enひかりからソフトバンク光への乗り換え手順!問い合わせやルーターの設定方法も分かりやすく解説!

enひかり ソフトバンク光 乗り換え 手順

enひかりから他社光回線に乗り換えを検討している方は、高額なキャッシュバックや他社解約時の違約金等の負担をしてくれるあんしん乗り換えキャンペーンなど特典が豊富なソフトバンク光がおすすめです。

そこで、本記事では、enひかりからソフトバンク光へ乗り換えを検討している方にそれぞれのメリット・デメリットを比較しながら、乗り換えの手順や注意点について解説します。

回線名キャンペーンと
おすすめの点
公式ページ
ソフトバンク光新規申し込みで40,000円キャッシュバック
他者転用・事業者変更:19,000円
工事費実質無料
他社解約違約金を最大100,000円負担
ソフトバンク、Y!mobileユーザーは毎月最大1,100円割引
10ギガ500円で開始可能
ソフトバンク光の公式ページはこちら

※更新日:2024年7月01日

【目次】クリックで見出しに飛びます

enひかりからソフトバンク光へ乗り換える際の問い合わせ先は?

enひかりからソフトバンク光へ乗り換える場合には、事業者変更の手続きで乗り換えることができますので、enひかりから事業者変更承諾番号を取得し、その後、ソフトバンク光に申し込みます。

上記の手続きをする際、「どこを手続きの窓口にすれば良いのか」疑問に感じる方もいるかと思いますので、ここでは下記の通り、enひかりからソフトバンク光へ乗り換える際の窓口について解説します。

  • enひかりの問い合わせ窓口
  • ソフトバンク光の問い合わせ窓口

enひかりの問い合わせ窓口

enひかりカスタマーセンター

電話番号:03-5534-9997 受付時間:10:00~19:00

まず、enひかりから事業者変更承諾番号を取得する手続きは、電話で取得する方法しかありません。

次に、窓口の申請の時期ですが、解約の手続きは、解約希望日の20日前に申請が必要ですので、しっかりとソフトバンク光への乗り換えのスケジュールを調整しましょう。

解約希望日が決まった段階で、上記のenひかりカスタマーセンターに電話をして、手続きをしましょう。

受付時間は19:00までと記載がありますが、最終受付は18:30分となることに注意が必要です。

ソフトバンク光の問い合わせ窓口

ソフトバンク光の申し込み窓口:株式会社STORYがおすすめ!

申し込み後の窓口は下記の通りです。

【ソフトバンクサポートセンター】

電話番号:0800-111-2009 受付時間:10:00~19:00

チャットで問い合わせ オペレーター対応:10:00~19:00

ソフトバンク光の申し込み窓口は、事業者変更でも19,000円のキャッシュバック最短2か月でを受け取ることができる株式会社STORYがおすすめです。

株式会社STORYの公式サイトから申し込む場合に、わからないことがあれば、公式サイト記載の電話番号から問い合わせましょう。

ただし、申し込み後のサポートにつていの問い合わせは、ソフトバンクサポートセンターになりますので注意が必要です。

電話での問い合わせもできますが、時間帯によっては繋がらない場合もありますので、チャットで問い合わせる方法が便利です。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

enひかりからソフトバンク光に乗り換える手順をわかりやすく解説!

光回線の乗り換えは、乗り換え先の光回線の開通工事に時間がかかる場合がありますが、enひかりからソフトバンク光に乗り換える場合には事業者変更の手続きで乗り換えることができますので、原則として開通工事は不要です。

ここでは、enひかりからソフトバンク光に乗り換える手順を下記の通り、まとめましたので、それぞれ見ていきましょう。

  • STEP1:enひかりから事業者変更承諾番号を取得する
  • STEP2:ソフトバンク光に申し込む
  • STEP3:回線の切り替えがおこなわれる
  • STEP4:光BBユニット(ブロードバンドルーター)の設置をする
  • STEP5:enひかりのレンタル機器を返却する
  • STEP6:ソフトバンクのキャッシュバックを受け取る

STEP1:enひかりから事業者変更承諾番号を取得する

まずは、enひかりから事業者変更承諾番号を取得します。

enひかりから事業者変更承諾番号を取得する方法については、電話で手続きする方法しかありませんので、下記のenひかりカスタマーサポートセンターに電話して手続きをしましょう。

尚、事業者変更承諾番号には15日間の有効期限があり、期限を過ぎると、再発行をしなければなりませんので、事業者変更取得後は、速やかに次のステップであるソフトバンク光へ申し込みをしましょう。

enひかりカスタマーサポートセンター

電話番号:03-5534-9997 受付時間:10:00~19:00

また、enひかりの場合、事業者変更承諾番号の取得に発行手数料が3,300円発生しますが、この費用については、ソフトバンク光のあんしん乗り換えキャンペーンを適用することで、実質的には負担なしで乗り換え可能です。

尚、事業者変更承諾番号について詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

STEP2:ソフトバンク光に申し込む

事業者変更承諾番号の有効期限は15日間です。

有効期限を過ぎると、再度手続きをし直さなければならないので、enひかりから事業者変更承諾番号を取得した後は、速やかにソフトバンク光に申し込みましょう。

ソフトバンク光の申し込み窓口は、最短2か月でキャッシュバックを受け取ることができる株式会社STORYがおすすめです。

尚、ソフトバンク光の申し込みの流れは、下記の通り、3ステップで申し込みが完了します。

  • 手順1:ソフトバンク光(株式会社STORY)の公式サイトから申し込む
  • 手順2:オペレーターから折り返しの電話が来るので内容を確認する
  • 手順3:必要書類をSMS又は郵送で受け取る

STEP3:回線の切り替えがおこなわれる

回線の切り替えについては、ソフトバンク光に申し込み後、数日でソフトバンク光から届く「ご利用開始のご案内」に切替日が記載されていますので確認するようにしましょう。

事業者変更の場合、開通工事は必要なくソフトバンク光の開通日にenひかりは自動的に解約されますので、特に立ち会いをする必要もありません。

新規契約の場合には、開通工事が必要なので、開通までに時間がかかる、開通工事費が発生するなどのデメリットがありますが、事業者変更の場合には申し込みから最短で6営業日後に開通しますし、開通工事費も発生しません。

このように、事業者変更には大きなメリットがあると言えるでしょう。

STEP4:光BBユニット(ブロードバンドルーター)の設置をする

開通日の前日頃までに、ソフトバンク光から光BBユニットが送られてきますので、設置しましょう。

光BBユニットの配線・設定方法については、下記の通り、基本的にはNTTのロゴが入ったONUと光BBユニットをLANケーブルで接続するだけで設置は完了です。

  • 手順1:enひかりからレンタルしているルーターをONUから取り外します。
  • 手順2:光BBユニットとONUをLANケーブルで接続します。
  • 手順3:Wi-Fi設定を行います。
光BBユニットとは?

光BBユニットは、ソフトバンク光が提供する「Wi-Fiマルチパック」「光電話(N)/ひかり電話機能」「BBフォン」「ホワイト光電話」を利用する際に必要なブロードバンドルータです。

光BBユニットは、レンタル品ですから、月額513円のオプション費用が発生します。

また、ソフトバンク光でWi-Fiを利用するためには、「光BBユニット」と「Wi-Fiマルチパック」の有料オプションに加入しなければなりません。

さらに、ソフトバンク光で月額の通信費を削減するための大きなポイントであるおうち割光セットの適用条件として、下記のオプションに加入することが必要です。

  • 光BBユニットレンタル
  • Wi-Fiマルチパック
  • ホワイト光電話/光電話(N)+BBフォン/BBフォンのいずれか1つ

ただし、おうち割光セットを適用することで上記のオプションが全て利用できて月額550円のマルチパックに加入することができますので、お得です。

上記のような事情を踏まえると、ソフトバンク光に乗り換えるほとんどの場合には、光BBユニットをレンタルすることになるでしょう。

STEP5:enひかりのレンタル機器を返却する

事業者変更の場合には、NTTから無料でレンタルしているONUなどの機器はそのまま継続してりようできますので、返却の必要はありません。

ただし、enひかりからルーターなどの機器をレンタルしている場合には、レンタル機器を返却する必要がありますので注意しましょう。

enひかりに返却する必要があるレンタル機器は、下記の通りですが、事前にenひかりカスタマーサポートセンターに電話して、返却に必要なものを確認したほうが確実です。

  • ホームゲートウェイ
  • ホームゲートウェイ(無線LAN機能付き)
  • レンタルルータ XG-100NE ※enひかりクロスの場合
  • 電源アダプタ

レンタル機器の返却は、enひかりから送られてくる接続機器返却キットに入れて指定の返却先まで着払いで送付します。

万が一、レンタル機器の返却を怠った場合には、enひかりから機器相当額を請求されますので、速やかに返却するようにしましょう。

レンタル機器の返却方法の詳細については、下記のenひかりサポートセンターに問い合わせましょう。

enひかりカスタマーサポートセンター

電話番号:03-5534-9997 受付時間:10:00~19:00

STEP6:ソフトバンクのキャッシュバックを受け取る

キャッシュバックの受け取りですが、ソフトバンク光には代理店独自のキャッシュバックと、公式特典のあんしん乗り換えキャンペーンなどの適用による違約金キャッシュバックがあります。

「事業者変更でも新規申込によるキャッシュバックを受け取ることができるの?」という疑問もあるかと思いますが、

enひかりからソフトバンク光に乗り換える際に、本記事で推奨する株式会社STORYから申し込むことで、事業者変更でも19,000円のキャッシュバックを受け取ることができますのでおすすめです。

また、キャッシュバックの受け取りまでの期間について開通日から半年~1年以上かかる代理店が多い中、株式会社STORYなら最短で開通から2か月でキャッシュバックを受け取ることができます。

このように、キャッシュバックを開通から最短2か月で受け取ることができるというのも申し込み窓口として株式会社STORYをおすすめする理由の一つと言えるでしょう。

尚、株式会社STORYのキャッシュバックの受け取りまでの流れは下記の通りです。

  • 手順1:ソフトバンク光(株式会社STORY)から申し込み
  • 手順2:ソフトバンク光の開通時に連絡
  • 手順3:オペレーターにキャッシュバックの振込先口座を伝える
  • 手順4:開通より最短2か月後に指定口座にキャッシュバックが振り込まれる

次に、ソフトバンク光公式特典のあんしん乗り換えキャンペーンを適用した場合のキャッシュバックの受け取りまでの流れについては、下記の通りですので、しっかりと確認しておきましょう。

  • 手順1:ソフトバンク光の申し込み時にキャンペーン適用を申請
  • 手順2:enひかりの違約金等を支払う
  • 手順3:開通月から5か月目の末日までに専用ウェブページから証明書をアップロード又は郵送
  • 手順4:特典適用確定
  • 手順5:課金開始月を1か月目として6か月目に普通為替でキャッシュバックを受け取る

このように、ソフトバンク光のキャッシュバックには、代理店独自のキャッシュバックとソフトバンク公式の違約金キャッシュバックがあり、それぞれ受け取りの時期や手順が違いますので注意しましょう。

ソフトバンク光の違約金キャッシュバックであるあんしん乗り換えキャンペーンについて、詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

enひかりからソフトバンク光に乗り換える際の注意点は?

enひかりからソフトバンク光に乗り換える際には、下記のような注意点がありますので、確認しておきましょう。

  • ソフトバンク光の解約月の料金は日割りにならない
  • ソフトバンク光に切り替わったら光BBユニット(ルーター)の設定が必要
  • ソフトバンク光に乗り換えた直後はIPv6が利用できないことがある

enひかりの解約月の料金は日割りにならない

結論から言えば、enひかりの解約月の料金は日割りになりません

また、enひかりの場合、解約希望月の20日までにenひかりカスタマーサポートセンターに連絡しなければ、解約月は翌月となりますので注意しましょう。

つまり、1月21日にソフトバンク光に切り替わったとすると、解約月は翌月扱いに

なるので、翌月分の料金も1か月分請求されます。

また、上記のケースでは、ソフトバンク光は21日に開通していますので、1月21日からはソフトバンク光の料金も日割りで発生します。

結果として、ソフトバンク光の料金とenひかりの料金を2重に払うことになり、無駄な費用が発生します。

事業者変更の場合、基本的にはソフトバンク光への切替日が、enひかりの解約日になりますので、損をしないようにしっかりと切替日の調整をするようにしましょう。

ソフトバンク光に切り替わったら光BBユニット(ルーター)の設定が必要

事業者変更の場合、NTTの設備(ONUなど)はそのまま継続して利用できますので、基本的にはソフトバンク光から送られてくる光BBユニットとONUを接続するだけでほぼ、設定は完了します。

まず、光BBユニットとONUの配線を接続する方法については、下記の通りです。

  • STEP1:ONUの「UNI」ポートと光BBユニットの「インターネット回線」ポートをLANケーブル(灰色)で  接続します。
  • STEP2:光BBユニットの「パソコン1~4」のいずれかのポートとパソコンの「LAN」ポートをLANケーブル(青色)で接続します。
  • STEP3:電源アダプターを接続します。(順番はONU→光BBユニット)
  • STEP4:電源ランプの点灯を確認します。

次にWi-Fi設定ですが、下記の通り自動設定で簡単に接続できます。

  • STEP1:機能ボタンを長押し(2秒~5秒)
  • STEP2:WPS機能が作動し、「Wi-Fi」ランプが点滅
  • STEP3:機器側のWi-Fi設定を行う

このように、光BBユニットは、上記のような簡単なステップで設置できるので、安心です。

ソフトバンク光に乗り換えた直後はIPv6が利用できないことがある

ソフトバンク光は、IPv6高速ハイブリットが標準対応になっていますが、IPv6通信を利用するためには光BBユニットの設置が必要です。

IPv6通信は、基本的にはすぐに使えますが、申し込み時に光BBユニットのレンタルを申し込んでいなかった場合には、ソフトバンク光から光BBユニットが届くまでIPv6通信は利用できませんので注意しましょう。

この点については、ソフトバンク光の申し込み時にオペレーターから説明がありますが、基本的にはソフトバンク光から光BBユニットが送られてくれば、IPv6通信の利用ができる環境にありますので、まずは、下記の方法でIPv6通信が利用できているか、確認しましょう。

My SoftBankで確認する手順】

  • 手順1:My SoftBankへログイン
  • 手順2:「お客様情報」をクリック
  • 手順3:「IPv6高速ハイブリット」が「ご利用中」になっているか確認する

【IPv6接続確認ページで確認する】

IPv6確認ページへアクセスして確認する

もし、光BBユニットを接続してもIPv6接続になっていなければ、下記の点を確認しましょう。

  • ONU又はホームゲートウェイ(NTTロゴ入りの機器)の設定変更が必要な場合がある
  • 光BBユニットの「IPv6」設定が有効になっているか確認する
  • 確認市販のルーターを利用中の場合は市販のルーターのメーカーに問い合わせする

また、enひかりのIPv6サービスはtransix(トランジックス)又はXpass(クロスパス)である一方で、ソフトバンク光のIPv6サービスはIPv6高速ハイブリッドIPv6 IPoE + IPv4ですので、

enひかりのIPv6サービスの廃止がスムーズに行われないと、ソフトバンク光の開通処理が遅れる可能性があります。

実際のところ、この処理に数日間かかることもあり、開通日にIPv6が利用できないという事態となる可能性はありますので、詳細はソフトバンクサポートセンターに確認しましょう。

【ソフトバンク光サポートセンター】

電話番号:0800-111-2009 受付時間:10:00~19:00

チャットで問い合わせ オペレーター対応:10:00~19:00

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

enひかりからソフトバンク光に乗り換えるデメリットは?

enひかりからソフトバンク光に乗り換える場合には、しっかりとデメリットも把握しておくことが大切です。

ここでは、下記の通り、enひかりからソフトバンク光に乗り換えるデメリットについてまとめましたので、一つ一つ見ていきましょう。

  • enひかりからソフトバンク光へ乗り換えると基本料金が高くなる
  • ソフトバンク光はIPv6やWiFiの利用にオプション料金がかかる
  • enひかりとソフトバンク光の両方で手数料がかかる
  • enひかりのプロバイダサービスが利用できなくなる

enひかりからソフトバンク光へ乗り換えると基本料金が高くなる

光回線サービス名月額料金実際の料金※1
ソフトバンク光戸建て:5,720円
マンション:4,180円
戸建て:3,933円
マンション:2,393円
enひかり戸建て:4,620円
マンション:3,520円
戸建て:5,619円
マンション:4,519円

※更新日:2024/07/23

※1 光回線とwifiセット&新規契約

※1:実際の料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間

上記の表の通り、ソフトバンク光の料金とenひかりの料金を比較すると、enひかりの方が月額料金が安いという結果でした。

しかしながら、光回線の料金比較をする場合には、キャッシュバックや割引などの特典を含めた実際の料金で比較することが重要ですので、本記事では下記の計算式で実際の料金を算出し、比較しました。

実際の料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間

すると、実際の料金に関しては、ソフトバンク光の方がenひかりよりも圧倒的に安いということがわかりました。

これについては、enひかりはキャッシュバックや割引などの特典をあまり実施していないのに対して、ソフトバンク光は、キャッシュバックや割引が豊富なので、

月額基本料金はenひかりの方が安いのに、実際の料金はソフトバンク光の方が安いという違った結果になるのでしょう。

ソフトバンク光はIPv6やWiFiの利用にオプション料金がかかる

WiFiマルチパックの利用料金
光BBユニットレンタル料513円/月
光BBユニット専用無線LANカード・使用料1,089円/月
合計(スマホとのセット割無し)1,602円/月
合計(スマホとのセット割に加入)550円/月

※更新日:2024/07/23

ソフトバンク光でIPv6やWi-Fiを利用する場合には、オプション料金がかかりますので、一つのデメリットと言えるでしょう。

上記の表の通り、Wi-Fiを利用するための「Wi-Fiマルチパック」には、光BBユニットのレンタルが必要です。

したがって、ソフトバンク光でWi-Fiを利用するためには、Wi-Fiマルチパックのオプション料金1,089円/月額に加えて光BBユニットレンタル料513円/月額が発生し、合計で1,602円/月額オプション料金の費用負担が発生します。

中には、市販のルーターを設置してWi-Fiマルチパックに加入しないという選択を考える方もいらっしゃるかもしれませんが、

市販ルーターを設置する場合でもIPv6を利用するためには、光BBユニットは必須なので、いずれにしても513円/月額の費用は発生します。

IPv6については、enひかりの場合もオプション加入が必要で、198円/月額の利用料金が発生しますが、ソフトバンク光の方が少し高額になるでしょう。

また、ソフトバンク光のおうち割光セットは、月額の通信費を抑えるためには非常に重要なキャンペーンですが、おうち割光セットの適用条件の中に下記の指定オプションに加入するという条件があります。

  • 光BBユニット
  • Wi-Fiマルチパック
  • ホワイト光電話/光電話(N)+BBフォン/ BBフォンのいずれか

上記のオプションに加入すると、当然オプション料金が発生しますので、コストパフォーマンスが悪いと思われるかもしれません。

しかしながら、おうち割光セットを申し込むことで、上記のオプションが550円/月額で利用できますので、ソフトバンクユーザーやワイモバイルユーザーの方にとってはかなりお得な内容となっています。

以上の点を総合的に考えると、おうち割光セットを適用して、マルチパック(550円/月額)に加入するというパターンが最もコストパフォーマンスが高い選択と言えるでしょう。

IPv6ってなに?

「IPv6」は、「IPv4」に次ぐ最新のインターネットプロトコルの規格です。IPv6はIPv4でのIPアドレスの枯渇の問題などを背景に開発されました。

IPアドレスは、インターネット上での住所のようなもので、IPアドレスでどこからどこへデータを送信するのが確定してはじめてインターネット上での通信が可能になります。

IPv4のIPアドレスは約43億個に限られるのに対し、IPv6では約340澗個(340兆の1兆倍の1兆倍)のIPアドレスが使用可能が利用でき、事実上、無限大にIPアドレスを割り当てできます。

また、IPv6では、「IPoE」による新しい接続方式が利用可能で、従来の「PPPoE」による接続方式と比べると、高速に通信できます

道路で例えると、従来のPPPoE方式では車線が少なく混雑が起きやすいのに対し、新方式のIPoE方式は車線が増えて渋滞が解消されるイメージです。

IPv6対応のサービスへのりかえることで、通信速度の向上と安定が期待できます。

IPv4について更に詳しくみる

IPv6について更に詳しくみる

enひかりとソフトバンク光の両方で手数料がかかる

光回線サービス名手数料
enひかり3,300円
(事業者変更承諾番号の発行手数料)
ソフトバンク光3,300円
(契約事務手数料)

※更新日:2024/07/23

enひかりからソフトバンク光に乗り換えるには、enひかりから事業者変更承諾番号を取得し、ソフトバンク光に申し込むという流れですが、

enひかりから事業者変更承諾番号を取得するには3,300円の発行手数料が発生します。

また、ソフトバンク光に申し込みの際にも契約事務手数料として3,300円の費用が発生しますので、合計で6,600円の手数料が発生します。

ただし、ソフトバンク光のあんしん乗り換えキャンペーンを適用することで、enひかりに支払う3,300円については、キャッシュバックされ、

実質的な負担はソフトバンク光の契約事務手数料の3,300円になりますので、少額ではありますが、しっかりと申請しましょう。

enひかりのプロバイダサービスが利用できなくなる

enひかりは、プロバイダサービスと光回線がセットになったサービスなので、プロバイダと光回線のどちらか一方のみ解約することはできません。

したがって、enひかりの解約とともに、プロバイダサービスが利用できなくなるので注意が必要です。

光回線の乗り換え時に問題となるプロバイダサービスとしては、メールが挙げられますが、enひかりには元々メールアドレスがないので、この点については問題とならないでしょう。

また、enひかりのオプションサービスの一つとしてenひかり電気があります。

enひかり電気は、電気料金が安いなどのメリットがある商品ですが、enひかり契約者限定のサービスとなっているため、こちらについてもenひかりの解約と同時に継続はできなくなります。

ですから、enひかりユーザーでenひかり電気を契約している方が、enひかりを解約する場合には他の電力会社を探す必要もありますので、注意が必要です。

因みに、enひかりのプロバイダサービスは下記の通りです。

enひかりのプロバイダサービス

  • enひかりVPN
  • enひかりセキュリティ
  • enひかりWi2 300公衆無線LAN
  • enひかりforBiz
プロバイダとは?

プロバイダとはインターネットサービスプロバイダ(Internet Service Provider)の略で、インターネット利用者と回線業者の橋渡しをする役割を担っています。

インターネットを使うには、回線事業者とプロバイダの両方を契約することが必要ですが、ネット回線とプロバイダが一体になった回線事業者もあります。

この場合、回線事業者と契約するだけで完了するので、プロバイダの申込みは必要ありません。

プロバイダについて詳しく知りたい方はこちら

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

enひかりからソフトバンク光に乗り換えるメリットは?

enひかりからソフトバンク光に乗り換えるメリットとして、下記の点が挙げられますので、それぞれ見ていきましょう。

  • enひかりの工事費残債をソフトバンクが負担してくれる
  • 高額なキャッシュバックがもらえる可能性がある
  • ソフトバンク・ワイモバイルのスマホが安くなる
  • 光コラボ同士なので工事不要で乗り換えることができる

enひかりの工事費残債をソフトバンクが負担してくれる

他社違約金還元

enひかりの解約時には、最大で16,500円の工事費残債が請求されますが、ソフトバンク光のあんしん乗り換えキャンペーンを適用することで、実質的には費用負担なしで乗り換えることができますので安心です。

あんしん乗り換えキャンペーンの対象は、その他にも回線撤去費用やenひかりから事業者変更承諾番号の取得の際の発行手数料も対象になりますので、enひかりの解約に伴う費用はほぼカバーできるでしょう。

ただし、あんしん乗り換えキャンペーンは、違約金キャッシュバックなので、解約時にenひかりの工事費残債を一旦支払うことが必要であることに注意しましょう。

なお、あんしん乗り換えキャンペーンのキャッシュバック受け取りの流れは下記の通りです。

  • 手順1:キャンペーンの適用を申し込み
  • 手順2:申し込みから180日以内に開通
  • 手順3:enひかりの違約金等を支払う
  • 手順4:課金開始月を1か月目として5か月目の末日までに証明書をアップロード又は郵送
  • 手順5:特典適用確定
  • 手順6:課金開始日を1か月目として6か月目に普通為替でキャッシュバックを受け取り

高額なキャッシュバックがもらえる可能性がある

ソフトバンク光のキャッシュバックには、新規開設時の代理店キャッシュバックとあんしん乗り換えキャンペーンの違約金キャッシュバックがあります。

まず、ソフトバンク光(株式会社STORY)から申し込みをすることで、事業者変更でも19,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

次に、ソフトバンク光の公式特典としてあんしん乗り換えキャンペーンがあり、enひかりの解約に伴う費用を最大で100,000円まで還元してくれます。

このように、ソフトバンク光のキャッシュバックは2パターンありますので、特にenひかりの解約費用が高額になってしまった方などは、

しっかりとキャッシュバックを申請することで高額なキャッシュバックを受け取ることができるでしょう。

ソフトバンク・ワイモバイルのスマホが安くなる

おうち割光セット
セットにするスマホ割引額セットにできる
モバイル回線の数
ソフトバンク最大1,100円/月最大10回線
ワイモバイル最大1,188円/月最大10回線

※更新日:2024/07/23

おうち割光セットを適用することで、ソフトバンク、ワイモバイルユーザーの方は、月額料金がソフトバンクで最大1,100円、ワイモバイルで最大1,188円割引されます。

また、セットにできるモバイル回線の数は最大10回線と多いので、特に、家族が多い方にとっては、月額の通信費を下げるための大きな特典と言えるでしょう。

なぜならば、家族が5人いれば、最大で1,100円×5人=5,500円割引されるからです。

enひかりからソフトバンク光に乗り換えを検討しているソフトバンク、ワイモバイルユーザー以外の方は、スマホのキャリアもソフトバンク又はワイモバイルに変更を検討すべきでしょう。

また、どうしてもスマホのキャリアを変えたくないのであれば、下記にスマホキャリア別おすすめの光回線を紹介しますので、こちらも参考にしてみてください。

↓↓一番安い光回線を選びたい人はこちらもチェック↓↓

使用している
スマホキャリア
建物タイプお住まいの
地域
おすすめの
光回線
docomo戸建て
マンション
全都道府県ドコモ光
ソフトバンク戸建て関東・関西・東海
・九州(福岡・佐賀)
・中国(広島・岡山)
・北海道
NURO光
関東・関西・東海
・九州(福岡・佐賀)
・中国(広島・岡山)
・北海道
以外の人
ソフトバンク光
マンション全都道府県
auマンション全都道府県auひかり
一戸建て関東auひかり
関西eo光
東海コミュファ光
中国メガエッグ光
四国ピカラ光
九州BBIQ
3キャリア以外戸建て全都道府県GMOとくとくBB
GMO光アクセス
マンション

光コラボ同士なので工事不要で乗り換えることができる

enひかりとソフトバンク光は光コラボ同士なので、事業者変更の手続きで乗り換えることが可能です。

光回線の乗り換えには、通常、開通工事が必要で工事の実施までに1か月以上かかる場合があり、開通工事までの期間が長いと、

場合によってはインターネットが使えない期間が発生するリスクや開通工事費が発生するというデメリットがありますが、事業者変更の場合には開通工事不要で乗り換えることができます

ですから、開通工事費も発生しませんし、開通まで最短で6営業日で開通するのでインターネットが使えない期間が発生するリスクは少ないでしょう。

事業者変更

光コラボレーション」から「光コラボレーション」に乗り換えることです。
※例:ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える

転用

フレッツ光」から「光コラボレーション」に乗り換えることです。
※例:フレッツ光からドコモ光に乗り換える

→さらに事業者変更と転用の違いを見るにはこちら

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

enひかりとソフトバンク光の評判や口コミは?

ここまでenひかりとソフトバンク光の基本情報について比較してきましたが、評判や口コミを検証することも大切です。

そこで、下記の通り、enひかりソフトバンク光の評判や口コミについて調査しましたので、それぞれ見ていきましょう。

  • enひかりの評判や口コミ
  • ソフトバンク光の評判や口コミ

enひかりの評判や口コミ

ドコモ光10ギガとenひかりクロスの2回線引いてますが、
enひかりのサポートは「わかってる人」が対応してくれるので安心感があって本当に素晴らしいですね。
ドコモ光はサポートがマジでやばいと身に沁みたので、
こちらもenひかりに転用するつもり。
午後7時38分・2023年12月20日

enひかりのv6プラス、
アップロード速度にちょっと制限かけてたりする?
午後1時23分・2023年5月4日

enひかりクロス 料金が分かりやすくて安いし
申込後の返答も早いし
10Gbps対応ルーターも価格Com最安値より安く売ってくれるし
素晴らしい 電話問い合わせができるのもGOOD
(とはいえ今の時代なんでもすぐ電話するのではなくまずは自分で調べよう)
通信品質や工事の速さは他のNTTコラボ事業者と共通です
午前11時39分2024年1月18日

引用元;X

enひかりの評判や口コミを見ると、通信速度が速いという口コミが多かったです。

しかしながら、一部ですが、アップロード速度については遅いという口コミもあり、アップロード速度を上げたい方はソフトバンク光に乗り換えることで改善する可能性はあります。

また、enひかりのサポート体制について良い評判や口コミが目立ちましたので、サポート体制重視の方はen光の方が充実している可能性が高いので、ソフトバンク光への乗り換えは一旦検討し直した方がよいかもしれません。

enひかりの評判や口コミについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

ソフトバンク光の評判や口コミ

ソフトバンク光の悪い評判に関する
クラウドワークスアンケート結果一覧

↓スクロールで複数の評判、口コミを見る事が可能です↓

悪い評判

正直、良い点がないです。
継続する可能性が低く、携帯キャリアを変更するときか、または引っ越しの際に見直す可能性が高いです。

悪い評判

最初以外のサービスが悪い。
携帯キャリアであったり、また長期利用者に対する特典が少なく、
お得感が全くない状態です。

悪い評判

アパートから戸建てに引越しをする際に、
Wi-Fi工事をするにあたってチャットサポートをしていましたが、
中々うまくできず、工事まだ半年かかりました。

悪い評判

今の所悪いと思う所はみつからないが、
しいて言うなら「ソフトバンク」という会社(キャリア)のイメージが、
好き嫌い結構分かれてる気がする。

悪い評判

ソフトバンクAIRの評判があまり芳しくないのがソフトバンクの悪いところ!!
有名なのでお客様一人ひとりに対して手厚いサポートをしている姿がとても大変そうに思いました!!

悪い評判

他社から乗り換えてから今まで使ってきたが、
悪い所は特に思い当たらない。強いて言うなら機器が少し大きいと思えるぐらい。

悪い評判

もう少し値段が安ければ、もう言うことないです。
ワイモバイルなので、割引が適用されているので、
ありがたいと思っています。

悪い評判

夕方や週末などのピーク時には、通信速度が低下することが時頼あることです。
ただ、使っててそんなに気になるほどのレベルではありません。

悪い評判

速度が出ない所でしょうか?
公称値1Gbpsに対して実測値400Mbpsは流石にと言いたくもなります。
しかし、速度だけではなく安定感やパケロスの少なさも重要であり、
少なくともその2点は優れているのでトレードオフなのかなと思っています。

悪い評判

私が契約時におくられてきたレンタルするソフトバンク光のルーターの安定性が低くWi-Fiを快適に使用できない時が頻繁にあった。

悪い評判

最初工事にすこし時間がかかったことくらい。
繋がってからの不満はこれといってないです。たまに、ほんのたまーに映像ずれがあるぐらい。

悪い評判

サポートの電話が繋がらないのは不便なので、
もう少し回線を増やすなどしてくれると、お客さんとしては助かると思いました。

悪い評判

特に混雑時間帯や利用者の多い地域では、通信速度が低下することがあるようですが、
普段使用する分に関しては特段問題ありません。

悪い評判

格安の会社がたくさんあるのでそこに比べたら少し高く感じてしまうことがあります。
しかし、相談がしやすいのでこのまま継続して使っています。

悪い評判

お値段はあまり安くありません。
テレビ光を利用する時に、テレビ1台いくら〜など、とても分かりにくかったです。

悪い評判

たまにではあるものの、速度がなぜかわからないけれど遅くなることです。
ひと晩経つと毎回直っているのですが、それもいまいちよく分かりません。

悪い評判

マンションの設備の関係で、長年使用していますが、できるならば今すぐ変えたいくらい麺族度は低いです。
値段もサービスも合格点に行っていません

悪い評判

ソフトバンク光の悪い点は料金が他社より高めであり、一部地域でのサービスエリアが制限されていることです。

悪い評判

電波が非常に悪いと思いました。
住んでる地域によるものかと思いますが、あまりにも、使いづらさを感じてます。違う部屋に移動しただけでも、電波が悪くなりました。

悪い評判

他の格安の通信業者と比べると費用は少し高いのかなと感じます。
もう少し安くなると良いなと思うので、高いと感じる方は多いかもしれません。

悪い評判

料金も含めて特に利用していて不便だったり不都合に感じた点はなかったので悪い点は特に思いつかないです。

悪い評判

長期利用者に対するキャンペーンやサービスが悪い(ほぼない)と感じる点です。
もっと、何らかの形で還元して欲しいです。

悪い評判

サポートがあまり充実していなかったり、キャンペーンをあまり実施してくれないことだと思います。
そこらへんは値段相応かなと思います。

悪い評判

繋がりが悪い。電波が途切れることがある。
本体の電源を落とすと治るが面倒くさい。そこが改善されるとなお良い

※更新日:2024/07/23

ソフトバンク光の良い評判に関する
クラウドワークスアンケート結果一覧

↓スクロールで複数の評判、口コミを見る事が可能です↓

良い評判

ソフトバンク光のいいところは、私も経験があるのですが、
実店舗があるのでわからないことがあったらすぐき聞きにいけることです。

良い評判

それまで使っていたネット回線の解約金を補償してくれる所。
まさかそんなことをしてくれるなんて思っていなかったので
乗り換えの決断は早かった。

良い評判

孫さんが手を引いているだけあって経営体制がとてもしっかりとしていて安心できました!!
世界的に有名な企業なのでどっしりとした安定感があり安心できました!!

良い評判

他社のメディアコンバータには無線LAN機能がついておらず、
自分で無線LANルータを用意する必要があったが、乗り換えたらついていた。

良い評判

スタッフの対応が良いです。
電話も良かったですが、アパートに来て下さった業者さんも丁寧な説明をしてくださいました。
問題なく使用できています。

良い評判

設置するまでの対応もスムーズで早くて説明もしっかり丁寧なので安心して利用できるところが良いと思いました

良い評判

ソフトバンク光は光ファイバー回線を利用しており、
高速で安定した通信品質を提供してくれていることです。
これにより、ストレスなくインターネットを利用することができる点です。

良い評判

回線の安定度、サポートの充実が長所だと思います。
特に、自己診断機能は他社にはない
(少なくとも、So-netやドコモ、Nuroにはありません)
機能で、これがあるだけで何が悪いのかがすぐわかるため非常にありがたい機能です。

良い評判

通信速度が常に安定しており、ネットの利用時にもストレスを感じず利用でします。
また了解の節約にもなり助かります。

良い評判

面倒な工事を複数行う必要がなく、数多くのマンションアパートに対応している点では他の回線より優っているのではないか。

良い評判

料金もそこそこ抑えられつつ、品質の良い回線を使えるのでおすすめです。
特に今遅い回線の方は変えても後悔しないのではと思います。

良い評判

大手なので安心感もあり、基本的には使い勝手も良く、特別に困ることもないので、
使い続けやすい。スマホとセットで割引もある。

良い評判

ソフトバンク光は光ファイバー回線を利用しており、高速で安定した通信品質を提供していいるため、
快適なインターネット環境を実現し、ストリーミング動画やオンラインゲームなどをスムーズに楽しむことができるところです。

良い評判

サポートが充実しているのと割引やキャンペーンがあるので通常よりも安く契約ができます。
また、通信速度も速いのでダウンロードの待ち時間がほとんどありません。

良い評判

これまでネットのつながりが悪いなと思ったことが一度もないので、問題なく使えるということが一番のいいところなんじゃないかと思います。

良い評判

大手なので安心感があります。
メッシュWi-Fiもあり、少しお値段高めですが、使ってみたい方は数ヶ月からでも利用できます。

良い評判

日常生活にも、リモートワークにおいても不備なく使えるところが良いと感じています。
複数台つないでも遅くなるということもなく、快適に使えています。

良い評判

長年使用していますが、特にないです。大問題も発生したことが無いのが良いところと言えるかもしれません。

良い評判

ソフトバンク光の良い点は高速な通信速度と安定性、豊富なキャンペーンや特典、そして優れたカスタマーサポートだと思います。

良い評判

良い点は、安定した通信速度と手頃な料金設定です。
キャンペーンを利用するとさらにお得にサービスを始めることができ、利用に最適です。
また、携帯サービスとのセット割引が大きなメリットで、通信費をまとめて節約できる点も魅力的です。

良い評判

ソフトバンクやワイモバイルの携帯電話を解約していると、
携帯電話代がすこし、やすくなり、それに加えて光も、実質安くなるのはいい所です。

良い評判

良いところは通信速度も問題なく、やはり大手の安定感と信頼感はとてつもなく大きいなと感じることができ、不満は特にないです。

良い評判

通信速度も料金も適正で携帯がソフトバンクならむしろ他と比べるとお得だと思います。
使用していて不都合な点はないのですごく良いと思います。

良い評判

携帯キャリアの割引がかかり、気持ちお得になるのと、PayPayポイントがつく点くらいしか思いつかないです。
また、ある程度、通信は安定していると感じます。

良い評判

コストパフォーマンスがよいところだと思います。
前まで別の業者を使用していたのですが、それに比べてかなり安いと思います。

良い評判

安いところがいい。
あとはサポートしてくれる人柄がよく、迅速に対応してくれることが多い。
おうち割でやすくつかわせていただいてる。

※更新日:2024/07/23

ソフトバンク光の評判や口コミについては、良くも悪くも通信速度についての口コミが非常に多かったです。

傾向としては、ソフトバンク光に乗り換えて通信速度が速くなったという口コミが多い一方で、接続障害が起こるというような口コミもいくつかありました。

上記を分析すると、基本的な通信速度については、速いけれども、通信の安定性については少し不安が残るような内容でした。

ソフトバンク光の評判や口コミについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

enひかりからソフトバンク光へ乗り換える際のルーターの設定方法は?

enひかりからソフトバンク光へ乗り換える際のルーターの設定方法について、光BBユニットを利用する場合には、出荷時にユーザー認証設定(PPPoE設定)は完了していますので、難しい設定は必要ありません。

基本的には、NTT機器に光BBユニットを接続し、Wi-Fiを自動設定することでインターネットが繋がります。

まず、配線の接続に関しては、下記の手順でNTT機器と光BBユニットをLANケーブルで接続します。

  • STEP1:ONUの「UNI」ポートと光BBユニットの「インターネット回線」ポートをLANケーブル(灰色)で  接続します。
  • STEP2:光BBユニットの「パソコン1~4」のいずれかのポートとパソコンの「LAN」ポートをLANケーブル(青色)で接続します。
  • STEP3:電源アダプターを接続します。(順番はONU→光BBユニット)
  • STEP4:電源ランプの点灯を確認します。

上記の通り、配線の接続が終われば、次はWi-Fiの設定をします。

  • STEP1:機能ボタンを長押し(2秒~5秒)
  • STEP2:WPS機能が作動し、「Wi-Fi」ランプが点滅
  • STEP3:機器側のWi-Fi設定を行う

光BBユニットを利用する場合のルーターの設定は、以上で完了です。

問題となるのは、市販のルーターを購入し、Wi-Fiマルチパックに加入しない場合です。

この場合、配線の接続については上記の光BBユニットを市販のルーターに置き換えれば良いだけなので上記と同じ手順で接続すれば問題ありませんが、Wi-Fi設定に関しては、ユーザー認証設定(PPPoE設定)が必要ですので注意しましょう。

ユーザー認証設定(PPPoE設定)に必要な情報は下記の通りです

  • 市販のルーターの「ID(ユーザー名)/パスワード」
  • 「SoftBank 光」の「S-ID(認証ID)/パスワード」

ソフトバンク光の認証IDとパスワードは、MySoftBank、又は「ご利用開始の案内」に記載されていますので確認しましょう。

市販のルーターのWi-Fi設定は各メーカーごとに異なるので、上記の情報を用意して、各メーカーのウェブサイトで設定方法を確認しましょう。

主要なメーカーのウェブサイトは下記の通りです。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

enひかりからソフトバンク光へ乗り換えた後のルーターの返却手順は?

事業者変更の場合、NTTの設備(ONUなど)については返却の必要はありませんが、enひかりからレンタルしているWi-Fiルーターに関しては、返却の必要があります。

下記の通り、返却の手順をまとめましたので、それぞれ見ていきましょう。

  • enひかりのレンタルルーターの返却方法
  • enひかりのレンタルルーターを返却しないとどうなる?

enひかりのレンタルルーターの返却方法

このうち回線終端装置(ONU)VDSL(モデム)は、本来、NTTに返却が必要ですが、事業者変更の場合には継続利用できますので返却の必要はありませんので、enひかりからソフトバンク光に乗り換える際に返却が必要な機器は以下の通りです。

  • ホームゲートウェイ
  • ホームゲートウェイ(無線LAN機能付き)
  • レンタルルータ XG-100NE ※enひかりクロスの場合
  • 電源アダプター

enひかりのレンタルルーターの返却方法については、下記の手順で速やかに返却しましょう。

  • 手順1:enひかりカスタマーサポートセンターに電話する
  • 手順2:enひかりから送られてくる接続機器返却キット(着払)にて指定する住所に返送する

また、返却方法の詳細については、下記のenひかりカスタマーサポートセンターに問い合わせをしましょう。

enひかりカスタマーサポートセンター

電話番号:03-5534-9997 受付時間:10:00~19:00

enひかりのレンタルルーターを返却しないとどうなる?

enひかりのレンタルルーターを返却しないと、機器相当額を請求されますので、enひかり解約後は、速やかに返却するようにしましょう。

レンタル機器の返却期限は、返却キットが届いてから1か月以内ですので注意が必要です。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

enひかりからソフトバンク光へ電話番号を引き継いで乗り換える方法は?

光回線の乗り換え時には、できれば電話番号を引き継いで乗り換えたいところですが、enひかりからソフトバンク光へ乗り換える場合は、どうでしょうか。

ここでは、enひかりからソフトバンク光へ電話番号を引き継いで乗り換える方法について、下記の通り、解説します。

  • 光コラボ同士の乗り換えなので電話番号はそのまま引き継げる
  • enひかりとソフトバンク光のひかり電話の料金は?

光コラボ同士の乗り換えなので電話番号はそのまま引き継げる

enひかりとソフトバンク光のように、光コラボ同士の乗り換えは事業者変更で手続きができますが、事業者変更の場合には電話番号をそのまま引き継ぐことができます。

ソフトバンク光へ申し込む時に、「電話番号を引き継ぎたい」旨をオペレーターに伝えるだけで、手続きが完了しますので、難しい手続きは必要ありません。

ただし、ソフトバンク光のひかり電話には3タイプの契約があり、電話番号引継ぎの可否は下記の通りですので、注意が必要です。

  • 光電話(N)→引継ぎ可
  • ホワイト電話→NTT発番の電話番号なら引継ぎ可
  • BBフォン→引継ぎ不可

NTT発番とは、NTTと契約したときに発行された番号で、光発番とは、ひかり電話を契約したときに新しく発行した番号です。

光電話(N)は、NTT発番はもちろん、光発番であっても、電話番号の引継ぎが可能ですが、ホワイト電話は光発番の場合には電話番号を引き継げません。

また、BBフォンについては、どちらの場合も引継げませんので注意しましょう。

enひかりとソフトバンク光のひかり電話の料金は?

光回線サービス名ひかり電話のオプション料金
enひかり基本プラン:550円
パック:1,650円
ソフトバンク光【光電話(N)】
基本プラン:513円
基本プランα:1,037円
誰とでも低額for光電話:1,551円
【ホワイト電話】
基本プラン:550円
スタート基本プラン:1,650円
【BBフォン】
無料

※更新日:2024/07/23

enひかりとソフトバンク光の電話料金は上記の表の通り、ほとんど変わらないのですが、BBフォンに関しては基本料金が無料です。

ただし、他社の携帯電話に電話すると通話料が高くなるという料金設定になっています。

他社の携帯電話に掛けることがあまりない方は、BBフォンにすることで費用が安くなる可能性は高いのですが、enひかりの電話番号を引き継げないのが難点であると言えるでしょう。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

enひかりとソフトバンク光を比較!早くて安い光回線はどっち?

ソフトバンク光enひかり
基本料金戸建て:5,720円
マンション:4,180円
戸建て:4,620円
マンション:3,520円
実際の料金※1戸建て:3,933円
マンション:2,393円
戸建て:5,619円
マンション:4,519円
契約期間2年間なし
公表している速度最大1Gbps
最大10Gbps
(10ギガプラン)
最大1Gbps
最大10Gbps
(10ギガプラン)
実際の通信速度※2下り: 302.56Mbps
上り: 358.32Mbps
Ping値:15.83ms ms
下り: 353.21Mbps
上り: 445.33Mbps
Ping値: 14.3ms
スマホのセット割引ソフトバンクとワイモバイル
使用すると最大1,100円割引
UQ モバイル、ahamo、povoユーザーは月額110円割引
契約事務手数料3,300円3,300円
初期工事費フレッツ光・光コラボ
からの乗り換えは
立ち会い工事無し4,620円
立ち会い工事あり31,680円
その他(新規・乗り換え)は
実質0円
立ち合い工事無し2,200円
立ち合い工事あり16,500円
キャッシュバック新規契約最大40,000円キャッシュバック
工事費サポートはじめて割の場合は33,000円
10ギガ安心工事費あんしんキャッシュバックの場合は31,000円
なし
その他のキャンペーン工事費実質無料(工事費用の欄参照)
他社への違約金・撤去費負担(10万円)
開通までWiFiルーター無料貸出
10ギガ6ヶ月間月額料金500円
  &ホームゲートウェイ(月550円)6ヶ月間無料
オプション初月無料
なし

※更新日:2024/07/23

※1:光回線とwifiセット&新規契約

※1:実際の料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間

※2:実際の速度は「みんなのネット回線速度」から引用

enひかりからソフトバンク光に乗り換える際には、通信速度と料金の比較が大事です。

ここではenひかりとソフトバンク光の基本情報を比較し、下記の通り項目ごとに比較しました。

  • 通信速度はenひかりの方が速い!
  • 光回線の基本料金はenひかりの方が安い!
  • キャンペーンを利用するとソフトバンク光の方が安くなる!
  • enひかりとソフトバンク光のプロバイダはどこ?

通信速度はenひかりの方が速い!

enひかりとソフトバンク光の通信速度を比較すると、公表している通信速度は両社とも同じ、最大1GPbs(10ギガの場合は、10GPbs)ですが、最大通信速度は、あくまで技術規格上の最大値ですので実際の速度とは異なります。

ですから、光回線の通信速度は、実測値で比較するしかありません。

そこで、みんなのネット回線速度から引用したデーターで両社の通信速度を比較してみると、ソフトバンク光よりもenひかりの方が通信速度が速いという結果となりました。

尚、通信の応答速度の指標となる数値として、Ping値があり、頻繁にオンラインゲームをプレイする方が快適にオンラインゲームを楽しむためには、この数値が重要です。

そこで、enひかりとソフトバンク光のPing値も比較しましたが、結果としてはほとんど変わらないということがわかりました。

Ping値とは?

Ping値とはインターネットの応答速度のことで、ms(ミリ秒、ミリセカンド)を単位としています。数値が低ければ低いほど、応答速度が速いということになるため、ping値で比較する際は数値の低い回線を選ぶのがおすすめです。

Ping値の詳しい説明はこちら

光回線の基本料金はenひかりの方が安い!

ソフトバンク光の月額基本料金が、戸建て:5,720円、マンション:4,180円であるのに対して、enひかりは、戸建て:4,620円、マンション:3,520円という結果でしたので、

戸建て、マンションプランのどちらについても、基本料金はenひかりの方が安いという結果でした。

この結果については、ソフトバンク光の月額基本料金が高いわけではなく、enひかりは、契約期間の縛りなく、キャッシュバックや割引などをしない経営方針であるため、

結果として、他社光回線よりも月額料金等を安くできるのではないかと推察できます。

キャンペーンを利用するとソフトバンク光の方が安くなる!

月額基本料金は、ソフトバンク光よりもenひかりの方が安いのですが、光回線の乗り換えは、キャッシュバックや割引などを含めた実際の料金で比較することが大切です。

そこで、本記事では、下記の計算式で実際の料金を算出し、ソフトバンク光とenひかりを比較したところ、実際の料金は、ソフトバンク光の方が安いという結果でした。

実際の料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間

この点については、enひかりがキャッシュバックなどの特典や、割引をほぼ実施していないことに対して、ソフトバンク光は、キャッシュバックや新規申し込み割引、他社違約金還元などのキャンペーンが充実しているからであると分析します。

特に、ソフトバンク光のおうち割光セットは、ソフトバンクユーザー、ワイモバイルユーザーがスマホとセットでソフトバンク光と契約することで、月額最大1,100円割引されるキャンペーンで、総合的な通信費を安くするために効果的なキャンペーンです。

enひかりからソフトバンク光に乗り換える際に総合的な通信費を安くしたいのであれば、スマホキャリア自体の乗り換えも検討する余地はあるでしょう。

enひかりとソフトバンク光のプロバイダはどこ?

enひかりについては、プロバイダと光回線の提供事業者が同一で運営会社は、株式会社緑人です。

一方で、ソフトバンク光については、光回線はソフトバンク光、プロバイダは、yahoo!BBが提供していますが、両社ともプロバイダ一体型のサービスなので、プロバイダを自由に選ぶことができないという共通点があります。

プロバイダとは?

プロバイダとはインターネットサービスプロバイダ(Internet Service Provider)の略で、インターネット利用者と回線業者の橋渡しをする役割を担っています。

インターネットを使うには、回線事業者とプロバイダの両方を契約することが必要ですが、ネット回線とプロバイダが一体になった回線事業者もあります。

この場合、回線事業者と契約するだけで完了するので、プロバイダの申込みは必要ありません。

プロバイダについて詳しく知りたい方はこちら

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

enひかりクロスとソフトバンク光・10ギガの比較は?

ソフトバンク光10ギガenひかりクロス
基本料金6,380円5,445円
実際の料金※13,188円5,977円
契約期間2年なし
公表している速度最大10GPbs最大10GPbs
スマホのセット割引ソフトバンクとワイモバイル
使用すると最大1,100円割引
UQ モバイル、ahamo、
povoユーザーは月額110円割引
契約事務手数料3,300円3,300円
初期工事費立ち会い工事あり:31,680円
立ち会い工事無し:4,620円
立ち会い工事あり:16,500円
立ち会い工事なし:2,200円
キャッシュバック最大31,000円キャッシュバック
10ギガ工事費あんしんキャッシュバック
24,000円
なし
その他のキャンペーン10ギガ6ヶ月間月額料金500円
ホームゲートウェイ(月550円)6ヶ月間無料
オプションサービス初月無料
開通前Wi-Fiレンタル無料
新規工事費無料
無線LANルーター大特価

※更新日:2024/07/23

※1:光回線とwifiセット&新規契約

※1:実際の料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間

※2:実際の速度は「みんなのネット回線速度」から引用

ソフトバンク光にもenひかりにも10ギガプランがありますが、実際のところ、それぞれの料金や通信速度は気になるところでしょう。

そこで、ここではソフトバンク光とenひかりの10ギガプランの基本情報について、下記の通り検証します。

  • enひかりクロスとソフトバンク光の通信速度はどっちが速い?
  • enひかりクロスとソフトバンク光・10ギガの料金はどっちが安い?

enひかりクロスとソフトバンク光の通信速度はどっちが速い?

enひかりクロス IPv6接続 IPoE(クロスパス)の測定結果
Ping値: 18.6ms
下り速度: 1044.49Mbps(超速い)
上り速度: 190.29Mbps(かなり速い)
午前2時43分・2023年2月16日

上りがあまり出ない。
enひかりクロスの測定結果
・IPv4 IPoE + IPv4 over IPv6(v6プラス)
下り速度: 4503.29Mbps(超速い)
上り速度: 1575.37Mbps(超速い)
・IPv6 IPoE(v6プラス)
下り速度: 2646.57Mbps(超速い)
上り速度: 3675.19Mbps(超速い)
午後1時47分・2023年1月18日

現在のソフトバンク10ギガ
いつもより速いがこれ10ギガのサービスやで。
いったいいつになったら ソフトバンク側の調査と対策終わるんだ?
スピードが出ない期間は減額していただけるんですよね。

ソフトバンク光 速度

午前11時57分・2022年12月25日

やっと増速したか?
10Gbpsでつないだ結果



ソフトバンク光 速度

午後4時52分・2023年7月27日

引用元;X

まず、上記の口コミや評判を見て、ソフトバンク光とenひかり、どちらも10ギガは速いということがわかりました。

公表している通信速度は最大10GPbsですが、公表している速度は、技術規格上の理論値であり実効速度ではないので、さすがに10GPbsの速度が出ているというコメントはなかったものの、

どちらの光回線も単純計算で1ギガのプランの10倍の速度は出ているという印象でした。

ただし、どちらの光回線もエリアによっては思っていたより速度が出ていないというようなコメントもありましたので、ソフトバンク光とenひかりの通信速度に大きな差はないと言えるでしょう。

enひかりクロスとソフトバンク光・10ギガの料金はどっちが安い?

まず、ソフトバンク光・10ギガの月額基本料金は、6,380円であるのに対して、enひかりクロスの月額基本料金は、5,445円ですから、月額基本料金については、ソフトバンク光よりもenひかりの方が安いです。

enひかりの月額基本料金が安い理由としては、キャッシュバックや割引などのキャンペーンを実施しない代わりに、月額基本料金を安く、また契約期間の縛りもなしで運営しているという点があります。

他の多くの光回線の月額基本料金と比較してもenひかりは非常に安い料金設定であると言えるでしょう。

次に、光回線の料金比較はキャンペーンやキャッシュバックを含めた実際の料金を比較することが大切ですから、本記事では下記の計算式で実際の料金を算出し、比較したところ、実際の料金については、enひかりよりもソフトバンク光の方が安いという結論になりました。

実際の料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間

やはり、1ギガプランの場合と同じように、enひかりクロスもキャッシュバックのようなキャンペーンを実施していないことに対して、

ソフトバンク光・10ギガについては、最大31,000円キャッシュバックや、10ギガ工事費あんしんキャッシュバック24,000円などのキャッシュバックが豊富であることや、

ソフトバンク光のおうち割光セットのようにスマホとセットで契約することでスマホの料金が割引になるプランがあるので、これらを含めると実際の料金が安くなる傾向があります。

因みにenひかりクロスも、勝手に割りというサービスがあり、UQ モバイル、ahamo、povoユーザーのスマホセット割はありますが、月額110円割引と少額です。

これに対して、おうち割光セットを適用すると、最大で1,100円割引されるわけですから、特典の効果は高いと言えるでしょう。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

enひかりからソフトバンク光に乗り換えても「enひかり電気」は続けて利用できる?

enひかり電気

結論から言えば、enひかり電気は、enひかり契約者限定の電気料金プランですので、enひかりを解約した場合にはenひかり電気を継続利用することはできません。

つまり、enひかりからソフトバンク光に乗り換える際には、次の電気事業者を探さなければならないというデメリットが発生します。

また、enひかり電気の重要事項説明書を拝見したところ、下記のように、enひかりの解約前にenひかり電気の解約手続きをすることになっていましたので注意しましょう。

enひかりを解約される場合は、enひかりのオプションサービスである en ひかり電気の解約等のお手続きを行ってからお申し出ください。

引用元;enひかり電気重要事項説明書

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

enひかりからソフトバンク光に乗り換えにおすすめのキャンペーン窓口は?

ソフトバンク光 株式会社STORY
ソフトバンク光(株式会社STORY)
月額料金戸建て:5,720円
マンション:4,180円
10ギガ:6,380円
実際の月額料金
※1
戸建て:3,933円
マンション:2,393円
10ギガ:3,188円
公表している通信速度1ギガ:1Gbps
10ギガ:10Gbps
契約期間2年
事務手数料3,300円
工事費用<「工事費サポート はじめて割」適用で0円>
立ち合い工事必要:31,680円
立ち合い工事不要:4,620円
スマホセット割引ソフトバンク、ワイモバイルスマホの
通信料月々1,100円割引
キャンペーン最大40,000円キャッシュバック
転用、事象者変更は19,000円キャッシュバック
10ギガは月額料金が6ヶ月間500円&
ホームゲートウェイ6ヶ月間無料
その他の特典他社への違約金・撤去費負担(10万円)
開通までWiFiルーター無料貸出
オプション初月無料
工事費実質無料

※更新日:2024年7月01日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

さて、実際にenひかりからソフトバンク光に乗り換える場合には、ソフトバンク光正規代理店の株式会社STORYを窓口にすることをおすすめします。

ソフトバンク光の申し込み窓口として株式会社STORYをおすすめする理由は、下記の通りですので、それぞれ見ていきましょう。

  • 高額キャッシュバックを最短2ヶ月で受け取り可能!
  • enひかりの工事費残債・撤去費用をソフトバンク光が負担!

高額キャッシュバックを最短2ヶ月で受け取り可能!

最大40,000円キャッシュバック
キャッシュバック額最大で40,000円
事業者変更の場合は、19,000円
受け取り時期開通から2ヶ月後
適用条件株式会社STORYのサイトから申し込み
申し込み時にキャンペーンの申告
申し込み日より90日以内に開通
特典の受け取りまで継続利用

※更新日:2024/07/23

enひかりからソフトバンク光に乗り換える場合には、ソフトバンク光正規代理店の株式会社STORYから申し込むことで上記のキャッシュバックを受け取ることができます。

enひかりからソフトバンク光に乗り換える場合には事業者変更の手続きになりますので、キャッシュバックの額は19,000円に減額されますが、有料オプションに加入するなどの複雑な条件はないのでおすすめです。

また、代理店によっては、キャッシュバックを受け取る時期が、開通日から1年以上先になることもあり、キャッシュバックの申請忘れの原因となることもあります。

しかしながら、本キャンペーンについては、開通後最短2か月後にキャッシュバックを受け取ることができますので、キャッシュバックの貰い忘れも防止することができるでしょう。

このような、キャッシュバックの受け取りまでの早さも、本記事でソフトバンク光の申し込み窓口として株式会社STORYをおすすめする理由でもあります。

最後に、株式会社STORYのキャッシュバックを受け取るまでの流れを下記に記載しますので、参考にしてみてください。

  • 手順1:公式サイトから申し込みをします。
  • 手順2:オペレーターから折り返し電話が来るのでキャンペーン適用を申告します。
  • 手順3:ソフトバンク光開通後、振込先の口座情報を申告します。
  • 手順4:最短2か月後に指定口座に振り込まれます。

enひかりの工事費残債・撤去費用をソフトバンク光が負担!

違約金還元
あんしん乗り換えキャンペーン
キャッシュバック額最大100,000円
受け取り時期開通から6ヶ月後
適用条件申し込み日から180日以内に開通
5か月目の末日までに元回線の違約金・撤去費用を
  証明書貼付シートに貼付けし返送
対象サービスの利用継続支払い方法の登録
利用料金を支払い期限までに入金

※更新日:2024/07/23

ソフトバンク光のあんしん乗り換えキャンペーンは、enひかりの解約により発生した違約金・回線撤去工事費・工事費残債などを最大で100,000円まで還元してくれるキャンペーンです。

enひかりの場合、契約期間の縛りがないので違約金は発生しませんが、開通工事費の残債や回線撤去工事費が発生する場合がありますので、そのようなケースにはしっかりと申請しましょう。

また、少額ですが、事業者変更承諾番号取得時に発生した発行手数料:3,300円についてもあんしん乗り換えキャンペーンの対象ですので、併せて申請することで費用負担をなくすことができます。

ただし、本キャンペーンは違約金キャッシュバックなので、一旦は違約金等を支払う必要ることに注意が必要です。

あんしん乗り換えキャンペーンのキャッシュバックは、下記の手順で普通為替で受け取ることができますので、事前に確認しておきましょう。

  • 手順1:キャンペーンの適用を申し込み
  • 手順2:申し込みから180日以内に開通
  • 手順3:enひかりの違約金等を支払う
  • 手順4:課金開始月を1か月目として5か月目の末日までに証明書をアップロード又は郵送
  • 手順5:特典適用確定
  • 手順6:課金開始日を1か月目として6か月目に普通為替でキャッシュバックを受け取り

上記のように、あんしん乗り換えキャンペーンなどの特典を上手く利用することで、損せずにソフトバンク光へ乗り換えることができます。

ソフトバンク光の乗り換え手順について詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

enひかりからソフトバンク光への乗り換えに関するよくある質問

最後に下記の通り、enひかりからソフトバンク光への乗り換えに関するよくある質問について解説しましたので、それぞれ見ていきましょう。

  • enひかり・ソフトバンク光のマイページのログイン方法は?
  • enひかり・ソフトバンク光の契約内容を確認する方法は?
  • enひかりのメールアドレスは残せる?
  • enひかりのプロバイダの解約手続きは必要?

enひかり・ソフトバンク光のマイページのログイン方法は?

まず、enひかりについては、マイページが存在しませんし、公式サイトからの問い合わせもできません。

続いて、ソフトバンク光についてのマイページのログイン方法は、下記の通りです。

  • 手順1:MySoftBankログイン画面にアクセスする。
  • 手順2:S-IDとパスワードを入力する。

ここで、困るのが、S-IDやパスワードを忘れてしまった場合ですが、S-IDを忘れてしまった場合には、開通時にソフトバンク光から送られてくる「ご利用開始のご案内」に記載されていますので、確認しましょう。

ご利用開始のご案内をなくしてしまった方は、S-ID確認のページから携帯電話番号を入力し、送信することで確認できます。

パスワードを忘れてしまった方は、ログイン画面の「パスワードをお忘れの方」をクリックして、S-IDと携帯電話番号を入力し、送信することでパスワードの再設定をすることができます。

enひかり・ソフトバンク光の契約内容を確認する方法は?

まず、enひかりの契約内容を確認する方法としては、下記の2パターンがあります。

  • enひかりの契約書類を確認する
  • enひかりのカスタマーサポートセンターに問い合わせる

enひかりのカスタマーサポートセンターの連絡先は下記の通りですので、契約書類をなくした方は下記に問い合わせをしましょう。

enひかりカスタマーサポートセンター

電話番号:03-5534-9997 受付時間:10:00~19:00

これに対して、ソフトバンク光の契約内容を確認する方法は、下記の通り、いくつかの方法があります。

電話サポート予約は電話が繋がらないときには便利ですが、S-ID(認証ID)とパスワードが必要ですので注意しましょう。

基本的には、ソフトバンク光のMySoftBankにログインすることで、時間を気にせず、簡単に契約内容を確認することができますのでおすすめです。

上記で解決しない場合には、下記のソフトバンク光サポートセンターに問い合わせをしましょう。

【ソフトバンク光サポートセンター】

電話番号:0800-111-2009 受付時間:10:00~19:00

enひかりのメールアドレスは残せる?

基本的に光コラボは光回線とプロバイダサービスが一体化しているので、元の光回線を解約した時点でプロバイダサービスも解約されます。

ですから、プロバイダのメールアドレスがなくなるという問題が発生しますが、enひかりの場合は、そもそもプロバイダのメールアドレスが提供されていないので、このような問題は発生しないでしょう。

enひかりのプロバイダの解約手続きは必要?

enひかりは、光回線サービスとプロバイダサービスが一体化したサービスなので、別途、プロバイダの解約手続きは必要ありません。

また、プロバイダと光回線のどちらか一方のみ解約することもできません。

ただし、オプションサービスとして、enひかり電気を契約している場合、重要事項説明書に下記のような記載がありましたので注意しましょう。

enひかりを解約される場合は、enひかりのオプションサービスである en ひかり電気の解約等のお手続きを行ってからお申し出ください。

引用元;enひかり電気重要事項説明書

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

enひかりからソフトバンク光への乗り換え まとめ

enひかりからソフトバンク光への乗り換え まとめ

enひかりからソフトバンク光へ乗り換える際の問い合わせ先については、下記の通りです

事業者変更承諾番号の取得→enひかりの問い合わせ窓口

enひかりカスタマーセンター

電話番号:03-5534-9997 受付時間:10:00~19:00

ソフトバンク光の申し込み窓口→株式会社STRYがおすすめ!

申し込みの窓口→ソフトバンク光サポートセンター

ソフトバンク光サポートセンター

電話番号:0800-111-2009 受付時間:10:00~19:00

enひかりからソフトバンク光に乗り換える場合には、下記の手順で乗り換えましょう。

  • STEP1:enひかりから事業者変更承諾番号を取得する
  • STEP2:ソフトバンク光に申し込む
  • STEP3:回線の切り替えがおこなわれる
  • STEP4:光BBユニット(ブロードバンドルーター)の設置をする
  • STEP5:enひかりのレンタル機器を返却する
  • STEP6:ソフトバンクのキャッシュバックを受け取る

enひかりからソフトバンク光に乗り換える際は、下記の点に注意しましょう。

  • ソフトバンク光の解約月の料金は日割りにならない
  • ソフトバンク光に切り替わったら光BBユニット(ルーター)の設定が必要
  • ソフトバンク光に乗り換えた直後はIPv6が利用できないことがある

次に、enひかりからソフトバンク光に乗り換える際のメリット・デメリットについて解説しました。

enひかりからソフトバンク光に乗り換える際のデメリット

  • enひかりからソフトバンク光へ乗り換えると基本料金が高くなる
  • ソフトバンク光はIPv6やWiFiの利用にオプション料金がかかる
  • enひかりとソフトバンク光の両方で手数料がかかる
  • enひかりのプロバイダサービスが利用できなくなる

enひかりからソフトバンク光に乗り換える際メリット

  • enひかりの工事費残債をソフトバンクが負担してくれる
  • 高額なキャッシュバックがもらえる可能性がある
  • ソフトバンク・ワイモバイルのスマホが安くなる
  • 光コラボ同士なので工事不要で乗り換えることができる

enひかりとソフトバンク光の評判や口コミについてまとめると下記の通りとなりました。

enひかりとソフトバンク光両社とも、通信速度が速いという口コミが多かったが、ソフトバンク光については、通信の安定性に不満を持つ口コミが多かった。

また、enひかりの評判や口コミについては、サポート体制が良いというものが多くあった。

enひかりからソフトバンク光へ乗り換える際のルーターの設定方法については、

基本的には、NTT機器に光BBユニットを接続し、Wi-Fiを自動設定することでインターネットが繋がります。

enひかりからソフトバンク光へ電話番号を引き継いで乗り換える方法は?

ひかり電話(N)→番号ポータビリティで引継可能

ホワイト電話→NTT発番の番号なら引継ぎ可能

BBフォン→電話番号の引継ぎ不可

BBフォンが費用的には安く済みますが、電話番号を引き継げないというデメリットがあります。

enひかりとソフトバンク光を比較!早くて安い光回線はどっち?

下記の通りの結果でした。

通信速度→enひかりの方が速い

月額料金→enひかりの方が安い

実際の料金→ソフトバンク光の方が安い

enひかりクロスとソフトバンク光・10ギガの比較は?

下記の通りの結果でした。

通信速度→同じくらい

月額料金→enひかりの方が安い

実際の料金→ソフトバンク光の方が安い

enひかりからソフトバンク光に乗り換えにおすすめのキャンペーン窓口は?

複雑な条件もなく、最短2か月でキャッシュバックを受け取ることができる株式会社STORYがおすすめ

以上、本記事では、enひかりからソフトバンク光に乗り換える際の手順や注意点について両社のメリット・デメリットを比較しながら解説しました。

光コラボ同士なので、比較的乗り換えの手続きは簡単ですが、それぞれメリット・デメリットがありますので、しっかりと検証して、自分に合った光回線と契約するようにしましょう。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

【目次】クリックで見出しに飛びます