選んでみてくださいね!

結論からお伝えすると、当記事で最もオススメするeSIM提供会社は「楽天モバイルです。

楽天モバイルなら、データ利用量に応じたワンプランで安価に利用できます。さらにeSIMでの申し込みはeKYC(オンライン本人認証)にも対応しているので、最短5分程度で開通可能!

メイン回線のみならず、デュアルSIM運用のサブ回線としても使い勝手がよい点から、eSIMを使うなら楽天モバイルがおすすめです!

もし、iPadやタブレット用にデータ通信専用のeSIMがほしいならIIJmioも視野にいれてみるとよいでしょう。eSIM提供プランは「データ通信専用」になるものの、料金が非常に安くメイン回線との併用にもぴったりです!

それでは詳しく見ていきましょう。

乗り換え者多数?

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

ドコモ回線が繋がりにくい......」「電波改善されなくて嫌気がさしている

これはトラフィックの増大と5Gネットワーク設備が途上であることが原因......。ドコモ側も”繋がりにくい問題”は把握しており、今夏解消を目指すとしていました。

しかし、繋がらない問題は一向に解消されず、2023年中に90%以上の改善を目指す方向性となっています。これにはドコモユーザーも我慢の限界他社へ乗り換る方も増えてきました。

「わたしも乗り換えようかな......」

そんなあなたにおすすめなのがワイモバイルです!

ワイモバイル_ロゴ_ミニ

シンプル2

  • 4GB : 2,365円(割引時1,078円)
  • 20GB : 4,015円(割引時2,178円)
  • 30GB : 5,115円(割引時3,278円)

割引時の料金は自宅のネット回線または家族回線(2回線目以降)をまとめた場合。また、PayPayカード割を受けた場合。

例えば「10GBじゃ足りないけど20GBあれば十分!」という方にはピッタリ! ドコモではプラン展開していない痒いところに手が届くのがワイモバイルなんです!

しかもデータが余った場合は翌月への繰り越しが可能。60歳以上の通話割引だってあります。

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドだから通信品質も高く、実店舗も多いため、万が一があっても安心! 乗り換えを検討しているなら必ずチェックしておきたい格安SIMです。

今なら、SIMを差し替えるだけで最大2万円相当以上のPayPay還元も行っていますし、1円で購入できるスマホもあります! 気になる方は、今すぐ以下の青いリンクをタップしてワイモバイルオンラインストアを覗いてみてください↓

ワイモバイルオンラインストアはこちら

オンライン申し込みなら店舗でかかる事務手数料3,850円が無料! ヤフープレミアム会員の特典も追加料金なしで使い放題!

【2024年】ワイモバイルの新料金プラン「シンプル2」は損?得?旧プランと比較してみた

続きを見る

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\楽天モバイルでiPhoneが買える!しかも端末代4キャリア最安値/

楽天モバイルのお申し込みはこちらをタップ!

※iPhone15 Proの在庫あり!

 

>>最新の【楽天モバイル クーポン】はこちら
>>【楽天モバイルの評判】はこちら

楽天モバイルおトク注意報!

RM 3.2cb

RM Android 26,930円CB

楽天従業員 紹介キャンペーン

楽天マジ得フェスティバル

楽天モバイル 最強青春プログラム

RM6

楽天モバイルではおトクなキャンペーンを多数用意しています!
とくにiPhoneの購入を検討している方は楽天モバイルでの購入を視野にいれましょう。

なんといっても楽天モバイルのiPhoneは4キャリア最安値!

さらに、今なら最大32,000円相当もお得に購入できちゃいます! 還元を加味するとApple StoreよりもおトクにiPhoneの購入が可能です。さらに、楽天カードを持っている方は20,000ポイント増額!

各種キャンペーンをフル活用すれば、iPhone15だって実質9万円台~購入できちゃうんです! おトク過ぎませんか!?

例えば..

楽天カード会員の方がiPhone15(128GB)を購入した場合、通常価格は131,800円ですが、20,000円値引き+20,000ポイント還元で合計40,000円相当お得に購入できます!

キャンペーン適用後の価格は実質91,800円です。

分割払いで購入したい方は48回払いの「楽天モバイル買い替え超トクプログラム」を利用し、24回目の支払いが完了した際に端末を返却することで、機種代金の最大半額分の支払が免除になります。

また、22歳以下の方は学割「最強青春プログラム」の適用で、プラン料金が最安実質858円(税込)~利用可能! 全キャリア最安値の月額料金で使えます。

以前に楽天モバイルを解約している場合でも、今なら再契約で最大14,000ポイントがもらえるので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

まずは 楽天モバイルの料金&ポイントのかんたんシミュレーションでどれだけお得になるかチェックしてみましょう!

※2024年4月1日時点の情報です。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\楽天モバイルでiPhoneが買える!しかも端末代4キャリア最安値/

楽天モバイルのお申し込みはこちらをタップ

※単独回線でも3GB 1,078円~使える!

>>最新の【楽天モバイル クーポン】はこちら
>>【楽天モバイルの評判】はこちら

目次

auお得注意報!

Galaxy S24機種変更おトク割

auオンラインショップで使えるキャンペーン au Online Shop SIM乗りかえ特典

au_PR1

au_スマホスタート応援割

auではiPhone15シリーズやGalaxy S24/S24 Ultra、Pixel 8/8 Pro、TORQUE G06、Xiaomi 13T、Galaxy Tab S9 FE+ 5Gなどの新型スマートフォンやタブレットが続々登場!

それに伴い、auオンラインショップではお得なキャンペーンを多数実施しています。

新規ユーザーだけでなく、既存ユーザーへの還元も怠らないのがauの魅力。機種変更なら最大22,000円、他社からの乗り換えなら最大44,000円の還元が受けられちゃいます!

そして、スマホの買い替えで分割払いを検討している方には24回払いの「スマホトクするプログラム」がおすすめ!

機種に応じた残価を最終回分の支払いに設定し、25ヶ月目に端末を返却すると残価がまるっと免除される購入方法です。超カンタンにお伝えすると、実質半額程度の負担で2年ごとに新しいスマホが使える購入サポート。

例えば..

機種/定価 新規契約 乗り換え 機種変更
Galaxy S24
(256GB)
144,800円(NEW)
実質68,800円~
(初回2,998円+2,991円×22回)
実質57,800円~
(初回2,514円+2,513円×22回)
実質57,800円~
(初回2,514円+2,513円×22回)
Galaxy S24 Ultra
(256GB)
224,800円(NEW)
実質114,800円~
(初回4,998円+4,991円×22回)
実質103,800円~
(初回4,514円+4,513円×22回)
実質103,800円~
(初回4,514円+4,513円×22回)
iPhone 15
145,640円~
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
iPhone 14
127,900円~
実質33,047円~
(初回1,455円+1,436円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質38,547円~
(1,697円+1,675円×22回)
Pixel 8
93,600円~
実質11,047円~
(初回487円+480円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質16,547円~
(729円+719円×22回)

※2024年4月3日時点の情報です。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

Galaxy S24(256GB)なら通常価格は144,800円ですが、25ヶ月目に端末を返却すると65,000円が免除されるため、実質負担金は79,800円。

さらに22,000円割引を適用すると実質57,800円、月々2,513円(初回2,514円)で購入できちゃう! お得過ぎませんか!?

iPhone 14やPixel 8なら実質47円~購入できますよ!

そのほかauオンラインショップではSIM単体契約で10,000円相当還元も行っています。

もしあなたがスマホや携帯会社の切り替えを検討していたり、auでの機種変更を考えているなら、一度auオンラインショップを覗いてみてくださいね。

機種変更なら午前11時45分までの注文完了で当日の18時~22時に商品を届けてくれます(地域限定)

\オンライン購入アドバイザーに無料相談しながら手続きできる!/
auオンラインショップ公式 : https://www.au.com/mobile/onlineshop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

auオンラインショップはこちらをタップ!

※au Online Shop お得割実施中

>>最新の【au キャンペーン】はこちら
>>auショップ 待ち時間対策はこちら

 

格安SIM・キャリア各社のeSIM対応状況を比較

はじめにeSIMに対応した格安SIM・キャリアをチェックしておきましょう。

格安SIM・キャリア eSIM対応状況 取り扱いタイプ
楽天モバイル ○対応 音声
ワイモバイル ○対応 音声
UQモバイル ○対応 音声
LINEMO ○対応 音声
povo2.0 ○対応 音声
ahamo ○対応 音声
ドコモ ○対応 音声
au ○対応 音声
ソフトバンク ○対応 音声
IIJmio ○対応 音声(Aプランのみ)/データ通信のみ(Dタイプのみ)
mineo ○対応 音声(Aプランのみ)
HISモバイル ○対応 音声(自由自在290プランのみ)
OCNモバイルONE ✕非対応 -
ビッグローブモバイル ✕非対応 -
イオンモバイル ✕非対応 -
NUROモバイル ✕非対応 -
QTモバイル ✕非対応 -

大手キャリアとそのサブブランド、オンライン専用プランはすべてeSIMに対応しています。加えてIIJmiomineo、HISモバイルといった格安SIMも対応しています

IIJmioに関してはデータ通信専用のeSIMも用意されているので、タブレットに入れて使いたい方にもおすすめです。

一方でOCNモバイルONEやビッグローブモバイル、イオンモバイルNUROモバイル、QTモバイルはeSIMに対応していません。eSIM導入を検討している所もあれば、未定の所もあります。

今後の動きにも注目しておきましょう。

 

【音声プラン】eSIMが使える格安SIMおすすめ人気ランキング7選 | 5Gも対応!

フラットな王冠イラスト<ランキング1位・2位・3位> | 無料フリーイラスト素材集【Frame illust】

それでは、当記事のメインであるeSIMが使える格安SIMをランキング形式で紹介していきます!

eSIM対応の格安SIM一覧

ランキングには、各事業者ごとの評価を合わせて掲載しています。

評価基準は以下の通りですので、是非参考にしてくださいね。

評価基準
月額料金・容量 単純な料金の安さに加え、プランの選択肢も考慮し評価
通信品質 通信速度に加え、通信の安定性を重点的に評価
セット端末 新規契約・機種変更時のラインナップの多さと端末価格を評価
通話オプション 通話に関するオプションの種類・価格を評価
サポート 実店舗や電話のサポート利用可否や窓口の多さを評価
開通までの時間 実体験やTwitterなどの口コミから記載
キャンペーン 月額料金割引・端末割引を総合評価
評価 S(高い評価) > C(低い評価)

1位 : 楽天モバイル | eSIMとしてのクオリティNo.1

楽天モバイル

楽天モバイルの評価
月額料金・容量 通信品質 サポート
S+ B~S A
通話オプション セット端末 キャンペーン
S+ S S+
開通までの時間 5G対応 回線種別
最短数分 対応 楽天+au
eSIM対応の柔軟さ    
S+    

今回最もおすすめするのは楽天モバイルのeSIMです!

楽天モバイルを選定した大きな理由は、eSIMの手続きに対する柔軟さです。

今ではeSIMもかなり普及してきていますが、まだ新しいサービスです。そのため各社では、eSIMに関するメンテナンスが頻繁に起こることも少なくありません。

場合によっては店舗まで足を運ぶ必要があり面倒なときも...。

その点、楽天モバイルはオンライン上ですべての手続が可能です。

eSIMの新規申し込みはもちろん、eSIM再発行、物理SIIM↔eSIMの切り替えもMY楽天モバイルからスムーズに行えます

機種変更した場合も、eSIMの再発行をしに店舗に行くなんてことはありません!

eKYC(オンライン上の本人確認)を利用すれば、申し込みから5分程度で開通させることも可能です。

またeSIMに関する手数料もすべて無料なので、費用を抑えられる点も大きなメリットだといえます。

さらに楽天モバイルの大きな特徴は「データ無制限」で使用可能な段階性プランを導入しているところです。それぞれの利用データ量で業界最安値級の料金で、なおかつ無制限で使用可能な事業者は楽天モバイルだけです!

さらに、通話もかけ放題が基本料金に込みと格安SIM並の料金を実現しています。「基本料金にかけ放題がセット」という点は、eSIM契約で絶大なメリットがあります。

楽天モバイルはデータ使用量1GBまでなら月額利用料金は「1,078円」であり、「Rakuten LINK」アプリを利用した発信はデータ通信量がカウントされません。

この仕組みを利用して、楽天モバイルを電話専用として運用すれば、基本料金1,078円で電話かけ放題が利用できます!(別途、数円のユニバーサルサービス料は発生します)

電話番号も「080」「090」から始まる通常の携帯電話番号が利用できる所も嬉しいポイント。

楽天モバイルで無料電話を利用する際は「Rakuten LINK」という専用の通話アプリから発信する必要があるのでご注意くださいね。

楽天モバイル 料金表
  〜3GB 〜20GB 無制限

Rakuten

UN-LIMIT VII

1,078円 2,178円 3,278円

通話オプション

完全かけ放題が基本料金に込

ココがおすすめ

  • 対象機種のセット購入で最大19,000円相当のポイント還元

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\楽天モバイルでiPhoneが買える!しかも端末代4キャリア最安値/

今すぐeSIMを楽天モバイルでお得に手に入れるにはこちらをタップ!

※最大1万相当以上の還元あり

>>最新の【楽天モバイル クーポン】はこちら
>>【楽天モバイルの評判】はこちら

2位 : LINEMO | 3GB・20GBのデータ容量から選べる

LINEMO

LINEMOの評価
月額料金・容量 通信品質 サポート
S S B
通話オプション セット端末 キャンペーン
S A
(ソフトバンクオンラインショップを利用)
S
開通時間 5G対応 回線種別
最短1時間 対応 ソフトバンク直回線
eSIM対応の柔軟さ    
A    

続いては、ソフトバンク提供のオンライン専用プラン「LINEMO」のeSIMです。

LINEMOは小容量3GBと大容量20GBの2つのプランを用意しています。家族割やネットとのセット割はありませんが、単独回線でも990円~という安さで使い始めることができます

例えばワイモバイルやUQモバイルの場合は、各種割引を適用しないと3GB 990円にはなりません。その点LINEMOははじめから基本料金が安く設定されているので、お財布にも優しいSIMだと言えます。

またLINEMOの特徴は「LINEギガフリー」サービスがある点です。LINEのトークや通話などで利用するギガはプランのカウント対象外になります。

特別LINEのデータ消費が多いわけではありませんが、日常的に使うサービスがカウントフリーになるのは嬉しいポイントです。

ソフトバンク回線を利用したい方はLINEMOを視野に入れてみてくださいね。

LINEMO 料金表
  ミニプラン(3GB) スマホプラン(20GB)
月額料金 990円 2,728円
通話オプション 5分かけ放題 550円 / 完全かけ放題 1,650円

ココがおすすめ

  • スマホプラン(20GB)の申し込みで10,000円相当以上のPayPayポイント還元
  • ミニプラン(3GB)の申し込みなら実質6ヶ月無料

LINEMO公式 : https://www.linemo.jp/

最大1万PayPayポイント還元中!

今すぐLINEMOをお得に申し込むにはコチラをタップ!

※月々990円~LINEのトークや通話などはギガフリーで使える!

LINEMO
LINEMO

>>最新の【LINEMO キャンペーン】はこちら
>>【LINEMOの評判】はこちら

3位 : ワイモバイル | ソフトバンクと変わらないクオリティ

Y!mobile

ワイモバイルの評価
月額料金・容量 通信品質 サポート
A S S
通話オプション セット端末 キャンペーン
S A S
開通までの時間 5G対応 回線種別
最短1時間 対応 ソフトバンク
eSIM対応の柔軟さ    
A    

おすすめランキング3位はワイモバイルのeSIMです!

ソフトバンクのサブブランドという位置付けで、安定した高速通信を利用できる点が魅力です。ただ他の格安SIMに比べて基本料金がやや高めに設定してあります。

ただ実店舗が多く充実したサポートを受けられることを考えると、多少高くてもワイモバイルを利用するメリットを感じられるのではないでしょうか。

また家族割やおうち光割、PayPayカード割を利用すれば、4GB 1,078円~と格安SIM 最安値級の料金となります! LINEMOは単独回線でも安いですが、手厚いサポートを受けたいならワイモバイルを検討してみてください。

ワイモバイルオンラインストアなら開通までは最短1時間というスムーズさで契約可能です!

ワイモバイル 料金表
  4GB(シンプル2 S) 20GB(シンプル2 M) 30GB(シンプル2 L)

通常価格

2,365円 4,015円 5,115円

おうち光割
or
家族割適用時

1,078円 2,178円 3,278円

通話オプション

10分/回 880円
かけ放題 1,980円

ココがおすすめ

  • ワイモバイルオンラインストア ヤフー店からの申し込みで最大20,000円相当以上のPayPayポイント還元
  • 機種代金から最大22,000円割引

ワイモバイル ヤフー店 : https://ymobile-store.yahoo.co.jp/

最大23,000円相当キャッシュバック!学割も開催中!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※店舗と違って事務手数料がタダ!

 

ワイモバイル公式 : https://www.ymobile.jp/store/

オンラインストアならSIMのみ契約で一括10,000円相当キャッシュバック!学割も開催中!

今すぐeSIMをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,850円する事務手数料がオンラインは無料!

>>最新の【ワイモバイル キャンペーン】はこちら
>>【ワイモバイルの評判】はこちら

4位 : UQモバイル | auの高速通信が4GB 1,078円~使える

UQmobile

UQモバイルの評価
月額料金・容量 通信品質 サポート
A S S
通話オプション セット端末 キャンペーン
S A A
開通までの時間 5G対応 回線種別
最短1時間 対応 au回線
eSIM対応の柔軟さ    
B    

ランキング4位はUQモバイルのeSIMです!

auのサブブランドであるUQモバイルは、au回線の高速・高品質な通信を低料金で利用できるのが魅力

自宅のでんきもしくは固定回線(インターネット)をUQモバイル指定のものにまとめることで、自宅セット割が適用され、1,100円割引が受けられます。また支払いをau PAYカードにすると187円割引も適用されます。

同じキャリアで複数回線を持っていた場合、ワイモバイルだと1回線目から割引を受けるには自宅の固定回線をまとめる必要があります。しかしUQモバイルであればでんきをまとめるだけで良いので、割引を受けられるハードルが引くなっています

家族回線や自宅の固定回線をまとめるのが難しい状況でも、1回線目からお得にeSIMを使えるのがUQモバイルの魅力です。

UQモバイル 料金表
  ミニミニプラン トクトクプラン コミコミプラン

通常価格

2,365円 3,465円 3,278円

自宅セット割
&
au PAYカードお支払い割

適用時

1,078円 2,178円 3,278円

通話オプション

60分/月 550円
10分/回 880円(コミコミプランは基本料に込み)
かけ放題 1,980円(コミコミプランは1,100円)

ココがおすすめ

eSIMの申し込みで最大10,000円相当以上のau PAY残高還元

UQモバイル公式:https://shop.uqmobile.jp/shop/

SIMのみ契約でも最大1万円相当還元!

今すぐeSIMをお得にUQモバイルで手に入れるにはこちらをタップ!

※オンライン購入アドバイザーに無料相談できるから手続きも安心!(10時~20時)

UQ Pixel7a

>>最新の【UQモバイル キャンペーン】はこちら
>>【UQモバイルの評判】はこちら

5位 : IIJmio | サブ回線の利用にもおすすめ!

IIJmio

IIJmioの評価
月額料金・容量 通信品質 サポート
S A B
通話オプション セット端末 キャンペーン
A S A
開通までの時間 5G対応 回線種別
最短10分 対応 au/ドコモ回線
eSIM対応の柔軟さ    
A    

おすすめランキング5位はIIJmioのeSIMです!

IIJmioは格安SIMの中で唯一データ通信専用eSIMを提供している通信事業者です。もちろん音声eSIMも用意されているので、利用用途にあわせてeSIMを選べます。

音声eSIMなら2GB 850~、データ通信専用eSIMなら2GB 440円~利用可能です。

またIIJmioにはeSIM[データプラン ゼロ]というサービスもあります。データプラン ゼロは月額165円で、必要に応じてデータを追加購入するサービスです。

低価格でデータ通信を利用でき、使わない月は165円しかかかりません!
そのためサブ回線としても優秀です。

IIJmioのプランはデータ容量が細く刻まれているので、自分にあったプランが見つかりやすいのではないでしょうか。

IIJmio プラン料金
利用データ量
2GB
4GB
8GB
15GB
20GB
音声eSIM
850円
990円
1,500円
1,800円
2,000円
データeSIM
440
660
1,100
1,430
1,650
データプラン ゼロ
基本料金 165円
追加データ1GB 330円
追加データ2~10GB 495円
通話オプション
通話定額5分+ 500円
通話定額10分+ 700円
かけ放題+ 1,400円

ココがおすすめ

対象スマホのセット購入で端末代金が最安500円~

IIJmio公式 : https://www.iijmio.jp/

公式サイトでお得なキャンペーン実施中!

IIJmioで今すぐeSIMをお得に手に入れるにはこちらをタップ!

※おトクすぎて売り切れの機種もあります

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)

>>最新の【IIJmio キャンペーン】はこちら
>>【IIJmioの評判】はこちら

6位 : ahamo | ドコモの安定した高速通信で安心

ahamo(アハモ)

ahamoの評価
月額料金・容量 通信品質 サポート
A S B
通話オプション セット端末 キャンペーン
A A(ドコモオンラインショップのラインナップ) B
開通時間 5G対応 回線種別
最短1時間~ 対応 ドコモ直回線
eSIM対応の柔軟さ    
B    

続いてのおすすめはahamoのeSIMです。

ahamoは20G 2,970円の基本プランに加えて、大盛りオプションも用意しています。
大盛りオプションは+80GB 1,980円のデータ増量オプションです。

ahamo大盛りを申し込んだ場合は100G 4,950円と、低価格でたっぷりのデータを使えます。You Tubeやゲームもたっぷり遊ぶことができます。

「ドコモの安定した高速通信を使いたいけど月額料金を抑えたい」「家族回線や自宅の固定回線をドコモでまとめるのは難しい」という方はahamoを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

ahamoなら5分の無料通話も料金に込み込みなので、頻繁に電話をする方にとっては嬉しいSIMです。

さらに海外91の国・地域にも対応しているため、渡航時にわざわざポケット型Wi-Fiをレンタルしたり、海外SIMを契約する必要はありません。

ahamo 料金表
ahamo(20GB) 2,970円
※機種代金別途
ahamo大盛り(100GB) 4,950円
※機種代金別途
通話オプション

5分以内の通話無料

かけ放題オプション1,100円
※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。

ahamo公式 : https://ahamo.com/

国内通話5分無料+データ20GBで2,970円!

今すぐahamoを申し込むにはこちらをタップ!

※オンラインなら手数料無料!ドコモショップでahamoに切り替えると3,300円かかります

>>最新の【ahamo キャンペーン】はこちら
>>【ahamo レビュー】はこちら

※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。
ドコモショップなどでのサポートをご希望の場合は、「ahamoWebお申込みサポート(※2)」(税込3,300円)
をご利用ください。
なお、お申込み時の端末操作はお客さまご自身で実施頂きます。また、端末初期設定およびデータ移行などは
本サポートの範囲外となります。
端末初期設定およびデータ移行の補助をご希望のお客さまは「初期設定サポート(有料)(※3)」を別途お申込
みください。
※2お客さまのご要望に基づき、ahamo専用サイトからのお申込みの補助を行うものです。
※3お客さまのご要望に基づき、ahamoアプリおよび専用サイトからのお手続き補助を行うものです。

※ahamoでは、⼀部ご利⽤できないサービスがあります。

7位 : povo2.0 | 自分好みにプランを組み立てられる

povoの評価
月額料金・容量 通信品質 サポート
S S C
通話オプション セット端末 キャンペーン
A A(auオンラインショップを利用) B
開通時間 5G対応 回線種別
最短2〜3時間 対応 au直回線
eSIM対応の柔軟さ    
B    

次に紹介をするのはau提供の「povo2.0」のeSIMです!

大手3キャリアの低料金プランの中でも、基本料0円〜スタートで自分好みにトッピングでカスタムしていくスタイルは非常に魅力的です。

そんなpovo2.0でもeSIMが利用可能!

povoのトッピング(追加オプション)では、24時間330円でデータ使用が無制限になるという特徴的なサービスが存在します。

自宅にWiFiが無い方など、1日で大量の通信が発生する場合には魅力的なサービスです!

ただ他の格安SIMとは違い都度トッピングする必要があるため、手続きが面倒と感じる方も多いでしょう。トッピングの自動更新に対応すれば、より使い勝手は良くなりそうですね。

基本料金
0円
国内通話 : 22円/30秒 国内SMS送信 : 3.3円/通(70文字まで)
通話トッピング
5分以内通話かけ放題
550円/月
通話かけ放題
1,650円/月
 
データトッピング
データ使い放題
330円/24時間
1GB
390円/7日間
3GB
990円/30日間
20GB
2,700円/30日間
60GB
6,490円/30日間
150GB
12,980円/180日間

povo公式 : https://povo.jp/


>>最新の【povo キャンペーン】はこちら
>>【povoの評判】はこちら

 

最安値はココ!eSIMが使える格安SIMを利用目的別で徹底比較

最安値はココ!eSIMが使える格安SIMを利用目的別で徹底比較

ここまではeSIM対応のおすすめ格安SIMをランキング形式で紹介してきました。

ただ中には「通話し放題が使えるeSIMがいい」「データ通信専用eSIMがほしいんだけど」という方もいるでしょう。

そんなあなたのために、利用目的別で最安値のeSIMをまとめました。ぜひ申し込み前の参考にしてみてくださいね!

利用目的別 eSIM最安値

  • 音声通話対応のeSIMならIIJmioが安い
  • 通話し放題が使えるeSIMなら楽天モバイルが安い
  • SMS対応のeSIMならIIJmioが安い
  • データ通信のみのeSIMならIIJmio
  • 初期費用が安いeSIMはUQモバイルとIIJmio以外
  • 口座振替対応のeSIMならLINEMO

※povo2.0は料金形態が少し複雑なため、それ以外の格安SIMの最安値をお伝えしていきます。

音声通話対応のeSIMならIIJmioが安い

  1GB 2GB 3GB 4GB 8GB 15GB 20GB 25GB 大容量
楽天モバイル 1,078円 1,078円 1,078円 2,178円 2,178円 2,178円 2,178円 3,278円 無制限 3,278円
ワイモバイル - - - 2,365円 - - 4,015円 - 30GB 5,115円
UQモバイル 2,277円 - - 2,365円 - 3,465円 3,278円 - -
LINEMO - - 990円 - - - 2,728円 - -
povo2.0 390円/7日 - 990円/30日 - - - 2,700円/30日 - ・60GB 6,490円/30日
・150GB 12,980円/180日
ahamo - - - - - - 2,970円 - 100GB 4,950円
IIJmio - 850円 - 990円 1,500円 1,800円 2,000円 - -

※上記は各種割引が入る前の基本料金を比較した表です。
※音声通話対応eSIMとは通話・SNS・データ通信ができる一般的なSIMのことです。

表からもわかるように、音声通話対応で最安値なのはIIJmioのeSIMです
2GB 850円~使い始めることができ、そのほかのデータ容量で比較してもIIJmioは圧倒的な安さを誇っています。

ただ20GBより上のプランがないため、20GB以内に収まる方に限られます。そもそも格安SIMを使う時点で価格を抑えたい方が多いと思うので、とにかく安さ重視ならIIJmioを選んでおけば問題ないでしょう。

どうしても大容量データを使いたいという方は、楽天モバイルのeSIMを検討してみてくださいね!

通話し放題が使えるeSIMなら楽天モバイルが安い

  5分かけ放題 10分かけ放題 完全かけ放題
楽天モバイル 無料 無料 無料
ワイモバイル - 880円 1,980円
UQモバイル 550円 880円 1,980円
LINEMO 550円 - 1,650円
povo2.0 550円 - 1,650円
ahamo 無料(基本料金込み) - 1,100円
IIJmio 500円 700円 1,400円

※通話オプションのみの料金です

通話オプションは格安SIMによって用意されているものが違います。完全かけ放題はどの格安SIMでも用意されていますが、5分・10分のかけ放題は各社で異なります。

その中でも頻繁に長電話をする方は楽天モバイルのeSIMがおすすめです。
楽天モバイルならRakuten Linkアプリを利用することで、国内通話は無料になります。通話時間を気にせず電話できるのは嬉しいですね!

また楽天モバイルは3GBまで1,078円で維持できます。
もしデュアルSIM対応のスマホを持っている方なら、サブ回線として楽天モバイルを持っておいても良いでしょう。

他社の完全かけ放題オプションよりも楽天モバイルの3GBまでの料金のほうが安く、コスパに優れています。

SMS対応のeSIMならIIJmioが安い

  2GB 4GB 8GB 15GB 20GB
楽天モバイル 取扱なし
ワイモバイル
UQモバイル
LINEMO
povo2.0
ahamo
IIJmio 820円 970円 1,470円 1,780円 1,980円

SMS対応のeSIMならIIJmioがおすすめです!
と言うよりもSMS対応のeSIMはIIJmioしかありません。

SMS対応とは、音声通話以外のSMSとデータ通信のみが利用できるeSIMのことです。外部サービス等でSMS認証が必要なときに役立ちます。

ただ音声通話対応のeSIMと比較すると20~30円の差額しかないため、無理にSMS対応eSIMを申し込まなくても良いでしょう。

むしろpovo2.0を申し込んだほうが安く済みます、数百円の差額を気にしないのであれば、LINEMO、楽天モバイルを視野に入れても良いかもしれません。

データ通信のみのeSIMならIIJmio

  2GB 4GB 8GB 15GB 20GB
楽天モバイル 取扱なし
ワイモバイル
UQモバイル
LINEMO
povo2.0
ahamo
IIJmio 440円 660円 1,100円 1,430円 1,650円

データ通信専用eSIMにおいても、対応しているのはIIJmioのみです。

データ通信専用eSIMの使い道としては、「単純にデータ容量を増やす」「タブレットをWi-Fi環境化以外で使う」などがあります。

音声通話やSMSなどの無駄な機能が省かれているため、プラン料金も2GB 440円~とかなり安く抑えられています。

データ通信のみ利用したいならIIJmioのeSIMを検討してみてくださいね!

初期費用が安いeSIMはUQモバイルとIIJmio以外

  契約事務手数料 eSIM発行手数料
楽天モバイル 無料 無料
ワイモバイル 無料(オンラインのみ) 無料
UQモバイル 3,850円 無料
LINEMO 無料 無料
povo2.0 無料 無料
ahamo 無料 無料
IIJmio 3,300円 220円

契約時にかかってくる初期費用には、契約事務手数料とeSIM発行手数料があります。

ただ必ずしも手数料がかかってくるわけではありません。手数料は格安SIMによってかかる場合とかからない場合があります。

そして初期費用を0円に抑えたいなら、楽天モバイルワイモバイルLINEMO・povo2.0・ahamoのいずれかから選びましょう。ワイモバイルに関しては店舗契約だと3,850円の契約事務手数料がかかるので、オンラインストアを活用してみてくださいね!

一方でUQモバイルやIIJmioは初期費用がかかります。ただ初期費用がかかったとしても月々の支払いが安ければ、その分はすぐに回収できます。

トータル的に考えた上で格安SIMのeSIMを申し込みましょう!

口座振替対応のeSIMならLINEMO

  口座振替 手数料
楽天モバイル 対応 110円/月
ワイモバイル 対応 無料
UQモバイル 対応 無料
LINEMO 対応 無料
povo2.0 不可 -
ahamo 対応 無料
IIJmio 不可 -

eSIMが使えて、なおかつ口座振替にも対応している格安SIMは、楽天モバイルワイモバイルUQモバイルLINEMO・ahamoです。povo2.0やIIJmioは口座振替に対応していません。

また楽天モバイルは口座振替に対応していますが、毎月110円の手数料が発生します。その場合、eSIM&口座振替に対応している最安値の格安SIMはLINEMOです。

LINEMOなら単独回線でも3GB 990円~使い始めることができます。いまなら最大6ヶ月間実質無料なのでお試し感覚で使ってみるのもありでしょう。

LINEMO公式 : https://www.linemo.jp/

最大1万PayPayポイント還元中!

今すぐLINEMOをお得に申し込むにはコチラをタップ!

※月々990円~LINEのトークや通話などはギガフリーで使える!

LINEMO
LINEMO

>>最新の【LINEMO キャンペーン】はこちら
>>【LINEMOの評判】はこちら

 

要チェック!

RM 3.2(2)

iPhoneを購入するなら楽天モバイルがおすすめ!

キャリア最安値&最大32,000円相当の還元が受けられ、最新iPhoneでも実質半額以下で購入できちゃいます!

  • 一括払いまたは24回払い
    →最大20,000円値引き+最大12,000ポイント還元
  • 48回払い
    →最大12,000ポイント還元

例えば、他社では約145,000円~150,000円するiPhone 15(128GB)が、楽天モバイルなら131,800円で購入可能。32,000円相当の還元を加味すると、実質99,800円で購入できます。

いま使っているキャリアで機種変更するよりも断然安くなります! 浮いたお金でケースや画面保護フィルムを揃えることも可能。本体容量をワンランクアップしても良いでしょう。

分割払いにしたい方は48回払いの楽天モバイル買い替え超トクプログラムを使って2年後に端末を返却すれば、本体代金の約半分の支払いが免除になります。

iPhone 15(128GB)ならポイント還元も加味すると実質53,880円で入手できちゃうんです!

ぜひ、この機会に楽天モバイル公式サイトを覗いてみてください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

最大32,000円相当還元!

楽天モバイルでお得にiPhone15/15 Proを購入する

※楽天ポイントもザクザクたまる!

>>最新の【楽天モバイルクーポン】はこちら

eSIMのお得で便利な使い方を紹介

ここではeSIMの「すぐ使える、解約に手間がかからない」という特徴を活かした便利な使い方を紹介します。

サブ回線でデータ通信のみのeSIMを使う

「ついついデータ量を使い過ぎてしまい、速度が遅くなった・・・」という経験はありませんか?

しかし、通信会社の「データ量追加」は高額でもったいないですよね。ただ、翌月まであと10日もある・・・という状態だと背に腹は変えられません。

そんな時こそeSIMの出番です!

例えば、IIJmioが提供している「eSIM専用データプラン」ならお得にデータ量の購入が可能。

IIJmio eSIM専用データプランの料金表
 
2GB
4GB
8GB
15GB
20GB
料金
440
660
1,100
1,430
1,650

大手キャリアで提供している追加容量の相場は「1GB 1,000円」程度です。

しかし、IIJmioなら「2GB 440円」と大幅に料金を抑えられます
eSIM契約のため、もちろん即日開通&利用開始でストレスもありません。

さらに、SIMカードの入れ替えといった面倒な作業も不要。

  • 現在利用中のSIMは挿入したまま!
  • 電話はメインの番号から発信&着信可能!
  • 安価にデータ量を追加して節約できる!

このようなeSIMならではのメリットを是非利用してみてください!

デュアルSIM運用で月額料金が抑えられる

家族割などの事情で「電話回線はドコモから変えられない・・・」といったことがあります。

ドコモの家族割は「同一ファミリーグループ内なら通話無料」という優秀な割引。

  • 単身赴任中の夫とよく電話をする
  • 離れた場所にいる祖母と長時間通話が必要

このような方にとって、家族割で通話料が無料になるメリットは非常に大きいですね。

その反面、「データ通信料が高額」というデメリットも存在します。

そんな時にeSIMの出番です!

ドコモ単独契約の場合

ギガホ(家族割+データ通信30GB) 6,578円

ドコモ+IIJmio

ドコモ:ギガライト(家族割+1GB)2,178円

IIJmio:eSIM専用データプラン20GB 1,650円

合計3,828円

上記のように2つの契約を組み合わせることで、家族間通話無料を継続しつつ2,750円も月額料金が安くなります!

IIJmio公式 : https://www.iijmio.jp/

公式サイトでお得なキャンペーン実施中!

IIJmioで今すぐeSIMをお得に手に入れるにはこちらをタップ!

※おトクすぎて売り切れの機種もあります

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)

>>最新の【IIJmio キャンペーン】はこちら
>>【IIJmioの評判】はこちら

 

格安SIMでeSIMを使うメリット・デメリットとは?

ここで格安SIMでeSIMを使うメリット・デメリットを整理しておきましょう。

メリット デメリット
  • 郵送がないので即日開通できる
  • デュアルSIM対応機種なら回線の使い分けができる
  • デュアルSIMで万が一の通信障害にも対応できる
  • eSIM対応の機種が限られる
  • eSIM設定時にWi-Fi環境が必要
  • 機種変更する時が面倒

デメリット①eSIM対応の機種が限られる

eSIMが普及してきたとはいえ、まだまだeISM対応の機種は少ないです。例えばiPhoneならiPhone XS/XR以降の機種ならeSIMに対応しています。

格安SIMを申し込む際は、あなたの持っているスマホがeSIMに対応しているか必ず確認しておきましょう。

どのスマホでもeSIMが使えるわけではないで、申込時は注意が必要です。

デメリット②eSIM設定時にWi-Fi環境が必要

eSIMを使い始める場合、WiFi環境が必要になります。WiFi環境がないとeSIMプロダイルがダウンロードできないので注意しましょう。

自宅のWiFiでなくても、フリーWiFiでもOKです!

デメリット③機種変更する時が面倒

eSIMの場合、機種変更時にeSIMの再発行手続きが必要です。eSIMを再発行したら、機種変更後のスマホでeSIMプロファイルをダウンロードすると使えるようになります。

SIMカードの場合は機種変更後のスマホにSIMを差し替えるだけで良いですが、eSIMは物体をもたないためそうはいきません。

その点は面倒と思う部分かもしれませんね。

メリット①郵送がないので即日開通できる

eSIMは端末内蔵型のSIMなので一般的な物理SIMカードとは違い、申し込みをしてから手元にSIMが届くまでのタイムラグがありません。

要するに即日開通が可能なんです!

申し込み後にメール等で送られてくるeSIMプロファイルをスマホで読み込めば、即日・最短5分程度で使えるようになります。これは大きなメリットだと言えます。

例えば「月末最終日で乗り換えたいけど、SIMが届くまでの間に月を跨いでしまう」なんて時も、eSIMなら月内で切り替えられる可能性があります。

メリット②デュアルSIM対応機種なら回線の使い分けができる

デュアルSIMに対応したスマホなら回線の使い分けもできます。デュアルSIMとは1台のスマホで2つの回線を使うことです。

SIMの組み合わせは機種によって異なりますが、「物理SIM+eSIM」「eSIM+eSIM」といった運用が可能です。

例えば1回線目はプライベート用、2回線目は仕事用と電話番号を使い分けることができます

どうしてもプライベート用の電話番号を教えたくないなという場合は、サブ回線の電話番号を教えるのもありですね。

メリット③デュアルSIMで万が一の通信障害にも対応できる

デュアルSIMなら万が一の通信障害に備えることができます

例えば1つ目がau回線のSIMで通信障害にあったとしましょう。しかし2つ目としてドコモ回線のSIMを入れておけば、問題なく通信が行えます。

通信障害は滅多に起きることではありませんが、緊急時に備えておくことは大切です。

このようにeSIMを活用したデュアルSIM運用では多くのメリットを受けられます。

LINEMO公式 : https://www.linemo.jp/

最大1万PayPayポイント還元中!

今すぐLINEMOをお得に申し込むにはコチラをタップ!

※月々990円~LINEのトークや通話などはギガフリーで使える!

LINEMO
LINEMO

>>最新の【LINEMO キャンペーン】はこちら
>>【LINEMOの評判】はこちら

 

eSIMに対応しているスマホ一覧

スマホ3

eSIM対応の格安SIMやキャリアを確認したところで、実際にeSIMに対応しているスマホを確認していきましょう。

iPhoneとAndroidにわけて紹介していきます。

eSIM対応のiPhone

iPhoneXs・XRシリーズ以降のiPhoneは全てeSIMに対応しています!

日本版のiPhoneは物理カードスロットが1つしかなく、複数の通信会社を使い分けることが今まではできませんでした。

しかし、eSIMに対応したことにより選択可能なプランの幅が広がり、とても便利になりましたね!

以下に、eSIMを利用可能なiPhoneの一覧を記載します。

eSIM対応のiPhone

  • iPhone15シリーズ
    (15/15Plus/15Pro/15ProMax)
  • iPhone14シリーズ
    (14/14Plus/14Pro/14ProMax)
  • iPhone13シリーズ
    (13/13mini/13Pro/13ProMax)
  • iPhone12シリーズ
    (12/12mini/12Pro/12Pro Max)
  • iPhone11シリーズ
    (11/11Pro/11Pro Max)
  • iPhoneSEシリーズ
    (第3世代/第2世代)
  • iPhoneXsシリーズ
    (Xs/Xs Max)
  • iPhoneXR

eSIM対応のAndroidスマホ

AndroidでeSIMに対応している機種は、以下の通りです。

eSIM対応のAndroid

  • Galaxy S23/S23 Ultra
  • Pixel 7/7 Pro
  • Pixel 6/6 Pro
  • Pixel 5a(5G)
  • Pixel 5
  • Pixel 4a(5G)
  • Pixel 4a
  • Pixel 4/4 XL
  • AQUOS R7
  • AQUOS wish
  • AQUOS zero6
  • AQUOS sense6
  • AQUOS sense4 lite
  • Xperia 1 IV
  • Xperia 10 III Lite
  • OPPO Find X3 Pro
  • OPPO Reno5 A
  • OPPO A73
  • HUAWEI P40
  • HUAWEI P40 Pro
  • HUAWEI Mate 40 Pro

国内版のAndroidでeSIMに対応している機種は、意外と少ないです。

どの機種でもeSIMが使えるわけではないので、これからスマホを買い替える方は気をつけてください。

 

まとめ

今回はeSIM対応のおすすめ格安SIMをランキング形式で紹介しつつ、利用目的別での最安値をお伝えしました。

おすすめランキング 利用目的別のおすすめ
1位 : 楽天モバイル | eSIMとしてのクオリティNo.1
2位 : LINEMO | 3GB・20GBのデータ容量から選べる
3位 : ワイモバイル | ソフトバンクと変わらないクオリティ
4位 : UQモバイル | auの高速通信が4GB 1,078円~使える
5位 : IIJmio | サブ回線の利用にもおすすめ!
6位 : ahamo | ドコモの安定した高速通信で安心
7位 : povo2.0 | 自分好みにプランを組み立てられる
・音声通話対応のeSIMならIIJmioが安い
・通話し放題が使えるeSIMなら楽天モバイルが安い
・SMS対応のeSIMならIIJmioが安い
・データ通信のみのeSIMならIIJmio
・初期費用が安いeSIMはUQモバイルとIIJmio以外
・口座振替対応のeSIMならLINEMO

eSIMはキャリアのサブブランドを中心に、徐々に普及拡大してきています。

そのなかでも楽天モバイルはeSIMとしてのクオリティが高く、おすすめできる携帯会社です。またIIJmioに関しては音声通話以外にも、SMS対応やデータ通信専用のeSIMも用意されており、柔軟に対応できます。

キャンペーンでいうならワイモバイルが最もおトクです。
eSIMのみの申し込みで2万円以上の還元が受けられることなんて滅多にありません!

eSIMをうまく活用すれば月々の支払いを抑えることだって可能です。ぜひこの機会に自分にあったeSIMを申し込んでみてくださいね!

LINEMO公式 : https://www.linemo.jp/

最大1万PayPayポイント還元中!

今すぐLINEMOをお得に申し込むにはコチラをタップ!

※月々990円~LINEのトークや通話などはギガフリーで使える!

LINEMO
LINEMO

>>最新の【LINEMO キャンペーン】はこちら
>>【LINEMOの評判】はこちら

楽天モバイルお得情報!

要チェック!

RM 3.2(2)

iPhoneを購入するなら楽天モバイルがおすすめ!

キャリア最安値&最大32,000円相当の還元が受けられ、最新iPhoneでも実質半額以下で購入できちゃいます!

  • 一括払いまたは24回払い
    →最大20,000円値引き+最大12,000ポイント還元
  • 48回払い
    →最大12,000ポイント還元

例えば、他社では約145,000円~150,000円するiPhone 15(128GB)が、楽天モバイルなら131,800円で購入可能。32,000円相当の還元を加味すると、実質99,800円で購入できます。

いま使っているキャリアで機種変更するよりも断然安くなります! 浮いたお金でケースや画面保護フィルムを揃えることも可能。本体容量をワンランクアップしても良いでしょう。

分割払いにしたい方は48回払いの楽天モバイル買い替え超トクプログラムを使って2年後に端末を返却すれば、本体代金の約半分の支払いが免除になります。

iPhone 15(128GB)ならポイント還元も加味すると実質53,880円で入手できちゃうんです!

ぜひ、この機会に楽天モバイル公式サイトを覗いてみてください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

最大32,000円相当還元!

楽天モバイルでお得にiPhone15/15 Proを購入する

※楽天ポイントもザクザクたまる!

>>最新の【楽天モバイルクーポン】はこちら

格安SIMを目的別に探す
格安SIMの速度ランキング 格安SIM キャッシュバック 格安SIM 最安
口座振替ができる格安SIM デビットカードが使える格安SIM 後悔しない格安SIM
ドコモ回線の格安SIM au回線の格安SIM ソフトバンク回線の格安SIM
eSIM対応の格安SIM 学割がある格安SIM 通話無制限の格安SIM
格安SIM 端末セット 小中学生向けの格安SIM 格安SIM かけ放題 アプリ不要
格安SIM 1GB 格安SIM 3GB 格安SIM 大容量
格安SIM 月額0円 テザリングにおすすめの格安SIM 格安SIM 審査 緩い
ドコモエコノミーの格安SIM 音声通話のみで最安の格安SIM 格安SIM 比較表
実店舗がある格安SIM 事務手数料無料の格安SIM 格安SIM 5G対応状況
格安SIMをiPhoneで使うデメリット 格安SIM iPhone キャンペーン 格安SIM 無制限
格安SIM iPhone14 格安SIM iPhone13 格安SIM iPhone12
格安SIM iPhoneSE3 格安SIM iPhoneSE2 格安SIM iPad セット
格安SIMのApple Watch セルラーモデル対応 格安SIM au回線 格安SIM auから
格安SIM Galaxy S22 格安SIM Galaxy S23 格安SIM AQUOS Sense5G
格安SIM ZenFone9 格安SIM Nothing Phone(1) 格安SIM Xiaomi 12T Pro
格安SIM Xperia 1 V 格安SIM Xperia 5III 格安SIM Pixel 7a
格安SIM Pixel7    
  • この記事を書いた人
iPhone大陸

iPhone大陸運営事務局

格安SIMの「ロケットモバイル」を提供する株式会社IoTコンサルティングが運営しています。「IoT」という手段を通して、世の中を効率化し、生産性を上げていくことをミッションに抱えています。年々高騰するスマートフォンや頻繁に変化する格安SIMを後悔せず選べるように「iPhone大陸」を運営しております。

-格安SIM

Copyright© iPhone大陸 , 2024 All Rights Reserved.