NURO光の法人向けNURO Bizってどう?通信速度や個人向けとの違いなどを徹底解剖!

NURO Biz メリット デメリット


本記事では、NURO BizのプランやNURO光(個人向けプラン)との違い、NURO Bizで展開されているサービスにはどのようなものがあるのか、これらの情報をまとめていきます。


NURO Bizの導入を検討されている法人ご担当者様や、NURO BizとNURO光、どちらが適しているのか迷われている方はぜひ参考にしてください。

項目NURO Biz
(法人向け)
NURO光
(個人向け)
料金20,735円~5,200円~
工事費55,000円~44,000円
通信速度最大2〜10Gbps最大2〜10Gbps
サービスの品質保証
(SLA)
ありなし
固定IP
アドレス
ありなし

※更新日:2024/07/12

個人向けの人は以下からお申し込みください↓↓

NURO光の評判や口コミはこちら
NURO光のキャンペーンはこちら
NURO光の通信速度はこちら
NURO光へ乗り換える方法はこちら

【目次】クリックで見出しに飛びます

NURO光の法人専用プラン「NURO Biz」とは?

高速インターネット接続サービス「NUROアクセス」を中心としたネットワークソリューション、マネージド型のクラウドソリューション、この2つのソリューションを中心としたNUROの法人向けブランド名が「NURO Biz」です。

その強みと言えば、ビジネスに必要なインフラからクラウド・アプリケーションまで、その導入や運用を全てをNURO Bizに一任できるところ

そんなNURO Bizで提供されているサービスには、主に下記のようなものがあります。

  • 通信サービス:クラウド利用とテレワークを快適にする
  • セキュリティサービス:あらゆる脅威からユーザーのネットワークや情報資産を守る
  • クラウドサービス:企業のプラットフォームとなるネットワークサービス
  • AIサービス:AIによる予測・分析で業務のムダ削減&利益の最大化

これらは企業のIT運用・保守業務を大幅に削減して新たなビジネスを生み出させるためのサービスであり、NURO Bizがそのサポートを担うという強い目的があります。

おすすめ 光回線 バナー

NURO Bizの速度や料金などの基本情報は?

スクロールできます
プラン名NUROアクセス 10GNUROアクセス 2G
スタンダードプレミアム 30Mプレミアム 50M
月額料金26,235円20,735円55,000円165,000円
初期費用(工事費別)55,000円165,000円165,000円165,000円
事務手数料3,300円3,300円3,300円3,300円
基本工事費55,000円55,000円55,000円55,000円
通信速度下り最大10Gbps2Gbps2Gbps2Gbps
上り最大10Gbps1Gbps1Gbps1Gbps
帯域確保/保証10Mbps確保10Mbps確保30Mbps保証50Mbps保証
サービス品質保証(SLA)稼働率99.9%稼働率99.9%稼働率99.9%稼働率99.9%
IP割り当てIPv4固定LAN1ポート:固定LAN1ポート:固定LAN1ポート:固定
IPv6固定LAN2ポート:動的LAN2ポート:動的LAN2ポート:動的
提供機器(ONU)ブリッジタイプブリッジタイプブリッジタイプブリッジタイプ
最低利用期間1年1年1年1年
サポートオンサイト保守24時間365日24時間365日24時間365日24時間365日
リモート保守24時間365日24時間365日24時間365日24時間365日
固定IPオプション
DNSホスティング
オプション

※更新日:2024/07/12

NURO Bizの高速インターネット接続サービス「NUROアクセス」には、上記表にある様な2つのプランがあるのですが、その主な違いは最大通信速度帯域確保/保証の内容です。

どのプランと契約するか迷った時はその2点に注目して、業務内容や使用目的に合ったプランを選ぶようにしましょう。

下り、上り、ping値って何?
  • 下り速度

WEBサイトの閲覧・動画視聴・ダウンロードなどの速度。数値が大きいほど速い

  • 上り速度

メールの送信やファイルのアップロードなどの速度。数値が大きいほど速い

自分の端末オンラインゲームのサーバーまでのデータ通信にかかる時間を表す。数値が小さいほどラグが少ない

Ping値の詳しい説明はこちら

IPv4とIPv6の違いって?

インターネットに接続する機器はインターネット上での住所を示すIPアドレスが振られます。

IPv4の場合、世界で使えるIPアドレス数は約43億個である一方で、IPv6には約340澗(かん)のIPアドレスが存在します。

つまりIPv4に比べて格段に多くのIPアドレスを使用できるのがIPv6の最大の特徴で、最新の通信方式とセットで速度向上が可能。同時にセキュリティの強化も図られています。

IPv4について更に詳しくみる

IPv6について更に詳しくみる

NUROアクセス 10G

NUROBiz 帯域確保 解説

複数あるNURO Bizの契約プランの中でも特におすすめなのが、上下最大10Gbpsの高速回線である「NUROアクセス10G」です。

そんなNUROアクセス10Gの特徴を簡潔にまとめると、以下の通りになります。

  • 上り下り最大10Gbpsの高速回線
  • 固定IPを標準装備
  • 最低帯域10Mbps以上の帯域確保
  • SLA(サービス品質保証)稼働率99.9%
  • 24時間365日のオンサイト保守

このサービスは、オンライン会議やクラウドサービスの利用、テレワークによる社外からの接続といった高速インターネット回線への需要に応えるものとなっています。

また、固定IPアドレス稼働率99.9%のSLA(サービス品質保証)24時間365日のオンサイト保守が標準装備されており、セキュリティやアフターサポートの面でも非常に優れています。

補足

稼働率とは?

ここで言う稼働率とは、NURO Bizのサービスが正常に動作(接続)できている時間の割合のことで、その数値は「稼働率(%)=(総時間 – 停止した時間)÷ 総時間 x 100」で算出されます。

SLA(サービス品質保証)とは?

SLA(サービス品質保証)とは?上述の【稼働率とは?】で算出した数値が保証稼働率を下回った場合、その稼働停止時間分に応じた料金を返金保証してくれるというサービスです。

例えばNURO Bizのサービスが1ヶ月(720時間)中・10時間正常に動作しなかった場合、「NURO Bizの月額料金÷720×10時間」の料金が契約法人に返金されることになります。

NUROアクセス 2G

NUROアクセス2G 通信速度

ビジネスインフラのスタンダード回線として提供されている「NUROアクセス 2G」には、下記のような帯域確保・帯域保障値の異なる3プランが用意されています。

  • スタンダード
  • プレミアム 30M
  • プレミアム 50M

以下より、上記3つの2Gプランについて詳しく解説をしていきますので、NURO Bizへの申し込みを検討されている法人ご担当者様は、ぜひ参考にして下さい。

帯域確保とは?

帯域確保を端的に説明すると、「回線が混雑する時間帯でもこのくらいの通信速度ができるようにするよ」といった感じの保証サービスのことです。

もし仮に実際の通信速度がこの保証速度を下回った場合、NURO Biz側で回線設備を増強するなどして状況の改善を図ってくれます。

スタンダード

NUROアクセスの中で最も基本的なプランである「NUROアクセス2G スタンダード」の特長は次のとおりです。

  • 下り最大2Gbps
  • 固定IPを標準装備(LAN1ポートのみ)
  • 最低帯域10Mbps以上の帯域確保
  • SLA(サービス品質保証)稼働率99.9%

NUROアクセス2G スタンダードはNURO Bizの契約プランの中で最も月額料金が安く、規模の小さな中小企業でも比較的導入がしやすいプランです。

ただし、保証されている通信速度(最低帯域)が10Mbpsと低めなため、大きなデータをやり取りするのにはあまり向いていません

とはいえ、WEB会議を快適に行うために必要な通信速度が10~30Mbps程度とされていることから、通常の業務には過不足なくインターネット回線を利用できるでしょう。

下り、上り、ping値って何?
  • 下り速度

WEBサイトの閲覧・動画視聴・ダウンロードなどの速度。数値が大きいほど速い

  • 上り速度

メールの送信やファイルのアップロードなどの速度。数値が大きいほど速い

自分の端末オンラインゲームのサーバーまでのデータ通信にかかる時間を表す。数値が小さいほどラグが少ない

Ping値の詳しい説明はこちら

プレミアム 30M

スタンダードよりも「帯域保証」の面で上位に位置する「NUROアクセス2G プレミアム30M」の特徴は次のとおりです。

  • 下り最大2Gbps
  • 固定IPを標準装備(LAN1ポートのみ)
  • 最低帯域30Mbps以上の帯域確保
  • SLA(サービス品質保証)稼働率99.9%

最低10Mbps以上の帯域確保しかなかったスタンダードに対し、NUROアクセス2G プレミアムでは最低30MMbpsの帯域を保証しています

そのほかの特徴はスタンダードと同じですが、高解像度でWEB会議を行いたい場合や、業務に必要なファイルのやり取りをスムーズに実行したい時などに役立つでしょう。

プレミアム 50M

スタンダードよりも「帯域保証」の面で上位に位置するプレミアム30Mよりも、さらに帯域保証を重視したプランが、下記のような特徴を持った「NUROアクセス2G プレミアム50M」です。

  • 下り最大2Gbps
  • 固定IPを標準装備(LAN1ポートのみ)
  • 最低帯域50Mbps以上の帯域確保
  • SLA(サービス品質保証)稼働率99.9%

NUROアクセス2G プレミアム50Mが保証している50Mbpsの通信速度は、秒間6.25MBのデータの送受信が行える程度の速度であり、これを1GBのファイルに換算すると約2分半でやり取りが行える計算になります

同プランであれば、動画ファイルやフルカラーの画像データといった重いファイルの送受信も快適に行えるため、他業者や在宅ワーカーに業務の一部を委託している法人には非常におすすめです。

個人向けの人は以下からお申し込みください↓↓

NURO光の評判や口コミはこちら
NURO光のキャンペーンはこちら
NURO光の通信速度はこちら
NURO光へ乗り換える方法はこちら

NURO BizとNURO光との違いは?

NURO BizNURO光
対象法人が対象
個人/個人事業主は契約不可
個人が対象
条件付きで法人でも利用可
固定IPアドレス標準で付与提供なし
帯域確保・帯域保障ありなし
SLA(サービス品質保証)稼働率99.9%保証保証なし
サポート体制24時間365日のリモート・訪問サポートリモート・訪問サポートなし
問い合わせ受付時間:平日9~18時
料金20,735円~5,200円~
特典特典なしキャッシュバック
他社違約金の還元特典
スマホセット割 など
オプションサービス固定IPアドレスの追加
DNSホスティングサービス
ルーターレンタル
セキュリティサービス など
PS5月額オプション
NURO 光 でんわ
ひかりTV for NURO
NURO 電気
NURO ガス  など

※更新日:2024/07/12

上記に表にあるとおり、NURO BizとNURO光(個人向け)の違いは、主にその月額料金オプションサービスの内容にあります。

また、NURO Bizが完全に法人に向けた通信・保守サービスであるのに対し、NURO光(個人向け)は法人・個人のどちらも契約が可能です。

自社専用のサーバーを持てなかったり、固定IPが無いためセキュリティ能力では劣るものの、規模の小さな法人や個人事業主であればNURO光(個人向け)で事足りるケースも多いでしょう。

↓↓なお、下記の関連記事ではNURO光の評判や口コミについて詳しく解説をしていますので、個人向けプランへの申し込みを検討される場合は、こちらも併せて参考にしてみて下さい。

NURO Bizに契約することで利用できるサービスは?

NURO Bizは、一括して複数のICT(通信技術を活用したコミュニケーション)の課題にアプローチできることが最大の特長になっています。

ではここで、NURO Bizと契約することでどのようなサービスが利用できるようになるのかを具体的に見ていきましょう。

NUROアクセス(インターネット接続サービス)

NUROアクセス 10GNUROアクセス 2G
最大通信速度下り:10Gbps下り:2Gbps
伝送規格「XGS-PON」「G-PON(ジーポン)」
固定IPアドレス1つ標準装備
帯域確保・帯域保証上下10Mbps以上
サポート24時間365日対応
SLA(サービス品質保証)稼働率99.9%を保証
数値を下回る場合は
料金の一部を返金
オンサイト保守(訪問対応)有り有り
月額基本料26,235円20,735円

※更新日:2024/07/12

NURO Bizには、国際基準の伝送規格『XGS-PON』を採用した高速回線「NUROアクセス 10G」と、ビジネスインフラのスタンダード回線として下り最大2Gbpsを実現した「NUROアクセス 2G」の2つのプランがあります。

そんなNUROアクセスの特長は以下に説明するとおりです。

NURO Bizは高スペック!

NUROアクセス 料金プラン

NUROアクセスは下り最大10Gbps/2Gbpsと高速で広帯域なインターネット接続を実現しています。

「NUROアクセス2G」では、伝送規格に国際標準である「G-PON(ジーポン)」を採用しており、従来の通信規格である「GE-PON」と比較すると、その伝送効率は28%も向上

これは、より少ない通信でより多くのデータを送受信できることを意味しています。

NURO Bizは高品質!

NURO Bizで提供されているNUROアクセスは、業界トップクラスの強力なバックボーンの保有により、通信環境が極めて安定しているのも特長の1つです。

NUROアクセスには、社外から安全に社内ネットワークにアクセスするために不可欠な固定IPアドレスが1つ標準装備されており、通常のNURO光と比べてセキュリティ能力が大きく向上しているところが大きなメリット。

さらにはSLA(サービス品質保証)も標準装備しており、万が一にも稼働率が99.9%を下回る場合は、月額基本料金の一部を返金するというありがたい保証もあります。

NURO Bizは高コスパ!

サービス名最大速度月額基本料金
NUROアクセス2Gbps~20,735円~
GMO BIZアクセス1Gbps~191,000円~
SmartVPN
(ソフトバンク)
1Gbps~48,000円~
KDDI1Gbps~171,600円~

※更新日:2024/07/12


NUROアクセスを他社同クラスの法人向けサービスと比較すると、そのコストパフォーマンスも非常に高くなっています。

通常、通信速度の品質を保証する「ギャランティ型回線」は月額10万円超が基本料金の相場になっていますが、NUROアクセスは月額20,735円から利用できるため、まさに破格の料金設定と言えます。

ギャランティ型回線とは?

ギャランティ型回線とは、帯域確保(最低速度の保証)がついた通信サービスのことです。

NURO Bizではプランによって10Mbps~50Mbpsの帯域確保が行われていますが、万が一この基準の通信速度を下回るような場合は、NURO側で設備の増強などを実施して速度の向上を図ってくれます。

もちろん、帯域確保に必要な設備増強等に対し、契約している法人側が費用を負担することはありません

NURO閉域アクセス

NUROアクセス 概要

NURO閉域アクセスは、NURO Bizのネットワーク設備を利用した閉域接続による広域イーサネットサービスで、最大通信速度上り下り1Gbpsの広帯域な閉域網に、10Mbpsの帯域確保を標準装備しています。

また、稼働率99.9%のSLA(サービス品質保証)および24時間365日オンサイト保守対応で、低価格ながらも高品質なサービスを実現しるところも大きなメリットです。

通常のインターネット回線では速度やセキュリティ面で不満だけれど、コストのかかる専用回線の導入は難しいという場合には、NURO閉域アクセスを利用することで低コストでの拠点間接続が実現できるでしょう。

広域イーサネットサービスとは?

広域イーサネットはイーサネットの規格を利用し、複数の離れた拠点を外部からのアクセスが不可能な閉域ネットワークで結ぶ通信サービスのことです。

通常のインターネット通信と比べると専用の通信網を確保(レンタル)する必要があるためコストがかかるものの、セキュリティ強化通信速度の向上につながるなどの数々のメリットがあります。

ワイヤレスLAN typeN

NURO Biz ワイヤレスLAN typeN

ワイヤレスLAN typeNとは、事前に設定済みのアクセスポイント(通信機器)にLANケーブルをつなぐだけで、簡単にビジネス用WiFiの導入ができるマネージド無線LANサービスです。

また、NURO Bizからレンタルされるアクセスポイントは「最新の無線規格に対応(電波が途切れにくい)」「通信速度最大2.4Gbps対応」「同時接続可能台数100台」といった高スペックで、快適性や使い心地もバッチリ。

同サービスを利用することで業務上のロスを最低限まで削減することができるため、ビジネスの効率化を求める法人には見逃せないサービスの1つと言えます。

マネージドクラウド with AWS

強み詳細
導入~運用支援サービス初期設定から運用保守まで豊富なメニューを用意
メニューごとにに価格と作業内容が明示され、
ニーズに応じたメニュー選択が可能
接続ネットワークサービスNURO光をベースにした通信サービスの提供
クラウドポータルNURO Biz独自開発のAWS運用管理/自動化ツール
AWS運用効率化を実現する機能を搭載

AWSマネージドサービスの基本パッケージである「マネージドクラウド with AWS」は、はじめてAWSを利用するユーザーからエキスパート向けの活用までトータルでサポートしてくれるサービスです。

同サービスを利用するすることで、将来的には最先端のアーキテクチャを活かしたアプリケーション開発など一歩進んだ活用まで支援してもらえるため、設立して間もない新設法人には極めて便利なサービスです。

AWSマネージドサービスとは?

AMSマネージドサービスとは、Amazonが提供する運用サービス(AMS:AWS Managed Services)のことで、基本プランでは以下のような運用・管理のサービスの提供を受けることが可能です。

  • サービスデスク
  • 運用監視
  • バックアップ管理
  • コスト最適化
  • ロギング
  • レポーティング
  • サービスデリバリ
  • パッチ適用
  • アクセス管理
  • セキュリティ管理

上記業務を全て自社で行おうとすると多大な労力・コストが必要になりますが、AWSマネージドサービスを利用すればそれらの業務を全て委託することができるため、貴重な社内リソースを割く必要がありません

さらに、運用管理/自動化ツール「クラウドポータル」を使用することで、誰でも簡単に上記業務が行えるようになり、将来的に「自分たちでAWSを運用できる」ことを目標とした手厚いサポートを受けられます。

↓↓なお、以下の動画ではAWS環境を整える方法や基礎知識について分かりやすく解説されていますので、AWSの利用を検討されている場合は、申し込みの前に視聴しておくことをおすすめします(第3回まであります)。

Amazon WorkSpaces導入支援サービス

AWSが提供する「Amazon WorkSpaces」は、以下の特長をもつ仮想デスクトップサービスです。

  • フルマネージド型でインフラ運用が不要
  • 1台から柔軟にスケールできる。
  • 短期間でコストを抑えて導入可能
  • テレワーク環境としても有効

なお、その導入にあたっては様々な項目を検討する必要があり、ユーザーにとっては悩みどころも多くなりますが、Amazon WorkSpaces導入支援サービスでは、現状のユーザー環境にあわせて最適な構成を提案してくれます

そんなAmazon WorkSpaces導入の流れは以下のとおりです。

  • 要件確認
    あらかじめ用意されたヒアリングシートに基づいて必要な要件や項目を洗い出す
  • 構成検討
    パラメータ設計洗い出した要件に合わせて最適な構成を検討。パラメータ設計を行う
  • 環境構築
    テストパラメータ設計に基づき環境を構築。構築後はテストを実施し結果報告を行う
  • 導入後サポート
    有償での導入説明会の実施やニーズに合わせてAWSや運用管理ツールの利用方法を詳しく説明

このように、NURO Bizと契約を結んでいる法人に対しての手厚い導入支援サービスが受けられるため、初めて仮想デスクトップサービスを利用する法人でも、安心して導入の検討を行えるのが最大のメリットです。

仮想デスクトップサービスとは?

仮想デスクトップサービスとは、データセンターに設置されたサーバ上で仮想のデスクトップ環境を提供するサービスです。
企業の負担となるPCの管理や運用を軽減でき、安全かつ拡張性を備えているため多様なニーズにすぐに対応することができるため、場所を問わず、オフィスと同じように仕事をすることができます。

引用:ソフトバンク公式サイト

yarai(セキュリティサービス)

NURO Bizで提供されている「yarai(ヤライ)」は、機密情報を盗み取ることなどを目的として特定の個人や組織を狙った、標的型攻撃に特化したセキュリティサービスです。

同サービスでは、アンチウイルスソフトのようなパターンマッチングによる方法ではなく、リアルタイムでソフトウェアの挙動を監視することによって、より精度の高いマルウェア検知が可能。

その結果、従来型のセキュリティシステムでは防ぎきれなかった未知のマルウェアからも、社内の大切な情報を守ることができます

マルウェアとは?

コンピューターやその利用者に被害をもたらすことを目的とした、悪意のあるソフトウェアをマルウェアと呼びます。(中略)

代表的なものとしては、プログラムやファイルの一部を書き換えて自己複製するコンピューターウイルス、独立したプログラムとして実行され、ネットワークなどを介してほかのコンピューターに拡散するワーム、攻撃者の命令に従ってDDoS攻撃や迷惑メールの送信などを行うボット、暗号化などによってファイルを利用不能な状態にし、元に戻すことと引き換えに金銭を要求するランサムウェアなどが挙げられます。

引用:ドコモビジネス

↓↓下記の動画では標的型攻撃に対するyaraiの防御デモが公開されていますので、興味のある方は併せて参考にしてみましょう。

ESET

ESET 概要

ESETは、以下の3つの機能によって、新種のウィルスなどの脅威に対する高い検出力を実現するサービスです。


これらは独自開発の検出システム「ヒューリスティック技術」が実現したもので、20年以上前から製品に搭載されています。

  • 静的解析(プログラムコード解析)
  • 動的解析(エミュレータ)
  • 遺伝子工学的解析(ジェネリックシグネチャ)


ESETでは、独自開発のヒューリスティックエンジンと2種類のウイルス定義データベースを利用した効率的なウイルス検出方法で、クライアントPCやサーバーの負荷軽減を実現しています。

また、ライセンスルールもシンプルな購入形態で、ライセンスを無駄なく活用できるよう設計。


管理者の負担を軽減したクライアント管理プログラム「ESET PROTECT」も、契約者である法人自らが柔軟な運用を実現できるよう開発されており、主なクライアント機能には以下のようなものがあります。

ESETのクライアント機能
  • ウイルス・スパイウェア対策
  • 迷惑メール対策
  • デバイスコントロール
  • 不正侵入対策
  • フィッシング対策
  • Webコントロール

OneLogin

OneLoginの機能概要
ID管理機能クラウドサービス・ユーザーごとの認証レベルを設定できる
シングルサインオン使用するクラウドサービスに簡単にログインできる
ディレクトリサービス
の一元化
ActiveDirectoryやGoogle Workspaceなどのディレクトリをスムーズに連携
ユーザー
プロビジョニング
管理者のユーザー管理工数を削減
社内アプリケーションとアカウント情報を自動連携
Prediction One
(AI予測分析)
専門スキル不要で、高度なAI予測分析が可能

「OneLogin」はIDとパスワードを一度入力するだけで、複数のサービスにログインして利用できるようになるクラウド型ID管理・シングルサインオンサービスです。


同サービスは5000以上のクラウドコンピューティングサービス、webアプリケーションに対応しており、法人業務におけるクラウドサービスの安全かつ効率的な利用を可能にしています。

↓↓なお、下記の動画ではNURO BizのAI予測分析をカンタンに導入・使用できる方法について詳しく解説されていますので、ぜひ併せて参考にしてみて下さい。

おすすめ 光回線 バナー

NURO Bizの固定IPの料金や設定方法は?

NURO Bizのインターネット回線サービス「NUROアクセス」では、標準で固定IPアドレス1個が付与されており、固定IPアドレスを追加できるオプションサービスも用意されています。

ここでは、そんなNURO Bizの固定IPの料金や設定方法について詳しく解説を行っていきます。

NURO Bizの固定IPの料金

コース利用可能固定IP数月額料金
IP42¥6,600
IP86¥11,000
IP1614¥33,000
IP3230¥66,000

※更新日:2024/07/12

IPv4の固定IPアドレスを追加で利用する場合の料金は上記表のとおりで、固定IPアドレスはコースにもよりますが、最大で30個まで追加することができます。

NURO Bizで固定IPを利用する時の設定手順(Windows10の場合)

NURO bizで固定IPを利用する時の設定は以下の手順を参照して行ってください。

  • デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリック
  • 表示されたメニューから[ネットワーク接続]を選択
  • 「ネットワークの詳細設定」から[アダプターのオプションを変更する]を選択
  • 固定IPアドレスを設定するネットワーク接続のアイコンを右クリック
  • [プロパティ]を選択
  • 「ネットワーク」タブを選択
  • 「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」を選択
  • [プロパティ]をクリック
  • 「次のIPアドレスを使う」を選択
  • [IPアドレス]欄へ利用する固定IPアドレスを入力
  • [サブネットマスク]欄へ指定されたサブネットマスクの値を入力
  • [デフォルトゲートウェイ]欄へ指定されたデフォルトゲートウェイの値を入力
  • 「次のDNSサーバーのアドレスを使う」を選択
  • 「優先DNSサーバー」「代替DNSサーバー」共に指定された値を入力
  • [OK]をクリックすれば設定完了

なお、固定IPの設定などの技術的な疑問や質問については、「NURO Bizのサポートデスク」へ電話で問い合わせることで解決を図ることができます

もしもNURO Bizの固定IPの設定方法がわからない時は、下記の問い合わせ窓口に電話をしてみるようにしましょう。

NURO Bizの問い合わせ先

NURO Biz サポートデスク

TEL:0120-961-663

受付時間:9時~18時(土日・祝日・夏季休暇・年末年始を除く)

個人向けの人は以下からお申し込みください↓↓

NURO光の評判や口コミはこちら
NURO光のキャンペーンはこちら
NURO光の通信速度はこちら
NURO光へ乗り換える方法はこちら

NURO bizの導入事例|あの超有名企業も利用していた!

実はNURO Bizのサービスは、誰もが知っているようなあの有名企業にも導入されています。

ここではその導入事例の実例の一部をご紹介していきますので、御社にNURO Bizを導入する際の活用イメージの構築にお役立ていただければと思います。

YKK ap株式会社(建材メーカー)

導入したサービス導入の目的
Prediction One経験と勘と度胸に基づいてきた業務を標準化!
AI導入で更なる精度向上へ

Prediction Oneとは、ソニー社内のAI教育にも用いられている予測分析ツールのこと。

専門的なスキルを必要とせず、高度なAI予測分析が可能なこのツールは、様々な業種における業務効率化の課題解決を目的に数多くの企業に導入されています。

NAVITIME(地図ポータルサイト)

導入したサービス導入の目的
NUROアクセス 2G
OneLogin
Microsoft 365
ESET
「OneLogin」で、業務用ツールのセキュリティ管理を集約
テレワークでも即座に安全な業務環境を実現する

「OneLogin」は1つのIDとパスワードで複数のサービスにログインして一元管理が行える、クラウド型ID管理・シングルサインオンサービスのこと。

同サービスでは、5000以上のクラウドコンピューティングサービス、webアプリケーションに対応し、クラウドサービスの安全そして効率的な利用を可能にしています。

また、「ESET」は、新種のウィルスなどの脅威に対する高い検出力を実現するサービスで、高いランサムウェア検出力だけではなく、クライアントPCやサーバーの負荷軽減を実現したサービスです。

そのため、NAVITIMEのような不特定多数の個人・企業からのアクセスが集中するような法人には、セキュリティ面を強化する上で、まさにうってつけのサービスであると言えます

監査法人 京立志

導入したサービス導入の目的
マネージドクラウド with AWS
Amazon WorkSpaces導入支援サービス
データのセキュリティ対策
コストを抑えて、堅牢な環境を確保

「マネージドクラウド with AWS」は、アカウントの発行初期設定といったビギナー向けのサポートから運用保守までトータルに提供してくれるサービスです。

京立志は上場企業の金商法監査も行っている監査法人および公認会計士集団ですから、顧客の情報をしっかりと守りつつ、自ら運用保守を行える上記サービスは同法人のニーズにピッタリとあてはまっています

↓↓なお、下記の動画ではNURO Bizを導入した法人のユーザーボイスを公開していますので、導入社の生の声をもっと聴きたいという方は是非ご覧になってみて下さい。

おすすめ 光回線 バナー

NURO Bizのデメリットや注意点は?

NURO Bizの提供しているサービスの中で、国際標準規格採用、高速・高品質な法人向けインターネット接続サービスであるNUROアクセス。

では、そんなNUROアクセスのデメリット、導入にあたって注意すべき点にはどのようなものがあるのでしょうか。

NURO Bizは提供エリアが狭い

光回線の大半は、NTT東日本・西日本(フレッツ光)の設備によって提供されていますが、NURO Bizのインターネット接続サービスであるNUROアクセスはこの「独自回線」にあたります。

そんな独自回線のデメリットはサービスの提供範囲が狭いことで、NUROアクセスの導入を検討する際には、必ず事前にサービスを利用する場所が提供範囲内であるかどうかを確認する必要があります。

なお、NURO Bizの提供範囲は、「NURO Biz エリア検索(公式ページ)」から、法人の所在地(郵便番号)と電話番号を入力するだけで簡単に確認することが可能です

↓↓また、より広域なエリアをカバーする法人向け光回線をお探しの方には、下記の関連記事「ドコモ光を法人契約するメリットや注意点は?」に詳細のあるドコモ光の法人プランもおすすめです。

NURO Bizは初期費用や月額料金が高い

NURO Bizのインターネット接続サービスであるNUROアクセスは、導入に必要な初期費用がやや高めの水準になっています。

例えばNTT東日本提供するフレッツ光の法人向けサービスでは初期工事費用が22,880円なのに対し、NUROアクセスは55,000円と倍以上の費用がかかるところが大きなデメリットです。

また下記表にあるとおり、NUROアクセスはNURO光の個人向けプランと比較すると、その月額料金がかなり高く設定されています

プラン名月額料金
NURO光(個人向け)5,200円~
NUROアクセス10G26,235円
NUROアクセス2G スタンダード20,735円
NUROアクセス2G プレミアム 30M55,000円
NUROアクセス2G プレミアム 50M165,000円

※更新日:2024/07/12

このように、NUROアクセスは法人向けに充実した通信・保守管理サービスを提供しているため、個人向けプランと比較してその費用が高額になることは否めません。

ほとんどの場合、飲食店や工務店のような小規模の法人の場合はNURO BizよりもNURO光の方がコスパが良いので、ケースバイケースで申し込むプラン(法人向けか個人向けか)を選び分けるようにしましょう。

↓↓なお、下記の関連記事ではフレッツ光の法人契約について詳しく解説していますので、NURO Bizとの比較にお役立ていただければと思います。

NURO Bizは個人契約ができない

NURO光
月額料金2ギガ戸建て(2年):5,700円
10ギガ戸建て(3年):5,700円
実際の月額料金
※1
2ギガ戸建て(2年):3,412円
10ギガ戸建て(3年):3,992円
公表している
通信速度
2ギガ:最大2Gbps
10ギガ:最大10Gbps
実際の通信速度
※2
下り: 650.33Mbps
上り: 644.46Mbps
Ping値: 11.11ms

上り(10ギガ):1105Mbps
下り(10ギガ):2712Mbps
契約期間2年・3年
事務手数料3,300円
工事費用戸建て&マンション:44,000円
(特典で実質無料)
スマホセット割引ソフトバンクスマホとセットで毎月最大1,100円割引
NUROモバイルとセットで毎月792円割引
キャンペーン45,000円キャッシュバック
オプション申し込みで20,000円キャッシュバック
その他の特典新規工事費無料
WiFiルーターは無料レンタル可能
他社の違約金を60,000円まで還元
2ヶ月間お試し利用可能

※更新日:2024年7月01日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

NURO Bizは法人を対象としたサービスですので、個人事業主であっても法人化していない場合は契約できず、その場合は個人向けプランのNURO光を利用することになります

NURO光は個人を対象としたサービスですが、以下の条件を満たせば法人でも契約が可能です。

  • 戸建てまたはマンションの利用者であること
  • 契約は個人名で行うこと

上記のように、NURO光はオフィスビルへの導入ができないため戸建てまたはマンションでの利用に限定され、契約者名も個人名に限定されますので、申し込みの際には十分ご注意ください。

NURO光の評判や口コミはこちら
NURO光のキャンペーンはこちら
NURO光の通信速度はこちら
NURO光へ乗り換える方法はこちら

最低利用期間が定められている

NURO Bizで提供されているNUROアクセスは、いずれのプランでも最低利用期間がサービス開始月から13ヶ月目の月末までと定められており、最低1年は利用しないと解約金がかかることになります。

なお、NUROアクセスは2年契約ですので、違約金が発生した場合には、契約期間(24ヶ月)から実際に利用した期間を引いた残月数分の月額利用料金が一括で請求されるため注意が必要です。

また、NUROアクセスの初期費用は24回の割賦払いとなっていますが、同サービスを2年以内に解約した場合は、割賦残債が一括で請求されることになります。

おすすめ 光回線 バナー

NURO Bizのメリットやおすすめポイントは?

NURO Biz NUROアクセス 概要

ここでは、NURO Bizを導入して得られるメリットとおすすめポイントをまとめました。

NURO bizは通信速度が速い

NUROアクセス 10GNUROアクセス 2G
最大通信速度下り:10Gbps下り:2Gbps
伝送規格「XGS-PON」「G-PON(ジーポン)」
固定IPアドレス1つ標準装備
帯域確保・帯域保証上下10Mbps以上
サポート24時間365日対応
SLA(サービス品質保証)稼働率99.9%を保証
数値を下回る場合は
料金の一部を返金
オンサイト保守(訪問対応)有り有り
月額基本料26,235円20,735円

※更新日:2024/07/12

NURO Bizの提供するサービスNUROアクセスは、下り最大10Gbps/2Gbpsの通信速度を誇る高速インターネット接続サービスです。

また、帯域保障として最低10Mbps以上(上下とも)の通信速度が確保されているため、オンライン会議や部署間のデータのやり取りなどの業務も快適に行うことができます。

NURO Bizを導入すると業務の効率化が図れる

NURO bizを導入すると業務の効率化が図れる NURO Bizでは、AIを活用した予測分析ツール「Prediction One」を提供しています。

同ツールを導入することで製造業における在庫最適化や仕入れ最適化の実現、コールセンター業務の課題解決などが図れるため、有名法人の公式サイトなどでも多数利用されています。

また、先述した「マネージドクラウド with AWS」や「Amazon WorkSpaces導入支援サービス」などのマネージドサービスも充実しているため、社内の貴重なリソースを割くことなく業務の効率化が図れるのも大きなメリットです。

NURO Bizは固定IPが使えるのでセキュリティ対策もバッチリ

NURO Bizのインターネット通信サービスであるNURO アクセスでは、固定グローバルIPアドレスを1個標準装備しています。

固定IPアドレスを使用することのメリットの1つがセキュリティの強化で、固定IPアドレスを取得することにより、社内のサーバーに特定のIPアドレス以外からのアクセスを拒否する設定が可能。

従来、本社と拠点のセキュアな通信を実現するためには、コストのかかる専用線を導入するしかありませんでしたが、固定IPアドレスを利用することでコストをかけずに安全な拠点間通信を実現できるようになります

おすすめ 光回線 バナー

NURO Bizのよくある質問

ここでは、 NURO Bizの利用を検討する際によくある質問や疑問をまとめました。

NURO Bizをより快適に、より便利に利用していくために欠かせない情報ばかりですので、ぜひ最後までしっかりとお読みいただくことをおすすめします。

NURO bizのポータルサイトへのログイン方法は?

NURO Bizポータルサイトは毎月の請求情報、請求先情報の変更などが行えるWebサイトであり、契約者はこちらのサイトにユーザー登録を行う必要があります。

そんなNURO Bizポータルサイトへの初回ログインには下記の3つの情報が必要です。

  • 専用URL
  • ログインID
  • パスワード

なお、ログインに必要なこれら3つの情報は、NURO Bizとの契約締結後、契約担当者宛にメールで送信されますので、不明な場合はそちらを確認してみるようにして下さい。

NURO bizの申し込みから開通までの流れは?

以下に申し込みから開通までの流れをまとめましたので、スケジュール調整などの参考にご利用ください。

  • 申し込み:電話またはNURO Biz営業担当者を通しての受付
  • 申し込み受付完了:申込書の受領、支払い情報の登録で受付が完了
  • NURO Bizを利用するビル等の管理会社へ連絡
  • 下見日調整 :光ファイバー開通工事と工事前の現地調査について、NURO Bizから日程調整の連絡が入る
  • 下見実施 :建物共用部と申込者オフィスへの立ち入り調査あり
  • 工事日調整 :下見完了後、NURO Bizから工事日程についての連絡が入る
  • 光ファイバー開通工事 :申込者立ち会いのもとNTT指定工事業者による光ファイバー開通工事が行われる
  • 開通工事/開通テスト:申込者立ち会いのもとNURO Bizによる工事、開通テストが行われる
  • 開通工事完了/サービス利用開始 :開通工事完了日をもってサービス開始

↓↓ちなみに、下記の動画でもNUROアクセスを導入するまでの流れを分かりやすく解説されていますので、映像付きの方が分かりやすいという場合はこちらの動画を参考にしてみて下さい。

おすすめ 光回線 バナー

NURO biz まとめ

本記事では、NURO Bizのインターネット接続サービスである「NUROアクセス」のサービス詳細と「NURO光」との違い、さらに「NURO Biz」の展開しているさまざまなサービスについて掘り下げてきました。

以下にそんなNURO Bizの概要をまとめておきましたので、社内でビジネス向け光回線サービスへの導入を検討される時の比較やチェックにご活用ください。

  • NUROアクセスは初期費用や月額料金が高めに設定されているが、法人向けサービスが充実している。
  • 小規模な法人、従業員の少ない企業は個人向けのNURO光が適している場合もある。
  • NUROアクセスは帯域保証・帯域確保のサービスがあり、大量のデータ転送も安心して利用できる。
  • NUROアクセスは固定IPアドレスが標準装備されており、セキュリティ強化を実現している。
  • NURO Bizの提供するさまざまなサービスによって業務の効率化を図ることができる。

法人向けサービスが充実し高品質なインターネット接続が実現するNURO Bizは、通信サービスおよびそれに付随する法人向けサービスの高スペック・高品質・高コスパを求める企業にとっては頼りがいのあるサービスです。

数少ないビジネスチャンスを逃さず確実につかむためにも、今回ご紹介したNURO Bizをその代表として、法人は法人に合った光回線サービスを選ぶようにしましょう。

NURO光の評判や口コミはこちら
NURO光のキャンペーンはこちら
NURO光の通信速度はこちら
NURO光へ乗り換える方法はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

【目次】クリックで見出しに飛びます