フレッツ光の解約手順!注意点や問い合わせ先、解約金を無料にする方法などを徹底解説!

フレッツ光 解約

フレッツ光を契約している方の中には、他の光回線への乗り換えを検討している方もいるかと思いますが、「フレッツ光の解約方法がわからない」という方も少なくないのではないかと思われます。

そこで、本記事ではフレッツ光を解約する問い合わせ窓口や他の光回線へ乗り換える場合の手順を含め、フレッツ光の解約方法の全手順を詳しく解説しますので、参考にしてみてください。

スクロールできます
おすすめの
光回線
こんな人におすすめ!キャンペーン
ソフトバンク光ソフトバンクユーザー
ワイモバイルユーザー
最大40,000円キャッシュバック
工事費実質無料
他社への違約金・撤去費負担(100,000円)
乗り換えで月額利用料金980円
  (1ギガのみ)6ヶ月間
開通までWiFiルーター無料貸出
10ギガ6ヶ月間月額料金500円&
ホームゲートウェイ(月550円)

6ヶ月間無料
オプション初月無料
ドコモ光ドコモユーザーキャッシュバック特典
1ギガ:25,000円
10ギガ:40,000円

WiFi機器は無料レンタル可能
dポイント:2,000Pプレゼント
(10ギガの場合は17,000P)
auひかりauユーザー
UQモバイルユーザー
キャッシュバック特典
【プロバイダがso-netの場合】
戸建て:47,000円※3
WEB申し込みのみ:31,000円
マンション:52,000円※3
WEB申し込みのみ:36,000円

【プロバイダがBIGLOBEの場合】
戸建て:37,000円※3
WEB申し込みのみ:31,000円
マンション:42,000円※3
WEB申し込みのみ:36,000円
NURO光NUROモバイルユーザー
ソフトバンクユーザー
キャッシュバック
通常:45,000円
NURO電気:6,000円
NUROガス:2,000円
NUROひかりTV:12,000円

他社解約金60,000万円まで負担
2ヶ月無料体験
(月額費が2ヶ月分無料)

※更新日:2024/04/17

【目次】クリックで見出しに飛びます

フレッツ光を解約する場合の問い合わせ窓口は?

それではまず最初に下記の通り、フレッツ光を解約する場合の問い合わせ窓口について解説しますので、それぞれ見ていきましょう。

  • フレッツ光を解約する場合には、プロバイダの解約手続きも必要
  • フレッツ光を解約する場合の問い合わせ窓口は?
  • プロバイダを解約する場合の問い合わせ窓口は?

フレッツ光を解約する場合には、プロバイダの解約手続きも必要

フレッツ光 プロバイダ

上記の画像の通り、フレッツ光の契約とプロバイダの契約は別個の契約となっています

したがって、フレッツ光を解約する場合には、フレッツ光とプロバイダの双方で解約の手続きが必要であることに注意しましょう。

プロバイダとは?

プロバイダとはインターネットサービスプロバイダ(Internet Service Provider)の略で、インターネット利用者と回線業者の橋渡しをする役割を担っています。

インターネットを使うには、回線事業者とプロバイダの両方を契約することが必要ですが、ネット回線とプロバイダが一体になった回線事業者もあります。

この場合、回線事業者と契約するだけで完了するので、プロバイダの申込みは必要ありません。

プロバイダについて詳しく知りたい方はこちら

フレッツ光を解約する場合の問い合わせ窓口は?

フレッツ光を解約する場合の問い合わせ窓口一覧

転用承諾番号発行の問い合わせ窓口

NTT東日本の場合】 

webから転用承諾番号発行の手続きはこちらから 受付時間:8:30~22:00

電話で転用承諾番号を発行 受付時間:9:00~17:00

電話番号:0120-140202

NTT西日本の場合】  

webから転用承諾番号発行の手続きはこちらから 受付時間:8:30~22:00

電話で転用承諾番号を発行  受付時間:9:00~17:00

電話番号:0120-553-104

フレッツ光を解約する場合の問い合わせ窓口

NTT東日本の場合】 

webから解約手続きはこちらから 

電話で解約手続き 受付時間:9:00~17:00

電話番号:0120-116116

NTT西日本の場合】  

webから解約手続きはこちらから 

電話で解約手続き 受付時間:9:00~17:00

電話番号:0800-2000116

フレッツ光を解約する場合の問い合わせ窓口は上記の通りとなりますので、事前に確認しておきましょう。

フレッツ光を解約する場合、下記の通り、乗り換え先の光回線によって手続が違うので注意が必要です。

フレッツ光から光コラボへ乗り換えるケース→転用承諾番号発行の手続きが必要

フレッツ光から独自回線へ乗り換える又は解約のみのケース→解約の手続きが必要

転用とは、フレッツ光から光コラボレーション事業者が提供するサービスに切り替えることを指し、フレッツ光から光コラボに転用する場合は、フレッツ光から転用承諾番号発行する手続きの必要があります。

これに対し、独自回線への乗り換えやインターネットの利用を廃止する場合には、通常通り解約の手続きが必要ですので注意しましょう。

光コラボとは?

光コラボ(光コラボレーション)とは、NTTフレッツ光の回線設備を借りて事業を運営するサービスモデルです。例えばドコモ光やソフトバンク光などが該当します。同じ回線設備を利用していることから、乗り換え時に工事を行う必要がなく、スムーズに乗り換えられることが魅力となっています。

より詳しく知りたい方はを以下の記事を参考にしてみてください。

事業者変更

光コラボレーション」から「光コラボレーション」に乗り換えることです。
※例:ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える

転用

フレッツ光」から「光コラボレーション」に乗り換えることです。
※例:フレッツ光からドコモ光に乗り換える

→さらに事業者変更と転用の違いを見るにはこちら

 

プロバイダを解約する場合の問い合わせ窓口は?

プロバイダ名問い合わせ窓口
Yahoo!BB電話番号:0120-981-030(通話料無料)
受付時間:10:00~19:00(年中無休)
MySoftBankから手続き可能
OCN電話番号:0120-506-506
OCNマイページから手続き可能
BIGLOBE電話番号: 0120-86-0962
会員ページから手続き可能
@TCOM電話番号 : 0120-805633(通話料無料)
受付時間 : 10:00~19:00(平日)
10:00~18:00(土日祝)
マイページから手続き可能
So-net電話番号:0120-80-7761
マイページから手続き可能

※更新日:2024/04/17

次に、プロバイダを解約する場合の問い合わせ窓口についてですが、自身が契約しているプロバイダに解約手続きをしましょう。

上記の表は、フレッツ光のプロバイダ主要5社の解約についての問い合わせ窓口ですが、上記のすべてのプロバイダについては、マイページから解約手続きができます。

また、「自分が契約しているプロバイダがわからない」という方は、以下の方法を試してみてください。

  • プロバイダの契約書や請求書を探す
  • フレッツ光に問い合わせる
プロバイダとは?

プロバイダとはインターネットサービスプロバイダ(Internet Service Provider)の略で、インターネット利用者と回線業者の橋渡しをする役割を担っています。

インターネットを使うには、回線事業者とプロバイダの両方を契約することが必要ですが、ネット回線とプロバイダが一体になった回線事業者もあります。

この場合、回線事業者と契約するだけで完了するので、プロバイダの申込みは必要ありません。

プロバイダについて詳しく知りたい方はこちら

プロバイダの契約書や請求書を探す

フレッツ光は、プロバイダと別個の契約しているので、プロバイダとの契約書を確認すれば、契約しているプロバイダがわかるでしょう。

また、プロバイダからの請求書からも探すことができます。

例えば、口座引き落としなどにしていれば、通帳を確認すれば支払先にプロバイダ名の記載があるはずです。

フレッツ光に問い合わせる

「契約書が見つからない」、「請求書にプロバイダ名の記載がない」というような場合には、フレッツ光に問い合わせて、契約先のプロバイダを教えてもらいましょう。

また、フレッツ光メンバーズクラブでも契約情報を確認できます。

最後に、フレッツ光の問い合わせ先は下記の通りです。

【フレッツ光の問い合わせ窓口】

NTT東日本/NTT西日本共通

電話番号:116(固定電話から)又は、0120-116-116

なお以下ではフレッツ光を契約するメリット、デメリットについて詳しくご紹介しておりますので、ぜひ、参考にしてみてください。

フレッツ光の解約手順を詳しく説明!

フレッツ光の解約の手順は下記の通り、最大4つのステップで完了します。

  • 手順1:プロバイダを解約する
  • 手順2:フレッツ光の解約手続きを行う
  • 手順3:フレッツ光のレンタル機器を返却する
  • 手順4:回線の撤去工事を行う

手順1:プロバイダを解約する

プロバイダ問い合わせ窓口
Yahoo!BB電話番号:0120-981-030(通話料無料)
受付時間:10:00~19:00(年中無休)
MySoftBankから手続き可能
OCN電話番号:0120-506-506
OCNマイページから手続き可能
BIGLOBE電話番号: 0120-86-0962
会員ページから手続き可能
@TCOM電話番号 : 0120-805633(通話料無料)
受付時間 : 10:00~19:00(平日)
10:00~18:00(土日祝)
マイページから手続き可能
So-net電話番号:0120-80-7761
マイページから手続き可能

※更新日:2024/04/17

フレッツ光を解約する際の最初のステップは、プロバイダの解約手続きです。

上記は、フレッツ光主要プロバイダ5社の解約についての問い合わせ窓口ですが、自身の契約しているプロバイダのホームページで解約の方法について確認しましょう。

プロバイダによっては電話連絡を受け付けないところや電話が繋がりにくいところもあるので、マイページから申請することをおすすめします。

手順2:フレッツ光の解約手続きを行う

フレッツ光を解約する場合の問い合わせ窓口

電話で解約する場合

NTT東日本/NTT西日本共通

電話番号:116(固定電話から)又は、0120-116-116

webで解約申請する場合

NTT東日本の解約申請はこちらから

NTT西日本の解約申請はこちらから

上記の通り、フレッツ光の解約手続きは、NTT東日本又はNTT西日本へ電話又はwebから申請することができます。

電話は混みあっていて繋がらないことがあるので、webからの申し込みが便利です。

手順3:フレッツ光のレンタル機器を返却する

NTT レンタル機器

次に、回線終端装置(ONU)等NTTからレンタルしている機器を返却します。

返却対象機器の例は下記の通りですが、基本的にはNTTのロゴが付いた機器はすべて返却しましょう。

【返却対象機器 例】

  • 回線終端装置(ONU)
  • ADSLモデム
  • VoIPルーター
  • VDSL装置
  • CTU
  • ホームゲートウェイ
  • CUTツール
  • 無線LANカード
  • レンタル電話機
  • 電源アダプタ
NTT 返却物

また、返却対象機器は、NTTから送られてくる機器回収袋に貼り付けられたゆうパック伝票の「ご返却リスト」に記載がありますので、再度、確認するようにしましょう。

NTTレンタル機器の返却方法は、下記の通りです。

  • STEP1:NTTからレンタル機器回収キットが送付される
  • STEP2:同封の案内状に記載されている機器と電源アダプターを機器返却袋に入れる
  • STEP3:郵便局へ集荷依頼又はローソンへ持ち込み返送する(着払)

下記は、NTT西日本の機器の返却方法を説明した動画になりますので、参考にしてみてください。

手順4:回線の撤去工事を行う

フレッツ光回線の撤去工事については、基本的には任意ですが、賃貸物件で大家や管理会社から撤去を依頼された場合には、原状回復義務があるので、回線の撤去工事を実施しなければなりません

上記のようなケースは稀であるとは思いますが、回線撤去工事が必要になるケースがあることを頭に入れておきましょう。

因みに、回線の撤去費用については、フレッツ光の場合には発生しませんので安心です。

フレッツ光から他の光コラボへ乗り換える場合の手続きは?

フレッツ光から他の光コラボへの乗り換えは転用という手続きで乗り換えることができます。

転用で乗り換える場合には、開通工事が不要なので、乗り換え先の光コラボで開通工事費も発生しませんし、申し込みから開通までの期間も比較的短く済むというメリットがあります。

また、転用の場合には、フレッツ光の解約金が発生しないというのも大きなメリットです。

ここでは、下記の通り、フレッツ光から他の光コラボへ乗り換える場合の手続きを解説します。

  • STEP1:必要な書類を準備する
  • STEP2:NTTから転用承諾番号を取得する
  • STEP3:乗り換え先の光コラボへ申し込む
  • STEP4:フレッツ光のプロバイダを解約する
  • STEP5:フレッツ光のレンタル機器を返却する
  • STEP6:回線の撤去工事を行う

事業者変更

光コラボレーション」から「光コラボレーション」に乗り換えることです。
※例:ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える

転用

フレッツ光」から「光コラボレーション」に乗り換えることです。
※例:フレッツ光からドコモ光に乗り換える

→さらに事業者変更と転用の違いを見るにはこちら

STEP1:必要な書類を準備する

フレッツ光から光コラボに乗り換える際の最初のステップは、フレッツ光から転用承諾番号を取得することですので、事前に必要な書類を準備しておきましょう。

フレッツ光から転用承諾番号を発行するのに必要な書類は下記の通りです。

  • フレッツ光のお客様ID(CAFで始まる番号)又はひかり電話の電話番号
  • フレッツ光の契約者名
  • フレッツ光のご利用場所の情報
  • 現在の支払い方法

STEP2:NTTから転用承諾番号を取得する

次に、NTT東日本/NTT西日本に転用承諾番号の発行手続きをしましょう。

転用承諾番号の発行窓口は下記の通りとなりますが、webからの申請が便利です。

転用承諾番号発行の問い合わせ窓口

NTT東日本の場合】 

webから転用承諾番号発行の手続きはこちらから 受付時間:8:30~22:00

電話で転用承諾番号を発行 受付時間:9:00~17:00

電話番号:0120-140202

NTT西日本の場合】  

webから転用承諾番号発行の手続きはこちらから 受付時間:8:30~22:00

電話で転用承諾番号を発行  受付時間:9:00~17:00

電話番号:0120-553-104

尚、転用承諾番号の有効期限は発行日から15日間で、有効期限を過ぎると新たに発行手続きをしなければならなくなりますので、転用承諾番号取得後は、速やかに乗り換え先の光コラボに申し込みをしましょう。

転用承諾番号の発行手順については、下記の記事も参考にしてみてください。

STEP3:乗り換え先の光コラボへ申し込む

NTT東日本/NTT西日本から転用承諾番号を取得した後は速やかに、乗り換え先の光コラボへ申し込みをしましょう

乗り換え先の光コラボについては、通信速度や料金などの基本情報をベースにキャッシュバックや割引などのキャンペーンもしっかりと比較してから乗り換えることが大切です。

特に、キャッシュバックなどのキャンペーンは、総合的なコストを抑えるためにも重要なポイントですので、フレッツ光から光コラボへの乗り換えを検討するにあたり、光コラボのキャッシュバックについてしっかりとリサーチをするようにしましょう。

光コラボのキャッシュバックついては、こちらの記事も参考にしてみてください。

STEP4:フレッツ光のプロバイダを解約する

プロバイダ名解約についての問い合わせ窓口
Yahoo!BB電話番号:0120-981-030(通話料無料)
受付時間:10:00~19:00(年中無休)
MySoftBankから手続き可能
OCN電話番号:0120-506-506
OCNマイページから手続き可能
BIGLOBE電話番号: 0120-86-0962
会員ページから手続き可能
@TCOM電話番号 : 0120-805633(通話料無料)
受付時間 : 10:00~19:00(平日)
10:00~18:00(土日祝)
マイページから手続き可能
So-net電話番号:0120-80-7761
マイページから手続き可能

※更新日:2024/04/17

フレッツ光からの転用の場合には、転用承諾番号を取得すれば、別途解約の手続きをする必要はありません。

しかしながら、プロバイダに関しては、別途解約の手続きが必要ですので注意が必要です。

上記の表は、主要プロバイダ5社の解約についての窓口ですが、自身の契約しているプロバイダに対して、解約の手続きをしましょう。

STEP5:フレッツ光のレンタル機器を返却する

【返却対象機器 例】

  • 回線終端装置(ONU)
  • ADSLモデム
  • VoIPルーター
  • VDSL装置
  • CTU
  • ホームゲートウェイ
  • CUTツール
  • 無線LANカード
  • レンタル電話機
  • 電源アダプタ

解約の場合は、上記のNTTのレンタル機器を返却しましょう。

一方で、転用の場合は、NTTのレンタル機器を継続して利用することができます。

ただし、プロバイダからWi-Fiルーターなどをレンタルしている場合には、返却の必要があることに注意しましょう。

例えば、プロバイダがビッグローブで、ビッグローブからルーターをレンタルしている場合には、ルーターの返却が必要です。

また、解約から1か月を過ぎても機器が返却されない場合には未返却費用6,000円が請求されますので注意しましょう。

このように、フレッツ光から転用する場合には、NTTのレンタル機器は継続利用できますが、プロバイダのレンタル機器については、返却の必要があるので、契約しているプロバイダに確認するようにしましょう。

STEP6:回線の撤去工事を行う

フレッツ光の場合、回線の撤去工事は任意ですが、賃貸物件にお住いの方で大家や管理会社から回線撤去の要望があった場合などは、回線の撤去工事が必要となることがありますので、注意しましょう。

回線の撤去工事が必要になる場合は稀だとは思いますが、必要となった場合には、下記の問い合わせ窓口に連絡し、回線の撤去工事を依頼しましょう。

NTT東日本/NTT西日本 電話番号:0120-116-116

おすすめ 光回線 バナー

フレッツ光の解約金はいくらかかるの?

フレッツ光を解約する場合に、「解約金はいくらかかるのか」という点は重要なポイントです。

ここでは、下記の通りフレッツ光の解約金についてまとめましたので、それぞれ見ていきましょう。

  • フレッツ光の解約金はプランによって違う
  • プロバイダの解約金も発生する
  • 解約金以外に解約時に発生する費用

フレッツ光の解約金はプランによって違う

プラン名解約金
にねん割 NTT東日本戸建て:4,950円
マンション:1,650円
光はじめ割 NTT西日本戸建て:4,400円
マンション:2,200円

※更新日:2024/04/17

フレッツ光を利用中の方は、月額料金が割引されるNTT東日本の「にねん割」やNTT西日本の「光はじめ割」を契約している方が多いとは思いますが、

上記の表の通り、利用期間満了日、その翌月、翌々月の3か月間以外の月で解約した場合には解約金が発生します。

また、以下のように、「にねん割」については、フレッツ光側からの契約終了となるので、「初期契約解除制度」の対象となり、別途フレッツ光から送付される案内書面到着後8日以内に解約するのであれば、解約金は発生しません。

フレッツ光の「にねん割」は、2023年9月30日に新規受付を終了し、2024年2月に満了月を迎えた契約者から順次提供を終了します。

最後に、フレッツ光から転用する場合には、上記の解約金は発生しませんので、費用を抑えるための大きなポイントとなるでしょう。

また、下記のケースは解約金が免除される可能性がありますので、NTTに事前に確認しましょう。

  • NTT東日本/NTT西日本の提供エリア外に引越しする場合
  • 海外に引越しする場合
  • フレッツ光を利用している家に引越しする場合

プロバイダの解約金も発生する

プロバイダ名解約金
Yahoo!BB【2022年6月30日以前に契約】
スタンダード:5,500円
プレミアム:8,800円
【2022年7月1日以降に契約】
月額料金相当額
OCN【2022年6月30日以前に契約】
5,500円
【2022年7月1日以降に契約】
1,100円
BIGLOBE【2022年6月30日以前に契約】
5,500円
【2022年7月1日以降に契約】
1,100円
@TCOM1,100円
So-netなし

※更新日:2024/04/17

上記の表の通り、ほとんどのプロバイダが、最低利用期間内の解約については月額料金相当額程度の解約金を設定しています。

解約金の金額は少額ですが、場合によっては、フレッツ光の解約金+プロバイダの解約金を支払う必要があることを頭に入れておきましょう。

解約金以外に解約時に発生する費用

フレッツ光の初期費用として開通工事費があり、最大で22,000円の工事費用が発生し、通常は24回の分割払いで支払いますので、フレッツ光を解約した場合には工事費残債が発生する場合があります。

したがって、フレッツ光の解約時には、工事費残債を一括請求されますので注意が必要です。

一方で、フレッツ光から転用する場合には、工事費残債は乗り換え先の光コラボへ引き継がれますが、請求方法は乗り換え先の光コラボによって違いがあるので、乗り換え先の光コラボへ確認しましょう。

その他、フレッツ光の場合には、回線撤去費用は発生しませんので、解約金以外で発生する可能性がある費用は、上記の工事費残債のみです。

また、フレッツ光の違約金や工事費残債等解約に伴い発生する費用については、乗り換え先の光回線のキャンペーンなどを利用することで費用負担なしで乗り換えることができる可能性があります。

下記の記事では、違約金負担のあるおすすめの光回線を紹介していますので、参考にしてみてください。

フレッツ光の解約金を無料にする方法は?

フレッツ光を解約する場合には、解約金が発生しますが、フレッツ光の解約金を0円にする方法もあります。

ここでは、下記の通り、フレッツ光の解約金を無料にする方法をまとめましたので、それぞれ見ていきましょう。

  • 解約金がかからないタイミングで解約する
  • プロバイダのみ変更する
  • 転用で他の光コラボに乗り換える
  • 他社違約金還元の特典がある光回線へ乗り換える

解約金がかからないタイミングで解約する

フレッツ光を解約する場合に、解約金がかからないタイミングで解約することで解約金を無料にすることができます。

解約金がかからないタイミングとは、更新月(利用期間満了月、その翌月、翌々月の3か月間)ですので、タイミングが合えば、この期間に解約するようにしましょう。

同様に、プロバイダの契約も基本的には更新月の解約については、解約金が発生しませんので、契約しているプロバイダのマイページなどから確認するようにしましょう。

プロバイダのみ変更する

プロバイダ名月額料金
WAKUWAKU1,045円
So-net1,320円
OCN1,210円
hi-ho1,320円
DTI1,046円
BIGLOBE1,320円
BB.excite550円
ASAHIネット858円
@nifty1,100円

※更新日:2024/04/17

フレッツ光には不満はないけれど、プロバイダに不満がある」という理由で解約を考えている方は、フレッツ光を解約せずにプロバイダを変更することで、問題解決できるかもしれません。

例えば、料金に不満があるのであれば、上記の表の通り、プロバイダによっても違いがあるので、プロバイダを変更することで月額料金を安くなる可能性もありまし、プロバイダによっては、キャンペーンを実施しているところもあります。

例えば、ビッグローブなら月額料金お値引き特典(200円値引き×24カ月)のキャンペーンを実施しています。

このように、プロバイダのみの変更で料金などの問題を解決できれば、フレッツ光を解約する必要はないので、解約金も発生しません。

ただし、フレッツ光のプロバイダは300社以上あり、対応エリアがありますので、事前に確認するようにしましょう。

フレッツ光対応プロバイダの確認はこちらから

次に、フレッツ光でプロバイダのみ変更する場合の手順は、下記の通りです。

  • 手順1:乗り換え先のプロバイダに申し込む
  • 手順2:乗り換え先のプロバイダからユーザーIDやパスワードが記載された案内が届く
  • 手順3:契約しているプロバイダを解約する

最後に、フレッツ光のプロバイダ12社について、下記の記事でも詳しく記載していますので、参考にしてみてください。

転用で他の光コラボに乗り換える

フレッツ光を解約する場合には、解約金が発生しますが、フレッツ光から光コラボへ転用する場合には、解約金が発生しません。

このように、転用の場合には、上記のように解約金が発生しないだけでなく、開通工事の必要もないなどメリットが大きいです。

ただし、転用の場合でもプロバイダの解約金については発生するケースがありますので、注意しましょう。

また、フレッツ光の解約時には、解約金以外に工事費残債が発生する可能性がありますので、フレッツ光から転用する乗り換え先の光コラボは、違約金負担のキャンペーンを実施している光コラボがおすすめです。

例えば、ソフトバンク光なら、あんしん乗り換えキャンペーンがあり、プロバイダの解約金やフレッツ光の工事費残債についても最大100,000円まで還元してくれますので、実質的には費用負担0円で乗り換えることができるでしょう。

また、ソフトバンク光を株式会社STORYから申し込むことで、高額なキャッシュバックも受け取ることができます。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

他社違約金還元の特典がある光回線へ乗り換える

フレッツ光から転用する場合には、基本的に解約金が発生しないということは上述しましたが、例えば、NURO光auひかりなどの独自回線へ乗り換える場合には、フレッツ光の解約の手続きが必要です。

この場合には、転用の場合と違い、フレッツ光の解約金が発生することに加えて、プロバイダの解約金や工事費残債も発生する可能性がありますので注意しましょう。

上記を踏まえると、フレッツ光を解約して他社の光回線へ乗り換える場合には、違約金負担がある光回線に乗り換えることをおすすめします。

中でも、NURO光は、他社の違約金還元キャンペーンもありますし、NURO光の公式サイトからの申し込み高額なキャッシュバックも受け取ることができます。

また、独自回線は、通信速度が速いという特徴があるのでフレッツ光の通信速度に不満を持っている方にもNURO光はおすすめできる光回線であると言えるでしょう。

違約金負担がある光回線については、下記の記事でも記載していますので、参考にしてみてください。

NURO光の評判や口コミはこちら
NURO光のキャンペーンはこちら
NURO光の通信速度はこちら
NURO光へ乗り換える方法はこちら

フレッツ光を解約する場合の注意点は?

フレッツ光を解約する場合には、下記のような注意点がありますので、事前に確認しておきましょう。

  • 光コラボに乗り換える場合には「転用」の手続きが必要
  • ひかり電話を継続利用できない場合がある
  • プロバイダのメールアドレスを継続できない
  • 解約月は日割り計算されるが、オプションは日割り計算されない場合がある
  • フレッツ光メンバーズクラブのポイントが失効する

光コラボに乗り換える場合には「転用」の手続きが必要

フレッツ光から光コラボへ乗り換える場合は、転用の手続きが必要で、下記のような注意点があります。

  • 転用承諾番号には15日間の有効期限がある
  • 悪質な代理店の勧誘に注意

転用承諾番号には15日間の有効期限がある

転用承諾番号には、15日間の有効期限があります。

有効期限を過ぎると、フレッツ光に再発行の手続きをしなければならないので、転用承諾番号の発行後は、速やかに乗り換え先の光回線に申し込みをしましょう。

また、乗り換え先の光コラボにおいても、転用承諾番号の有効期限が4日以上残っていることが申し込みの条件になっている場合もありますので、併せて注意が必要です。

悪質な代理店の勧誘に注意

フレッツ光の転用に関して、悪質な代理店の勧誘に注意しましょう。

悪質な代理店の勧誘パターンとしては、「月額料金が安くなる」などの説明をして、光コラボに転用させるのですが、本来なら適用できるはずのキャンペーンが適用されなかったり、不要な高額オプションを付帯させられることもあるようです。

基本的には、勧誘の電話を窓口にして転用しても損をする可能性が高いので、はっきりと断りましょう。

もし、間違えて勧誘電話を窓口にして契約してしまった場合には、下記の初期契約解除制度を利用することで契約を取り消すこともできます。

初期契約解除制度とは?

初期契約解除制度とは、契約書面の受領日を初日とし、8日を経過するまでは、契約先である電気通信事業者の同意なく消費者の申し出により、契約を解除することができる制度です。

ひかり電話を継続利用できない場合がある

電話番号の種類電話番号の引継ぎ
アナログ発番引継ぎ可
光発番で光コラボへ乗り換え引継ぎ可
光発番で光コラボ以外へ乗り換え引継ぎ不可

NTTのアナログ電話で契約した際に発行した電話番号を「アナログ発番」、ひかり電話を契約した際に発行した電話番号を「光発番」と呼びます。

結論から言えば、フレッツ光ひかり電話の電話番号がアナログ発番なら継続利用可能です

これに対して、フレッツ光の電話番号が、光発番の場合には、光コラボへ乗り換える場合には電話番号を継続利用することができますが、光コラボ以外へ乗り換える場合には電話番号を継続利用することができません。

プロバイダのメールアドレスを継続できない

プロバイダのメールアドレスは、仕事で利用している場合など、できるだけ変えたくない方もいるかと思われますが、フレッツ光を解約する場合、プロバイダも解約するのが一般的ですので、基本的にはプロバイダのメールアドレスは継続利用できません。

ただし、以下の方法でプロバイダのメールアドレスを継続利用することができます。

  • 同じプロバイダで回線だけ変える
  • プロバイダのメールプランにプラン変更する

同じプロバイダで回線だけ変える

例えば、フレッツ光のプロバイダがSo-netだった場合に、乗り換え先の光回線が、NURO光やauひかりなどプロバイダにSo-netを利用している場合には、メールアドレスを継続利用できます。

プロバイダのメールプランにプラン変更する

例えば、プロバイダがDTIの場合、Ubicプランに変更することで、月額220円費用が発生しますが、DTIのメールを継続して利用することができます。

解約月は日割り計算されるが、オプションは日割り計算されない場合もある

NTT東日本、NTT西日本のどちらについても解約月の月額利用料は日割り計算してNTTから請求されます。

ただし、以下のケースについては、日割り計算されないこともありますので注意しましょう。

「リモートサポートサービス」(2015年3月1日以降にご利用開始された方 ※)は、転用日の当月利用料分は日割をせずに月額利用料をNTT東日本からお客さまにご請求いたします。


「フレッツ光」の料金をISP(インターネットサービスプロバイダー)料金とまとめ、 ISP事業者さまにお支払いただいているお客さまは、「フレッツ光」の月額利用料等が日割りとならない場合がございます。

引用元;NTT東日本公式ページNTT西日本公式ページ

フレッツ光メンバーズクラブのポイントが失効する

フレッツ光を利用することで、「マンスリーポイント」や「にねん割更新ポイント」などを獲得することができ、ニッセンポイントなどに交換できますが、解約すると、フレッツ光メンバーズクラブのポイントが失効しますので注意が必要です。

ポイントが多く残っている方は、解約前に利用するようにしましょう。

おすすめ 光回線 バナー

フレッツ光の料金は高い?

フレッツ光
月額料金【東日本】
戸建て:5,940円+プロバイダ料
マンションプランミニ:4,455円+プロバイダ料
マンションプラン1:3,795円+プロバイダ料
マンションプラン2:3,355円+プロバイダ料

【西日本】
戸建て 5,940円+プロバイダ料
マンションプランミニ:4,950円+プロバイダ料
マンションプラン1:4,070円+プロバイダ料
マンションプラン2:3,520円+プロバイダ料
実際の月額料金
※1
【東日本】
戸建て:8,012円
マンションプランミニ:6,137円
マンションプラン1:5,477円
マンションプラン2:5,037円
(プロパイダ料金1,320円を含む)

【西日本】
戸建て:6,802円
マンションプランミニ:6,027円
マンションプラン1:5,257円
マンションプラン2:4,817円
(プロパイダ料金1,045円を含む)
公表している
通信速度
最大1Gbps
実際の通信速度
※2
下り: 252.36Mbps
上り: 247.26Mbps
Ping値: 19.66ms
契約期間2年
事務手数料880円
工事費用工事あり:22,000円
屋内配線がある:11,660円
立ち合い工事無し:3,300円
スマホセット割引なし
キャンペーン西日本版:最大85,000円
東日本版:最大79,000円
(指定プロバイダとオプション加入が必要で
実質料金が高くなる)
その他の特典月額料金1,210円割引(2年まで)
1,428円割引(3年目以降)
(NTT西日本のみ)

戸建て770円割引
マンション110円割引
(NTT東日本のみ)

※更新日:2024年4月03日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

フレッツ光の料金は高いのか」という点について、フレッツ光を解約する前に検証したほうがよいでしょう。

ここでは、下記の通り、フレッツ光の料金について調査しましたので、それぞれ見ていきましょう。

  • フレッツ光は月額料金とプロバイダ料金が発生する
  • フレッツ光の料金が高い場合の節約方法は?

フレッツ光は月額料金とプロバイダ料金が発生する

戸建てマンション
月額料金【西日本】
5,940円+プロバイダ料

【東日本】
5,940円+プロバイダ料
【西日本】
3,520円+プロバイダ料

【東日本】
3,355円+プロバイダ料
実際の料金※1西日本:6,233円
東日本:7,443円
西日本:4,638円
東日本:4,858円

※更新日:2024/04/17

※1:光回線とwifiセット&新規契約

※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間

フレッツ光の月額料金は、フレッツ光の月額基本料金とプロバイダ料金の合計額となることに注意が必要です。

まず、フレッツ光の月額基本料金が戸建て:5940円、マンション:3,355円〜3,520円です。

これに加えて、プロバイダの料金がプラスされますので、他の光コラボと比べると高い料金になります。

因みに、プロバイダ料金の相場感としては、550円~1,320円/月額ですので、戸建ての場合であれば、プロバイダ料金を含めた月額料金は、6,270円~7,040円となるでしょう。

また、光回線の料金を検証する場合には、キャッシュバックや割引などを含めた実際の料金を見ることが大事ですから、本記事では下記の計算式でフレッツ光の実際の料金を算出しましたが、

結論としては、フレッツ光の実際の料金は、他の光回線と比較しても高いという結果になりました。

実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間

フレッツ光の料金が高い場合の節約方法は?

フレッツ光の料金は高いと感じた場合の節約方法としては、下記の方法がありますのでそれぞれ見ていきましょう。

  • プロバイダを変更する
  • 他の光回線へ乗り換える

プロバイダを変更する

フレッツ光の料金が高いと感じた場合には、プロバイダを変更することも一考の余地はあります。

なぜなら、プロバイダ料金は一律ではなく、プロバイダによって月額の料金が違うからです。

例えば、BB.exciteの月額料金は業界最安値で、月額550円ですので、プロバイダをBB.exciteに変更するだけでも概ね500円以上の削減が期待できるでしょう。

フレッツ光のプロバイダの変更を検討している方は、下記の記事でプロバイダのおすすめランキング20選について解説していますので、参考にしてみてください。

他の光回線へ乗り換える

フレッツ光の月額料金が高いと感じた場合、最大限の月額料金削減を目指すのであれば、他の光回線へ乗り換えることを検討しましょう。

フレッツ光の場合には、他の光回線へ切り替えることで、月額料金が安くなる可能性は高いですし、さらに、他の光回線の新規申込特典でキャッシュバックや月額割引を適用できれば、大きなコストメリットがあるでしょう。

また、大手キャリアが実施しているスマホセット割が使える光回線に乗り換えれば、総合的な通信費を削減できます。

ただし、光回線の乗り換えは、通信速度、料金、キャンペーン、サポート体制の充実度など様々な観点から慎重に検討することが必要です。

下記の記事で、おすすめの光回線22社を比較しているので、自分に合った光回線を探すための検討材料としてください。

フレッツ光からの乗り換えにおすすめの光回線は?フレッツ光と比較

フレッツ光から他の光回線へ乗り換えることで、メリットも大きいですが、デメリットもありますので、しっかりと比較検討することが大切です。

ここでは、フレッツ光からの乗り換えにおすすめの光回線について下記の通り、フレッツ光と比較してみました。

  • 転用の場合のおすすめの光回線
  • 光コラボ以外のおすすめの光回線

転用の場合のおすすめの光回線

フレッツ光から他の光回線へ乗り換える場合には、開通工事不要で乗り換えることができる転用が便利です。

転用とは、フレッツ光から光コラボへ乗り換えることで、解約金もかからないので、お得に乗り換えることができますのでおすすめです。

ここでは、スマホセット割が使えて月額料金が安くなるソフトバンク光ドコモ光とフレッツ光の基本情報を比較しましたので、参考にしてみてください。

  • ソフトバンクユーザーはソフトバンク光がおすすめ!
  • ドコモユーザーはドコモ光がおすすめ!

ソフトバンクユーザーはソフトバンク光がおすすめ!

スクロールできます
フレッツ光ソフトバンク光
月額料金【東日本】
戸建て:5,940円+プロバイダ料
マンションプランミニ:4,455円+プロバイダ料
マンションプラン1:3,795円+プロバイダ料
マンションプラン2:3,355円+プロバイダ料

【西日本】
戸建て 5,940円+プロバイダ料
マンションプランミニ:4,950円+プロバイダ料
マンションプラン1:4,070円+プロバイダ料
マンションプラン2:3,520円+プロバイダ料
戸建て:5,720円
マンション:4,180円
実際の料金※1【東日本】
戸建て:8,012円
マンションプランミニ:6,137円
マンションプラン1:5,477円
マンションプラン2:5,037円
(プロパイダ料金1,320円を含む)

【西日本】
戸建て:6,802円
マンションプランミニ:6,027円
マンションプラン1:5,257円
マンションプラン2:4,817円
(プロパイダ料金1,045円を含む)
戸建て:3,933円
マンション:2,393円
通信速度※2下り: 252.36Mbps
上り: 247.26Mbps
Ping値: 19.66ms
下り: 311.65Mbps
上り: 342.55Mbps
Ping値:15.83ms ms
工事費用工事あり:22,000円
屋内配線がある:11,660円
立ち合い工事無し:3,300円
フレッツ光・光コラボからの乗り換えの場合
立ち合い工事あり:31,680円
立ち合い工事無し:4,620円
その他(新規・乗り換え)は実質0円
事務手数料880円3,300円
キャンペーン内容【西日本限定・2年間月額料金割引き】
戸建て:1,210円引き
マンションプランミニ:605円引き
マンションプラン1:495円引き
マンションプラン2:385円引き
最大40,000円キャッシュバック

【新規】
工事費サポートはじめて割の場合は33,000円
10ギガ安心工事費あんしんキャッシュバックの場合は31,000円

【他社転用・事業者変更】
19,000円キャッシュバック
スマホセット割なしソフトバンクスマホ、
ワイモバイルスマホで月額最大1,100円割引
その他特典プロパイダー月額利用料2ヶ月無料
指定プロパイダ+指定オプション加入で新品のノートパソコンプレゼント
学生(専門学校・大学)、引っ越し予定の方に5,000円CB
友達紹介で両者に5,000円CB
工事費実質無料(工事費用の欄参照)
他社への違約金・撤去費負担(100,000円)
開通までWiFiルーター無料貸出
10ギガ6ヶ月間月額料金500円&
ホームゲートウェイ(月550円)6ヶ月間無料

オプション初月無料

※更新日:2024/04/17

※1:光回線とwifiセット&新規契約

※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間

※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

上記の表は、フレッツ光とソフトバンク光を比較したものですが、まず、月額料金については基本料金、実際の料金のどちらについてもソフトバンク光の方が安いという結論となりました。

また、通信速度については、みんなのネット回線速度から引用したデータの平均値から比較しましたが、通信速度についてもソフトバンク光の方が安いという結果でした。

さらに、フレッツ光にはスマホセット割がありませんが、ソフトバンク光にはおうち割光セットを適用することができ、最大月額1,100円スマホの料金が割引されますので、さらにお得に利用できます。

以上をまとめると下記のようになりましたので、フレッツ光からソフトバンク光に乗り換えるメリットは大きいでしょう。

  • 月額料金、実際の料金はフレッツ光よりもソフトバンク光の方が安い
  • 通信速度についてもフレッツ光よりソフトバンク光の方が安い
  • ソフトバンク光はソフトバンクユーザー、ワイモバイルユーザーはスマホセット割が使えるからお得

フレッツ光からソフトバンク光への乗り換え手順について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

ドコモユーザーはドコモ光がおすすめ!

スクロールできます
フレッツ光ドコモ光
月額料金【東日本】
戸建て:5,940円+プロバイダ料
マンションプランミニ:4,455円+プロバイダ料
マンションプラン1:3,795円+プロバイダ料
マンションプラン2:3,355円+プロバイダ料

【西日本】
戸建て 5,940円+プロバイダ料
マンションプランミニ:4,950円+プロバイダ料
マンションプラン1:4,070円+プロバイダ料
マンションプラン2:3,520円+プロバイダ料
戸建て:5,720円
マンション:4,400円
実際の料金※1【東日本】
戸建て:8,012円
マンションプランミニ:6,137円
マンションプラン1:5,477円
マンションプラン2:5,037円
(プロパイダ料金1,320円を含む)

【西日本】
戸建て:6,802円
マンションプランミニ:6,027円
マンションプラン1:5,257円
マンションプラン2:4,817円
(プロパイダ料金1,045円を含む)
戸建て:3,716円
マンション:2,396円
通信速度※2下り: 252.36Mbps
上り: 247.26Mbps
Ping値: 19.66ms
下り: 266.51Mbps
上り: 284.59Mbps
Ping値: 18.5ms
工事費用工事あり:22,000円
屋内配線がある:11,660円
立ち合い工事無し:3,300円
新規工事費無料※3
戸建て・集合住宅:22,000円
(屋内配線がある→11,660円)
出張工事無し→3,300円
事務手数料880円3,300円
キャンペーン内容【西日本限定・2年間月額料金割引き】
戸建て:1,210円引き
マンションプランミニ:605円引き
マンションプラン1:495円引き
マンションプラン2:385円引き
キャッシュバック特典
1ギガ:25,000円
10ギガ:40,000円
スマホセット割なしドコモ光セット割
最大月額1,100円割引
その他特典プロパイダー月額利用料2ヶ月無料
指定プロパイダ+指定オプション加入で新品のノートパソコンプレゼント
学生(専門学校・大学)、引っ越し予定の方に5,000円CB
友達紹介で両者に5,000円CB
WiFi機器は無料レンタル可能
dポイント:2,000Pプレゼント
(10ギガの場合は17,000P)

※更新日:2024/04/17

※1:光回線とwifiセット&新規契約

※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間

※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

※3フレッツ光・提携CATVからの切り替え設置場所の移転は対象外

上記は、フレッツ光とドコモ光の基本情報を比較したものです。

まず、基本料金については、戸建てはドコモ光の方が安いのですが、マンションプランについて月額料金を比較すると、プロバイダの料金によってはフレッツ光の方が安くなる可能性もあります。

次に、実際の料金ですが、こちらについては、圧倒的にドコモ光の方が安いという結果でした。

また、通信速度に関しては、若干ですがドコモ光の方が速いという結果となりました。

最後に、ドコモ光は、スマホセット割があるので、ドコモユーザーの方は、ドコモ光に乗り換えることで大きなコストメリットがあります。

以上をまとめると下記の通りとなりましたので、フレッツ光からドコモ光に乗り換えるメリットの方が大きいと言えるでしょう。

  • 月額料金は、戸建てについてはドコモ光の方が安いがマンションは同じくらい
  • 通信速度は、ドコモ光の方が若干速い
  • ドコモ光はドコモ光セット割があるので通信費を抑えることができる

フレッツ光からドコモ光への乗り換えは、最短1か月でキャッシュバックを受け取ることができるNNコミュニケーションズから申し込みすることをおすすめします。

ドコモ光の口コミや評判はこちら
ドコモ光のキャッシュバックはこちら
ドコモ光のキャンペーンはこちら
ドコモ光のメリットでデメリットはこちら

光コラボ以外のおすすめの光回線

ここまで、フレッツ光から光コラボへの転用手続きを中心に解説してきましたが、フレッツ光の通信速度に不満がある方などは、独自回線に乗り換えることをおすすめします。

独自回線は、NTTのダークファイバーや独自の回線網を利用せいて光回線を提供するサービスなので、通信速度が速い傾向がある一方で、提供エリアが限定されているというデメリットもあります。

フレッツ光から光コラボ以外に乗り換える場合、本記事では、下記の光回線をおすすめしますので、それぞれ見ていきましょう。

  • auユーザーはauひかりがおすすめ!
  • 通信速度重視ならNURO光がおすすめ!

auユーザーはauひかりがおすすめ!

スクロールできます
フレッツ光auひかり
月額料金【東日本】
戸建て:5,940円+プロバイダ料
マンションプランミニ:4,455円+プロバイダ料
マンションプラン1:3,795円+プロバイダ料
マンションプラン2:3,355円+プロバイダ料

【西日本】
戸建て 5,940円+プロバイダ料
マンションプランミニ:4,950円+プロバイダ料
マンションプラン1:4,070円+プロバイダ料
マンションプラン2:3,520円+プロバイダ料
戸建て:
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
マンション:4,455円
実際の料金※1【東日本】
戸建て:8,012円
マンションプランミニ:6,137円
マンションプラン1:5,477円
マンションプラン2:5,037円
(プロパイダ料金1,320円を含む)

【西日本】
戸建て:6,802円
マンションプランミニ:6,027円
マンションプラン1:5,257円
マンションプラン2:4,817円
(プロパイダ料金1,045円を含む)
戸建て:2,885円
マンション:857円~1,858円
通信速度※2下り: 252.36Mbps
上り: 247.26Mbps
Ping値: 19.66ms
下り: 514.19Mbps
上り: 523.31Mbps
Ping値: 14.74ms
工事費用工事あり:22,000円
屋内配線がある:11,660円
立ち合い工事無し:3,300円
戸建て:41,250円
マンション:33,000円
キャンペーンで実質無料
事務手数料880円3,300円
キャンペーン内容【西日本限定・2年間月額料金割引き】
戸建て:1,210円引き
マンションプランミニ:605円引き
マンションプラン1:495円引き
マンションプラン2:385円引き
キャッシュバック特典
【プロバイダがso-netの場合】
戸建て:47,000円※3
WEB申し込みのみ:31,000円
マンション:52,000円※3
WEB申し込みのみ:36,000円

【プロバイダがBIGLOBEの場合】
戸建て:37,000円※3
WEB申し込みのみ:31,000円
マンション:42,000円※3
WEB申し込みのみ:36,000円
スマホセット割なしauユーザー、UQモバイルユーザーは
月額最大1,100円割引
その他の特典プロパイダー月額利用料2ヶ月無料
指定プロパイダ+指定オプション加入で新品のノートパソコンプレゼント
学生(専門学校・大学)、引っ越し予定の方に5,000円CB
友達紹介で両者に5,000円CB
初月使用料無料
初期工事費実質無料(新規)

※更新日:2024/04/17

※1:光回線とwifiセット&新規契約

※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間

※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

※3ネット・スマホ・光電話・WEB申し込み

フレッツ光とauひかりの基本情報を比較したところ、上記の表の通りとなりました。

結果としては、月額料金、実際の料金ともにauひかりの方が安かったので、フレッツ光からauひかりに乗り換えることで月額の料金を安くすることができるでしょう。

また、通信速度については、やはり独自回線のauひかりの通信速度は速く、フレッツ光よりも圧倒的に速いということがわかりました。

これに加えて、auひかりのスマホセット割として、月額最大1,100円割引のauスマートバリュー、UQモバイル自宅セット割が適用できますので、auユーザー、UQモバイルユーザーは通信費月額を大きく下げることができるでしょう。

auひかりの申し込み窓口は、キャッシュバックの額も高額で、受け取りまでの期間も早いNNコミュニケーションズからの申し込みがおすすめです。

auひかりの評判や口コミはこちら
auひかりのキャンペーンはこちら
auひかりのキャッシュバックはこちら
auひかりの乗り換え方法はこちら

通信速度重視ならNURO光がおすすめ!

スクロールできます
フレッツ光NURO光
月額料金【東日本】
戸建て:5,940円+プロバイダ料
マンションプランミニ:4,455円+プロバイダ料
マンションプラン1:3,795円+プロバイダ料
マンションプラン2:3,355円+プロバイダ料

【西日本】
戸建て 5,940円+プロバイダ料
マンションプランミニ:4,950円+プロバイダ料
マンションプラン1:4,070円+プロバイダ料
マンションプラン2:3,520円+プロバイダ料
戸建て:5,700円
実際の料金※1【東日本】
戸建て:8,012円
マンションプランミニ:6,137円
マンションプラン1:5,477円
マンションプラン2:5,037円
(プロパイダ料金1,320円を含む)

【西日本】
戸建て:6,802円
マンションプランミニ:6,027円
マンションプラン1:5,257円
マンションプラン2:4,817円
(プロパイダ料金1,045円を含む)
【2年契約】
3,412円
【3年契約】
3,492円
通信速度※2下り: 252.36Mbps
上り: 247.26Mbps
Ping値: 19.66ms
下り: 642.53Mbps
上り: 619.11Mbps
Ping値: 11.11ms
工事費用工事あり:22,000円
屋内配線がある:11,660円
立ち合い工事無し:3,300円
実質無料
44,000円
事務手数料880円3,300円
キャンペーン内容【西日本限定・2年間月額料金割引き】
戸建て:1,210円引き
マンションプランミニ:605円引き
マンションプラン1:495円引き
マンションプラン2:385円引き
通常;45,000円キャッシュバック
NURO電気:6,000円キャッシュバック
NUROガス:2,000円キャッシュバック
NUROひかりTV:12,000円キャッシュバック
スマホセット割なしNUROモバイルセット割
月額最大1,100円割引(1年間のみ)

ソフトバンク
月額最大1,100円割引
その他の特典プロパイダー月額利用料2ヶ月無料
指定プロパイダ+指定オプション加入で新品のノートパソコンプレゼント
学生(専門学校・大学)、引っ越し予定の方に5,000円CB
友達紹介で両者に5,000円CB
他社解約金60,000円まで負担
2ヶ月無料体験
(月額費が2ヶ月分無料)

※更新日:2024/04/17

※1:光回線とwifiセット&新規契約

※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間

※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

ここでは、フレッツ光とNURO光の基本情報を上記の表の通り比較した結果、まず、月額基本料金及び実際の料金に関しては、NURO光の方が安いということがわかりました。

次に、通信速度については、NURO光の方が圧倒的に速いという結果となりました。

また、NUROモバイルやソフトバンクを利用することで、最大月額1,100円割引されるなどスマホセット割についても適用できますので、対象のスマホキャリアの方にとっては大きなコストメリットがあるでしょう。

フレッツ光からNURO光への乗り換えは、フレッツ光の解約とNURO光への新規申込という手続きになるので、解約金や開通工事費が発生するというデメリットがありますが、

NURO光のキャンペーンで工事費無料、他社違約金還元がありますので、実質的には費用負担なしで乗り換えが可能です。

フレッツ光からNURO光への乗り換えについて詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

NURO光の評判や口コミはこちら
NURO光のキャンペーンはこちら
NURO光の通信速度はこちら
NURO光へ乗り換える方法はこちら

フレッツ光の解約についてのよくある質問

最後に、フレッツ光の解約についてのよくある質問を下記の通り、まとめましたので、それぞれ見ていきましょう。

  • NTTフレッツ光の解約は電話でできますか?
  • フレッツ光の解約費用はいくらですか?
  • フレッツ光を解約する場合、いつまでに解約すればよいですか?
  • 引越しをする場合にはどのような手続きが必要ですか?費用はかかりますか?
  • 解約の電話でしつこく引き留められることはありますか?その場合の対処法は?
  • フレッツ光のレンタル機器の返却方法を教えてほしい

NTTフレッツ光の解約は電話でできますか?

NTTフレッツ光の解約は電話でも可能ですので、下記の問い合わせ窓口に電話しましょう。

フレッツ光を解約する場合の問い合わせ窓口

電話で解約する場合

NTT東日本/NTT西日本共通

電話番号:116(固定電話から)

又は、0120-116-116

ただし、電話が混みあっているなど時間帯によっては繋がりにくいこともあります。

そのような場合には、webで解約申請が便利です。

フレッツ光の解約費用はいくらですか?

フレッツ光の解約費用は、下記の通りです。

【にねん割 NTT東日本】
戸建て:4,950円
マンション:1,650円
【光はじめ割 NTT西日本】
戸建て:4,400円
マンション:2,200円

ただし、フレッツ光を解約する場合には、プロバイダの解約金も発生する場合もあり、場合によっては、プロバイダの月額料金相当額の解約金がかかることを頭に入れておきましょう。

フレッツ光を解約する場合、いつまでに解約すればよいですか?

フレッツ光を解約する場合に、いつまでという縛りはありません。

ただし、転用の場合には問題ありませんが、フレッツ光を解約して他の光回線に新規申込をする場合には、

乗り換え先の光回線の開通工事日に併せてフレッツ光を解約するようにしないと、インターネットが使えない期間が生じてしまうこともありますので注意が必要です。

引越しをする場合にはどのような手続きが必要ですか?費用はかかりますか?

フレッツ光で引越しをする場合の手続きについては、同一エリア内の場合には引越しの手続きをすることで、継続利用することができますが、エリアを跨ぐ引越しの場合にはフレッツ光の解約と新規申込の手続きが必要です。

フレッツ光の引越しの手続きについては、下記から申し込みができます。

NTT西日本の場合は、「移転工事費割引」がありますが、いずれにせよ、同一エリア内でもエリアを跨ぐ場合でも開通工事費が発生するというデメリットがあります。

上記を踏まえると、光回線を乗り換えた方が、費用面でメリットがある可能性が高いと考えれれますので、引越しをする場合には、光回線の乗り換えも検討しましょう。

下記の記事では、光回線のおすすめ22社を紹介していますので参考にしてみてください。

解約の電話でしつこく引き留められることはありますか?その場合の対処法は?

フレッツ光の解約の電話でしつこく引き留められる可能性は低いですが、解約の電話でしつこく引き留められた場合には、はっきりと解約する意思を伝えましょう。

上記のような懸念がある方は、webから解約申請ができますので下記の申請窓口からwebで解約申請するようにしましょう。

フレッツ光のレンタル機器の返却方法を教えてほしい

フレッツ光を解約した場合には、下記の手順で速やかにレンタル機器を返却しましょう。

  • STEP1:NTTからレンタル機器回収キットが送付される
  • STEP2:同封の案内状に記載されている機器と電源アダプターを機器返却袋に入れる
  • STEP3:郵便局へ集荷依頼又はローソンへ持ち込み返送する(着払)

フレッツ光の解約手順のまとめ

本記事では、フレッツ光の解約手順について解説しました。

フレッツ光を解約するパターンとしては、下記の通りですが、フレッツ光を解約する場合には、フレッツ光の解約とプロバイダの解約が必要であることに注意しましょう。

フレッツ光から光コラボへ乗り換える場合→転用の手続き

フレッツ光から独自回線へ乗り換える又はインターネットの利用を廃止する→解約の手続き

フレッツ光の解約や転用の場合の手続きの流れは下記の通りです。

フレッツ光解約の手続きの流れ

  • 手順1:プロバイダを解約する
  • 手順2:フレッツ光の解約手続きを行う
  • 手順3:フレッツ光のレンタル機器を返却する
  • 手順4:回線の撤去工事を行う

フレッツ光転用の手続きの流れ

  • STEP1:必要な書類を準備する
  • STEP2:NTTから転用承諾番号を取得する
  • STEP3:乗り換え先の光コラボへ申し込む
  • STEP4:フレッツ光のプロバイダを解約する
  • STEP5:フレッツ光のレンタル機器を返却する
  • STEP6:回線の撤去工事を行う

上記の手続きでフレッツ光の解約をすることができますので、参考にしてみてください。

最後に、フレッツ光には大手企業ならではの安心感はありますが、月額料金や通信速度については他の光回線よりもやや劣っているという印象です。

特に、料金については他の光回線へ乗り換えることで大きなコストメリットがあるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

最後に、フレッツ光を解約して、他の光回線に乗り換える際は、月額料金、通信速度だけでなく、キャンペーンや特典も含めてしっかりと検証し、自分に合った光回線を選択するようにしましょう。

下記の画像先ではおすすめの光回線や特徴などをまとめてありますので、自分に合った光回線選びの参考にしてみてください。

おすすめ 光回線 バナー
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

【目次】クリックで見出しに飛びます