auひかりを引越しするための手続きや費用は?注意点や解約についても徹底解説!

auひかり 引越しの手順

auひかりを引越し先で利用したい方のなかには、具体的な手続きの方法や注意点が分からず、不安な方も多いと思います。

特に、auひかりは撤去工事や手続きを行うタイミングによって費用や引越しまでにかかる時間が異なるため、事前に注意点などの確認が必要です。

この記事では、auひかりの引越しの流れや費用、注意点を分かりやすいように解説しているため最後までチェックしてください。

また、お得にauひかりの引越し手続きを進めるポイントも紹介しているため、費用を抑えたい方は確認しておきましょう。

おすすめの代理店キャンペーンと
おすすめの点
申し込みページ
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2023-12-25-092504.png実質料金が最安レベル
通信速度も最速クラス
au・UQスマホが最大1,100円引き
無料でWi-Fiを利用できる
ひかり電話が35か月無料
開通工事費が実質無料
ほぼすべてのキャンペーンを併用可能
公式ページはこちら

2024年5月01日

auひかりの評判や口コミはこちら
auひかりのキャンペーンはこちら
auひかりのキャッシュバックはこちら
auひかりの乗り換え方法はこちら

【目次】クリックで見出しに飛びます

auひかりを継続して引越しするための手続きと流れって?

auひかりを継続して引越しするための手続きと流れ
  • STEP1:提供エリアの確認
  • STEP2:KDDIへ連絡
  • STEP3:KDDIが手続きを受付
  • STEP4:回線工事日の連絡
  • STEP5:案内の書面と機器が届く
  • STEP6:開通工事に立ち会う
  • STEP7:ルーターやWi-Fiの機器の接続設定をする

上記にauひかりを継続して引越しするための手続きと流れについてまとめたため、検討されている方は参考にしてください。

特に、auひかりは工事の関係で1ヶ月以上前に手続きを進める必要があるため、引越し日が分かり次第なるべく早く申し込むようにしましょう。

また、各項目では注意点やポイントを紹介しているため、手続きを進める方は事前にチェックしてください。

STEP1:提供エリアの確認

auひかり提供エリア確認

まずは、上記のauひかり提供エリア確認サイトへアクセスし、auひかりが利用できるかどうかを確認しましょう。

次に、戸建てかマンションかどうかの住居タイプの選択と郵便番号を入力するほか、固定電話を利用している方は番号を入力し、「エリアを確認する」をクリックします。

すると、住所が表示されるため、引越し先かどうかを確認したあと番地と建物名を選択してください。

最後に、サービス名が表示されればauひかりを利用できるエリアなため、引越し手続きを進めましょう。

ただし、auひかりを解約をし、新たに契約される予定の方はそのまま申し込みを行うとキャッシュバックなどの特典が受け取れないため、auひかりのキャンペーン窓口から手続きを進めるのがおすすめです。

関連して、auひかりのキャンペーンをおこなっているおすすめ窓口について知りたい方は当サイトでまとめた記事があるため、気になる方は以下からチェックしてください。

auひかりのキャンペーンをおこなっているおすすめ窓口って?

STEP2:KDDIへ連絡

お引っ越し情報入力フォーム

提供エリアを確認し引越し先でもauひかりが利用できるのを確認した方は、上記問い合わせ先からKDDIへ連絡を行いましょう。

注意点として、KDDIへ連絡をしてから引越しの手続きが完了するまでには時間がかかるほか、荷造りや新居の契約など忙しくなるため、早めに手続きを進めてください。

また、webから申し込むには「auID」と「パスワード」や契約情報を入力する必要があるため、開通時の書類を用意しておくとスムーズに進められます。

併せてですが、au one net以外のプロバイダを使用している方は各事業者によって引越し手続きが異なる可能性があるため、契約先へ事前に確認しておいてください。

プロバイダとは?

プロバイダとはインターネットサービスプロバイダ(Internet Service Provider)の略で、インターネット利用者と回線業者の橋渡しをする役割を担っています。

インターネットを使うには、回線事業者とプロバイダの両方を契約することが必要ですが、ネット回線とプロバイダが一体になった回線事業者もあります。

この場合、回線事業者と契約するだけで完了するので、プロバイダの申込みは必要ありません。

プロバイダについて詳しく知りたい方はこちら

STEP3:KDDIが手続きを受付

申し込みフォームの入力が完了した方は、登録した連絡先へKDDIから確認の連絡が来るのを待ちましょう。

また、引越し先でインターネットが使えるようになるまでの目安として、戸建てで3週間、マンションプランでは10日間、マンションミニのプランでは2週間程度かかるため、注意してください。

そのため、auひかりを引越しする場合は最低でも1ヶ月程度前に手続きを進めておくと安心です。

STEP4:回線工事日の連絡

auひかりから工事日と新しい固定電話の番号がメール、または電話にて連絡されるため、定期的に確認するなどして見逃さないようにしましょう。

なぜ、電話番号が変わるかというと、引越しによって市区町村や東西エリアが変化すると市外局番が変わるため、新しい番号を使用しなければいけないからです。

ただし、同じ市区町村へ引越しをする場合は引き継げる可能性があるため、KDDIと確認しながら手続きを進めるようにしましょう。

そして、工事日を決めていない場合はメールに予約フォームの案内が添付されているため、希望する日時を設定してください。

STEP5:案内の書面と機器が届く

回線工事日の連絡後は、KDDIから「ご利用開始のご案内」と「宅内機器」が引越し前の自宅へ届くため、中身を確認のうえ引越し先へ持っていくようにしましょう。

特に、ご利用開始のご案内には、工事日をフォームにて事前に連絡していた場合、新しい電話番号が記載されているため忘れずに確認してください。

また、以前まで使用していたレンタル機器は引越し後に返却手続きを行うため、壊れないように保管して引越し先の自宅へ持っていくようにしましょう。

併せて、レンタル機器の返却伝票は引越し前の自宅住所へ郵送されるため、事前に郵便局にて転送手続きを行うようにしてください。

STEP6:開通工事に立ち会う

新居への引越しが住んだ方は予約した日程にて、KDDIの開通工事に立ち会います。

注意点として、工事完了までに1時間から2時間程度かかるほか、コンセントやエアコンのダクト付近で作業をする可能性があるため、テレビやエアコンなどの家電類が使えない点に気をつけてください。

また、マンションなどの賃貸住宅へ引越しをされる方は、物件によって業者が派遣しなくてもいい無派遣工事にて開通できる可能性があるため、KDDIの担当者から指示があった場合は従うようにしましょう。

併せて、引越し前に届いたレンタル機器を工事にて使用するため、事前に用意しておいてください。

STEP7:ルーターやWi-Fiの機器の接続設定をする

最後に、Wi-Fiルーターやスマホ、PCなどの接続機器のインターネット設定が完了すれば、auひかりの利用を開始できます。

特に、auひかりでWi-Fiルーターをレンタルしている方は、一度初期化設定を行えば継続して使用できるため、説明書などに従って手続きを行いましょう。

そして、IPv6に対応したWi-Fiルーターであれば光回線ケーブルを接続するだけでインターネットの設定が完了するため、自身の契約状況を確認しておいてください。

IPv6ってなに?

「IPv6」は、「IPv4」に次ぐ最新のインターネットプロトコルの規格です。IPv6はIPv4でのIPアドレスの枯渇の問題などを背景に開発されました。

IPアドレスは、インターネット上での住所のようなもので、IPアドレスでどこからどこへデータを送信するのが確定してはじめてインターネット上での通信が可能になります。

IPv4のIPアドレスは約43億個に限られるのに対し、IPv6では約340澗個(340兆の1兆倍の1兆倍)のIPアドレスが使用可能が利用でき、事実上、無限大にIPアドレスを割り当てできます。

また、IPv6では、「IPoE」による新しい接続方式が利用可能で、従来の「PPPoE」による接続方式と比べると、高速に通信できます

道路で例えると、従来のPPPoE方式では車線が少なく混雑が起きやすいのに対し、新方式のIPoE方式は車線が増えて渋滞が解消されるイメージです。

IPv6対応のサービスへのりかえることで、通信速度の向上と安定が期待できます。

IPv4について更に詳しくみる

IPv6について更に詳しくみる

また、どうしても設定が不安な方は有料にはなってしまいますが、au公式のかけつけ設定サポート7,480円(税込)もあるため、KDDIへ連絡して対応してもらうようにしましょう。

関連して、auひかりを移転ではなく、一度解約をしてから新規契約にて利用する予定の方は、GMOとくとくBBの公式ホームページから申し込むと高額なキャッシュバックが受け取れるほか、

ひかり電話が最大35ヶ月間無料になるため、気になる方は以下からGMOとくとくBBの公式ホームページをチェックしてください。

auひかりの評判や口コミはこちら
auひかりのキャンペーンはこちら
auひかりのキャッシュバックはこちら
auひかりの乗り換え方法はこちら

関連して、auひかりが公式に引越し前の手続きの留意点をまとめた動画があるため、気になる方は以下からチェックしてください。

auひかりの引越しの際にかかる費用って?

費用の種別住居種別費用
解約違約金2,730〜16,500円
撤去工事費用31,680円
初期工事費用の残債戸建て41,250円−支払った金額
マンション33,000円−支払った金額
開通工事費用戸建て41,250円
マンション33,000円
事務手数料3,300円

※更新日:2024/06/13

auひかりは、上記にまとめたように引越しをする際に解約違約金や撤去工事費用、新規開通時の工事費用が発生するため、事前に把握しておいてください。

特に、auひかりは引越しをするタイミングによって費用の金額が異なるため、以下5つの内容について詳しく解説していきます。

auひかりの引越しの際にかかる費用
  • auひかりを解約するための違約金
  • auひかりの回線設備の撤去工事費用
  • auひかりの初期工事費用の残債
  • 引越し先で回線を新規で開通する工事費用
  • auひかりを引越しをする際に必ずかかる事務手数料

そのため、auひかりの引越しにかかる料金を把握したい方は、各項目をチェックしてください。

auひかりを解約するための違約金

契約時期プランの種類最大の解約違約金
2022年6月30日以前戸建てタイプ16,500円
マンションタイプ10,450円
2022年7月1日以降戸建てタイプ4,730円
マンションタイプ2,730円

※更新日:2024/06/13

auひかりは引越しとして移転手続きを行うと上記にまとめた解約違約金が発生するほか、住居タイプや契約時期によって料金が異なるため注意してください。

また、引越しにおける費用負担を抑えたい方は、2年契約であれば24ヶ月目から3ヶ月間、3年契約であれば36ヶ月目から3ヶ月間が更新月となっており、解約違約金が発生しないため、

自身の利用期間を確認してから対応するのをおすすめします。

ただし、契約しているプロバイダによって解約違約金の発生条件は異なるほか、au one netやGMOとくとくBBを利用している場合は更新期間以外の移転でも費用負担がないため、事前に事業者へ確認しておくと安心でしょう。

プロバイダとは?

プロバイダとはインターネットサービスプロバイダ(Internet Service Provider)の略で、インターネット利用者と回線業者の橋渡しをする役割を担っています。

インターネットを使うには、回線事業者とプロバイダの両方を契約することが必要ですが、ネット回線とプロバイダが一体になった回線事業者もあります。

この場合、回線事業者と契約するだけで完了するので、プロバイダの申込みは必要ありません。

プロバイダについて詳しく知りたい方はこちら

auひかりの回線設備の撤去工事費用

契約タイプ契約した時期撤去工事費
ホームタイプ2018年2月28日以前11,000円
(任意)
2018年3月1日から2022年6月30日まで31,680円
(必須)
2022年7月1日以降31,680円
(任意)
マンションタイプ2018年2月28日以前11,000円
(任意)
2018年3月1日以降なし

※更新日:2024/06/13

上記は、auひかりの引っ越しに伴ってかかる撤去工事費用をまとめた表となっているため、手続きを進める方は参考にしてください。

特に、2018年3月1日から2022年6月30日までに契約した方は撤去工事が必須となっているほか、数万円の費用が発生するため、申し込み時期を確認のうえ対応するようにしましょう。

ですが、auひかりは引越しの際に発生する撤去工事費用を負担してくれるキャンペーンを行っているため、詳しくは以下の契約しているプロバイダの詳細ページをチェックしてください。

auひかりプロバイダ特典 詳細ページ(一部)

また、auひかりは一度解約を行い新規契約を行うと高額なキャッシュバックを受け取れるほか、工事費用が実質無料になるため、キャンペーン窓口を利用して引越し手続きを進めるのもおすすめです。

気になる方は、キャンペーン窓口であるGMOとくとくBBの公式ホームページからauひかりの情報をチェックしてください。

auひかりの評判や口コミはこちら
auひかりのキャンペーンはこちら
auひかりのキャッシュバックはこちら
auひかりの乗り換え方法はこちら

auひかりの初期工事費用の残債

住居種別初期工事費用の残債
戸建て41,250円−支払った金額
マンション33,000円−支払った金額

※更新日:2024/06/13

auひかりの工事費無料キャンペーンを利用している場合は、毎月の料金から分割で支払う予定の費用を割り引いているため、引越しまでに払い終えていない場合は、残債の金額を一括請求されます。

そして、引越し先でも新規工事が必要になるほか、auひかりの工事費は高額なため、費用を把握し、手続きを進めるようにしましょう。

ですが、auひかりはプロバイダによって初期工事費用の残債を負担して引越しができる場合があるため、詳しくは契約している事業者へ確認してください。

また、auひかりの工事費用の残債が多くて困る方は、違約金負担がある会社へ乗り換えると費用負担を減らすことが可能です。

そのため、開通工事費用を分割で支払っている場合の残債を負担するキャンペーンを行う違約金負担のある会社が気になる方は、以下の記事から詳しい内容をチェックしてください。

開通工事費用を分割で支払っている場合の残債

引越し先で回線を新規で開通する工事費用

住居種別開通工事費用
戸建て41,250円
マンション33,000円

※更新日:2024/06/13

auひかりを引越した場合は、上記にまとめた新規工事費用が発生するため、把握しておきましょう。

そのため、引越し前の工事費の残債や解約違約金、撤去工事費用と併せて請求されると負担が多くなってしまう場合があるため、注意しなければいけません。

ですが、プロバイダによっては引越し特典で月額料金を割引いてくれる事業者もあるため、料金を抑えたい方は契約内容をチェックしましょう。

また、auひかりを解約し、新規で契約すると高額なキャッシュバックが受け取れるほか、新規工事費を実質無料にできるため、キャンペーンを活用して引越すのがおすすめです。

特に、高額なキャッシュバックが受け取りたい方は、auひかりのキャンペーン窓口である以下のGMOとくとくBBの公式ホームページをチェックしてください。

auひかりの評判や口コミはこちら
auひかりのキャンペーンはこちら
auひかりのキャッシュバックはこちら
auひかりの乗り換え方法はこちら

auひかりを引越しをする際に必ずかかる事務手数料

事務手数料
3,300円

※更新日:2024/06/13

auひかりを引越しする際には、移転・解約し新規契約をしたどちらの場合でも事務手数料として3,300円(税込)が発生するため、注意してください。

そして、事務手数料の金額は戸建て、マンションともに同じであるほか、契約時に一括で支払うものです。

そのため、auひかりの手数料などを払えるように引越し費用を多く見積もって安心なほか、負担が多いと感じる方は更新月に解約し、新たに契約するのをおすすめします。

というのも、auひかりは更新月に解約をすると違約金などが発生しないほか、新規契約を行うと高額なキャッシュバックが受け取れるため、事務手数料などの負担を減らせるからです。

そのため、高額なキャッシュバックを受け取りたい方は、キャンペーン窓口である以下のGMOとくとくBBの公式ホームページから引越し先の新規申し込み手続きを進めてください。

auひかりの評判や口コミはこちら
auひかりのキャンペーンはこちら
auひかりのキャッシュバックはこちら
auひかりの乗り換え方法はこちら

auひかりを引越しする際の解約する方法って?

auひかりは、一度解約をしてから新規契約をして引越す方法があり、工事費無料やキャンペーンが受け取れるなどのメリットがあります。

ただし、事前に解約の手続きが必要なほか細かい注意点があるため、以下4つについて解説していきます。

auひかりを引越しする際の解約する方法
  1. 契約中のプロバイダへ解約の連絡を入れる
  2. 必要な場合には撤去工事を行う
  3. ONUやWi-Fiルーターなどレンタル機器がある方は返却する
  4. 乗り換え予定の方は料金明細を取得する

特に、auひかりを一度解約してから新規契約し、引越しを検討している方は各項目をチェックしてください。

ただし、auひかりを解約して新規契約をするのは禁止されており、同一名義での申込みではキャッシュバックなどが受け取れないため、単身世帯の方は注意しましょう。

関連して、解約をしてから新規契約をする際は、キャンペーン窓口であるGMOとくとくBBの公式ホームページから申し込むと高額なキャッシュバックが受け取れるほか、

高性能なWi-Fiルーターを無料でもらえるため、引越しの費用を減らせます。

そのため、キャンペーンが気になる方は、以下のGMOとくとくBBの公式ホームページをチェックしてください。

auひかりの評判や口コミはこちら
auひかりのキャンペーンはこちら
auひかりのキャッシュバックはこちら
auひかりの乗り換え方法はこちら

契約中のプロバイダへ解約の連絡を入れる

プロバイダ電話番号営業日と営業時間
So-net0120-80-7761日曜は除く
9:00~18:00
GMOとくとくBB0570-045-109
(有料)
月曜~金曜
10:00~19:00
DTI0570-004740
(有料)
月曜~金曜
10:00~17:00
ASAHIネット0120-577-108年中無休
10:00~17:00
BIGLOBE0120-86-0962
03-6385-0962
(有料)
年中無休
9:00~18:00
@nifty0570-03-2210
(有料)
03-6625-3232
(有料)
日曜・祝祭日を除く
10:00~17:00
@TCOM0120-80-5633月曜〜金曜
10:00~19:00
土日祝
10:00〜18:00
メガエッグ0120-505-898年中無休
10:00~19:00
エディオンネット0120-71-2133年中無休
9:00~19:00
au one net0077-7068
0120-22-0077
年中無休
9:00~18:00
リンククラブ03-5778-3881月曜~金曜
10:00~19:00
楽天ブロードバンド0800-600-0111
0800-600-0222
年中無休
9:00~18:00
SmartLINE0120-954-046月曜~金曜
11:00~17:00

※更新日:2024/06/13

auひかりは契約しているプロバイダによって解約手続きが異なるため、まずは上記にまとめた表から連絡をし、対応方法を確認しましょう。

そして、確認する際には契約情報の確認が必要となるため、契約しているIDや氏名、住所などがわかるように書類などを用意しておくと手続きがスムーズです。

また、auひかりの解約日を引越し直前にするとインターネットが使用できない期間の発生を防げるほか、費用の重複発生もないため、1ヶ月以上前から連絡をし、手続きを開始するのがいいでしょう。

必要な場合には撤去工事を行う

撤去工事が必須となっているauひかりを2018年3月1日から2022年6月30日までに契約した方や戸建て住宅で設備が不要な方は、引越し前に立ち会いにて工事を行います。

工事の内容は宅内から屋外の引き込み線の撤去とモデムの回収となっており、1時間から2時間ほどかかるほか、業者のトラックが自宅の前に長時間駐車することになるため、注意してください。

また、賃貸住宅の場合はauひかりの設備を残すことも可能ですが、管理会社や大家によっては撤去が必須となっている場合があるため、事前に確認しておくようにしましょう。

しかし、撤去工事は数万円の金額がかかるため、引越しの費用を減らしたい方にとっては負担になるほか、一括で請求されるとお金を用意するのも大変です。

そのため、GMOとくとくBBの公式ホームページから申し込むと高額なキャッシュバックが受け取れるほか、新規契約の際に工事費無料になるため、特典を活用しauひかりを引っ越す負担を減らしましょう。

関連して、高額なキャッシュバック特典が気になる方は、以下のGMOとくとくBBの公式ホームページをチェックしてください。

auひかりの評判や口コミはこちら
auひかりのキャンペーンはこちら
auひかりのキャッシュバックはこちら
auひかりの乗り換え方法はこちら

ONUやWi-Fiルーターなどレンタル機器がある方は返却する

返却するONUやWi-Fiルーターなどのレンタル機器

ONU

電源コード

プロバイダからレンタルしているWi-Fiルーターなど

auひかりからモデムであるONUやWi-Fiルーターなどをレンタルしている方で、撤去工事を行わなかった場合は、郵送にて送られてくる返却キットにしたがって返却手続きを行います。

というのも、撤去工事を行う場合はONUなどのモデムを一緒に回収していく場合があるからです。

ただし、返却内容はプロバイダによって異なるため、解約の申し込みを際に確認しておくといいでしょう。

また、レンタル機器を返却しないと解約手続きが終了しないほか、場合によっては損害賠償を請求される可能性があるため、注意してください。

乗り換え予定の方は料金明細を取得する

料金明細取得サイト

auひかりの料金の確認は上記「Myau」へログインすると確認できるため、引越しを予定されている方は参考にしてください。

auひかりからほかの光回線へ乗り換えを予定されている方は、解約違約金や工事費用の残債が証明できる料金明細を取得しておきましょう。

というのも、ほかの光回線で違約金負担のキャンペーンを受け取るためには、他社の費用明細を送付する必要があるほか、解約後からしばらく経つと確認する手間がかかるからです。

また、違約金を証明する書類がほしい場合は、Myauの画面をスクリーンショットなどで撮影するか印刷をするなどして対応するようにしましょう。

関連して、当サイトでは違約金負担がある会社を特典内容や料金などから比較しており、auひかりから乗り換える際の参考になるため、気になる方は以下からチェックしてください。

auひかりの引越しする際に確認しておくべき注意点!

auひかりはエリア限定の独自回線というのもあり、プランや料金など以下6つの注意点があります。

auひかりの引越しする際に確認しておくべき注意点!
  • 注意点① auひかりの提供エリアを確認しておく
  • 注意点② auひかりのマンションタイプのプランを確認しておく
  • 注意点③ auひかりで使用中の電話番号が継続できない可能性がある
  • 注意点④ auひかりを引越するには、スケジュールをしっかり押さえておく
  • 注意点⑤引越し月の料金は日割りになる
  • 注意点⑥インターネットが使えない期間がある

特に、マンションへ引越す予定の方はプランを自分で選べないほか、住居によっては工事費用が発生するため、気をつけてください。

また、固定電話を利用されている方は、番号が変わる可能性が高いため、事前に内容を確認しておくと手続きがスムーズになるでしょう。

そのため、auひかりの引越し手続きを進める前に各項目をチェックしておいてください。

注意点① auひかりの提供エリアを確認しておく

auひかり提供エリア確認

auひかりの引越し手続きを進める前に、、引越し先でインターネットが使用できるかを確認しておきましょう。

というのも、auひかりは関西エリアや東海エリアで契約ができない場合が多いため、早めに提供エリア確認サイトで確認するようにしてください。

また、引越し先がauひかりの提供エリア外だった場合は、ほかの光回線を契約するかホームルーターなどの契約を検討しなければいけません。

関連して、当サイトでは光回線のおすすめ22社の料金や速度を比較した記事があり、なかには全国で利用できる光コラボ回線も紹介しているため、気になる方は以下からチェックしてください。

注意点② auひかりのマンションタイプのプランを確認しておく

auひかりのマンションタイプのプランは、提供エリア確認サイトで確認できるため、事前にチェックしておいてください。

というのも、構内の一部でアナログ配線を使用しているVDSLの場合、最大通信速度が上り下りともに最大100Mbpsとなっているほか、

停電時などに故障が発生しやすいなど、快適にインターネットを利用できないからです。

そのため、快適にインターネットの利用をしたい方は、光ファイバー設備のプランが使用できるか確認するほか、

申し込みの際には工事が必要か確認しておきましょう。

関連して、auひかりマンションタイプの種類について詳しく知りたい方は、各プランについて料金や速度をまとめた記事があるため、auひかりマンションタイプの記事をチェックしてください。

注意点③ auひかりで使用中の電話番号が継続できない可能性がある

電話は市外局番の関係で引越しをすると番号が変わる可能性が高いため、注意が必要です。

特に、普段から固定電話を利用されている方は、家族や友人などに番号が変わったことを伝える必要があるほか、契約している各種サービスの契約情報を変更する手間が発生するため、把握しておきましょう。

ただし、同じ市区町村で引越しをする場合は同じ番号が使える可能性があるため、申込み時にオペレーターへ確認するようにしてください。

また、今後引越す際に番号を変えたくない方は、有料の050から始まるIP電話サービスを利用すると、市外局番に左右されずに固定電話を利用できるため、気になる方は検討してみましょう。

注意点④ auひかりを引越しするには、スケジュールをしっかり押さえておく

プロバイダ解約締日
So-net月末3日前まで
GMOとくとくBB毎月20日まで
DTI毎月25日まで
ASAHIネット毎月15日まで
BIGLOBE毎月25日まで
@nifty毎月末日18時まで
@TCOM専用チャットで指定した日。
ただし、調整の可能性あり
メガエッグ料金は日割り計算
エディオンネット毎月25日まで
au one net申し込み当日、料金は日割り計算
リンククラブプランの契約満了日の2日前まで
楽天ブロードバンド毎月25日まで
SmartLINE

※更新日:2024/06/13

上記はプロバイダごとのauひかりを解約する際の締切日となっているため、手続きを進める際の参考にしてください。

プロバイダとは?

プロバイダとはインターネットサービスプロバイダ(Internet Service Provider)の略で、インターネット利用者と回線業者の橋渡しをする役割を担っています。

インターネットを使うには、回線事業者とプロバイダの両方を契約することが必要ですが、ネット回線とプロバイダが一体になった回線事業者もあります。

この場合、回線事業者と契約するだけで完了するので、プロバイダの申込みは必要ありません。

プロバイダについて詳しく知りたい方はこちら

特に、移転にてauひかりの引越し手続きを行う場合は数週間の時間がかかるほか、新居ですぐにインターネットを使用したい場合は早めに工事の予約をする必要があります。

また、解約をしてからauひかりを新規契約する場合でも、1ヶ月前ほど前から手続きを進めておかなければ希望日に開通工事を行えない可能性があるほか、タイミングによっては費用の重複が起こるため、注意が必要です。

そのため、引越しが決まり次第プロバイダへ連絡をすると、スムーズに手続きを行えるでしょう。

注意点⑤引越し月の料金は日割りになる

auひかりは引越しをする場合の料金が日割り請求になるため、費用を気にされる方でも安心です。

しかし、解約違約金や工事費の残債の一括請求の費用が発生する可能性があるほか、各種オプション料金は満額請求となるため注意してください。

また、auひかりの引越し費用が気になる方は、解約違約金や工事費の残債を負担してくれる光回線へ乗り換えると費用を抑えられるほか、

高額なキャッシュバックキャンペーンなどを組み合わせるとお得にインターネットを利用できます。

そのため、auひかりのオプションサービスを複数契約されている方や引越しにかかる費用を抑えたい方は、光回線の違約金負担がある会社をまとめた以下の記事をチェックしてください。

注意点⑥インターネットが使えない期間がある

auひかりを引越しする際は、手続きを行うタイミングによってインターネットが使えない期間が発生するため、注意しましょう。

特に、2月~4月といった引越しシーズンはauひかりの工事予約が混み合うほか、内容によっては複数日にわたって作業を行う可能性があるため、気をつける必要があります。

そのため、引越しがわかった段階でauひかりへ連絡をし、工事日の予約を行うほか、どうしてもインターネットを使用したい方はポケットWi-Fiなどを短期間レンタルするなどして、対策をしましょう。

関連して、一度解約をしてから新規申し込みをされる方は、GMOとくとくBBの公式ホームページから申し込むと開通までの間ポケットWi-Fiをレンタルできます。

併せて高額なキャッシュバックも受け取れるため、気になる方は以下のGMOとくとくBBの公式ホームページをチェックしてください。

auひかりの評判や口コミはこちら
auひかりのキャンペーンはこちら
auひかりのキャッシュバックはこちら
auひかりの乗り換え方法はこちら

auひかりの引越しの方法は3パターンある!

auひかりの引越しは、継続して利用する移転を含めた以下の3パターンがあります。

auひかりの引越しの方法は3パターンある!
  • auひかりを継続して利用する「移転」
  • auひかりを解約して別の光回線を契約する「乗り換え」
  • auひかりを解約して新しく契約する「解約新規」

というのも、auひかりは契約状況や利用用途によって一番お得になる引越し方法が異なるからです。

そのため、auひかりをお得に引越したい方は、各項目で手順や特徴をチェックしてください。

auひかりを継続して利用する「移転」

auひかりを解約せずにそのまま引越し先でも利用する方法を移転と言います。

特に、移転は契約更新月に引越しをされる方や単身世帯の方におすすめな方法となっているため、以下2つについてご紹介します。

・auひかりを継続して利用する「移転」の特徴は?
・auひかりを継続して利用する「移転」の手順は?

併せて、移転する際の注意点も解説しているため、auひかりを解約せずに利用したい方はチェックしましょう。

auひかりを継続して利用する「移転」の特徴は?

auひかりを継続して利用する「移転」の特徴
  • 解約手続きが不要
  • プロバイダによっては引越し費用が工事費用と事務手数料の3,300円(税込)のみ
  • 移転による特典を受け取れる可能性がある

auひかりの移転についての特徴を上記にまとめたため、各パターンと比較する際の参考にしてください。

移転は契約内容をそのままに引越しができるため、解約手続きが不要なほか、専用のキャンペーンを実施している事業者を利用している場合は、特典を受け取れます。

特に、BIGLOBEやSo-netと契約している場合は移転後の料金が毎月割引になるほか、キャッシュバックを受け取れる可能性があるため、引越し前に各事業者へ確認するようにしましょう。

また、GMOとくとくBBやau one netなどのプロバイダは、引越しでも解約違約金が発生しないため、新規工事費と事務手数料の費用だけで済みます。

そのため、移転をする前には必ず自身が契約している事業者へ費用を確認するようにしましょう。

auひかりを継続して利用する「移転」の手順は?

auひかりを継続して引越しするための手続きと流れ
  • STEP1:提供エリアの確認
  • STEP2:KDDIへ連絡
  • STEP3:KDDIが手続きを受付
  • STEP4:回線工事日の連絡
  • STEP5:案内の書面と機器が届く
  • STEP6:開通工事に立ち会う
  • STEP7:ルーターやWi-Fiの機器の接続設定をする

auひかりを移転するときの流れを上記にまとめたため、手続きを進める方は参考にしてください。

注意点は、auひかりの移転手続きは時間がかかるため、1ヶ月以上前に連絡をする必要があるほか、

引越し先へレンタル機器を持っていく必要があるため、気を付けてください。

また、詳しい流れや注意点は、当サイトで紹介しているため気になる方はauひかりを継続して引っ越しするための手続きと流れ(同ページの見出しへ飛びます)をチェックしましょう。

auひかりを解約して別の光回線を契約する「乗り換え」

引越し先でauひかりを利用できない方は、別の光回線へ乗り換えを検討する必要があります。

そのため、乗り換えに関する以下2つについて解説していきます。

・auひかりを解約して別の光回線を契約する「乗り換え」の特徴は?
・auひかりを解約して別の光回線を契約する「乗り換え」の手順は?

特に、auひかりから乗り換える場合は料金などに関する注意点があるため、各項目をチェックしてください。

auひかりを解約して別の光回線を契約する「乗り換え」の特徴は?

auひかりを解約して別の光回線を契約する「乗り換え」の特徴
  • 乗り換え先の特典やキャンペーンが受け取れる
  • auひかりの違約金を負担してくれる可能性がある
  • キャリアによってスマホセット割が適用される可能性がある

auひかりを解約して別の光回線へ乗り換える場合は、高額なキャッシュバック特典やWi-Fiルーター無料レンタルなどのキャンペーン特典を受け取れる可能性があります。

さらに、引越し時に負担になるauひかりの解約違約金や工事費の残債を負担してくれる光回線も多いため、契約時期を気にせず手続きを進められるほか、

初期費用も減らせるでしょう。

また、au以外のキャリアのスマホを使用している場合は、契約する光回線によって割引が受けられる可能性もあります。

そのため、まずは以下の表を参考に、自身のスマホキャリアにあった光回線を検討してください。

↓↓一番安い光回線を選びたい人はこちらもチェック↓↓

使用している
スマホキャリア
建物タイプお住まいの
地域
おすすめの
光回線
docomo戸建て
マンション
全都道府県ドコモ光
ソフトバンク戸建て関東・関西・東海
・九州(福岡・佐賀)
・中国(広島・岡山)
・北海道
NURO光
関東・関西・東海
・九州(福岡・佐賀)
・中国(広島・岡山)
・北海道
以外の人
ソフトバンク光
マンション全都道府県
auマンション全都道府県auひかり
一戸建て関東auひかり
関西eo光
東海コミュファ光
中国メガエッグ光
四国ピカラ光
九州BBIQ
3キャリア以外戸建て全都道府県GMOとくとくBB
GMO光アクセス
マンション

auひかりを解約して別の光回線を契約する「乗り換え」の手順は?

auひかりを解約して別の光回線を契約する「乗り換え」の手順
  1. 乗り換え先の光回線に申し込む
  2. 工事日を調整する
  3. auひかりを解約し、撤去工事を行う
  4. auひかりのレンタル機器を返却する
  5. 乗り換え先の光回線のWi-Fiルーターの設定を行う

auひかりを解約して別の光回線へ乗り換える手順を上記にまとめたため、手続きを進める方は参考にしてください。

注意点は、先にauひかりを解約してしまうとインターネットが使用できない期間が発生してしまうため、次に契約する光回線の開通日が決まってから手続きを行うようにしましょう。

また、auひかりの解約日によっては、レンタル機器を引越し先まで持っていって返却手続きをする必要がでてくるため、撤去工事の際に引越し前の家に置いていかないように気をつける必要があります。

auひかりを解約して新しく契約する「解約新規」

そもそも「解約新規」とは、auひかりを一度解約し、引越し先でもう一度auひかりを申し込むことを言います。

しかし、なぜ継続利用できる移転ではなく、auひかりを解約してからもう一度申し込む必要があるのかと疑問に思う方もいるでしょう。

というのも、解約新規をすることで、auひかりを契約しつつ高額なキャッシュバックや高性能Wi-Fiルーター無料プレゼントなどの特典が受け取れるからです。

そのため、auひかりの「解約新規」に関する以下2つについて解説していきます。

・auひかりを解約して新しく契約する「解約新規」の特徴は?
・auひかりを解約して新しく契約する「解約新規」の手順は?

特に、auひかりの解約違約金や工事費の残債が負担だと感じる方は、それぞれの項目をチェックしてください。

auひかりを解約して新しく契約する「解約新規」の特徴は?

auひかりを解約して新しく契約する「解約新規」の特徴
  • 同一名義の申し込みでは利用できない
  • メールアドレスなどのオプションサービスを引き継げない
  • auひかりの新規申し込み特典を受け取れる
  • auひかりのスマホセット割を継続して利用できる

auひかりはキャンペーン窓口から新規契約をすると高額なキャッシュバックや工事費無料キャンペーンなどの特典が受け取れるため、引越し費用を抑えられます。

しかし、特典を受け取れるメリットがある一方で、一度解約をするのもあり電話番号やメールアドレスを引き継げないというデメリットもあるため、オプションサービスを利用されている方は気をつけましょう。

また、auひかりは同一名義では解約新規の手続きが行えないため、単身世帯の方は申込みができないので注意してください。

関連して、auひかりのキャンペーンについて詳しく知りたい方は当サイトで詳しくまとめた記事があるため、以下からチェックしましょう。

auひかりの公式特典・キャンペーンにはどんなものがある?

auひかりを解約して新しく契約する「解約新規」の手順は?

  1. auひかりの新規申し込みを行う
  2. auひかりの工事日を調整する
  3. 引越し元の解約手続きを行い、撤去工事をする
  4. auひかりの開通工事を行う
  5. auひかりのWi-Fiルーターなどの設定を行う

auひかりを解約して新しく契約する「解約新規」の手順を上記にまとめたため、引越しを検討されている方は参考にしてください。

注意点は、auひかりは同一名義では解約新規ができないほか、新規工事のタイミングよってはインターネットが利用できない期間が発生する可能性があるため気をつけましょう。

また、解約新規はまとめて手続きができないため、2度電話対応をするという手間が発生します。

そのため、解約新規を行う際は、引越しをする数ヶ月前から検討しておくとスムーズに手続きができるでしょう。

関連して、新規契約をする際はGMOとくとくBBの公式ホームページから申し込むと高額なキャッシュバックが受け取れるほか、高性能なWi-Fiルーターを無料でもらえます。

さらに、ひかり電話が最大35ヶ月間無料になるため、気になる方は以下のGMOとくとくBBの公式ホームページから新規契約を進めてください。

auひかりの評判や口コミはこちら
auひかりのキャンペーンはこちら
auひかりのキャッシュバックはこちら
auひかりの乗り換え方法はこちら

auひかりを引越し先で使えない時のおすすめの光回線5選

スクロールできます
申し込み窓口キャッシュバック
(または割引)
キャッシュバックが
受け取れる時期
その他のキャンペーン基本料金実質料金※1
auひかり×GMOとくとくBB最大82,000円開通月を含む
11ヶ月目と
23ヶ月目
(2回に分割)
他社違約金負担
工事費実質無料
初月基本料無料
ひかり電話
最大35ヶ月無料
【戸建て】
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
【マンション】
4,455円~5,500円
【戸建て】
3,796円
【マンション】
2,496 ~3,498円
ドコモ光(NNコミュニケーションズ)1ギガは25,000円キャッシュバック
10ギガは40,000円キャッシュバック
Dポイント2,000ptプレゼント
10ギガ契約でDポイント17,000ptプレゼント
最短2ヶ月パケットパック毎月最大3,850円割引
同一シェアグループ内の「ドコモ光」
2回線目以降は1回線あたり毎月330円割引
Wi-Fiルーター無料レンタル
戸建て:5,720円
マンション4,400円
戸建て:3,716円
マンション:2,396円
ソフトバンク光(株式会社STORY)最大40,000円キャッシュバック
転用、事象者変更は19,000円キャッシュバック
10ギガは月額料金が6ヶ月間500円&ホームゲートウェイ6ヶ月間無料
最短2ヶ月他社への違約金・撤去費負担(10万円)
開通までWi-Fiルーター無料貸出
オプション初月無料
工事費実質無料
戸建て:5,720円
マンション:4,180円
10ギガ:6,380円
戸建て:3,933円
マンション:2,393円
10ギガ:3,188円
eo光【戸建て・メゾン】
1年間月額基本料金2,168円引き
(1年間月額基本料金900円引き (eo光ネット 最大12カ月間900円割引キャンペーン)

【マンション】
商品券3,000円分
電子マネーギフト3,000円分
※上記いずれか(併用不可)


2年間月額基本料金550円引き
最短1ヶ月後1年間無線ルーターレンタル料金無料
乗り換えの場合他社違約金最大6万円還元
テレビと同時加入で1年間OPT料無料
auスマートバリュー新規加入で10,000円相当のauPAY残高還元
eo光ネット紹介キャンペーンあり
戸建て:5,448円
マンション:3,876円
戸建て:3,318円
マンション:2,605円
コミュファ光【1ギガ】
下記のうち1つ
新規:キャッシュバック25,000円
乗り換え:PONTAポイント45,000円
基本料金が1年間980円
&キャッシュバック10,000円

★上記に加え「6,000円キャッシュバック」
【10ギガ】
下記のうち1つ
新規:キャッシュバック30,000円
乗り換え:PONTAポイント45,000円
基本料金が1年間1,750円に
&キャッシュバック10,000円

★上記に加え「11,000円キャッシュバック」
(オプション加入で10,000円UP)
最短2ヶ月契約事務手数料0円
光電話工事費0円
番号ポータビリティ工事0円
他社違約金相当分還元
6,000円分のPontaポイント
(指定オプションが条件)
【1ギガ】
戸建て:5,170円
マンション:4,070円
【10ギガ】
戸建て:5,940円
マンション:5.940円
【1ギガ】
戸建て:2,312円
マンション:2,122円
【10ギガ】
戸建て:3,378円
マンション:3,614円

※更新日:2024/06/13
※1:光回線とwifiセット&新規契約
実際の月額費用=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間

上記に、auひかりが提供エリア外のときにおすすめな光回線をまとめたため、契約を検討されている方は参考にしてください。

そして、引越し先がauひかりの提供エリア外で契約ができない方もいると思います。

しかし、インターネット回線の契約は生活の快適度に関わるため、auひかりが利用できない場合は以下5つの光回線の検討がおすすめです。

auひかりを引越し先で使えない時のおすすめの光回線5選
  • auひかりの代理店【auひかりの解約新規を検討する方】
  • ドコモ光【auひかりから乗り換えを検討する方】
  • ソフトバンク光【auひかりから乗り換えを検討する方】
  • eo光【関西エリアに引越しする方】
  • コミュファ光【東海エリアに引越しする方】

また、auひかりを一度解約し、新たに新規契約をして引越しをする場合のキャンペーン窓口も紹介しているため、

それぞれの項目をチェックしてください。

auひかりの代理店【auひかりの解約新規を検討する方】

auひかり GMOとくとくBB キャンペーン
auひかり×GMOとくとくBB
月額料金【戸建て】
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
【マンション】
4,455円~5,500円
実際の月額料金
※1
戸建て:3,796円
マンション:2,496 ~3,498円
公表している
通信速度
最大1Gbps
実際の通信速度
※2
下り: 719.74Mbps
上り: 481.09Mbps
Ping値: 13.18ms
契約期間戸建て:3年
マンション:2年
事務手数料3,300円
工事費用戸建て:41,250円(特典で実質無料)
マンション:33,000円(特典で実質無料)
スマホセット割引auスマホでは毎月最大1,100円割引
UQモバイルで毎月最大858円割引
(離れて住んでいる家族も対象)
キャンペーンキャッシュバック
最大82,000円
その他の特典他社違約金負担
工事費実質無料
初月基本料無料
ひかり電話
最大35ヶ月無料

※更新日:2024年5月01日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

auひかりを一度解約し、引越し先で新規契約をする場合は数万円もの高額なキャッシュバックが受け取れるGMOとくとくBBから申し込むのがおすすめです。

というのも、GMOとくとくBBは高額なキャッシュバックだけではなく、ひかり電話が最大35ヶ月間無料になるキャンペーンを行っているほか、

高性能なWi-Fiルーターを無料でプレゼントしてくれるため、初期費用を抑えられるからです。

そして、GMOとくとくBBのキャッシュバックを利用すれば、auひかりの撤去工事費用や解約違約金の負担を減らせるため、契約更新月にとらわれず引っ越し手続きを進められるでしょう。

また、GMOとくとくBBのキャッシュバック特典の受け取り条件は、公式ホームページから申し込むだけとなっているため、難しい契約内容を気にせずに利用できます。

ただし、auひかりを解約してから新規契約する際には、同一名義では特典が受け取れないほか、キャッシュバックの受け取りまでに最短12ヶ月かかるため、注意してください。

関連して、auひかりの申し込むを進める方は、高額なキャッシュバックが受け取れる以下のGMOとくとくBBの公式ホームページをチェックしましょう。

auひかりの評判や口コミはこちら
auひかりのキャンペーンはこちら
auひかりのキャッシュバックはこちら
auひかりの乗り換え方法はこちら

ドコモ光【auひかりから乗り換えを検討する方】

ドコモ光 株式会社NNコミュニケーションズ キャンペーン
ドコモ光(NNコミュニケーションズ)
月額料金戸建て:5,720円
マンション4,400円
実際の月額料金
※1
戸建て:3,716円
マンション:2,396円
公表している
通信速度
最大1Gbps
実際の通信速度
※2
下り: 270.22Mbps
上り: 302.6Mbps
Ping値: 18.56ms
契約期間2年
事務手数料3,300円
工事費用<特典で実質無料>
工事あり:22,000円
屋内配線がある:11,660円
立ち合い工事無し:3,300円
スマホセット割引ドコモスマホとセットで毎月最大1,100円割引
(離れて住んでいる家族も対象)
キャンペーン1ギガは25,000円キャッシュバック
10ギガは40,000円キャッシュバック
Dポイント2,000ptプレゼント
10ギガ契約でDポイント17,000ptプレゼント
その他の特典パケットパック毎月最大3,850円割引
同一シェアグループ内の「ドコモ光」
2回線目以降は1回線あたり毎月330円割引

WiFiルーター無料レンタル

※更新日:2024年5月01日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

ドコモのスマホを利用している方で、初期費用を抑えてインターネットを開通したい方は、ドコモ光を検討するといいでしょう。

というのも、ドコモ光はドコモ光セット割で毎月1,100円(税込)の割引が受けられるほか、新規申し込みでドコモ光の開通工事費が無料になるからです。

さらに、株式会社NNコミュニケーションズから申し込むと高額なキャッシュバックも受け取れるため、ルーターの購入費用などに充てれば初期費用を抑えられるでしょう。

また、株式会社NNコミュニュケーションズのキャッシュバック特典は最短2ヶ月で振り込まれるほか、難しい適用条件もないため、申し込みがしやすいキャンペーン窓口です。

ただし、ドコモ光はドコモスマホを利用している方以外は月額料金が高くなってしまうため、自身の利用状況やほかの光回線と比較したうえで契約をするといいでしょう。

関連して、初期費用を抑えてインターネットの利用を開始したい方は、以下の株式会社NNコミュニケーションズの公式ホームページからドコモ光を申し込んでください。

ドコモ光の口コミや評判はこちら
ドコモ光のキャッシュバックはこちら
ドコモ光のキャンペーンはこちら
ドコモ光のメリットでデメリットはこちら

また、当サイトではauひかりからドコモ光に乗り換える手順を徹底解説し、お得に契約するポイントも紹介しているため、気になる方は以下からチェックしてください。

ソフトバンク光【auひかりから乗り換えを検討する方】

ソフトバンク光 株式会社STORY キャンペーン
ソフトバンク光(株式会社STORY)
月額料金戸建て:5,720円
マンション:4,180円
10ギガ:6,380円
実際の月額料金
※1
戸建て:3,933円
マンション:2,393円
10ギガ:3,188円
公表している通信速度1ギガ:1Gbps
10ギガ:10Gbps
契約期間2年
事務手数料3,300円
工事費用<「工事費サポート はじめて割」適用で0円>
立ち合い工事必要:31,680円
立ち合い工事不要:4,620円
スマホセット割引ソフトバンク、ワイモバイルスマホの
通信料月々1,100円割引
キャンペーン最大40,000円キャッシュバック
転用、事象者変更は19,000円キャッシュバック
10ギガは月額料金が6ヶ月間500円&
ホームゲートウェイ6ヶ月間無料
その他の特典他社への違約金・撤去費負担(10万円)
開通までWiFiルーター無料貸出
オプション初月無料
工事費実質無料

※更新日:2024年5月01日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

auひかりの解約違約金や工事費の残債が多く、引越しの費用が多い方は違約金を負担してくれるソフトバンク光の契約がおすすめです。

というのも、ソフトバンク光はあんしん乗り換えキャンペーンと称して、他社からの解約違約金や工事費の残債などを最大10万円まで負担してくれるからです。

さらに、株式会社STORYから申し込むと最大40,000円キャッシュバックも受け取れるほか、新規工事費が毎月割引となり実質無料となるため、初期費用も抑えられます。

ただし、ソフトバンクユーザー以外の方はルーターのレンタル費用などのオプション料金が多くなってしまうため、契約前に月額料金を確認しておきましょう。

関連して、違約金負担や高額なキャッシュバックの特典を受け取りたい方は、以下の株式会社STORYの公式ホームページからソフトバンク光を申し込んでください。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

また、当サイトではauひかりからソフトバンク光への乗り換え手順を徹底解説し、お得に契約するポイントも紹介しているため、気になる方は以下の記事をチェックしてください。

eo光【関西エリアに引越しする方】

eo光 キャンペーン
eo光
月額料金戸建て:5,448円
マンション:3,876円
実際の月額料金
※1
戸建て:3,318円
マンション:2,605円
公表している
通信速度
最大1Gbps
実際の通信速度
※2
下り: 791.83Mbps
上り: 783.66Mbps
Ping値: 14.48ms
契約期間2年
事務手数料3,300円
工事費用戸建て:29,700円(特典で実質無料)
マンション:29,700円(特典で実質無料)
スマホセット割引auスマホでは毎月最大1,100円割引
UQモバイルで毎月最大858円割引
(離れて住んでいる家族も対象)
キャンペーン【戸建て・メゾン】
1年間月額基本料金2,168円引き
1年間月額基本料金900円引き

【マンション】
商品券3,000円分
電子マネーギフト3,000円分
※上記いずれか(併用不可)


2年間月額基本料金550円引き
その他の特典1年間無線ルーターレンタル料金無料
乗り換えの場合他社違約金最大6万円還元
テレビと同時加入で1年間OPT料無料
auスマートバリュー新規加入で10,000円相当のauPAY残高還元
eo光ネット紹介キャンペーンあり

※更新日:2024年5月01日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

関西エリアに引越しをする方はエリア限定回線で、新規特典が豊富なeo光を検討しましょう。

というのも、auひかりは関西エリアのなかでも近畿地方では提供エリア外となっており、契約ができないほか、eo光を契約するとauユーザーであれば毎月1,100円(税込)割引になるスマホセット割を継続できるからです。

なかでも、乗り換え時に最大6万円まで解約金を負担してくれるキャンペーンを利用すると、auひかりの解約違約金や工事費の残債を気にせずに引越しができるため、初期費用を抑えられるでしょう。

また、新規契約の特典で月額料金が毎月割引となるため、スマホセット割を組み合わせると安くインターネットを利用できます。

関連して、関西エリアに引越す方でauひかりの違約金を負担して乗り換えたい方は、以下のeo光の公式ホームページから申し込みを進めてください。

eo光の評判や口コミはこちら

コミュファ光【東海エリアに引越しする方】

コミュファ光 キャンペーン
コミュファ光
月額料金【1ギガ】
戸建て:5,170円
マンション:4,070円

【10ギガ】
戸建て:5,940円
マンション:5.940円
実際の月額料金
※1
【1ギガ】
戸建て:2,312円
マンション:2,122円

【10ギガ】
戸建て:3,378円
マンション:3,614円
公表している通信速度最大1Gbps・10Gbps
実際の通信速度
※2
下り: 651.81Mbps
上り: 648.22Mbps
Ping値: 14.06ms
契約期間2年
事務手数料実質無料
工事費用実質無料
スマホセット割引au:毎月最大1,100円割引
UQ:毎月最大858円引き
キャンペーン【1ギガ】
下記のうち1つ
新規:キャッシュバック25,000円
乗り換え:PONTAポイント45,000円
基本料金が1年間980円
&キャッシュバック10,000円

★上記に加え「6,000円キャッシュバック」

【10ギガ】
下記のうち1つ
新規:キャッシュバック30,000円
乗り換え:PONTAポイント45,000円
基本料金が1年間1,750円に
&キャッシュバック10,000円

★上記に加え「11,000円キャッシュバック」
(オプション加入で10,000円UP)
その他の特典契約事務手数料0円
光電話工事費0円
番号ポータビリティ工事0円
他社違約金相当分還元
6,000円分のPontaポイント
(指定オプションが条件)

※更新日:2024年5月01日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

東海エリアへ引越しを検討している方は、エリア限定回線であるコミュファ光がおすすめです。

というのも、auユーザーは毎月1,100円割引になるスマホセット割を継続できるほか、コミュファ光は光乗り換えキャンペーンとして解約違約金や工事費の残債を負担してくれるため、引越し費用を抑えられるからです。

さらに、工事費用が実質無料になるほか、基本料金が1年間割引となるため、お得にインターネットの利用を開始できるでしょう。

ただし、コミュファ光は2年~3年の契約期間があるほか、解約違約金も高額となっているため、今後引越しを予定されている方は注意が必要です。

関連して、東海エリアへ引越す方で解約違約金や工事費用の残債を負担してくれる特典を受け取りたい方は、以下のコミュファ光の公式ホームページから申し込み手続きを進めてください。

コミュファ光の評判や口コミはこちら

また、今回ご紹介した5つの事業者だけではなく、さらに比較をして契約を検討したい方は、当サイトで光回線のおすすめ22社の料金や速度をまとめているため、気になる方は以下の記事をチェックしてください。

auひかりの引越しについてよくある質問

最後に、ユーザーが疑問に思うauひかりの引越しに関するよくある以下5つの質問を、Q&A形式でお答えしていきます。

auひかりの引越しについてよくある質問
  • auひかりの引っ越しの引き継ぎ方法は?
  • auひかりの引っ越し費用はいくらですか?
  • auひかりは引っ越し先でも使えますか?
  • auひかりの移設費用はいくらですか?
  • auひかりに引越しキャンペーンはありますか?

特に、auひかりの引越し費用やキャンペーンに関するものが多いため、気になる方はそれぞれの項目をチェックしてください。

また、auひかりで固定電話を利用されている方は、番号などが引越しによって変わる可能性があるため、注意しておきましょう。

auひかりの引っ越しの引き継ぎ方法は?

auひかりを引き継いで引越しするには、移転手続きを行います。

auひかりを継続して引越しするための手続きと流れ
  • STEP1:提供エリアの確認
  • STEP2:KDDIへ連絡
  • STEP3:KDDIが手続きを受付
  • STEP4:回線工事日の連絡
  • STEP5:案内の書面と機器が届く
  • STEP6:開通工事に立ち会う
  • STEP7:ルーターやWi-Fiの機器の接続設定をする

auひかりを移転して利用するための手続きを流れに関して上記にまとめているほか、当記事で注意点や詳しい手順を紹介しているため、

auひかりを継続して引越しするための手続きと流れ(同ページの見出しに飛びます)を確認してください。

また、固定電話の番号を引き継ぎたい場合は市外局番の関係で同一エリア内での移転が必要となっているため、引越し先の住所を確認のうえ、auひかりに対応を依頼するようにしましょう。

auひかりの引っ越し費用はいくらですか?

費用の種別住居種別費用
解約違約金2,730〜16,500円
撤去工事費用31,680円
初期工事費用の残債戸建て41,250円−支払った金額
マンション33,000円−支払った金額
開通工事費用戸建て41,250円
マンション33,000円
事務手数料3,300円

※更新日:2024/06/13

auひかりの引越しには、上記まとめたように解約違約金や各種工事費用、事務手数料がかかるため、確認の上手続きを進めるようにしましょう。

特に、2018年3月1日から2022年6月30日までに契約した方は数万円の撤去費用がかかるほか、新居で工事費用が発生するため、キャンペーンや特典を利用して負担を減らすのがおすすめです。

そのため、移転にて手続きを進める方は事前に契約しているプロバイダの引越し特典がないかを確認し、解約してから新規契約をされる方は、

高額なキャッシュバックが受け取れるGMOとくとくBBの公式ホームページから申し込みを行いましょう。

プロバイダとは?

プロバイダとはインターネットサービスプロバイダ(Internet Service Provider)の略で、インターネット利用者と回線業者の橋渡しをする役割を担っています。

インターネットを使うには、回線事業者とプロバイダの両方を契約することが必要ですが、ネット回線とプロバイダが一体になった回線事業者もあります。

この場合、回線事業者と契約するだけで完了するので、プロバイダの申込みは必要ありません。

プロバイダについて詳しく知りたい方はこちら

関連して、キャッシュバック特典を受け取るためにはwebからの申し込みが必要なため、キャンペーンが気になる方は以下のGMOとくとくBBの公式ホームページをチェックしてください。

auひかりの評判や口コミはこちら
auひかりのキャンペーンはこちら
auひかりのキャッシュバックはこちら
auひかりの乗り換え方法はこちら

auひかりは引っ越し先でも使えますか?

auひかりは引越し先でも使用可能です。

ただし、auひかりは提供エリアが限られており、事前に利用できるかを確認する必要があるため注意してください。

auひかり提供エリア確認

まず、引越し先がauひかりの提供エリアかどうかを確認するために上記のサイトへアクセスしましょう。

次に、住居タイプの選択と引越し先の郵便番号の入力を行い、「エリアを確認する」をクリックします。

そして、郵便番号に基づいた住所が表示されるため、番地や建物を絞り込みましょう。

最後に、契約できるサービス名が表示された場合はauひかりの提供エリアとなっているため、申込み手続きを進めてください。

一方で、auひかりの提供エリア外だった場合は、当記事でauひかりを引越し先で使えない時のおすすめの光回線5選(同記事の見出しへ飛びます)を紹介しているため、参考にしてほかの事業者を検討しましょう。

auひかりの移設費用はいくらですか?

まず、auひかりの移設とは、同一建物内でモデムであるONUの設置場所を変更することを指しており、

住所を変更する移転とは違うため、把握しておきましょう。

ONUとは?

ONUとは光回線に接続するための光コンセントとPCの間に接続する「終端装置」のことで、別称として光モデムとも呼ばれます。

これには光ファイバーケーブルから送られてきた光信号をデジタル信号に変換する役割があり、光回線を利用する際には欠かせない機器の1つです。

また、ONUに無線LANルーターや光電話ルーターの機能を加えたものを一般的に「ホームゲートウェイ」と言いますが、どちらもひっくるめて単にONU(無線LAN一体型ONUなど)と呼称することもあります。

ONUの詳しい内容はこちら

そして、auひかりを移転する場合は工事費用が発生し、So-netのプロバイダを利用している場合は13,200円(税込)かかります。

auひかりの移転費用は契約しているプロバイダによって変わる可能性があるため、検討している方は事前に確認しておきましょう。

また、auひかりのWi-Fiの通信速度が遅い場合や2階などに電波が届きづらい場合は、Wi-Fiルーターの交換や電波を中継する機能を持つメッシュWi-Fiを利用すると、問題が解決する可能性があります。

そのため、auひかりの移転を検討している方は、利用しているWi-Fiルーターが古くなっていないか確認しましょう。

auひかりに引越しキャンペーンはありますか?

auひかり au one net 引越し特典
auひかりプロバイダ特典 詳細ページ(一部)

auひかりには引越しによる費用還元や工事費の割引などのキャンペーンがあり、お得に手続きを進めることが可能です。

特に、撤去工事費を負担してくれるキャンペーンを利用するとauひかりの高額な工事費用を抑えられるため、積極的に活用していきましょう。

ただし、特典の内容はプロバイダによって異なるほか、手続きを行う時期によって実施していない場合があるため、契約している事業者のホームページなどを確認の上、引越しを行うようにしてください。

関連して、auひかりを一度解約し、新規契約をする方はGMOとくとくBBの公式ホームページから申し込むと高額なキャッシュバックがもらえるほか、高性能なWi-Fiルーターを無料でもらえます。

そのため、新規申し込み特典が気になる方は以下からGMOとくとくBBの公式ホームページをチェックしてください。

auひかりの評判や口コミはこちら
auひかりのキャンペーンはこちら
auひかりのキャッシュバックはこちら
auひかりの乗り換え方法はこちら

auひかりの引越しまとめ

auひかりの引越しまとめ

auひかりを継続して引越しするための手続きのポイントは?
→引越し先で利用できるか確認する・引越し1ヶ月前には手続きを進める・契約しているプロバイダへ連絡する

auひかりの引越しにかかる費用は?
→解約違約金・撤去工事費用・初期工事費の残債・新規工事費用・事務手数料

auひかりを引越しする際に解約するポイントは?
→プロバイダからレンタルしている機器は返却する・契約更新月かどうかを確認する・費用明細を取得する

auひかりを引越しする前に確認しておくべき注意点!
→auひかりの提供エリアかどうか確認する・電話番号が継続できない可能性がある・スケジュールを確認しておく・引越し月の料金は日割り計算になる

auひかりの引越しのパターンは3種類ある
→auひかりを継続する「移転」・ほかの光回線を契約する「乗り換え」・auひかりを一度解約して新規契約する方法

auひかりを引越し先で使えないときのおすすめ光回線
→初期工事費が完全無料になるドコモ光・違約金を負担してくれるソフトバンク光・関西エリアへ引越すならeo光・東海エリアに引越すならコミュファ光

auひかりに引越しキャンペーンはある?
→月額料金割引や工事費の残債負担などがある・プロバイダごとに異なるため契約している事業者へ確認する

上記はauひかりの引越しの手順についてまとめた表となっているため、手続きを進める方は確認してください。

特に、光回線の引越しは時間がかかるほか、撤去工事も必要なため、新居へ引越す日が決まり次第早めに連絡をするようにしましょう。

また、auひかりは移転や乗り換え、解約新規など引越しをする方法が複数あるため、

手続きのタイミングや利用状況に併せて自分に合った引越しを選択するようにしてください。

おすすめの代理店キャンペーンと
おすすめの点
申し込みページ
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2023-12-25-092504.png実質料金が最安レベル
通信速度も最速クラス
au・UQスマホが最大1,100円引き
無料でWi-Fiを利用できる
ひかり電話が35か月無料
開通工事費が実質無料
ほぼすべてのキャンペーンを併用可能
公式ページはこちら

2024年5月01日

auひかりの評判や口コミはこちら
auひかりのキャンペーンはこちら
auひかりのキャッシュバックはこちら
auひかりの乗り換え方法はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

【目次】クリックで見出しに飛びます