iPhoneの使い方

iPhoneの電源の切り方!強制的に【切る・入れる】方法について

iPhoneの電源を強制的に切る方法ってあるのかな。電源が切れなくなっていて困っているんだよね。
一時的な不具合によって電源が入らない、もしくは切れないということってかなり多いんだ。そうなった時の対処法を知っておくと、いざという時に安心できるよね。

iPhoneの電源が切れずに困ってしまった経験はありませんか?再起動したいのにできないなど、電源が切れないことで困ってしまうことも多くあります。同じように電源を入れたいのに入れ方がわからず困ってしまうというケースも少なくありません。

iPhoneの電源が切れない時に使える強制的に切る方法や、強制的に入れる方法を知っておくと安心できますよね。

そこで今回は、iPhoneの電源を強制的に切る方法・入れる方法をご紹介します。iPhoneの電源が切れない、入れられずに困っている方はチェックしてみてくださいね。

この記事でわかること

  • iPhone強制的な電源の切り方
  • iPhone電源以外で切る方法
  • iPhoneの電源の入れ方
  • iPhoneの再起動の仕方
  • iPhoneの切り方に関するよくある質問
ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ
UQモバイルオンラインショップ
ワイモバイルオンラインストア

iPhoneの電源は強制的に切れる

iPhoneの電源は強制的に切れる

iPhoneの電源が切れずに困っているという方が多くいます。通常の手順で電源が切れないと焦ってしまいますし、不安になりますよね。

しかし、通常通りの手順以外にもiPhoneの電源を切る方法が複数あります。いつも通りの手順で電源が切れなかったという場合は、ほかの方法を試してみるのが良いでしょう。

iPhoneの電源の切り方

iPhoneの電源の切り方をご紹介します。iPhoneの電源を切る方法は意外と簡単なので、一度確認したらすぐに覚えられるでしょう。

ここでご紹介しているのは一般的な電源の切り方になるので、iPhoneの電源の切り方がわからないという方は参考にしてくださいね。

iPhoneX以降の電源の切り方(iPhone X /11/12/13)

使用しているiPhoneのシリーズによって電源の切り方は異なります。ここではiPhoneX以降のiPhoneの電源の切り方をご紹介しているので、iPhoneX以降のiPhoneを持っている方はぜひ参考にしてくださいね。

電源ボタンと音量ボタンを同時に長押しする

電源が入った状態のiPhoneの電源ボタンと音量ボタン(上、下どちらでも可)を長押ししましょう。両方のボタンを同時に長押しすると画面が切り替わり、次の段階に進めます。

パワーボタンをスライド

画面が切り替わり、パワーボタンが表示されます。表示されているパワーボタンをスライドさせるとiPhoneの電源が切れます。

通常の手順で電源を切る場合は上記の通りに進めれば問題はないでしょう。

iPhone8以前の電源の切り方(iPhone 8 /7/6S/以前)

ここではiPhone8以前の電源の切り方をご紹介します。

現在自分が持っているiPhoneがiPhone8以前という方は、以下の手順を参考にして進めてくださいね。

電源ボタンを長押しする

電源ボタンを長押ししましょう。iPhoneX以降の手順と異なるのは電源ボタンのみの長押しで良いという点になるでしょう。

電源ボタンの位置は、iPhone 6以降であれば右側面、iPhone SEやiPhone 5s/5c以前のiPhoneは上面になります。まずは、電源ボタンを画面が変わるまで長押ししましょう。

パワーボタンをスライド

長押しを続けるとパワーボタンが画面に表示されます。パワーボタンが表示されたらスライドし、電源を切りましょう。

電源を切るための通常の手順は上記で完了になります。電源の切り方がわからないという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

iPhoneの電源をボタン以外で切る方法

上記でご紹介した方法は、iPhoneの電源ボタンを使用した方法になります。しかし何かしらが原因でボタンが使えなくなった場合、ボタンを使わずに電源を切る必要があります。

方法は意外と簡単です。iPhone内にある設定アプリから一般へ、画面の最下部にあるシステム終了をタップ。タップ完了後にボタンを長押しした場合と同じパワーボタンの画面が表示されます。

パワーボタンが表示された後は、通常と同じようにスライドして完了になります。この方法を知っておくと、ボタンが使えなくなった場合でも電源が切れますね。

iPhoneの電源の入れ方

iPhoneの電源の入れ方をご紹介します。iPhoneの電源の入れ方は難しくないので、よく知らないという方は確認しておくと安心できるでしょう。

iPhoneの電源を入れるスタンダードな方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

電源ボタンを長押し

電源ボタンを長押ししましょう。電源ボタンを長押ししていると画面が切り替わるので、画面が変わるまでそのまま長押しし続けてくださいね。

およそ2~3秒程度で画面が切り替わりますが、秒数はあくまでも目安になります。必ず画面が切り替わるのを目で確認してくださいね。

ロックを解除する

画面が明るくなり切り替わったらロックを解除しましょう。事前に自分で決めたパスコードを入力しロックを解除したら電源を入れて使えるようにするまでの手順は完了します。

iPhoneの再起動の仕方

iPhoneの再起動の仕方

iPhoneの調子が悪い時、もしくはアプリの調子が悪い時に大活躍するのが再起動です。iPhoneが固まってしまった時などにも再起動が必要になるでしょう。利用頻度が多い動作になるので、やり方をよく知らないという方は、以下をチェックしておきましょう。

iPhoneユーザーであれば必ず知っておきたい重要なiPhone再起動の方法を以下でご紹介します。

電源を切って入れる方法

電源を切って入れることで再起動は完了します。上記でご紹介した手順通り電源を切り、入れ直せば再起動は無事に完了。

再起動と聞くと少し難しく感じるかもしれませんが、電源を入り切りするだけで完了するのでほぼ問題なく進められるでしょう。

ボタンを使わない方法

ボタンが使えない、もしくはボタンを使わない方法をご紹介します。好みの再起動方法を指定できるというもので、場合によってはかなり重宝するでしょう。

iPhoneの調子が悪い、もしくは故障してボタンが使えなくなるというケースはかなり多くあるので知っておくとかなり安心できますね。以下の手順通りに進めればボタンを使わずに再起動できるのでぜひ試してみましょう。

設定からアクセシビリティを開く

   iPhone内にある「設定」からアクセシビリティを開きましょう。アクセシビリティはあまり使用する頻度が多くなく聞き慣れない言葉ですが、画面上部にあるのですぐに見つけられるでしょう。

「身体機能および操作」にある「タッチ」をタップ

「身体機能および操作」にある「タッチ」という項目をタップしましょう。

「AssistiveTouch」をタップ

次に「AssistiveTouch」をタップします。

「AssistiveTouch」をオフからオンに切り替える

「AssistiveTouch」をOFFからONに切り替えましょう。

再起動の機能を設定したいアクションを選択

「シングルタップ」「ダブルタップ」「長押し」「3D Touch」のなかから、好みのものを選択。自分が使いやすいものを選択し、チェックを入れましょう。

選択後下にスクロールし再起動を選択

好みのものにチェックを入れたら画面下部までスクロールし、再起動を選択しましょう。再起動を選択せずに終了してしまうと、選択したものが反映されません。しっかりと再起動を選択するところまで進めましょう。

好み動作で再起動が可能に

再起動が完了したら選択した方法での再起動が可能になります。これ以降の再起動に関しては好みの動作で再起動できるようになります。

再起動をさせないと設定は完了できないので、必ず再起動させてくださいね。

iPhoneの電源の切り方に関するよくある質問

iPhoneの電源の切り方に関するよくある質問をまとめました。疑問点や不安な点が解消する可能性があるので目を通しておきましょう。

iPhone11、iPhone12、iPhone13の電源の入れ方、切り方は?

iPhone11、iPhone12、iPhone13の電源の入れ方や切り方は全く同じになります。電源を切る際には電源ボタンと音量ボタンを長押しに、入れる際には電源ボタンの長押しで完了させられるでしょう。

ios11の場合の電源の入れ方切り方は?

ios11の場合も電源の切り方、入れ方は全く同じです。しかし、iosを最新にしておかないと不具合が起きやすくなったり使えない機能が出てしまったりする可能性があります。そうならないためにも、早めのバージョンアップを検討してくださいね。

iPhoneが電源オフできない場合は?

iPhoneの電源がオフできない場合、開いているアプリを全て落としてみましょう。アプリを開きすぎていることが原因で動作が固まっている可能性が考えられます。多くの場合が、この動作で解消するでしょう。

しかし、それでも改善しない場合は、iPhoneが故障している可能性があるのでiPhone修理業者への修理依頼を検討しましょう。iPhoneが故障しても問題がないよう、こまめにバックアップを取っておきましょう。

iPhoneの電源の入れ方・切り方はそんなに難しくない

iPhoneの電源の入れ方、切り方はそこまで難しいものではありません。やり方さえ理解できれば、すぐに慣れてしまうでしょう。

しかし、通常通りの手順で入り切りが出来なかった場合、故障してしまっている可能性があります。いつも通りの手順で電源の入り切りが出来ず違和感を感じたら早めにiPhone修理業者へ修理を依頼しましょう。

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ
UQモバイルオンラインショップ
ワイモバイルオンラインストア

-iPhoneの使い方

Copyright© iPhone大陸 , 2022 All Rights Reserved.