Y!mobile(ワイモバイル)

SIMロックがかかっているドコモ、au、ソフトバンクの中古スマホをワイモバイルで使うには?

ワイモバイルではSIM単体をオンラインショップで購入できるので、中古のスマートフォンを買って、それにワイモバイルのSIMを挿して使おうと考える方もいるのではないでしょうか。

もちろん中古のスマートフォンを用意して、ワイモバイルのSIM単体を契約することでスマートフォンは使える状態になりますが、事前に調べておかないと使えない場合があるので注意が必要です。

そこで今回は

  • 中古のスマホにSIMロックがかかっていた時の対処方
  • ワイモバイルで中古スマホを使うときに注意すること

について書いていこうと思います。

SIMロックとは

SIMロックとは特定のキャリアで購入した端末をそのキャリアのSIMカードでしか使えなくするロックのことです。

例えば、ドコモで購入したスマホは基本的にドコモのSIMカードでしか利用できません。

他のキャリアで利用したい場合はドコモ側にSIMロックの解除をしてもらう必要があります。

時々、このSIMロックが解除されないまま売られた中古のスマートフォンを買ってしまうことがあります。

そうすると、当初の契約者しかSIMロックの解除を申請できないので、中古でSIMロックがかかった端末を買ってしまった人は当初のキャリアで新規契約を結ぶしかありませんでした。

しかし、最近になり制度が変わり、当初の契約者以外の人がSIMロックの解除をできるようになりつつあります。

これは中古でSIMロックのかかった端末を買ってしまったとしても、自分でSIMロックを解除して最初のキャリア以外の通信会社を利用できるということを意味します。

ドコモの中古スマホにSIMロックがかかっていた場合

ドコモでは2019年2月20日から契約者以外のSIMロック解除の要求が可能になりました。

*契約者以外のSIMロック解除=中古スマホのSIMロック解除

ドコモの公式ページでも2月15日付けで以下のようなお知らせが出ています。

変更対象となる携帯電話機変更後の受付条件
知人・友人などから譲り受けた携帯電話機SIMロック解除のお手続きが可能です。
中古端末販売店などで購入した中古の携帯電話機

中古スマホだけではなく、知人や友人から譲渡された場合もSIMロックの解除ができるようになりました。

受付条件

受付条件には以下の2つがあります。

ネットワーク利用制限、おまかせロック等、各種ロックがかかっていないこと

これらのロックがかかっているとSIMロックの解除はできません。

ネットワーク利用制限がかかってないかどうかは以下のページから確認可能です。

ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト

中古で購入したスマホが購入されてからの期間

ドコモの販売店で分割払いで購入された日から100日未満のスマートフォンはSIMロックの解除ができません。

また、端末購入サポートかが適用された日から100日未満のスマートフォンもSIMロックの解除ができません。

SIMロックの解除手続きはどこでする?

SIMロック解除に対応している端末は発売時期によって可能な手続き方法が異なります。

オンライン手続き店頭手続き
2015年5月以降に発売された端末
2011年4月~2015年4月の間に発売された端末×

このようになっており、2011年4月~2015年4月の間に発売された端末に発売された端末においては店頭へ手続きへ行く必要があります。

ウェブで手続きする場合と店頭で手続きする場合は内容が異なります。

手続きの方法事務手数料(税抜)受付可能台数
パソコン・スマホMy docomoで手続きを行います。

ログインに必要な「dアカウント」は簡単に発行できるので、はじめての方でもすぐに利用できます。

24時間手続き可能です。

dアカウントの新規登録・再発行はこちらから

無料制限なし
ドコモショップ営業時間は店舗によって異なります。

詳しくは各店舗ページをご確認ください。

ドコモショップ一覧はこちら

1台あたり3,000円1回の受付でお一人さま2台まで

店頭に行かれる際は端末の持参を忘れないようにしてください。

au、ソフトバンクの中古スマホにSIMロックがかかっていた場合は?

2019年7月現在でauとソフトバンクでは中古スマホのSIMロック解除はできません。

しかし、総務省が大手キャリアに対して中古スマホのSIMロック解除に対応するように義務付けたことにより、2019年9月1日からはauやソフトバンクの中古スマホでもSIMロックが解除できるようになります。

もうすでにauやソフトバンクのSIMロックがかかっている中古スマホを買ってしまった方は、それまで待つか、その端末を一度売却するかの2通りがあります。

待つといってもその間にほかのスマホが必要なので思い切って売るのが良いかもしれませんね。

中古スマホをワイモバイルで問題なく使うためには?

ワイモバイルで中古スマホを使うために用意するものは以下の2つです。

  • 中古のスマホ
  • ワイモバイルのSIM単体

今回は中古スマホ購入について解説していきます。

ワイモバイルのSIM単体の購入については以下の記事を参照してくださいね↓

Y!mobile(ワイモバイル)のSIMカードのみをオンライオンで契約する方法を解説!気を付けるべき注意点は?

中古スマホの購入において注意すること

中古スマホを購入する際に注意することは2つあります。

  • SIMロックが解除されている端末か確かめる
  • 通信バンドがワイモバイルとあっているか確かめる

これらの条件をクリアしないと中古スマホを買ってSIMカードを用意したとしても、いざSIMカード入れたら動かなかったなんてことになります。

なので、これから中古スマホを買われる方は注意しましょう。

SIMロックが解除されているスマホかどうか

SIMロックが解除されているかどうかを確かめて購入しないと、購入した後にワイモバイルの回線では繋げないという事態に陥ることがあります。

それであれば最初からSIMロックが解除されているスマートフォンを購入するに越したことは無いでしょう。

*ドコモの端末であればSIMロック解除は自分でできるが少し面倒

SIMロックが解除されているスマホかどうかは店頭であれば書いてあるはずです。

書いてなければ買う際に店員さんに確かめてみましょう。

もし、ヤフオクやメルカリなどのフリマアプリで購入する場合は出品者の記載内容にSIMロックついての記載があるはずなので確かめましょう。

この場合も、もし記載されていなければ出品者に聞いてみましょう。

どちらの場合も、必ずSIMロックが解除されているのか、解除されていないのであればドコモの端末か?という点を確認すしましょう。

*ドコモの端末であれば中古スマホでもSIMロック解除が可能なため

後から二度手間になるのは避けたいですよね。

通信バンドがワイモバイルとあっているか確かめる

通信バンドとは4G LTEや3Gで通信するときの周波数帯のことです。

中古スマホが対応しているバンドとワイモバイルが対応しているバンドが合わなければ通信が不安定になるなどの問題が起こります。

ワイモバイルはソフトバンクの回線設備を利用しているのでバンドはソフトバンクと全く同じです。

そこで、ソフトバンクのバンドを調べてみます。

以下、ソフトバンクのバンド=ワイモバイルのバンド

4G LTE

ワイモバイルで利用可能なバンド用途
Band1主要(重要)
Band3ワイモバイルの主力電波帯(重要)
Band8プラチナバンド(重要)
Bnad11実験用(重要度低)
Bnad28プラチナバンド
Band42キャリアアグリゲーション用(重要度中)

3G

ワイモバイルで利用可能なバンド用途
バンドⅠ主要
バンドⅧ主要

これらのバンドがワイモバイルのバンドです。

ワイモバイルの4G LTEの場合は1,3,8が重要なバンドなのでこのバンドに対応しているスマホを購入してください。

*1と3は必須

スマホは多くのバンドに対応している場合が多いのでそこまで心配する必要はありませんが、後から通信が上手くできないなどの問題が起こると面倒なので確認しておいたほうが良いですね。

対応バンドもお店やネットの出品者の方がどこかに記載している場合が多いです。

記載がない場合は直接聞きましょう。

お店の方や出品者の方がわからない場合は、ウェブで調べればキャリアのページに記載されてます。

例えば、ドコモ版Galaxy S9のバンドを知りたければ「ドコモ Galaxy S9 バンド」で検索すると詳細ページが出てくるので対応周波数もしくはバンドという項目を探します。

そうすると画像のように見つかりましたね。

ドコモの場合はPREMIUM 4Gという項目で複数のバンドの組み合わせが書かれていましたがそれは無視で大丈夫です。

基本的な単一の対応バンドを見てください。

これで中古スマホがワイモバイルの重要バンドであるバンド1,3,8に対応していれば大丈夫です。

ワイモバイルに乗換えるならオンラインショップがおすすめ

最後にワイモバイルへお得に乗換えるオススメの方法をご紹介します。

それはワイモバイルオンラインショップを利用します。



ワイモバイルオンラインショップは

ワイモバイルショップやヤマダ電機などの家電量販店に比べて

以下のようなメリットがあります。

・頭金が安い
・24時間利用可能で、待ち時間なし
・不要なオプション加入の必要なし
・在庫が豊富
・オンラインショップ限定、OUTLETやタイムセールあり

如何ですか?店頭に比べてかなりメリットが多いと思いませんか?

1つづつ詳しくご紹介していきましょう!

頭金が安い


店頭がスマホの料金表を見ると頭金というものが設定されているかと思います。

この部分です。



頭金というと、高額商品を購入する際の支払い料金の一部と思っている人も多いでしょうが

携帯業界の場合は、頭金というと店舗へ支払う購入手数料の事だったりします。

ですので、オンラインショップでは店舗と比べて人件費がかからない為、

この頭金が安いです。

ショップでは頭金が10800円なのに対して、

同じ商品をオンラインショップでみると頭金が540円 になっています。



店頭が10800円なのに対して、オンラインショップは540円となってます。

約1万円近くおやすくなりますね!

機種や店舗により、頭金にちがいはありますが、ワイモバイルオンラインショップは

店頭と比べて人件費がかからないので最安値の事が多いです。

店頭よりお安く購入できるのが、オンラインショップの1つ目のメリットです。

不要なオプション加入の必要なし

頭金に続いてはオプションについてです。

ショップによっては、オプションに加入する事を義務付けていたり

オプションに加入する事で頭金をオンラインショップと同じ金額にしている店舗もあります。

こちらの店舗では価格表にこんな風に書いてあります。



頭金はオンラインショップと同じなのですがオプション加入を条件としています。

そんなオプション加入をしなくてもワイモバイルオンラインショップならお安い頭金で購入できます。

24時間利用可能で、待ち時間なし




ワイモバイルショップはまだまだ数も少ないです。

ですので、店舗はいつも混雑している事が多く

2~3時間待ちという事も多々あります。

オンラインショップならネットに繋がりさえすれば、

24時間日本全国どこからでも利用可能で煩わしい待ち時間は一切ありません。

お忙しい方はもちろん、

時間を有効的に使えるので、オンラインショップは非常にお勧めです。

在庫が豊富


ワイモバイルショップって、小さい所がおおいですよね?

ドコモやauなどはカウンターがいくつもあって、子供の遊ぶところまで完備しているようなところが多いですが、

ワイモバイルショップはカウンターが1つ2つなんて店舗も多々あるでしょう。

それだけ、店舗が狭いとやっぱりバックヤードも狭く、

あまり在庫をかかえてない事が多いです。

スマホなら欲しい機種がなく、予約という事が多かったり

iPhoneなどなら、希望のカラーがなく、説得されて違う色にするなんて事もあるかもしれません。

在庫の事を考えてもおすすめはオンラインショップです。

オンラインショップなら、広い倉庫に大量の在庫が用意されてます。

もし在庫がなくても、すぐに取り寄せてくれます。

在庫の心配なく、安心してほしい機種を購入する事ができるでしょう。

オンラインショップ限定、OUTLETやタイムセールあり



そしてワイモバイルオンラインショップの

目玉企画の1つがの限定商品です。

とにかく安いスマホを探している人などにはおすすめです。

タイムセールだと5円の機種などがあります。



一度覗いてみると面白いかと思います。

困ったらチャット相談


ただ、あんまりオンラインで買い物をしたことない。

楽天やAmazonくらいでしか、買い物したことなくて、はじめてつかうサイトで買い物するのは

不安だったり、分からないという人もいるでしょう。

大丈夫です。そんな方の為にワイモバイルではチャット相談を受け付けています。



購入方法で不安な事があったらこちらで相談すれば答えて貰えます。

サイト使い方以外にも

料金プランやスマホについて何か不安があればこちらで相談にのって貰う事ができます。

ですので、はじめての方やネットでのお買い物に慣れていない人でも

使う事ができると思います

ワイモバイル買うならオンラインショップがおすすめ


ここでもう一度ワイモバイルとワイモバイルオンラインショップについて漫画で見てみましょう。





携帯代金を安くするなら

おすすめはワイモバイルです。

またワイモバイルに乗換えるならオンラインショップがお勧めです!



-Y!mobile(ワイモバイル)
-,

Copyright© iPhoneF@n(iPhone以外もドコモやau、楽天などスマホ情報多め) , 2020 All Rights Reserved.