So-net光プラスからソフトバンク光への乗り換え手順は?メリットや注意点をわかりやすく解説!

So-net光プラス ソフトバンク光 比較
最新情報

【2024年2月29日にSo-net光プラスは新規申し込みを終了しました】
※参照:「So-net光プラス」

So-net光プラスの新規申し込みが終了し、

2024年3月1日から新しく「So-net光S」、「So-net光M」、「So-net光L」の新プランが提供されました。

新しいプランの内容や特典の詳細については、So-net光プラスの公式サイトをご確認ください。

なお、現在So-net光プラスを利用中の方は、新規申し込み終了後も引き続き利用が可能です。

光回線事業者の中にSo-net光プラスとソフトバンク光がありますが、違いとしてはSo-net光プラスはソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供するサービスであり、

ソフトバンク光はソフトバンク株式会社が提供しているサービスです。

そこで本記事では、So-net光プラスとソフトバンク光のメリットとデメリットを比較すると同時に、乗り換えの手順などを詳しく解説してみましたので、是非、参考にしてみてください。

回線名キャンペーンと
おすすめの点
公式ページ
✔︎50,000円キャッシュバック
✔︎開通工事費と同額の月額料金割引
✔︎開通前モバイルWi-Fiレンタル初月無料
✔︎v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタル永年無料
✔︎総合セキュリティソフト『S-SAFE』無料
✔︎訪問設定サポート無料
So-net光プラスはこちら

※更新日:2024年7月01日

回線名キャンペーンと
おすすめの点
公式ページ
ソフトバンク光新規申し込みで40,000円キャッシュバック
他者転用・事業者変更:19,000円
工事費実質無料
他社解約違約金を最大100,000円負担
ソフトバンク、Y!mobileユーザーは毎月最大1,100円割引
10ギガ500円で開始可能
ソフトバンク光の公式ページはこちら

※更新日:2024年7月01日

【目次】クリックで見出しに飛びます

So-net光プラスからソフトバンク光に乗り換える手順は?

まずは、So-net光プラスからソフトバンク光への乗り換えを検討している方のために、乗り換えの手順について解説していきます。

So-net光プラス・ソフトバンク光ともに光コラボ同士であるため、乗り換えの場合は事業者変更となります。

事業者変更

光コラボレーション」から「光コラボレーション」に乗り換えることです。
※例:ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える

転用

フレッツ光」から「光コラボレーション」に乗り換えることです。
※例:フレッツ光からドコモ光に乗り換える

→さらに事業者変更と転用の違いを見るにはこちら

乗り換えの手順を以下で確認していきましょう。

  • STEP1:So-net光プラスから事業者変更承諾番号を発行してもらう
  • STEP2:ソフトバンク光を申込む
  • STEP3:ソフトバンク光の光BBユニットが郵送される
  • STEP4:ソフトバンク光の利用開始&光BBユニットを設置する
  • STEP5:So-net光プラスのレンタル機器を返却する

STEP1:So-net光プラスから事業者変更承諾番号を発行してもらう

事業者変更をするためには、どの光コラボでも事業者変更承諾番号が必要です。

事業者変更承諾番号とは

11桁の英数字で構成されている、光コラボサービスを契約中の方が他の光コラボサービスへ契約を変更する際に必要となるものです。

15日間という期限があり、その間に光コラボの乗り換えを行う必要があります。

So-net光プラスでは、So-net事業者変更ダイヤルに連絡をすることで、事業者変更承諾番号を発行してもらうことが出来ます。

<So-net事業者変更ダイヤル>
0120-45-2522 受付時間:9:00〜18:00

申し込みには契約者本人に限られることと、「契約者本人の名前」「契約者の住所」「契約時の登録電話番号」「契約者の生年月日」が必要となります。

発行時にSo-net光プラスの未払いがある場合には、事業者変更承諾番号を発行してもらうことができないので気を付けましょう。

事業者変更承諾番号について詳しく知りたい方は、以下「事業者変更承諾番号ってなに?ドコモ光やソフトバンク光などの光コラボ同士の乗り換え方法を解説!」をご確認ください。

STEP2:ソフトバンク光を申込む

事業者変更承諾番号の発行後、ソフトバンク光を事業者変更で申し込みをしましょう。

ソフトバンク光を申し込む際、ソフトバンク光公式代理店「株式会社STORY」から申し込むことをおすすめします。

ソフトバンク光公式から申し込む場合はソフトバンク光公式の特典のみ受けることができますが、

代理店から申し込むことで公式特典と代理店独自のキャンペーンキャッシュバックを受けることができ、お得にソフトバンク光を契約することが可能です。

申し込みが完了すると、ソフトバンク光を利用するために必要なID情報や契約情報を記載した書類をSMSまたは郵送にて届くため大切に保存しておきましょう。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

STEP3:ソフトバンク光の光BBユニットが郵送される

申し込み完了後、光BBユニットを利用のサービスに申し込みをした方には、宅配便にて開通前にソフトバンク光の光BBユニットが郵送されます。

ONUは、NTTから借りている場合がほとんどであるため、そのまま利用が可能です。

光コラボ同士での事業者変更であるため光回線変更の際に発生する工事等はなく、短期間で簡単に変更することが可能となっています。

ONUとは?

ONUとは光回線に接続するための光コンセントとPCの間に接続する「終端装置」のことで、別称として光モデムとも呼ばれます。

これには光ファイバーケーブルから送られてきた光信号をデジタル信号に変換する役割があり、光回線を利用する際には欠かせない機器の1つです。

また、ONUに無線LANルーターや光電話ルーターの機能を加えたものを一般的に「ホームゲートウェイ」と言いますが、どちらもひっくるめて単にONU(無線LAN一体型ONUなど)と呼称することもあります。

ONUの詳しい内容はこちら

STEP4:ソフトバンク光の利用開始&光BBユニットを設置する

光BBユニットが郵送されれば、指定された日になると自動でサービスが切り替わるので、サービスが切り替わったら光BBユニットを設置し、インターネットの設定を行いましょう。

機器設定は自身で行う必要がありますが、接続方法については記載されているので簡単に設置が可能です。

設定ができれば、ソフトバンク光の利用開始となります。

STEP5:So-net光プラスのレンタル機器を返却する

ソフトバンク光の利用開始後、So-net光プラスのレンタル機器を返却しましょう。

<返却するもの>
v6プラス対応ルーター、本体スタンド、電源アダプタL、ANケーブルなど

<返却先住所>
郵便番号:〒343 – 0851
住所:埼玉県越谷市七左町 4 – 301
宛名:v6ルーター係 (※1)
備考欄:回収戻り品

Wi-Fiルーターや電源アダプタなど、レンタルしていたものを元払いでSo-net光プラスに返却することで事業者変更が完了となります。

返却を忘れてしまうと、So-net光プラスの場合は機器未返却違約金として6,200円を請求されてしまいますので、できるだけ早めに返却するように気を付けてください。

光コラボへの事業者変更ではなく、光回線の変更をする場合は解約となりますので、以下「So-net光プラスを損なく解約する方法は?退会手続きの流れや違約金、注意点などを徹底解説!」をご覧ください。

So-net光プラスから事業者変更承諾番号を取得する手順や注意点は?

ここまでSo-net光プラスからソフトバンク光への乗り換え方法について解説しました。

光コラボ同士の乗り換えのため事業者変更承諾番号が必要と解説しましたが、取得する際の手順や注意点について以下で紹介します。

  • So-net光プラスの事業者変更承諾番号は即日発行が可能
  • So-net光プラスの事業者変更承諾番号の発行手続きの流れは?

So-net光プラスの事業者変更承諾番号は即日発行が可能

So-net光プラスでの事業者変更承諾番号はSo-net光プラスの専用窓口から申し込みが可能です。

<So-net事業者変更ダイヤル>
0120-45-2522 受付時間:9:00〜18:00

電話で教えてくれるのではなく、2時間程度で「事業者変更承諾番号」の払い出し結果についてメール・SMSが届きます。

払い出し結果に関しては、利用料金の未払い等がある場合は支払いをした後にもう一度発行の手続きをすることで事業者変更承諾番号を発行が可能です。

ただし、16時以降の申し込みとなると払い出しが翌日になる場合があるため、注意が必要です。

また、事業者変更承諾番号は15日間という有効期限があるため、出来るだけ余裕を持って申し込みを行いましょう。

So-net光プラスの事業者変更承諾番号の発行手続きの流れは?

発行手続きの流れは以下の通りです。

  1. 「事業者変更承諾番号」申し込み
    →So-net光プラス専用窓口で連絡し、申し込みます。申し込み完了後、受付完了メール・SMSが届きます。
  2. 「事業者変更承諾番号」の取得
    →お申し込みから2時間程度で、事業者変更承諾番号の払い出し結果についてメール・SMSが届くので、確認しましょう。
  3. 光コラボへ申し込み
    →確認できれば15日以内に光コラボに事業者変更として申し込みをしましょう。

基本的には即日発行ですが、申し込みの時間帯によっては翌日の発行となる場合がありますので余裕を持って申し込むことをおすすめします。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

So-net光プラスからソフトバンク光に乗り換えるデメリットや注意点は?

So-net光プラスからソフトバンク光への乗り換え方法にはどんなデメリットや注意点があるのでしょうか。

以下のついてそれぞれ解説をしていきます。

  • ソフトバンク光はIPv6やWiFiを使うのに別途料金がかかる場合がある
  • au・UQモバイルとのセット割が利用できなくなる
  • So-net光プラスで契約していたプロバイダサービスは引き継げない

ソフトバンク光はIPv6やWiFiを使うのに別途料金がかかる場合がある

ソフトバンク光 おうち割
WiFiマルチパックの利用料金
光BBユニットレンタル料513円/月
光BBユニット専用無線LANカード・使用料1,089円/月
合計(スマホとのセット割無し)1,602円/月
合計(スマホとのセット割に加入)550円/月

※更新日:

So-net光プラスでは、IPv6接続に対応しているWi-FiルーターがSo-net光プラス申し込み時に同時にレンタルを申し込むことで、月額料金550円が永年無料になります。

IPv6ってなに?

「IPv6」は、「IPv4」に次ぐ最新のインターネットプロトコルの規格です。IPv6はIPv4でのIPアドレスの枯渇の問題などを背景に開発されました。

IPアドレスは、インターネット上での住所のようなもので、IPアドレスでどこからどこへデータを送信するのが確定してはじめてインターネット上での通信が可能になります。

IPv4のIPアドレスは約43億個に限られるのに対し、IPv6では約340澗個(340兆の1兆倍の1兆倍)のIPアドレスが使用可能が利用でき、事実上、無限大にIPアドレスを割り当てできます。

また、IPv6では、「IPoE」による新しい接続方式が利用可能で、従来の「PPPoE」による接続方式と比べると、高速に通信できます

道路で例えると、従来のPPPoE方式では車線が少なく混雑が起きやすいのに対し、新方式のIPoE方式は車線が増えて渋滞が解消されるイメージです。

IPv6対応のサービスへのりかえることで、通信速度の向上と安定が期待できます。

IPv4について更に詳しくみる

IPv6について更に詳しくみる

一方でソフトバンク光では、無線LANを利用したい場合はWi-Fiマルチパックを有料オプションとして付ける必要があります。

料金は上記の表の通りであり、月額1,602円がソフトバンク光の月額料金にプラスでかかります。

しかし、ソフトバンク光ではスマホとのセット割「おうち割光セット」というキャンペーンがあり、光BBユニットレンタル料等指定オプションを月額550円で利用することが可能です。

ソフトバンクのスマホはもちろん、ソフトバンクの格安SIMであるワイモバイルのスマホでも「おうち割光セット」が適用されます。

「おうち割光セット」に関しては、以下「ワイモバイルはソフトバンク光とセットがお得?「おうち割光セット」でスマホ代を更に安くするには?」で解説されているので一緒にご確認ください。

au・UQモバイルとのセット割が利用できなくなる

So-net光プラスでは、auスマホとUQモバイルは永年最大1,100円割引、So-net光SではNUROモバイルは1年間792円割引のスマホセット割引が受けられます。

しかし、ソフトバンク光ではau・UQモバイルのスマホのセット割は対応しておらずソフトバンク光に乗り換えた場合はセット割の利用ができなくなります。

その代わりに、ソフトバンク光ではソフトバンク・ワイモバイルでのスマホセット割「おうち割光セット」が存在します。

おうち割光セット

ソフトバンク光やソフトバンクAirとワイモバイルのスマホの組み合わせでセット割が適用されて毎月最大10回線まで永年月々最大1,650円(税込)のスマホの割引がされるものです。

「おうち割光セット」では、So-net光プラスが提供しているauスマホの割引額より大きく、簡単にセット割を適用することが可能です。

スマホのセット割に関しては、「auひかり・ドコモ光・ソフトバンク光のスマホセット割って?利用条件や適用後の料金まとめ!」でどんなセット割があるかご確認ください。

なお以下の表ではそれぞれのスマホキャリアにあった光回線をご紹介しておりますので、ぜひ、参考にしてみてください。

↓↓一番安い光回線を選びたい人はこちらもチェック↓↓

使用している
スマホキャリア
建物タイプお住まいの
地域
おすすめの
光回線
docomo戸建て
マンション
全都道府県ドコモ光
ソフトバンク戸建て関東・関西・東海
・九州(福岡・佐賀)
・中国(広島・岡山)
・北海道
NURO光
関東・関西・東海
・九州(福岡・佐賀)
・中国(広島・岡山)
・北海道
以外の人
ソフトバンク光
マンション全都道府県
auマンション全都道府県auひかり
一戸建て関東auひかり
関西eo光
東海コミュファ光
中国メガエッグ光
四国ピカラ光
九州BBIQ
3キャリア以外戸建て全都道府県GMOとくとくBB
GMO光アクセス
マンション

So-net光プラスで契約していたプロバイダサービスは引き継げない

So-net光プラスから回線事業者を変更するとなると、オプションやプロバイダメールは引き継ぐことができません。

プロバイダメールに関してはメールアドレスが消失するため利用を継続することができませんが、もし引継ぎをしたい場合は契約サービスをモバイルコースに変更すれば、

ソフトバンク光へ乗り換えても月額220円でメールアドレスを引継ぐことが可能です。

オプションに関しては、NTT東日本・西日本と直接契約をしている付加サービスがある場合、NTT東日本・西日本からソフトバンク光へ契約情報を開示する必要があります。

引き継ぎ手続きが必要なオプション
  • ひかり電話
  • リモートサポートサービス
  • フレッツ・テレビ伝送サービス
  • 24時間出張修理オプション

住んでいるエリアによってNTT東日本・西日本のどちらに問い合わせるかは、窓口が違うので気を付けてください。

NTT東日本開示承諾受付センター0120-112-335(受付時間9:00~17:00 土日休日も受付)
NTT西日本光番号ご案内センター0800-200-1057(受付時間9:00~17:00 年末年始を除く)

電話番号に関しては、So-net光プラスからソフトバンク光への乗り換えは光コラボ同士であるため、NTTの固定電話を利用していたり、光コラボの光電話を利用している場合は、オプション等関係なく電話番号の引き継ぎが可能です。

なお、より詳しく光コラボの乗り換えについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

So-net光プラスからソフトバンク光に乗り換えるメリットは?

ここまで、So-net光プラスからソフトバンク光に乗り換えるデメリットについて解説しました。

ではどんなメリットがあるのか気になる方が多くいらっしゃると思います。

So-net光プラスからソフトバンク光に乗り換えることで発生するメリットを以下でまとめていますので、1つずつ紹介していきます。

  • ソフトバンク・ワイモバイルのスマホ料金が割引になる
  • ソフトバンク光の10ギガプランと契約すれば速度の向上が図れる
  • 光コラボ同士なので工事不要で乗り換えができる
  • 解約費用はソフトバンク光が全額負担してくれる

ソフトバンク・ワイモバイルのスマホ料金が割引になる

ソフトバンク光 ワイモバイル おうち割

So-net光プラスからソフトバンク光に事業者変更すると、ソフトバンク・ワイモバイルのスマホ料金が割引となります。

So-net光プラスではau・UQモバイル・NUROモバイルとのスマホセット割がありましたが、ソフトバンク光ではソフトバンク・ワイモバイルのスマホ料金が対象となるおうち割光セットがあります

「おうち割光セット」とは、スマホプランにもよりますがスマホの月額料金が永年最大で1,650円の割引となるものです。

「おうち割光セット」適用条件

・ソフトバンクのiPhone、スマートフォン、ケータイ、iPad、タブレット、Wi-Fiルーター、モバイルシアターを対象料金サービスで利用中であること
・登録する携帯電話がソフトバンク光の契約者本人、または家族名義の契約であること
・1契約につき、携帯電話回線最大10回線の登録

指定オプションに入る必要がありますが、オプションの料金もセットで申し込むことで550円で利用が可能となります。

格安SIMのワイモバイルに関しても同様であり、スマホ料金が永年割引されます。

また、「おうち割光セット」に加入後にアンケートの回答をするだけで「SoftBank 光 スイッチ!キャンペーン」が適用となります。

「SoftBank 光 スイッチ!キャンペーン」適用条件

新たにソフトバンク光に転用または事業者変更で申し込み、申込日より180日以内に開通していること
申し込みと同時に本キャンペーンに申し込むこと
申し込みと同時に「おうち割 光セット申し込み、ソフトバンク光利用開始月~3ヶ月目の末日までにおうち割 光セットの適用が開始されていること

・ソフトバンク光利用開始月~3ヶ月目の末日までに指定のアンケートに回答ができていること

ソフトバンク光の月額料金が最初の1年間ずっと1,100円(税込)で割引となり、「おうち割光セット」で必須オプションの月額料金も1年間550円(税込)の割引が可能です。

そのため、必須オプションは実質無料で利用できることになります。

ワイモバイルのスマホセット割に関しては、以下「ワイモバイルはソフトバンク光とセットがお得?「おうち割光セット」でスマホ代を更に安くするには?」で詳しく解説していますのでご覧ください。

ソフトバンク光の10ギガプランと契約すれば速度の向上が図れる

ソフトバンク光 10ギガ

So-net光プラスには通信速度が最大1Gbpsのプランがありますが、ソフトバンク光には1Gbpsだけでなく10Gbpsのプランが存在します。

そのため、ソフトバンク光で10ギガプランの契約をすることで実質、通信速度の向上を図ることが可能です。

ただし、10ギガが提供されているエリアは限定されており、提供エリア外である場合には10ギガプランでの契約はできません。

自身の住んでいる地域が10ギガの提供エリア内であるかは、公式ページで確認することが可能です。

10ギガエリア確認はこちら

現在、ソフトバンク光では10ギガ500円ではじめようキャンペーン」にて6ヶ月間ワンコイン500円(税込)で10ギガを利用できるため、

10ギガエリア内に住んでいる方で大容量のインターネットを利用する方には、10ギガプランにすることで通信速度に困ることなくインターネットの利用をすることができます。

なお、10ギガの光回線について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

光コラボ同士なので工事不要で乗り換えができる

So-net光プラスからソフトバンク光への乗り換え場合は、光コラボ同士のためNTT回線を利用した変更となるので、特に工事の必要はなく開通工事なしで乗り換えが可能です。

So-net光プラスから別の回線に変更する際は、撤去工事が必要となる場合があり工事当日は立ち合いの必要があります。

また新たな回線には開通工事が必要となるため工事費用が発生しますが、光コラボ同士の乗り換えであれば工事費用もかかりません。

ソフトバンク光だけでなく他の光コラボも同様に乗り換えができるため、光コラボについてもっと知りたい方は以下「2024年7月/光コラボのおすすめ12社比較!料金が安く通信速度が早いのは?」をご確認ください。

解約費用はソフトバンク光が全額負担してくれる

ソフトバンク光 あんしん乗り換えキャンペーン

光回線の乗り換えを行う場合、契約しているプランの更新年数やサービスによっては違約金が数万円請求されることもあり、So-net光プラスも違約金が発生する場合があります。

So-net光プラスでは、2年契約のプランのため24ヶ月目の契約期間の満了月から翌々月までの3ヶ月間は契約更新期間として解約しても違約金は発生しません。

つまり、その期間以外であれば解約金・違約金が発生してしまいます。

解約金・違約金は、戸建てとマンションで異なっていますが最大で4,580円(税込)程度かかります。

しかし、ソフトバンク光の場合はSoftBank あんしん乗り換えキャンペーンを受けることが出来、

他社の光回線サービスを利用中の人を対象として、ソフトバンク光に乗り換える際に発生する違約金や撤去工事費などを、最大100,000円までソフトバンクが負担してもらえるのです。

そのため、So-net光プラスの解約金は「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」で全て負担することで実質の出費はありません。

ただし、注意点もあるため以下をご確認ください。

  • 申し込む際に解約金・違約金を支払った証明書が必要
  • 代理店独自のキャンペーンと併用できない場合がある
  • 他社違約金は一旦自分で支払い、負担しておく必要がある
  • キャッシュバックには受け取り期限がある

So-net光プラスの解約については、以下「So-net光プラスを損なく解約する方法は?退会手続きの流れや違約金、注意点などを徹底解説!」でまとめていますのでお得に解約したい方はご確認ください。

So-net光プラスからソフトバンク光への乗り換えにかかる費用は?

ここまでSo-net光プラスからソフトバンク光に乗り換えるデメリットやメリットを紹介した中で解約金・違約金についても紹介しました。

では実際、So-net光プラスからソフトバンク光への乗り換えにかかる費用について解説します。

  • So-net光プラスの更新期間中にソフトバンク光へ乗り換えた場合の費用
  • So-net光プラスの解約金はソフトバンク光のキャンペーンで無料になる

So-net光プラスの更新期間中にソフトバンク光へ乗り換えた場合の費用

必要な費用金額
開通工事費用0円
事業者変更承諾番号の発行手数料0円
ソフトバンク光の契約手数料3,300円

※更新日:

So-net光プラスからソフトバンク光に乗り換える場合、So-net光プラスの契約が更新期間であるか、そうでないかで費用は変わります。

更新期間でない場合、解約金が以下の通り必要となります。

<So-net光プラス解約金>
2022年6月30日までに契約した方:20,000円
2022年7月1日以降に契約した方:戸建:4,580円 マンション:3,480円

開通工事費用に関しては、光コラボ同士であるため工事が不必要であり費用は発生しません。

光コラボ同士でない場合は、So-net光プラスの撤去工事と新しい光回線の開通工事が必要となり、それぞれに工事費が発生します。

事業者変更承諾番号の発行手数料に関しては、以前は手数料がかかっていましたが2022年6月30日以降の発行から手数料は0円となっています。

ソフトバンク光に乗り換える際には事務手数料として3,300円がかかりますが、光コラボでの乗り換えの際は基本的に必要な費用であり、どの乗り換えでもかかる費用です。

そのため、So-net光プラスからソフトバンク光への乗り換えでは、解約の際の費用は最大で23,300円かかってしまいますが、更新期間であればソフトバンク光への乗り換え事務手数料3,300円のみ発生します。

ただし解約のタイミングによっては、So-net光プラスの工事費残債が発生し、一括請求されますので注意が必要です。

So-net光プラスの解約については、以下「So-net光プラスを損なく解約する方法は?退会手続きの流れや違約金、注意点などを徹底解説!」でまとめていますのでお得に解約したい方はご確認ください。

So-net光プラスの解約金はソフトバンク光のキャンペーンで無料になる

ソフトバンク光 あんしん乗り換えキャンペーン
対象者契約タイプ違約金の額
2022年6月31までに契約した人戸建て
20,000円
マンション
2022年7月1日以降に 契約した人戸建て4,580円
マンション3,480円

※更新日:

ソフトバンク光では、契約の際に色々なキャンペーンが適用されますが、他社の光回線事業者から乗り換えた場合に「SoftBankあんしん乗り換えキャンペーン」が適用されます。

「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」は、ソフトバンク光に乗り換える際に発生する違約金や撤去工事費などを、最大100,000円までソフトバンクが負担してくれるキャンペーンです。

So-net光プラスからソフトバンク光に乗り換える場合、So-net光プラスの契約プランの更新期間である24ヶ月目の契約期間の満了月から翌々月までの3ヶ月間は解約金・違約金は0円ですが、

それ以外の期間であれば上記の表の解約金が発生します。

So-net光プラスで発生した解約金をソフトバンク光の「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」の適用で負担してもらえるのです。

実際、最大でも20,000円の解約金なので「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」ですべて負担してもらうことができ、解約金は実質0円となります。

しかし、一度は自分支払い必要があり、乗り換えで支払った際に領収書や支払に関する証明書に「何にいくら支払ったのか」という内容が書かれていれば、その書類を必ず保管しておくようにしてください。

ソフトバンク光では他にも沢山の特典があるため以下「2024年7月/ソフトバンク光のキャンペーンまとめ!新規契約や乗り換えでおすすめな申し込み窓口は?」でご確認ください。

So-net光プラスとソフトバンク光をキャンペーンや特典で比較!

ここまで、実際にSo-net光プラスからソフトバンク光に乗り換えでかかる費用について解説しました。

So-net光プラスとソフトバンク光で、キャッシュバック額などの特典ではどれくらい差があるのか、紹介していきます。

  • So-net光プラスとソフトバンク光のキャッシュバックの違いは?
  • 乗り換えキャンペーンはソフトバンク光の方が充実している

So-net光プラスとソフトバンク光のキャッシュバックの違いは?

キャッシュバックの金額受け取り時期
So-net光プラス最大50,000円
【1回目】30,000円
【2回目】20,000円
【1回目】利用開始から6ヶ月後の15日より45日間
【2回目】利用開始から12ヶ月後の15日より45日間
ソフトバンク光新規契約最大40,000円
事業者変更最大19,000円
最短2ヶ月

※更新日:

So-net光プラスとソフトバンク光のキャッシュバック額は上記の通りです。

So-net光プラスでは、他社の光コラボと比較してもキャッシュバック額が大きいことで知られています。

しかし、キャッシュバックを受け取れる時期がソフトバンク光と比べて遅く、全額受け取れるまで1年かかってしまいます。

その間はSo-net光プラスを利用し続ける必要があり、また、受け取り期間内にSo-net光プラスのマイページ での手続きが必要になるため、忘れないようメモ等しておきましょう。

それに対してソフトバンク光では、ソフトバンク光公式代理店である株式会社STORYから申し込むことで事業者変更の場合では最大19,000円のキャッシュバックを最短2ヶ月でうけることができます。

ソフトバンク光公式サイトでは5,000円しか受けられないため、最短2ヶ月で受け取れる株式会社STORYはとてもお得といえるでしょう。

現在So-net光プラスに契約中で乗り換えを検討している方は、キャッシュバックの受け取りができる期間であればキャッシュバックを受け取ったのちに乗り換えすることをおすすめします。

本記事でソフトバンク光のおすすめ代理店として株式会社STORYを挙げていますが、

ソフトバンク光のキャッシュバック額に関しては代理店によって異なっているため、以下「2024年7月/ソフトバンク光のキャッシュバック・キャンペーン窓口12社を徹底比較!おすすめの申し込み窓口って?」をご覧ください。

乗り換えキャンペーンはソフトバンク光の方が充実している

ソフトバンク光 あんしん乗り換えキャンペーン
乗り換え特典違約金還元のタイミング
So-net光プラスなし
ソフトバンク光他社への違約金・撤去費負担(10万円)
「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」
課金開始日を1ヶ月として6ヶ月目

※更新日:

乗り換えの際のキャンペーンについては、So-net光プラスでは特典等はありません。

ソフトバンク光では、他社の光回線事業者から乗り換えた場合に「SoftBankあんしん乗り換えキャンペーン」が適用されます。

「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」は、ソフトバンク光に乗り換える際に発生する違約金や撤去工事費などを、最大100,000円までソフトバンクが負担してくれるキャンペーンです。

一度は解約金の支払いが必要なものの、その後証明書をソフトバンク光に提出するだけで還元してもらえます。

違約金・解約金の還元時期は、課金開始日を1ヶ月として6ヶ月目のため、約半年後の返金されるのでそれまではソフトバンク光の利用継続が必要です。

「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」はSo-net光プラスからの乗り換えだけでなく、他社であればどの光回線事業者でも適用されるため、

ソフトバンク光に乗り換えをした方はキャンペーンを受けることをおすすめします。

ただし、代理店独自のキャンペーンと併用ができない場合もあるので申し込みをする代理店に確認をしておきましょう。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

So-net光プラスとソフトバンク光を月々の料金で比較!

月額料金実際の料金※1
So-net光プラス戸建て:6,138円
マンション:4,928円
戸建て:3,651円
マンション:2,441円
ソフトバンク光戸建て:5,720円
マンション:4,180円
10ギガ:6,380円
戸建て:3,933円
マンション:2,393円
10ギガ:3,188円
※1ギガは必須オプション月550円含む(WiFiマルチパック)
※10ギガはホームゲートウェイ(N)月550円含む(18ヶ月間)

※更新日:

※1 光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間

So-net光プラスとソフトバンク光の月額料金を比較してみると、キャンペーンやキャッシュバック等で割引される実際の月額料金はほとんど変わらないことがわかります。

しかし、So-net光プラスでは1ギガのみのプランに対して、ソフトバンク光では10ギガのプランがありインターネットの通信速度がきになっている方にとってはソフトバンク光がおすすめといえます。

So-net光プラスからソフトバンク光に乗り換える場合は、割引等がされる前の月額料金はソフトバンク光の方が安いため、特に気にせず乗り換えが可能です。

ソフトバンク光の乗り換えに関しては以下「ソフトバンク光の乗り換えの全手順!あんしん乗り換えキャンペーンでお得にする方法や注意点とは?」をご参考ください。

So-net光プラスとソフトバンク光を通信速度で比較!

公表している速度実際の速度※1
So-net光プラス最大1Gbps下り: 236.49Mbps
上り: 282.99Mbps
Ping値: 16.21ms
ソフトバンク光1ギガ:1Gbps
10ギガ:10Gbps
下り: 302.56Mbps
上り: 358.32Mbps
Ping値:15.83ms ms

※更新日:

※1:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度から引用

So-net光プラスとソフトバンク光の通信速度に関しては、1ギガでは大きく変わることはありません。

もちろん、時期や地域によって変わる可能性があるため、30~50Mbps程度の違いはあるといわれています。

So-net光プラス・ソフトバンク光ともに光コラボのためNURO光などの独自回線と比較すると通信速度は200~300Mbps遅いです。

しかし、ソフトバンク光では10ギガのプランがあるため、10ギガプランで契約するとSo-net光プラスとは桁違いに通信速度が向上します。

ただし、10ギガプランには提供エリアがあり、エリア外であれば1ギガプランしか利用ができないため注意が必要です。

10ギガのエリアは現在以下の地域ですが、少しずつ拡大をしています。

<SoftBank 光・10ギガの提供エリア>
東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、愛知県、静岡県、岐阜県、和歌山県、奈良県、三重県の一部の地域

なお、10ギガの光回線について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

So-net光プラスやソフトバンク光の代理店から勧誘が来ることはある?

ここまでSo-net光プラスとソフトバンク光の月額料金や通信速度の比較をしました。

現在So-net光プラスなどの光回線業者を使っている方やソフトバンク光乗り換えを検討されている方に気を付けてほしいことがあるため、以下で紹介していきます。

  • 代理店からの勧誘は基本的に無視でOK
  • あまりにしつこい時はサポートセンターに報告をする

代理店からの勧誘は基本的に無視でOK

So-net光プラスやソフトバンク光の公式から連絡がくることはほとんどないですが、ソフトバンク光の代理店から時々、訪問営業や電話営業がある事例が発生しているようです。

メリットなどを全面に押し出して勧誘をしてきますが、そのまま契約することは危険です。

特に気を付けないといけないこととして、契約すると同時に有料オプションに加入させられており、気付いたらオプション分も請求されている可能性もあります。

勧誘の内容を聞いて「契約したい」と思った場合でも、そのまま契約をすすめるのではなく一旦自分で勧誘された代理店の公式サイトを検索して調べることをおすすめします。

もちろん全ての勧誘電話が危ないわけではないですが、慎重に契約をしましょう。

あまりにしつこい時はサポートセンターに報告をする

勧誘があまりにもしつこい場合はソフトバンク光のサポートセンターに報告をいれましょう。

「SoftBank 光 サポートセンター」
0800-111-2009(10:00 ~ 19:00/通話料無料)

ソフトバンク光では、もし勧誘でうっかり契約してしまっても「電気通信事業法」によって定められた「初期契約解除」を行うことが可能です。

初期契約解除とは
ソフトバンク光 初期契約解除

『SoftBank 光 ご利用開始のご案内』を受け取ってから、8日以内に初期契約解除の申し込みをすることで、解約金なしで解約をすることができます。ただし、開通工事をした後の場合は工事費が全額請求されてしまう開通工事の前に連絡する必要があります。

初期契約解除に関しても、「SoftBank 光 サポートセンター」に連絡することで受け付けてもらえるので契約成立日から8日以内の連絡を行いましょう。

So-net光プラスでも、解約に関して以下のサポートセンターがあるので相談したい方は連絡することをおすすめします。

「So-netサポートデスク(退会専用窓口)」
0120-33-6292(9:00~18:00/通話料無料)

また、So-net光プラスでは電話だけでなくチャットやメールがで相談ができ、時間を気にせず連絡ができるため急ぎではない方は以下で問い合わせると電話がつながらないイライラを解消できるかもしれません。

・チャットでのお問い合わせ:チャットでお問い合わせ(問い合わせは24時間可能)
・メールでのお問い合わせ:メール/フォームによるお問い合わせ(問い合わせは24時間可能)

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

So-net光プラスからソフトバンク光への乗り換えにおすすめの窓口は?

ソフトバンク光 株式会社SSTORY
ソフトバンク光(株式会社STORY)
月額料金戸建て:5,720円
マンション:4,180円
10ギガ:6,380円
実際の月額料金
※1
戸建て:3,933円
マンション:2,393円
10ギガ:3,188円
公表している通信速度1ギガ:1Gbps
10ギガ:10Gbps
契約期間2年
事務手数料3,300円
工事費用<「工事費サポート はじめて割」適用で0円>
立ち合い工事必要:31,680円
立ち合い工事不要:4,620円
スマホセット割引ソフトバンク、ワイモバイルスマホの
通信料月々1,100円割引
キャンペーン最大40,000円キャッシュバック
転用、事象者変更は19,000円キャッシュバック
10ギガは月額料金が6ヶ月間500円&
ホームゲートウェイ6ヶ月間無料
その他の特典他社への違約金・撤去費負担(10万円)
開通までWiFiルーター無料貸出
オプション初月無料
工事費実質無料

※更新日:2024年7月01日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

So-net光プラスからソフトバンク光への乗り換えの際に、おすすめの窓口はソフトバンク光公式代理店である「株式会社STORY」です。

代理店から申し込むことで、ソフトバンク光公式でうけられる特典だけでなく、代理店独自の特典を一緒に受けることができるため特典を二重取りすることができます。

本記事でおすすめする株式会社STORYでは、ソフトバンク光をお得に契約することが可能であり、高額キャッシュバックを受け取ることも可能です。

最大の魅力は、なんといっても最大40,000円という高額キャッシュバック額で、有料オプション加入などの特別な条件もありません。

株式会社STORYのキャッシュバック受け取り条件

・「ソフトバンク光・10ギガ」を申し込むこと(1ギガの場合は別途キャッシュバックあり)
・キャッシュバックキャンペーンの利用を申し込み時に伝える・選択すること

上記の適用条件を満たしていれば、So-net光プラスでは全額受け取るまでに1年間かかりますが、株式会社STORYでは最短2ヶ月で高額キャッシュバックを受け取ることが可能です。

さらに、So-net光プラスからの乗り換えの場合は、ソフトバンク光公式のキャンペーンである「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」も適用されるため、

So-net光プラスで発生する違約金・解約金もソフトバンク光が負担してくれます。

ソフトバンク・ワイモバイルのスマホを利用している場合には、スマホのセット割が適用され、スマホの月額利用料も安くなるため一石二鳥です。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

So-net光プラスが解約できない?乗り換え後も料金が請求される原因と対処法

ここまでソフトバンク光への乗り換え方法や乗り換えのおすすめ代理店について解説をしました。

So-net光プラスからソフトバンク光への乗り換えの際に、乗り換え後にもSo-net光プラスの料金が請求される場合があります。

以下の内容について詳しく解説をしていきます。

  • So-net光プラスの解約月の料金は日割り計算されない
  • So-net光プラスの料金は請求から2~3ヶ月遅れで請求される
  • 解約についてわからないことがあればカスタマーサポートに問い合わせをする

So-net光プラスの解約月の料金は日割り計算されない

So-net光プラスの解約や事業者変更をした場合、解約月の料金が日割り計算されることはありません

そのため、解約月いっぱいまではSo-netが提供するサービスの利用は可能です。

解約月の翌月以降になると、インターネットやメール、各オプション等すべての So-netが提供するサービスは利用できなくなります。

お得に解約をしたい方は、解約する月の月末までSo-net光プラスのインターネットを利用することをおすすめします。

ただし、退会月に回線撤去や光回線の廃止をおこなった場合は、撤去されたタイミングでインターネットは利用できなくなるので注意が必要です。

ソフトバンク光への乗り換えの際は、月初からソフトバンク光に変更となるよう申し込みの際は確認をしてから解約しましょう。

So-net光プラスの解約に関しては、以下「So-net光プラスを損なく解約する方法は?退会手続きの流れや違約金、注意点などを徹底解説!」を参考にしてみてください。

So-net光プラスの料金は請求から2~3ヶ月遅れで請求される

So-net光プラスの解約の際、解約金や開通工事の残りの費用などは2~3ヶ月おくれで請求されるため注意が必要です。

以下がSo-net光の料金請求についてまとめたものです。

So-net光プラス 料金請求

例えば1月に解約・事業者変更をした場合、解約月の料金は日割り計算されないため1月はそれまでの料金と変わらず請求されます。

1ヶ月おくれで請求されるため1月の利用料金は2月に支払い必要があります。

2月に解約金や工事費の残債の料金発生があるため、その料金が3月に請求されるため、2~3ヶ月おくれで料金請求がされるのです。

また、マイページは退会後から6ヶ月までログインできるので、引き落としで疑問に感じることがあった場合には、違約金・工事費残債等の請求明細を、マイページから確認してみてください。

解約についてわからないことがあればカスタマーサポートに問い合わせをする

解約の際、わからないことがでてくるかもしれません。

その場合はSo-net光プラスのカスタマーサポートに問い合わせをしてみることをおすすめします。

ただし、ソフトバンク光への乗り換えの場合は事業者変更承諾番号の発行が必要のため、So-net光プラスの事業者変更ダイヤルに連絡をしてください。

So-net光プラスの問い合わせ窓口(電話)

So-netの退会窓口
0120-33-6292(受付時間:9時~18時)※日曜、1月1日、2日を除く

So-net事業者変更ダイヤル
0120-45-2522(受付時間:9:00〜18:00)事業者変更承諾番号の発行

<会員サポート窓口>

0120-80-7761(受付時間:9時~18時)※日曜、1月1日、2日を除く

<So-netフォンやその他IP電話を利用している方>

0503-383-1414(受付時間:9時~18時)※日曜、1月1日、2日を除く

上記の電話窓口での問い合わせが可能ですが、電話がつながりにくいという利用者の声もあがっています。

そういった方たちのために、メールフォームもあるため急ぎではない相談である場合は以下で連絡してみることをおすすめします。

So-net光プラスの問い合わせ窓口(メール・チャット)

・チャットでのお問い合わせ:チャットでお問い合わせ(問い合わせは24時間可能)
・メールでのお問い合わせ:メール/フォームによるお問い合わせ(問い合わせは24時間可能)

会員サポートページにログインしてから問い合わせができるため、ログインにはIDとパスワードの準備をしておきましょう。

チャットにはオペレーターが対応してくれるものと、AI(AIモモ)に問い合わせるものの2種類がありますが、オペレーターとのチャット問い合わせをした方がスムーズに解約できるでしょう。

また、基本的にはSo-netの会員サポートページに記載されているので一度サポートページをご確認してから連絡することをおすすめします。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

So-net光プラスからソフトバンク光への乗り換えに関するよくある質問

ここまでSo-net光プラスからソフトバンク光への乗り換え方法や、乗り換えをすることのメリット・デメリットについて解説をしました。

乗り換えに関するよくある質問を以下で細かく解説をしているのでよかったら参考にしてみてください。

  • So-net光プラスからソフトバンク光へ電話番号を残したまま乗り換えできる?
  • So-net光プラスとSo-net光Sの違いは?
  • So-net光プラスを解約したら会員サイトの退会も必要?

So-net光プラスからソフトバンク光へ電話番号を残したまま乗り換えできる?

結論からいうと、ソフトバンク光へ電話番号を乗り換えすることは可能です。

So-net光プラスからソフトバンク光への乗り換えは光コラボ同士であるため、NTTの固定電話を利用していたり、光コラボの光電話を利用している場合は、電話番号の引き継ぎができます。

ただし、別の光回線になると一度NTTの回線に戻すアナログ戻しの手続きが必要があるため注意が必要です。

アナログ戻しとは

So-net光の光電話から一旦NTT固定回線に戻し、新しく契約する光電話と契約することです。

<問い合わせ先>
NTT東日本:0120-116-000
NTT西日本:0800-200-0116

また、メールアドレスはオプションとして引き継ぐことが可能です。

そもそもSo-net光プラスから回線事業者を変更するとなると、オプションやプロバイダメールは引き継ぐことができません。

プロバイダメールに関してはメールアドレスが消失するため利用を継続することができませんが、どうしても引継ぎをしておきたい場合は、

契約サービスをモバイルコースに変更すれば、ソフトバンク光へ乗り換えても月額220円でメールアドレスを引継ぐことが可能です。

モバイルコースとは

「モバイルコース」(月額220円)とは、So-netの「インターネット接続サービス」を利用せずに、その他のサービスを利用できる最安のコースです。

ソフトバンク光の乗り換えに関しては以下「ソフトバンク光の乗り換えの全手順!あんしん乗り換えキャンペーンでお得にする方法や注意点とは?」をご確認ください。

So-net光プラスとSo-net光Sの違いは?

So-net光プラスSo-net光S
月額料金戸建て:6,138円
マンション:4,928円
戸建て:4,500円
マンション:3,400円
実際の月額料金
※1
戸建て:3,651円
マンション:2,441円
戸建て:5,141円
マンション:4,041円
公表している通信速度最大1Gbps最大1Gbps
実際の通信速度
※2
下り: 236.49Mbps
上り: 282.99Mbps
Ping値: 16.21ms
下り: 134.0Mbps
上り: 228.66Mbps
Ping値: 14.6ms
契約期間2年なし
スマホセット割引auスマホのセット割:毎月最大1100円割引
UQモバイルのセット割:毎月最大858円割引
NUROモバイル:792円引き
(1年間のみ)
キャンペーン最大50,000円のキャッシュバック1カ月:基本料金2,200円引き
2~23カ月:基本料金1,100円引き
(工事費相当分として)

※更新日:

※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

So-netにはSo-net光プラスだけでなく、So-net光Sというプランが存在します。

So-net光SとSo-net光プラスでは、通信速度と月額料金が大きな違いであり、So-net光Sの方が通信速度が遅いものの月額料金が安く設定されています。

So-net光Sでは、専用設計のネットワークを利用しているため、リーズナブルではありますが表で比較してもわかる通り、インターネット環境を頻繁に使う方にはSo-net光プラスがおすすめといえるでしょう。

また、スマホセット割に関してはSo-net光プラスではauモバイル・UQモバイルに対応していますが、So-net光SではNUROモバイルのみが対応です。

日中だけインターネット環境が欲しい方や、引っ越しが控えている方などは、So-net光Sにすることで安く利用ができ、契約期間もないため解約に費用がかかりません。

もし、どちらにしようか悩んでいる場合は解約金が発生せずに手軽に契約が可能であるSo-net光Sを契約してから、変えたいと思ったタイミングでSo-net光プラスにすることをおすすめします。

So-net光Sに関しては、以下「So-net光Sの評判や口コミは?メリット・デメリットからおすすめできる光回線なのか徹底調査!」の記事を参考にしてみてください。

So-net光プラスを解約したら会員サイトの退会も必要?

So-net光プラスの退会後、6か月間はSo-net光の会員サイトの利用が可能であり、その後は自動的に会員サイトは利用できなくなります。

そのため、解約してからの違約金・解約金や工事費残債に関しての請求明細は会員サイトで確認することが可能です。

ただし、退会するまでに使っていたユーザーIDとパスワードでのログインが必要なので手元の用意をしておきましょう。

ユーザーIDやパスワードを忘れてしまった方でも、So-net入会時に送付している入会証にユーザーID、パスワードが記載されているので確認をしてください。

So-net光プラスのお得な解約方法については、以下「So-net光プラスを損なく解約する方法は?退会手続きの流れや違約金、注意点などを徹底解説!」をご参考ください。

So-net光プラスからソフトバンク光への乗り換えまとめ

So-net光プラスからソフトバンク光への乗り換え方法は以下の通りです。

STEP1:So-net光プラスから事業者変更承諾番号を発行してもらう
STEP2:ソフトバンク光を申込む
STEP3:ソフトバンク光の光BBユニットが郵送される
STEP4:ソフトバンク光の利用開始&光BBユニットを設置する
STEP5:So-net光プラスのレンタル機器を返却する

So-net光プラスからソフトバンク光への乗り換えは、光コラボ同士であるため撤去工事や新しい回線の開通工事は必要ありません。

また、So-net光プラスからソフトバンク光への乗り換えについてメリット・デメリットは以下の通りです。

<メリット>
・ソフトバンク・ワイモバイルのスマホ料金が割引になる
・ソフトバンク光の10ギガプランと契約すれば速度の向上が図れる
・光コラボ同士なので工事不要で乗り換えができる
・解約費用はソフトバンク光が全額負担してくれる

<デメリット>
・ソフトバンク光はIPv6やWiFiを使うのに別途料金がかかる場合がある
・au・UQモバイルとのセット割が利用できなくなる
・So-net光プラスで契約していたプロバイダサービスは引き継げない

また、ソフトバンク光に乗り換える際のおすすめ代理店は「株式会社STORYであり、So-net光プラスからの事業者変更である場合でも高額キャッシュバックを受け取ることが可能です。

So-net光プラスとソフトバンク光ではスマホセット割が適用されるスマホのキャリアが異なっているため、現在使用している自身のスマホのキャリアや、通信環境等を考慮しながら乗り換えを検討することをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

【目次】クリックで見出しに飛びます