DMM光から楽天ひかりへ乗り換える手順!サービス終了に伴い解約方法や注意点を徹底解説

DMM光 楽天ひかり 乗り換え 事業者変更

この記事では、DMM光から楽天ひかりへ乗り換える手順、注意点、メリットやデメリットについて解説しています。

光回線の中で人気のあるDMM光が2025年3月31日でサービス終了に伴い、楽天ひかりへの乗り換えを検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

DMM光から楽天ひかりへの乗り換えは「事業者変更」という手続きが必要となりますが、この手続きはインターネットが途切れることなく、すぐに利用可能となります。

DMM光から楽天ひかりへの乗り換える手続きである事業者変更とは

事業者変更とは、光コラボから光コラボに乗り換えを行う手続きのことです。

事業者変更をするにあたっては乗り換え元から事業者変更承諾番号を取得し、乗り換え先でこの番号を使い乗り換えを行います。

事業者変更では、工事が不要で、切り替え当日にそのままインターネットが使えます。

光コラボとは、フレッツ光の光回線とプロバイダが一つにまとまった形のサービスです。同じ回線を利用しているので、乗り換え時は工事を行う必要がなくスムーズな乗り換えが可能です。

また、楽天ひかりのキャンペーンや特典、多くの方が気になる質問についても解説しておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

回線名キャンペーンと
おすすめの点
公式ページ
楽天ひかり ロゴ月額料金6ヶ月無料
楽天モバイルと併用で楽天市場でポイント7倍 (その他楽天サービスフル込みで最大16倍)
楽天ポイント1,000ポイントプレゼント
楽天ひかりはこちら

※更新日:2024年5月01日

【目次】クリックで見出しに飛びます

DMM光から楽天ひかりへ乗り換える手順は?

この章ではDMM光から楽天ひかりに乗り換える手順について以下の6つのステップを解説していきます。

  • DMM光から事業者変更承諾番号を取得する
  • 楽天ひかりに申し込む
  • 楽天ひかり対応のWi-Fiルーターを購入する
  • 回線の切り替えがおこなわれる
  • 楽天ひかりのルーターを設置する
  • DMM光のレンタル機器を返却する

また、事業者変更承諾番号の取得は忘れがちですが、一番重要なことになりますのでしっかりと確認しましょう。

DMM光から事業者変更承諾番号を取得する

DMM光から楽天ひかりへ乗り換えをするためには、事業者変更承諾番号が必要です。

事業者変更承諾番号は、DMM光にて取得しますが、取得窓口は以下の電話窓口またはマイページから取得します。

電話にて取得する窓口Webから取得する窓口
0120-660-481
受付時間:10時〜18時
マイページ
受付時間:24時間365日

問い合わせの際には、以下の4つが必要になりますので、事前に確認しておくことと、申し込みは契約者本人に限られるのでこの点も注意しておきましょう。

準備するもの
  • 契約者本人の名前
  • 契約者の住所
  • 契約時の登録電話番号
  • 契約者の生年月日

事業者変更承諾番号とは、光コラボ同士での乗り換えに利用する番号のことで、頭文字FかTの英字プラス10桁の数字で構成される番号です。

頭文字のアルファベットの次の4桁は有効期限なので、期限を確認の上、発行したら早めに利用しましょう。

また、事業者変更承諾番号の有効期限は15日以内ですが、楽天ひかりを申し込む場合は、期限が4日以上残っている必要があるので注意してください。

事業者変更承諾番号については、以下の記事でも詳しく解説しておりますので、気になる方は以下の記事も参考にしてみてください。

楽天ひかりに申し込む

事業者変更承諾番号を取得したら、以下の手順で楽天ひかりを申し込みます。

楽天ひかりに申し込む手順
  1. ご利用状況の確認画面(現在使用しているインターネットについてチェック)
  2. 光コラボレーションにチェック
  3. 利用中のインターネットを確認し、その他光コラボレーションを選択する。
  4. 設置先の住居タイプ・都道府県を選択し、契約者名を入力
  5. DMM光から取得した事業者変更承諾番号を入力
  6. 引越しの有無についてチェック
  7. 楽天会員ページにログイン(会員じゃない方は新規登録必須)
  8. 契約者情報を入力
  9. 固定電話の利用について選択
  10. 工事費(一括or分割)を選択
  11. 支払い情報を登録
  12. 規約に同意して「お申し込み確定」をクリック

DMM光で事業者変更承諾番号を取得したら、楽天ひかり公式ページの一番下にある「楽天ひかりに申し込む」を選択して手続きを進めます。

楽天ひかり 申し込み 事業者変更

申し込み手順は上記の12STEPで、15〜20分ほどで完了です。

まず、現在の利用状況の画面になるので、「光コラボレーションからの乗り換え」にチェックします。

楽天ひかり 申し込み 事業者変更

利用中の光回線(その他光コラボレーション)を選択し、住居タイプを選択します。 

楽天ひかり 申し込み 事業者変更

都道府県を選択し、契約者名、事業者変更承諾番号、お引っ越しについてを入力します。

事業者変更承諾番号については、DMM光で取得した11桁の番号を入力していきましょう。

楽天ひかり 申し込み 事業者変更

注意事項として、事業者変更承諾番号は15日の有効期限がありますが、楽天ひかりを申し込む場合は、期限が4日以上残っている必要があるので十分確認してください。

最後に「楽天会員ログイン・新規登録」を選択します。

楽天会員のログイン画面に進みますので、会員でない方は新規登録をする必要がありますので登録しましょう。

楽天ひかり 申し込み 事業者変更

楽天会員の新規登録手順は、下記の通りです。

楽天会員登録手順
  1. 楽天会員登録ページにアクセス
  2. 必要事項を入力
    必須の項目(メールアドレス・ユーザID・パスワード・氏名・氏名のフリガナ・誕生日・性別)
  3. 本人連絡先情報を入力
  4. クレジットカード情報を入力
  5. その他事項を入力
  6. 「同意して次へ」を選択
  7. 入力内容確認画面になるので再度確認
  8. 入力内容が正しければ、「登録」を選択
  9. 登録完了画面になると、登録完了

ここまでの手順を進めることで申し込みは完了です。

楽天ひかり対応のWi-Fiルーターを購入する

楽天ひかりでインターネットを利用するためには、IPv6に対応するWi-Fiルーターを準備する必要があります。

様々なメーカーからWi-Fiルーターが発売されていますが、楽天ひかりに対応したWi-Fiルーターを選ぶようにしましょう。

もし、楽天ひかりに対応していないWi-Fiルーターを使用してしまうとIPv6が使えないといった不具合が発生したり、不具合の対応が難しくなるため、楽天ひかり対応のWi-Fiを選ぶことをオススメします。

楽天ひかりに対応しているWi-Fiルーターは以下の表にまとめたので参考にしてみてください。

スクロールできます
接続するだけで使用可能なWi-Fiルーター事前に設定が必要なWi-Fiルーター
メーカーNECBuffalo
(バッファロー)
 IO-DATAELECOM(エレコム)Buffalo
(バッファロー)
型式WG1200HP4
WG1200HS4
WX5400HP
WX7800T8
WX11000T12
WX1500HP
WXR-5950AX12
WXR-5700AX7S
WSR-3200AX4S
WSR-1166DHPL2
WSR-1800AX4S
WXR-6000AX12S
WSR-1500AX2S
WSR-5400AX6S
WSR-2533DHPLS
WXR-6000AX12B
WXR-5700AX7B
WNR-5400XE6
WSR-5400AX6B
WSR-5400AX6
WSR-3200AX4B
WSR-1800AX4B
WSR-1800AX4
WSR-1500AX2B
WSR-2533DHPLB
WSR-2533DHPL2
WN-DX1200GR
WN-DEAX1800GR
WN-DAX5400QR
WN-DAX3000GR
WN-DAX6000XR
WRC-1167GS2-B
WRC-X1800GS-B
WRC-G01-W
WMC-2LX-B
WMC-X1800GST-B
WMC-2HC-W
WMC-C2533GST-W
WMC-DLGST2-W
WMC-M1267GST2-W
WRC-X3000GS2-B
WRC-X3000GS2-W
WRC-X6000XS-G
WTR-M2133HS
WTR-M2133HP
WRM-D2133HS
WRM-D2133HP
WSR-2533DHP3
WSR-2533DHP2
WSR-A2533DHP3
WSR-A2533DHP2
WXR-1900DHP3
WXR-1901DHP3
WXR-1750DHP2
WXR-1751DHP2
WXR-1900DHP2
WXR-1900DHP
WXR-2533DHP2
WXR-2533DHP

楽天ひかりに対応したルーターは、楽天市場で購入できますので、楽天ひかりの対応ルーター一覧から購入ページへ進んでください。

また、家電量販店でも購入できますが、その際は上記の型式をメモした上で、店員さんへWi-Fiルーターの型式を伝えると探してくれるでしょう。

どのWi-Fiルーターを選ぼうか迷っている方は以下の機種を購入することをおすすめします。

楽天ひかり対応のIPv6対応のおすすめルーター
バッファローWXR-6000AX12P
NECWX5400HP
IO-DATAWN-DAX6000XR
ELECOMWRC-X1800GS-B

Wi-Fiルーターが購入できたら回線切り替えの準備は完了です。

回線の切り替えがおこなわれる

回線の切り替えは申し込みタイミングによって決まります。

申し込みから1~3日後に楽天ひかりのサポートから登録メールアドレスに「切り替え日お知らせメール」が届くようになっていますので、メールを確認できるようにしておきましょう。

楽天ひかりの回線開通までにかかる日数は最短1週間〜1ヶ月ほどかかります。

申し込み日開通日
1日〜5日翌月1日
6日〜15日翌月10日
16日〜25日翌月20日
26日〜31日翌々月1日

※更新日:2024/06/13

上記が目安となっていますので、ご利用計画に合わせて申し込み日を決めておくと良いでしょう。

また、回線切り替えは自動的に行われるので、インターネットが切れる心配はありません。

ただし、DMM光から楽天ひかりに乗り換える際に、Wi-Fiルーターを変更した方は、自宅で使用されているゲーム機やスマートフォンなどは再設定が必要になるので忘れずに行ってください。

楽天ひかりのルーターを設置する

ここでは楽天ひかり対応のWi-Fiルーターを設置する方法について解説します。

下記のようにひかり電話を使用する場合と使用しない場合で接続方法などが違いますのでご注意ください。

  • ひかり電話を利用しない場合
  • ひかり電話を利用する場合

ひかり電話を利用しない場合

ひかり電話を利用しない場合には以下のイメージでルーターを接続してください。

楽天ひかり ルーター設定

ルーターの接続が完了したら、以下の手順に従って電源を入れていってください。 

ひかり電話を使用しない場合の設置方法
  1. NTTレンタル機器「ONU(またはVDSLモデム)」の電源がOffになっていることを確認します。
  2. 「ルーター」のマニュアルと本体を用意します。
  3. 「ルーター」背面の「モード切替スイッチ」が「RT」側になっていることを確認します。
  4. NTTレンタル機器「ONU(またはVDSLモデム)」の「LANポート」と、「ルーター」背面の「WANポート」をLANケーブルで接続します。
  5. NTTレンタル機器「ONU(またはVDSLモデム)」の電源を入れ、約1分待ちます。
  6. 有線接続を行う場合、「ルーター」背面の「LANポート」と、電源が入っていないパソコンの「LANポート」をLANケーブルで接続します。
  7. 「ルーター」の電源を入れ、約1分~2分待ちます。
  8. 「ルーター」のマニュアルに書かれている方法で、正常に接続できているか確認を行い、問題がなければ配線は完了です。
    ※ 接続の確認方法はご利用の機器によって異なります。
    ※ 上記説明の表記は機器によって異なる場合があります。

ひかり電話を利用する場合

ひかり電話を利用する場合には以下のイメージでルーターを接続してください。

楽天ひかり ルーター設定

ルーターの接続が完了したら、以下の手順に従って電源を入れていってください。 

ひかり電話を使用する場合の設置方法
  1. ひかり電話対応機器(ホームゲートウェイ/ひかり電話ルーター)で無線LANカードをご利用中の場合、ひかり電話対応機器(ホームゲートウェイ/ひかり電話ルーター)に装着されている無線LANカードを取り外します。
  2. 「ひかり電話対応機器(ホームゲートウェイ/ひかり電話ルーター)」の電源がOffになっていることを確認します。
  3. 「ルーター」のマニュアルと本体を用意します。
  4. 「ルーター」背面の「モード切替スイッチ」が「RT」側になっていることを確認します。
  5. 「ひかり電話対応機器(ホームゲートウェイ/ひかり電話ルーター)」の「LANポート」と、「ルーター」背面の「WANポート」をLANケーブルで接続します。
  6. 「ひかり電話対応機器(ホームゲートウェイ/ひかり電話ルーター)」の電源を入れ、約1分待ちます。
  7. 有線接続を行う場合、「ルーター」背面の「LANポート」と、電源が入っていないパソコンの「LANポート」をLANケーブルで接続します。
  8. 「ルーター」の電源を入れ、約1分~2分待ちます。
  9. 「ルーター」のマニュアルに書かれている方法で、正常に接続できているか確認を行い、問題がなければ配線は完了です。
    ※ 接続の確認方法はご利用の機器によって異なります。
    ※ 上記説明の表記は機器によって異なる場合があります。

以上の手順で設置を行います。

IPv6(クロスパス)が利用できるのは開通日から1週間後で、回線が開通してからすぐには使用できないので、それまではIPv4の設定が必要となりますので忘れずに実施しましょう。

IPv4の設定方法については「ルーターの再設定が必要」(この記事の該当箇所へ移動します)で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

DMM光のレンタル機器を返却する

DMM光の解約手続きをすると返却キットが送られてきますので、このキットに返却が必要なレンタル品を入れましょう。

返却キット
  • 返却用の袋
  • 返却用の送り状
  • 返却の手順書

DMM光の解約時に返却が必要なレンタル機器は下記の通りです。忘れずに確認しましょう。

返却が必要な機器
  • ホームゲートウェイ
  • 無線LAN付きホームゲートウェイ
  • その他オプションでレンタルした機器

なお、ONUなどのNTT機器については引き続き利用するため返却の必要はありませんが、DMM光からレンタルした上記の機器については返却する必要があります。

返却する必要がある機器については、問い合わせ窓口で再度確認していただくことをオススメします。

DMM光問い合わせ窓口

DMM光サービスセンター

電話番号:0120-660-481

受付時間:10:00~18:00

※携帯・PHSからも利用できます。
※一部IP電話からはご利用いただけません。
※年末年始は受付をしておりません。
※メール受付は行っておりません。

レンタル機器の返却忘れがあった場合、追加料金などが発生することもありますので、忘れないように十分確認してください。

楽天ひかりの公式ページ→https://network.mobile.rakuten.co.jp/

楽天ひかりの評判や口コミはこちら
楽天ひかりのキャンペーンはこちら

事業者変更はどういった手続き?

この章では、事業者変更という手続きについて以下の3点を解説していきます。

  • 事業者変更は光コラボ同士の乗り換えのこと
  • 事業者変更と転用は別の手続き
  • NURO光やauひかりといった独自回線は事業者変更ではない

事業者変更は光コラボ同士の乗り換えのこと

事業者変更とは、光コラボ同士での乗り換え手続きのことを指し、乗り換え元であるDMM光から乗り換え先である楽天ひかりへの乗り換えに使う手続きです。

事業者変更の手続きは乗り換えに伴う工事が必要ないこと、複雑な手続きやインターネットが途切れることなく乗り換えられるのがメリットとして挙げられます。

光コラボとは?

光コラボ(光コラボレーション)とは、NTTフレッツ光の回線設備を借りて事業を運営するサービスモデルです。例えばドコモ光やソフトバンク光などが該当します。同じ回線設備を利用していることから、乗り換え時に工事を行う必要がなく、スムーズに乗り換えられることが魅力となっています。

より詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

事業者変更と転用は別の手続き

転用」とは、NTT東日本・西日本が提供するフレッツ光の契約を解除せずに、光コラボ事業者へ乗り換えをする手続きのことを指します。

先ほど解説した事業者変更と似ていますが、事業者変更と転用の違いは、乗り換え前に契約していた光回線が「光コラボ」か「フレッツ光」かという点です。

どちらも光コラボ事業者へ乗り換えるという点は同じなので、間違いのないようにしましょう。

事業者変更

光コラボレーション」から「光コラボレーション」に乗り換えることです。
※例:ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える

転用

フレッツ光」から「光コラボレーション」に乗り換えることです。
※例:フレッツ光からドコモ光に乗り換える

→さらに事業者変更と転用の違いを見るにはこちら

NURO光やauひかりといった独自回線は事業者変更ではない

NURO光やauひかり、WiMAXなどのモバイルルーターといった光回線は、DMM光や楽天ひかりのような光コラボとは異なり、独自の回線を持つサービスです。

フレッツ光の回線設備を利用しない独自回線では、ONUなどの宅内設備が異なるので、機器の変更のための工事が必要になってきます。

そのため、独自回線サービスから光コラボやフレッツ光への乗り換えやその逆の乗り換えをする場合は事業者変更ではなく、乗り換え元を解約して乗り換え先を新規で申し込むという手順をとります。

今の契約が「フレッツ光」なのか、「光コラボ」なのか、「独自回線」なのかで手続きが分かれているので、今後別の回線へ乗り換える場合はどの手続きを取るのか押さえることが必要です。

楽天ひかりの公式ページ→https://network.mobile.rakuten.co.jp/

楽天ひかりの評判や口コミはこちら
楽天ひかりのキャンペーンはこちら

DMM光から楽天ひかりへ乗り換えるデメリット

この章では、DMM光から楽天ひかりへの乗り換えるデメリットについて以下の5点について解説します。

  • DMM光と楽天ひかりで事務手数料が発生する
  • 楽天ひかりIPv6(クロスパス)利用には対応ルーターが必要
  • ルーターの再設定が必要
  • プロバイダが変わるので、オプションが使えなくなる
  • 楽天ひかりはスマホセット割がない

DMM mobileを使用されている方に関係する内容となっているため、それぞれの項目をチェックしてください。

DMM光と楽天ひかりで事務手数料が発生する

光回線サービス名事務手数料
DMM光3,300円
楽天ひかり1,980円

※更新日:2024/06/13

DMM光では、光回線の解約の際に「事業者変更承諾番号」の発行手数料が3,300円かかり、楽天ひかりへ乗り換える際の初期費用としても事務手数料が1,980円かかってきます。

乗り換えに際しての手数料は合計5,280円がかかってきますが、この費用は特典によって無料になるものではないので、この点は押さえておきましょう。

楽天ひかりIPv6(クロスパス)利用には対応ルーターが必要

楽天ひかりはIPv6(クロスパス)の接続を採用しており、この機能を利用するには、IPv6(クロスパス)に対応したルーターが必要です。

ルーターを選ぶ際には、クロスパスまたはDS-Lite方式対応という表記があるという点を押さえてルーターを購入するようにしてください。

もし現在使用しているルーターが対応していないのであれば、新しいWi-Fiルーターを購入する必要があります。

対応ルーターの一覧は「楽天ひかり対応のWi-Fiルーターを購入する」(この記事の該当箇所へ移動します)にまとめていますので、そちらを参考にしてみてください。

どれを選んだらいいかわからないと言う方は、おすすめのWi-Fiルーターをピックアップしたので以下の機種の購入を検討してみてください。

楽天ひかり対応のIPv6対応のおすすめルーター
バッファローWXR-6000AX12P
NECWX5400HP
IO-DATAWN-DAX6000XR
ELECOMWRC-X1800GS-B

ルーターの再設定が必要

DMM光から楽天ひかりへ乗り換える際にWi-Fiルーターを新しいものに変更した場合には、再設定が必要です。

再設定内容には、ネットワーク名(SSID)やパスワードなどが含まれますので、自宅で使っているゲーム機やスマートフォンなどのインターネットに接続していたものは全て再設定が必要になります。

また、IPv6に対応するまで約1週間かかるため、それまでの間はIPv4の設定がWi-Fiルーターに必要なので、「DMM光から楽天ひかりに乗り換えてインターネットが使えない」という場合には設定を行うようにしてください。

IPv4(PPPoE)設定に際しては、楽天ひかりから届く書類の中にあるインターネット接続IDとパスワードの準備の上、以下のIPv4設定について解説した動画を参考にしてください。

一方で、ひかり電話を利用していない方はWi-Fiルーターへの設定が必要ですが、メーカーごとに設定方法が違うので、下記をリンクからマニュアルを参照してみてください。

プロバイダが変わるので、オプションが使えなくなる

乗り換えによりプロバイダが変わるため、「xxxxxxxxx@dmm.net」のメールアドレスやプロバイダが提供するオプションサービスが使えなくなります。

DMM光にはメールアドレスを残すプランもないため、DMM光から楽天ひかりに乗り換える方は、メールアドレスが変わってしまうという点は押さえておきましょう。

ただし、楽天ひかりでもメールアドレス(xxxxxxxxx@gol.com)は利用できるので、こちらのメールアドレスを利用するかGmailやYahoo!メールといったフリーアドレスを利用してください。

プロバイダとは?

プロバイダとはインターネットサービスプロバイダ(Internet Service Provider)の略で、インターネット利用者と回線業者の橋渡しをする役割を担っています。

インターネットを使うには、回線事業者とプロバイダの両方を契約することが必要ですが、ネット回線とプロバイダが一体になった回線事業者もあります。

この場合、回線事業者と契約するだけで完了するので、プロバイダの申込みは必要ありません。

プロバイダについて詳しく知りたい方はこちら

楽天ひかりはスマホセット割がない

楽天ひかりには、スマホのセット割といった、スマホの料金が毎月割引されるというような特典はありません。

ただし、楽天モバイル加入者特典として半年無料キャンペーンがありますので、楽天モバイルへのキャリアの変更も併せて検討してください。

2024年5月現在、楽天ひかりのキャッシュバック特典は楽天ポイント1,000ptがプレゼントされるのみなので、楽天モバイルを利用しないと費用面でメリットを得られにくくなってしまいます。

楽天モバイル以外で、スマホのセット割を検討したい方は、以下のスマホのセット割が利用できる光回線を検討してみてください。

↓↓一番安い光回線を選びたい人はこちらもチェック↓↓

使用している
スマホキャリア
建物タイプお住まいの
地域
おすすめの
光回線
docomo戸建て
マンション
全都道府県ドコモ光
ソフトバンク戸建て関東・関西・東海
・九州(福岡・佐賀)
・中国(広島・岡山)
・北海道
NURO光
関東・関西・東海
・九州(福岡・佐賀)
・中国(広島・岡山)
・北海道
以外の人
ソフトバンク光
マンション全都道府県
auマンション全都道府県auひかり
一戸建て関東auひかり
関西eo光
東海コミュファ光
中国メガエッグ光
四国ピカラ光
九州BBIQ
3キャリア以外戸建て全都道府県GMOとくとくBB
GMO光アクセス
マンション

楽天ひかりの公式ページ→https://network.mobile.rakuten.co.jp/

楽天ひかりの評判や口コミはこちら
楽天ひかりのキャンペーンはこちら

DMM光から楽天ひかりへ乗り換えるメリット

この章では、DMM光から楽天ひかりへの乗り換えるメリットについて、以下の4点を解説していきます。

  • 通信速度が速くなる可能性がある
  • 楽天SPUの対象になっているので、ポイントが貯まる!
  • デビットカードで支払いができる
  • ひかり電話の番号やひかりTV、フレッツテレビも継続できる

特に、楽天会員の方には大きなメリットになることがありますので、それぞれの項目をチェックしていきましょう。

通信速度が早くなる可能性がある

楽天ひかりは高速インターネット接続を提供しており、特にIPv6接続を利用することでより高速な通信が可能です。

DMM光と比較して、特に大容量データのやり取りやオンラインゲーム、4K動画ストリーミングなどがスムーズに行えるようになるので、ストレスなく利用できます。

公表している速度実際の速度※1
DMM光1Gbps下り: 242.79Mbps
上り: 261.38Mbps
Ping値: 17.3ms
楽天ひかり1Gbps下り: 209.8Mbps
上り: 237.0Mbps
Ping値: 18.11ms

※更新日:2024/06/13
※1:みんなのネット回線速度から引用

しかし、公表している速度では楽天ひかりもDMM光も同じ速度が出せる光回線ですが、実際の速度ではDMM光の方が速くなっています。

この要因としては、ベストエフォート型の回線になっているからで、お住まいの環境によって左右するので、この点は押さえておく必要があります。

ベストエフォートとは?

ベストエフォートとは、最高の条件で出せる最大の通信速度を表示した契約条件です。

「最大1Gbps」というような表示がされているのは、回線に接続するユーザーが少ないこと、PCなどの機器の処理性能が高いことなど、条件が整っているときに再現できる理論値ということになります。

技術規格上の最大通信速度のことなので、ベストエフォートでは、最大通信速度を下回ることもしばしばあります。

楽天SPUの対象になっているので、ポイントが貯まる!

楽天ひかり SPU 特典

楽天ひかりは楽天スーパーポイントアッププログラム(SPU)の対象サービスであり、利用するだけで楽天ポイントを獲得できます。

楽天SPUとは?

楽天SPUとは、スーパーポイントアッププログラムのことで、楽天市場の買い物でもらえる楽天ポイントの獲得率がアップするキャンペーンのことです。

対象サービスを利用すれば、サービスごとに決められた獲得倍率が加算され、例えば、+1倍という表記は通常もらえるポイント倍率の1倍にさらに追加された倍率でポイントがもらえます。

楽天SPUで獲得できるポイントの最大倍率は16.5倍となっており、その内訳について以下の表でまとめましたので、参考にしてください。

楽天モバイルと楽天ひかりを使うだけでも+6倍になるので、楽天市場での買い物が7%の付与率になり、よりお得に買い物ができます。

サービス名追加倍率
楽天会員+1倍
楽天モバイル+4倍
楽天モバイルキャリア決済+2倍
Rakuten Turbo/楽天ひかり+2倍
楽天カード(所持のみ)+1倍
楽天市場で楽天カード利用時+1倍
楽天銀行+楽天カード+0.5倍
楽天トラベル+1倍
楽天証券 投資信託+0.5倍
楽天証券 米国株式+0.5倍
楽天ウォレット+0.5倍
楽天ブックス+0.5倍
楽天kobo+0.5倍
楽天Pasha+0.5倍
RakutenFashion+0.5倍
楽天ビューティー+0.5倍

楽天市場での買い物でのポイントが貯まりやすくなることと、DMMポイントは楽天ポイントに引き継がれるので、普段の買い物先を楽天市場に変更することをおすすめします。

デビットカードで支払いができる

楽天ひかりでは、クレジットカードだけでなく、デビットカードでの支払いが可能です。

多くの回線事業者がデビットカードの使用ができない中、利用できる点はメリットが多い方もいるのではないでしょうか?

様々な理由によりクレジットカードを利用できない方でも、デビットカードが利用可能となっていることで楽天ひかりを契約することができますね。

さらに、楽天銀行デビットカードを作成すると月々の支払いで110円につき1ポイントの楽天ポイントも貯まりお得です。

ひかり電話の番号やひかりTV、フレッツテレビも継続できる

楽天ひかりへの乗り換え時に、既存のひかり電話の番号や、ひかりTV、フレッツテレビなどのテレビサービスを継続して利用することが可能です。

これにより、ひかり電話からアナログ電話(一般的にNTT加入の電話のこと)に戻すといったアナログ戻しの必要もなく、アナログ戻しをするための、工事費用が2,200円または11,330円も必要ありません。

派遣なし工事の場合
(2,200円の工事)
基本工事費・・・1,000円(税込1,100円)
交換機工事費・・・1,000円(税込1,100円)
派遣あり工事の場合
(11,330円の工事)
基本工事費・・・4,500円(税込4,950円)
交換機工事費・・・1,000円(税込1,100円)
屋内配線工事費・・・4,800円(税込5,280円)

DMM光で利用していた環境から大きな作業などがなく楽天ひかりへ乗り換えられるというのも事業者変更の大きなメリットです。

楽天ひかりの公式ページ→https://network.mobile.rakuten.co.jp/

楽天ひかりの評判や口コミはこちら
楽天ひかりのキャンペーンはこちら

DMM光から楽天ひかりへ乗り換える際の注意点は?

この章では、DMM光から楽天ひかりへの乗り換える際の注意点を以下の4点で解説していきます。

  • 契約から2年以内だと違約金がかかる
  • IPv6(クロスパス)が利用できるのは開通日から1週間後
  • 楽天モバイルを利用しないとあまりお得にならない
  • DMM光は再契約できない

違約金がかかる点やIPv6が利用可能になる期間などもしっかり確認が必要な項目ですので、しっかりと確認していきましょう。

契約から2年以内だと違約金がかかる

DMM光には契約期間が2年間に設定されており、その期間内に解約すると違約金20,900円が発生するので、楽天ひかりへの乗り換える際は、DMM光の契約期間が今現在どれくらいなのかを確認しておくことが大切です。

一方で、解約期間もあるので、DMM光から楽天ひかりに乗り換える方は以下の解約期間に楽天ひかりへ乗り換えることをおすすめします。

契約プラン契約期間解約期間
2年自動更新の場合2年間24ヶ月目〜26ヶ月目

楽天ひかりでは違約金を負担してくれる特典もないので、発生した違約金は支払う必要があります。

そのため、契約期間の確認については、以下の窓口でできますので問い合わせてみるとよいでしょう。

電話にて取得する窓口Webから取得する窓口
0120-660-481
受付時間:10時〜18時
マイページ
受付時間:24時間365日

また、工事費の残債なども解約に合わせて請求されますので、残債がいくらなのか?支払い中のものはないか?などをあらためて確認しておいた方が良いでしょう。

なお違約金が高額になりそうな方は、違約金の負担がある光回線もあるので、そちらを検討したい方は以下の記事で紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

IPv6(クロスパス)が利用できるのは開通日から1週間後

楽天ひかりでは、IPv6(クロスパス)接続が提供されていますが、サービス開始後すぐにこの機能が利用できるわけではありません。

通常だと、開通日から約1週間後に利用可能となりますので、この期間中はIPv4設定をしておかないとインターネットが利用できなくなるので注意が必要です。

IPv4の設定については以下の動画で解説していますので参考にしてください。

IPv4とIPv6の違いって?

インターネットに接続する機器はインターネット上での住所を示すIPアドレスが振られます。

IPv4の場合、世界で使えるIPアドレス数は約43億個である一方で、IPv6には約340澗(かん)のIPアドレスが存在します。

つまりIPv4に比べて格段に多くのIPアドレスを使用できるのがIPv6の最大の特徴で、最新の通信方式とセットで速度向上が可能。同時にセキュリティの強化も図られています。

IPv4について更に詳しくみる

IPv6について更に詳しくみる

楽天モバイルを利用しないとあまりお得にならない

楽天ひかりを最大限に活用するためには、楽天モバイルとの組み合わせによるセット割引が必要です。

楽天モバイルでは、加入者の方を対象に半年間月額料金無料キャンペーンを実施しておりますので、楽天モバイルへの乗り換えを検討してみてください。

また、楽天モバイルを利用しない場合だと、楽天市場でのお買い物で付与されるポイントが7倍にアップするなどの特典が受けられないので、楽天ひかりを利用する際は楽天モバイルを組み合わせをおすすめします。

つまり、楽天ひかりでメリットを得られるには、楽天ひかりの特典を活用できるかどうかが重要になってきます。

楽天ひかりの特典については「楽天ひかりで利用できるキャンペーンや特典を解説!」(この記事の該当箇所へ移動します)で詳しく解説しているので、そちらも参考にしてみてください。

なお楽天モバイル以外をお使いの方は、他の光回線を選んだ方がお得になりますので、ぜひ、以下の光回線のおすすめ22社比較の記事を参考にしていただき、ご自身にあった光回線を見つけてみてください。

DMM光は再契約できない

DMM光を解約する場合ですが、2023年3月31日で新規サービス受付停止により再び契約することはできなくなっています。

そのため、DMM光から他の光回線に乗り換えてしまうとDMM光へ戻すことができなくなるので、この点は注意しておきましょう。

また、DMM光は2025年3月31日にサービスが終了するので、サービスが終了するまでに他の光回線サービスへの乗り換えが必要です。

楽天ひかりでは、最大16.5倍のSPUキャンペーンや楽天モバイル加入者を対象に半年間月額料金が無料になるキャンペーンがあり、DMMポイントも引き継げるので、楽天ひかりへの乗り換えをオススメします。

楽天ひかりの公式ページ→https://network.mobile.rakuten.co.jp/

楽天ひかりの評判や口コミはこちら
楽天ひかりのキャンペーンはこちら

DMM光の解約方法や解約金は?

この章では、DMM光の解約方法と解約時に必要な解約金や違約金について以下の2点で解説していきます。

  • DMM光の解約方法とは?
  • DMM光を解約する時に必要な解約金や違約金って?

上記のポイントをしっかりと理解することで乗り換えに必要な費用などが分かりますので見ていきましょう。

DMM光の解約方法とは?

DMM光を解約するには、以下の手順で行ってください。

DMM光の解約手順

1. 解約の連絡
DMM光の解約は、DMM光のマイページ上で行うか、カスタマーサポート(0120-660-481)に電話連絡をすることで手続きができます。

2. 解約手続き
ウェブサイト経由または電話で、解約に必要な情報を伝えます。
必要情報には、契約者名、契約アカウント情報、解約希望日などがありますので事前に準備しておきましょう。

3. レンタル機器の返却
DMM光の機器(ルーターなど)をレンタルしている場合は、指定された期間内にレンタル機器を返却する必要があります。

上記内容はあくまでも基本的な手順なので、契約内容によっては異なる場合があるため、詳細についてはDMM光のカスタマーサポートへ確認してみてください。

DMM光を解約する時に必要な解約金や違約金って?

DMM光を解約する時には、契約によってかかってくる費用が違ってきますが、解約の際に必要な費用を以下にまとめたので参考にしてみてください。

解約金や違約金について

1. 契約期間と違約金
DMM光には通常、契約期間(2年契約)が設定されており、この期間内に解約すると違約金が発生し、違約金の額は一律で20,900円となっています。

2. 解約金
契約期間が終了している場合は、解約金はかからないこととなっています。

3. 機器返却の遅延
レンタル機器を返却する際に遅延があると追加の費用が発生しますので、返却期限と方法については解約手続き時にしっかりと確認することが大切です。

違約金のかからない解約期間は、24ヶ月目〜26ヶ月目となっているので、満了が近い方はこの解約期間を待って解約または乗り換えを行うことをおすすめします。

楽天ひかりの公式ページ→https://network.mobile.rakuten.co.jp/

楽天ひかりの評判や口コミはこちら
楽天ひかりのキャンペーンはこちら

DMM光から楽天ひかりどっちがいいのかを比較

この章では、DMM光から楽天ひかりどっちがいいのかを以下の3点から詳しく解説していきます。

料金や通信速度・キャンペーンについても詳しく解説していますので是非参考にしてください。

  • 基本料金は楽天ひかりの方が安い
  • 通信速度も楽天ひかりの方が速い
  • DMM光から楽天ひかりのキャンペーンや特典を比較!

以下の表は、DMM光と楽天ひかりのサービスを比較したもので、基本料金、通信速度、およびキャンペーンや特典などの主要な比較ポイントを記載しています。

スクロールできます
DMM光楽天ひかり
基本料金戸建て:4,092円~
マンション:4,158円
戸建て:5,280円
マンション:4,180円
実際の料金※1戸建て:5,724円〜
マンション:4,580円
【戸建て】
5,463円(NTT東日本エリア)
5,243円(NTT西日本エリア)
【マンション】
4,638円(NTT東日本エリア)
4,418円(NTT西日本エリア)
公表している速度1ギガ:1Gbps
10ギガ:10Gbps
1Gbps
実際の速度※2下り: 242.79Mbps
上り: 261.38Mbps
Ping値: 17.3ms
下り: 209.8Mbps
上り: 237.0Mbps
Ping値: 18.11ms
スマホのセット割DMM光mobileセット割:DMM光が550円割引楽天モバイルと併用で楽天市場でポイント7倍
(その他楽天サービスフル込みで最大16.5倍)
契約事務手数料3,300円新規:880円
転用:1,980円
事業者変更:1,980円
初期工事費戸建て:22,000円
マンション:22,000円
事業者変更では不要
工事あり:22,000円
屋内配線がある:11,660円
立ち合い工事無し:3,300円
事業者変更では不要
キャッシュバックなし月額料金6ヶ月無料
楽天ポイント1,000ポイントプレゼント
その他キャンペーンなし初月無料

※更新日:2024/06/13
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:みんなのネット回線速度から引用

基本料金は楽天ひかりの方が安い

DMM光と楽天ひかりの料金プランを比較した内容は以下の通りです。

基本料金実際の料金
DMM光戸建て:4,092円~
マンション:4,158円
戸建て:5,724円〜
マンション:4,580円
楽天ひかり戸建て:5,280円
マンション:4,180円
【戸建て】
5,463円(NTT東日本エリア)
5,243円(NTT西日本エリア)
【マンション】
4,638円(NTT東日本エリア)
4,418円(NTT西日本エリア)

※更新日:2024/06/13
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間

基本料金はDMM光の方が安くなっていますが、実際の料金では、楽天ひかりの方が安くなります。

ただし、この実際の月額料金は、楽天ひかりの特典である半年間無料特典を使っている場合なので、楽天モバイルを利用しない場合には、DMM光の方が安くなってしまいます。

そのため、楽天モバイルを利用している方が、楽天ひかりは断然お得だという点は押さえておきましょう。

通信速度も楽天ひかりの方が速い

DMM光と楽天ひかりが提供する通信速度は、下記の表通りとなっております。

また、楽天ひかりは、高速なインターネット接続を強みとしており、特にIPv6接続を活用することで高速な通信が可能なので、DMM光と比較すると通信速度が速くなっています。

公表している速度実際の速度※1
DMM光1Gbps下り: 242.79Mbps
上り: 261.38Mbps
Ping値: 17.3ms
楽天ひかり1Gbps下り: 209.8Mbps
上り: 237.0Mbps
Ping値: 18.11ms

※更新日:2024/06/13
※1:みんなのネット回線速度から引用

しかしながら、実際の速度を口コミで見てみますとDMM光の方が速い場合もあるようです。これはベストエフォート型の回線であることが要因となっています。

ベストエフォートとは?

ベストエフォートとは、最高の条件で出せる最大の通信速度を表示した契約条件です。

「最大1Gbps」というような表示がされているのは、回線に接続するユーザーが少ないこと、PCなどの機器の処理性能が高いことなど、条件が整っているときに再現できる理論値ということになります。

技術規格上の最大通信速度のことなので、ベストエフォートでは、最大通信速度を下回ることもしばしばあります。

DMM光から楽天ひかりのキャンペーンや特典を比較!

DMM光は、新規契約者向けのキャンペーンや割引がありましたが今現在は行なっておりません。

キャッシュバックやその他特典
DMM光無し
楽天ひかり楽天モバイル利用者6カ月間月額料金無料
楽天市場でのお買い物で楽天スーパーポイントが7倍
楽天ポイント1,000ptプレゼント

※更新日:2024/06/13

楽天ひかりは、新規加入者や楽天モバイルユーザー向けの特典やキャンペーンを行っています。

例えば、月額料金の割引や楽天ポイントのプレゼント、他の楽天サービスとの連携特典などがありますので詳しい内容は次章で解説します。

楽天ひかりの公式ページ→https://network.mobile.rakuten.co.jp/

楽天ひかりの評判や口コミはこちら
楽天ひかりのキャンペーンはこちら

楽天ひかりで利用できるキャンペーンや特典を解説!

この章では、楽天ひかりで利用できるキャンペーンや特典について以下の3点で解説していきます。

  • 楽天モバイルの利用で月額基本料金が6ヵ月間0円
  • 楽天市場のポイントが最大16.5倍までアップ
  • 楽天ポイント1,000ptがもらえる

キャンペーンは期間限定のものが多くありますので、実施中のキャンペーンは公式サイトを確認するようにしてください。

楽天モバイルの利用で月額基本料金が6ヵ月間0円

楽天ひかり 楽天モバイル 月額基本料 6ヶ月 0円

楽天モバイルと楽天ひかりを同時に利用することで、楽天ひかりの月額基本料金が一定期間(6ヵ月間)無料になるキャンペーンがあります。下記がキャンペーンの内容です。

月額基本料金6ヶ月0円キャンペーンキャンペーン内容
割引額月額基本料金×6ヶ月分
割引期間6ヶ月間
適用条件楽天モバイルに加入中または新規申込
楽天ひかりを初めて利用
申込月を含む4ヶ月目までに開通
楽天ひかりの申込の翌月15日までに対象プランを利用していること

※更新日:2024/06/13

6ヶ月間基本料金0円は乗り換えを検討する上ではかなりお得なキャンペーンだと思います。

ただし、下記の方はキャンペーン対象外となってしまうのでご注意ください。

  • 楽天ひかりを利用中の方
  • 楽天ひかりに申込済みの方
  • 過去に楽天ひかりを利用したことがある方
  • 楽天ひかりを解約済の方

以上の方となります。

※2023年4月12日までは、1年間無料のキャンペーンを実施していました。

楽天市場のポイントが最大16.5倍までアップ

SPU スーパーポイントアップ 楽天市場 ポイント最大16.5倍

楽天ひかりユーザーは、楽天市場でのお買い物時にポイント倍率が最大16.5倍までポイントがアップするキャンペーンがあります。楽天市場で買い物をすれば通常1%から3%まで増えます。

楽天モバイルユーザーの方は、さらにポイントが7%まで増えます。さまざまなメニューを利用することで最大16.5倍まで増えるので利用したいサービスがある方は是非利用しましょう。

楽天市場でのお買い物が
ポイント最大16.5倍キャンペーン
割引額ポイント最大16.5倍付与
割引期間楽天ひかりを契約している期間中
適用条件エントリー不要
楽天ひかりを契約している全会員適用対象

※更新日:2024/06/13

ポイント最大16.5倍について以下の表で内訳をまとめていますので、参考にしてください。

サービス名追加倍率
楽天会員+1倍
楽天モバイル+4倍
楽天モバイルキャリア決済+2倍
Rakuten Turbo/楽天ひかり+2倍
楽天カード(所持のみ)+1倍
楽天市場で楽天カード利用時+1倍
楽天銀行+楽天カード+0.5倍
楽天トラベル+1倍
楽天証券 投資信託+0.5倍
楽天証券 米国株式+0.5倍
楽天ウォレット+0.5倍
楽天ブックス+0.5倍
楽天kobo+0.5倍
楽天Pasha+0.5倍
RakutenFashion+0.5倍
楽天ビューティー+0.5倍

普段から楽天経済圏で買い物をしている方にとっては、すごくお得なキャンペーンなので賢く利用することをオススメします。

※例えば、10万円の買い物をしたときにポイントが16.5%だった場合、16,500ポイントも付与されます。

楽天ポイント1,000ptがもらえる

楽天ひかり おてがる光 1000 ポイント キャンペーン
SPU特設1,000ポイント
プレゼントキャンペーン
特典内容楽天ひかりを初めてお申し込みで
1,000ポイントプレゼント
進呈時期楽天ひかりの開通月を1カ月目とし、4カ月目の月末
適用条件以下①、②の条件をすべて満たした楽天会員の方
①「楽天ひかり」にお申し込み
本ページから、楽天ひかりをお申し込みいただいた方
②「楽天ひかり」の開通
お申し込み月を1カ月目として4カ月目末日以内にはじめて開通した方

※更新日:2024/06/13

楽天ひかりを初めて契約した方は、楽天ポイントが1,000ptプレゼントされます。

このポイントは、ポイントの進呈日を含めて6カ月間の期間が定められているので、使い忘れには注意してください。

なお以下でも楽天ひかりのキャンペーンについてより詳しくご紹介しておりますので、ぜひこちらも参考にしてみてください。

楽天ひかりの公式ページ→https://network.mobile.rakuten.co.jp/

楽天ひかりの評判や口コミはこちら
楽天ひかりのキャンペーンはこちら

DMM光から楽天ひかりに乗り換えについてよくある質問

この章では、DMM光から楽天ひかりへ乗り換えについてよくある質問を以下の6点で解説していきます。

  • DMM光がサービスが終了するのはいつ?
  • DMM光のモバイルセット割とは?
  • 解約するときにかかる費用は?
  • DMM光は乗り換え時に日割りされるの?
  • 楽天ひかりの契約期間はある?
  • 楽天ひかり以外に何かおすすめの光回線はある?

それではそれぞれの疑問について詳しく見ていきましょう。

DMM光のサービス終了日はいつ?

DMM光がサービスを終了する日は2025年3月31日となっています。

新規受付終了は2023年3月31日にすでに終了しておりますので、サービス終了まで残すところう約2年といったところですね。

サービス終了の日付も考慮して乗り換え時期を検討するのもいいかと思います。

DMM光のモバイルセット割とは?

DMM光では、DMMモバイルとのセット利用による割引があります。

以下がDMMモバイルとのセット割引についてまとめた表になります。

割引内容適用条件
DMM光が毎月550円割引DMM mobileとDMM光をセットで利用

解約するときにかかる費用は?

DMM光の解約には契約期間(2年間)の縛りがあるため、この期間未満で解約する場合は20,900円の違約金が発生します。

急いで乗り換える理由が無ければ、契約期間から3ヶ月間は違約金なしで乗り換え可能なのでそれまで待つのも手でしょう。

契約プラン契約期間解約期間
2年自動更新1ヶ月目〜24ヶ月目24ヶ月目〜26ヶ月目

なおもし、違約金が高額になりそうな場合には、違約金負担がある光回線を契約することをおすすめします。

光回線の違約金負担のある会社については、以下の記事で一覧を紹介しておりますので、楽天ひかり以外でも検討したいという方は参考にしてみてください。

DMM光は乗り換え時に日割りされるの?

DMM光から楽天ひかりへの乗り換え時に、DMM光の料金は解約日(切り替え日)に応じて日割り計算されます。

満額取られるかもしれないと思っていた方にとっては、安心材料となりますね。

以下が日割り計算の例になります。

利用開始日(解約日)日割り計算例
4月20日に解約する場合1日〜20日利用分

楽天ひかりの契約期間はある?

楽天ひかりの契約には2年と3年契約の縛りがあり、それぞれの契約期間で解約料が発生するタイミングが違いますので注意が必要です。

2年自動更新の場合は、24ヶ月目〜26ヶ月目まで無料解約申請期間があり、27ヶ月目になると違約金が発生します。

3年自動更新の場合は、36ヶ月目〜38ヶ月目まで無料解約申請期間があり、39ヶ月目になると違約金が発生することとなります。

契約プラン契約期間解約期間
2年自動更新の場合2年間24ヶ月目〜26ヶ月目
3年自動更新の場合3年間36ヶ月目〜38ヶ月目

契約によって無料解約申請期間が違いますので、開通月のがいつだったのか?を確認しておきましょう。

楽天ひかり 契約プラン 2年自動更新
 3年自動更新

※引用:楽天ひかり公式サイト

楽天ひかり以外に何かおすすめの光回線はある?

楽天ひかり以外にも、NURO光、auひかり、ソフトバンク光など、いろいろな光回線サービスがあります。

これらのサービスはそれぞれ独自の特徴やプランを提供していますので、利用用途に合わせた選択ができます。

乗り換える先によっては、大型キャッシュバックキャンペーンなどをやっている事業者もあるため、乗り換えのデメリットを相殺出来る場合もあります。

楽天ひかりに乗り換えるメリットをあまり感じないという方は、以下の記事で光回線のおすすめ22社を徹底的に比較しておりますのでこちらも是非参考にしてみてください。

楽天ひかりの公式ページ→https://network.mobile.rakuten.co.jp/

楽天ひかりの評判や口コミはこちら
楽天ひかりのキャンペーンはこちら

DMM光から楽天ひかりに乗り換えまとめ

DMM光から楽天ひかりへの乗り換えは、多くのメリットがありますが注意が必要な点もあるため、よく確認して乗り換える必要があります。

以下は今回のまとめとなります。

DMM光から楽天ひかりへ乗り換える手順
  • STEP1:DMM光から事業者変更承諾番号を取得する
  • STEP2:楽天ひかりに申し込む
  • STEP3:楽天ひかり対応のWi-Fiルーターを購入する
  • STEP4:回線の切り替えがおこなわれる
  • STEP5:楽天ひかりのルーターを設置する
  • STEP6:DMM光のレンタル機器を返却する
メリットとデメリット

メリット

  • 通信速度が速くなる可能性がある
  • 楽天SPUの対象になっているので、ポイントが貯まる!
  • デビットカードで支払いができる
  • ひかり電話の番号やひかりTV、フレッツテレビも継続できる

デメリット

  • DMM光と楽天ひかりで事務手数料が発生する
  • 楽天ひかりIPv6(クロスパス)利用には対応ルーターが必要
  • ルーターの再設定が必要
  • プロバイダが変わるので、オプションが使えなくなる
  • 楽天ひかりはスマホセット割がない
乗り換え時の注意点
  • 契約から2年以内だと違約金がかかる
  • IPv6(クロスパス)が利用できるのは開通日から1週間後
  • 楽天モバイルを利用しないとあまりお得にならない
  • DMM光は再契約できない

楽天ひかりはIPv6(クロスパス)対応しておりますが、開通から1週間は使用できないため、乗り換えした後にインターネットが利用できないときはIPv4の設定が必須となりますので忘れずに行いましょう。

また、楽天ひかりはWi-Fiルーターなどのレンタルは実施していないので、対応したルーターを忘れずに準備するようにしましょう。

この記事では以下のルーターを購入することをおすすめします。

楽天ひかり対応のIPv6対応のおすすめルーター
バッファローWXR-6000AX12P
NECWX5400HP
IO-DATAWN-DAX6000XR
ELECOMWRC-X1800GS-B

楽天市場での買い物や楽天モバイルを利用するなど、楽天のサービスと併せて利用することで、楽天ひかりはかなりお得な光回線なので、そういった方は楽天ひかりへの乗り換えをおすすめします。

楽天ひかりの公式ページ→https://network.mobile.rakuten.co.jp/

楽天ひかりの評判や口コミはこちら
楽天ひかりのキャンペーンはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

【目次】クリックで見出しに飛びます