iPhoneの使い方

古いiPhoneを有効活用する11の方法|下取りに出すのはもったいなさすぎる

古い iPhoneってどうしてる?もう使わないから新しいスマホを買うときに下取りに出そうか迷っているんだよね
下取りに出すのは少し待って!使わなくなったiPhoneの使い道はたくさんあるから、本当に使わないのか確認してからにしよう!

古くなったiPhone、どうしていますか?使わなくなったiPhoneの活用方法はかなり豊富にあります。

実際に、古いiPhoneを上手に活用している方も少なくありません。使わなくなったからと言って、下取りに出してしまったり手放してしまうのは勿体無いかもしれませんね。

今回は古いiPhoneの活用方法をご紹介するので、機種変更をする予定のある方や、古い機種の処分方法を検討している方は参考にしてくださいね。

本記事でわかること

  • 古いiPhoneの活用方法11選
  • 古いiPhoneを活用するときの注意点
  • 古いiPhoneに格安SIMを使うべき理由
  • おすすめの格安SIM3選

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ
UQモバイルオンラインショップ
ワイモバイルオンラインストア

古いiPhoneは活用方法が豊富

古いiPhoneは活用方法が豊富

機種変更をして新しい端末を手に入れた際、古いiPhoneはどうしていますか?下取りに出したり、電源を切って棚の奥にしまいこんでしまう方も少なくないでしょう。

意外と知られていないかもしれませんが、古いiPhoneを活用する方法はたくさんあります。下取りを検討している方も、本当に使わないのかどうかを必ず確認しましょう。

 

古いiPhoneの活用方法11選

古いiPhoneの活用方法を11個ご紹介します。気になる活用方法があるかどうか確認してみましょう。

古いiPhoneを無駄にしないためにも、下取りに出す前にチェックしておいてくださいね。

お子さんに持たせる

使い終わった古いiPhoneをお子さんに持たせることが可能です。実際の使用用途として一番多いのが、こちらの方法になります。

お子さんの古いiPhoneを持たせるメリットは以下の通り。

格安で子供用携帯を持たせられる

格安SIMを挿すだけで子供用の格安スマホに早変わりします。格安スマホの場合、端末の持ち込みが可能になるので、かなりお得に利用できますね。

端末代がかからないため、SIMの月額料だけでスマホを持たせてあげられるでしょう。また、もともと自分が使用していた端末なので操作方法を教えてあげやすいですね。

使い方がわからず、お子さんと一緒に途方に暮れてしまうという心配もないでしょう。

GPSで位置情報を把握しておける

SIMカードを挿しておくことで位置情報を把握しておくことができます。いつ、どこにいるかがわかるので防犯対策としてもかなり優秀ですね。

お子さんとはぐれてしまった時や万が一の事態の際にも活躍してくれるでしょう。

 

おもちゃ用として

インターネット上にあるオンラインゲームはWi-Fi環境下であれば利用できます。

SIMカードを挿していれば外出先でもゲームが楽しめるので、お子さんの暇つぶしツールとしても活躍してくれるでしょう。

また、アップルIDを取得することで、アプリの追加も可能になります。

お子さんが楽しめるようなアプリが豊富に用意されているので、より幅は広がるでしょう。

お年寄りに持たせる

お子さんだけでなくお年寄りに持たせるという方法もかなり有効です。

ガラケーやスマホを持っているお年寄りは意外と少なく、その多くが価格や使い方がわからないなどといった理由になります。

必ずスマホを持たないといけないというわけではありませんが、離れて暮らしている場合に連絡が取りにくく位置情報がわからないなどのデメリットも考えられるでしょう。

お年寄りが外出している際に連絡が取れるだけでなく、位置情報が確認できるので犯罪やトラブルの抑止効果も期待できます。

お年寄りがiPhoneのヘビーユーザーになるということは考えにくいので、格安スマホの最安プランで問題はないでしょう。

端末代がかからずプランも最安で済むので、お財布に優しく安心できますね。

カーナビとして活用する

古いiPhoneをカーナビとして活用するという方法もかなり有効です。SIMカードを挿さなくてもダウンロード型のアプリであれば問題なく使えます。

外出先が決まっている場合などは、事前にダウンロードをしておきましょう。しかし、外出先で入力する場合などにWi-Fi環境を探さなくてはならなくなるので不便に感じるかもしれません。

そのため、カーナビとして活用する場合でも格安スマホを契約し、端末にSIMをいれておく方が使い勝手は良くなるでしょう。

Apple car play専用端末として活用する

Apple car play専用端末として活用する方法もおすすめ。

USBを使用して車にiPhoneを接続しApple car playを使用することで、yahooカーナビやGoogleマップなどが車内で使えるようになります。

「車にカーナビがついているから必要ない」という方もいるかもしれませんが、車載カーナビは最新の道路情報がアップデートされていないケースがほとんどでしょう。新しく出来た道の情報は取得してくれないので、外出先で困ることがあるかもしれません。

しかし、yahooカーナビやGoogleマップは最新の道路情報を常に反映しているので、そういった心配もないでしょう。ドライブを頻繁にする方であれば用意しておきたい優秀なアプリです。

Apple car play専用端末として活用することで、車内に置いたままにすることも出来ますね。とはいえ、ボンネットの上に置いたままにしておくと端末が熱くなりすぎてしまって故障してしまう可能性があるので注意が必要です。

自己責任にはなりますが、車内に置いておく場合はグローブボックスの中など直射日光の当たらない場所を選択しましょう。

ドラレコとして活用する

ドラレコは車に初期装備として初めからついているものがほとんどですが、中にはドラレコがついていないものもあります。ドラレコは購入すると2~4万円程度とかなり高額になるため、つけないという選択肢を取る方も少なくありません。

しかし、ドラレコは万が一のトラブルなどの場合に証拠になる重要な設備です。ドラレコ、もしくは撮影するための設備を用意しておくのがおすすめ。

必要だと理解しているものの、ドラレコは高すぎて購入できないという方は、古いiPhoneの活用を検討しましょう。

実際に、古いiPhoneをドラレコとして活用する方も増えています。SIMカードなしの状態でも専用アプリをインストールしておけば、ドラレコとしてしっかり機能してくれるので安心ですね。

レンタカーなどに乗る場合の一時的なドラレコとして重宝します。車をお持ちの方でドラレコを持っていないという方は、古いiPhoneを活用しましょう。

海外旅行用として活用する

海外旅行用として活用する方法も有効です。Wi-Fi環境が多いため、SIMカードが挿さっていないiPhoneだとしても活躍してくれるでしょう。

また、現地でSIMカードを挿せばWi-Fi環境がない場所でも普通のスマホとして使えます。海外でも安心して過ごせますね。

リモコンとして活用する

自宅のリモコンとしての活用がおすすめ。専用アプリをインストールして使うもので、Wi-Fi環境下であればSIMカードなしでも利用出来ます。

スマホ1つで操作ができるので、リモコンが見当たらなくて部屋中を探し回ることもなくなりますね。

ネットワークカメラとして利用する

ネットワークカメラとして活用する方法もおすすめ。

ネットワークカメラとは、自分が自宅にいない間に家の中を撮影してくれる監視カメラのようなものを指します。自宅を開ける際も安心できると、ネットワークカメラを取り入れる方も少なくありません。

以下で詳細をご紹介するので、気になる方はチェックして見てくださいね。

ペットカメラとして

ペットを見守るためのペットカメラとして活用が可能です。

留守の間にペットがどうしているのか様子を見守れるので、安心して外出ができますよね。ペットの不調などにも気づけるので、万が一の場合にもすぐに自宅に戻れるでしょう。

Wi-Fi環境下にあればSIMカードがなくても問題なく稼働します。

防犯カメラとして

防犯カメラとしての活用もおすすめです。自宅を空ける際に防犯カメラとして設置しておくことで、泥棒などが入った際にも安心できますね。

トラブルがあった時などに動画を確認するものなので、リアルタイムで確認しなければならないものではありません。しかし、中にはリアルタイムで家の状況を確認できるアプリもあるので、こまめに家の中を確認したいという方はそちらを選択しましょう。

ゲーム・動画視聴・音楽鑑賞専用として利用する

ゲーム・動画視聴・音楽鑑賞用の端末として活用する方法もおすすめです。ダウンロードして使うものであれば、Wi-Fi環境下でなくても利用が可能に。

外出先で音楽鑑賞や動画視聴、ゲームを楽しみたいという場合はSIMカードを挿して使う方法を検討しましょう。SIMカードを挿すことで出来ることの幅が、かなり広がります。

また、日本のスマホゲームの多くはiPhoneでしっかり動くように作られる傾向があります。アンドロイドの最新端末よりもiPhoneの型落ち端末の方がサクサク動いてくれるというケースも少なくありません。

iPhoneからiPhoneに乗り換える方はもちろんですが、アンドロイドに乗り換えを検討している方は特に要注意ですね。スマホゲームを多くするという方はiPhoneを手放して良いのかしっかり考える必要があります。

また、ゲームや音楽専用端末として持ち歩くことでメイン端末のバッテリー消耗を抑えることが可能に。オンラインゲームや音楽鑑賞を外出先で行ってしまうと、どうしてもバッテリーの減りが早くなってしまいます。オンラインゲームや音楽鑑賞専用端末として古いiPhoneを持ち歩くことで、メイン端末のバッテリー持ちも良くなるでしょう。

ボイスレコーダーとして活用する

ボイスレコーダーとしての活用も有効です。トラブルに巻き込まれた時や、ボイスメモを残しておきたい時などにおすすめ。

ボイスメモは専用アプリが多くあるので、解約する前にインストールしておくと良いでしょう。アプリさえ入っていれば、SIMカードが挿さっていなくても利用できます。

デジタルフォトフレームとして活用する

iPhoneのスタンドを持っているもしくは購入しておくことで、便利なデジタルフォトフレームに早変わり。専用アプリを活用することで、デジタルフォトフレームとしての活用も可能です。

大事な思い出をランダムで表示してくれるので、飽きることのない写真たてとして重宝するでしょう。

古いiPhoneを活用するときの注意点

古いiPhoneを活用するときの注意点

古いiPhoneを活用するときの注意点をご紹介します。注意点をしっかり理解し、損をすることのないよう上手に立ち回りましょう。

下取りに出すかどうか検討する際の参考にしてくださいね。

SIMカードがないと出来ない事が多い

SIMカードがない状態では、出来ないことが多く不便に感じるかもしれませんね。ここではSIMカードがない場合に出来なくなることをまとめました。

SIMカードを挿して使うかどうかの判断材料としてチェックしておきましょう。

OSアップデートができない

OSアップデートができなくなるというのが最大のデメリットと言えるでしょう。

「OSアップデートなんてしなくても大丈夫」と考えている方もいるかもしれませんが、機能の向上が期待できる動作なので必ず対応しておきたいものです。

また、OSが最新の状態になっていないと利用できないアプリが多くあるので、OSアップデートができないことで次第に不便だと感じ始めるでしょう。

SIMカードを挿していれば、そういった心配はありません。

電話番号での通話が一切使えなくなる

Wi-Fi環境下であれば不便を感じにくいかもしれませんが、電話番号を用いた通話は一切できなくなります。

Wi-Fi環境下で通話アプリなどを利用し通話をすることは可能ですが、相手も同じアプリを使っている場合に限定されることがほとんどでしょう。スマホを持たない方に電話する場合や、固定電話に電話をすることができなくなるので注意が必要ですね。

特にお年寄りはスマホを持たず、固定電話のみというケースも少なくないので、お年寄りへの連絡手段がなくなってしまうことになります。固定電話のみを活用している方に連絡する機会が多い方は、SIMカードを挿して利用するようにしましょう。

また、お年寄りに古いiPhoneを持たせる場合、アプリを使用するのはかなり難しいでしょう。アプリの操作がわかりにくく、基本動作でさえも慣れるまで時間がかかります。そのため、電話番号を用いた通話機能を使えないのは、かなり不便だと感じるかもしれませんね。

SMSができなくなる

電話番号を持たないため、SMSの利用は出来ません。友人や知人とSMSのやりとりができなくなるだけでなく、業者などから通知を受け取ることもできなくなります。

宅配業者やサービス関連の連絡にSMSを利用する機会は意外と多いので、不便だと感じるかもしれません。

モバイル回線が使えなくなる

モバイル回線が使えなくなるというのもかなりのデメリットですね。モバイル回線を使えるようにしておくとサブ端末として、お子さん用のスマホとしても十分活躍してくれます。

Wi-Fiで繋げば良いと考えている方も多いかもしれませんが、外出先でインターネットを使いたいと思っても、フリーWi-Fiがどこにでもあるわけではありません。

使えないシーンが多いので、むしろ便利だと感じにくいかもしれませんね。

電話番号認証ができなくなる

SIMカード契約がなかった場合、電話番号認証は使えなくなります。

電話番号認証が必要になるシーンは意外と多く、認証が完了しなければサービスを利用することはできないでしょう。電話番号認証はセキュリティ面の対策になるため導入しているサービス会社は多くあります。

電話番号認証ができなくなるという点にも注意が必要ですね。

 

LINEもSIMカードがないと使えない

LINEは基本的にSIMカードがないと使えなくなります。番号認証ができないため、一部のサービスが利用できません。

LINEのID検索機能などは年齢確認ができないので、利用は不可になります。LINEアプリを利用した通話をすれば、SIMカードがなくても問題ないだろうと考えている方は注意が必要ですね。

Wi-Fi環境が必要になる

SIMカードがあった方ができる幅は広がるものの、SIMカードを挿さなくても出来ることはかなり多くあります。しかし、そのほとんどの動作がWi-Fi環境がなくては使えないものになるでしょう。

さらにスマホはモバイル通信を定期的に探しに行ってしまうので、Wi-Fi環境下であっても接続が途切れてしまう可能性があります。SIMカードを挿さずにWi-Fi環境下で利用する場合、機内モードをONの状態にしてからWi-Fiに接続しましょう。

おすすめの格安SIM3選

古いiPhoneを有効活用するためにSIMカードは欠かせません。月額料金を手頃にするためには、格安SIMの中から選定するのが一番良いと言えるでしょう。

ここでは、格安SIMのおすすめを3つご紹介します。自分の好みに合致した格安スマホ会社を選択し、古いiPhoneを有効活用しましょう。

Y! mobile

 シンプルSシンプルMシンプルL
データ通信容量3GB15GB25GB
月額料金(税込)2,178円3,278円4,158円
国内通話料30秒22円
10分かけ放題:770円(税込)
24時間かけ放題:1,870円(税込)

格安スマホの中で最もおすすめなのがY! mobileです。月額料金が手頃なのに最低限の基本的な内容がしっかり揃っているので、かなり優秀だと言えますね。

格安スマホの最も懸念される点としては、通信が遅かったり繋がりにくかったりなどの点になるでしょう。しかしY!mobileはソフトバンクが運営しているサブブランドなので、MVNO特有の回線の混雑はほとんどありません。

auやドコモ、ソフトバンクなどの大手キャリアと比較しても遜色ない高速通信を可能にしています。お昼や夕方など格安スマホであれば回線が混雑してしまうような時間帯も、ストレスなくインターネット通信を利用できるでしょう。

また、Y! mobileのプランは大きく3つに分かれています。あまり使わないという方はシンプルSを、たくさんデータ通信を行いたいという方はシンプルLを選択しましょう。シンプルSが最安値のプランですが、月額2,178円で3GBのデータが使えるようになり、電話機能ももちろん利用可能になります。お子さんやお年寄りに持たせるのであれば十分だと言えるでしょう。

また、通話を多く利用するという方は、10分かけ放題や24時間かけ放題を選択するのがおすすめ。通話料金を気にすることなく通話ができるので、かなり重宝するでしょう。

オンラインストアなら機種代金が最大21,600円値引き!

今すぐSIMカードをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,300円する事務手数料が無料!

 

SIMのみ契約でも最大10,000円相当のPayPayポイントがもらえる!

YM ヤフー店 訴求

店舗と違って事務手数料がタダ!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※SIMのみ契約の方はこちらがお得!

ahamo

データ通信容量20GB
月額料金2,970円
国内通話料5分以内の通話無料
以降は30秒22円

ahamoは20GBのみのワンプランで国内5分以内の通話が無料になります。20GBはかなりの大容量なので、たくさんデータ通信を行うという方も安心ですね。

また、ahamoはドコモ回線なので、通信可能エリアがかなり広くなっています。地方在住で通信エリアに不安があるという方はahamoを選択するのが良いでしょう。

とはいえ、Wi-Fi環境が自宅にある方であれば、20GBもいらないと感じるかもしれません。月額料金が2,970円と少し高額なので、注意が必要ですね。

しかし、ahamoは契約期間の定めがなく解約料金が設けられていないなどメリットも多いので、候補に入れておくと良いでしょう。

ahamoへ他社からの乗り換えで10,000dポイントプレゼント!

今すぐahamoを申し込むにはこちらをタップ!

※オンラインなら手数料無料!ドコモショップでahamoに切り替えると3,300円かかります

楽天モバイル

データ通信容量1GB~無制限
月額料金~1GB0円
~3GB1,078円
~20GB2,178円
無制限3,278円
国内通話料 Rakuten Link利用で完全無料
30秒22円

楽天モバイルもまた、かなりお得な価格で利用できる格安スマホの1つです。

1GB以下であれば月額料金はかかりません。20GBで2,178円、無制限でも3,278円と圧倒的な低価格です。

楽天モバイルは少しでも安くSIMカードを手に入れたいという方におすすめの格安SIMだと言えるでしょう。とはいえ、データが使い放題になるのは楽天エリアという限定されたエリア内のみ。

大手キャリアの通信回線を使用する上記の2社と比較すると、繋がりやすさに大きな差が生じるでしょう。

また、通話はRakuten Linkを利用している方同士のみ無料になります。Rakutenユーザー同士であれば通話は無料になりますが、それ以外の場合の通話料金は30秒に22円ずつ加算されてしまうので、あまりお得とはいえないかもしれませんね。

通話する機会が多い方や、自宅にWi-Fi環境がなく使用するエリアに対応しているのか不安があるという方は他の格安スマホを検討する方が良いでしょう。

データ量1GBまでなら月額0円!!

今すぐSIMカードを楽天モバイルでお得に手に入れるにはこちらをタップ!

※端末実質0円キャンペーンも実施中

古いiPhoneは処分せずに有効活用しよう!

古いiPhoneは様々な使い道があります。活用する方法があるのに、処分してしまうのは勿体無いですよね。

サブ端末として格安SIMを契約したり、特定アプリの専用機にするなどの活用方法が考えられるでしょう。SIMカードを入れれば外出先で、SIMを入れなければWi-Fi環境下で活用できますね。

他にもお子さん用の端末や、お年寄りに持たせるなど使用用途はかなり豊富です。

新しいiPhoneだけでなく古いiPhoneも上手に活用し、快適な生活を送ってくださいね。

オンラインストアなら機種代金が最大21,600円値引き!

今すぐSIMカードをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,300円する事務手数料が無料!

 

SIMのみ契約でも最大10,000円相当のPayPayポイントがもらえる!

YM ヤフー店 訴求

店舗と違って事務手数料がタダ!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※SIMのみ契約の方はこちらがお得!

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ
UQモバイルオンラインショップ
ワイモバイルオンラインストア

-iPhoneの使い方

Copyright© iPhone大陸 , 2022 All Rights Reserved.