iPhoneの使い方

【iOS15対応】ボイスメモの使い方をマスターしてiPhoneの録音機能を使いこなそう


みなさんはiPhoneに標準でインストールされている「ボイスメモ」アプリは使用したことがあるでしょうか?
iPhoneのボイスメモでは、手軽に録音して、いろいろなアプリへ共有することが可能になっています。
また、iOS 15からはさらに便利な機能も追加されています。

今回はiPhoneのボイスメモについて紹介していきます。

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ
UQモバイルオンラインショップ
ワイモバイルオンラインストア

iPhoneにボイスメモがインストールされているか確認する

まずは、ボイスメモアプリがiPhoneにインストールされているか確認してみましょう。


iPhoneの初期設定では、ホーム画面2ページ目の「ユーティリティ」というフォルダにボイスメモがあるはずです。

ホーム画面上にボイスメモがない場合は、Appライブラリを確認しましょう。


ホーム画面を左へスワイプして、1番右のページにある「Appライブラリ」を開きます。


上部の検索ボックスをタップして、検索ボックスに「ボイスメモ」と入力します。


またはアプリ一覧からボイスメモを探し出します。

見つけたボイスメモアプリを長押しして、ホーム画面へドラッグすることで、ホーム画面にアイコンを追加することが可能です。

Appライブラリにもボイスメモがない場合は、アプリ自体を削除しまっている可能性が高いので、App Storeからインストールします。

ボイスメモ - AppStore

iPhoneのボイスメモで録音してみる

次にiPhoneのボイスメモで録音してみましょう。


ボイスメモアプリを起動して、赤い丸ボタンをタップすると録音が開始されます。


録音中に赤い四角ボタンをタップすると、録音が終了します。

位置情報の利用を許可していると、録音したボイスのタイトルが録音した場所の住所になります。

録音したボイスメモを再生する

次に録音したボイスメモを再生してみましょう。


録音したボイスメモをタップして、再生ボタンをタップします。


再生ボタンの左右にあるアイコンをタップすると、15秒戻しや15秒送りなどができます。

ボイスメモの名前を変更する

位置情報の利用を許可しているとボイスメモのタイトルが住所になると前述しましたが、ボイスメモのタイトルを変更することもできます。


録音したボイスメモのタイトル部分をタップします。


キーボードが出てタイトルが変更できるようになります。

ボイスメモを削除する


録音したボイスメモを削除するには、削除したいボイスメモをタップして、削除アイコンをタップします。


または、削除したいボイスメモを左へスワイプして、削除アイコンをタップします。


スワイプする時に左端までスワイプし続けると、削除アイコンをタップする必要なく、削除することができます。

複数のボイスメモを一度に削除する


ボイスメモの一覧画面で右上の「編集」をタップして、削除したいボイスメモを選択します。


削除したいボイスメモを全て選択したら、右下の削除アイコンをタップします。

削除したボイスメモを復元する

削除したボイスメモは「最近削除した項目」に移動され、すぐには削除されないようになっています。


ボイスメモ一覧画面で左上の戻るボタンをタップします。


「最近削除した項目」を選択します。


「編集」をタップします。


復元したいボイスメモを選択して、左下の「復元」をタップします。


何も選択していない状態で左下の「すべて復元」をタップすると、最近削除した項目にあるすべてのボイスメモを復元することができます。

削除したボイスメモを完全に削除する

削除したボイスメモは「最近削除した項目」に移動され、すぐには削除されないようになっていますので完全に削除したい場合は以下を実行してください。


ボイスメモ一覧画面で左上の戻るボタンをタップします。


「最近削除した項目」を選択します。


「編集」をタップします。


完全に削除したいボイスメモを選択して、右下の「削除」をタップします。


何も選択していない状態で左下の「すべて削除」をタップすると、最近削除した項目にあるすべてのボイスメモを完全に削除することができます。

ボイスメモのフォルダ分けをする

ボイスメモはフォルダを作成して分類することができます。


ボイスメモ一覧画面で左上の戻るボタンをタップします。


右下の新規フォルダボタンをタップします。


フォルダの名前を入力して「保存」をタップするとフォルダが作成されます。

作成したフォルダ内で録音を開始することで、そのフォルダにボイスメモを保存することができます。

ボイスメモをフォルダに移動する

すでに録音したボイスメモを作成したフォルダに移動することもできます。


ボイスメモ一覧画面で右上にある「編集」をタップします。


移動したいボイスメモを選択して、左下の共有ボタンをタップします。


「フォルダに移動」をタップして、移動したいフォルダを選択します。

iOS 15で追加された便利な新機能を使ってみる

iOS 15のボイスメモでは、再生速度の変更や無音箇所のスキップ、複数のボイスメモの共有など便利な機能が追加されました、

再生速度の変更


録音したボイスメモを一度タップして、オプションボタンをタップします。


再生速度と書いてある亀とウサギのアイコンがあるスライダを調整することで、再生速度を変更することが可能です。

無音をスキップ


オプション画面にある「無音をスキップ」をオンにしてからボイスメモを再生することで、無音の箇所を飛ばして再生することができます。

録音補正でノイズ除去


オプション画面にある「録音補正」をオンにすることで、録音したボイスメモのサァーと鳴っているノイズを除去することができます。

複数のボイスメモを共有


ボイスメモ一覧の画面で、右上にある「編集」をタップします。


共有したいボイスメモを選択します。


左下の共有ボタンをタップして、他のアプリやメッセージなどで共有します。

まとめ

今回はボイスメモアプリの録音から再生、名前の変更方法やフォルダでの分類など基本的な使い方からiOS 15で追加された便利な機能について紹介しました。

特に無音のスキップや複数のボイスメモを一度に共有できる機能がiOS 15によって追加されたことにより、より一層ボイスメモアプリが便利になりました。

また、フォルダの移動などにはiOS 15から使えるようになったドラッグ&ドロップを使用することができます。
ボイスメモアプリ以外でもドラッグ&ドロップは使用できるので試してみてはいかがでしょうか?

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ
UQモバイルオンラインショップ
ワイモバイルオンラインストア
iPhone13シリーズ比較記事一覧
iPhone13 iPhone12 比較 iPhone13 iPhone13 Pro 比較 iPhone13 iPhone13 mini 比較
iPhon13 Pro iPhone13 Pro MAX 比較 iPhone13 Pro iPhone12 Pro 比較  iPhone13 Pro MAX iPhone12 Pro MAX 比較
iPhoneの使い方を探す
クイックスタートの使い方iPhoneのウィジェットの使い方背面タップの設定
Appライブラリの設定コントロールセンターの使い方ホーム画面をおしゃれにする
翻訳アプリの使い方MACアドレスをランダムYouTubeを2画面で
写真アプリを使いやすくする最新のOSにアプデするバッテリー持ちを改善する
iPhoneの文字を大きくするiPhoneをウェブカメラにするiPhoneを初期化する
スクリーンショットを撮る方法iPhoneを再起動するLINEを引継ぎする
iOS15の新機能まとめiPhoneでテザリングを設定古いiPhoneの有効活用
Apple CarPlayiPhoneを監視カメラにするiPhoneをデジタルフォトフレームにする
着信拒否をする「その他」を削除するカーナビにミラーリングする
iPhoneをドラレコ化ほかのデバイスで通話野良WiFiにつなげない方法
iPhoneを強制終了するiPhoneの5Gをオフにする猫をかわいく撮る
IOS15.2の新機能まとめパスコードを忘れたときの対処法 

 

-iPhoneの使い方

Copyright© iPhone大陸 , 2022 All Rights Reserved.