【4/11発売】auのGalaxy S24/Ultraが最大22,000円割引 | auオンラインショップ

【注目】楽天モバイル クーポン配布中!最大32,000円相当の還元も!

当サイトiPhone大陸の記事はPRを含みます。

格安SIM OCNモバイルONE

OCN モバイル ONEはeSIMに対応している?料金プランは?

日本では総務省がeSIMの導入促進に力を入れ始めたことをきっかけに一気に普及し始めましたよね。

大手キャリアだけではなく、格安SIM業界でも続々とeSIMに対応する事業者が出てきています。

そこでOCN モバイル ONEでSIM契約をしようとしているあなたが気になることは「OCN モバイル ONEはeSIMに対応しているのか?」ではありませんか。

結論から言うとOCN モバイル ONEはeSIMには対応していません。現状eSIM対応の格安SIMは「ワイモバイルが最もおすすめです。

eSIMの格安SIMをお求めであるならば「ワイモバイルを契約しましょう。

ワイモバイル以外にもその他eSIMに対応している格安SIMについて、下記記事にて詳しく説明していますので興味のある方はご覧ください。

OCNモバイルONE公式 : https://service.ocn.ne.jp/mobile/

スマホセットがお得すぎて品切れ端末続出中!

今すぐスマホをOCNモバイルoneでお得に手に入れるにはコチラをタップ!

※お得なスマホセール実施中!

>>最新の【OCNモバイルONE キャンペーン】はこちら
>>【OCNモバイルONEの評判】はこちら

※本記事内の表示価格は全て税込み価格です

auお得注意報!

Galaxy S23 FE機種変更おトク割

auオンラインショップで使えるキャンペーン au Online Shop SIM乗りかえ特典

5G機種変更おトク割 Google Pixel 8aへの機種変更がいきなりおトク!

auオンラインショップ SPECIAL SALE

au Xperia 1 VI機種変更おトク割

auではiPhone15シリーズやGalaxy S24/S24 Ultra、Xperia 1 VI、Pixel 8a、Galaxy A55 5G、Redmi Note 13 Pro、Galaxy Tab S9 FE+ 5Gなどの新型スマートフォンやタブレットが続々登場!

それに伴い、auオンラインショップではお得なキャンペーンを多数実施しています。

新規ユーザーだけでなく、既存ユーザーへの還元も怠らないのがauの魅力。機種変更なら最大27,500円、他社からの乗り換えなら最大44,000円の還元が受けられちゃいます!

そして、スマホの買い替えで分割払いを検討している方には24回払いの「スマホトクするプログラム」がおすすめ!

機種に応じた残価を最終回分の支払いに設定し、25ヶ月目に端末を返却すると残価がまるっと免除される購入方法です。超カンタンにお伝えすると、実質半額程度の負担で2年ごとに新しいスマホが使える購入サポート。

例えば..

機種/定価 新規契約 乗り換え 機種変更
Galaxy S24
(256GB)
144,800円
実質68,800円~
(初回2,998円+2,991円×22回)
実質57,800円~
(初回2,514円+2,513円×22回)
実質74,300円~
(初回3,240円+3,230円×22回)
Galaxy S24 Ultra
(256GB)
224,800円
実質114,800円~
(初回4,998円+4,991円×22回)
実質103,800円~
(初回4,514円+4,513円×22回)
実質120,300円~
(初回5,240円+5,230円×22回)
Xperia 1 VI
214,800円(NEW)
実質123,800円~
(初回5,396円+5,382円×22回)
実質112,800円~
(初回4,912円+4,904円×22回)
実質112,800円~
(初回4,912円+4,904円×22回)
iPhone 15
145,640円~
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
iPhone 14
127,900円~
実質33,047円~
(初回1,455円+1,436円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質38,547円~
(1,697円+1,675円×22回)
Pixel 8a
80,000円
実質11,047円~
(初回487円+480円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質5,547円~
(245円+241円×22回)
Galaxy A55 5G
77,000円
実質36,400円~
(初回1,596円+1,582円×22回)
実質25,400円~
(初回1,112円+1,104円×22回)
実質41,900円~
(1,838円+1,821円×22回)
Redmi Note 13 Pro 5G
41,800円
実質15,800円~
(初回708円+686円×22回)
実質4,800円~
(初回224円+208円×22回)
実質21,300円~
(928円+926円×22回)

※2024年6月17日時点の情報です。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

Galaxy S24(256GB)なら通常価格は144,800円ですが、25ヶ月目に端末を返却すると65,000円が免除されるため、実質負担金は79,800円。

さらに22,000円割引を適用すると実質57,800円、月々2,513円(初回2,514円)で購入できちゃう! お得過ぎませんか!?

iPhone 14やPixel8aなら実質47円~購入できますよ!

そのほかauオンラインショップではSIM単体契約で10,000円相当還元も行っています。

もしあなたがスマホや携帯会社の切り替えを検討していたり、auでの機種変更を考えているなら、一度auオンラインショップを覗いてみてくださいね。

機種変更なら午前11時45分までの注文完了で当日の18時~22時に商品を届けてくれます(地域限定)

\オンライン購入アドバイザーに無料相談しながら手続きできる!/
auオンラインショップ公式 : https://www.au.com/mobile/onlineshop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

auオンラインショップはこちらをタップ!

※au Online Shop お得割実施中

>>最新の【au キャンペーン】はこちら
>>auショップ 待ち時間対策はこちら

 

OCN モバイル ONEはeSIM非対応

OCN モバイル ONEは2022年1月1日現在でeSIM非対応です。ただし、OCN モバイル ONEも他社MVNOと同様eSIM対応へ積極的な姿勢であることは間違いないです。

eSIMに対応している格安SIMで最もおすすめなのは「ワイモバイルです。ワイモバイルは大手キャリアと比較し格安な料金プランでありながら他のMVNOと比較し、通信品質に非常に優れておりコストと品質のバランスが非常に良く最もおすすめです。

その他eSIMに対応している格安SIMについては下記関連記事にて詳しく説明していますので興味のある方はご覧ください。

OCNモバイルONEのeSIMはいつから?

現時点でeSIMサービス提供に関する発表はありません。そのため詳細な日程は未定です。

2022年8月24日にmineoのAプランでは、eSIMサービスの提供をスタートしています。そして2022年10月25日には、IIJmioが音声通話対応のeSIMサービスを提供開始します。

格安SIMでも積極的にeSIMを取り入れているので、OCNモバイルONEでも近いうちに使えるようになる可能性は十分あります。

 

OCNモバイルONEのeSIM対応機種と料金プランについて

eSIM対応機種

OCN モバイル ONEで取り扱っているeSIM対応機種は、以下の通りです。

iPhone ・iPhoneSE(第3世代)
・iPhone13
・iPhone13mini
・iPhone12
・iPhone12mini
・iPhoneSE(第2世代)
Android ・OPPO Reno7 A
・Xperia 10 IV
・moto g52j 5G
・Redmi Note 11 Pro 5G
・Redmi Note 10T
・AQUOS wish
・OPPO A55s 5G
・AQUOS sense6
・OPPO Reno5 A
・OPPO A73

iPhone・AndroidともにeSIMに対応している機種はOCN モバイル ONEに多く存在します。

ただ冒頭でもお伝えしたように、OCN モバイル ONEはeSIMに対応していません。そのためeSIM対応機種を購入したとしても、OCN モバイル ONEでは物理SIMしか使えないので気をつけてください。

eSIM対応プラン

OCN モバイル ONEでeSIMに対応しているプランはありません。

もしeSIMに対応するとすれば、音声対応SIMのプランである可能性が高いです。音声対応SIMの料金プランは、以下の通り。

料金プラン 月額料金(税込)
500MB/月コース 550円
1GB/月コース 770円
3GB/月コース 990円
6GB/月コース 1,320円
10GB/月コース 1,760円

OCN モバイル OCNは500MB 550円~使い始められるので、お財布にも優しい格安SIMとなっています。

3GBでも990円で使うことができます。例えば大手キャリアのサブブランドであるワイモバイルやUQモバイルは、ネットやでんき、家族回線をまとめないと3GB 990円になりません。

しかしOCN モバイル ONEは単独回線でも3GB 990円で使えます!
そのため固定回線や家族回線をまとめるのが難しい方でも、安く維持できるのが魅力です。

eSIMに対応したらデュアルSIMの候補としてもありですね!

OCNモバイルONE公式 : https://service.ocn.ne.jp/mobile/

スマホセットがお得すぎて品切れ端末続出中!

今すぐスマホをOCNモバイルoneでお得に手に入れるにはコチラをタップ!

※お得なスマホセール実施中!

>>最新の【OCNモバイルONE キャンペーン】はこちら
>>【OCNモバイルONEの評判】はこちら

 

eSIM対応のおすすめ格安SIMはどこ?

eSIM対応のおすすめ格安SIMは、以下の通りです。

おすすめの格安SIM

大手キャリアと同等の通信品質で利用したいなら、サブブランドであるワイモバイルかUQモバイルがおすすめです。

他の格安SIMと比較すると月額料金はやや高めですが、ストレスなく利用できるでしょう。店舗数も多いため、大手キャリアと同じように手厚いサポートもうけられます。

楽天モバイルに関しては、シンプルなワンプランですが、使用量に応じた料金しかかからないので無駄がありません。3,278円でデータ無制限が使えるのも魅力です。

また楽天モバイルはオンライン上でeSIM関連の手続きがすべて行えます。メンテナンスで店舗にいかなくてはいけないという面倒なこともないため、安心して使うことができます。

 

要チェック!

RM 3.2(2)

iPhoneを購入するなら楽天モバイルがおすすめ!

キャリア最安値&最大32,000円相当の還元が受けられ、最新iPhoneでも実質半額以下で購入できちゃいます!

  • 一括払いまたは24回払い
    →最大20,000円値引き+最大12,000ポイント還元
  • 48回払い
    →最大12,000ポイント還元

例えば、他社では約145,000円~150,000円するiPhone 15(128GB)が、楽天モバイルなら131,800円で購入可能。32,000円相当の還元を加味すると、実質99,800円で購入できます。

いま使っているキャリアで機種変更するよりも断然安くなります! 浮いたお金でケースや画面保護フィルムを揃えることも可能。本体容量をワンランクアップしても良いでしょう。

分割払いにしたい方は48回払いの楽天モバイル買い替え超トクプログラムを使って2年後に端末を返却すれば、本体代金の約半分の支払いが免除になります。

iPhone 15(128GB)ならポイント還元も加味すると実質53,880円で入手できちゃうんです!

ぜひ、この機会に楽天モバイル公式サイトを覗いてみてください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

最大32,000円相当還元!

楽天モバイルでお得にiPhone15/15 Proを購入する

※楽天ポイントもザクザクたまる!

>>最新の【楽天モバイルクーポン】はこちら

OCN モバイル ONEのeSIMとは

OPPO A73 eSIMeSIMとは「Embedded SIM」の略であり、和訳すると「埋め込み型のSIM」です。つまり端末に埋め込まれたSIMという意味になります。

通常のSIMカード(物理SIM)は端末に抜き差しする必要があるのに対し、eSIMは抜き差しの必要が無く、MNP(乗り換え)が簡単になるだけでなく、DSDS(デュアルシムデュアルスタンダード)対応の端末であれば物理SIMとeSIMを組み合わせた2枚のSIM運用も簡単に実現可能となります。

eSIMの6つのメリット

eSIMのメリットを6つにまとめましたのでご覧ください。

eSIMの6つのメリット

  • 複数の回線が利用可能
  • データ通信可能となるまで(開通までの待ち時間)が短い
  • ネットで簡単に手続き可能
  • 海外でもスマホをそのまま使いやすい
  • SIMカードの入れ替えが不要
  • 通信事業者を簡単に変更可能

上記6つのメリットを詳しく説明していきますね。

①複数の回線が利用可能

eSIMのメリットの1つ目は複数の回線が利用可能なことです。

eSIMは本体に内蔵されたSIMの為、SIMカードスロットを使用しません。

つまり、eSIMとは別にもう一枚SIMカードの挿入が可能となります。

これにより1つの端末で2回線の利用が可能となります。

また、現状DSDV対応の端末でも、microSDカードと物理SIMの2枚運用がほとんどです。しかしeSIMが浸透すれば物理SIM+eSIM+SDカードの運用が可能となります。

②データ通信可能となるまで(開通期間)が短い

eSIMのメリットの2つ目はデータ通信可能となるまでが短いことです。

eSIMはネットにて契約の全てが完結しています。契約直後に発行されるeSIM登録用情報により手続きが可能です。

eSIM登録用情報は主にQRコードやアプリがあり、この情報を使ってeSIMの登録ができます。

eSIM登録はほとんどのMVNOにおいて10分から20分程度で全て完了となり、物理SIMカードのようにSIMカードが到着するまで使えないことや店舗にて案内を待つ必要もなくとても便利です。

③ネットで簡単に手続き可能

eSIMのメリットの3つ目はネットで簡単に手続きができることです。

②でも説明していますが、eSIMはネット上で契約します。

SIMカードの到着を待つことや店舗に行く必要が無いのでストレスフリーに自宅にて契約可能です。

④海外でもスマホをそのまま使いやすい

eSIMのメリットの4つ目は海外でもスマホをそのまま使いやすいことです。

物理SIMカードの場合、海外に行く場合は現地にてプリペイドのSIMカードを購入しAPN設定も現地で行うことが一般的です。

eSIMであれば、時間や場所を問わず端末上で購入可能となり、利便性が大幅に上がります。

⑤SIMカードの入れ替えが不要

eSIMのメリットの5つ目はSIMカードの入れ替えが不要なことです。SIMカードを複数枚で使い分けたい人はeSIMであれば端末上で完結していてとても便利です。

物理SIMカードの場合はその都度入れ替える必要があり、SIMカード自体を破損したり紛失するリスクもあります。

このリスクがなくなるだけでなく、サブ回線用のSIMは本体のSIMカードスロットに入れておくことができるので破損や紛失のリスクも防ぐことができます。

⑥通信事業者を簡単に変更できる

eSIMのメリットの6つ目は通信事業者を簡単に変更できることです。

従来の物理SIMカードで通信事業者を変える場合、SIMカード契約後SIMカードが送られてくるのを待ち到着後開通手続きを行うことが必要でした。

手続きがすべて完了するまでに数日間は当たり前でしたが、eSIMであればWEB上で全て完結し即乗り換え完了です。

eSIMの3つのデメリット

eSIMのデメリットを3つにまとめましたのでご覧ください。

SIMの3つのデメリット

  • SIMロック解除が必要
  • 別端末で同一SIMを使うときは不便
  • よく機種変更する方は不便

上記3つのデメリットをより詳しく説明していきますね。

①SIMロック解除が必要

eSIMのデメリットの1つ目はSIMロック解除が必要なことです。

物理SIMカードの場合は、SIMロックがかかっていても選択する通信事業者によってはそのままSIMカードを挿入するだけでモバイルデータ通信が可能です。

しかし、eSIMの場合は必ずSIMロック解除が必要となります。

SIMロック解除自体はWEBで可能な作業で難しくないですが、SIMカードを差し込むだけの作業と比較したら面倒ですよね・・・

②別端末で同一SIMを使うときは不便

eSIMのデメリットの2つ目は別端末で同一SIMを使うときは不便なことです。

物理SIMカードの場合、別端末でデータ通信をしたい場合はSIMカードを差し替えるだけで簡単にモバイルデータ通信が可能でした。

eSIMの場合はWEB上で手続きが必要となります。

同一SIMで別端末をよく使う方の場合は煩わしく感じることもあると思います。

③よく機種変更する方は少し不便

eSIMのデメリットの3つ目はよく機種変更する方は少し不便なことです。

「②別端末で使うときは不便」と似ていますが、物理SIMカードの場合、機種変更をする際SIMカードを差し替えるだけでモバイルデータ通信が可能でした。

eSIMの場合は機種変更するたびにWEB上で手続きが必要となります。

なかなかいないと思いますが頻繁に機種変更する方にとってはデメリットに感じる可能性があります。

物理SIMでもいいのであればOCN モバイル ONEはコスパ最強の格安SIM

OCN モバイル ONEはeSIMに対応していませんが、あなたがもし物理SIMをお探しであるならばOCN モバイル ONEはコスパ最強ドコモ系格安SIMの中で最もおすすめできるSIMです。

OCN モバイル ONEのおすすめポイントを4つにまとめましたのでご覧ください。

OCN モバイル ONEのおすすめ4ポイント

  • ドコモ回線のMVNOの中で品質評価No.1
  • 月々の利用料金が安い
  • 電話代が安い(専用アプリ不要)
  • スマホセットが他社と比較し最安値級

上記4つについて詳しく説明していきます。

①ドコモ回線のMVNOの中で品質評価No.1

OCN モバイル ONEの1つ目のおすすめポイントは「ドコモ回線のMVNOの中で品質評価No.1」です。

あなたは格安SIMは手キャリアと比較し、通信速度が遅いことや品質が低いと思っていませんか?正直に答えるとそのような格安SIMもあります。

そんななかOCN モバイル ONEは「ドコモ回線のMVNOの中で品質評価No.1」を獲得しており、通信速度や品質についても問題なく満足できる可能性が高い格安SIMとなっています。

②月々の利用料金が安い

OCN モバイル ONEの2つ目のおすすめポイントは「月々の利用料金が安い」ことです。データ通信容量ごとの月額料金を表にまとめましたのでご覧ください。

項目 1GB 3GB 6GB 10GB
月額料金 770円 990円 1,320円 1,760円
OCN光モバイル割適用 550円 770円 1,100円 1,540円
割引適用条件 「OCN 光サービス」とセットのご利用

上表の通り、OCN モバイル ONEには1GB、3GB、6GB、10GBのラインナップがありあなたに最適なデータ通信容量を選ぶことが可能となっており、無駄なお金を払う必要なく必要最低限の契約が可能となっております。

また、その金額はそれぞれ格安SIM業界の中で最安値級であり、どのプランを選択したとしても満足いく価格設定です。

③電話代が安い(専用アプリ)

OCN モバイル ONEの3つ目のおすすめポイントは「電話代が安い(専用アプリ不要)」です。

OCN モバイル ONEの電話代が安い秘密は以下の4つにあります。

OCN モバイル ONEの電話代が安い4つの秘密

  • 通常の電話アプリで30秒/11円

  • 10分かけ放題

  • トップ3かけ放題
  • 完全かけ放題

OCN モバイル ONEでは電話専用アプリを使うことなく通常の電話アプリで30秒/11円を実現しており、業界最安値級の価格設定となっております。

更に3種類のかけ放題プランがあり、あなたに最適なプランを選択することで電話代をとても安くすることが可能です。

詳しくは下記記事にて説明しておりますので興味のある方はご覧ください。

④スマホセットが他社と比較し最安値級

OCN モバイル ONEの4つ目のおすすめポイントは「スマホセットが他社と比較し最安値級」なことです。

OCN モバイル ONEではスマホ(端末)とSIMの同時契約をする場合、スマホを格安で購入することが可能な「スマホセット」がとても人気です。

スマホセットではiPhoneやandroidを数多く取り揃えており、他社と比較して最も機種数を取り扱っているだけでなくその価格も最安値級です。

iPhoneに至っては新品だけでなく、中古品もラインナップされておりとても安くスマホを購入することが可能です。

OCN モバイル ONEのスマホセットについて気になる方は下記記事にて詳しく説明していますのでご覧ください。

OCNモバイル eSIMに関するよくある質問

OCNモバイル eSIMに関するよくある質問をまとめましたのでご覧ください。

Q:OCN モバイル ONEで取り扱っているSIMのサイズは?

OCN モバイル ONEでは「標準SIM」、「microSIM」、「nanoSIM」の3種類のSIMサイズを取り扱っています。「eSIM」は取り扱っていないのでご注意下さい。

Q:OCN モバイル ONEでSIM追加はできる?

OCN モバイル ONEではSIM追加が可能です。 新規で申し込みの場合は主のSIMカードとは別に最大4枚まで追加可能です。

既にご契約済みの方は月に1枚まで、主のSIMカードとは別に最大4枚まで追加可能となっています。

ご家族での利用や、あなたが複数の端末をご使用になる場合などは費用が抑えられる「SIMカード追加」がおすすめです。

Q:OCN モバイル ONEで端末購入できる?

OCN モバイル ONEで端末購入は新規申し込み時の「スマホセット」のみ可能です。 既にSIMのみご契約済みの方やSIMの契約をせずに端末のみ欲しい方は購入はできないので注意して下さいね。

スマホセットについては下記記事にて詳しく説明していますので気になる方はご覧下さい。

Q:OCN モバイル ONEのおすすめのキャンペーンは?

OCN モバイ ルONEのおすすめのキャンペーンについては以下の記事にて詳しく解説していますのでご覧ください。

Q:OCN モバイル ONEのお得な料金プランを知りたい

OCN モバイル ONEのお得な料金プランについては以下の記事にて詳しく解説していますのでご覧ください。

Q:OCN モバイル ONEは5G対応しているの?

OCN モバイル ONEは2022年1月1日現在で5G未対応です。現状はドコモでさえ、全国での5G安定利用は2023年以降となる見通しです。

OCN モバイル ONEを含めMVNO各社での5G全国安定利用は2023年以降になる見通しです。

Q:OCN モバイル ONEに問い合わせする方法は?

OCN モバイル ONEではSIMカードの紛失・盗難などによる利用停止・利用停止解除・SIMカードの再発行やその他各種お問い合わせにWEB上の<お問合せフォーム>もしくはお電話(0120-047-860 受付時間:10時~17時 年末年始除く)にて対応しております。

Q:OCN モバイル ONEの契約を電話で解約できる?

OCN モバイル ONEの契約を電話で解約したい場合は「NTTコミュニケーションズ カスタマーズフロント(0120-506506 受付時間:10時~18時 日曜・祝日・年末年始除く)」までお問い合わせください。

まとめ

OCN モバイル ONEはeSIMに対応しておりません。eSIMt対応の格安SIMで最もおすすめなのは「ワイモバイル」です。

eSIMのメリット、デメリットを再度まとめましたのでご覧ください。

eSIMの6つのメリット

  • 複数の回線が利用可能
  • データ通信可能となるまで(開通までの待ち時間)が早い
  • ネットで簡単に手続き可能
  • 海外でもスマホをそのまま使いやすい
  • SIMカードの入れ替えが不要
  • 通信事業者を簡単に変更可能

eSIMの3つのデメリット

  • SIMロック解除が必要
  • 別端末で同一SIMを使うときは不便
  • よく機種変更する方は不便

eSIMの普及は総務省が発信している国策です。今後更に普及し、当たり前の世の中になっていくことは間違いありません。

eSIMをうまく活用し複数回線利用で月々の料金を抑えることや、SIMカードの入れ替えが不要なこと、ネットで簡単に手続きが可能なことを体験しより快適なネットライフにしていきましょう。

楽天モバイルお得情報!

要チェック!

RM 3.2(2)

iPhoneを購入するなら楽天モバイルがおすすめ!

キャリア最安値&最大32,000円相当の還元が受けられ、最新iPhoneでも実質半額以下で購入できちゃいます!

  • 一括払いまたは24回払い
    →最大20,000円値引き+最大12,000ポイント還元
  • 48回払い
    →最大12,000ポイント還元

例えば、他社では約145,000円~150,000円するiPhone 15(128GB)が、楽天モバイルなら131,800円で購入可能。32,000円相当の還元を加味すると、実質99,800円で購入できます。

いま使っているキャリアで機種変更するよりも断然安くなります! 浮いたお金でケースや画面保護フィルムを揃えることも可能。本体容量をワンランクアップしても良いでしょう。

分割払いにしたい方は48回払いの楽天モバイル買い替え超トクプログラムを使って2年後に端末を返却すれば、本体代金の約半分の支払いが免除になります。

iPhone 15(128GB)ならポイント還元も加味すると実質53,880円で入手できちゃうんです!

ぜひ、この機会に楽天モバイル公式サイトを覗いてみてください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

最大32,000円相当還元!

楽天モバイルでお得にiPhone15/15 Proを購入する

※楽天ポイントもザクザクたまる!

>>最新の【楽天モバイルクーポン】はこちら

OCNモバイルONEOCNモバイルONE_ロゴ_ミニ
運営会社 NTTレゾナント
元回線 ドコモ
iPhoneの販売 OCNモバイルONEのiPhone一覧
1円iPhone OCNモバイルONE 1円iPhone
端末一覧 OCNモバイルONEの端末一覧
評判・口コミ OCNモバイルONEの評判・口コミ
クーポンキャンペーン情報 OCNモバイルONEのキャンペーン
学割 学割なし
家族割 OCNモバイルONEの家族割情報
解約方法 OCNモバイルONEの解約方法
店舗 ドコモショップ全国2,300店舗以上 : OCNモバイルONEの店舗
エリア OCNモバイルONEのエリア
5G 対応 : OCNモバイルONEの5G
料金 OCNモバイルONEの通信料
通話料 11円/30秒 : OCNモバイルONEの通話料金
留守電 対応 : OCNモバイルONEの留守電
機種変更 OCNモバイルONEで機種変更する方法
デメリット OCNモバイルONEのデメリット
通信障害情報 OCNモバイルONEの通信障害情報
MNP転出 OCNモバイルONEからMNP転出(解約)する方法
テザリング 可能 : OCNモバイルONEのテザリング
eSIM 非対応 : OCNモバイルONEのeSIM
Wi-Fi OCNモバイルONEのWi-Fi
新規契約 OCNモバイルONEに乗り換える手順
予約 OCNモバイルONEの来店予約
問い合わせ OCNモバイルONEのサポート
2回線目 OCNモバイルONE2回線目のお得な契約方法
海外利用 OCNモバイルONEの海外利用
審査情報 OCNモバイルONEの審査情報
事務手数料 3,300円 : OCNモバイルONEの初期費用(事務手数料)
他社からののりかえ ドコモからOCNモバイルONEへ乗り換える方法と手順
auからOCNモバイルONEへ乗り換える方法と手順
ソフトバンクからOCNモバイルONEへ乗り換える方法と手順
楽天モバイルからOCNモバイルONEへ乗り換える方法と手順
ワイモバイルからOCNモバイルONEへ乗り換える方法と手順
UQモバイルからOCNモバイルONEへ乗り換える方法と手順
ahamoからOCNモバイルONEへ乗り換える方法と手順
povoからOCNモバイルONEへ乗り換える方法と手順
IIJmioからOCNモバイルONEへ乗り換える方法と手順
イオンモバイルからOCNモバイルONEへ乗り換える方法と手順
mineoからOCNモバイルONEへ乗り換える方法と手順
ビッグローブモバイルからOCNモバイルONEへ乗り換える方法と手順
J:COMモバイルからOCNモバイルONEへ乗り換える方法と手順
他社との比較 ドコモとOCNモバイルONEの比較
auとOCNモバイルONEの比較
ソフトバンクとOCNモバイルONEの比較
楽天モバイルとOCNモバイルONEの比較
ワイモバイルとOCNモバイルONEの比較
UQモバイルとOCNモバイルONEの比較
ahamoとOCNモバイルONEの比較
povoとOCNモバイルONEの比較
LINEMOとOCNモバイルONEの比較
IIJmioとOCNモバイルONEの比較
mineoとOCNモバイルONEの比較
NUROモバイルとOCNモバイルONEの比較
OCNモバイルONEとイオンモバイルの比較
格安SIMを目的別に探す
格安SIMの速度ランキング 格安SIM キャッシュバック 格安SIM 最安
口座振替ができる格安SIM デビットカードが使える格安SIM 後悔しない格安SIM
ドコモ回線の格安SIM au回線の格安SIM ソフトバンク回線の格安SIM
eSIM対応の格安SIM 学割がある格安SIM 通話無制限の格安SIM
格安SIM 端末セット 小中学生向けの格安SIM 格安SIM かけ放題 アプリ不要
格安SIM 1GB 格安SIM 3GB 格安SIM 大容量
格安SIM 月額0円 テザリングにおすすめの格安SIM 格安SIM 審査 緩い
ドコモエコノミーの格安SIM 音声通話のみで最安の格安SIM 格安SIM 比較表
実店舗がある格安SIM 事務手数料無料の格安SIM 格安SIM 5G対応状況
格安SIMをiPhoneで使うデメリット 格安SIM iPhone キャンペーン 格安SIM 無制限
格安SIM iPhone14 格安SIM iPhone13 格安SIM iPhone12
格安SIM iPhoneSE3 格安SIM iPhoneSE2 格安SIM iPad セット
格安SIMのApple Watch セルラーモデル対応 格安SIM au回線 格安SIM auから
格安SIM Galaxy S22 格安SIM Galaxy S23 格安SIM AQUOS Sense5G
格安SIM ZenFone9 格安SIM Nothing Phone(1) 格安SIM Xiaomi 12T Pro
格安SIM Xperia 1 V 格安SIM Xperia 5III 格安SIM Pixel 7a
格安SIM Pixel7    
  • この記事を書いた人
iPhone大陸

iPhone大陸運営事務局

格安SIMの「ロケットモバイル」を提供する株式会社IoTコンサルティングが運営しています。「IoT」という手段を通して、世の中を効率化し、生産性を上げていくことをミッションに抱えています。年々高騰するスマートフォンや頻繁に変化する格安SIMを後悔せず選べるように「iPhone大陸」を運営しております。

-格安SIM, OCNモバイルONE
-,

© Copyright - 株式会社 IoTコンサルティング All Rights Reserved.