【4/11発売】auのGalaxy S24/Ultraが最大22,000円割引 | auオンラインショップ

【注目】楽天モバイル クーポン配布中!最大32,000円相当の還元も!

当サイトiPhone大陸の記事はPRを含みます。

【出戻り歓迎】再契約・2回線目も対象!

\2024年5月31日 23:59まで/RM出戻り

楽天モバイルにお得に乗り換えるなら今がチャンス!!

楽天モバイルの解約履歴がある方や2回線目を申し込みたい方も、三木谷社長の紹介URLから申し込むことで最大14,000ポイントがもらえます! また、三木谷社長の紹介キャンペーン経由で申し込むと、1件につき1万円を三木谷社長が個人的に「災害・人道支援」に寄付してくれ、間接的に支援できるのは嬉しいことです。

iPhoneをセット契約したい方は最大32,000円相当の還元、Androidは最大26,030円引きで購入できます!

楽天モバイルのiPhoneはキャリア最安値!

例えば、約12万円するiPhone14もキャンペーンを利用すれば、実質8万円台と10万円を切っての購入が可能です。 さらに、買い替え超トクプログラムを利用して2年後に端末を返却すれば実質負担金は半額以下!!

「今使っている携帯会社が高すぎる!」「iPhoneを安く買いたい!」「支援活動に協力したい!」そんなあなたは、ぜひこの機会に楽天モバイルを試してみてくださいね!

再契約も対象!SIMのみ契約で14,000ポイント還元

3GB 1,078円~使い始められる!

楽天モバイルのSIMを契約してポイントをもらうにはこちらをタップ

※再契約・2回線目も対象!

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\楽天モバイルでiPhoneが買える!しかも端末代4キャリア最安値/

今すぐスマホを楽天モバイルでお得に手に入れるにはこちらをタップ!

※最大1万相当以上の還元あり

>>最新の【楽天モバイル クーポン】はこちら
>>【楽天モバイルの評判】はこちら

格安SIM

【14社比較】格安SIMの通信速度ランキング! 昼や地下だと遅いって本当?

スマホ代を節約するためには格安SIMに乗り換えるのが一番ですが、通信速度が遅いことが気になって乗り換えを迷っていませんか?

確かに格安SIMは3大キャリアと比べると通信速度が落ちてしまいますが、中には通信速度が安定して速い格安SIMもあります。

また、あなたのスマホの使い方によっては速い速度を必要としない場合もあり、まずは格安SIMについてしっかりとした理解が必要です。

この記事では、そもそも格安SIMがなぜ遅いと言われているのか、速い格安SIMはあるのか、まとめて比較しながら紹介します

さらにあなたの使用用途にあった通信速度の目安も紹介しますので、この記事を読めばあなたにあった格安SIMを見つけることができ、安心してスマホ代を節約できるのでぜひ参考にしてください。

おすすめ

乗り換え者多数?

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

ドコモ回線が繋がりにくい......」「電波改善されなくて嫌気がさしている

これはトラフィックの増大と5Gネットワーク設備が途上であることが原因......。ドコモ側も”繋がりにくい問題”は把握しており、今夏解消を目指すとしていました。

しかし、繋がらない問題は一向に解消されず、2023年中に90%以上の改善を目指す方向性となっています。これにはドコモユーザーも我慢の限界他社へ乗り換る方も増えてきました。

「わたしも乗り換えようかな......」

そんなあなたにおすすめなのがワイモバイルです!

ワイモバイル_ロゴ_ミニ

シンプル2

  • 4GB : 2,365円(割引時1,078円)
  • 20GB : 4,015円(割引時2,178円)
  • 30GB : 5,115円(割引時3,278円)

割引時の料金は自宅のネット回線または家族回線(2回線目以降)をまとめた場合。また、PayPayカード割を受けた場合。

例えば「10GBじゃ足りないけど20GBあれば十分!」という方にはピッタリ! ドコモではプラン展開していない痒いところに手が届くのがワイモバイルなんです!

しかもデータが余った場合は翌月への繰り越しが可能。60歳以上の通話割引だってあります。

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドだから通信品質も高く、実店舗も多いため、万が一があっても安心! 乗り換えを検討しているなら必ずチェックしておきたい格安SIMです。

今なら、SIMを差し替えるだけで最大2万円相当以上のPayPay還元も行っていますし、1円で購入できるスマホもあります! 気になる方は、今すぐ以下の青いリンクをタップしてワイモバイルオンラインストアを覗いてみてください↓

ワイモバイルオンラインストアはこちら

オンライン申し込みなら店舗でかかる事務手数料3,850円が無料! ヤフープレミアム会員の特典も追加料金なしで使い放題!

【2024年】ワイモバイルの新料金プラン「シンプル2」は損?得?旧プランと比較してみた

続きを見る

ワイモバイル公式 ヤフー店 : https://ymobile-store.yahoo.co.jp/

最大23,000円相当キャッシュバック!学割も開催中!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※店舗と違って事務手数料がタダ!

 

ワイモバイル公式 : https://www.ymobile.jp/store/

オンラインストアなら機種代金が最大2万円値引き!学割も開催中!

今すぐスマホをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,850円する事務手数料が無料!

>>最新の【ワイモバイル キャンペーン】はこちら
>>【ワイモバイルの評判】はこちら

楽天モバイルおトク注意報!

RM 3.2cb

RM Android 26,930円CB

楽天従業員 紹介キャンペーン

スマホトク得乗り換え

楽天モバイル 最強青春プログラム

RM6

楽天モバイルではおトクなキャンペーンを多数用意しています!
とくにiPhoneの購入を検討している方は楽天モバイルでの購入を視野にいれましょう。

なんといっても楽天モバイルのiPhoneは4キャリア最安値!

さらに、今なら最大32,000円相当もお得に購入できちゃいます! 還元を加味するとApple StoreよりもおトクにiPhoneの購入が可能です。

各種キャンペーンをフル活用すれば、iPhone15だって実質9万円台~購入できちゃうんです! おトク過ぎませんか!?

例えば..

iPhone15(128GB)を購入した場合、通常価格は131,800円ですが、20,000円値引き+12,000ポイント還元で合計32,000円相当お得に購入できます!

キャンペーン適用後の価格は実質99,800円です。

分割払いで購入したい方は48回払いの「楽天モバイル買い替え超トクプログラム」を利用し、24回目の支払いが完了した際に端末を返却することで、機種代金の最大半額分の支払が免除になります(この場合は12,000ポイントのみ適用)。

また、22歳以下の方は学割「最強青春プログラム」の適用で、プラン料金が最安実質858円(税込)~利用可能! 全キャリア最安値の月額料金で使えます。

以前に楽天モバイルを解約している場合でも、今なら再契約で最大14,000ポイントがもらえるので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

まずは 楽天モバイルの料金&ポイントのかんたんシミュレーションでどれだけお得になるかチェックしてみましょう!

※2024年4月15日時点の情報です。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\楽天モバイルでiPhoneが買える!しかも端末代4キャリア最安値/

楽天モバイルのお申し込みはこちらをタップ

※単独回線でも3GB 1,078円~使える!

>>最新の【楽天モバイル クーポン】はこちら
>>【楽天モバイルの評判】はこちら

auお得注意報!

Galaxy S24機種変更おトク割

auオンラインショップで使えるキャンペーン au Online Shop SIM乗りかえ特典

au_PR1

au_スマホスタート応援割

auではiPhone15シリーズやGalaxy S24/S24 Ultra、Pixel 8/8 Pro、TORQUE G06、Xiaomi 13T、Galaxy Tab S9 FE+ 5Gなどの新型スマートフォンやタブレットが続々登場!

それに伴い、auオンラインショップではお得なキャンペーンを多数実施しています。

新規ユーザーだけでなく、既存ユーザーへの還元も怠らないのがauの魅力。機種変更なら最大22,000円、他社からの乗り換えなら最大44,000円の還元が受けられちゃいます!

そして、スマホの買い替えで分割払いを検討している方には24回払いの「スマホトクするプログラム」がおすすめ!

機種に応じた残価を最終回分の支払いに設定し、25ヶ月目に端末を返却すると残価がまるっと免除される購入方法です。超カンタンにお伝えすると、実質半額程度の負担で2年ごとに新しいスマホが使える購入サポート。

例えば..

機種/定価 新規契約 乗り換え 機種変更
Galaxy S24
(256GB)
144,800円(NEW)
実質68,800円~
(初回2,998円+2,991円×22回)
実質57,800円~
(初回2,514円+2,513円×22回)
実質57,800円~
(初回2,514円+2,513円×22回)
Galaxy S24 Ultra
(256GB)
224,800円(NEW)
実質114,800円~
(初回4,998円+4,991円×22回)
実質103,800円~
(初回4,514円+4,513円×22回)
実質103,800円~
(初回4,514円+4,513円×22回)
iPhone 15
145,640円~
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
iPhone 14
127,900円~
実質33,047円~
(初回1,455円+1,436円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質38,547円~
(1,697円+1,675円×22回)
Pixel 8
93,600円~
実質11,047円~
(初回487円+480円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質16,547円~
(729円+719円×22回)

※2024年4月3日時点の情報です。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

Galaxy S24(256GB)なら通常価格は144,800円ですが、25ヶ月目に端末を返却すると65,000円が免除されるため、実質負担金は79,800円。

さらに22,000円割引を適用すると実質57,800円、月々2,513円(初回2,514円)で購入できちゃう! お得過ぎませんか!?

iPhone 14やPixel 8なら実質47円~購入できますよ!

そのほかauオンラインショップではSIM単体契約で10,000円相当還元も行っています。

もしあなたがスマホや携帯会社の切り替えを検討していたり、auでの機種変更を考えているなら、一度auオンラインショップを覗いてみてくださいね。

機種変更なら午前11時45分までの注文完了で当日の18時~22時に商品を届けてくれます(地域限定)

\オンライン購入アドバイザーに無料相談しながら手続きできる!/
auオンラインショップ公式 : https://www.au.com/mobile/onlineshop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

auオンラインショップはこちらをタップ!

※au Online Shop お得割実施中

>>最新の【au キャンペーン】はこちら
>>auショップ 待ち時間対策はこちら

 

格安SIMでも通信速度が速い会社はある!

スマホ5

格安SIMは通信速度が遅い」と考えている方が多いと思いますが、それは事実です。

しかし、すべての格安SIMが遅いというわけではなく、中には速い通信速度で安定して利用できる格安SIMもあります

まずはなぜ格安SIMが遅いと言われているのか、その理由について確認していきましょう。

格安SIMだと昼休みに速度が遅くなるって聞くけど本当?

そもそも格安SIMとは、自社の通信回線を持たずにドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアから回線を借りてサービスを提供する会社のことを言います。

自社回線を持たずに3大キャリアから回線を借りることで設置費用や管理費用が抑えられ、その代わりに月々のスマホ代を安くできる仕組みです。

一方自社回線を持たないことで、その分3大キャリアに比べると通信環境が安定しないデメリットがあります。

格安SIMは3大キャリアとは異なり、必要最低限の回線しか借りていないためそこにユーザーが集中してしまうとどうしても通信速度が落ちてしまうのです。

格安SIMが昼休みに速度が遅くなると言われている理由はここにあります。

昼休みは一般的にスマホを触る方が多くなり、限られた回線にユーザーが集中するため通信速度が安定しないというわけです。

高速な通信速度が必要な場合は、3大キャリアから借りている回線数が豊富な会社や3大キャリアが運営している格安SIMを選べば問題ありません。

なぜ格安SIMは使い物にならないって言われるの?

格安SIMが使い物にならないと言われている主な理由は以下の通りです。

  • 通信速度が遅いことがある
  • 使えなくなる機能がある
  • サポート体制が弱い

格安SIMは自社回線を持っておらず3大キャリアから借りた回線をユーザーに提供しているため、3大キャリアに比べると通信速度が遅くなってしまいます。

特にスマホを使用する方が増える通勤・通学の時間帯や昼休み、夜間の時間帯は通信速度が遅くなりがちです。

しかし、格安SIMの中にもたくさんのユーザーが使っても安定しているほどの回線数を借りている会社や、3大キャリアが提供している格安SIMもあります。

こういった格安SIMは3大キャリアと比べても安定した速い通信速度で利用できるので、通信速度が速い格安SIMを選べば問題ありません。

他にも格安SIMに乗り換えるとキャリア決済やキャリアメールなど使えなくなる機能が出てきます。

よく使っていた機能が使えなくなると不便に感じるかもしれませんが、中には同じ機能が使える格安SIMもあるためこれもしっかりとあなたにあった格安SIMを選べば良いのです。

ちなみに、キャリアメールについては必要に応じて今使っているメールアドレスをそのまま引き継ぐサービスが各キャリアで用意されています。

最後に格安SIMは3大キャリアと異なり実店舗が無いため、困ったことがあった時のサポートが悪いことから使い物にならないと言われることも。

格安SIMは人件費や店舗の家賃を節約することで安いスマホ代でサービスを提供しているため、基本的に実店舗は設けていません。

サポートは主にチャットで行われるため、不安に思う方は店舗がある格安SIMやサポート体制が充実している格安SIMを選びましょう

 

【14社比較】格安SIM(MVNO)の通信速度ランキング! 最も速いのはどこ?

_SIM_

通信速度が速い格安SIMはどこなのか、14社を比較しました。下記の表は下り速度が速い順にランキング形式に並べた表です。

ランキング 格安SIM 上り速度 下り速度
1位 QTモバイル 15.26Mbps 94.87Mbps
2位 LinksMate 11.31Mbps 81.1Mbps
3位 UQモバイル 14.71Mbps 76.46Mbps
4位 日本通信SIM 10.5Mbps 70.62Mbps
5位 nuroモバイル 14.04Mbps 66.7Mbps
6位 OCNモバイルONE 10.93Mbps 58.0Mbps
7位 ワイモバイル 12.7Mbps 55.06Mbps
8位 y.u mobile 12.31Mbps 48.71Mbps
9位 イオンモバイル 9.53Mbps 47.08Mbps
10位 mineo 9.9Mbps 43.1Mbps
11位 IIJmio 9.92Mbps 43.77Mbps
12位 J:com MOBILE 11.19Mbps 34.65Mbps
13位 NifMo 6.47Mbps 31.94Mbps
14位 BIGLOBEモバイル 8.49Mbps 16.4Mbps

参考 : みんそく

下り速度で最も通信速度が速い格安SIMはQTモバイルという結果になりました。

QTモバイルは上り速度でも2番目に速いため、アップロード・ダウンロード共に安定した通信速度で利用できる格安SIMだと言えます。

その他の格安SIMも下り速度が50Mbps前後、上り速度が10Mbps前後と十分な通信速度がでる格安SIMがほとんどです。

3大キャリアの格安プランは速度が速くて安定している

ドコモ、ソフトバンク、auはそれぞれ以下の格安プランを提供しています。

  • ドコモ…ahamo
  • ソフトバンク…LINEMO
  • au…povo2.0

この3大キャリアが提供している格安プランは、その他の格安SIMと違い自社回線をそのまま利用しています。

そのため格安SIMのように時間帯によって極端に通信速度が落ちるといった不安はなく、いつ使っても速くて安定した通信が可能です。

「格安SIMの遅さが不安」「自分にあった格安SIMがわからない」という方は、今使っているキャリアの格安プランを使うことで通信速度はそのままスマホ代を節約できます。

 

格安SIMの速度制限時の速さを比較してみた

格安SIMも3大キャリアと同様に月ごとに決められているデータ量を使い切ると通信速度制限にかかります。

各格安SIMの通信速度制限時の速さを比較してみました。

格安SIM 速度制限時の速度
QTモバイル

ドコモ回線:最大300kbps

au回線・ソフトバンク回線:最大200kbps

LinksMate

20GBプラン未満の場合:最大200kbps

20GBプラン以上の場合:最大1Mbps

UQモバイル

「ミニミニプラン」「くりこしプランS +5G」「くりこしプランS」「スマホプランS/M/L」「ぴったりプラン」「おしゃべりプラン」「おはなしプラン」:最大300kbps

「トクトクプラン」「コミコミプラン」「くりこしプランM +5G」「くりこしプランM」「くりこしプランL +5G」「くりこしプランL」「スマホプランR」:最大1Mbps

日本通信SIM 非公開
nuroモバイル

「NEOプラン / NEOプランLite」:1Mbps

「バリュープラス」「かけ放題プラン」:200kbps

OCNモバイルONE 最大200kbps
ワイモバイル

「シンプルS」「スマホベーシックプランS」:最大300kbps

「シンプルM/L」「スマホベーシックプランM/R」:最大1Mbps

その他の料金プラン:最大128kbps

y.u mobile 最大128kbps
イオンモバイル 最大200kbps
mineo 最大200kbps
IIJmio 非公開
J:com MOBILE

[1GB/5GB]:200kbps

[10GB/20GB]:1Mbps

NifMo 最大200kbps
BIGLOBEモバイル 最大200kbps

格安SIMは一般的に月間データ量を使い切ると128kbps〜1Mbpsに通信速度が制限されます。

どの速度も通常使っている速度に比べるとかなり遅く感じますが、1Mbpsで使えるLinksMateやUQmobile、nuroモバイル、Y!mobile、J:com MOBILEなどを使っておくといざという時に安心です。

またどの格安SIMも通信速度制限にかかってしまった場合、追加でデータ容量を購入することで通信速度制限を解除できます。

1Mbpsの速さがあれば日常使いで問題はなし

どの格安SIMも月間データ容量を使い切ってしまった場合、通信速度制限にかかります。

通信速度制限は格安SIMや契約する料金プランにより最大で128kbps〜1Mbpsの速度に制限されてしまうため、少しでも快適に使いたい方は最大1Mbpsに制限される格安SIMがおすすめです。

1Mbpsの速さがあればメッセージのやり取りやテキストベースのSNSの閲覧程度であれば問題なく利用できるため、日常生活で問題はありません。

通信速度制限にかかっても最大1Mbpsで利用できる主な格安SIMは以下の通りです。

またドコモのahamo、ソフトバンクのLINEMO(スマホプラン)も通信速度制限時の速度は最大1Mbpsになります。

 

要チェック!

RM 3.2(2)

iPhoneを購入するなら楽天モバイルがおすすめ!

キャリア最安値&最大32,000円相当の還元が受けられ、最新iPhoneでも実質半額以下で購入できちゃいます!

  • 一括払いまたは24回払い
    →最大20,000円値引き+最大12,000ポイント還元
  • 48回払い
    →最大12,000ポイント還元

例えば、他社では約145,000円~150,000円するiPhone 15(128GB)が、楽天モバイルなら131,800円で購入可能。32,000円相当の還元を加味すると、実質99,800円で購入できます。

いま使っているキャリアで機種変更するよりも断然安くなります! 浮いたお金でケースや画面保護フィルムを揃えることも可能。本体容量をワンランクアップしても良いでしょう。

分割払いにしたい方は48回払いの楽天モバイル買い替え超トクプログラムを使って2年後に端末を返却すれば、本体代金の約半分の支払いが免除になります。

iPhone 15(128GB)ならポイント還元も加味すると実質53,880円で入手できちゃうんです!

ぜひ、この機会に楽天モバイル公式サイトを覗いてみてください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

最大32,000円相当還元!

楽天モバイルでお得にiPhone15/15 Proを購入する

※楽天ポイントもザクザクたまる!

>>最新の【楽天モバイルクーポン】はこちら

速度重視な方におすすめの格安SIM3選! 昼や地下でも安定

通信速度が安定している格安SIMを使いたい方に以下のおすすめ格安SIM3つを紹介します。

上記3つの格安SIMは通信速度が安定していることはもちろん、料金面やサービスなど総合的に見てもおすすめできる格安SIMです。

それぞれの格安SIMについて詳しく解説します。

ワイモバイル | 家族でまとめてお得

Y!mobile料金プラン

ワイモバイルは特に家族でまとめて使いたい方におすすめの格安SIMです。

月額料金

4GB:2,365円

20GB:4,015円

30GB:5,115円

おうち割光セットまたは家族割引(2回線目以降)
&
PayPayカード割
適用後の月額料金

4GB:1,078円

20GB:2,178円

30GB:3,278円

通信速度

上り:55.06Mbps

下り:12.7Mbps

通信制限時の速度

最大1Mbps

(4GBのみ最大300kbps)

データ繰り越し

通話料 22円/30秒
通話オプション

10分かけ放題:880円

24時間かけ放題:1,980円

キャリアメール
サポート 店舗、電話、チャット、メール
スマホセット販売

ワイモバイルは4GB・20GB・30GBの3種類の料金プランから必要なデータ量に応じてプランを選べる格安SIMです。

家族で利用すると2回線目以降は1,100円割引を受けられます。

1回線目は家族割は適用できませんが、自宅のインターネットをソフトバンク光かSoftBank Airにすると、おうち割で最大1,650円割引を受けられます。

また支払いをPayPayカードにすることで、最安4GB 1,078円~利用可能です。

ワイモバイルはソフトバンクの子会社のため、他の格安SIMと比べても速い通信速度で安定して利用できます。

また、ワイモバイルは格安SIMでありながら店舗でのサポートも受けられるため、申し込みや利用後のサポートが不安な方にもおすすめです。

ワイモバイル公式 ヤフー店 : https://ymobile-store.yahoo.co.jp/

最大23,000円相当キャッシュバック!学割も開催中!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※店舗と違って事務手数料がタダ!

 

ワイモバイル公式 : https://www.ymobile.jp/store/

オンラインストアなら機種代金が最大2万円値引き!学割も開催中!

今すぐスマホをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,850円する事務手数料が無料!

>>最新の【ワイモバイル キャンペーン】はこちら
>>【ワイモバイルの評判】はこちら

UQモバイル | 単独回線でも安い

UQモバイル ロゴ2

UQモバイルは一人で使う場合でもお得に使える格安SIMです。

月額料金

4GB:2,365円

15GB:3,465円
(1GB以下の場合は2,277円)

20GB:3,278円

自宅セット割
&
au PAYカード
適用後の月額料金

4GB:1,078円

15GB:2,178円
(1GB以下の場合は990円)

20GB:3,278円

通信速度

上り:76.46Mbps

下り:14.71Mbps

通信制限時の速度

最大1Mbps

(4GBのみ最大300kbps)

データ繰り越し

通話料 22円/30秒
通話オプション

・通話放題ライト(10分かけ放題)を:880円
コミコミプラン(20GB)は10分無料通話が基本料金に含まれている

・通話パック(60分かけ放題):550円

・通話放題(24時間かけ放題):1,980円
コミコミプラン(20GB)の場合は1,100円

キャリアメール
サポート 店舗、電話、チャット、メール
スマホセット販売

UQモバイルは4GB・15GB・20GBの3種類から必要なデータ量に応じてプランを選べる格安SIMです。

UQモバイルは自宅のインターネット+電話やケーブルテレビ、電気などをセットで利用すると1,100円割引を受けられます。また支払いをau PAYカードにすれば1GB 990円~使い始められます。

UQモバイルはauの子会社のため、他の格安SIMと比べても速い通信速度で安定して利用できます。

困ったときは店舗でのサポートも受けられるため、スマホの使用に不安がある方やサポート体制がしっかりとした格安SIMが良い方におすすめです。

UQモバイル公式:https://shop.uqmobile.jp/shop/

SIMのみ契約でも最大1万円相当還元!

今すぐスマホをお得にUQモバイルで手に入れるにはこちらをタップ!

※オンライン購入アドバイザーに無料相談できるから手続きも安心!(10時~20時)

UQ Pixel7a

>>最新の【UQモバイル キャンペーン】はこちら
>>【UQモバイルの評判】はこちら

OCNモバイルONE | コスパが良く通信品質も高評価

OCNモバイルONEは通信品質がよく、コスパの良い格安SIMを使いたい方におすすめです。

月額料金(音声通話SIM)

500MB:550円

1GB:770円

3GB:990円

6GB:1,320円

10GB:1,760円

月額料金(SMS対応データSIM)

3GB:990円

6GB:1,320円

10GB:1,760円

月額料金(データSIM)

3GB:858円

6GB:1,188円

10GB:1,628円

通信速度

上り:10.93Mbps

下り:58.0Mbps

通信制限時の速度

最大200kbps

データ繰り越し

通話料

22円/30秒

OCNでんわ使用で半額(11円/30秒)

通話オプション

10分かけ放題:935円

トップ3かけ放題:935円

24時間かけ放題:1,430円

キャリアメール
サポート 店舗、電話、チャット、メール
スマホセット販売

OCNモバイルONEは500MB〜10GBの5つの料金プランから必要なデータ量に応じてプランを選べる格安SIMです。

月間データ量が550MBで足りる方は550円と格安な料金で利用できます。

また、自分で通信速度を最大200kbpsに制限して利用する「節約モード」を利用すれば月間データ量を消費せずにスマホの使用が可能です。

通信速度も安定して速く、実際に使っている方の評価も高い格安SIMのため、通信速度に不安がある方も安心して使えるのではないでしょうか。

OCNモバイルONEの専用店舗はありませんが、ドコモショップで申し込み受け付けをしているため申し込みに不安がある方でも簡単に手続きができます。

申込後のサポートについてもドコモショップに行けば専門スタッフに電話で取次してくれるので、チャットサポートしかない格安SIMよりも安心です。

OCNモバイルONE公式 : https://service.ocn.ne.jp/mobile/

スマホセットがお得すぎて品切れ端末続出中!

今すぐスマホをOCNモバイルoneでお得に手に入れるにはコチラをタップ!

※お得なスマホセール実施中!

>>最新の【OCNモバイルONE キャンペーン】はこちら
>>【OCNモバイルONEの評判】はこちら

 

速度と安定を求めるなら3大キャリアのオンライン専用プランもおすすめ!

「月々のスマホ代を節約したいけど、やっぱり格安SIMは通信速度が不安」という方におすすめなのが、3大キャリアのオンライン専用プランです。

ドコモ・ソフトバンク・auの3大キャリアは以下のようなオンライン専用プランを提供しています。

  • ドコモ…ahamo
  • ソフトバンク…LINEMO
  • au…povo2.0

3大キャリアのオンライン専用プランであれば、通信環境は3大キャリアと同じでありながらスマホ代の節約が可能です。

それぞれのオンライン専用プランについて詳しく紹介します。

ahamo | データ通信をたっぷり使いたい方向け

ahamoロゴ

ahamoはドコモが提供するオンライン専用プランで、追加オプションで100GBまで利用できます。

月額料金

20GB:2,970円

100GB:4,950円

国内通話

5分まで無料

24時間かけ放題:1,100円

通信速度制限時の速度 最大1Mbps
スマホセット販売

ahamoは月額2,970円で月間データ量20GBまで、月額4,950円で月間データ量100GBまでの2つのプランから選べるサービスです。

3大キャリアのオンライン専用プランで100GBまで使えるのはahamoだけであり、ahamoの場合は100GBまでテザリングも無料で利用できます。

今あなたがポケット型Wi-Fiを利用しているとしたら、ahamoの100GBプランに乗り換えることで通信費を節約できるだけでなく契約も一本化できて便利です。

わざわざポケット型Wi-Fiを別に持ち運ばなくても、スマホさえあればよくなるので荷物も減らせます。

外出先でパソコンやタブレットなどを使ってインターネット接続をよくする方やこれからやりたいと考えている方にはahamoがおすすめです。

どちらのプランを選んだとしても5分までの国内通話であれば無料でかけられるうえ、24時間かけ放題オプションも月額1,100円と、LINEMOやpovo2.0と比較しても最も安いため通話がメインという方にも向いています。

機種は限られますがahamoでスマホをセット購入できるため、乗り換えと同時にスマホを買い替えたい方にもおすすめです。

ahamoがおすすめの方

  • データ量をたくさん使いたい方
  • 短い通話がメインの方
  • 通話をたくさんかけたい方
  • スマホをセット購入したい方
  • 今ドコモを使っていて通信品質に満足している方

ahamo公式 : https://ahamo.com/

国内通話5分無料+データ20GBで2,970円!

今すぐahamoを申し込むにはこちらをタップ!

※オンラインなら手数料無料!ドコモショップでahamoに切り替えると3,300円かかります

>>最新の【ahamo キャンペーン】はこちら
>>【ahamo レビュー】はこちら

LINEMO | LINEサービスを頻繁に使う方向け

LINEMOプラン

LINEMOはソフトバンクが提供しているオンライン専用プランで、LINEサービスを頻繁に使う方におすすめです。

月額料金

3GB:990円

20GB:2,728円

※LINE使用時はカウントフリー

国内通話

5分かけ放題:550円

24時間かけ放題:1,650円

通信速度制限時の速度

3GB:最大300kbps

20GB:最大1Mbps

スマホセット販売 ×

LINEMO月額990円で3GBまで使えるミニプランと、月額2,728円で20GBまで使えるスマホプランの2種類の料金プランから選べるサービスです。

最大の特徴は「LINEギガフリー」で、LINEアプリのトークや音声通話、ビデオ電話などLINE利用時はデータ量が消費されずに使えます。

そのため友達や家族とのやり取りを主にLINEで行っている方やスマホの主な利用目的がLINEの方は、LINEMOを使うことで月々のデータ量を抑えられ、結果的にスマホ代の節約が可能です。

LINEMOではスマホのセット販売は行っていませんが、対象のSIMフリーのスマホをECサイトや各メーカーサイト、キャリアのオンラインストアなどで用意すれば問題なく利用できます。

LINEMOがおすすめの方

  • 3GB以下でデータ量が足りる方
  • LINEの使用時間が長い方
  • 通話をLINEで行っている方
  • 今ソフトバンクを使っていて通信品質に満足している方

LINEMO公式 : https://www.linemo.jp/

最大12,000PayPayポイント還元中!(5/7まで増額中)

今すぐLINEMOをお得に申し込むにはコチラをタップ!

※月々990円~LINEのトークや通話などはギガフリーで使える!

LINEMO
LINEMO

>>最新の【LINEMO キャンペーン】はこちら
>>【LINEMOの評判】はこちら

povo2.0 | 自分好みにプランをカスタマイズしたい方向け

povo2.0料金プラン

povo2.0はauが提供しているオンライン専用プランで、自分で必要なトッピングを選択してカスタマイズできる料金プランです。

月額料金

基本料金:0円

データトッピング

データ使い放題(24時間):330円

1GB(7日間):390円

3GB(30日間):990円

20GB(30日間):2,700円

60GB(90日間):6,490円

150GB(180日間):12,980円

コンテンツトッピング

DAZN使い放題(7日間):760円

smash.使い放題(24時間):220円

通話トッピング

5分かけ放題:550円/月

24時間かけ放題:1,650円/月

通信速度制限時の速度

最大128kbps

スマホセット販売 ×

povo2.0は月額基本使用料は0円で、最大128kbpsの速度で利用できます。

330円〜12,980円のデータトッピングを必要に応じて追加することで高速通信が利用できるようになる少し変わった料金プランが特徴です。

月によってデータ量を多く消費する月と、少ない月がある方はまとめてデータ量をトッピングしたり、多い月に24時間使い放題をトッピングしたりと自由に利用できます。

povo2.0ではスマホのセット販売は行っていませんが、対象のSIMフリーのスマホをECサイトや各メーカーサイト、キャリアのオンラインストアなどで用意すれば問題なく利用できます。

povo2.0がおすすめの方

  • 月によってデータ量の消費量に差がある方
  • ほとんどデータ量を使わない方
  • 休みの日に多くデータ量を使う方
  • 自分の好きなプランをカスタマイズして使いたい方
  • 今auを使っていて通信品質に満足している方

povo公式 : https://povo.jp/


>>最新の【povo キャンペーン】はこちら
>>【povoの評判】はこちら

関連記事

 

格安SIMの速度と利用コンテンツの目安

スマホ_データ目安

格安SIMは3大キャリアと比較して通信速度が落ちてしまう料金プランです。

あなたが普段利用しているコンテンツを問題なく利用するための速度の目安について紹介します。

利用コンテンツ 速度の目安
調べ物やLINE 1Mbps以上
SNS 3Mbps以上
動画視聴 3Mbps以上
オンラインゲーム 30Mbps以上

調べ物やLINEがメインなら1Mbps以上あれば問題なし!

GoogleやYahoo!などでの調べ物やLINEでのやり取りがメインであれば1Mbps以上あれば問題なく利用できます。

格安SIMを選ぶ場合でも、通信速度制限の最大速度が1Mbpsの格安SIMを選べば、もしデータ量を使い切ってしまった場合でも安心です。

SNSをするなら3Mbps以上必要

TwitterのようなテキストベースのSNSであれば1Mbps程度あれば問題ありませんが、Instagramのような画像メインのSNSであれば3Mbps以上が必要です。

より快適に見るためには10Mbps以上の速度があると安定して閲覧できます。

動画を見るなら3Mbps以上必要

一般的な画質の動画視聴であれば3Mbps以上があれば十分視聴可能です。

YouTubeの場合普通画質となるSD 480pであれば1.1Mbps以上、HD 720pで2.5Mbps以上あれば問題なく視聴できます。

最高画質となる4Kでは20Mbpsが必要ですが、画質にこだわらないのであれば3Mbps以上で問題ありません。

オンラインゲームをするなら30Mbps以上必要

オンラインゲームは送受信するデータ量がかなり大きくなるため、30Mbps以上の通信速度が必要です。

さらにグラフィックが重たいゲームや、動きが激しいゲームの場合は100Mbps以上が必要になる場合もあります。

オンラインゲームを快適に行いたい方は格安SIMの通信ではなくWi-Fiでインターネット通信を行った方が安定してゲームを楽しめるでしょう。

自分で格安SIMの通信速度を計測する方法は?

自分で格安SIMの通信速度を計測する方法は以下の通りです。

  • サイトで計測する
  • アプリで計測する

最も簡単な方法が格安SIMを差したスマホでGoogleを開き「スピードテスト」と検索する方法です。

ただ検索するだけで簡単に格安SIMの通信速度を計測できます。

サイトの他にもアプリで計測する方法があり、おすすめは「ドコモスピードテストアプリ」です。

ドコモが公式で提供しているアプリなので安心して使えるうえ、アプリをインストールしておけばいつでも好きなタイミングで計測が行えます。

今回紹介したサイト・アプリ以外にもたくさんスピードテストができるサービスがあるため、自分の好みにあったサービスを見つけてください。

 

格安SIMでどうしても速度が遅くなる時間帯はWiFiでカバーしよう!

格安SIMは3大キャリアから通信回線を借りているためどうしても3大キャリアより通信速度が安定せず、たくさんのユーザーが使う時間帯遅くなってしまうことがあるため注意が必要です。

通信速度が遅くなってしまう時間帯はWi-Fiを使うことでカバーできます。

Wi-Fiは光回線を契約する場合、月額4,200円~5,500円程度必要になりますが、Wi-Fiがあればより安い料金プランの格安SIMを利用でき、月々の通信料の節約が可能です。

格安SIMの通信速度が不安というあなたも、Wi-Fiがあれば安心したスマホライフを送れるのではないでしょうか。

 

格安SIMの速度比較まとめ! 今の回線に不満があるなら乗り換えよう

スマホ3

格安SIMは自社回線を持たず3大キャリアから借りているためにどうしても通信速度が安定せずに遅くなってしまうことがあります。

しかし格安SIMの中でも通信速度が安定していて総合的な評価が高いワイモバイルやUQモバイル、OCNモバイルONEを選べば格安SIMでも安心して利用できるのではないでしょうか。

それでも格安SIMの通信速度が気になる方は、ahamoやLINEMO、povo2.0を選べば3大キャリアと同等の通信速度でスマホ代を節約できます。

格安SIMに乗り換えてスマホ代を節約したいけど、通信速度が不安だというあなたもこの記事を参考に自分にあった格安SIMを選んで浮いたお金を別のことに使ってはいかがでしょうか?

ワイモバイル公式 ヤフー店 : https://ymobile-store.yahoo.co.jp/

最大23,000円相当キャッシュバック!学割も開催中!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※店舗と違って事務手数料がタダ!

 

ワイモバイル公式 : https://www.ymobile.jp/store/

オンラインストアなら機種代金が最大2万円値引き!学割も開催中!

今すぐスマホをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,850円する事務手数料が無料!

>>最新の【ワイモバイル キャンペーン】はこちら
>>【ワイモバイルの評判】はこちら

UQモバイル公式:https://shop.uqmobile.jp/shop/

SIMのみ契約でも最大1万円相当還元!

今すぐスマホをお得にUQモバイルで手に入れるにはこちらをタップ!

※オンライン購入アドバイザーに無料相談できるから手続きも安心!(10時~20時)

UQ Pixel7a

>>最新の【UQモバイル キャンペーン】はこちら
>>【UQモバイルの評判】はこちら

OCNモバイルONE公式 : https://service.ocn.ne.jp/mobile/

スマホセットがお得すぎて品切れ端末続出中!

今すぐスマホをOCNモバイルoneでお得に手に入れるにはコチラをタップ!

※お得なスマホセール実施中!

>>最新の【OCNモバイルONE キャンペーン】はこちら
>>【OCNモバイルONEの評判】はこちら

楽天モバイルお得情報!

要チェック!

RM 3.2(2)

iPhoneを購入するなら楽天モバイルがおすすめ!

キャリア最安値&最大32,000円相当の還元が受けられ、最新iPhoneでも実質半額以下で購入できちゃいます!

  • 一括払いまたは24回払い
    →最大20,000円値引き+最大12,000ポイント還元
  • 48回払い
    →最大12,000ポイント還元

例えば、他社では約145,000円~150,000円するiPhone 15(128GB)が、楽天モバイルなら131,800円で購入可能。32,000円相当の還元を加味すると、実質99,800円で購入できます。

いま使っているキャリアで機種変更するよりも断然安くなります! 浮いたお金でケースや画面保護フィルムを揃えることも可能。本体容量をワンランクアップしても良いでしょう。

分割払いにしたい方は48回払いの楽天モバイル買い替え超トクプログラムを使って2年後に端末を返却すれば、本体代金の約半分の支払いが免除になります。

iPhone 15(128GB)ならポイント還元も加味すると実質53,880円で入手できちゃうんです!

ぜひ、この機会に楽天モバイル公式サイトを覗いてみてください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

最大32,000円相当還元!

楽天モバイルでお得にiPhone15/15 Proを購入する

※楽天ポイントもザクザクたまる!

>>最新の【楽天モバイルクーポン】はこちら

格安SIMを目的別に探す
格安SIMの速度ランキング 格安SIM キャッシュバック 格安SIM 最安
口座振替ができる格安SIM デビットカードが使える格安SIM 後悔しない格安SIM
ドコモ回線の格安SIM au回線の格安SIM ソフトバンク回線の格安SIM
eSIM対応の格安SIM 学割がある格安SIM 通話無制限の格安SIM
格安SIM 端末セット 小中学生向けの格安SIM 格安SIM かけ放題 アプリ不要
格安SIM 1GB 格安SIM 3GB 格安SIM 大容量
格安SIM 月額0円 テザリングにおすすめの格安SIM 格安SIM 審査 緩い
ドコモエコノミーの格安SIM 音声通話のみで最安の格安SIM 格安SIM 比較表
実店舗がある格安SIM 事務手数料無料の格安SIM 格安SIM 5G対応状況
格安SIMをiPhoneで使うデメリット 格安SIM iPhone キャンペーン 格安SIM 無制限
格安SIM iPhone14 格安SIM iPhone13 格安SIM iPhone12
格安SIM iPhoneSE3 格安SIM iPhoneSE2 格安SIM iPad セット
格安SIMのApple Watch セルラーモデル対応 格安SIM au回線 格安SIM auから
格安SIM Galaxy S22 格安SIM Galaxy S23 格安SIM AQUOS Sense5G
格安SIM ZenFone9 格安SIM Nothing Phone(1) 格安SIM Xiaomi 12T Pro
格安SIM Xperia 1 V 格安SIM Xperia 5III 格安SIM Pixel 7a
格安SIM Pixel7    
  • この記事を書いた人
iPhone大陸

iPhone大陸運営事務局

格安SIMの「ロケットモバイル」を提供する株式会社IoTコンサルティングが運営しています。「IoT」という手段を通して、世の中を効率化し、生産性を上げていくことをミッションに抱えています。年々高騰するスマートフォンや頻繁に変化する格安SIMを後悔せず選べるように「iPhone大陸」を運営しております。

-格安SIM

© Copyright - 株式会社 IoTコンサルティング All Rights Reserved.