楽天ひかりを損せず解約する方法と手順!違約金や電話番号についても徹底調査

楽天ひかり 解約 手順

楽天ひかりは、NTTのフレッツ光回線を使用した光コラボで、楽天ポイントが溜まりやすいというメリットがありますので、楽天モバイルユーザーや楽天カードを持っている人などはお得に利用できるインターネットサービスですが、

本記事では楽天ひかりの解約を検討している方に、解約の手順や費用などを調査し、損せずに解約する方法について解説します。

スクロールできます
次回の契約におすすめの光回線
使用しているスマホキャリアおすすめの光回線現在のキャンペーン
ソフトバンクソフトバンク光
(STORY)
最大40,000円キャッシュバック
6か月目まで月額基本料980円
開通前レンタル無料サポート光乗り換え
新規割引キャンペーン工事費サポートはじめて割
安心乗り換えキャンペーン
オプションサービス初月無料
ソフトバンク、ワイモバイルは月額最大1,100円割引
ドコモドコモ光
(NNコミュニケーションズ)
10ギガ30,000円、
  1ギガ20,000円キャッシュバック
dポイント2,000ポイントプレゼント(1ギガ)
dポイント17,000ポイントプレゼント(10ギガ)
ルーターレンタル無料
設定サポート無料
セキュリティソフト無料
ドコモスマホ最大1,100円割引
auauひかり
(GMOとくとくBB)
最大82,000円のキャッシュバック
開通月の月額料金が無料
新規工事費無料
auスマホでは毎月最大1,100円割引
UQモバイルで毎月最大858円割引
楽天モバイル
や上記以外のキャリア
GMOとくとくBB光アクセス最大90,000円キャッシュバック
WiFiルーターが無料レンタル

※更新日:2024/06/19

【目次】クリックで見出しに飛びます

楽天ひかりを解約する方法や手順とは?

次に、楽天ひかりを解約する方法と手順については、

  1. 楽天ひかりの問い合わせ窓口に電話して解約を申し出る(ネットでも可)
  2. 回線の撤去工事を行う日程を調整する(いらない場合あり)
  3. 回線の撤去工事の立ち会いを行う(いらない場合あり)
  4. NTTからレンタル機器を返却するためのキットが届く
  5. レンタル機器をNTTへ着払いで返却する
  6. 解約証明書(支払証明書)を発行してもらう

というような手順になりますので、それぞれ見ていきましょう。

楽天ひかりの問い合わせ窓口に電話して解約を申し出る(ネットでも可)

まず、解約については、楽天ひかりカスタマーセンターに電話する若しくはメンバーズステーションにログインし、解約申請をしますが、

メンバーズステーションから下記のように、簡単に手続きを行うことができますし、電話は繋がらない場合があるので、webから解約申請の手続きが便利です。

次に、事業者変更の場合には、解約申請は不要ですが、事業者変更承諾番号の取得が必要なので、楽天ひかりの公式サイトの事業者変更承諾番号申請フォームから事業者変更承諾番号を取得しましょう。

楽天ひかりの解約申請の流れ
  1. メンバーズステーションにログイン会員メニューの解約申請をクリック
  2. 「解約手続きへ」をクリック
  3. 「解約をご希望するサービスの選択」で「全解約」を選択する
  4. 注意事項の内容を確認後、上記注意事項を全て確認した上で、次に進む。」にチェックを入れ、「確認画面へ」
  5. 解約申請完了
  6. 「手続き完了のお知らせ」メールが届きます

事業者変更承諾番号や光コラボ同士の乗り換えの方法については、こちらの記事も参考にしてみてください。

回線の撤去工事を行う日程を調整する(いらない場合あり)

回線の撤去工事とは、屋内に引き込んである5ミリほどの太さの光ファイバーケーブルを取り除く工事のことで、電気工事士などの資格がある業者でなければ作業できません。

したがって、回線の撤去工事はNTTから派遣された業者が実施しますが、光コンセントの撤去、ケーブルの除去、壁の穴埋めなど屋内の作業もあるので立ち会いが必要です。

次に、回線の撤去工事は、基本的には任意ですが、マンションなどの集合住宅で大家や管理会社に原状回復を求められた場合などには回線の撤去工事が必要です。

ただし、光ファイバーケーブルを残置することで問題が発生するとは考えにくく、経済的にも大家や管理会社が原状回復を求めることは稀だと思いますが、

何かしらの理由によって、回線の撤去工事が必要になるケースもあるということは頭に入れておきましょう。

続いて、回線の撤去工事の費用負担ついては、契約している光回線よって違いがあり、独自回線のauひかりやNURO光など光回線によっては、撤去工事費用がかかる可能性がありますが、光回線のなかでも、フレッツ光や光コラボは撤去工事費が必要ありません。

最後に、回線の撤去工事が必要となった場合には、楽天ひかり工事受付センター(電話番号:0120-987-899 受付時間:10:00~19:00(年中無休))から1週間程度で電話連絡が来ますので、事前に工事日の打ち合わせをしましょう。

引越しのシーズンなどは、業者のスケジュールが埋まってしまいがちですから、できれば1か月以上前には工事日を予約しておくとスムーズです。

光コラボとは?

光コラボ(光コラボレーション)とは、NTTフレッツ光の回線設備を借りて事業を運営するサービスモデルです。例えばドコモ光やソフトバンク光などが該当します。同じ回線設備を利用していることから、乗り換え時に工事を行う必要がなく、スムーズに乗り換えられることが魅力となっています。

より詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

回線の撤去工事の立ち会いを行う(いらない場合あり)

実際のところ、回線の撤去工事が必要となるケースは多くはありませんが、必要な場合には、NTTから派遣された工事担当者が実際に工事を行います。

工事の内容としては、屋内に引き込んである光ファイバーケーブルを取り除き、光コンセントの撤去や壁の穴埋めなど屋内の工事も必要ですが、自分で実施することは不可能なので、回線の撤去工事には立ち会いが必要です。

予約した工事日に立ち会うことができないと、再度工事日程を調整することになりますが、業者のスケジュール調整などが上手く行かないと、回線の撤去工事が相当期間延びることもあり、

撤去工事の完了が延びると、結果として解約日も伸びてしまうので予約日には必ず自宅待機するようにしましょう。

NTTからレンタル機器を返却するためのキットが届く

NTT レンタル機器 返却

まず、NTTからのレンタル機器を返却する方法は、NTTから回収キットが届きますので、宅内のレンタル機器を返却袋に入れます。

NTTに返却が必要なものは、同封されているご返却商品リストに記載がありますが、以下の回収キットに入れましょう。

  • ONU又はホームゲートウェイ、VDSLモデムなどの機器
  • LANケーブル
  • 電源アダプタ
  • レンタル無線LANカード
  • レンタル電話機
  • CUTツール

ONUなどの機器は、NTTのロゴが入っているので、NTTのロゴが入っているものは返却すると考えて良いでしょう。

但し、事業者変更の場合には、同じNTTのフレッツ光回線を使用するので、NTTからレンタル機器はそのまま継続して使用できますので、上記の作業は不要です。

レンタル機器の返却手順
  1. 回収袋に、外した機械と電源アダプターを入れる。
  2. 着払い伝票にお名前、ご住所、ご連絡先を記入し袋へ貼り付ける。
  3. 指定の配送会社へ集積依頼をするか、コンビニ等から返却する。

レンタル機器をNTTへ着払いで返却する

NTTレンタル機器 返送方法

次に、レンタル機器をNTTへ着払いで返却しますが、返却方法は、郵便局に連絡して集荷に来てもらうこともできますし、指定のコンビニエンスストアに持ち込んで発送することも可能です。

また、レンタル機器の返却を忘れると、下記の金額を目安に機器相当額を請求されますので、注意が必要ですが、万が一、返却を忘れていた場合や、回収キット等を紛失してしまった場合などは、

フレッツサービス お問い合わせ窓口(電話番号:0120-116116 受付時間:午前9時~午後5時)に問い合わせましょう。

レンタル機器請求金額
ONU14,000円
VDSL宅内装置3,000円
無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置12,000円
ひかり電話対応ルーター12,000円

※更新日:2024/06/19

解約証明書(支払証明書)を発行してもらう

支払い方法ダウンロードが可能になる時期
クレジットカード払いご利用月の翌月10日~15日頃
口座引き落としご利用月の翌々月10日頃
請求書払いお支払い後10日~14日

楽天ひかりの解約証明書(支払証明書)は、24時間いつでもメンバーズステーションからダウンロードすることができますのでネットで発行するのが便利です。

解約証明書(支払証明書)は、乗り換え先の光回線の違約金負担などを利用する場合に必要な書類ですから、忘れずにダウンロードするようにしましょう。

解約証明書(支払証明書)のダウンロードが可能になる時期は、クレジットカード払いの場合は、ご利用月の翌月10日~15日頃で、口座引き落としの場合は、ご利用月の翌々月10日頃、請求書払いは、お支払い後10日~14日程度です。

因みに、メンバーズステーションには楽天ひかりの解約から半年間までしか、ログインできませんので、解約をした場合には、上記のダウンロードが可能になる期間の到来後、速やかに手続きをするようにしましょう。

最後に、支払証明書のダウンロードの方法について、下記に記載しましたので、ご確認ください。

支払証明書のダウンロード方法
  1. メンバーズステーションのログイン画面で”ra”から始まる13桁のユーザーIDとパスワードを入力
  2. 会員メニュー→「利用明細・支払証明書」をクリック
  3. 支払証明書を発行したい請求年月日をクリック
  4. 支払証明書ダウンロードをクリック
  5. 支払証明書がPDFでダウンロードできます

楽天ひかりを解約する電話番号(問い合わせ先)は?

楽天ひかり

まず、楽天ひかりを解約する場合には、以下の通り、解約手続きすることが最初のステップですから、それぞれ見ていきましょう。

  • 楽天ひかりを解約する時は楽天ひかりカスタマーセンターに電話する
  • 楽天ひかりの解約の電話が繋がらない時の対処方法は?

楽天ひかりを解約する時は楽天ひかりカスタマーセンターに電話する

問い合わせ先電話番号・受付時間
楽天ひかりカスタマーセンター電話:0120-987-300
受付時間:9:00~18:00

楽天ひかりを解約する場合には、楽天ひかりカスタマーセンターに電話して短縮番号「3」でオペレーターに繋がりますので、解約手続きをしましょう。

ただし、ネットの口コミや評判では、新規問い合わせに対しては電話でサポートする体制は整っているけれども、利用ユーザーからの問い合わせには、徹底してwebからの手続きを推奨しているというものや、解約手続きを電話では対応してもらえないというものがありました。

実際のところ、ホームページからも解約についての電話窓口が探しにくく、webからの解約申請を推奨しているのが感じ取れますし、楽天ひかりのメンバーズステーションから解約申請が完結できますので、

電話で問い合わせよりも、楽天ひかりのメンバーズステーションからの解約申請をおすすめします。

楽天ひかりの解約の電話が繋がらない時の対処方法は?

楽天ひかりの解約の電話が繋がらない時の対処方法
解約申請をしたい
事業者変更承諾番号を取得したい
【解約の場合】
メンバーズステーションにログイン
【事業者変更の場合】
事業者変更承諾番号申請フォーム
解約について問い合わせしたいチャットで問い合わせ
受付時間:9:00~18:00(年中無休)

楽天ひかりの解約の電話については、ネットの口コミを見ても「電話が繋がらない」という評判が多く、電話が繋がらない場合に、解約についての問い合わせをしたい場合には、チャットで問い合わせが便利です。

しかし、解約についてもう決定していて、解約申請の手続きだけしたいというような場合には、楽天ひかりのメンバーズステーションから解約申請をしましょう。

なぜなら、口コミを見ると、「電話1本で解約の手続きができたと思っていたら、メンバーズステーションから解約申請をしなければダメだった・・」という口コミがもあり、このような間違いが起こさないためにも、解約申請はメンバーズステーションから申請したほうが無難です。

また、フレッツ光や他の光コラボに乗り換える事業者変更の場合には、解約申請は不要ですが、別途、事業者変更承諾番号を取得する必要がありますので、事業者変更承諾番号申請フォームから事業者変更承諾番号を取得しましょう。

因みに、事業者変更承諾番号には15日間の有効期限があり、15日を過ぎると、無効になりますので、事業者変更承諾番号取得後は、速やかに乗り換え先の光回線に申し込みをする必要があります。

楽天ひかりメンバーズステーションからの解約申請の流れ
  1. メンバーズステーションにログインし、会員メニューの解約申請をクリック
  2. 「解約手続きへ」をクリック
  3. 「解約をご希望するサービスの選択」で「全解約」を選択する
  4. 注意事項の内容を確認後、上記注意事項を全て確認した上で、次に進む。」にチェックを入れ、「確認画面へ」
  5. 解約申請完了
  6. 「手続き完了のお知らせ」メールが届きます

楽天ひかりを解約するベストなタイミングって?何日前に行えばいい?

楽天ひかりを解約するタイミング

解約申請は、最低でも解約希望日の20日前に申請する

解約のタイミングは、

  • 更新期間(更新月、更新月の翌月、翌々月)がベスト
  • 乗り換え先の光回線の開通日に合わせて、月末を解約日にするのがベスト

楽天ひかりを解約する場合に、損せずに解約したいのであればベストなタイミングで解約するようにしましょう。

まず、解約申請ですが、楽天ひかりの公式サイトでは、「解約希望日の20日前までに解約申請を行ってくだい」という記載があるので、希望する解約日に解約するためには、上記のように20日前までに申請する必要があります。

次に、解約するタイミングですが、楽天ひかりは基本的に2年契約か3年契約で、更新期間以外の月で解約する場合には契約解除料が発生しますが、

更新期間に解約をすることができれば、契約解除料は発生しませんので、更新期間(更新月、更新月の翌月、翌々月)に解約することをおすすめします。

因みに、更新期間は2年契約の場合は、24か月目~26か月目までの3か月間で、3年契約の場合は、36か月目~38か月目までの3か月間ですので、しっかりと頭に入れておきましょう。

このように、できれば更新期間で解約したいのですが、契約して何か月目か忘れてしまうこともあると思いますが、そのような場合には、楽天ひかりの会員ページから契約期間を確認できますので、事前に確認するようにしましょう。

最後に、楽天ひかりを解約する場合、乗り換え先の光回線の開通前に解約してしまうと、インターネットが使えない期間が生じてしまう恐れがあるので、

そのような不都合を生じさせないためにも、楽天ひかりの解約日と乗り換え先の光回線の開通日を合わせる必要があります。

さらに言えば、楽天ひかりは、解約日が月の途中であっても日割り計算されず、解約月の月額料金が満額請求されるので、できれば乗り換え先の光回線の開通日を月末に設定すると、二重に料金を支払う日数が減るのでお得です。

ただし、上記以外のタイミングであっても、違約金負担がある光回線に乗換えることで、違約金等が発生しても負担を0円にすることも可能ですから、乗り換え先の光回線のキャンペーンはしっかりとチェックしましょう。

違約金負担がある光回線についてはこちらの記事も参考にしてみてください。

引越し先でも楽天ひかりを使用する時の移転手続きの方法は?

予期せぬ引越しがあった場合に、光回線を乗り換えるか楽天ひかりを継続利用するか、それとも楽天ひかりを一旦解約して、引越し先で再契約するか迷いどころではあると思いますが、

もしも、楽天ひかりに不満がなければ、引越し先で楽天ひかりを継続利用するのが最も簡単ですので、引越し先で楽天ひかりを継続使用する場合の手続きについて、下記のようにまとめましたので、参考にしてみてください。

  1. 楽天ひかりに移転の申し込みを行う
  2. 工事日の日程を決める
  3. 引っ越し前の家の撤去工事に立ち会う(いらない場合あり)
  4. 引っ越し先の家の開通工事に立ち会う
  5. ルーター類の接続を行う
  6. 契約情報の更新を行う

楽天ひかりに移転の申し込みを行う

まず、楽天ひかりは、光コラボなので、全国のフレッツ光回線提供エリアで利用することができますが、念のため、楽天ひかりに移転申請をする前に、

引越し先のエリアで楽天ひかりが利用できるかどうかを事前に確認しておきましょう。

楽天ひかりの提供エリア内かどうかは、以下のNTTフレッツ光回線のwebサイトで確認できます。

また、移転の申し込みの前に必要な情報は、下記の通りですから、事前に準備しておくとスムーズです。

  • 日中連絡が可能な電話番号
  • NTT固定電話の番号(お持ちでない方は近隣の固定電話の下4桁をダミーにした番号)
  • 引越し先の住所
  • 電話回線の契約者の名義
  • 新居の入居日

次に、楽天ひかりの公式サイトから移転の申し込みを行いますが、引越しの手続きは、メンバーズステーションから手続きすることができますので、下記の手順に従って手続きをしましょう。

引越しのシーズン(3月~4月頃)は、工事業者なども繁忙期で開通工事や回線の撤去工事の日程調整が難しく、スケジュールが埋まっている場合が多いので、

もし引越しの予定が決まっているのであれば、できるだけ早めに移転申請をすると、希望日に工事日程を調整することができます。

楽天ひかりの引越しの手続きの流れ
  1. メンバーズステーションにログイン
  2. 会員メニュー→登録情報・設定変更→楽天ひかり設置場所変更

工事日の日程を決める

楽天ひかり工事受付センターから電話連絡がありますので、撤去工事が必要な場合は撤去工事日の日程と、引越し先の開通工事の日程を調整しましょう。

撤去工事とは、引越し前の住居の屋内に引き込んである光ファイバーケーブルを取り除き、光コンセントの撤去や壁の穴埋めなど屋内の工事で、

開通工事とは、引越し先の住居の付近の電柱から屋内へ光ファイバーケーブルの引き込み工事と光コンセントの設置の工事でどちらも立ち会いの必要があるので、工事業者との日程調整が必要です。

引越し先の開通工事の日程は1か月程度先になる場合があるので、引越し先でインターネットが使用できない期間が生じないように、移転の申し込みは速やかに実施する必要があります。

引っ越し前の家の撤去工事に立ち会う(いらない場合あり)

光コラボは、基本的には回線の撤去工事は任意ですが、集合住宅で大家さんや管理会社に回線の撤去工事を求められた場合や、何らかの事情により回線事業者側で工事が必要となった場合には、

光ファイバーケーブルを取り除き、光コンセントの撤去や壁の穴埋めなど屋内の工事が必要なので、立ち会いが必要で、時間としては通常1~2時間程度ですが、不在だと工事ができず、日程を再調整することになります。

特に、引っ越しのシーズンは業者も忙しく、日程の再調整に時間がかかるので、予約した工事日には必ず立ち会いをするようにスケジューリングしましょう。

引っ越し先の家の開通工事に立ち会う

NTT 光回線 開通工事
引越し先のエリア移転工事費用
同エリア内の引越しの場合
(例:NTT東日本→NTT東日本)
工事あり:11,000円
屋内配線がある:9,900円
立ち合い工事無し:3,300円
エリアをまたぐ引越しの場合
(例:NTT東日本→NTT西日本)
工事あり:22,000円
屋内配線がある:11,660円
立ち合い工事無し:3,300円

※更新日:2024/06/19

予約した工事日に、NTTの業者が派遣され、引越し先の住戸付近の電柱から屋内へ光ファイバーケーブルの引き込み工事と光コンセントの設置の工事を実施します(1時間~2時間程度)ので、しっかりと立ち会いをしましょう。

次に、移転工事費用は上記の表の通りとなりますが、エリアをまたぐ場合には最大で戸建て:22,000円の費用負担が発生しますので、注意が必要です。

また、細かいことですが、例えば、引越し先が、NTT東日本→NTT西日本のようにエリアをまたぐ場合には、移転登録費として880円の費用が発生することも頭に入れておきましょう。

因みに、無派遣工事であれば、3,300円の費用負担で済みますが、派遣工事が必要かどうかの判断は、概ね引越し先に光コンセントが設置されているかどうかで判断できますが、最終的には乗り換え先の光回線業者が判断します。

ルーター類の接続を行う

ルーター 接続 方法

ルーター類の接続は自身でやる必要がありますので、移転の申し込みの手続き後、引越し前の住所に郵送される「アカウントのお知らせ」を見ながら接続設定を行いましょう。

ルーターの接続設定(有線接続の場合)
  1. LANケーブルでONUとルーターを接続する
  2. ルーターとパソコンをLANケーブルで接続する
  3. ルーターの電源を入れて各機器の電源を入れる
ルーターの接続設定(無線接続の場合)
  1. LANケーブルでONUとルーターを接続する
  2. ルーターを設定モードにする
  3. ルーター本体に記載されているSSIDとパスワードを確認する
  4. 接続したい機器のWi-Fi設定画面に入力する
  5. 必要に応じてルーターの設定をする

光回線のONUの接続設定については、こちらの記事も参考にしてみてください。

契約情報の更新を行う

最後に、契約情報を引っ越し後の住所に変更する必要がありますので、メンバーズステーションから更新を行います。

契約情報の更新の流れ
  1. メンバーズステーションにログイン
  2. 会員メニュー→登録情報・設定変更→ご契約者様情報から変更

楽天ひかりを解約する時の注意点は?

ここまで楽天ひかりの解約の手続きについて説明してきましたが、次は、楽天ひかりを解約する時の注意点について、以下の通り、それぞれ説明します。

  • 楽天ひかりはネットか電話でしか解約ができない
  • 賃貸の場合、解約する時の撤去工事(立ち会い)が必要な場合もある
  • 引越し先でも楽天ひかりを使用すると解約の違約金は免除される
  • スマホのセット割が使えなくなる
  • ひかり電話やメールアドレスが使え無くなる

楽天ひかりはネットか電話でしか解約ができない

楽天ひかりの解約手続き
ネットで解約申請するメンバーズステーション
電話で解約申請する
(楽天ひかりカスタマーセンター)
電話:0120-987-300
受付時間:9:00~18:00

楽天ひかりの解約方法は、ネット上では電話でしか解約ができないという評判もありますが、結論を言えば、電話でもネットでも解約手続きは可能です。

ただし、電話の場合は、時間帯によっては繋がらない場合も多く、楽天ひかりの解約手続きはメンバーズステーションから簡単に手続きできます。

ネットで解約申請が便利ですが、スムーズに解約手続きを行うために、解約希望日の20日前には解約申請を行うようにしましょう。

ネットから楽天ひかりを解約する方法
  1. メンバーズステーションにログイン会員メニューの解約申請をクリック
  2. 「解約手続きへ」をクリック
  3. 「解約をご希望するサービスの選択」で「全解約」を選択する
  4. 注意事項の内容を確認後、上記注意事項を全て確認した上で、次に進む。」にチェックを入れ、「確認画面へ」
  5. 解約申請完了
  6. 「手続き完了のお知らせ」メールが届きます

賃貸の場合、解約する時の撤去工事(立ち会い)が必要な場合もある

基本的に、解約する時の撤去工事は任意ですが、マンションや賃貸の場合、大家さんや管理会社に原状回復を求められることが稀にあります。

なぜなら、賃貸契約では、契約上、入居前の状態に戻す義務があり、オーナーに求められた場合には対応しなければならないからです。

しかしながら、現実的には光ファイバーケーブルを残置してオーナーのデメリットになることは考えにくく、原状回復を要求されることは稀だとは思いますが、念のため、事前にオーナーや管理会社に確認しておくとよいでしょう。

それでも、万が一、大家や管理会社から原状回復を求められた場合には、回線撤去工事が必要となり、解約する場合に撤去工事の立ち会いが必要ですので、注意しましょう。

ただし、費用については、楽天ひかりは、NTTのフレッツ光回線を使用しているので、撤去工事費用ははっせいしません。

引越し先でも楽天ひかりを使用すると解約の違約金は免除される

まず、楽天ひかりは引越しの場合、移転申請という手続きで契約をそのままで引越し先で楽天ひかりを継続して使用することができます

この場合、当然解約金は発生しませんが、引越し先の開通工事費は発生しますので注意が必要です。

開通工事費については、下記の通りですが、NTT東日本エリアからNTT西日本エリアに引っ越す場合などは、戸建てで最大22,000円の開通工事費が発生し、

光回線を乗り換える場合のように、違約金負担のある光回線であれば、キャンペーンが適用されますが、引越しの場合はこのようなキャンペーンが適用されないので実費を支払わなければなりません。

しかし、派遣工事なしであれば、引越しに伴う費用は、NTT東日本とNTT西日本のエリアをまたぐ引越しであっても、開通工事費は2,200円と移転登録費の880円合計で3,080円で済みますので、

引越し先に光ファイバーケーブルが設置されているかどうかで費用が大きく変わります。

また、基本的には開通工事費は下記の表の通りの金額ですが、居宅設備の都合等で追加工事費が発生する場合がありますし、

工事時間の指定や夜間・深夜および土日・休日工事を希望する場合、別途加算・割増工事費がかかるので、実際のところは、派遣工事が必要かどうかを含めて楽天ひかりに問い合わせるしかありません。

尚、工事の問い合わせ先については楽天ひかり工事受付センター(電話番号:0120-987-899 受付時間:10:00~19:00(年中無休))となります。

引越し先のエリア移転工事費用
同エリア内の引越しの場合
(例:NTT東日本→NTT東日本)
工事あり:11,000円
屋内配線がある:9,900円
立ち合い工事無し:3,300円
エリアをまたぐ引越しの場合
(例:NTT東日本→NTT西日本)
工事あり:22,000円
屋内配線がある:11,660円
立ち合い工事無し:3,300円

※更新日:2024/06/19

スマホのセット割が使えなくなる

まず、スマホセット割は3大キャリアを中心にスマホとセットで光回線を契約することで、スマホの月額料金が割引されるキャンペーンで、毎月の割引が保証されるので、総合的な通信費を大きく抑えることができるキャンペーンです。

楽天ひかりについては、楽天が提供しているサービスの中に楽天モバイルがありますから、一見すると、楽天ひかりと楽天モバイルをセットで契約することでスマホの料金が割引になるスマホセット割がありそうですが、

残念ながら楽天ひかりは、スマホセット割を実施していませんので、楽天ひかりを解約しても楽天モバイルの料金が高くなるわけではないので安心です。

但し、その代わりとして、楽天ひかりのサービスの中にSPU(スーパーポイントアッププログラム)があり、これは、簡単に言えば、楽天グループのサービスを使えば使うほどポイントの還元率がアップするシステムです。

全部で13のサービスがあり、その中には楽天ひかりや楽天モバイルが入っていますから、

例えば、楽天ひかりで+2倍、楽天モバイルが+4倍なので、楽天で買い物をした場合のポイントが+6倍になっていたのに、楽天ひかりを解約したことで+2倍に戻ってしまうというデメリットはあります。

楽天モバイルのポイント+4倍がなくなるリスクは、楽天グループで買い物をする機会が多い方とそうでない方で違ってきますので、

前者の方は楽天ひかりを解約する前に平均的にどれくらい割引されているかを計算すると、楽天ひかりを解約するリスクがより明確になります。

ひかり電話やメールアドレスが使え無くなる

乗り換え先の光回線ひかり電話の電話番号の継続利用の可否
光コラボ事業者変更で番号ポータビリティ可能
※050から始まる「IP電話番号」は不可能
フレッツ光事業者変更で番号ポータビリティ可能
※050から始まる「IP電話番号」は不可能
独自回線NTTから発番された電話番号なら可能

楽天ひかりを解約すると、基本的にはひかり電話やメールアドレスなどのオプションサービスは利用できなくなります。

まず、利用できなくなるオプションサービスは、下記の通りとなりますので、メールアドレスは継続利用できません。

  • メールアドレス
  • メールプラス
  • 電話設定サポート
  • スーパーセキュリティマルチプラットフォーム
  • ウイルスフィルターサービス
  • アドバンストスパムフィルタ

次に、ひかり電話ですが、結論から言えば、多くの場合は、番号ポータビリティによって、光回線の乗り換え時にひかり電話に加入することで電話番号は変わらず、継続利用することができます。

もう少し細かく言うと、原則としてひかり電話の電話番号がNTTから発番された番号であれば、乗り換え先のひかり電話で引き継ぐことが可能です。

ですから、現在の電話番号を発番したのが、NTT(アナログ発番)なのかひかり電話を契約したときに発番されたのか(光発番)なのかを調べる必要があります。

どちらかわからない場合には、NTTに問い合わせることで、調べることができますので、下記のNTT東日本/西日本に問い合わせをしましょう。

電話番号についての問い合わせ先

次に、光発番の場合には、乗り換え先がフレッツ光や光コラボの場合、所謂、事業者変更の場合には番号ポータビリティが可能ですが、乗り換え先が独自回線の場合には番号ポータビリティは不可です。

また、乗り換え先がソフトバンク光のBBフォンの場合には、番号ポータビリティは不可であることにも注意しましょう。

いずれにせよ、ひかり電話の電話番号を継続したい方は、乗り換え先の光回線に申し込むときに電話番号を継続したい旨を伝えましょう。

楽天ひかりの解約金はいつ払えばいい?

解約時の費用請求日
解約月に発生する費用解約時の月額利用
料契約解除料
解約月の翌月に請求
解約月の翌月に発生する費用一部のオプションサービスの料金
工事費残債
解約月の翌々月に請求

まず、解約月に発生する費用としては、解約時の月額利用料と契約解除料がありますが、これらについては、解約月の翌月に請求されます。

解約時に月額利用料については日割り計算はされず、解約月の月額利用料金満額が請求されますので注意が必要です。

また、契約解除料については、更新期間以外の解約で請求されますので、解約のタイミングはできるだけ更新期間に合わせるようにしましょう。

次に、解約月の翌月に請求されるその他の解約に伴う費用として、一部のオプションサービスの料金と工事費残債があり、こちらについては、解約月の翌々月に請求されますから、

「解約したはずなのに楽天ひかりから請求がくる」という方は、このような解約に伴う費用の請求である可能性が高いです。

このように楽天ひかりを解約する場合には、解約に伴う費用が発生しますが、乗り換え先の光回線を違約金負担のある会社を選ぶことで、実質的には費用負担0円で楽天ひかりから他の光回線に乗換えることも可能ですので、検討しましょう。

また、光回線の違約金負担については、上記の解約に伴う費用を実際に支払ったエビデンスが必要ですから、支払証明書のダウンロードは忘れずに行うようにしましょう。

楽天ひかりの解約金の詳しい内容とは?

これまで楽天ひかりの解約金についても触れてきましたが、ここでは、以下の項目で解約に伴い発生する費用について、さらに詳しく解説します。

  • 解約する月の月額料金(日割りにならない)
  • 解約違約金(マンション・戸建てで料金の違いあり)
  • 工事費の残債(契約期間が2年以内の人は要注意)
  • 楽天ひかりの回線撤去工事費(不要な場合は0円になる場合もある)
  • ひかりTVの解約費用(契約していない場合は0円)
  • 返却物が足りなかった時の損害金

解約する月の月額料金(日割りにならない)

楽天ひかりを解約する場合に、解約する月の月額料金は日割り計算されず、解約月の月額料金は満額請求されます。

また、解約日について、回線の撤去工事が必要な場合は、回線の撤去工事が完了した日が解約日となり、

光回線の乗り換えの場合には、乗り換え先の光回線の切り替え工事日が解約日となりますが、回線の撤去工事の日程は最低でも申請から3週間程度かかりますから、解約申請は速やかに行いましょう。

解約違約金(マンション・戸建てで料金の違いあり)

契約日契約解除料
2022年6月30日以前に
楽天ひかりを申し込んだ人
10,450円
2022年7月1日以降に
楽天ひかりを申し込んだ人
戸建て:5,280円
マンション:4,180円

※更新日:2024/06/19

楽天ひかりの契約は2年契約で、更新期間以外で解約した場合には契約解除料が発生しますが、電気通信事業法の改正に伴って、

2022年7月1日からインターネット回線の解約違約金と撤去工事費用について法改正があり、「光回線の解約違約金は月額料金の1ヶ月分相当額まで」となったことで、

  • 2022年6月30日以前に楽天ひかりを申し込んだ人
  • 2022年7月1日以降に楽天ひかりを申し込んだ人

で契約解除料の金額が変わりますし、後者は、戸建てとマンションでも費用が変わりますので、それぞれ見ていきましょう。

2022年6月30日以前に楽天ひかりを申し込んだ人

2022年6月30日以前に楽天ひかりを申し込んだ人が、更新期間以外で解約する場合には、一律で10,450円の契約解除料が発生します。

2022年7月1日以降に楽天ひかりを申し込んだ人

2022年7月1日以降に楽天ひかりを申し込んだ人が、更新期間以外で解約する場合には、戸建てが、5,280円、マンションは、4,180円の契約解除料が発生します。

以上のように、楽天ひかりを更新期間以外で解約する場合には契約解除料が発生しますので、楽天ひかりから他の光回線に乗換える場合には、

例えば、他社違約金等を最大100,000円還元するソフトバンク光の安心乗り換えキャンペーンや、他社からの違約金等を最大65,000円還元するGMOとくとくBB×光アクセスなど、

違約金負担のある光回線に乗換えることで、契約解除料の負担を実質0円にすることができますので、詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

工事費の残債(契約期間が2年以内の人は要注意)

楽天ひかりの場合、開通時に開通工事費が、22,000円発生し、最初の契約の2年間は、これを月割りで支払っていますので、毎月916円工事費の分割払いが発生しますので、

契約の途中で解約する場合には、残りの契約日数×916円が工事費残債として残り、一括で請求されます

例えば、戸建ての場合で契約時に開通工事費が必要だった場合には、22,000円の開通工事費が発生し、これを916円/月×24回で精算しますから、

12か月で解約した場合には、単純に916円×12=11,000円の工事費残債が発生し、解約時に一括請求されます。

つまり、楽天ひかりとの契約をしてから2年以内で且つ、残りの契約月が多い方ほど、多くの工事費残債が残っていることになります。

ただし、工事費残債があっても、乗り換え先の光回線を違約金負担のある光回線に乗換えることで、工事費残債の支払いを実質的には0円にすることも可能ですので、検討するようにしましょう。

楽天ひかりの回線撤去工事費(不要な場合は0円になる場合もある)

まず、楽天ひかりの回線の撤去については、基本的には任意ですが、集合住宅で大家さんや管理会社に原状回復を求められた場合などには回線の撤去が必要です。

回線撤去工事の費用負担ついては、契約している光回線よって違いがあり、独自回線のauひかりNURO光など光回線によっては、撤去工事費用がかかりますが、

光回線のなかでも、フレッツ光や光コラボは撤去工事費が必要ありません

ひかりTVの解約費用(契約していない場合は0円)

楽天ひかりは、独自のTVサービスを展開していないので、楽天ひかりでネットでテレビを視聴したい人は、フレッツTV若しくはひかりTVを別途契約しているかと思いますが、結論から言えば、基本的には解約費用は発生しません。

ただし、ひかりTVの2年割を利用している方は、2年以内に解約すると、10,000円の違約金が発生するので注意しましょう。

返却物が足りなかった時の損害金

レンタル機器請求額
ONU14,000円
VDSL宅内装置3,000円
無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置12,000円
ひかり電話対応ルーター12,000円

※更新日:2024/06/19

楽天ひかりを解約する場合には、NTTからレンタルしていた機器を返却しなければなりませんが、返却を怠ると、上記の表を目安に機器相当額を請求されますので、下記の返却物を忘れずに返却するようにしましょう。

NTTに返却するレンタル機器リスト
  • ONU又はホームゲートウェイ、VDSLモデムなどの機器
  • LANケーブル
  • 電源アダプタ
  • レンタル無線LANカード
  • レンタル電話機
  • CUTツール

楽天ひかりの解約金を免除(0円)にする方法は?

楽天ひかりを解約する場合には、解約金が発生する場合がありますが、解約金を免除にするために、下記のような方法がありますので、それぞれ見ていきましょう。

  • 次の光回線を違約金負担のある会社に乗り換える
  • 契約更新月に解約する
  • 回線撤去工事を行わない
  • 返却物を全て返却する
  • 引っ越しの場合なら移転申請を行い引っ越し先でも楽天ひかりを使用する

次の光回線を違約金負担のある会社に乗り換える

スクロールできます
光回線違約金負担キャンペーン適用条件
ソフトバンク光安心乗り換えキャンペーンで
最大100,000円還元
SoftBank 光/申込日から180日以内、SoftBankAir/申込日から90日以内に開通した方
開通された月を1ヵ月目として5ヵ月目の末日までに、以下の条件をすべて満たした方
 元回線の違約金・撤去費用を証明書貼付シートに貼り付けし、返送
 対象サービスの利用継続
 料金のお支払方法を登録された方
毎月のご利用料金を支払期限までにご入金いただいていることを確認できた方
auひかり乗り換えサポートで
最大30,000円還元
他社のご自宅のインターネットまたは他社ホームルーター・モバイルルーターからauひかり「ずっとギガ得プラン+電話」に新規申し込み
GMOとくとくBB×光アクセス他社違約金補助特典で
最大60,000円キャッシュバック
GMOとくとくBB光をお申込み後、解約違約金キャッシュバック申請フォームにて本特典のお申込みをされた方
GMOとくとくBB光のお申込み時に、ADSL/光回線/ケーブルTV/モバイルWiFiなどの他社インターネット回線(以下「他社サービス」とします)を利用していること
他社サービス解約時に解約違約金等の支払いが発生する方
GMOとくとくBB光のお申込みから開通月を1ヶ月目として3ヶ月目の末日までに他社サービスを解約し、当社指定の方法で他社サービスの解約違約金明細の写真をご提出いただくこと

※更新日:2024/06/19

単純に楽天ひかりの解約金を0円にしたいのであれば、乗り換え先を違約金負担のある光回線にすることで問題解決できるでしょう。

例えば、ソフトバンク光の安心乗り換えキャンペーンは、他社への違約金や撤去工事費を最大で100,000円まで還元してくれるキャンペーンで、100,000円まで補償してくれると考えると安心です。

他にも、auひかりの乗り換えサポート、GMOとくとくBB×光アクセスの他社違約金補助特典などがありますが、それぞれ適用条件やキャッシュバックの受け取り期間などの相違点があるので、注意が必要です。

ただし、共通しているのが、適用条件として他社の違約金等を実際に支払ったエビデンスとして、解約証明書等の書類が必要ですから、楽天ひかりを解約する時にはしっかりと書類をダウンロードするようにしましょう。

契約更新月に解約する

契約更新月 契約解除料

楽天ひかりの契約プランは基本的には2年間の自動更新となっていて、無料解約申請期間以外で解約すると契約解除料が発生しますが、逆に言えば、無料解約申請期間に解約すれば、契約解除料は発生しません。

無料解約申請期間は、開通月を1か月目として、24か月目、25か月目、26か月目の3か月間ですから、タイミング良くこの期間内で解約することで契約解除料を0円にすることができます。

契約期間については、メンバーズステーションから確認することができますので、事前に確認するようにしましょう。

因みに、楽天ひかりの契約解除料については、2022年6月30日以前に楽天ひかりを申し込んだ人は、一律で10,450円の契約解除料が発生し、

2022年7月1日以降に楽天ひかりを申し込んだ人が、更新期間以外で解約する場合には、戸建てが、5,280円、マンションは、4,180円の契約解除料が発生します。

回線撤去工事を行わない

楽天ひかりの場合、回線撤去工事は、任意ですから、敢えて回線の撤去工事をする必要はありませんし、集合住宅で大家さんや管理会社に原状回復を求められた場合などに、

回線の撤去工事が必要となるケースはありますが、費用負担は発生しません。

返却物を全て返却する

NTT レンタル機器 返却
レンタル機器請求額
ONU14,000円
VDSL宅内装置3,000円
無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置12,000円
ひかり電話対応ルーター12,000円

楽天ひかりを解約した場合には、速やかに、

  • ONU又はホームゲートウェイ、VDSLモデムなどの機器
  • LANケーブル
  • 電源アダプタ
  • レンタル無線LANカード
  • レンタル電話機
  • CUTツール

などのレンタル機器をNTTに返却する必要があり、返却を怠ると、上記の表を目安に機器相当額を請求されますので、しっかりと返却するようにしましょう。

万が一、返却を忘れていて、回収キット等を紛失してしまった場合などは、フレッツサービス お問い合わせ窓口(電話番号:0120-116116 受付時間:午前9時~午後5時)に問い合わせましょう。

引っ越しの場合なら移転申請を行い引っ越し先でも楽天ひかりを使用する

もしも、楽天ひかりのサービスに不満がないのであれば、楽天ひかりを解約するのではなくて、移転申請を行い、引越し先でも楽天ひかりを使用することで、契約解除料などの負担をなくすことができます。

ただし、移転申請をする場合には、引越し先がNTTのエリアをまたぐ場合(NTT東日本エリア→NTT西日本エリアへ引越し)には、

開通工事が必要な場合に、高額になる傾向があり、戸建ての場合、最大で22,000円の開通工事費が発生します。

このケースを考えると、契約解除料の戸建て:5,280円、マンション:4,180円は支払わなくても良いのですが、開通工事費が22,000円発生するので、結局のところ、費用負担が発生します。

一方で、違約金負担のある光回線に乗り換えた場合には、契約解除料や開通工事費は発生しますが、乗り換え先の違約金負担のキャンペーンの適用で、違約金負担を0円にすることができますし、

さらに多くの光回線サービスが実施している開通工事費の実質無料キャンペーンなどの適用がありますから、開通工事費も実質0円にすることが可能です。

このように考えると、費用の問題だけでしたら、移転申請をするよりも、光回線を乗り換えた方が費用負担は軽減します。

ただし、例えば、楽天ポイントの還元率が下がるなど楽天ひかりを解約することで生じるデメリットもありますから、しっかりと比較してメリットの大きい方法を選択するとよいでしょう。

楽天ひかりを解約して乗り換える先は、どの光回線がおすすめ?

楽天ひかりを解約する場合の乗り換え先の光回線については、できるだけ費用負担が少なくなるような光回線に乗換えたいと思うのではないかと思いますが、

月々の料金を抑えるポイントといて、スマホセット割が使える光回線に乗換えると、月々の料金を抑えることができますので、ここではおすすめの光回線について、下記の通り紹介します。

ソフトバンクスマホの人はソフトバンク光(STORY)がおすすめ!

ソフトバンク光
ソフトバンク光(株式会社STORY)
月額料金戸建て:5,720円
マンション:4,180円
10ギガ:6,380円
実際の月額料金
※1
戸建て:3,933円
マンション:2,393円
10ギガ:3,188円
公表している通信速度1ギガ:1Gbps
10ギガ:10Gbps
契約期間2年
事務手数料3,300円
工事費用<「工事費サポート はじめて割」適用で0円>
立ち合い工事必要:31,680円
立ち合い工事不要:4,620円
スマホセット割引ソフトバンク、ワイモバイルスマホの
通信料月々1,100円割引
キャンペーン最大40,000円キャッシュバック
転用、事象者変更は19,000円キャッシュバック
10ギガは月額料金が6ヶ月間500円&
ホームゲートウェイ6ヶ月間無料
その他の特典他社への違約金・撤去費負担(10万円)
開通までWiFiルーター無料貸出
オプション初月無料
工事費実質無料

※更新日:2024年6月01日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

まず、ソフトバンク光は、おうち割光セットで、ソフトバンクのスマホの料金が最大月額1,100円割引され、ソフトバンクユーザーだけでなく、ワイモバイルのスマホ料金も最大月額1,100円割引され、

しかも家族全員のスマホや携帯の料金が割引されるので、ソフトバンクユーザー、ワイモバイルユーザーの方、また特に家族が多い方であれば、ソフトバンク光が最も月額料金を安くできる可能性が高いです。

また、ソフトバンクの公式特典として安心乗り換えキャンペーンがあり、楽天ひかりを解約して解約に伴う違約金等が発生した場合でも還元されますし、

ソフトバンク光の開通工事は最大で31,680円費用が発生しますが、乗り換えの際に必要な開通工事費についても、工事費実質無料の特典があるので、安心して乗り換えることができます。

さらに、ソフトバンク光の正規代理店株式会社STORYの独自の特典として、新規の場合は最大40,000円、乗り換えの場合でも最大19,000円のキャッシュバックを受け取ることができますし、

その他、ソフトバンク光の公式特典と代理店独自の特典が併用できて、以下の特典もございます。

  • 開通までWiFiルーター無料貸出
  • オプション初月無料
  • 10ギガは月額料金が6ヶ月間500円&ホームゲートウェイ6ヶ月間無料

Wi-Fiルーターを無料レンタルしてくれる特典は、楽天ひかりからの切り替えがうまくいかなくても、インターネットの使用できない期間が生じないというメリットがあります。

因みに、キャッシュバックについては、申請から受け取りまで1年以上かかる代理店も多いのですが、

株式会社STORYは開通から最短2か月でキャッシュバックを受け取ることができるなどキャッシュバックの受け取りについてのメリットも大きいので、

乗り換え先をソフトバンク光にしたいのであれば、代理店の株式会社STORYから申し込むことをおすすめします。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

ドコモスマホの人はドコモ光(NNコミュニケーションズ)がおすすめ!

ドコモ光
ドコモ光(NNコミュニケーションズ)
月額料金戸建て:5,720円
マンション4,400円
実際の月額料金
※1
戸建て:3,716円
マンション:2,396円
公表している
通信速度
最大1Gbps
実際の通信速度
※2
下り: 270.63Mbps
上り: 304.35Mbps
Ping値: 18.53ms
契約期間2年
事務手数料3,300円
工事費用<特典で実質無料>
工事あり:22,000円
屋内配線がある:11,660円
立ち合い工事無し:3,300円
スマホセット割引ドコモスマホとセットで毎月最大1,100円割引
(離れて住んでいる家族も対象)
キャンペーン1ギガは25,000円キャッシュバック
10ギガは40,000円キャッシュバック
Dポイント2,000ptプレゼント
10ギガ契約でDポイント17,000ptプレゼント
その他の特典パケットパック毎月最大3,850円割引
同一シェアグループ内の「ドコモ光」
2回線目以降は1回線あたり毎月330円割引

WiFiルーター無料レンタル

※更新日:2024年6月01日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

ドコモ光スマホセット割があり、ドコモ光セット割は、ドコモのスマホなら離れている家族も含めて全員が月々のスマホ料金から最大で1,100円割引されますので、

ドコモユーザーの方、特に家族の多いドコモユーザーの方は、楽天ひかりからドコモ光へ乗り換えることで、月々の料金を安くできる可能性が高いです。

ドコモ光へ乗り換えるメリットとしては、まずドコモ光の公式特典として、

1ギガの場合はドコモポイントが2,000ポイント、10ギガの場合は17,000ポイント貰えるのと、新規工事費が無料になるので、費用負担なくドコモ光に乗り換えることができます。

次に、ドコモ光の正規代理店のNNコミュニケーションズの独自の特典として、1ギガで最大20,000円、10ギガで最大30,000円のキャッシュバックがあり、

キャッシュバックの額としては他の光回線のキャッシュバック額と比べて少ないのですが、

複雑な手続きもなく、最短で1か月後に受け取ることができるキャッシュバックの受け取りまでの早さは、キャッシュバックの貰い忘れなどを防ぐことにもなるので大きなメリットです。

その他、ドコモ光は複数のプロバイダから自由に選べるというメリットがあり、プロバイダの特典については、プロバイダによって特典が違いますが以下の特典があります。

  • 総合セキュリティソフト無料
  • 設定サポート無料

ドコモ光の口コミや評判はこちら
ドコモ光のキャッシュバックはこちら
ドコモ光のキャンペーンはこちら
ドコモ光のメリットでデメリットはこちら

auスマホの人はauひかり(GMOとくとくBB)がおすすめ!

GMOとくとくBB auひかり 特典 キャンペーン 94000
auひかり×GMOとくとくBB
月額料金【戸建て】
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
【マンション】
4,455円~5,500円
実際の月額料金
※1
戸建て:3,796円
マンション:2,496 ~3,498円
公表している
通信速度
最大1Gbps
実際の通信速度
※2
下り: 674.57Mbps
上り: 501.64Mbps
Ping値: 13.41ms
契約期間戸建て:3年
マンション:2年
事務手数料3,300円
工事費用戸建て:41,250円(特典で実質無料)
マンション:33,000円(特典で実質無料)
スマホセット割引auスマホでは毎月最大1,100円割引
UQモバイルで毎月最大858円割引
(離れて住んでいる家族も対象)
キャンペーンキャッシュバック
最大82,000円
その他の特典他社違約金負担
工事費実質無料
初月基本料無料
ひかり電話
最大35ヶ月無料

※更新日:2024年6月01日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

auひかりスマホセット割を実施していて、まず、auスマートバリューでauスマホユーザーは月額最大1,100円割引されますし、auユーザーだけでなく、

UQモバイルユーザーも自宅セット割1,100円が月額料金から割引されますので、auユーザーやUQモバイルユーザーであれば、楽天ひかりからauひかりに乗り換えることで、月額料金を安くすることができる可能性が高いです。

また、auひかりは光コラボではなく、独自回線なので通信速度が速いという特徴があり、みんなのネット回線速度から引用したデータを見ても、下り:Mbps、上り:Mbps、Ping値:msという数字で、

この数値は実測値としてかなり速い数値ですから、楽天ひかりの通信速度に不満を持っている人にはおすすめです。

また、auひかりのキャッシュバックとして正規代理店のGMOとくとくBBのキャッシュバックは合計で最大94,000円のキャッシュバックが貰えるのは魅力的ですし、

auひかりの公式特典としては、他社からの違約金負担として、乗り換えサポートで最大30,000円還元があり、開通工事費のサポート特典として、初期費用相当額割引で最大41,250円割引のように、

楽天ひかりを解約した場合に発生する費用やauひかりを開通する場合に発生する開通工事費についてのフォローもあるので、安心して乗り換えることができます。

また、キャッシュバックなどの特典だけではなく、auひかりのずっとギガ得プランのように、戸建てプランの月額料金を安くできるプランもあることも魅力的です。

ただし、楽天ひかりのような光コラボはNTTのフレッツ光回線を利用しているので、全国的に光回線サービスの提供を受けることができますが、

auひかりは独自回線なので、提供エリアが限定されるというデメリットがあることは頭に入れておきましょう。

因みにauひかりの提供エリアは、auひかりの公式ページから確認できますので、事前に確認しておきましょう。

auひかり×GMOとくとくBBの公式ページ→https://gmobb.jp/

auひかりの評判や口コミはこちら
auひかりのキャンペーンはこちら
auひかりのキャッシュバックはこちら
auひかりの乗り換え方法はこちら

楽天モバイル、上記以外スマホの人はGMOとくとくBB 光アクセスがおすすめ!

とくとくBB光
GMOとくとくBB GMO光アクセス
月額料金戸建て:4,818円
マンション:3,773円
実際の月額料金
※1
戸建て:4,770円
マンション:3,726円
公表している
通信速度
最大1Gbps
実際の通信速度
※2
下り: 257.07Mbps
上り: 310.75Mbps
Ping値: 18.22ms
契約期間なし
事務手数料3,300円
工事費用戸建て:26,400円(特典で実質無料)
マンション:25,300円(特典で実質無料)
出張工事なし:2,200円
スマホセット割引なし
キャンペーン最大102,000円

↓内訳↓
新規&乗り換え:5,000円
違約金負担:60,000円
10ギガ:10,000円
オプション同時加入:27,000円
(光電話5,000円、光テレビ20,000円、指定オプション)
その他の特典工事費無料
WiFiルーターが無料レンタル

※更新日:2024年6月01日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

大手キャリアやスマホセット割があるキャリアででない楽天モバイルのような格安シムユーザーの方は、GMOとくとくBB ×光アクセスをおすすめします。

なぜなら、GMOとくとくBB×光アクセスは、スマホセット割のようなスマホとセットで契約することで月額のスマホ料金を割引くようなキャンペーンを実施していない代わりに

月額基本料金が、戸建て:4,818円、マンション:3,773円ということで、月額基本料金が非常に安く設定されているからです。

実際のところ、月額基本料金を上記の3社と比較すると、以下の表を見ていたくとGMOとくとくBB×光アクセス月額基本料金は安いということがわかります。

光回線月額基本料金
GMOとくとくBB×光アクセス戸建て:4,818円
マンション:3,773円
ソフトバンク光(株式会社STORY)戸建て:5,720円
マンション:4,180円
ドコモ光(NNコミュニケーションズ)戸建て:5,720円
マンション4,400円
auひかり(GMOとくとくBB)戸建て
1年目:6,160円
2年目:6,050円
3年目:5,940円
マンション:5,005〜6,050円

※更新日:2024/06/19

次に、キャッシュバックについては、まず、新規申込で5,000円キャッシュバック、他社の違約金が発生する場合には、補助特典として最大60,000円キャッシュバックで還元、GMOひかりTV申込20,000円GMOひかり電話加入5,000円キャッシュバックなど、

無条件で貰えるキャッシュバック額は少ないですが、条件に適用していれば、最大で90,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

その他、新規工事費実質無料Wi-Fiルーターレンタル0円などの特典もありますので、これらの特典も月額料金を抑える一助となります。

最後に、GMOとくとくBB×光アクセスの特徴として、契約期間の縛りがないという点があり、いつ解約しても解約金は0円なので、解約するつもりはないとしても、何となく安心です。

楽天ひかりの解約に関してよくある質問

最後に楽天ひかりの解約に関して良く割る質問を、下記の通り、まとめましたのでそれぞれ見ていきましょう。

  • 楽天ブロードバンドを解約したのに使えたけどなぜ?いつまで使える?
  • 楽天ひかりのメンバーステーションにログインするには?
  • 楽天ひかりの解約証明書はどこでもらえる?
  • 楽天ひかりを未払いで利用停止になった時の復旧方法は?
  • 楽天ひかりの解約は無料期間内にできますか?

楽天ブロードバンドを解約したのに使えたけどなぜ?いつまで使える?

まず、楽天ひかりと楽天ブロードバンドの違いについて解説すると、楽天ブロードバンドはプロバイダで、楽天ひかりは、プロバイダと光回線がセットになった光コラボであるという点を前提条件とすると、

楽天ひかりを解約する場合にはプロバイダである楽天ブロードバンドを解約する必要はありません。

ですから、楽天ひかりを解約したのにインターネットが使えた場合には、楽天ひかりの解約日を確認しましょう。

例えば、事業者変更の場合には、乗り換え先の光コラボ等に切替工事が完了した日が解約日となり、インターネットを利用しない場合や、光コラボやフレッツ光以外に乗り換える場合には、

インターネットの解約工事が完了した日の属する月の月末が解約日となるので、12月15日に解約工事が完了して解約したと思っていても、実際には12月31日が解約日となるので注意しましょう。

プロバイダとは?

プロバイダとはインターネットサービスプロバイダ(Internet Service Provider)の略で、インターネット利用者と回線業者の橋渡しをする役割を担っています。

インターネットを使うには、回線事業者とプロバイダの両方を契約することが必要ですが、ネット回線とプロバイダが一体になった回線事業者もあります。

この場合、回線事業者と契約するだけで完了するので、プロバイダの申込みは必要ありません。

プロバイダについて詳しく知りたい方はこちら

楽天ひかりのメンバーステーションにログインするには?

楽天ひかりのメンバーズステーションにログインするには、メンバーズステーションのログイン画面から、ユーザーIDとパスワードを入力することでログインできます。

しかし、ユーザーIDは、”ra”から始まる11桁の番号で、長いので忘れてしまいがちですので、しっかりとメモをしておく必要がありますが、

もしもユーザーIDを忘れてしまった場合には、11桁のSIM電話番号でもログインできますので試してみましょう。

ユーザーIDもパスワードもわからない場合には、電話での手続きになりますので、下記の楽天ブロードバンドプレミアムカスタマーセンターに問い合わせをしましょう。

ユーザーIDもパスワードもわからない場合

楽天ブロードバンドプレミアムカスタマーセンター

楽天ひかりの解約証明書はどこでもらえる?

楽天ひかりの解約証明書(支払証明書)のダウンロードの手順
  1. メンバーズステーションのログイン画面で”ra”から始まる13桁のユーザーIDとパスワードを入力
  2. 会員メニュー→「利用明細・支払証明書」をクリック
  3. 支払証明書を発行したい請求年月日をクリック
  4. 支払証明書ダウンロードをクリック
  5. 支払証明書がPDFでダウンロードできます

メンバーズステーションからダウンロードすることができますが、

支払証明書は、乗り換え先の光回線の違約金負担などを利用する場合に必要な書類ですから、忘れずにダウンロードするようにしましょう。

楽天ひかりを未払いで利用停止になった時の復旧方法は?

楽天ひかりから「ご利用料金のお支払いのお願い」という振込用紙がついたハガキが契約住所に送付されているはずなので、まずは、未払いになっている振込用紙の料金を支払いましょう。

もし、振込用紙を紛失した場合には、楽天ひかりカスタマーセンター(電話番号:0120-987-300)に問い合わせを行い、振込用紙を再発行してもらいましょう。

次に、料金を支払っただけでは、インターネットサービスは復旧しませんので注意しましょう。

インターネットを復旧させるためには、料金の支払い後、楽天ひかりの利用再開フォームから利用再開手続きをしますが、申請情報として、

  • 契約者名
  • 契約者電話番号
  • 契約者住所
  • 契約者メールアドレス
  • ご利用月
  • 支払金額
  • 支払日

上記の情報の入力が必要ですので、事前に準備しておきましょう。

利用再開までは、数時間~最大24時間程度時間がかかりますので、頭に入れておきましょう。

楽天ひかりの解約は無料期間内にできますか?

楽天ひかり UN-LIMITキャンペーンについて

楽天ひかり UN-LIMITキャンペーンについては、現時点でキャンペーンは終了しています。

楽天ひかりの月額料金が最大で1年間無料になる楽天ひかりUN-LIMITキャンペーンで申し込みをした場合に、1年間の無料期間内に解約ができるかということですが、

解約することはできますが、解約すると、戸建て:5,280円 マンション:4,180円の契約解除料と最大22,000円の開通工事費の残債の支払いが発生しますので注意しましょう。

楽天ひかりの解約のまとめ

楽天ひかりの解約のまとめ

楽天ひかりを解約する電話番号(問い合わせ先)は?

楽天ひかりを解約するベストなタイミングって?何日前に行えばいい?

解約申請は、最低でも解約希望日の20日前に申請する

解約のタイミングは、

  • 更新期間(更新月、更新月の翌月、翌々月)がベスト
  • 乗り換え先の光回線の開通日に合わせて、月末を解約日にするのがベスト

楽天ひかりを解約する方法や手順とは?

以下の手順で解約しましょう。

  • 楽天ブロードバンドの問い合わせ窓口に電話して解約を申し出る(ネットでも可)
  • 回線の撤去工事を行う日程を調整する(いらない場合あり)
  • 回線の撤去工事の立ち会いを行う(いらない場合あり)
  • NTTからレンタル機器を返却するためのキットが届く
  • レンタル機器をNTTへ着払いで返却する
  • 解約証明書(支払証明書)を発行してもらう

引越し先でも楽天ひかりを使用する時の移転手続きの方法は?

結論:楽天ひかりに不満がなければ、移転申請で楽天ひかりを継続利用するのが簡単!

  1. 楽天ひかりに移転の申し込みを行う
  2. 工事日の日程を決める
  3. 引っ越し前の家の撤去工事に立ち会う(いらない場合あり)
  4. 引っ越し先の家の開通工事に立ち会う
  5. ルーター類の接続を行う
  6. 契約情報の更新を行う

楽天ひかりを解約する時の注意点は?

以下の注意点がありますので、しっかりと事前確認が必要です。

  • 楽天ひかりはネットか電話でしか解約ができない
  • 賃貸の場合、解約する時の撤去工事(立ち会い)が必要な場合もある
  • 引越し先でも楽天ひかりを使用すると解約の違約金は免除される
  • スマホのセット割が使えなくなる
  • ひかり電話やメールアドレスが使え無くなる

楽天ひかりの解約金はいつ払えばいい?

  • 解約時の月額利用料
  • 契約解除料

は、解約月の翌月に請求され、

  • 一部のオプションサービスの料金
  • 工事費残債

は、解約月の翌々月に請求されます。

楽天ひかりの解約金の詳しい内容とは?

  • 解約する月の月額料金(日割りにならない→解約月の途中で解約しても満額請求されます
  • 解約違約金(マンション・戸建てで料金の違いあり)→戸建て:5,280円、マンション:4,180円
  • 工事費の残債(契約期間が2年以内の人は要注意)→月々の支払分×残りの契約日数
  • 楽天ひかりの回線撤去工事費(不要な場合は0円になる場合もある)→基本的に発生しない
  • ひかりTVの解約費用(契約者していない場合は0円)→2年割の場合は10,000円の解約金が発生
  • 返却物が足りなかった時の損害金→機器相当額を請求されます

楽天ひかりの解約金を免除(0円)にする方法は?

  • 次の光回線を違約金負担がある会社に乗り換える
  • 契約更新月に解約する
  • 回線撤去工事を行わない
  • 返却物を全て返却する
  • 引っ越しの場合なら移転申請を行い引っ越し先でも楽天ひかりを使用する

楽天ひかりを解約して乗り換える先は、どの光回線がおすすめ?

本記事では、楽天ひかりを損せずに解約する方法について紹介しましたが、しっかりとポイントを抑えることで実際の費用負担が変わってくるので、楽天ひかりの解約を検討している方は、参考にしてみてください。

スクロールできます
次回の契約におすすめの光回線
使用しているスマホキャリアおすすめの光回線現在のキャンペーン
ソフトバンクソフトバンク光
(STORY)
最大40,000円キャッシュバック
6か月目まで月額基本料980円
開通前レンタル無料サポート光乗り換え
新規割引キャンペーン工事費サポートはじめて割
安心乗り換えキャンペーン
オプションサービス初月無料
ソフトバンク、ワイモバイルは月額最大1,100円割引
ドコモドコモ光
(NNコミュニケーションズ)
10ギガ30,000円、
  1ギガ20,000円キャッシュバック
dポイント2,000ポイントプレゼント(1ギガ)
dポイント17,000ポイントプレゼント(10ギガ)
ルーターレンタル無料
設定サポート無料
セキュリティソフト無料
ドコモスマホ最大1,100円割引
auauひかり
(GMOとくとくBB)
最大82,000円のキャッシュバック
開通月の月額料金が無料
新規工事費無料
auスマホでは毎月最大1,100円割引
UQモバイルで毎月最大858円割引
楽天モバイル
や上記以外のキャリア
GMOとくとくBB光アクセス最大90,000円キャッシュバック
WiFiルーターが無料レンタル

※更新日:2024/06/19

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

【目次】クリックで見出しに飛びます