iPhoneの使い方

iPhone「ほかのデバイスでの通話」の設定をオン/オフする方法

iPhone ほかのデバイスでの通話 オン/オフの設定方法を解説

本記事では、iPhone「ほのデバイスでの通話」の設定をオン/オフにする方法について解説しています。

「iPhoneにかかってくる電話を、iPadやMacBookで受け取りたい」
「iPhoneの着信をほかのデバイスでは鳴らないようにしたい」
「iPhoneを2台持ちしてるけど、なぜか本来かかってくる方と別のiPhoneに電話がかかってくる」

上記のような疑問は、「ほのデバイスでの通話」の設定を切り替えることで解決できます。

設定の手順を画像付きでわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ
UQモバイルオンラインショップ
ワイモバイルオンラインストア

iPhoneの「ほかのデバイスでの通話」とは

iPhone 「ほかのデバイスでの通話」とは

iPhoneには「ほかのデバイスでの通話」という設定項目があります。設定をオンにすれば、iPhone以外のApple製デバイス(iPadやMacBook)でも電話の発着信ができるようになります

例えばiPhoneをかばんに収納しており、iPadを操作しているときに電話がかかってきたとします。その際にiPhoneを取り出さなくても、手元のiPadで電話を受けることができます。

このように設定を許可しておけば、どのデバイスからも電話の発着信ができるので、非常に便利な機能です。iPadやMacBookで頻繁に作業する方は、設定しておくことをおすすめします。

ただiPhone以外のデバイスで電話の発着信をするには、条件があります。

iPhoneの「ほかのデバイスでの通話」が使える3つの条件(事前準備)

iPhone ほかのデバイスでの通話 条件

「ほかのデバイスでの通話」の機能を利用するには、iPhoneとそのほかのデバイスが以下3つの条件をすべて満たす必要があります。

  • 同じApple IDでログインしている
  • 同じWiFiに接続している
  • iPhoneとほかのデバイスが近くにあるとき

1つずつ確認していきましょう。

同じApple IDでログインする

iPhone「ほかのデバイスでの通話」 条件1

Apple製品を使う上で必要不可欠なApple ID。iPhoneやiPadなど、デバイスごとに違うApple IDを設定することも可能です。

しかしiPhoneの電話を共有したいのであれば、それぞれのデバイスで使用するApple IDは統一しておく必要があります。

もし異なるApple IDでログインしている場合は、再度ログインしましょう。

> Apple IDを忘れた場合(Appleサポート)

ほかのデバイスがWiFiに接続されている

iPhoneの電話の発着信を利用するデバイスが、WiFiに接続されている必要があります

同じApple IDでログインされていても、WiFiに繋がっていないと、ほかのデバイスでは通話できません。

iPhoneとほかのデバイスが近くにある

iPhoneとiPad、iPhoneとMacBookなど、通話を利用したいほかのデバイスとiPhoneは、常に近い場所にある必要があります

例えば自宅にiPhoneを忘れてしまい、外出先でiPad単体で電話の発着信をしようとしてもできません。

必ずセットで持っているようにしましょう。

iPhoneで「ほかのデバイスでの通話」をオン/オフにする方法

ほかのデバイスで通話するときの利用条件を確認したところで、次に設定手順をお伝えしていきます。

iPhone「ほかのデバイスでの通話」をオンにする手順は、以下の通りです。

 

step
1
iPhoneの「設定」をタップする

ほかのデバイスでの通話 設定1

設定が見つからない場合は、ホーム画面で下にスワイプし、検索窓に「設定」と入力し探してみましょう。

 

step
2
「電話」をタップする

ほかのデバイスでの通話 設定2

下の方にスクロールすると「電話」の項目があります。見つからない場合は、設定画面の一番上の検索窓に「電話」と入力し探してみましょう。

 

step
3
「ほかのデバイスでの通話」をタップする

ほかのデバイスでの通話 設定3

画面中央くらいに「ほかのデバイスでの通話」があるのでタップしてください。

 

step
4
「ほかのデバイスでの通話を許可」をオンにする

ほかのデバイスでの通話 設定4

「ほかのデバイスでの通話」の右隣にボタンがあるのでオンにしましょう。緑色になっていればオンになっています。また通話を許可するデバイスが下に表示されているので、発着信したいデバイスをオンにしてください。

 

以上でiPhone側の設定は完了です。

次に電話の発着信をしたいiPhone以外のデバイス(iPad/MacBook)の設定を行っていきましょう。

iPhoneの電話をiPad・MacBookで発着信できるようにする設定方法【FaceTime】

iPad・MacBookで発着信できるようにする方法

ここではiPadとMacBookで、電話の発着信ができるようになる設定を行っていきます。

iPadの設定方法

iPadの設定手順は、以下の通りです。

  1. iPadの設定をタップします
  2. 下の方にスクロールし「FaceTime」をタップします
  3. 「FaceTime」の右隣にあるボタンをオンにします(緑色ならオンになっています)
  4. 「iPhoneから通話」右隣にあるボタンをオンにします

もし複数のiPhoneと紐付けしている場合は、「発信者番号」から電話発信時に利用する電話番号を選択しておきましょう。

以上で、設定は完了です。

> iPhone、iPad、iPod touch で FaceTime を使う(Appleサポート)

MacBookの設定方法

MacBookの設定手順は、以下の通りです。

 

step
1
FaceTimeを起動します

MacBook FaceTimeの設定1

FaceTimeを起動します。アプリが見つからない場合は、画面上部の検索窓に「FaceTime」と入力し探しましょう。

 

step
2
FaceTimeをオンにする

MacBook FaceTimeの設定2

FaceTime起動後に「オンにする」ボタンがでてくるのでクリックし、Apple IDとパスワードでログインしましょう。すでにログインされている場合は、このボタンはでてきません。次の手順に進んでください。

 

step
3
FaceTimeの環境設定を開く

MacBook FaceTimeの設定3

FaceTimeを起動すると、MacBookの画面左上に「FaceTime」とでてくるのでクリックします。

その後でてくる「環境設定」をクリックします。

 

step
4
「iPhoneから通話」にチェックを入れる

MacBook FaceTimeの設定4

環境設定画面で、「iPhoneからの通話」のチェックボックスをクリックしオンにしてください。

 

以上でMacBook側の設定が完了しました。

これでiPhoneに電話がかかってきた際に、iPadやMacBookにも通知があり、通話ができるようになりました。

次はiPadやMacBookから、電話をかける方法をお伝えします。

iPad・MacBookで電話をかける方法

iPadやMacBookから電話をかける手順は、以下の通りです。

画像はMacBookのものになりますが、基本的にはiPadも操作はほとんどかわりません。宛先を選んでから発信する流れになります。

 

step
1
FaceTimeを起動する

MacBookで発信する 手順1

FaceTimeを起動します。アプリが見つからない場合は、画面上部の検索窓に「FaceTime」と入力し探しましょう。

 

step
2
宛先を検索する

MacBookで発信する 手順2

左上の検索窓に、名前もしくは電話番号を入力して宛先を検索しましょう。

 

step
3
宛先の電話番号を押す

MacBookで発信する 手順3

名前の右隣にある電話番号を押します。

 

step
4
画面下部の「オーディオ」を押す

MacBookで発信する 手順4

画面下部の「オーディオ」を押すと電話が発信されます。

 

以上が、iPhoneではない「ほかのデバイスでの通話」をする方法でした。

複数のAppleデバイスを連携しておけば、通話中もデバイスを切り替えることが可能になります。

> 通話中にデバイス間の切り替えをする方法

Apple WatchはiPhoneとペアリングすれば電話の発着信ができる

中にはApple Watchで電話の発着信をしたいという方もいるでしょう。

これまでお伝えしたものは、あくまでiPadやMacBook、iPod touchで発着信をする方法です。

Apple Watchに関してはiPhoneとペアリングすることで、iPhoneにかかってきた電話を受け取ったり、発信することができるようになります

Apple Watchには、セルラーモデルとWiFiモデルがあります。セルラーモデルでモバイル通信オプションに加入している場合は、iPhoneが手元になくてもApple Watch単体で通話を行うことができます。

> Apple WatchとiPhoneをペアリングする(Appleサポート)

通話中にデバイス間の切り替えをする方法

iPhoneで通話をしているがiPadやMacBookでの通話に切り替えたい、またはその逆の場合もあるでしょう。

ほかのデバイスでの通話を許可していれば、通話中であってもデバイス間の切り替えが可能です。

切り替え手順は、以下の通りです。通話中 デバイス間の切り替え

  1. オーディオマークを長押し
  2. 切り替えたいデバイスをタップ
  3. オーディオマークが切り替わっていればOK

例えばMacBookに切り替えた場合は、以下のように表示が画面上にでてきます。

MacBookでの通話

▲MacBookの画面上表示

再度iPhoneのオーディオマークを長押しし、デバイスを選ぶことで何度でも切り替えができます。

iPhone「ほかのデバイスでの通話」に関するよくある質問

ここでは、iPhone「ほかのデバイスでの通話」に関するよくある質問について解決していきます。

LINE通話はiPhone以外のデバイスでも発着信できる?

iPhoneのLINEアカウントは、iPadやMacBook、Apple Watchとも共有できます。

LINEは「ほかのデバイスとの通話」機能とは関係なく、各デバイスで同じLINEアカウントでログインしていれば、どのデバイスからでも電話の発着信ができます。

iPhone2台持ちで着信を共有したくない場合は?

中にはプライベート用と仕事用でiPhone2台持ちをしている方もいるのではないでしょうか。

2台持ちしていた場合に、本来電話がかかってくる方ではないもう一つのiPhoneに電話がかかってきてしまう場合があります。

それは「ほかのデバイスでの通話」で、もう一つのiPhoneを許可してしまっている可能性があります。

電話の着信を共有したくない場合は、設定 > 電話 > ほかのデバイスでの通話 の通話を許可の項目にある、対象のiPhoneをオフにすれば解決できます。

▲ iPhoneで「ほかのデバイスでの通話」をオン/オフにする方法

WiFi通話ってなに?

WiFi経由で通話をできる機能がWiFi通話です。

WiFi通話はWiFi通話に対応したキャリアを利用している場合に、電話設定の項目に表示されます。

> WiFi通話機能で電話をかける(Appleサポート)

まとめ : iPhoneの「ほかのデバイスでの通話」機能は便利

iPhone 「ほかのデバイスでの通話」

iPhone以外のデバイスでも通話ができれば、非常に便利ですよね。

iPadやMacBookで作業する機会が多い方は、iPhoneを取り出さすそのまま通話できるので、「ほかのデバイスでの通話」を設定しておくとよいでしょう。

ほかのデバイスで通話をする場合は、以下の条件にあてはまっている必要がありますので再度確認しておきましょう。

  • iPhoneとほかのデバイスが同じApple IDでログインされている
  • iPhoneとほかのデバイスが近くにある
  • デバイスがWiFiに接続されている

iPhoneとほかのデバイスで同じApple IDを使いたいが、通話は共有したくないといった場合は、「ほかのデバイスでの通話」をオフにすれば問題ありません。

とても便利な機能なので、ご自身の使い方にあわせて設定してみてくださいね。

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ
UQモバイルオンラインショップ
ワイモバイルオンラインストア
iPhone13シリーズ比較記事一覧
iPhone13 iPhone12 比較 iPhone13 iPhone13 Pro 比較 iPhone13 iPhone13 mini 比較
iPhon13 Pro iPhone13 Pro MAX 比較 iPhone13 Pro iPhone12 Pro 比較  iPhone13 Pro MAX iPhone12 Pro MAX 比較

-iPhoneの使い方

Copyright© iPhone大陸 , 2022 All Rights Reserved.