BB.excite光 fitは評判が最悪?口コミから分かったメリット、デメリットを精査したらヤバすぎる光回線だった

BB.excite光 fitはエキサイト株式会社が提供する光回線サービスの1つで、その料金形態に段階料金制(従量制)をとっていることが一番の特徴です。

今回はそんな特殊な料金形態をとっているBB.excite光 fitのメリットとデメリットについて、ネットやSNSにある実際の口コミを参考に徹底的に検証と解説をおこなっていきます。

回線名キャンペーンと
おすすめの点
公式ページ
BB.excite光 fit ロゴ工事費無料
登録手数料無料or
Wi-Fiルータープレゼント

転用・事業者変更は初期費用0円
契約期間の縛りなし
BB.excite光 fit
公式ページ

※更新日:2024年2月10日

【目次】クリックで見出しに飛びます

BB.excite光 fitってどんな光回線?excite MEC光とは別物?

BB.excite光 fit
月額料金【30GB未満】
戸建て:3,520円
マンション:2,640円

【200GB未満】
戸建て:4,290円
マンション:3,410円

【500GB未満】
戸建て:5,060円
マンション:4,180円

【500GB以上】
戸建て:5,830円
マンション:4,180円
実際の
月額料金
※1
【30GB未満】
戸建て:4,015円
マンション:3,136円

【200GB未満】
戸建て:4,786円
マンション:3,906円

【500GB未満】
戸建て:5,556円
マンション:4,676円

【500GB以上】
戸建て:6,326円
マンション:4,676円
公表している
通信速度
最大1Gbps
実際の速度
※2
下り: 186.22Mbps
上り: 151.15Mbps
Ping値: 33.84ms
契約期間なし
事務手数料【新規】
登録手数料:3,300円
契約事務手数料:1,100円

【転用・変更】
登録手数料:3,300円
契約事務手数料:2,200円
工事費用工事あり:22,000円
屋内配線がある:11,660円
立ち合い工事無し:3,300円
スマホセット割引なし
キャンペーン工事費無料
登録手数料無料or
Wi-Fiルータープレゼント

転用・事業者変更は初期費用0円
契約期間の縛りなし

※更新日:2024年2月10日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

BB.excite光 fitは使ったギガ数(データ容量)によって料金が変わる段階料金制で、普段あまりインターネットを利用しない方にとっては、従来の定額制のものよりも固定費を抑えやすいというメリットがあります。

また、BB.excite光 fitにはエキサイト株式会社が提供する他の光回線や多くの他社回線と違い、定期期間の縛りが無いことも大きな特徴。

定期期間の縛りが無いということは、つまり解約金が発生しないということでもあるため、光回線を解約する際の出費のリスクを大幅に減らすことができるのがBB.excite光 fitの一番のメリットです。

BB.excite光 fitとexciteMEC光とexcite光(基本プラン)の比較

スクロールできます
BB.excite光 fitexcite MEC光BB.excite光
基本料金【30GB未満】
戸建て:3,520円
マンション:2,640円

【200GB未満】
戸建て:4,290円
マンション:3,410円

【500GB未満】
戸建て:5,060円
マンション:4,180円

【500GB以上】
戸建て:5,830円
マンション:4,180円
戸建て:4,950円
マンション:3,850円
(定額制)
戸建て:4,796円
マンション:3,696円
(定額制)
実質月額料金
※1
【30GB未満】
戸建て:4,015円
マンション:3,136円

【200GB未満】
戸建て:4,786円
マンション:3,906円

【500GB未満】
戸建て:5,556円
マンション:4,676円

【500GB以上】
戸建て:6,326円
マンション:4,676円
戸建て:4,827円
マンション:3,740円
戸建て:6,199円
マンション:5,099円
公表速度最大1Gbps最大1Gbps最大1Gbps
実際の速度※2下り: 186.22Mbps
上り: 151.15Mbps
下り: 337.27Mbps
上り: 276.8Mbps
下り: 192.91Mbps
上り 203.51Mbps
月々の
データ容量
30GB/200GB/500GB
段階が上がる毎に
上乗せ料金が発生する
無制限無制限
割引制度なし【戸建て】
12ヶ月間・基本料522円引き
【マンション】
12ヶ月間・基本料495円引き
なし
その他の
キャンペーン
工事費無料
登録手数料無料or
Wi-Fiルータープレゼント

転用・事業者変更は初期費用0円
契約期間の縛りなし
標準工事費無料
開通手続き料3,300円→無料
事務手数料1,100円→無料
無料ルータープレゼント
(事務手数料無料特典との2択)
特になし

※更新日:2024/02/23
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

上記表は、エキサイト株式会社が提供している3つの光回線サービスを比較したものです。

これを見ると、ひと月に使用するデータ量が200GBを超える場合はexcite MEC光の方がややお得であるものの、30~200GB未満の場合だとBB.excite光 fitの方がより安価に使えることが分かります。

通信速度(実測値)も下り300Mbps前後と十分な速さですし、インターネットを利用する頻度が比較的少ない方は、BB.excite光 fitとの契約を優先的に検討するのが良いでしょう。

それでは続いて、上記の比較表には記載されていないBB.excite光 fitとその他エキサイト株式会社の光回線サービスの違いについて、以下よりもう少し詳しく解説していきたいと思います。

BB.excite光 fitは段階料金制

BB.excite光 fit 料金イメージ

上の画像にあるように、BB.excite光 fitはその月内に使用したデータ通信量に応じて料金が変わる、段階料金制(従量制)をとっている光回線サービスです。

こまめにデータ使用量をチェックしなければいけないのがネックですが、高画質動画の視聴や大容量ファイルのダウンロードなどを頻繁におこなわない方の場合、月々のネット料金を安く抑えやすいというメリットがあります。

また、月間のデータ通信量が最大値(500GB)を超えた場合でも通信制限などはありませんので、イレギュラー的にデータ容量を多く消費し過ぎた時も、安心してインターネットを利用し続けることが可能です。

通信量の確認の仕方

BB.excite光 fitの当月1日から前日までの通信量および過去12ヶ月分の通信履歴は、BB.excite光 Fit マイページの上部にある「BB.excite光 Fit 通信量履歴」から確認が可能です。

毎月の料金に関わる大切な情報なので、現在のデータ使用量はできるだけこまめに確認するようにしましょう。

BB.excite光 fitはIPv6(IPoE)に対応

BB.excite光 fitは従来の通信方式であるIPv4に加え、実質的な高速通信帯であるIPv6にも標準対応しています。

2つの通信方式が利用できることで回線の混雑を避けやすくなり、インターネットの利用者が増える夜間帯でも、動画の視聴などが快適におこなえます

エキサイト株式会社が提供する光回線でIPv6に対応しているのはBB.excite光 fitとexcite MEC光だけなので、インターネットの快適性を高める意味でも、同プランと契約をするメリットは大きいです。

IPv6ってなに?

IPv6」は、「IPv4」に次ぐ最新のインターネットプロトコルの規格です。IPv6はIPv4でのIPアドレスの枯渇の問題などを背景に開発されました。

IPアドレスは、インターネット上での住所のようなもので、IPアドレスでどこからどこへデータを送信するのが確定してはじめてインターネット上での通信が可能になります。

IPv4のIPアドレスは約43億個に限られるのに対し、IPv6では約340澗個(340兆の1兆倍の1兆倍)のIPアドレスが使用可能が利用でき、事実上、無限大にIPアドレスを割り当てできます。

また、IPv6では、「IPoE」による新しい接続方式が利用可能で、従来の「PPPoE」による接続方式と比べると、高速に通信できます

道路で例えると、従来のPPPoE方式では車線が少なく混雑が起きやすいのに対し、新方式のIPoE方式は車線が増えて渋滞が解消されるイメージです。

IPv6対応のサービスへのりかえることで、通信速度の向上と安定が期待できます。

IPv4について更に詳しくみる

IPv6について更に詳しくみる

BB.excite光 fitには契約期間の縛りが無い

エキサイト株式会社が提供する光回線サービスの中で最も通信速度が速く、インターネットを頻繁に使う方にとっては最も最安値であるexcite MEC光には、最低2年間という継続期間の縛りがあります。

しかし、段階料金制のBB.excite光 fitにはそういった縛りは無く、いつ・どのタイミングで解約をしても違約金は0円です。

また、他社の光回線サービスと比較してみても契約期間の縛りが無いサービスは非常に少なく、その中でもBB.excite光 fitは最安値レベルにお得に利用できる光回線でもあります。

転勤の多い仕事をされている方や進学のために1人暮らしをしている方などは、生活の節目にも気軽に光回線の解約ができるため、そういった条件に当てはまる方々には特におすすめです。

BB.excite光 fitの問い合わせ方法は?

BB.excite光 fitについて何か不明な点があれば、BB.excite公式サイトのお問い合わせフォームから質問や相談をすることが可能です。

また、下記の電話番号から電話によるお問い合わせも可能ですので、返答を急ぐ場合は電話で問い合わをするようにしましょう。

ただし、電話によるお問い合わせは午前10時~午後6時までしか受付をしていないため、どうしても営業時間中に問い合わせが溺愛場合は、24時間受付のお問い合わせフォームからの相談をおすすめします。

BB.excite光 fitの問い合わせ電話番号

BB.excite カスタマーサポート

TEL:0570-783-812(受付時間:10:00~18:00 年中無休/年末年始を除く)

BB.exciteのマイページへのログイン方法は?

BB.exciteのマイページへのログインは、BB.exciteマページ ログイン画面からおこなうことができます。

ログインの際にはBB.excite光 fitの契約時に設定した「エキサイトID」と「パスワード」が必要になりますので、IDの設定時に送られてきたメールや書類などで確認しておきましょう。

万が一パスワードやIDを忘れたり、確認書類を紛失してしまった場合は、ログインページの「エキサイトID・パスワードを忘れた方」というリンクから再発行ページに移動することができます。

なお、BB.exciteのマイページからおこなえる確認内容や手続き等は、以下の囲い内の記載の通りです。

マイページでできること
  • ご契約状況の確認
  • 適用されているキャンペーンの確認
  • 接続設定に必要なIDとパスワードの確認
  • 各WEB手続きへのリンク一覧
  • 問い合わせ方法の詳細案内

\契約期間の縛りが無いから使いやすい♪/

BB.excite光 fitはIPv6に対応してるのに遅い?通信速度の評判や口コミ

ネットやSNSを参考にした限りでは、BB.excite光 fitには「速度が遅い!」という悪い口コミが存在するようです。

では、BB.excite光 fitのどういった部分がそういった評価に繋がっているのか、実際の口コミを見ながら検証と解説をおこなっていこうと思います。

BB.excite光 fitの速度の悪い評判や口コミ

【BB.excite光Fitの測定結果】
ダウンロード速度:10Mbps(普通)
アップロード速度:11Mbps(普通)
Ping(応答速度):10ms(非常に速い)
#埼玉県 #光回線 #スピードテスト #回線くん

参照元:X

Twitterを検索した限りでは、BB.excite光 fitの速度に関する悪い口コミは上記の1つだけでしたので、同光回線サービスの通信速度の評判は比較的高い方と言えます。

ちなみに、上記のツイートをされた方の通信速度が低い理由はと言うと、恐らくはお住まい(マンションと思われる)の配線方式が、VDSLLAN配線方式であるためと考えられます。

詳しくは次の項で解説をしていきますが、マンションの配線タイプがVDSLまたはLAN配線方式だった場合、光回線方式の10分の1以下しか通信速度が出ないためです。

VDSLタイプの回線とは

VDSLとは光回線の配線方式のうちの一つでインターネット回線の配線に電話用のアナログ回線を使用していて、マンションなどの集合住宅で採用されている配線方式の一つであり、光ファイバーケーブルと電話回線を組み合わせた配線方式となっています。
VDSLの最大速度は下り100Mbpsとお世辞にも速い速度とはいえず、電子レンジなどの電波の影響を受けやすいため、オンラインゲームの使用にはあまり向いていません。

VDSLの詳しい内容はこちら

光回線は配線方式によって最大速度が違う

 光配線方式※VDSL方式LAN配線方式
共有部から
各部屋までの配線
光ケーブル電話回線LANケーブル
最大通信速度100Mbps~1Gbps100Mbps100Mbps

※共有部の配線ポートが複数の配線方式に対応している場合、光回線方式が優先されます。

こちらの表を見ていただけると分かるように、VDSLまたはLAN配線方式のマンション・アパートにお住まいの方の場合、最大でも100Mbps程度の通信速度しか出すことができません

基本的に、すでにネット回線を導入済みのマンションは契約者の意向のみで配線方式を変更することはできないため、光回線を導入する際には事前に管理会社などに問い合わせておくようにしましょう。

なお、お住まいのマンション・アパートが光配線方式に対応していない場合、光回線の代わりにホームルーターを導入するという手もあります。

おすすめのホームルーターについては以下の記事で詳しく解説していますので、気になる方はそちらも併せて参考にしてみて下さい。

BB.excite光 fitは夜間帯の通信速度が遅い

これはBB.excite光 fitだけに限った話ではないのですが、基本的に光回線というものは、インターネットを同時に利用する人が増えるほど通信速度が低下する傾向にあります

もう少し具体的に言うと、夕方から夜間帯にかけては特に回線の混雑が起きやすく、それによってプロバイダのサーバーの処理速度が低下し、結果として通信速度の低下が引き起こされるわけです。

とはいえ、SNSの口コミには「快適性が損なわれるまでに速度が低下する」といったような口コミは無いため、この問題についてはそれほど深刻に考える必要はありません。

実際にTwitterの口コミでも「多少通信速度は落ちるけど動画の視聴やWEBサイトの閲覧に支障はない」との声が多いです。

プロバイダって何?

プロバイダとは、回線事業者とユーザーとの仲介をおこなうの仲介業者のような存在で、回線事業者が所有する光回線をサービスとしてユーザーに提供する役割を持っています。

最近では回線事業者とプロバイダが一体化された光回線サービスも多く、BB.excite光 fitもその1つです。

BB.excite光 fitには10ギガのプランが無い

エキサイト株式会社では、最大10Gbpsでのインターネット通信を可能にする10ギガ回線が、「BB.excite光 10G」という1つの回線サービスとして独立しています。

そのため、BB.excite光 fitで利用できるのは最大1Gbpsの1ギガ回線のみで、同サービスのように段階料金制を維持したままで10ギガ回線を利用することはできません

BB.excite光 fitの一番の強みは「使った分だけ料金を支払えばいいところ」ですから、10ギガ回線を利用するためには段階料金制を諦めなければいけないのが残念なところです。

ただし、BB.excite光の10ギガプランは他社回線と比較してもややお高めなので、わざわざ段階料金制や契約期間の縛りが無いメリットを捨ててまで、同社の10ギガプランに加入する必要性は感じません。

BB.excite光の速度の良い評判や口コミ

クソ遅いエキサイト光のIPv4から乗り換えて正解だった。
BB.excite光 Fit IPv6接続 IPoE(transix)の測定結果
Ping値: 21.0ms
下り速度: 631.11Mbps(超速い)
上り速度: 408.9Mbps(非常に速い)
https://minsoku.net/?s=631,408 #みんなのネット回線速度

プロバイダ「エキサイト光」の人に朗報!って、私が情弱だった?今更?
プランを、「光」→「光FIT」にしたら、料金は下がり、速度が6倍になった(IPv6 IPoE接続)。一体、今まで。。。
IPoE対応のルーターも、何故か無料でもらえるし、「光」で契約している人はプラン変更がオススメです!

参照元:X

エキサイト株式会社が提供する光回線の基本プランである「excite光」は、正直に言って通信速度に関する評判や口コミが極めて悪いことで有名な光回線サービスでした。

しかし、そんなexcite光のユーザーがBB.excite光 fitに乗り換えをすると、その通信速度の速さに良い意味でビックリしてしまう方も多いんだとか

実際にTwitterなどでも「速度が数倍になった!」とか「fitに乗り換えてよかった!」といった喜びの声が数多く投稿されています。

BB.excite光 fitは基本プランに比べて通信速度が速い

回線名公表速度実際の速度※1Ping値※1
BB.excite光 fit最大1Gbps下り: 186.22Mbps
上り: 151.15Mbps
33.84ms
excite MEC光最大1Gbps下り: 337.27Mbps
上り: 276.8Mbps
17.41ms
BB.excite光最大1Gbps下り: 192.91Mbps
上り: 203.51Mbps
21.7ms
ドコモ光最大1Gbps下り: 263.51Mbps
上り: 279.84Mbps
18.85ms
NURO光最大2Gbps下り: 625.08Mbps
上り: 621.47Mbps
11.03ms

※1:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

さすがに2ギガ回線であるNURO光には見劣りしてしまうものの、BB.excite光 fitの通信速度の実測値は下り約300Mbps程度と、基本プラン(excite光)よりも70Mbps以上速い数値です。

Ping値が高めなのはやや気になるところですが、Ping値についてはオンラインゲームを本気でプレイしたい方以外にはほぼ関係のない数値なので、そこまで気にする必要はありません。

これだけの通信速度が出ていれば高画質動画の視聴なども快適におこなえますから、通信速度の改善を目当てに他社回線からBB.excite光 fitに乗り換えることも十分におすすめできます

下り、上り、ping値って何?
  • 下り速度

WEBサイトの閲覧・動画視聴・ダウンロードなどの速度。数値が大きいほど速い

  • 上り速度

メールの送信やファイルのアップロードなどの速度。数値が大きいほど速い

自分の端末オンラインゲームのサーバーまでのデータ通信にかかる時間を表す。数値が小さいほどラグが少ない

Ping値の詳しい説明はこちら

BB.excite光 fitはIPv6(IPoE)に対応しているので快適

BB.excite光 fit IPv6イメージ

ではなぜBB.excite光 fitが同じ回線事業者の基本プランであるexcite光より通信速度が速いのかと言うと、それはBB.excite光 fitが基本プランが対応していないIPv6IPoE通信という通信方式に対応しているためです。

旧式の通信方式であるIPv4や一部のIPv6で利用していた「PPPoE通信」という通信方式は、現在のインターネット利用者の激増によってパンク寸前の大混雑状態になっています。

それに対し、IPv6(IPoE)方式は「信号の多い一般道路」に対しての「バイパス道路」のような役割を果たし、回線の混雑を避けつつ接続事業者とのスムーズなデータのやり取りを実現しました

そのため、IPv6(IPoE)に対応しているBB.excite光 fitは対応していないその他光回線に比べ、圧倒的に速く・快適なインターネット通信を楽しむことができるのです。

BB.excite光 fitの回線が繋がらない&遅い原因は?対処法もご紹介!

BB.excite光 fitの回線が突然繋がらなくなった・遅くなった場合の原因には主に次のようなものがあります。

  1. 通信障害・メンテナンスによるもの
  2. サイトがIPv6に対応していない
  3. 通信機器(ルーター・モデム)の不具合
  4. LANケーブルの断線・端子部分の汚破損

この内、1と2についてはプロバイダやサイトの対応を待つ以外に方法はありませんが、3・4については特に専門知識などが無くても対処が可能です。

まず通信機器の不具合が原因と思われる場合は、まずモデムやルーターを再起動してみて、それでも改善しない場合はBB.exciteのカスタマーサポートに相談をしてみましょう。

通信機器に余分なキャッシュが溜まっていると速度の低下を引き起こす場合があるので、電源をオン・オフしてキャッシュを消去するだけでも通信状況が改善する場合が多いです。

また、LANケーブルに断線や爪折れなどの汚破損が見つかった場合は、こちらもBB.exciteのカスタマーサポートに連絡をして新しいケーブルと交換してもらうと良いでしょう。

お急ぎの場合は電気量販店でLANケーブルを購入するのもアリ。だいたい500~1,000円くらいで新品のLANケーブルを購入できるため、プロバイダで交換するよりも安く済みます。

通信速度を重視するならIPv6 IPoE対応のBB.excite MEC光がおすすめ!

回線名公表速度実際の速度※1Ping値※1
BB.excite光 fit最大1Gbps下り: 186.22Mbps
上り: 151.15Mbps
33.84ms
excite MEC光最大1Gbps下り: 337.27Mbps
上り: 276.8Mbps
17.41ms

※1:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

ここまでBB.excite光 fitの通信速度についての良い評価を述べてきましたが、より通信速度の速さにこだわりたいのであれば、BB.excite光 fitではなくexcite MEC光と契約することをおすすめします

というのも、BB.excite光 fitは動画の視聴やネットの閲覧をするには十分な速度なのですが、Ping値が30ms前後(実測値)とかなり遅めで、オンラインゲームなどをする時にラグや遅延が発生しやすいためです。

このことから、BB.excite光 fitは高い反応速度が要求されるFPSなどのゲームをするには不向きなので、通信速度やサーバーの応答速度にこだわりのある方は、よりレスポンスの良いBB.excite MEC光を選ぶと良いでしょう。

また、BB.excite MEC光の詳細データや評判・口コミなどは下記の関連記事にも求めてありますので、ぜひそちらも併せて参考にしてみて下さい。

BB.excite光 fitの料金やキャンペーンについての評判や口コミは?

回線名キャンペーンと
おすすめの点
公式ページ
BB.excite光 fit ロゴ工事費無料
登録手数料無料or
Wi-Fiルータープレゼント

転用・事業者変更は初期費用0円
契約期間の縛りなし
BB.excite光 fit
公式ページ

※更新日:2024年2月10日

BB.excite光 fitはその良心的な価格設定とシンプルな料金プランが魅力の光回線なのですが、シンプルなぶん他の光回線サービスと比べて特典やキャンペーンが少ないというデメリットがあります。

ここではそんなBB.excite光 fitの料金やキャンペーンの評判や口コミを集め、同光回線のお得な点とそうでない点について分かりやすく解説をしていこうと思います。

BB.excite光 fitの料金やキャンペーンの悪い評判・口コミ

最低利用期間のしばりがない光回線「エキサイト光fit」を契約してみた! ちなみに特に安くはありません笑
あと速度がちょっと不安… #はてなブログ
最低利用期間のしばりがないシンプルな光回線。 – そう言われればそうかも。

参照元:X

SNSなどの評判や口コミを見た限りでは、BB.excite光 fitの料金やキャンペーンに関する悪い口コミは上記の1ツイートだけでした。

といっても、「特に安くはない」と言われているだけで「BB.excite光 fitは高い!」と断言されているわけではないので、こちらのツイートを悪い口コミにカウントするかどうかは一考の余地があります。

ただし、だからといってBB.excite光 fitの料金やキャンペーンに全くデメリットが無いというわけではないので、次の項目からそのことについて詳しく解説をしていくことにしましょう。

BB.excite光 fitにはキャッシュバックやスマホ割引が無い

BB.excite光 fitには新規契約時のキャッシュバックや、「光回線とセットでスマホ代が〇円引き!」といったスマホとのセット割引がありません。

しかし、それはあくまでもドコモやauなどの大手キャリアのスマホを使っている方にのみ関係のあるもので、元々のスマホ料金が安い格安スマホをお使いの方であれば、そもそもこのデメリットはあまり関係のない話です。

また、キャッシュバックはあくまでも一時的に得をするだけのもので、2年・3年と続けていくうちにそのアドバンテージは徐々に失われていきます。

むしろ、BB.excite光 fitと格安スマホのセットの方が固定費の総額を安く抑えることができる場合も多いため、BB.excite光 fitは格安スマホとの併用がおすすめの光回線サービスと言えます。

もしスマホのセット割をしたい方は以下の表を参考にしてご自身にあったセット割がある光回線を選んでみて下さい。

↓↓一番安い光回線を選びたい人はこちらもチェック↓↓

使用している
スマホキャリア
建物タイプお住まいの
地域
おすすめの
光回線
docomo戸建て
マンション
全都道府県ドコモ光
ソフトバンク戸建て関東・関西・東海
・九州(福岡・佐賀)
・中国(広島・岡山)
・北海道
NURO光
関東・関西・東海
・九州(福岡・佐賀)
・中国(広島・岡山)
・北海道
以外の人
ソフトバンク光
マンション全都道府県
auマンション全都道府県auひかり
一戸建て関東auひかり
関西eo光
東海コミュファ光
中国メガエッグ光
四国ピカラ光
九州BBIQ
3キャリア以外戸建て全都道府県GMOとくとくBB
GMO光アクセス
マンション

工事費用が無料にならないので実質料金が高い

工事費は2024/02/23現在、キャンペーンで無料です

BB.excite光 fitには初期工事費用が最大半額(7,500円引き)になる「工事費割引キャンペーン」があるのですが、工事費が実質無料になることの多い他社光回線と比べると、料金がかかる分ややケチ臭く感じてしまいます。

しかし、BB.excite光 fitには契約期間の縛りが無く、いつ解約をしても違約金や工事費残債の支払が発生することが無いため、初期工事費がかかるのはむしろ当然のこと。

たった7,500円で光回線が引けて、しかも解約違約金なども不要」と考えれば、工事費を払わなければいけないデメリットよりも、工事費が半額で解約費用がかからないことの方がメリットとして大きいです。

ちなみに、BB.excite光 fitの場合は工事費半額に加えて契約事務手数料(3,300円)が無料になるため、実質的には10,800円分の割引になっています。

BB.excite光 fitのWiFiルーターは性能が低い

商品名バッファロー
WSR-1166DHPL2
対応OSWindows 10 / 8.1 / 7
Mac OS X 10.5以降
Android 2.2以降、iOS 5以降
無線LAN仕様【対応規格 】
11 ac / n / a / b / g
【転送速度 】 
最大866Mbps(11ac)、
最大300Mbps(11n)
有線LAN仕様【伝送速度】
最大1000Mbps
【ポート数】
3ポート(LAN)、
1ポート(INTERNET)
拡張用USBポート無し

BB.excite光 fitでは新規契約の特典として上記スペックのWiFiルーターを無料でプレゼントしてもらえるのですが、そのスペックはかなり低めです。

特に無線LAN使用時の最大速度が300Mbps~866Mbpsというのはあまりにも遅すぎで、「WiFiを快適に利用するなら最低1Gbpsはほしい」というのが正直なところ。

とはいえ決して日常的に使えないレベルでは無いですし、あって困るものでもないので、BB.excite光 fitと契約を結んだ際にはありがたくもらっておきましょう。

そしてある程度光回線の使い方に案れてきたところで、改めて性能の良いルーターを購入するか否かを検討してみてはいかがでしょうか。

段階料金制なので月々の支払額が把握しづらい

BB.excite光 fitの段階料金制は同月内に消費したデータ容量が多くなるほど支払う料金が増えていくシステムなので、月によって料金の支払額にバラつきが出てくるのがネックです。

そのため、月々の支払額が定額制の光回線と比べて把握しづらく、マメにマイページから消費データ量を確認しておかないと、思わぬ高額な料金を請求されてしまう可能性があるため注意しましょう。

BB.excite光 fitの料金やキャンペーンの良い評判・口コミ

光回線の解約料が嫌だったので賃貸の頃からエキサイト光だったのだが、家を買ってもその流れでBB.ecite光Fitを使っている。
解約料0円なのに、月額料金もかなり安い
家でネットフリックスやAmazon Prime見まくる人とかでなければ、だいたい200GB未満の3410円で収まる。

参照元:X

上記のツイートにもあるように、BB.excite光 fitは月々の通信量が少めのユーザーから比較的高い評価を受けているようです。

特に段階料金制のメリットである「使った分だけ支払う」というシンプルなプラン設計に高い評価が集まっていて、単身世帯の方夫婦2人世帯の方々から多く支持されていました。

BB.excite光 fitはネットをあまり使わない人にお得

1時間あたりのデータ通信量
WEBサイトの閲覧80~90MB
動画の
ストリーミング再生
450MB(標準画質)
オンラインゲーム100~150MB
Zoomなどの
オンライン会議
400MB前後

上記表は利用目的別のインターネット通信にかかる、1時間当たりのデータ通信量をまとめたものです。

この通り、普段ネットサーフィンくらいにしかPCやスマホ(WiFi接続)を使用しない方だと、30GBの容量内でも最低333時間以上のWEBサイトの閲覧ができることになります。

ネットをあまり利用しない方であれば、月々のデータ通信量が30GBを下回ることも珍しくはありませんし、その場合は月々の支払額を2,600~4,000円程度に収めることも十分に可能なので、とてもリーズナブルです。

WiFiルーターが無料でもらえる

BB.excite光 fitでは新規で契約をした方全員に無料でWiFiルーターをプレゼントしてくれるため、自前のルーターお持ちでない方でも気軽にWiFiを始めることができます

最新機種と比べるとスペックは低めですが、ネットサーフィンや動画の視聴などには問題の無い範囲ですので、こちらのルーターは必ずもらうようにした方がお得です。

工事費が最大半額になるので初期費用が安い

BB.excite光 fit キャンペーン

工事費は2024/02/23現在、キャンペーンで無料です

BB.excite光 fitのような契約期間の縛りが無く・段階料金制のシステムを取っているような光回線サービスには、ほとんどの場合で工事費の割引サービスが用意されていません。

しかし、BB.excite光 fitの場合は完全無料となっています。

しかも、こちらのキャンペーンにはオプションへの加入などの特別な条件も設けられていないため、BB.excite光 fitに初めて契約する方であればもれなく全員が利用できるところも大きな利点です。

月々の通信費を抑えたい人は従量課金制のBB.excite光 fitがおすすめ!

BB.excite光 fit 料金

月々のデータ通信量が200GB未満の範囲内であれば、エキサイト株式会社が提供する光回線の中でBB.excite光 fitが最も安く利用できます(マンションプランの場合)。

それでいてPing値を除く通信速度等はBB.excite MEC光とそれほど変わらない水準のため、快適な通信環境を維持したまま固定費の削減に繋がるところが一番のメリット。

月々のデータ通信量があまり多くならないような単身世帯や少人数世帯の方々は、節約のために 他社光回線からBB.excite光 fitに乗り換えるのもおすすめです。

BB.excite光 fitの解約についての口コミは?

Twitterでは全くと言っていいほど悪い口コミは見つからなかったのですが、ネット掲示板や比較サイトなどを色々と調べてみると、BB.excite光 fitの解約には次のような悪い評判・口コミがあるようでした。

解約をする時、急にホームゲートウェイを返却しろと言われた。
これ、契約の時にプレゼントしてもらえたわけじゃなかったんすね…
しかも故障してたとかって損害賠償金まで請求されちゃったよ…

工事費の残債は発生しないって聞いてたんですけど、2022年6月30日より前に契約した人は対象外だそう。
そんなこと知らずに解約したら、1万円以上の料金を請求されてしまいました…

といっても、上記の口コミについては事前にしっかりと情報を集めておくことで回避できる問題ですので、当記事を参考にしていただければそれほど不安に感じるほどのものでもありません。

なお、BB.excite光 fitの解約に関する良い口コミとしては、特には契約期間の縛りが無く、初めてBB.excite光 fitと契約をする方でも比較的気軽に申し込めるところが特に評判が良かったです。

BB.excite光 fitは解約金が不要!

BB.excite光 fitには「最低○年は継続利用すること」といった継続期間の縛りが無いので、中途解約に伴う解約違約金なども発生することがありません

また、BB.excite光 fitはフレッツ光の回線を利用した光コラボであるため、解約後に残った回線は事業者変更の手続きをおこなうことで、そのまま他社光回線サービスでも継続して使用できます(別途手数料が必要)。

逆に言うと事業者の変更手続きをおこなわないと他社光回線サービスへ乗り換えることはできませんので、その際はできるだけ早めにBB.excite光 fitのサポートに連絡をするようにしましょう。

光コラボとは?

光コラボ(光コラボレーション)とは、NTTフレッツ光の回線設備を借りて事業を運営するサービスモデルです。例えばドコモ光ソフトバンク光などが該当します。同じ回線設備を利用していることから、乗り換え時に工事を行う必要がなく、スムーズに乗り換えられることが魅力となっています。

BB.excite光 fitの解約時の注意点

BB.excite光 fitの解約時、回線の撤去費用やレンタル品の返送料等はかかりませんが、以下の条件に当てはまる場合は別途費用が発生する場合があります。

  • レンタル機器の故障・紛失→損害賠償金
  • 初期工事費用を分割払いしている→工事費の分割残債(2022年7月以降の契約者は不要)

上記のうち工事品残債については2022年6月30日以前にBB.excite光 fitに契約している方のみが対象ですので、基本的にはNTTのロゴの入った機器(=レンタル品)に汚破損などが無い限り、解約費用は発生しません

また、BB.excite光 fitは回線の撤去費用も無料なので、賃貸物件などの原状回復義務のある物件にお住まいの方にも安心です。

BB.excite光 fitのレンタル品にはどんなものがある?

BB.excite光 fitで解約時に返却が必要なレンタル品にあたるものには次のようなものがあります。解約時に返却をしないと損害賠償金を請求される可能性があるため注意しましょう。

  • 回線終端装置(ONU:無料
    光回線内を通ってきた光信号をデジタル信号に変換する装置です。
  • VDSL宅内装置(モデム):無料
    マンションの共用スペースを通ってきたアナログ信号をデジタル信号に変換する装置です。VDSL方式のマンションタイプをご利用の場合に設置されます。
  • ホームゲートウェイ無線機能あり330円・無し220円/月)
    「BB.excite光電話」を利用する場合にレンタルが必要となる機器です。
  • 追加無線LANカード110円/1枚
    無線LAN機能なしのホームゲートウェイを利用している方が、無線でインターネットを利用したい場合に必要な機器です。

レンタル機器についての詳細はBB.exciteの公式サイトにも記載されていますので、そちらも併せて参考にしてみることをおすすめします。

BB.excite光 fitの解約方法と手順

BB.excite光 fitの解約は以下の4ステップで簡単におこなうことができます。

  1. 光コラボサービス解約受付フォームから申請
  2. カスタマーサービスからメールまたは電話で確認の連絡が入る
  3. 解約工事日の日程調整および解約工事の手配
  4. 解約工事日をもって解約

他社光回線に乗り換える場合は手続き方法が違いますので、その場合はBB.exciteIDセンターから事業者変更許諾番号の発行を受けるようにして下さい。

その場合は回線の撤去工事は不要ですので、上記4ステップのうち2・3の手順を省くことができます。

マンションなどの賃貸物件にお住まいの方は撤去工事が必要ですので、解約の際は撤去工事の申し込みも忘れずにするようにして下さい。

また、撤去工事には必ず立ち合いが必要です。撤去工事を希望する場合は都合の良い日時を指定することも忘れないようにしましょう。

BB.excite光 fitのデメリット

ここまでご紹介してきたBB.excite光 fitの評判や口コミを検証してみた結果、同光回線サービスには次のようなデメリットがあることが分かりました。

  • 段階料金制なので使い過ぎると料金が高額になる
  • 夜間帯に繋がらない&速度が遅い時がある
  • キャッシュバックなどの特典&キャンペーンが少ない
  • 無料プレゼントのルーターの性能がイマイチ
  • 工事費用が無料にならない

というわけで次の項目より、上記5点のデメリットについて、さらに詳しく解説をおこなっていきたいと思います。

段階料金制なので使い過ぎると料金が高額になる

月あたりの
データ使用量
基本料金他社の相場
(容量無制限)
30GB未満【戸建て】
3,520円
【マンション】
2,640円
ソフトバンク
【戸建て】
5,720円
【マンション】
4,180円

ドコモ光
【戸建て】
5,720円
【マンション】
4,400円

auひかり
【戸建て】
5,390円
~5,610円
【マンション】
4,455円
~5,500円
200GB未満【戸建て】
4,290円
【マンション】
3,410円
500GB未満【戸建て】
5,060円
【マンション】
4,180円
500GB以上【戸建て】
5,830円
【マンション】
4,180円

※更新日:2024/02/23

他社光回線の基本料金は戸建ての場合で5,000円台後半、マンションの場合で4,000円台前半くらいが相場です。

それとBB.excite光 fitの基本料金を比較した場合、月々のデータ使用量が500GB未満まではBB.excite光 fitの方が安く利用できるのですが、500GBを超えると他社光回線の相場を少し上回ってしまいます

加えてBB.excite光 fitにはスマホセット割などの特典やキャンペーンが無いため、多くの場合、データ使用量が200GBを超えた時点で、大手キャリアの光回線よりも実質料金が割高になってしまうのです。

もちろん、格安スマホを使っている人などはその限りでは無いものの、契約する光回線にBB.excite光 fitを選ぶか他社光回線を選ぶかは、「月あたりのデータ通信量が200GBを超えるか否か」を1つの基準にするのが良いでしょう。

もしよくインターネットを使用する場合は以下の記事でご自身にあった光回線を見つけてみて下さい。

夜間帯に繋がらない&速度が遅い時がある

インターネットを利用する人が増える夜間帯に、通信速度が遅くなったり繋がりにくくなったりすることは、その光回線サービスにもあることです。

そのため、同じ光回線サービスであるBB.excite光 fitもその例にもれず、夕方から夜間帯にかけては通信速度が下り40~50Mbps程度にまで、一時的に低下してしまうことがあります。

とはいえ、YouTubeで4K動画を視聴する場合でも通信速度は20Mbpsもあれば十分で、多少速度が低下したところでネット通信の快適性には何ら差し支えのない範囲と言えるでしょう。

キャッシュバックなどの特典&キャンペーンが少ない

BB.excite光 fitには新規向けのキャッシュバックや基本料金の割引などの特典・キャンペーンが存在せず、工事費の割引率も半額止まりというデメリットがあります。

ただし、そのぶん基本料金は他社光回線よりも最大で1,500円~2,000円近くまで安くなりますし、新規開設に必要な工事費の7,500円(戸建て)も、解約違約金がない代わりの保証金のようなものと考えれば納得がいきます。

派手な特典やキャンペーンが無いことはBB.excite光 fitの確かなデメリットの1つではあるものの、だからといって同光回線サービスが他社光回線に劣っているというわけではありません。

無料プレゼントのルーターの性能がイマイチ

BB.excite光 fitの初回申し込み特典としてプレゼントしてもらえるWiFiルーターは、有線接続でも最大速度が1Gbps、無線の場合は最低300Mbpsまで低下するなどかなりスペックが低いです。

特にBB.excite光 fitでWiFiを利用したい場合、速度にこだわりたい方は別途通販や家電量販店などで、無線速度が最大1Gbps程度のルーターを購入することをおすすめします。

とはいえ、スペックはイマイチでも無料でWiFiが使えるというメリットは大きいので、光回線初心者の方の入門用としては十分です。

ちなみに、契約時に無料でWiFiが利用できる光回線の中では、最大2.5Gbps(有線での接続時)の高速通信が可能なルーターを無料でレンタルできるFon光もおすすめ

そんなFon光の詳細なデータや評判・口コミなどは以下の関連記事から知ることができますので、そちらも併せて参考にしていただければと思います。

工事費用が無料にならない

キャンペーンにより2024/02/23現在は無料です。

BB.excite光 fitには一応「初期工事費の割引キャンペーン」というものがあるのですが、その最大割引率は50%OFF(7,500円引き)までと少し中途半端です。

ただし、他の光回線サービスの工事費無料キャンペーンは、「本来分割で払うべき工事費を月々の基本料金から割引する」というものであるため、中途解約をするとその残債を一括で請求されてしまうデメリットがあります。

その点、BB.excite光 fitは開通後に初めて請求される料金に工事費の全額が含まれているため、その後はいつ・どのタイミングで解約をしても、工事費の残債・違約金・撤去工事費用を請求されることはありません

ちなみに、契約期間の縛りが無く・解約金が不要の光回線には、他にも「おてがる光」などの人気サービスがあります。

おてがる光はBB.excite光 fitと違って完全な定額制であるなどの違いはありますが、下記の関連記事リンクを参考に2つの光回線サービスを比較してみるのもおすすめです。

BB.excite光 fitのメリット

ここまでのBB.excite光 fitに関する良い評判や口コミを参考にしてみたところ、同光回線サービスには次のようなメリットがあることが分かりました。

  • 従量課金制なのでネットをあまり使わない人は料金が安い
  • 契約期間の縛りが無く解約金がかからない
  • IPv6(IPoE)に対応しているので回線の混雑が起きにくい
  • 工事費が最大10,800円引き&事務手数料が無料
  • WiFiが無料で使用できる

それでは続いて、上記5つのメリットについてもっと詳しく解説をおこなっていきたいと思います。

従量課金制なのでネットをあまり使わない人は料金が安い

BB.excite光 fitは「使った分だけ料金を支払う」という段階料金制(従量制)を採用した、これまでになかった全く新しいタイプの光回線サービスです。

この料金形態のお陰で月額2,640円(マンションの場合/30GB未満)という破格で気軽に光回線を始めることができ、この基本料金はインターネットをそれほど頻繁に使用しない人にとってはまさに最安値。

スマホのテザリング機能やホームルーターでは体感できない通信速度や快適性を、業界最安値のリーズナブルな価格で得られることはBB.excite光 fit最大の魅力です。

契約期間の縛りが無く解約金がかからない

BB.excite光 fitには契約期間の縛りが無いので、いつ・どのタイミングで解約をしても違約金はかかりません。

また、工事費や機器料金の残債や撤去工事費用なども発生しないため、解約にかかる費用は完全無料です。

数ある光回線サービスの中には違約金やその他の費用を含め、解約時に数万円単位の解約金を請求してくる会社も多いため、それを全くの0円でおこなえるというのは大きなメリットと言えます。

IPv6(IPoE)に対応しているので回線の混雑が起きにくい

BB.excite光 fitは単にIPv6に対応しているというだけでなく、その中でも特に通信の高速化に繋がりやすいとされるIPoEという通信方式に対応するところがミソです。

IPoEは従来のPPPoE方式と違って接続事業者を介することなく直接インターネットに接続できるため、回線の混雑状況やプロバイダのサーバーの反応速度などに大きく影響されることなく快適な通信が可能です。

そのため、同じ1ギガ回線を使用していても、PPPoE方式より早い通信速度でのデータのやり取りが可能になっています。

IPv6ってなに?

IPv6」は、「IPv4」に次ぐ最新のインターネットプロトコルの規格です。IPv6はIPv4でのIPアドレスの枯渇の問題などを背景に開発されました。

IPアドレスは、インターネット上での住所のようなもので、IPアドレスでどこからどこへデータを送信するのが確定してはじめてインターネット上での通信が可能になります。

IPv4のIPアドレスは約43億個に限られるのに対し、IPv6では約340澗個(340兆の1兆倍の1兆倍)のIPアドレスが使用可能が利用でき、事実上、無限大にIPアドレスを割り当てできます。

また、IPv6では、「IPoE」による新しい接続方式が利用可能で、従来の「PPPoE」による接続方式と比べると、高速に通信できます

道路で例えると、従来のPPPoE方式では車線が少なく混雑が起きやすいのに対し、新方式のIPoE方式は車線が増えて渋滞が解消されるイメージです。

IPv6対応のサービスへのりかえることで、通信速度の向上と安定が期待できます。

IPv4について更に詳しくみる

IPv6について更に詳しくみる

工事費&事務手数料が最大10,800円引き

ルーター無料プレゼントとの併用はできませんが、BB.excite光 fitでは「事務手数料無料キャンペーン」を利用することで、本来3,300円かかる契約事務手数料を0円にできます。

このキャンペーンと工事費割引のキャンペーンは問題なく併用可能なので、これらを合わせると光回線の開通にかかる初期費用を最大10,800円OFFにすることが可能なんです。

すでに自前のルーターを持っていたり、自宅でWiFiを使う予定が無いという方は、あえてルーター無料プレゼントを捨てて初期費用の割引を増額するのもおすすめです。

WiFiが無料で使用できる

ルーター WSR-1166DHPL2

3,300円の契約事務手数料が無料になるというのももちろんお得なのですが、金額的な面から言えば「ルーター無料プレゼント」の特典を選んだ方が少しお得です。

ちなみに、そんなBB.excite光 fitでプレゼントしてもらえるWiFiルーター「WSR-1166DHPL2(バッファロー)」は、Amazonの新品価格で4,580円ほどの代物。

どうせWiFiを使うつもりならルーターを無料でもらった方が、手数料を無料にしてもらうよりも1,280円ほどお得なので、特別な理由がない限りはこちらの特典を優先的に選ぶようにしましょう。

BB.excite光 fitはこんな人におすすめ!

BB.excite光 fitが特におすすめなのは、以下の4つのポイントに当てはまる方です。

  • たまにしかインターネットを使わない人
  • 契約期間に縛られずに光回線を使いたい人
  • ネットをサクサク快適に使いたい人
  • WiFiを無料で利用したい人

続いて次の項目より、そのおすすめの理由について詳しく解説をおこなっていきたいと思います。

たまにしかインターネットを使わない人

月あたりの
データ使用量
基本料金他社の相場
(容量無制限)
30GB未満【戸建て】
3,520円
【マンション】
2,640円
ソフトバンク
【戸建て】
5,720円
【マンション】
4,180円

ドコモ光
【戸建て】
5,720円
【マンション】
4,400円

auひかり
【戸建て】
5,390円
~5,610円
【マンション】
4,455円
~5,500円
200GB未満【戸建て】
4,290円
【マンション】
3,410円
500GB未満【戸建て】
5,060円
【マンション】
4,180円
500GB以上【戸建て】
5,830円
【マンション】
4,180円

※更新日:2024/02/23

上記表のようにスマホセット割を加味しない基本料金の額で言えば、月々のデータ使用量が500GBを超えるまでは、大手3大キャリアの光回線よりもBB.excite光 fitの方が安くなります

また、スマホセット割の最大割引額である1,100円を差し引いた場合でも、200GB未満まではBB.excite光 fitの方がリーズナブルに使えるケースが多いです。

つまり、BB.excite光 fitは月々のデータ使用量が少ない人ほどお得に使える光回線と言うことであり、その料金形態はまさに光回線の入門編にピッタリ。

ネットサーフィンや1日数時間ほど動画を見るくらいでは、データ使用量が200GBを超えることはまずありませんから、日頃からインターネットを使う頻度がそれほど多くないという方には特におすすめです。

契約期間に縛られずに光回線を使いたい人

BB.excite光 fit 解約金0円 最低利用期間制限なし

BB.excite光 fitには契約期間の縛りが無く、解約の際に費用がかかることも無いので、定期期間の定めのある従来の光回線サービスよりも自由な感覚で利用していけます。

おまけにBB.excite光 fitはドコモ光やソフトバンク光などと同じ「光コラボ」ですから、同じ光コラボに乗り換える際にはBB.excite光 fitで設置した回線をそのまま継続使用することも可能

そのため、BB.excite光 fitと契約後に設置した光回線の設備は、同サービスの解約後にも決して無駄になることはありません。

ネットをサクサク快適に使いたい人

回線名公表速度実際の速度※1Ping値※1
BB.excite光 fit最大1Gbps下り: 186.22Mbps
上り: 151.15Mbps
33.84ms
excite MEC光最大1Gbps下り: 337.27Mbps
上り: 276.8Mbps
17.41ms
BB.excite光最大1Gbps下り: 192.91Mbps
上り: 203.51Mbps
21.7ms
ドコモ光最大1Gbps下り: 263.51Mbps
上り: 279.84Mbps
18.85ms
NURO光最大2Gbps下り: 625.08Mbps
上り: 621.47Mbps
11.03ms

※1:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

BB.excite光 fitは非常にリーズナブルな価格から利用でき、それでいて解約もしやすいため、「その代わり回線品質がメッチャ悪いんじゃないの?」なんて疑ってかかる方もいますが、それは全くの誤り。

上記表を見ても分かるように、BB.excite光 fitは光コラボの中でも特に通信品質が高いと言われるドコモ光よりも、その実測速度は速いんです

さすがに2ギガ回線であるNURO光には劣りますが、そのNURO光も2022年の夏から秋ごろに大規模な通信障害を起こしており、回線の安定性についてはそういったトラブルの無いBB.excite光 fitの方が一枚上手と言えます。

WiFiを無料で利用したい人

BB.excite光 fitではWiFiルーターを無料でプレゼントしてもらえますし、その際に有償オプションへの加入を求められることも無いため、光回線と契約するだけでWiFiを無料で利用可能です。

ルーター自体のスペックは高くはありませんが、こちらもしっかりとIPv6に対応しているので、普段よく利用するサイトなどがIPv6に対応しているサイトであれば、そのスペック以上の快適性に期待が持てるでしょう。

ルーターを自分で用意したい方へ

IPv6の通信規格に対応している光回線では、「transix IPv4接続(DS-Lite)」という機能に対応したルーターを使うことで、IPv6の通信方式のままIPv4にしか対応していないサイトに接続することができます。

つまりは「どんなサイトでも関係なく通信速度の向上が図れる」ということですので、自前でWiFiルーターを選ぶ際にはできるだけtransix IPv4接続(DS-Lite)に対応したルーターを選ぶようにするのがおすすめです。

なお、transix IPv4接続(DS-Lite)に対応したルーターの機種については、ransixの公式サイトから参照することができます。

BB.excite光 fitはこんな人にはおすすめできない

BB.excite光 fitは以下の4つの条件に当てはまる方にはあまりおすすめできません。

  • 10ギガ回線を使いたい人
  • 高額なキャッシュバックや割引を望んでいる人
  • 動画サービスやオンラインゲームを頻繁に利用する人
  • 初期費用を安く抑えたい人

そではは何故上記のような方にBB.excite光 fitがおすすめできないのか、その理由を詳しく解説していきたいと思います。

10ギガ回線を使いたい人

BB.excite光 fitには10ギガ回線に対応したプランが無いため、同光回線サービス最大の特徴である段階料金制を維持したままで10ギガ回線を利用することはできません。

一応、エキサイト株式会社が提供している光回線に「BB.excite光 10G」という10ギガ専用のサービスもありますが、その実質月額料金は月々6,072円と高額です。

それなら同じ光コラボで月々4,718円(キャッシュバックを含む)から利用できるドコモ光の方が、よりリーズナブルに10ギガの高速回線を利用できます。

ドコモ光の詳細やユーザーの評判・口コミについては下記の関連記事から詳しく紹介しているので、コラボ光で10ギガ回線を使いたいという方は、そちらも併せて参考にしてみて下さい。

高額なキャッシュバックや割引を望んでいる

現在BB.excite光 fitで利用することのできる特典やキャンペーンは上記の通りで、大手光回線サービスにあるような派手なキャッシュバックや基本料金の割引などは用意されていません

そのため、BB.excite光 fitは高額なキャッシュバックや割引を望む方にはおすすめしづらく、そういった方には下記関連記事から詳しく知ることのできる、auひかりなどの特典の充実した光回線を選ぶのが良いでしょう。

とはいえ派手な特典やキャンペーンが無い分、BB.excite光 fitには契約期間の縛りが無く、基本料金が控えめというメリットもあるので、一概に派手なキャッシュバックがある方が良い光回線であるというわけではありません。

↓↓au光をもっと詳しく知りたい方はこちら↓↓

動画サービスやオンラインゲームを頻繁に利用する人

回線名Ping値※1
BB.excite光 fit 33.84ms
BB.excite MEC光 17.41ms
BB.excite光 21.7ms
ドコモ光 18.85ms
NURO光 11.03ms

※1:Ping値引用元→みんなのネット回線速度

一般的にFPSなどのアクション性・リアルタイム性の高いオンラインゲームをプレイする際は、Ping値が15ms以下であるとラグや遅延なく快適にプレイが可能とされています。

それに対し、BB.excite光 fitのPing値は 33.84ms(実測値)とかなり遅めなので、いわゆる「重たいゲーム」はあまり快適にはプレイできないものと予想されます

現状ではSNSなどにそういった悪い口コミは見当たらないものの、オンラインゲームを快適にプレイしたいという方は、できるだけ他のオンラインゲームに適した光回線から検討していくのがおすすめです。

なお、当サイトがオンラインゲーマーの方に最もおすすめする光回線は、プロe-スポーツチームへの回線提供実績も多い「hi-hoひかり with games」です。

hi-hoひかり with gamesの詳細については下記の関連記事から詳しく知ることができるので、ぜひそちらの関連記事も併せてご覧になってみて下さい。

初期費用を安く抑えたい人

工事費は2024/02/23現在、キャンペーンで無料です

BB.excite光 fitには「契約事務手数料0円」と「初期工事費50%引き」の2つの初期費用割引キャンペーンがありますが、それでも開通時の初期費用(開通工事費)として7,500円は必要です。

基本的に大手キャリアの光回線はどこも工事費無料が基本ですし、初期費用として必要なのは契約手数料の3,300円くらいのものであるため、それと比較するとBB.excite光 fitの方が4,000円以上高くつきます

そのため、初期費用をできるだけ0円に抑えたいという方にはBB.excite光 fitをおすすめすることはできません。

ただし、解約時に違約金や撤去費用などを払うリスクを考えれば、初期費用の7,500円くらい安いものという考え方もできるため、その辺はあくまでもケースバイケースであると言えるでしょう。

BB.excite光 fitのよくある質問

ここからは、ネットやSNSなどで多く見かける、BB.excite光 fitのよくある質問にお答えしていくことにしましょう。

この項目には契約手順や支払い方法などの重要な情報も含まれていますので、どうか読み飛ばしなどの無いように最後までしっかりとお読みいただければと思います。

BB.excite光 fitを契約する時に注意すべきことはある?

BB.excite光 fitを契約する際に注意すべきことは、主に以下の3つのポイントです。

  • 月々のデータ使用量の見込みを立てておく
  • マンションの配線方式を確認しておく
  • 対応エリアを確認しておく

次に上記3つのポイントについて詳しく解説をしていきますので、これからBB.excite光 fitとの契約を検討している方は併せて参考にするようにして下さい。

月々のデータ使用量の見込みを立てておく

BB.excite光 fitは同月内のデータ使用量が一定値を超えるごとに料金が加算されていくシステムなので、あまり無計画に使用していると思わぬ高額料金を請求されてしまう可能性があります

そのため、BB.excite光 fitとの契約を検討する際には下記表を目安に、ご自身が月々どのくらいのデータ容量を消費する見込みであるかを事前に計算しておくようにしましょう。

計算方法はとても簡単で、例えばWEBサイトの閲覧を1日平均1時間行った場合だと「90MB×1(時間)×31(日)」という感じで計算していけばOKです。

1時間あたりのデータ通信量
WEBサイトの閲覧80~90MB
動画の
ストリーミング再生
450MB(標準画質)
オンラインゲーム100~150MB
Zoomなどの
オンライン会議
400MB前後

マンションの配線方式を確認しておく

 光配線方式※VDSL方式LAN配線方式
共有部から
各部屋までの配線
光ケーブル電話回線LANケーブル
最大通信速度100Mbps~1Gbps100Mbps100Mbps

※共有部の配線ポートが複数の配線方式に対応している場合、光回線方式が優先されます。

マンションやアパートなどのすでにインターネット回線が導入済みの物件の場合、その導入済みの回線の配線方式によって、上記表のように期待できる最大速度(理論値)が変わってきます。

例えばお住まいのマンションがVDSL方式やLAN配線方式の場合は、同じ光回線であっても最大100Mbpsまでしか速度が出ず、ご自身で個別に電柱から回線を引くなどしない限りは配線方式の変更もできません

その場合は安易に光回線には契約せず、ホームルータなどの他の通信手段も検討したうえで、慎重に契約すべき回線サービスを選ぶようにしましょう。

対応エリアを確認しておく

BB.excite光 fitはNTTフレッツ光の回線を借りて運営をおこなっている「光コラボ」ですので、その対応エリアもフレッツ光と同じ日本全国です。

ただし、日本一のシェアを誇るNTTフレッツ光の回線でも、山間部や離島など一部エリアに対応していない場合もあるため、契約前にきちんとエリアチェックをしておくことが大切です。

なお、フレッツ光の対応エリアは東日本と西日本で参照先が違うため、下記のリンクを参考にお住まいの地域に合わせた方法でチェックをおこなうようにして下さい。

光コラボ・フレッツ光のエリア確認方法

BB.excite光 fitの契約方法や手順は?

BB.excite光 fitへの申し込みは、下記の4ステップに沿っておこなっていきます。

  1. WEBお申し込み
  2. お申し込み内容の確認と工事日調整・決定
  3. 機器設定・工事
  4. 開通・ご利用開始

続けて以下にBB.excite光 fitの詳しい契約・開通手順を解説していきますので、そちらも併せてご確認ください。

WEBお申し込み

BB.excite光 fitのお申し込みはBB.excite光 fitの公式ページから専用のフォームでおこなう必要があります。

その際、料金の支払い方法の登録が必要ですので、手元に支払い用のクレジットカードを用意しておくとスムーズです。

全ての入力が終わり申し込みを確定すると登録したメールアドレスに確認メールが届くので、メールが届いたら申込内容に間違いが無いかをもう一度確認しましょう。

お申し込み内容の確認と工事日調整・決定

申し込み内容の確認や工事日の調整が必要な場合、カスタマーサポートから電話がかかってくる場合があります

その際、工事日程のすり合わせをおこなうことになる可能性があるので、この時点でいくつか工事の候補日を決めておくと良いでしょう。

最終的に確定したお申し込み確定内容・工事日程は、メールおよび書面にて通知が届きます。

機器設定・工事開通

工事日程が決まると、NTTの工事担当者から工事の前日までに最終確認の電話が入ります。

日程に問題が無ければ工事予定日に工事がおこなわれますが、この工事には必ず契約者の立ち合いが必要です。

また、通信機器とPCの接続・設定は自分でする必要があるので、機器に同梱された説明書を参考に設定や接続をおこなっていきましょう。

ここまで来ればBB.excite光 fitは無事開通。機器の設定が終わればすぐにインターネットを利用することができます。

BB.excite光リモートサポートについて

自分1人で機器の接続や設定をするのが難しいという方は、有料オプションである「BB.excite光リモートサポート(550円/月)」に加入するのもおすすめです。

こちらのオプションに加入していると365日年中無休(営業時間 9:00~21:00)で接続や設定、回線トラブルなどの対応をしてもらえるので、光回線に初めて加入される方でも安心して利用できます。

用が済めばオプションを解約すればいいだけなので、初回の設定時だけでも加入しておくと色々便利です。

BB.excite光 fitではどんな支払い方法が使える?

同じエキサイト株式会社が提供する「BB.excite with フレッツ光」が口座振替に対応しているため勘違いされがちなのですが、BB.excite光 fitで用いることのできる支払い方法はクレジットカード払いのみです。

BB.excite光 fitでは口座振替や請求書払いなどを利用することはできませんので、あらかじめ了承しておきましょう。

BB.excite光 fitから別の回線プランに乗り換えることはできる?

原則的には、BB.excite光 fitからBB.excite MEC光などの別プランに乗り換えをおこなうことはできません

BB.excite光 fitから他の回線プランに変更をしたい場合はまず同プランを解約した上で、改めてBB.excite MEC光などと契約を結ぶ必要があります。

ただし、使用する回線は同じですので新たに工事をおこなう必要はなく、正式な手順で契約プランを変更しさえすれば、すぐに新たな回線プランで利用を再開することが可能です。

BB.excite光 fitの評判・口コミまとめ

ここまで、BB.excite光 fitの速度や料金・キャンペーン、解約についての評判や口コミをご紹介し、その上で分かったメリットやデメリットについても解説をおこなってきました。

当記事でご紹介した評判や口コミの内容を簡潔にまとめると以下の通りになります。

  • IPv6(IPoE)に対応しているため速度の評判は良い
  • ただし夜間帯は速度が低下することがある
  • Ping値が高いのでオンラインゲームには向かない
  • ルーターの性能は低いが無料でWiFiを使える
  • 特典やキャンペーンが少ないが基本料金は安い
  • BB.excite光 fitはデータ使用量に応じた段階料金制
  • 契約期間の縛りが無いため違約金などが発生しない

BB.excite光 fitはデータ使用量に応じて利用料を払うシステムの光回線であるため、インターネットをそれほど頻繁に使わない方であれば固定費の削減に繋がります。

また、解約時に違約金や撤去工事費用・分割払いの残債が発生しないため、全くの0円で解約や乗り換えができるのも大きなメリットです。

段階料金制(従量制)自体はスマートフォンなどのプランでよく見られるものの、光回線でこのシステムを取り入れているのはBB.excite光 fitと他数社だけ。

その中でもBB.excite光 fitは間違いなくトップクラスにリーズナブルな光回線サービスと言えるので、従来の型にとらわれず自由に光回線を使用していきたい方は、ぜひBB.excite光 fitとの契約を検討してみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

【目次】クリックで見出しに飛びます