News スマホ

2020年のスマホのどうなるか予想、大きさ、画面、カメラ、5G、ワンセグ、イヤホン、発熱など。ドコモの夏モデルで発売?

2020年も2月を迎え、時間の流れの速さを感じるばかりですが
きっとあっという間に夏がやってくる・・・!

そう、2020年はかなり変革的な年になりそうですね。

例えば5Gの存在。

スマホにも大きな影響を与えそうです。

また昨年は話題になった折り畳みのスマホGalaxy Fold

今後こういったスマホが主流になってくるのか?!

そこで今回は2020年のスマホは一体どうなっていくのか?!の気になる部分をピックアップし
妄想も若干入っていることは目を瞑っていただき読んでもらえたら嬉しいです!

では早速、2020年、進化を遂げるスマホはどうなっていくのか?!をどうぞ!

2020年のスマホはどうなる?

これからのスマホの大きさ

これまでの流れで見ていくと、スマホの大きさはスマホが登場した時から考えると大きくなりましたね!

例えば初代Xperia(Xperia10)のサイズは119*63*13.1というかなりコンパクトサイズで重さは139g
現在最新のXperia5は158*68*8.2の大きさへとなり、重さは164g

ツイッターで見てみるとサイズの変遷がよくわかりました。

また初代iPhoneは2007年発売で、3.5インチのとても小さなサイズ。
2007年当時じゃ、スマホはまだまだ日本においては存在すら知られていないくらいのものでしたね。

スマホ自体は日本ではAndroid搭載端末が2009年~なので実は歴史は浅い。

そのたった11年で、ここまでスマホは進化したわけで
大きさも小さいものから大きくなりました。

ただ、大きさでいえばもう、ここで行き止まりになるか、といったところ。

これ以上大きくなれば、携帯性に欠ける。となれば、大きさは今出ているスマホくらいで天井だろう。

ただし、技術の進化は着実で、今後は大きさとしてはこれ以上はないかもしれないが
「折り畳み式」という形で、トータル面積は大きくなっていく可能性は大!

といえます。

実際Galaxy Foldが出ていますから、今後流れとしてはこのような形が増えてくるのかな、と考えます。

そうなるとトータル画面は大きくなる、ともいえるし
逆に開くことで大きさが確保できるから、折りたたんだ時のサイズ感はコンパクトに小さくなる、
とも言えますね。

スマホ画面の進化は

スマホの画面は昔にくらべたら当たり前に素晴らしくなりましたね。

特にディスプレイ解像度は非常に高いスマホも増えました。

ただ、正直な話「肉眼でそこまでわからんわ」っていうレベルまで上がっちゃった解像度は
これ以上、あげる必要性はあるのか?っていうと、ないでしょう。

特に4Kを実現させたディスプレイは801ppiという非常に密度の細かい画面ですが
残念ながら人にはこの密度の細かさまでは認識できません。

とはいえ、この10年程度の期間でここまでスマホ画面を美しく見やすくした努力と功績は
称えられるべきことでしょうね、本当にすごいですから。

画素数に関してはWQHD(2560 x 1440)が主流だと言っていいでしょう。
スマートフォンのような小さい画面には4Kまでの画質は必要ないかもしれませんが、目に近いところで利用するのできれいに映すためにはある程度の画素数が必要です。なので、WQHDという画素数はスマートフォンにとってちょうどいいのかもしれません。

逆に、価格の安い低スペックなスマホの画面に対しては
売れ行きから考えてみれば、少しは底上げして良い画面になるのかな・・・とは思いますが
一度綺麗な画面のスマホを使ってしまうと、画面の荒い(解像度が低い)スマホは
気に入ることは難しいでしょうから、やっぱり質は捨てられない、というところでしょうね。

一般的なキャリアで発売されるスマホの画面は特別な進化はないでしょうけれど
折り畳み可能な画面への進化がデフォルトになる道が見えますね

カメラ機能の進化は

カメラ機能はクアッドカメラやToFカメラなどで進化を見せましたね。

昔、初代のiPhoneのカメラはなんと200万画素。

ガラケー時代だと、当時auから出ていたA1402Sのカメラに関しては
640×480ドットというデータがあるのですが
イメージとしては、ブラウン管テレビでアナログ放送を見ていた時がこの640×480ドットで
現在のものは4K放送対応液晶テレビの4K放送を見ているもの、という感じですね。

そう例えられると、カメラ機能もさながら、画質の良さが良く分かります。

で、今後どうなるか。

正直、現在のスマホのカメラはめちゃくちゃ性能がいいですよね。
特にHUAWEIシリーズのカメラは非常に性能が高いです。

ナイトモードや超広角・望遠など、カメラ機能はこれ以上あがるか?っていうと
もうそこまでさほど上がらないんじゃないか、とは思いますが

より、ナイトモードや超広角・望遠の精度があがるかなとは考えます。

やっぱり超広角カメラなどは、歪みが出る事も多いですから
そこらへんの補正が強化されていくのでは、と考えます。

またデュアルカメラがデフォルトになってきて、ハイエンドは
トリプルカメラかクアッドカメラ路線で行くのではと考えます。

超音波指紋認証センサ

GalaxyやHuaweiをはじめとするハイエンド端末では画面の下に指紋認証を埋め込み、超音波によって指紋を認証するセンサが最新機能として搭載されています。この機能は確実に多くの端末で採用されていくと考えられます。画面埋め込み指紋認証センサによって、今まで画面上部にあった顔認証センサが必要なくなるので、本体のサイズを変えずに画面の領域を大きくすることができます。

今までも背面や側面に指紋認証センサがあったので画面上部の顔認証センサを取り除くことは不可能ではありませんでしたが、画面の下に埋め込むことで顔認証センサがなくても高い利便性を保つことができるようになりました。

これからは画面カバーをした際に、画面下の指紋認証センサが確実に作動するのかということが要点になってくると思います。

5Gへの切り替えはどうなる

2020年といえば5Gの始まり。

5Gといっても、対応できる機種はすべてではないですし
2020年は5G対応のスマホでの道づくり、といった感じかもしれませんね。

5Gでは車の自動運転や3D通信がよりやりやすくなったり実現していくとは思いますが
スマホという媒体で5Gを使っていく、ということに関しては
2020年以降で主軸になってくるのでは?

また、まだ5Gは諸外国において危険とみなされていることもあり
実際やってみて何か問題が起きなければいいのですが、こればかりはちょっとわかりません・・・

特に日本は災害大国でもありますから、個人的に5Gの普及はスマホにおいては
2020年に期待!というほど期待しません。

ただ一部最新スマホは5G対応でしょうから、それを使う人たちの意見が注目されるでしょう。

ワンセグは残る?なくなる?

正直、ワンセグがどうしても欲しい!という人は減ったのではないでしょうか。

ネットにつなげられればTverなどでテレビが好きに見れるし
Huluなどで好きな映画だって見れる。

ワンセグが欲しくてワンセグ搭載の機種を選ぶ人も現実いるとは思いますが
「別になくてもいいかな」という意見も実際多いです。

テレビがあるから見ない、もしくはテレビもないけど見たい番組もない、とか
上記で挙げたTverなどの媒体で見るからいらない、などですね。

まだ需要に応えてAndroidでは搭載機種もあると思いますが
減っていく傾向になるのでは?と考えます。

なくなりはしないけど、機種が限られる可能性が高い、ということです。

やっぱりワンセグやフルセグで情報を見ている人も必ずいますから2020年なくなることは
ないんじゃないですかね!

ただすごく限られた機種に搭載となるかと思います。

ハイエンドになればなるほど搭載は見送られそうなので、ハイエンドでワンセグが見たい人はXperia5が頼みの綱になりそう。

イヤホンレスの時代へ?

新端末になればなるほど、イヤホンレス対応のモノが増えている印象ですね。
iphoneなんかはすでにイヤホンジャックがありませんし
Air Podsで音楽を聴く人も多いですよね。

GalaxyもGalaxy Budsを発売していますし
そのメーカー・ブランドによく合うワイヤレスイヤホンが出ている中
時代の流れとしてはイヤホンレスになってきています。

ただ、まだイヤホンジャックやアクセサリでイヤホンジャック外付けで
有線イヤホンが使えるのも事実。

ワイヤレスイヤホンだと充電の必要性があるなど面倒な側面もあり
有線イヤホンだとただつなぐだけでOKというカンタンさがあります。

イヤホンレスは主流になる流れではあるものの
実際のところ有線イヤホンのほうが複雑さがないから好き、という人もいます。

私自身もどっちかっていうと有線のほうがまだ親しみがあります。

あとなくすこと、少ないですからね笑、どっかしら紐があれば見つけられる気がする!

イヤホンレス対応ではあるものの(それはBluetoothに対応しれいればできる話だから)
イヤホンジャックありの端末も2020年ではまだ出ると思いますよ。

スマホの発熱はどうなる?

スマホの発熱については大体のケースでは

・バッテリーの劣化
・アプリの負荷
・長時間の使用
・場所の問題

が原因で発熱しているかと思います。

スマホの内容が複雑化してアプリの負荷が大きくなればなるほど
スマホの性能もあげていかなければなくなる現実。

しかし今の世界、SNSなどで「初期不良による発熱」なんかあれば
すぐ拡散されちゃいますからね。

メーカーとしてもそういった問題がないように注意は払っているでしょう。

しかし、まだ完全にこのスマホの発熱に対しては解決はむつかしいでしょう。

精密機器であるからこそ、難しい点もあるでしょうし
人が求めるものが複雑化したり、アプリの内容が重くなればなるほど
対応できる内容のスマホでなければなくなります。

あの小さな端末に想像以上の性能が積み込まれているわけですから
処理すればするほど、発熱してもおかしくはない。

特に、新しい端末に機種変更する際のデータ移行では
たくさんのデータを新しい端末に読み込ませていくわけですから
初めて使う時に「え、機種変更したばっかなのに発熱してる?!」って感じるかもしれません。

スマホの発熱に関しては、きっとメーカーも考えているはずです

例えばAQUOS R3なんかは、放熱性能を強化した端末ですね。

まだ2020年で完全解決していく問題ではないと思いますが改善されていくと思いますよ

ドコモの夏モデルではどんなスマホが出るのか

ではドコモではどんな夏モデルが出るのか?という話になりますが

・5G対応モデルのハイスペック機種
・価格が抑えられたミッドレンジ機種

というのがメイン軸で出るでしょう。
すでにリークされている情報としては

・XperiaはSD865を搭載した新型ハイスペック5G対応モデル
・GalaxyはSD855搭載の既存モデルで5G対応モデル

が出るとされていますね~

この2つが5G対応機種だとしたら、他はどうなるか。

ミッドレンジ機種は5Gは非対応なんじゃないかと思います。
ただ今って、やっぱりこの不景気もあってかミッドレンジ機種も人気が高いですね。

特にAQUOS sense3なんてオンラインショップではずっとランキング上位ですよね。

となると、ミッドレンジ機種が2~3機種は出るんじゃないかと考えています。

出るとしたらarrows Beあたりですかね~

もう一つ気になるのがHUAWEIの存在。
アメリカと色々あったからさ…もしかして取り扱いはなくなる?なんてことも0じゃないのかな。

となると、別のメーカーから取り込む可能性も考えられませんかね?

例えば5Gモデルが存在するXiaomiとかOPPOなど。

まだ分かりませんが、これらが発売されるとしたら話題になると思いますね~!

2020年もまだ2月になったばかり。
ドコモ内ではもう夏モデルのことは大きく決まっているでしょうけれど
その内容は一般人の私にはわからない!が!

予想や妄想だけはできますからね^^

みなさんの予想はどうですか?
もし「これは絶対だぜ!」っていうことがあったら是非、教えてくださ~い!

ドコモで機種変更するなら


お得にスマホやiPhoneが欲しい!という人へお勧めの機種変更方法をご紹介します。
ドコモオンラインショップって知ってますか?

マイドコモなどは知られてるのですが意外とドコモオンラインショップって知られてないんですよね。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップとはドコモが直営するネットショップです。

今やネットを使い契約の確認や変更、アクセサリーの購入はもちろん

機種変更もできちゃうんです。

ドコモオンラインショップでの機種変更はかなりおとくなんです。

ドコモを使っており機種変更するならなぜドコモオンラインショップを使わないともったいないです。

そんなメリットをご紹介しましょう。

まずは時間的なメリットが大きいです。

ドコモショップって混んでますよね?今は店舗予約なんかできるようになりましたが

それでも家からドコモショップへ行って、契約してなんかしていると2,3時間はかかりますよね?

しかしドコモオンラインショップだと15分もあれば契約終了しちゃいます。

まずはドコモショップや家電量販店に行く時間の節約、契約にかかる時間の節約ができるんです。

続いては経済的なメリットです。

ドコモショップや家電量販店で機種変更すると3000~10000円程度の頭金がかかります。

こんなのです。



頭金について詳しく知りたい人はこちら

ドコモで機種変更の時の頭金、これって違法?返金して貰えるの?

これがドコモオンラインショップだとなんと0円、無料なんでおとくです。

またドコモショップや家電量販店だと新規契約や機種変更の際に2000~3000円の機種変更事務手数料がかかります。

それがドコモオンラインショップだと無料なんです。
2018年9月1日(土曜)以降
すべてのお手続きにおいて事務手数料が無料となりました。

ですので金銭的に5000~12000円程度おとくなんです。

時間的なメリット、金銭的なメリットがとても大きいのでぜひドコモで機種変更するなら

ドコモオンラインショップを使った方がいいでしょう。

ただ機種変更にあたり、初期設定や電話帳の移行が不安。

色々相談したいという人もいるでしょう。

そんな人へおすすめなのがドコモオンラインショップは受取場所を

自宅以外にもドコモショップも選べます。

ですのでドコモショップで受け取りにすれば初期設定や相談などもできるでしょう。

金額はドコモオンラインショップの安いままで

ドコモショップで買ったのと同じようなサービスを受けられるのでおすすめですよ!

まぁ、自宅で受け取って設定できなかったらショップにもっていってもやってもらえるし

詳しい説明書があるんで自分でも十分やることはできると思いますよ。

購入の流れをこちらのマンガで確認しましょう。

Source by ドコモ公式オンラインショップ

ドコモオンラインショップがまだ不安な方の為のメリットデメリット対策を纏めた記事です

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

ドコモオンラインショップはこちらです。


ドコモオンラインショップの利用方法をこちらの動画でご紹介してます。

PC利用時はこちら


スマホ利用時はこちら


ドコモオンラインショップで使えるクーポンについて

ドコモオンラインショップのクーポンの入手方法とシリアルナンバーと裏技。[2020年版]

機種変更する人はぜひ使ってみて下さいね。

-News, スマホ
-, , , ,

Copyright© iPhone大陸 , 2021 All Rights Reserved.