プロバイダのおすすめランキング20選|速度や料金、ゲームの快適度で徹底比較!

プロバイダ おすすめ 光回線

インターネットの接続には光回線とプロバイダが必要で両方の契約が別々に必要ですが、光回線とプロバイダがセットになった光コラボレーションモデル(以降「光コラボ」)はひとつの契約でインターネット接続が可能です。

こういったことから、光回線とプロバイダがどう違うのかよくわかっていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この記事では、プロバイダだけでなく、光回線も含めた解説をしています。

以下の表では、おすすめのプロバイダをご紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

回線名キャンペーンと
おすすめの点
公式ページ
ドコモ光 ロゴスマホセット割で毎月最大1,100円割引
最大25,000円のキャッシュバック(1ギガ)最大40,000円のキャッシュバック(10ギガ)
Dポイント2,000~17,000Pプレゼント
工事費無料
WiFiルーター無料レンタル
ドコモ光はこちら

※更新日:2024年4月03日

回線名キャンペーンと
おすすめの点
公式ページ
ソフトバンク光新規申し込みで40,000円キャッシュバック
他者転用・事業者変更:19,000円
工事費実質無料
他社解約違約金を最大100,000円負担
ソフトバンク、Y!mobileユーザーは毎月最大1,100円割引
10ギガ500円で開始可能
ソフトバンク光の公式ページはこちら

※更新日:2024年4月03日

回線名キャンペーン
おすすめの点
公式ページ
auひかり ロゴ72,000円キャッシュバック
通信速度が比較的速い
開通月月額料金が無料
auスマホ、UQモバイルのセット割あり
工事費用が実質無料
auひかりはこちら

※更新日:2024年4月03日

回線名キャンペーンと
おすすめの点
申し込みページ
hi-hoひかり with games ロゴ31日間基本料金無料
月額550円割引(ゲーム始める割)
hi-hoひかり with gamesの
公式ページ
はこちら

2024年4月03日

【目次】クリックで見出しに飛びます

光回線のプロバイダとは?

プロバイダとは「ISP(Internet Servise Proider)」ともいい、その言葉の通り、インターネットサービスを提供する事業者のことです。

インターネットを利用するには、回線事業者とプロバイダを契約し、月額料金を支払う必要があります。

一方、光コラボと呼ばれるものは、光回線とプロバイダがひとつのセットになったサービスなので、光コラボを契約すればインターネットが利用できて、問い合わせの窓口もひとつで済むこともメリットです。

プロバイダについてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

プロバイダを選ぶ時に比較すべきポイントは?

プロバイダには以下の6つのポイントを押さえておくと失敗することが少なく、選べるのでぜひ参考にしてみてください。

  • Point①提供エリアのチェックが最優先
  • Point②プロバイダ独自のキャンペーンや特典はあるか
  • Point③プロバイダ料が基本料金に含まれているか
  • Point④サポートの評判や口コミも要チェック!
  • Point⑤プロバイダごとの速度の差はそこまで気にしなくてOK
  • Point⑥IPv6への対応状況はしっかりと確認しよう!

Point①提供エリアのチェックが最優先

特にプロバイダには対応できる光回線や、光回線には提供できるエリアが限られている場合もあり、提供エリアを押さえていないとそもそも使えないので注意しましょう。

こちらでは、以下の光回線の提供エリアについて解説していきます。

  • フレッツ光・光コラボ
  • 独自回線
  • 電力系光回線

フレッツ光・光コラボ

フレッツ光はNTTが提供する光回線サービスで、「光コラボ」はフレッツ光の回線を使っているので、フレッツ光とともに、全国で利用可能です。

光コラボはドコモ光ソフトバンク光などが挙げられます。

フレッツ光・光コラボの提供エリア
  • 日本全国で利用可能

独自回線


独自回線は、一部のエリア限定で利用可能な光回線で、auひかりNURO光が挙げられます。

提供エリアについては以下の通りです。

KDDI系列の提供エリア
  • auひかりは沖縄を除く46都道府県
  • auひかりちゅらは沖縄のみ提供

NURO光は以下のエリアで提供していますが、フレッツ光やauひかりに比べて提供範囲は限られています。

NURO光の提供エリア
  • 北海道
  • 関東(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県)
  • 東海(愛知県、静岡県、岐阜県、三重県)
  • 関西(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県)
  • 中国(広島県、岡山県)
  • 九州(福岡県、佐賀県)

電力系光回線

電力系光回線は電気やガスなどを提供している地域限定で利用可能な光回線サービスです。

インフラサービスの提供地域を対象にしている、以下のようなサービスが例として挙げられます。

電力系光回線の例
  • さすガねっと(関西エリア)
  • コミュファ光(東海エリア)
  • メガ・エッグ光(中国エリア)
  • ピカラ光(四国エリア)
  • BBIQ(九州エリア)

Point②プロバイダ独自のキャンペーンや特典はあるか

プロバイダを別途用意する必要があるフレッツ以外はプロバイダによって基本料金が変わることはないので、プロバイダキャンペーンがあるかどうかは重要なポイントです。

プロバイダは申し込み時にキャッシュバックや割引などのキャンペーンを実施している場合もあるので、料金面でのメリットがありおすすめです。

キャンペーンとしては乗り換え時の解約違約金を負担、スマホセット割、Wi-Fiが無料レンタルできるなど、プロバイダによっても様々あります。

Point③プロバイダ料が基本料金に含まれているか

インターネットを利用するには、回線事業者とプロバイダを契約し、月額料金を支払う必要があります。

一方、光コラボと呼ばれるものは、光回線とプロバイダがひとつのセットになったサービスなので、光コラボを契約すればインターネットが利用できて、問い合わせの窓口もひとつで済むこともメリットです。

そのため、光回線とプロバイダがひとつのセットになったサービスを選択することをおすすめします。

Point④サポートの評判や口コミも要チェック!

プロバイダ選びには、サポートがきちんとしているかどうかは大切なポイントで、万が一の時にでも、トラブルを最小限に抑えられます。

サポートがきちんとしているかどうかは以下の2点を押さえるとよいでしょう。

サポートで抑えるポイント
  • 24時間365日の対応
  • プロバイダと回線事業者の窓口が同じ

プロバイダと回線事業者の窓口が同じことにより、たらい回しになることがないのがメリットです。

また、評判の良いプロバイダかどうかは以下の3つのポイントを押さえるとよいでしょう。

評判で抑えるポイント
  • スマホセット割引がある
  • 通信が安定していて遅くない
  • キャッシュバックの条件が分かりやすい

Point⑤プロバイダごとの速度の差はそこまで気にしなくてOK

インターネットの速度は利用する光回線によって変わるので、速度に関しては、光回線業者の方を重視した方がよいでしょう。

同じ光回線サービスを利用している上では、プロバイダによって出る速度の違いは、それほど大きくありません。

ただし、次に説明するIPv6については押さえておいてください。

Point⑥IPv6への対応状況はしっかりと確認しよう!

プロバイダを利用する上で、プロバイダ同士に速度の差はほとんどないことは説明しましたが、IPv4通信かIPv6通信かどうかで通信の速度や安定性が変わってきます。

とはいえ、現在はほとんどのプロバイダがIPv6に対応していますが、IPv4しか対応していないプロバイダも存在するので、IPv6対応かどうかは確認しておきましょう。

また、IPv6に対応しているプロバイダでも、IPv6の利用には別途申し込みが必要な場合もあるので、あわせて確認するようにしましょう。

IPv6ってなに?

「IPv6」は、「IPv4」に次ぐ最新のインターネットプロトコルの規格です。IPv6はIPv4でのIPアドレスの枯渇の問題などを背景に開発されました。

IPアドレスは、インターネット上での住所のようなもので、IPアドレスでどこからどこへデータを送信するのが確定してはじめてインターネット上での通信が可能になります。

IPv4のIPアドレスは約43億個に限られるのに対し、IPv6では約340澗個(340兆の1兆倍の1兆倍)のIPアドレスが使用可能が利用でき、事実上、無限大にIPアドレスを割り当てできます。

また、IPv6では、「IPoE」による新しい接続方式が利用可能で、従来の「PPPoE」による接続方式と比べると、高速に通信できます

道路で例えると、従来のPPPoE方式では車線が少なく混雑が起きやすいのに対し、新方式のIPoE方式は車線が増えて渋滞が解消されるイメージです。

IPv6対応のサービスへのりかえることで、通信速度の向上と安定が期待できます。

IPv4について更に詳しくみる

IPv6について更に詳しくみる

おすすめ 光回線 バナー

フレッツ光でおすすめのプロバイダはどこ?

光回線には、戸建てタイプとマンションタイプがあり、それぞれに契約するプランが違います。

この章ではフレッツ光の以下の内容を解説していきます。

  • フレッツ光(戸建てタイプ)におすすめのプロバイダを比較
  • フレッツ光(マンションタイプ)におすすめのプロバイダを比較
  • フレッツ光のプロバイダは「BB.excite」がおすすめ!

フレッツ光(戸建てタイプ)におすすめのプロバイダを比較

スクロールできます
プロバイダ(戸建てタイプ)プロバイダの
最低利用期間
フレッツ光の料金
(光ネクストの場合)
プロバイダ料金
※1
合計金額※2
BB.exciteなし【NTT東日本エリア】
6,270円
【NTT西日本エリア】
5,940円
770円【NTT東日本エリア】
7,040円
【NTT西日本エリア】
6,710円
ASAHIネットなし858円【NTT東日本エリア】
7,128円
【NTT西日本エリア】
6,789円
WAKWAK割引を適用させた場合には
2年(違約金550円)
1,045円【NTT東日本エリア】
7,315円
【NTT西日本エリア】
6,985円
DTIなし1,046円【NTT東日本エリア】
7,316円
【NTT西日本エリア】
6,986円
@nifty光2年または3年1,100円【NTT東日本エリア】
7,370円
【NTT西日本エリア】
7,040円

※更新日:2024/04/17
※1:「フレッツ光ネクスト プロバイダパック」に加入した場合の金額
※2:合計金額は戸建てのスマートタイプ回線料金+プロバイダ料の合算

プロバイダの月額利用料金は「BB excite」が一番低いので、月のランニングコストを抑えられます。

最低利用料金は「@nifty光」が2年契約プランと3年契約プランがありますが、それ以外は基本的に最低利用料金はありません。

ただし、「WAKWAK」は割引を適用させた場合には2年以内の解約をすると、違約金として「550円」が発生するので注意しましょう。

フレッツ光(マンションタイプ)におすすめのプロバイダを比較

スクロールできます
プロバイダ(戸建てタイプ)プロバイダの
最低利用期間
フレッツ光の料金
(光ネクストの場合)
プロバイダ料金
※1
合計金額※2
BB.exciteなし【NTT東日本エリア】
3,685円
【NTT西日本エリア】
3,520円
770円【NTT東日本エリア】
4,455円
【NTT西日本エリア】
4,320円
ASAHIネットなし858円【NTT東日本エリア】
4,543円
【NTT西日本エリア】
4,378円
WAKWAK割引を適用させた場合には
2年(違約金550円)
1,045円【NTT東日本エリア】
4,730円
【NTT西日本エリア】
4,565円
DTIなし1,046円【NTT東日本エリア】
4,731円
【NTT西日本エリア】
4,566円
@nifty光2年または3年1,100円【NTT東日本エリア】
4,785円
【NTT西日本エリア】
4,620円

※更新日:2024/04/17
※1:「フレッツ光ネクスト プロバイダパック」に加入した場合の金額
※2:合計金額は戸建てのスマートタイプ回線料金+プロバイダ料の合算

プロバイダの月額利用料金は戸建てプランと同じく、「BB excite」が一番低いので、月のランニングコストを抑えられます。

「@nifty光」は2年契約プランと3年契約プランがありますが、それ以外は基本的に最低利用料金はありません。

「WAKWAK」はマンションタイプでも、割引を適用させた場合には2年以内の解約をすると、違約金として「550円」が発生するので注意しましょう。

フレッツ光のプロバイダは「BB.excite」がおすすめ!

プロバイダの月額料金は1,000円前後が相場ですが、BB.exciteは770円と、他と比較しても安く利用でき、契約期間の縛りも解約金もないので、どのタイミングで解約しても無料で解約できるというのもポイントです。

BB.exciteは高速通信可能なIPv6に対応しており、exciteモバイルといった様々なサービスもある、20年以上の運営実績があり「信頼」と「安心」があるプロバイダです。

通信速度や費用、信頼性においても、フレッツ光で利用するプロバイダには、「BB excite」をおすすめします。

BB exciteのプロバイダの申し込みはこちら!

光コラボでおすすめのプロバイダランキング ベスト5!

NTTのフレッツ光とプロバイダがセットになっている光コラボについて以下の5つを1位から順番に解説していきます。

光コラボの特典として、スマホのセット割が利用できる場合が多いので、利用しているスマホとセット割できるかどうかも併せて判断材料にしてみてください。

スクロールできます
@nifty with ドコモ光ソフトバンク光ビッグローブ光So-net光プラスGMOとくとくBB×光アクセス
基本料金【戸建て】
5,720円
【マンション】
4,400円
【戸建て】
5,720円
【マンション】
4,180円
【10ギガ】
6,380円
【戸建て】
5,478円
【マンション】
4,378円
【戸建て】
6,138円
【マンション】
4,928円
【戸建て】
4,818円
【マンション】
3,773円
実際の料金※1【戸建て】
3,716円
【マンション】
2,396円
【戸建て】
3,933円
【マンション】
2,393円
【10ギガ】
3,188円
【戸建て】
3,568円
【マンション】
2,581円
【戸建て】
3,651円
【マンション】
2,441円
【戸建て】
4,770円
【マンション】
3,726円
契約期間2年2年3年2年2年
公表している速度最大1Gbps1ギガ:1Gbps
10ギガ:10Gbps
最大1Gbps最大1Gbps最大1Gbps
実際の通信速度※2下り: 230.38Mbps
上り: 286.97Mbps
下り: 311.65Mbps
上り: 342.55Mbps
下り: 245.25Mbps
上り: 259.38Mbps
下り: 225.82Mbps
上り: 264.64Mbps
下り: 244.07Mbps
上り: 295.42Mbps
スマホの
セット割引
ドコモスマホとセットで毎月最大1100円割引
(離れて住んでいる家族も対象)
ソフトバンク、ワイモバイルスマホの通信料月々1,100円割引au・UQモバイルのセット割引で毎月最大1,100円割引
ビッグローブモバイルのセット割引で毎月最大220円割引
auスマホのセット割:毎月最大1100円割引
UQモバイルのセット割:毎月最大858円割引
なし
契約事務手数料3,300円3,300円3,300円3,500円3,300円
初期工事費【戸建て】
22,000円(特典で実質無料)
【マンション】
22,000円(特典で実質無料)
【戸建て】
31,680円(特典で実質無料)
【マンション】
31,680円(特典で実質無料)
【戸建て】
28,600円
【マンション】
28,600円
【戸建て】
26,400円(特典で実質無料)
【マンション】
26,400円(特典で実質無料)
【戸建て】
26,400円(特典で実質無料)
【マンション】
25,300円(特典で実質無料)
【出張工事なし】
2,200円
キャッシュバック最大20,000円のキャッシュバック
dポイント2,000Pプレゼント
【10ギガ】
35,000円キャッシュバック
dポイント17,000Pプレゼント
最大40,000円キャッシュバック
10ギガは月額料金が6ヶ月間500円
ホームゲートウェイ6ヶ月間無料
特典A:40,000円キャッシュバック
or
特典B:12ヶ月間1,628円/月割引き

ビッグローブ光テレビを同時申し込みの場合10,000円キャッシュバック

★4月18日まで1ギガ10ギガともにCB増額★
戸建て;20,000円/マンション:17,000円
最大50,000円のキャッシュバック最大102,000円

↓内訳↓
新規&乗り換え:5,000円
違約金負担:60,000円
10ギガ:10,000円
オプション同時加入:27,000円
(光電話5,000円、光テレビ20,000円、指定オプション)
その他の
キャンペーン
新規工事費無料
パケットパック毎月最大3,850円割引
同一シェアグループ内に2回線以上の 「ドコモ光」契約がある場合、
2回線目以降の1回線あたり毎月330円割引

WiFiルーターは無料レンタル可能
他社への違約金・撤去費負担(10万円)
開通までWiFiルーター無料貸出
オプション初月無料
工事費実質無料
新規工事費無料
開通月月額料金無料
新規工事費無料
訪問設定サポート無料
WiFiルーターが無料
セキュリティソフト無料
工事費無料
WiFiルーターが無料レンタル

※更新日:2024/04/17
※1 光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度→みんなのネット回線速度から引用

1位:@nifty with ドコモ光|ドコモユーザーにおすすめ!

ドコモ光×@nifty
月額料金戸建て:5,720円
マンション:4,400円
実際の月額料金
※1
戸建て:3,924円
マンション:2,604円
公表している通信速度最大1Gbps
実際の通信速度
※2
下り: 230.38Mbps
上り: 286.97Mbps
Ping値: 14.55ms
契約期間2年
事務手数料3300円
工事費用工事あり:22,000円
屋内配線がある:11,660円
立ち合い工事無し:3,300円
スマホセット割引ドコモスマホとセットで毎月最大1100円割引
(離れて住んでいる家族も対象)
キャンペーン最大20,000円のキャッシュバック
10ギガは35,000円キャッシュバック
Dポイント2,000Pプレゼント
10ギガ契約でDポイント17,000Pプレゼント
その他の特典新規工事費無料
パケットパック毎月最大3,850円割引
同一シェアグループ内に2回線以上の 「ドコモ光」契約がある場合、
2回線目以降の1回線あたり毎月330円割引

WiFiルーターは無料レンタル可能

※更新日:2024年4月03日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

ドコモ光」とは、月額4,400円から利用できるドコモが提供するプロバイダ一体型の光インターネットサービスで、10ギガプランもあり、高画質、大容量コンテンツも快適に楽しめます。

「ドコモ光」は、プロバイダを複数社の中から自由に選べるので、「ドコモ光」公式キャンペーンのdポイントプレゼント特典だけでなく、プロバイダの特典も受け取り可能です。

ドコモ光公式キャンペーン
  • ドコモ光1ギガの申し込みで、dポイント2,000ptプレゼント
  • ドコモ光10ギガの申し込みで、dポイント17,000ptプレゼント

プロバイダの特典は、セキュリティオプションサービスをお得に使えたり、Wi-FiルーターまたはWi-Fi中継機が無料、リモートサポート・訪問サポートが初回1回無料などがあります。

また、ドコモユーザーであれば、ドコモ光とスマホをセットにすることで、月額最大で1,100円割引されます。

この割引は、「ドコモ光」契約者と同一「ファミリー割引」グループ内のスマホも割引の対象となるので、家族全体のスマホの料金が安くなるのでランニングコストの大幅な削減も可能です。

ドコモ光は、申し込む代理店によってはキャッシュバックを受け取れるので、代理店から申し込むとよりお得になります。

@nifty with ドコモ光は、1ギガを申し込むと20,000円キャッシュバック、10ギガは35,000円キャッシュバックを受け取れる上に、ドコモ公式の特典やプロバイダの特典も受け取れるのでおすすめです。

@nifty with ドコモ光の公式ページ→https://setsuzoku.nifty.com/

ドコモ光の口コミや評判はこちら
ドコモ光のキャッシュバックはこちら
ドコモ光のキャンペーンはこちら
ドコモ光のメリットでデメリットはこちら

2位:ソフトバンク光|ソフトバンク・ワイモバイルユーザーにおすすめ!

ソフトバンク光(株式会社STORY)
月額料金戸建て:5,720円
マンション:4,180円
10ギガ:6,380円
実際の月額料金
※1
戸建て:3,910円
マンション:2,370円
10ギガ:3,188円
公表している通信速度1ギガ:1Gbps
10ギガ:10Gbps
契約期間2年
事務手数料3,300円
工事費用<「工事費サポート はじめて割」適用で0円>
立ち合い工事必要:31,680円
立ち合い工事不要:4,620円
スマホセット割引ソフトバンク、ワイモバイルスマホの
通信料月々1,100円割引
キャンペーン最大40,000円キャッシュバック
転用、事象者変更は19,000円キャッシュバック
10ギガは月額料金が6ヶ月間500円&
ホームゲートウェイ6ヶ月間無料
その他の特典他社への違約金・撤去費負担(10万円)
開通までWiFiルーター無料貸出
オプション初月無料
工事費実質無料

※更新日:2024年4月03日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

ソフトバンク 光」は、月額4,180円から利用でき、便利なオプションサービスやYahoo! JAPANの特典が満載の超高速の自宅の光インターネット接続サービスのことです。

乗り換えの違約金の還元や工事費実質無料など他社から乗り換える際にも安心できる特典もあるので、特典は最大限利用するようにしましょう!

ソフトバンク光は代表的な他の光コラボ回線と比べても通信速度が速いため、家族全員が同時にネットにアクセスしたり、オンラインゲームの際もストレスなく利用できるのでおすすめです。

ソフトバンク光の利用に併せて、「おうち割光セット」という割引により、ソフトバンクまたはワイモバイルのスマホとソフトバンク光のセットでスマホが最大月額1,100円割引になるので、ランニングコストの削減も可能です。

ソフトバンク光は、申し込む代理店によってはキャッシュバックを受け取れるので、正規からではなく、代理店から申し込むとよりお得になります。

正規代理店のSTORYは最大40,000円キャッシュバックがあるので、申込の際は正規代理店の株式会社STORYからの申し込みがおすすめです。

キャッシュバックの受け取りには有料オプションへの加入が不要かつ、手続きは契約後の電話で完結し、ソフトバンク光開通後、最短で2ヶ月後には、指定の口座に現金で振り込まれます。

このように有料オプションの加入が不要で手続きもシンプル、比較的高額なキャッシュバックを受け取りやすい代理店です。

ソフトバンクやワイモバイルのスマホをを利用したい方には、ソフトバンク光をおすすめします。

ソフトバンク光×STORYの公式ページ→https://acdg.hikari-softbank.jp/

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

3位:ビッグローブ光|高額キャッシュバック&月額料金が大幅割引!

ビッグローブ光
月額料金【1ギガ】
戸建て:5,478円
マンション:4,378円

【10ギガ】
戸建て:6,270円
マンション:6,270円
実際の
月額料金 ※1
【1ギガ】
戸建て:3,568円
マンション:2,581円

【10ギガ】
戸建て:3,283円
マンション:2,904円
公表している
通信速度
最大1Gbps
実際の通信速度
※2
【1ギガ】
下り: 245.25Mbps
上り: 259.38Mbps
Ping値: 17.09ms
契約期間3年
事務手数料3,300円
工事費用新規(1ギガ)は3年契約で実質無料
新規(10ギガ)は2年契約で実質無料
屋内配線工事あり:28,600円
屋内配線工事なし:18,260円
立ち合い工事無し:3,300円
土日祝は別途3,300円必要
ひかり電話工事1,100円
スマホセット割引au・UQモバイルのセット割引で毎月最大1,100円割引
ビッグローブモバイルのセット割引で毎月最大220円割引
キャンペーン【1ギガ】
特典A:40,000円キャッシュバック
or
特典B:12ヶ月間1,628円/月割引き

【10ギガ】
40,000円キャッシュバック
+
12ヶ月間月額料金割引き(戸建て792円/マンション1,892円)

★4月18日まで1ギガ10ギガともにCB増額★
戸建て;20,000円/マンション:17,000円
その他の特典新規工事費無料
開通月月額料金無料(1ギガ/10ギガともに)
ビッグローブ光テレビを同時申し込みの場合10,000円キャッシュバック
10ギガは1年間月額料金値引き(1ギガの金額)
1ギガルーター1年間無料 (月額550円)

※更新日:2024年4月03日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

BIGLOBE光は月額4,378円から利用でき、プロバイダである「BIGLOBE」が提供している光コラボサービスです。

BIGLOBE光はオプションの申し込みなしでキャッシュバックは40,000円に加えて、月額料金の割引やBIGLOBE光テレビを同時に申し込みで10,000円の追加キャッシュバック、工事費無料など様々な特典があります。

ただし、キャッシュバックと月額料金の割引は併用できず、どちらかを選択する必要がある点は押さえておきましょう。

スマホと光でんわとBIGLOBE光をセットにすることで、auのスマホであれば、最大1,100円の割引される「auスマートバリュー」、UQモバイルのスマホであれば、最大858円の割引される「自宅セット割」が適用されます。

また、BIGLOBEモバイルでも毎月200円のセット割引ができますが、スマホセット割の適用には光電話の申し込みが条件になるという点は注意が必要です。

この割引により、グループ内のスマホも割引の対象となるので、家族全体のスマホの料金が安くなるのでランニングコストの大幅な削減も可能です。

BIGLOBE光はIPv6通信については、専用の機器の用意は不要ですが、BIGLOBE光が開通してから申し込みが必要なので注意しましょう。

高額なキャッシュバックや割引特典、友達紹介キャンペーン、スマホの割引といった、金銭的にお得な還元を受けたい方は、BIGLOBE光をおすすめします。

BIGLOBE光の公式ページ→https://join.biglobe.ne.jp/

4位:So-net光プラス|au・UQモバイルユーザーにおすすめ!

So-net光プラス
月額料金戸建て:6,138円
マンション:4,928円
実際の月額料金
※1
戸建て:3,651円
マンション:2,441円
公表している
通信速度
最大1Gbps
実際の通信速度
※2
下り: 225.82Mbps
上り: 264.64Mbps
Ping値: 16.63ms
契約期間2年
事務手数料3,500円
工事費用<実質無料>
戸建て:26,400円
マンション:26,400円
スマホセット割引auスマホのセット割:毎月最大1100円割引
UQモバイルのセット割:毎月最大858円割引
キャンペーン最大50,000円のキャッシュバック
その他の特典新規工事費無料
訪問設定サポート無料
WiFiルーターが無料
セキュリティソフト無料

※更新日:2024年4月03日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

So-net光プラスは4,928円から利用でき、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供している光コラボのサービスで、プロバイダにSo-net、回線網はフレッツ光なので、信頼度の高いサービスです。

また、So-net光プラスのキャッシュバックは50,000円と高額であり、開通工事費を実質無料、「S-SAFE」というセキュリティソフトを無料で使えたり、設定訪問サポートを無料で利用できたりと特典が豊富です。

S-SAFEとは

ウイルスやトロイの木馬、ランサムウェアに対するセキュリティ機能や、プライバシーの保護をしてくれるので、利用しているインターネットに接続する機器のセキュリティを高められます。

さらに、Wi-Fiは、So-net光プラス申し込み時に同時にレンタルを申し込むことで、月額料金550円が永年無料になるので、Wi-Fiを新たに用意する方には、費用を抑えられるというメリットのひとつになるでしょう。

他にも、スマホとSo-net光プラスをセットにすることで、auのスマホであれば、最大1,100円の割引される「auスマートバリュー」、UQモバイルのスマホであれば、最大858円の割引される「自宅セット割」が適用されます。

この適用には光電話の申し込みが条件になるという点は注意が必要です。

一方、NUROモバイルとのセット割引を適用する場合に限り、So-net光プラスの光電話に加入する必要がなくなるため、光電話を利用しない場合には、NUROモバイルに乗り換えの検討もしてみてください。

光コラボを利用したい方で、auやUQモバイル、NUROモバイルといったスマホセット割を適用させたい方には、So-net光プラスをおすすめします。

So-net光プラスの公式ページ→https://www.so-net.ne.jp/

5位:GMOとくとくBB×光アクセス|格安SIMとのセットにおすすめ!

GMOとくとくBB GMO光アクセス
月額料金戸建て:4,818円
マンション:3,773円
実際の月額料金
※1
戸建て:4,770円
マンション:3,726円
公表している
通信速度
最大1Gbps
実際の通信速度
※2
下り: 244.07Mbps
上り: 295.42Mbps
Ping値: 18.75ms
契約期間なし
事務手数料3,300円
工事費用戸建て:26,400円(特典で実質無料)
マンション:25,300円(特典で実質無料)
出張工事なし:2,200円
スマホセット割引なし
キャンペーン最大102,000円

↓内訳↓
新規&乗り換え:5,000円
違約金負担:60,000円
10ギガ:10,000円
オプション同時加入:27,000円
(光電話5,000円、光テレビ20,000円、指定オプション)
その他の特典工事費無料
WiFiルーターが無料レンタル

※更新日:2024年4月03日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

GMOとくとくBB×光アクセス」とは、月額3,773円から利用できる光アクセスが提供するプロバイダ一体型の光インターネットサービスで、10ギガプランもあり、紹介してきた他の光回線に比べて月額費用が安いサービスです。

GMOとくとくBB×光アクセスでは、契約者に対して最大102,000円のキャッシュバックがあります。

5,000円キャッシュバックか乗り換えの違約金還元を利用するかどちらかを選択して、オプションに申し込むと追加でキャッシュバックをもらえるものなので、乗り換えに伴って費用が発生した方は還元を受ける方がお得でしょう。

オプションキャッシュバックの内訳
  • GMOひかりTVの申し込みで20,000円キャッシュバック
  • GMOひかり電話の申し込みで4,000円キャッシュバック
  • インターネット安心セキュリティ、スマホトラブルサポート+の申し込みで2,000円キャッシュバック

ただし、乗り換えによるキャッシュバックは、他社で契約している光回線の解約違約金の負担を軽減できるため、非常に魅力的な特典ですが、事業者変更や転用の場合、特典対象外なので、注意が必要です。

また、オプション加入キャッシュバックは、指定オプションを申し込みが必要なので、乗り換えの費用発生はなく、オプションを申し込みをしない場合には、5,000円のキャッシュバックのみになってしまいます。

GMOとくとくBB×光アクセスにはスマホセット割のキャンペーンがないため、スマホセット割を適用したい場合は、ソフトバンク光やドコモ光、auひかり、次に解説するNURO光などの光回線サービスを利用するとよいでしょう。

とはいえ、GMOとくとくBB×光アクセスは、月額費用も安いので、格安スマホを利用している方におすすめのサービスです。

GMOとくとくBB×光アクセスの公式ページ→https://gmobb.jp/

オンラインゲームにおすすめな光回線プロバイダランキング ベスト3

オンラインゲームには、ラグが許されないゲームが存在しますが、ラグはパソコンやスマホなどのデバイスの処理速度以外にも光回線の通信速度や安定性は大きなポイントです。

この章ではオンラインゲームにおすすめな光回線プロバイダについて以下の3つを紹介します。

スクロールできます
hi-ho光 with gamesGMOとくとくBB×auひかりFON光
基本料金戸建て:6,710円
マンション:5,390円
10ギガ:8,140円
【戸建て】
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
【マンション】
4,455円~5,500円
2ギガ:4,378円
10ギガ:4,928円
実際の料金※1戸建て:6,889円
マンション:5,486円
10ギガ:8,259円
戸建て:3,796円
マンション:2,496 ~3,498円
2ギガ:3,920円
10ギガ:4,470円
(戸建て・マンション共通)
契約期間2年戸建て:3年
マンション:2年
3年
公表している速度最大1Gbps
(10Gbpsプラン有)
最大1Gbps最大2Gbps
実際の通信速度※2下り: 272.69Mbps
上り: 316.52Mbps
Ping値: 25.26ms
下り: 736.74Mbps
上り: 329.45Mbps
Ping値: 12.88ms
下り: 642.53Mbps
上り: 619.11Mbps
Ping値: 11.11ms
スマホのセット割引なしauスマホでは毎月最大1,100円割引
UQモバイルで毎月最大858円割引
(離れて住んでいる家族も対象)
ソフトバンクスマホと
セットで毎月1,100円割引
契約事務手数料3,300円3,300円3,300円
初期工事費工事あり:22,000円
屋内配線がある:11,660円
立ち合い工事無し:3,300円
戸建て:41,250円(特典で実質無料)
マンション:33,000円(特典で実質無料)
44,000円(特典で無料)
キャッシュバック31日間基本料金無料最大82,000円なし
その他のキャンペーン月額550円割引(ゲーム始める割)他社違約金負担
工事費実質無料
初月基本料無料
ひかり電話
最大35ヶ月無料
新規工事費が実質無料
WiFi利用料無料

※更新日:2024/04/17
※1 光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間”
※2:実際の速度→みんなのネット回線速度から引用

1位:hi-ho光 with games|プロも認めたゲーミング専用回線!

hi-hoひかり with games
月額料金戸建て:6,710円
マンション:5,390円
10ギガ:8,140円
実際の月額料金
※1
戸建て:6,889円
マンション:5,486円
10ギガ:8,259円
公表している
通信速度
最大1Gbps
(10Gbpsプラン有)
実際の通信速度
※2
上り: 316.52Mbps
下り: 272.69Mbps
契約期間2年
事務手数料3300円
工事費用工事あり:22,000円
屋内配線がある:11,660円
立ち合い工事無し:3,300円
スマホセット割引なし
キャンペーン31日間基本料金無料
その他の特典月額550円割引(ゲーム始める割)

※更新日:2024年4月03日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

hi-hoひかり with gamesは5,390円から利用できる光コラボですが、hi-hoひかり with gamesユーザーのみが利用できる、専用帯域が用意されているので、光コラボでありながら、通信速度の向上が見込めます。

そのため、ラグが許されないオンラインゲームをする方、インターネットの環境を改善したい方には、「hi-hoひかり with games」がおすすめで、現在申し込むと31日間月額料金無料になる特典があります。

実際にhi-hoひかり with gamesには「VARREL」や「CREST GAMING」など、複数のプロe-スポーツチームへのスポンサー提供・回線導入実績があるなど、プロゲーマーにも認められている、高品質・高速な光回線です。

ただし、hi-ho ひかり with gamesは毎月定員数を設けているので、定員オーバーとなった場合は翌月以降に申込みが必要なので、申し込む方は、利用開始タイミングが定員の空き次第になる点は押さえておきましょう。

hi-hoひかり with gamesのルーターにはゲーミング専用ルーターを利用でき、以下のようなスペックを備えていることでも速い通信を実現します。

スクロールできます
トライバンドに対応最大速度4.8Gbpsの3つの周波数に対応した無線LAN規格である「トライバンド」に対応しており、最もスムーズに通信ができる帯域を自動で選んで切り替えてくれるため、いつでも快適で高速な通信が実現できる
クアッドコアに対応コア数が多いほど同時に処理できる情報が多くなり、データ通信におけるラグや遅延が小さくなります。
hi-hoひかり with gamesのゲーミング専用ルーターは、理論的には1(シングル)コアの4倍の速度で情報の処理が可能。
最大速度2.5Gbpsの有線接続に対応2.5GbpsのWAN/LANポートに加え全部で5つの有線ポートがあるため、複数の人と回線をシェアしやすい
有線と比べてラグや遅延・速度の低下などが起こりやすくなってしまうので、同一回線を家族で共用している方などは、ルーターと端末をLANケーブルで接続して利用するのがおすすめ

光コラボを利用したいけれども、光コラボの中でも通信速度を重視したいという方には、hi-ho ひかり with gamesをおすすめします。

hi-ho ひかり with games公式ページ→https://games.hi-ho.life/

2位:GMOとくとくBB×auひかり|オンラインゲームに最適な低Ping値プロバイダ!

auひかり×GMOとくとくBB
月額料金【戸建て】
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
【マンション】
4,455円~5,500円
実際の月額料金
※1
戸建て:3,796円
マンション:2,496 ~3,498円
公表している
通信速度
最大1Gbps
実際の通信速度
※2
下り: 736.74Mbps
上り: 329.45Mbps
Ping値: 12.88ms
契約期間戸建て:3年
マンション:2年
事務手数料3,300円
工事費用戸建て:41,250円(特典で実質無料)
マンション:33,000円(特典で実質無料)
スマホセット割引auスマホでは毎月最大1,100円割引
UQモバイルで毎月最大858円割引
(離れて住んでいる家族も対象)
キャンペーンキャッシュバック
最大82,000円
その他の特典他社違約金負担
工事費実質無料
初月基本料無料
ひかり電話
最大35ヶ月無料

※更新日:2024年4月03日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

auひかりの光回線は、KDDIの設備を利用している独自回線であり、フレッツ光よりも利用者が少ないので、混雑しやすい時間帯でも安定して利用可能です。

また、オンラインゲームをする上で大事なパケロスの発生がauひかりでは少なく、速く、安定した通信を実現しているので、オンラインゲームに最適な低Ping値を発揮します。

Ping値とは?

Ping値とはインターネットの応答速度のことで、ms(ミリ秒、ミリセカンド)を単位としています。数値が低ければ低いほど、応答速度が速いということになるため、ping値で比較する際は数値の低い回線を選ぶのがおすすめです。

Ping値の詳しい説明はこちら

光回線をauひかり、プロバイダをGMOとくとくBBにした場合には、最大92,000円のキャッシュバックに加えて、IPv6対応の高性能WiFiルーターを無料でプレゼントしてくれます。

また、他社から乗り換えには最大30,000円還元やスマホセット割など、様々な特典があることもポイントです。

スマホのセット割はスマホと光電話を利用すると、auのスマホであれば、最大1,100円の割引される「auスマートバリュー」、UQモバイルのスマホであれば、最大858円の割引される「自宅セット割」が適用されます。

スマホのセット割の適用条件である、auひかり電話の基本料550円が最大35ヶ月無料なので、auひかり電話を使わない方でもセット割を適用させやすくなっています。

auひかりは沖縄を除く46都道府県で使えるので、速い通信速度を持っている、安定した回線でauやUQモバイルのスマホを使っている方はぜひ、GMOとくとくBB×auひかりを検討してみてください。

auひかり×GMOとくとくBB公式ページ→https://gmobb.jp/

auひかりの評判や口コミはこちら
auひかりのキャンペーンはこちら
auひかりのキャッシュバックはこちら
auひかりの乗り換え方法はこちら

3位:FON光|高速無線LAN(Wi-Fi)を無料で標準装備!

Fon光
月額料金2ギガ:4,378円
10ギガ:4,928円
実際の月額料金
※1
2ギガ:3,920円
10ギガ:4,470円
(戸建て・マンション共通)
公表している
通信速度
最大2Gbps
実際の通信速度
※2
下り: 642.53Mbps
上り: 619.11Mbps
Ping値: 11.11ms
契約期間3年
事務手数料3,300円
工事費用44,000円
(特典で無料)
スマホセット割引ソフトバンクスマホと
セットで毎月1,100円割引
キャンペーン新規工事費が実質無料
WiFi利用料無料

※更新日:2024年4月03日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

Fon光は、4,378円から利用できる、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供している、NURO光の2ギガ回線を利用した光回線サービスです。

NURO光と同じく、他社回線よりも通信速度が出やすく、平均の上り・下りの実測値でも500Mbps以上の高速通信ができるので、よりよい通信速度を求める方におすすめです。

また、Fon光はIPv6に対応しており、従来の光回線よりも帯域が広く、Wi-Fiが標準装備で高速通信の無線LANを利用できるので、回線が混雑しやすい時間でも快適にインターネットを利用できます。

通信速度の面で強みを持つFon光ですが、フレッツ光と比べてサービスの提供エリアが全22都道府県と限定されているので、利用を検討する際はお住まいのエリアが提供エリアか以下の表で確認しておきましょう。

地方対象の都道府県(一部エリアを除く)
北海道北海道
関東東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、
栃木、群馬
東海愛知、静岡、岐阜、三重
関西大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
中国広島、岡山
九州福岡、佐賀

Fon光ではIPv6の利用料が完全無料になっているので、IPv6の高速通信を利用するのに基本使用料以外の費用がかからないところも大きなメリットです。

Fon光にはスマホセット割があり、ソフトバンクのスマホと同時に利用すると、最大1,100円のセット割引が適用されます。

ただし、割引の適用には「NURO光電話」への加入が必要で、これは550円(関西・東海・九州は330円)の月額料金がかかってくるので、家庭の電話が必要のない方には、割引額が下がってしまうという点は押さえておきましょう。

他にも特典として、「ChargeSPOT Pass for Fon光」というサブスクプランも用意されており、国内設置数No.1のバッテリーシェアリングサービスを特別料金で利用できます。

通常ChargeSPOTでバッテリーを借りる場合には、1日あたり480円がレンタルに費用かかりますが、「ChargeSPOT Pass for Fon光」は、サブスクプランなので、5日間360円でレンタル可能です。

スマホのバッテリーを持ち歩く必要がなくなるChargeSPOTを格安で利用できるのはFon光を選ぶポイントの一つではないでしょうか?

ソフトバンクのスマホをお持ちで通信速度を重要視するという方、ChargeSPOTを格安で利用したい方はFon光を検討してみてください。

Fon光の公式ページ→https://fon.ne.jp/fon-hikari/

通信速度が速い独自回線のおすすめプロバイダは?

独自の光回線とは、NTT東日本・NTT西日本以外の回線事業者で、光回線の設備を自社で持っている、インターネットサービスを提供しているものです。

スクロールできます
So-net×auひかりNURO光
基本料金【戸建て】
1~11ヶ月目:980円
12ヶ月目:1,030円
13ヶ月~:4,762円
【マンション】
1~12ヶ月目:980円
13ヶ月目~:2,786円
【戸建て】
2ギガ(2年):5,700円
10ギガ(3年):5,700円
【マンション】
2ギガ(3年契約)2,090〜2,750円
2ギガ(2年契約)2,530〜3,190円
縛りなし :2,970〜3,630円
実際の料金※1【戸建て】
3,665円
【マンション】
2,011円
【戸建て】
2ギガ(2年):3,412円
10ギガ(3年):3,992円
【マンション】
2ギガ(3年契約)1,487〜2,147円
2ギガ(2年契約)1,625〜2,285円
縛りなし :2,065〜2,725円
契約期間戸建て:3年
マンション:2年
2年・3年・縛りなし
公表している速度最大1Gbps2ギガ:最大2Gbps
10ギガ:最大10Gbps
実際の通信速度※2下り: 528.65Mbps
上り: 552.24Mbps
下り: 642.53Mbps
上り: 619.11Mbps
上り(10ギガ):1105Mbps
下り(10ギガ):2712Mbps
スマホのセット割引スマホセット割引 auスマホでは毎月最大1,100円割引
UQモバイルで毎月最大858円割引
(離れて住んでいる家族も対象)
【戸建て】
ソフトバンクスマホとセットで毎月最大1100円割引
NUROモバイルとセットで毎月792円割引
【マンション】
なし
契約事務手数料3,300円3,300円
初期工事費戸建て:41,250円(特典で実質無料)
マンション:33,000円(特典で実質無料)
戸建て&マンション:44,000円
(特典で実質無料)
キャッシュバック基本料金が1年間980円【戸建て】
45,000円キャッシュバック
オプション申し込みで20,000円キャッシュバック
【マンション】
最大25,000円のキャッシュバック
その他のキャンペーン最大47,222円還元
(初期工事費&他社違約金)

ひかり電話
最大35ヶ月無料

LANルーター無料
初月基本料無料
【戸建て】
新規工事費無料
WiFiルーターは無料レンタル可能
他社の違約金を60,000円まで還元
2ヶ月間お試し利用可能
【マンション】
宅内工事費毎月割引で実質0円
設定サポート1回無料

※更新日:2024/04/17
※1 光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間”
※2:実際の速度→みんなのネット回線速度から引用

So-net×auひかり|料金の安さを重視する人におすすめ!

auひかり×ソニーネットワークコミュニケーションズ
月額料金【戸建て】
1~11ヶ月目:980円
12ヶ月目:1,030円
13ヶ月~:4,762円
【マンション】
1~12ヶ月目:980円
13ヶ月目~:2,786円
実際の月額料金
※1
戸建て:3,665円
マンション:2,011円
公表している
通信速度
最大1Gbps
実際の通信速度
※2
下り: 514.19Mbps
上り: 523.31Mbps
Ping値: 14.74ms
契約期間戸建て:3年
マンション:2年
事務手数料3,300円
工事費用戸建て:41,250円(特典で実質無料)
マンション:33,000円(特典で実質無料)
スマホセット割引auスマホでは毎月最大1,100円割引
UQモバイルで毎月最大858円割引
(離れて住んでいる家族も対象)
キャンペーン基本料金が
1年間980円
その他の特典最大47,222円還元

(初期工事費&他社違約金)
ひかり電話
最大35ヶ月無料
LANルーター無料
初月基本料無料

※更新日:2024年4月03日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

So-net×auひかりはKDDIの独自の光回線とソニーネットワークコミュニケーションズのプロバイダ(So-net)により高速インターネットサービスを提供しており、電話やテレビが利用できるオプションサービスもあります。

So-net×auひかりは独自回線を利用しているので、回線が混み合いにくく、快適な通信速度を発揮できます。

So-net×auひかりは、月額料金が1年間980円で利用できる特典があるので、キャッシュバック特典がないものの、かなりお得にインターネットサービスを利用できます。

スクロールできます
戸建ての月額料金イメージマンションの月額料金イメージ
1~11ヶ月目:980円
12ヶ月目:1,030円
13ヶ月~:4,762円
1~12ヶ月目:980円
13ヶ月目~:2,786円

これはキャッシュバックに換算すると、戸建てタイプであれば1年間で約45,000円、マンションタイプは約22,000円相当の特典になるので、お得です。

また、工事費用17,222円の還元、他社違約金の還元最大30,000円、電話サービスが最大19,250円割引されるので、最大額を受け取ると、112,000円相当がお得になります。

さらに、auやUQモバイルユーザーであれば、So-net×auひかりとスマホをセットにすることで、auのスマホであれば、「auスマートバリュー」、UQモバイルのスマホであれば、「自宅セット割」が適用されます。

「auスマートバリュー」は、最大1,100円の割引、「自宅セット割」は最大858円の割引です。

この割引は、グループ内のスマホも割引の対象となるので、家族全体のスマホの料金が安くなるのでランニングコストの大幅な削減も可能です。

auひかりは沖縄を除く46都道府県で使えるので、速い通信速度を持っている、安定した回線でauやUQモバイルのスマホを使っている方はぜひ、So-net×auひかりを検討してみてください。

So-net(ソニーネットワークコミュニケーションズ)×auひかりhttps://www.so-net.ne.j

auひかりの評判や口コミはこちら
auひかりのキャンペーンはこちら
auひかりのキャッシュバックはこちら
auひかりの乗り換え方法はこちら

NURO光|通信速度を重視する人におすすめ!

NURO光
月額料金2ギガ戸建て(2年):5,700円
10ギガ戸建て(3年):5,700円
実際の月額料金
※1
2ギガ戸建て(2年):3,412円
10ギガ戸建て(3年):3,992円
公表している
通信速度
2ギガ:最大2Gbps
10ギガ:最大10Gbps
実際の通信速度
※2
下り: 642.53Mbps
上り: 619.11Mbps
Ping値: 11.11ms

上り(10ギガ):1105Mbps
下り(10ギガ):2712Mbps
契約期間2年・3年
事務手数料3,300円
工事費用戸建て&マンション:44,000円
(特典で実質無料)
スマホセット割引ソフトバンクスマホとセットで毎月最大1100円割引
NUROモバイルとセットで毎月792円割引
キャンペーン45,000円キャッシュバック
オプション申し込みで20,000円キャッシュバック
その他の特典新規工事費無料
WiFiルーターは無料レンタル可能
他社の違約金を60,000円まで還元
2ヶ月間お試し利用可能

※更新日:2024年4月03日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

NURO光とは、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供している、下り最大2Gbpsの独自回線を利用した、高速光ファイバーサービスです。

回線使用料やプロバイダ利用料金、高速無線LAN・セキュリティサービスが全てまとめて月額料金5,700円から利用できます。

また、NURO光は高速通信ができる光回線として有名で、サービス対応エリアが限定されているものの安定した通信を提供しており、NURO光の通信速度はオンラインゲームに求められるレベルの高速な実現しています。

提供エリアは以下の通りなので、NURO光に興味がある方は、一度確認しておいてください。

地方対象の都道府県(一部エリアを除く)
北海道北海道
関東東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、
栃木、群馬
東海愛知、静岡、岐阜、三重
関西大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
中国広島、岡山
九州福岡、佐賀

「NURO光」は独自回線を利用しているサービスで、回線設備を変更する必要があるので、auひかりと同じように、回線の開通工事が必要です。

独自回線や光コラボの違いは何かについてより詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

NまたURO光の戸建てプランは45,000円のキャッシュバックだけでなく、他社から乗り換えた際の違約金の還元66,000円や工事費が44,000円が実質無料、オプション申し込みで最大20,000円還元など色んな特典があります。

オプションの申し込みの最大20,000円の還元の内訳は以下の通りです。

ひかりTV for NURONURO
でんき
NURO
ガス
還元金額
12,000円
還元金額
6,000円
還元金額
2,000円

また、NURO光の月額料金が2ヶ月間無料という特典もあり、解約などの費用も負担がないので、パケットロスが起こっているなどの評判もあるNURO光を実際に使ってみたいという方にはこの特典を活用しましょう。

さらに、NURO光は、NUROモバイルのスマホとソフトバンクのスマホセット割があるので、キャッシュバック以外にもお得になる特典があります。

NURO光の申し込み後に専用ページからNUROモバイルを申し込むと、1年間NUROモバイルの月額基本料金が0円になる「NUROモバイルセット割」の適用が可能です。

すでに、NUROモバイルを利用している方は、利用開始月を除き、12ヶ月間NUROモバイルの月額料金を792円割引さができます。

また「おうち割光セット」を適用することで、ソフトバンクまたはワイモバイルのスマホとソフトバンク光のセットで家族全員のスマホが最大月額1,100円割引になるので、ランニングコストの削減も可能です。

通信速度や特典や料金など、魅力的なサービスなので、興味がある方はぜひ検討してみてください。

NURO光の公式ページ→https://www.nuro.jp/

NURO光の評判や口コミはこちら
NURO光のキャンペーンはこちら
NURO光の通信速度はこちら
NURO光へ乗り換える方法はこちら

地方に住んでいる人におすすめの光回線プロバイダは?

電力会社やガス会社など各エリアには生活インフラを提供する事業者がありますが、光回線も同時に提供しています。

この章では、以下の光回線プロバイダについて解説していきます。

スクロールできます
コミュファ光eo光メガエッグピカラ光BBIQ
基本料金【戸建て】
1ギガ:5,170円
10ギガ:5,940円
【マンション】
1ギガ:4,070円
10ギガ:5.940円
【戸建て】
5,448円
【マンション】
3,876円
【戸建て】
5,720円
【マンション】
4,070円
【メゾン】
4,620円
【戸建て】
5,720円
【マンション】
4,400円
【戸建て】
6,380円
【マンション】
4,510〜6,380円
実際の料金※1【戸建て】
1ギガ:2,312円
10ギガ:3,378円
【マンション】
1ギガ:2,122円
10ギガ:3,614円
【戸建て】
3,351円
【マンション】
2,605円
【戸建て】
3,456円
【マンション】
2,907円
【メゾン】
3,127円
【戸建て】
3,095円

【マンション】
1,885円
【戸建て】
3,964円
【マンション】
3,059円〜4,877円
契約期間1年2年2年2年2年
(3年プランもあり)
公表している速度最大1Gbps・10Gbps最大1Gbps最大1Gbps最大1Gbps最大1Gbps
実際の通信速度※2下り: 648.3Mbps
上り: 644.38Mbps
下り: 780.08Mbps
上り: 745.44Mbps
下り: 350.4Mbps
上り:345.26MbpsMbps
下り:474.52MbpsMbps
上り:463.95MbpsMbps
下り: 476.89Mbps
上り: 398.35Mbps
スマホのセット割引au:毎月最大1,100円割引
UQ:毎月最大858円引き
auスマホでは毎月最大1100円割引
UQモバイルで毎月最大858円割引
(離れて住んでいる家族も対象)
au:毎月1,100円引きauスマホとセットで毎月最大550円割引
UQモバイルとセットで毎月最大1,100円割引
au:毎月1,100円引き
UQ:毎月990円引き
契約事務手数料実質無料3,300円3,300円
WiFi6を申し込みで実質無料
880円
初期工事費実質無料【戸建て】
29,700円(特典で実質無料)
【マンション】
29,700円(特典で実質無料)
工事費用 38,500円
(特典で実質無料)
【戸建て】
0円(特典で実質無料)
【マンション】
0円(特典で実質無料)
39,600円
(特典で実質無料)
キャッシュバック【1ギガ】
25,000円
乗り換えはPONTAポイント45,000円
【10ギガ】
30,000円
乗り換えはPONTAポイント45,000円
【戸建て・メゾン】
商品券10,000円分(4/21まで)
電子マネーギフト10,000円分(4/21まで)
2年間メッシュWiFiレンタル料金無料(4/21まで)
1年間月額基本料金900円割引き
※上記いずれか(併用不可)
+
1年間月額基本料金2,168円引き

【マンション】
商品券3,000円分
電子マネーギフト3,000円分
※上記いずれか(併用不可)

2年間月額基本料金550円引き

【10ギガ】
商品券10,000円分(4/21まで)
電子マネーギフト10,000円分(4/21まで)
2年間メッシュWiFiレンタル料金無料(4/21まで)
1年間月額基本料金900円割引き
※上記いずれか(併用不可)

1年間月額基本料金3,250円引き
最大20,000円
キャッシュバック
最大30,000円
キャッシュバック
戸建て:30,000円キャッシュバック
マンション/アパート:20,000円キャッシュバック
戸建て11ヶ月間月額料金1,430円引き
マンション11ヶ月間月額料金1,100円引き
その他のキャンペーン契約事務手数料0円
光電話工事費0円
番号ポータビリティ工事0円
他社違約金相当分還元
6,000円分のPontaポイント
(指定オプションが条件)
1年間無線ルーターレンタル料金無料
乗り換えの場合他社違約金最大6万円還元
テレビと同時加入で1年間OPT料無料
auスマートバリュー新規加入で10,000円相当のauPAY残高還元
eo光ネット紹介キャンペーンあり
他社違約金還元(8万円まで)
新規(戸建て)は2年間月々550円OFF
新規(マンション)は2年間月々330円OFF
友人紹介で紹介者にアマギフ3,000円
紹介された人はキャッシュバック3,000円UP
ルーター2年間無料
電気とセットで月々550円OFF
新規工事費無料
光ネットと光電話の月額最大2ヶ月間無料
アップグレード・ダウンの手数料無料
1ギガ・10ギガともにでんわセット加入でルーター代無料
コースによって月額基本料金割引あり
工事費実質無料
開通月基本料金0円
1ギガ・10ギガともに光電話加入でルーター代無料
1ギガ・10ギガともに3年プランは月880円割引き

※更新日:2024/04/17
※1 光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間”
※2:実際の速度→みんなのネット回線速度から引用

コミュファ光|東海エリアのauユーザーにおすすめ!

コミュファ光
月額料金【1ギガ】
戸建て:5,170円
マンション:4,070円

【10ギガ】
戸建て:5,940円
マンション:5.940円
実際の月額料金
※1
【1ギガ】
戸建て:2,312円
マンション:2,122円

【10ギガ】
戸建て:3,378円
マンション:3,614円
公表している通信速度最大1Gbps・10Gbps
実際の通信速度
※2
下り: 648.3Mbps
上り: 644.38Mbps
Ping値: 14.06ms
契約期間2年
事務手数料実質無料
工事費用実質無料
スマホセット割引au:毎月最大1,100円割引
UQ:毎月最大858円引き
キャンペーン【1ギガ】
下記のうち1つ
新規:キャッシュバック25,000円
乗り換え:PONTAポイント45,000円
基本料金が1年間980円
&キャッシュバック10,000円

★上記に加え「6,000円キャッシュバック」

【10ギガ】
下記のうち1つ
新規:キャッシュバック30,000円
乗り換え:PONTAポイント45,000円
基本料金が1年間1,750円に
&キャッシュバック10,000円

★上記に加え「11,000円キャッシュバック」
(オプション加入で10,000円UP)
その他の特典契約事務手数料0円
光電話工事費0円
番号ポータビリティ工事0円
他社違約金相当分還元
6,000円分のPontaポイント
(指定オプションが条件)

※更新日:2024年4月03日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

コミュファ光は、KDDI・中部電力系列の中部テレコミュニケーション株式会社が2016年に提供を開始した光回線で、主に愛知・岐阜・三重・静岡・長野の5県でサービスを提供しています。

提供エリアは東海4県と長野県のみなので、それ以外の地域にお住まいの方は利用できません。

コミュファ光で提供される光回線サービスには、基本的にコミュファ光(中部テレコミュニケーション)の独自回線が使われています。

コミュファ光には戸建て・マンションそれぞれに10ギガプランがあり、10ギガプランには、オンラインゲームのラグや遅延を最小限に抑えられる、「ゲーミングカスタム」というオプションに別途加入することも可能です。

ゲーミングカスタムに加入すれば、回線が混みあう夜間などの時間帯でも、快適にオンラインゲームをプレイできます。

もちろん、ゲーミングカスタムのオプションに加入しなくても10ギガプランの利用はできるので、「インターネットをもっと快適に使いたい」「大好きな映画を高画質で視聴したい」という方にもおすすめです!

ゲーミングカスタムの概要
料金月々770円
(初回の2ヶ月は0円)
加入条件10ギガプランを利用
一部エリアは対象外

コミュファ光はauスマートバリューとUQ自宅セット割に対応しており、auスマホなら月々最大1,100円、UQスマホなら月々最大858円の割引が受けられます。

スマホセット割の適用には別途光電話オプションへの加入が必要ですが、コミュファ光は東海地方・長野県にお住まいの方であれば、お持ちのスマホのキャリアに関わらず最安値クラスの光回線です。

また、株式会社NEXTからコミュファ光を申し込むと、最大94,000円のキャッシュバックまたは1年間月額利用料が無料のどちらかが選べる特典や工事費無料のキャンペーンなど、お得にコミュファ光を利用できます。

東海エリアにお住まいのauやUQモバイルのスマホユーザーの方で、インターネット環境をよりよく利用したい方はコミュファ光をおすすめします。

コミュファ光の公式ページ→https://cmf-hikari.net/

eo光|関西エリア在住のauユーザーにおすすめ!

eo光
月額料金戸建て:5,448円
マンション:3,876円
実際の月額料金
※1
戸建て:3,351円
マンション:2,605円
公表している
通信速度
最大1Gbps
実際の通信速度
※2
下り: 780.08Mbps
上り: 745.44Mbps
Ping値: 14.39ms
契約期間2年
事務手数料3300円
工事費用戸建て:29,700円(特典で実質無料)
マンション:29,700円(特典で実質無料)
スマホセット割引auスマホでは毎月最大1100円割引
UQモバイルで毎月最大858円割引
(離れて住んでいる家族も対象)
キャンペーン【戸建て・メゾン】
商品券10,000円分(4/21まで)
電子マネーギフト10,000円分(4/21まで)
2年間メッシュWiFiレンタル料金無料(4/21まで)
1年間月額基本料金900円割引き
※上記いずれか(併用不可)
+
1年間月額基本料金2,168円引き

【マンション】
商品券3,000円分
電子マネーギフト3,000円分
※上記いずれか(併用不可)

2年間月額基本料金550円引き
その他の特典1年間無線ルーターレンタル料金無料
乗り換えの場合他社違約金最大6万円還元
テレビと同時加入で1年間OPT料無料
auスマートバリュー新規加入で10,000円相当のauPAY残高還元
eo光ネット紹介キャンペーンあり

※更新日:2024年4月03日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

eo光は大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山、福井の2府5県でサービスを提供している、関西電力の子会社であるケイ・オプティコムが運営している光回線サービスです。

提供エリアは関西の2府5県と福井県のみなので、それ以外の地域にお住まいの方は利用できません。

関西電力が保有している独自の回線を利用しているので、回線の利用者が少なく、混み合いにくい快適なインターネット通信を利用できます。

また、運営会社であるケイ・オプティコムは、プロバイダとしての役割も担っているため、フレッツ光のようにプロバイダを別途契約する必要がありません。

eo光の特典はかなり充実しており、商品券を10,000円分プレゼント、他社からの乗り換えなら他社違約金を合計最大60,000円還元、工事費が実質無料、Wi-Fiルーター無料、セキュリティソフトが無料など、様々あります。

また、戸建て限定でeo光を新規または乗り換えで申し込みをすると以下の特典が受け取れます。

10ギガ/5ギガ/1ギガコース10ギガ/5ギガ/1ギガコースNetflixパック
どのコースでも最大1年間2,168 円/月
eo暮らしスタート割+eo光ネット
最大12カ月間900円割引
どのコースでも最大1年間3,170 円/月
eo暮らしスタート割+Netflix
最大1年分プレゼント

さらに、auやUQモバイルのスマホを利用している方であれば、スマホ割適用で毎月最大1,100円が割引になることから、通信速度を重視する方はもちろん、安い光回線を求めている方にもおすすめです。

eo光は、ネットとセットでeo光電話に加入することにより、auやUQモバイルとのスマホセット割を適用できるようになるので、1回線あたりauが最大1,100円、UQモバイルが最大858円割引されます。

これにより、eo光の契約期間である2年間で合計最大26,400円の費用を節約できるので、かなりお得だといえるでしょう。

さらに、家族も含めて最大10回線分の料金までを割引の対象にできるので、家族のスマホをauやUQモバイルで統一するのもおすすめです。

関西エリア、福井県にお住まいで、auやUQモバイルユーザーの方はもちろん、その他スマホを利用されている方はeo光をおすすめします。

eo光の公式ページ→https://eonet.jp/

メガエッグ|中国エリア在住のauユーザーにおすすめ!

メガエッグ光
月額料金戸建て:5,720円
マンション:4,070円
メゾン:4,620円
実際の月額料金
※1
戸建て:3,457円
マンション:2,907円
メゾン:3,127円
公表している通信速度最大1Gbps
実際の通信速度
※2
下り: 350.4Mbps
上り:345.26MbpsMbps
Ping値: 21.72ms
契約期間2年
事務手数料3,300円
WiFi6を申し込みで実質無料
工事費用38,500円
(特典で実質無料)
スマホセット割引au:毎月1,100円引き
キャンペーン【1ギガ戸建て新規】
20,000円キャッシュバック

2年間月額利用料金1,100円引き

【1ギガメゾン新規】
2年間月額利用料金330円引き

【10ギガ新規】
1年間月額利用料金1,260円引き

10ギガ対応ルーター購入金額50%OFF (33,000円が16,500円)

【他社違約金】
戸建て:最大80,000円還元
マンション・メゾン:最大50,000円還元 ※auひかりは対象外
その他の特典10ギガ新規申し込み&対応ルーター購入で訪問セットアップサービスが無料
友人紹介で紹介者にアマギフ3000円分&紹介された人は3000円CB
1ギガ・10ギガともに電気とセットで月額550円引き
1ギガルーター1年間無料 (+Wi-Fi無料キャンペーンに申し込みすると契約事務手数料が無料)

※更新日:2024年4月03日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

メガエッグ光は中国電力グループの株式会社エネコムが提供している光回線で、鳥取、島根、岡山、広島、山口の5つの県を限定に利用できます。

提供エリアは中国の5県のみなので、それ以外の地域にお住まいの方は利用できません。

メガエッグ光は独自の回線を利用しているので、夕方から夜間や休日といった、回線の利用者が集中する時間帯でも、回線の利用者が少なく、混み合いにくい快適なインターネット通信を利用できます。

メガエッグ光を販売代理店株式会社NEXT(ネクスト)から申し込むと、戸建ての新規申し込みであれば20,000円、乗り換えであれば最大100,000円のキャッシュバックがあります。

このキャッシュバックは、オプションの加入といった条件はないので、申し込んだ方には光回線が開通した翌月には、必ず受け取れる特典です。

乗り換え還元が最大8万円、Wi-Fi6が1年間無料、開通工事費も無料になったり友達の紹介キャンペーンによる還元や中国電力やスマホのセット割や割引特典もあるので、費用面でも大きなメリットになるでしょう。

さらに、auやUQモバイルのスマホを利用している方であれば、スマホ割適用で毎月最大2,200円が割引になることから、通信速度を重視する方はもちろん、安い光回線を求めている方にもおすすめです。

メガエッグ光は、ネットとセットで光電話に加入することにより、auやUQモバイルとのスマホセット割を適用できるようになるので、1回線あたりauが最大2,200円、UQモバイルが最大1,100円割引されます。

また、中国電力とセットにすると月額料金から550円が割引や、新規申込でさらに550円の割引がされるので、スマホとセットにしている場合には最大3,300円の割引が受けられます。

割引内容割引額
スマホのセット割最大2,200円
中国電力のセット割550円
合計最大2,750円

中国エリアにお住まいのauやUQモバイルのスマホユーザーの方で、インターネット環境をよりよく利用したい方はメガエッグ光をおすすめします。

メガエッグ光の公式ページ→https://me-hikari.net/

ピカラ光|四国エリア在住のauユーザーにおすすめ!

ピカラ光
月額料金戸建て:5,720円
マンション:4,400円
実際の月額料金
※1
戸建て:3,095円
マンション:1,885円
公表している
通信速度
最大1Gbps
実際の通信速度
※2
下り:474.52MbpsMbps
上り:463.95MbpsMbps
Ping値:18.33msms
契約期間2年
事務手数料0円
工事費用戸建て:27,500円(特典で実質無料)
マンション:27,500円(特典で実質無料)
スマホセット割引auスマホとセットで毎月最大550円割引
UQモバイルとセットで毎月最大1,100円割引
キャンペーン最大30,000円キャッシュバック
その他の特典新規工事費無料
初期費用&初月無料
WiFiルーターが無料レンタル

※更新日:2024年4月03日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

ピカラ光は、四国電力のグループ会社である株式会社STnetが運営する、徳島・香川・愛媛・高知の四国4県で4,620円から利用できる光回線サービスです。

提供エリアは四国4県のみなので、それ以外の地域にお住まいの方には利用できません

また、ピカラ光は独自回線であるため回線の混雑による速度の低下が発生しにくく、それに加えてに加えて、高速通信帯であるIPv6に標準対応しており、特別な手続きなく無料でIPv6通信を利用可能です。

例えば、夕方から夜間や休日などの多くの人が同時にインターネットを使用すると、回線が混雑し通信速度が低下しますが、独自回線かつIPv6の利用環境では、こうした混雑の影響を受けにくくなります。

IPv6を利用するにはIPv6対応のルーターが必要ですが、月額660円でレンタルできますし、ピカラ光でんわとセットにすればルーター料金も無料で利用可能です。

そんなピカラ光を販売代理店である「株式会社NEXT(ネクスト)」から申し込みをすれば、有償オプションへの加入が条件ではあるものの、最大30,000円の現金キャッシュバックが受け取れます。

ピカラ光キャッシュバックの他にはスマホの割引、月額料金が初月無料などお得に利用できます。

月額料金の初月無料特典の注意点
  • 開通月が無料になる特典を最大限活用するために、ピカラ光の開通工事の日程はなるべく月の初めに希望するとよいでしょう。
  • また、「初期費用無料」のキャンペーンにより、開通手数料や工事費も無料なので、別途有償オプションに加入している場合を除いて、開通初月に光回線の利用料金を請求されることはありません。

またピカラ光はau・UQモバイル・ピカラモバイルのスマホと光回線とピカラ光でんわをセットにすることで、スマホの月額料金を最大1,100円も安くできます。

電気料金の支払いで貯めたポイント(よんでんポイント)はピカラ光の料金の支払いに充てられるので、四国電力とセット契約で、実質的に費用面で大きなメリットになるでしょう。

auやUQモバイル、ピカラモバイルなどのスマホと四国電力も利用すると、かなりお得に使えるピカラ光は、四国にお住まいの通信速度を重視したい方には、ピカラ光をおすすめします。

ピカラ光の公式ページ→https://pikarahikari.net/

BBIQ|九州エリア在住のauユーザーにおすすめ!

BBIQ光(ビビック光)の基本情報
月額料金戸建て:6,380円
マンション:4,510〜6,380円
実際の月額料金
※1
戸建て:3,964円
マンション:3,059円〜4,877円
公表している通信速度最大1Gbps
実際の通信速度
※2
下り: 476.89Mbps
上り: 398.35Mbps
Ping値: 25.29ms
契約期間2年
(3年プランもあり)
事務手数料880円
工事費用39,600円
(特典で実質無料)
スマホセット割引au:毎月1,100円引き
UQ:毎月990円引き
キャンペーン戸建て:30,000円キャッシュバック
マンション/アパート:20,000円キャッシュバック
戸建て11ヶ月間月額料金1,430円引き
マンション11ヶ月間月額料金1,100円引き
その他の特典工事費実質無料
開通月基本料金0円
1ギガ・10ギガともに光電話加入でルーター代無料
1ギガ・10ギガともに3年プランは月880円割引き

※更新日:2024年4月03日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

BBIQ光(ビビックヒカリ)は、株式会社QTNetが運営する光回線で、主に福岡、長崎、熊本、佐賀、宮崎、大分、鹿児島の地域でのみサービスを提供しており、4,510円から利用できます。

提供エリアは九州の7県のみなので、それ以外の地域にお住まいの方は利用できません

また、BBIQ光は独自回線であるため回線の混雑による速度の低下が発生しにくく、それに加えてに加えて、高速通信帯であるIPv6に標準対応しており、特別な手続きなく無料でIPv6通信を利用可能です。

例えば、夕方から夜間や休日などの多くの人が同時にインターネットを使用すると、回線が混雑し通信速度が低下しますが、独自回線かつIPv6の利用環境では、こうした混雑の影響を受けにくくなります。

そんなBBIQ光を販売代理店である「株式会社NEXT(ネクスト)」から申し込むと、現金キャッシュバックや「BBIQギガスタート割」、「九電まとめてあんしん割」、といった特典があります。

特典の内容を以下にまとめているので参考にしてみてください。

キャンペーン概要
現金キャッシュバック最大30,000円
BBIQギガスタート割ホームタイプ 1,430円/月割引
マンションタイプ 1,100円/月割引
上記割引を11ヶ月間適用
九電まとめてあんしん割九州電力の「電気料金プラン」と「BBIQ 光」を利用していると、
最大330円、BBIQ光の月額料金を割引

BBIQ光の割引特典、「九電まとめてあんしん割」は、​​九州電力の「ご家庭向け電気料金プラン」の利用者を対象とした割引サービスで、BBIQの月額料金から毎月最大330円を割引(永年割引)が可能です。

さらに、「BBIQつづけて割」に加入していると、BBIQつづけて割の割引額550円/月と合わせて、毎月880円割引となり大変お得にBBIQ光を利用できます。

またBBIQ光には、スマホセット割引もあり、九州地方に住んでいるauユーザーであればauスマートバリュー、UQモバイルユーザーであればUQ mobile 自宅セット割が適用されるので月々のスマホの利用料金が安くなります。

auスマートバリューでは、最大1,100円/月割引、UQ mobile 自宅セット割では、990円/月割引されるのでこちらも大変お得です。

BBIQ光では、通信速度制限があり、10ギガコースの場合、双方向の合計で1日あたり550GBを超えると制限がかかり、1ギガコースでは、双方向の合計で1日あたり220GBを超えた場合に制限が適用されます。

BBIQ光は、この制限が適用される前に、対象となる利用者へ事前にメールにてお知らせを行ってくれますが、通信制限の上限値はかなり高く設定されているのでよほどの通信量でなければ通信制限がかかることはないでしょう。

auやUQモバイルなどのスマホと九州電力を利用すると、かなりお得に使えるBBIQ光は、九州にお住まいの通信速度を重視したい方には、BBIQ光をおすすめします。

BBIQ光公式ページ→https://kyushu-internet.com

光回線のプロバイダは変更できる?注意点や手続きの流れを解説

インターネットに不満があったり、キャンペーンにより、プロバイダを変更したくても、変更できる場合とできない場合があります。

プロバイダを変更するに際して以下の3点を解説していきます。

  • プロバイダの変更をする時の注意点
  • ドコモ光でプロバイダを変更する手順
  • フレッツ光でプロバイダを変更する手順

プロバイダの変更をする時の注意点

まずはじめにプロバイダを変更する際の注意点を以下の3つについて解説します。

  • 契約途中でプロバイダの変更ができるのはドコモ光とフレッツ光だけ
  • プロバイダを変更すると一部利用できなくなるサービスがある
  • プロバイダ変更には事務手数料がかかる

契約途中でプロバイダの変更ができるのはドコモ光とフレッツ光だけ

プロバイダの乗り換えが可能な回線は、ドコモ光フレッツ光のみなので、それ以外の光回線に関しては、プロバイダの変更は不可です。

例えば、ソフトバンク光は光コラボのみで提供していて、ソフトバンク光のプロバイダはYahoo! BBのみなので、ソフトバンク光でプロバイダ変更ができません。

auひかりは、プロバイダの変更にはプロバイダだけでなく、一度変更前のauひかりの回線を解約してから、別のプロバイダで再度契約する必要があります。

プロバイダを変更すると一部利用できなくなるサービスがある

プロバイダには、メールやホームページなどのプロバイダ契約に付帯しているオプションサービスがありますが、プロバイダを解約してしまうとメールやホームページも解約と同時に利用できなくなってしまいます。

ただし、メールアドレスやホームページを残す場合には、有料にはなりますが、継続利用の申し込みをすれば可能なので、必要な方は申し込みが必要です。

また、サービスを継続利用しない場合は、解約とともに自動で消滅する場合や、無料プランへ自動変更される場合など、プロバイダにより対応が異なるので、確認しておきましょう。

プロバイダ変更には事務手数料がかかる

ドコモ光のプロバイダを変更する際には以下のように事務手数料がかかります。

手続きパターン事務手数料
タイプA→タイプA
タイプB→タイプB
3,300円
タイプA→タイプB
タイプB→タイプA
タイプA/タイプB→単独タイプ
単独タイプ→タイプA/タイプB無料

一方、フレッツ光はプロバイダ乗り換えは初期費用、手数料はかかりません。

auひかりなど、一度解約が必要な光回線は、解約するタイミングによっては、契約中の利用プランに応じた解約解除料(違約金)が発生する場合があります。

さらに、契約解除料が発生しない場合でも、工事費を分割払い中で残債がある場合は、解約のタイミングで一括精算する必要があるので、注意しましょう。

ただし、乗り換えにより、違約金等の還元キャンペーンが乗り換え先にある場合にはそういった特典は、実質負担する費用は無くなるので、利用するようにしましょう。

ドコモ光でプロバイダを変更する手順

ドコモ光でプロバイダを変更する場合には以下の2つの手順で完了するので、参考にしてみてください。

  • ステップ1:窓口からプロバイダの変更を申し込む
  • ステップ2:新しいプロバイダの書類の受け取りと設定変更

窓口から申し込む

ドコモインフォメーションセンター0120-800-000
受付時間:午前9時~午後8時
ドコモショップ またはd gardenお近くのドコモショップ/d gardenを検索
受付時間:店舗の営業時間による

店舗で手続きを行う場合は、基本的に来店予約が必要になるので覚えておきましょう。

また、プロバイダ変更の手続きは、基本的に本人確認書類を必要としませんが、ネットワーク暗証番号や口頭での本人確認が行われます。

ネットワーク暗証番号は、契約時に設定した4桁の番号のことです。あらかじめ確認しておくとスムーズに手続きができるでしょう。

なお、「ドコモ」の携帯契約をしていないまたは、「ドコモ光」のペア回線を設定していない場合は、契約IDが必要になることがあります。

申し込みが完了したら書類の受け取りと設定変更

プロバイダ変更のお申込み後は、新しいプロバイダからお申込み内容が記載された書類が送られてきます。

書類には、機器の設定に使用するIDやパスワード、機器の設定方法といった重要なことが記載されているので、内容を確認後は失くさないように保管してください。

プロバイダの契約先が移行した後は、インターネットへ接続するために機器の設定を行う必要があります。

新しいプロバイダから届いた書類に記載されているIDやパスワードなどを、スマホやパソコンから入力してください。機器の設定が完了後、インターネットが利用できることを確認したら変更完了です。

フレッツ光でプロバイダを変更する手順

フレッツ光でプロバイダを変更する場合には以下の3つの手順で完了するので、参考にしてみてください。

  • ステップ1:新しいプロバイダを契約する
  • ステップ2:プロバイダの解約を行う
  • ステップ3:新しいプロバイダの接続情報を設定する

ステップ1:新しいプロバイダを契約する

まずは新しいプロバイダを契約しましょう。

新しいプロバイダは、各プロバイダのサイトから申し込みできるので、そちらから契約に進みましょう。

契約には、契約者情報とクレジットカードなどの支払い方法が必要なので、必要情報を入力してください。

支払いはプロバイダによって異なりますが、多くのプロバイダは、クレジットカードや銀行引き落としでの支払いに対応しています。

支払いが完了すると、メールや郵送などで、新しく契約するプロバイダから書類が届きますが、この書類は、後ほどの接続設定をする際に利用するので、捨てることのないようにしてください。

ステップ2:プロバイダの解約を行う

プロバイダの解約方法はとても簡単で、利用しているプロバイダのウェブページから解約の手続きを行う方法と、電話で解約の手続きを行う方法の2種類の解約方法があります。

スクロールできます
Webから手続き利用しているプロバイダのマイページにログインし
解約のページにアクセスして手続きを行う
電話から手続き利用しているプロバイダのサポート窓口に電話を行い、
解約したいという旨を伝える

Webからの解約手続きに不安を感じる方は電話での手続きを行うとスムーズに解約できるのでおすすめです。

ステップ3:新しいプロバイダの接続情報を設定する

解約の手続きが完了したら、新しいプロバイダの接続情報を利用してルーターの設定を行いましょう。

ルーターの設定変更の方法は、ルーターにログイン後、プロバイダの接続情報を変更するだけで完了します。

しかし、現在販売されているルーターのほとんどは回線の自動判別機能を搭載しているので、プロバイダの情報を入力しなくても自動で変更してくれることもあります。

もし、プロバイダ情報の変更が必要な場合、契約書に記載されているログインIDとパスワードを入力しましょう。

インターネットの接続情報を設定が完了すると、インターネットに接続できるようになるので、パソコンやスマホからネットにつながるかどうか確認してみてください。

また、設定の変更の有無については新しく契約したプロバイダから送られてきている書類などの案内に記載されているので確認するようにしてください。

おすすめ 光回線 バナー

プロバイダに関するよくある質問

最後にプロバイダに関するよくある質問について以下の4点について解説していきます。

  • プロバイダを解約すると違約金がかかる?
  • 契約しているプロバイダを確認する方法は?
  • プロバイダ変更後に以前使っていたルーターをそのまま使える?
  • プロバイダの変更にはどれくらい時間がかかる?

プロバイダを解約すると違約金がかかる?

プロバイダを解約する場合、利用期間によっては違約金が発生する場合があります。

プロバイダには光回線と同じで最低利用期間が設定されているプロバイダがあり、このようなプロバイダから乗り換える場合は一度マイページなどを確認し、プロバイダの利用期間を確認してから解約を行いましょう。

なかには最低利用期間を設定していないプロバイダもありますので、そのようなプロバイダを利用されている方は特に気にすることはありません。

契約しているプロバイダを確認する方法は?

契約しているプロバイダを確認するには以下の3つの方法を試してみてください。

  • プロバイダ確認サイトから確認する方法
  • 契約書類などから確認する方法
  • 口座引き落とし履歴やクレジットカードの利用明細などから確認する方法

状況によっては方法が使えない場合もあるので、その理由も含めて解説していきます。

プロバイダ確認サイトから確認する方法

インターネットに接続できている場合には、プロバイダの確認サイトから確認するが最も手軽です。

パソコンやスマートフォンから以下のサイトにアクセスすると、現在利用しているプロバイダなどの情報が確認できます。

利用しているプロバイダによっては、誤判定やうまく判別できない場合もあるので、両サイトで確認することをおすすめします。

この方法はインターネットに接続できる状況でないと使えないので、インターネットに接続していない状況でプロバイダを調べるには以降の方法を参考にしてみてください。

契約書類などから確認する方法

回線事業者やプロバイダを申し込んだ時に送られてくる、書類を見ればどのプロバイダと契約しているのか確認できます。

また、毎月の利用明細が書面にて送られてきている場合にそこから確認することも可能ですが、Web明細の発行になっているケースもあるので、そういった場合には書類で確認はできません。

書類がない・見つからないという場合には次の方法を使って確認してください。

口座引き落とし履歴やクレジットカードの利用明細などから確認する方法

銀行口座の引き落とし履歴や、クレジットカードの利用明細からプロバイダ料金を支払っている事業者を確認できます。

銀行の通帳やクレジットカードの利用明細を確認して、「〇〇利用料」といった引き落とし項目を探してみてください。

よくわからない利用項目がある場合には、表示されている履歴を検索してみるとどういう引き落としかがわかります。

また、NTTのおまとめ請求や、KDDIのまとめて請求などの一括請求サービスを利用している場合には、通帳や利用明細でプロバイダを確認できません。

そういった場合にはNTTやKDDIからの請求の内訳からプロバイダ名を確認する必要がありますが、それでも分からない場合は一括請求サービスの事業者に問い合わせてみてください。

プロバイダ変更後に以前使っていたルーターをそのまま使える?

通信の仕組み上は以前使っていたルーターはそのまま使える場合も多くありますが、プロバイダからWi-Fiのレンタルしている場合には返却する必要があります。

プロバイダからもらったと思っていても実は、無料のレンタルの場合もあるので注意しましょう。

返却が必要な場合に以前のプロバイダから、書類などの通知があるのでそちらを確認してみてください。

プロバイダの変更にはどれくらい時間がかかる?

プロバイダの切り替えには、申し込みからで最大10日間程度の時間がかかります。

切り替えが完了するまでに書類が届くので、そういった書類に記載されているかどうか確認してみてください。

届いた書類の中にプロバイダ変更に関する説明書類があるので、それを基に設定が必要な場合には設定をして、必要のない場合には設定変更をすることなく切り変わります。

おすすめ 光回線 バナー

光回線のおすすめプロバイダまとめ

インターネットの接続には光回線とプロバイダが必要で両方の契約が別々に必要ですが、光回線とプロバイダがセットになった光コラボレーションモデル(以降「光コラボ」)はひとつの契約でインターネット接続が可能です。

プロバイダを選ぶ場合には以下の6つのポイントを押さえておきましょう。

  • Point①提供エリアのチェックが最優先
  • Point②プロバイダ独自のキャンペーンや特典はあるか
  • Point③プロバイダ料が基本料金に含まれているか
  • Point④サポートの評判や口コミも要チェック!
  • Point⑤プロバイダごとの速度の差はそこまで気にしなくてOK
  • Point⑥IPv6への対応状況はしっかりと確認しよう!

このポイントを元に以下の5つの軸からおすすめの光回線とプロバイダを紹介しています。

自身に合っている光回線・プロバイダを選べるように複数紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

契約途中でプロバイダの変更ができるのはドコモ光とフレッツ光だけで、変更の流れについては申し込みから設定変更で完了し、この期間はおよそ10日程度です。

一方で、他の光回線は変更できなかったり、一度光回線も解約する必要があるという点は押さえておきましょう。

また、プロバイダの変更にはフレッツ光は費用がかかりませんが、ドコモ光や他の回線では事務手数料や解約時の工事費用が必要になる場合もあるので解約タイミングには注意しましょう!

おすすめ 光回線 バナー
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

【目次】クリックで見出しに飛びます