ドコモ光に乗り換える手順!お得に申し込む方法やルーターの設定方法を徹底解説!

ドコモ光 乗り換え 申し込み方法 ルーター設定方法 徹底解説

この記事では、ドコモ光に乗り換える手順やドコモ光のお得な窓口など、ドコモ光に乗り換えるにあたって必要な内容を全て解説しています。

ドコモ光はフレッツ光の回線とプロバイダがセットになった光コラボという光回線サービスですが、ドコモ光へ乗り換えるには、「事業者変更」と「転用」、「解約・新規」の3つのいずれかで行うことになります。

以下の表はドコモ光に乗り換える際の手続きの概要をまとめたもので、これらの手続きは現在利用している光回線がどれかによって変わります。

スクロールできます
乗り換え方法概要
事業者変更他社光コラボからドコモ光へ乗り換える手続きのこと
転用フレッツ光からドコモ光へ乗り換える手続きのこと
解約新規auひかりやNURO光などの独自回線からドコモ光へ乗り換える手続きのこと

乗り換え元の回線がどこかによって、どの手続きを採るのかは押さえておきましょう。

この記事を読めば、ドコモ光に乗り換えるために必要な情報が全てわかるようになっているので、ぜひ最後までご覧ください。

回線名キャンペーンと
おすすめの点
公式ページ
ドコモ光 ロゴスマホセット割で毎月最大1,100円割引
最大25,000円のキャッシュバック(1ギガ)最大40,000円のキャッシュバック(10ギガ)
Dポイント2,000~17,000Pプレゼント
工事費無料
WiFiルーター無料レンタル
ドコモ光はこちら

※更新日:2024年5月01日

【目次】クリックで見出しに飛びます

ドコモ光に【他社光コラボからの事業者変更】で乗り換える手順は?

この章では、ドコモ光に他社光コラボからの事業者変更で乗り換える手順について以下の6点で解説していきます。

  • STEP1:乗り換え元の光コラボから事業者変更承諾番号を取得する
  • STEP2:ドコモ光に申し込む
  • STEP3:回線がドコモ光に切り替わる
  • STEP4:ルーターの交換・設定をおこなう
  • STEP5:レンタル機器があれば乗り換え元に返却する
  • STEP6:ドコモ光のキャッシュバックを受け取る
事業者変更にあたるケース

ソフトバンク光ビッグローブ光So-net光など、NTTの光回線を使用したインターネットサービスから乗り換える場合が事業者変更に当たります。

NTTのロゴが入ったONUやHGW(ホームゲートウェイ)などがあり、プロバイダもセットで契約した場合は以降で紹介する手順で乗り換えてください。

STEP1:乗り換え元の光コラボから事業者変更承諾番号を取得する

乗り換え元の光コラボからドコモ光へ乗り換えをするためには、「事業者変更承諾番号」を取得する必要があります。

問い合わせ窓口については、各社の「事業者変更承諾番号」取得窓口を検索の上で、乗り換え元のカスタマーサポートなどにWebや電話での問い合わせを行い、取得しておきましょう。

事業者変更承諾番号とは?

光コラボ同士の乗り換えに利用する番号のことで、頭文字FかTの英字プラス10桁の数字で構成される番号です。

ただし、事業者変更承諾番号には15日間の有効期限がありますので、期限が切れる前に乗り換え手続きをするようにしてください。

事業者変更承諾番号については、光コラボ同士の乗り換えに使われる番号ですが、以下の記事でも詳しく解説しておりますので、あわせてご覧ください。

STEP2:ドコモ光に申し込む

この記事では、ドコモ光に申し込むと1ギガであれば25,000円のキャッシュバックが最短1ヶ月で受け取れる「株式会社NNコミュニケーションズ」での申し込み方法を紹介します。

申し込みに必要なものは以下に記載の通りなので、事前に準備しておきましょう。

準備しておくもの
  • 事業者変更承諾番号(有効期限が残っているもの)
  • NTTドコモの携帯電話回線

事業者変更承諾番号を乗り換え元で取得しましたら、以下の手順でドコモ光に申し込みを行いますが、申し込み区分については、「事業者変更」を選ぶように注意してください。

ドコモ光 乗り換え 事業者変更 申し込み画面
ドコモ光申し込み手順
  • 株式会社NNコミュニケーションズにアクセスします。
  • 「Web申し込み」を選択します。
  • 申し込み情報については、「事業者変更」を選択します。
  • お客様情報、設置情報、引越し情報、折り返し希望時間帯、質問事項を入力します。
  • 「確認画面へ」を選択します。
  • 内容確認後、「送信完了」を選択します。
  • 折り返しドコモ光担当者より、申し込み内容などの確認の電話がきます。

STEP3:回線がドコモ光に切り替わる

申し込みが完了したら、約1〜2週間後に回線切り替えが行われますが、切り替え日については、以下のドコモインフォメーションセンターへ問い合わせて確認するようにしましょう。

ドコモインフォメーションセンター
電話番号:0120-800-000
受付時間:9:00~20:00

事業者変更の手続きでは、光回線の宅内での工事が不要なため、インターネットが利用できない期間がないという点がメリットのひとつです。

STEP4:ルーターの交換・設定をおこなう

回線がドコモ光に切り替わったら、特典で送付されてきたWi-Fiルーターやご自身で準備したWi-Fiルーターへ交換し、設定変更を行います。

Wi-Fiルーターと回線終端装置(ONU)を接続し完了となりますが、接続イメージについては以下の図を参考にしてください。

ドコモ光 乗り換え 接続 イメージ 構成

また、プロバイダを変更する場合は、インターネットの接続設定やWi-Fiの設定変更が必要な場合がありますので注意しましょう。

プロバイダとは?

プロバイダとはインターネットサービスプロバイダ(Internet Service Provider)の略で、インターネット利用者と回線業者の橋渡しをする役割を担っています。

インターネットを使うには、回線事業者とプロバイダの両方を契約することが必要ですが、ネット回線とプロバイダが一体になった回線事業者もあります。

この場合、回線事業者と契約するだけで完了するので、プロバイダの申込みは必要ありません。

プロバイダについて詳しく知りたい方はこちら

インターネットの接続手順については以下の動画で紹介しておりますので、参考にしてみてください。

また、設置や設定方法については、同記事内の「ルーターの交換・設定を行う」(該当記事へ飛びます)でも解説しておりますので、そちらもあわせて確認してください。

STEP5:レンタル機器があれば乗り換え元に返却する

乗り換え元でレンタルしていた機器(Wi-Fiルーターなど)があれば、忘れずに返却をしましょう。

返却が必要な機器はそれぞれのレンタル元によって変わりますが、以下の表に一般的な返却物品を記載しているので、参考にしてみてください。

返却が必要な機器
  • Wi-Fiルーター
  • 電源コード
  • 付属のLANケーブル

返却の際には乗り換え元から返却キットが送付されてくる場合が多いので、案内に記載の通りに梱包して返送しましょう。

また、返却忘れがあったり、返送した機器が故障している場合については、違約金が発生することがありますのでこの点については押さえておきましょう。

以下のイメージ画像のようなNTTの表示があるONUについては返却不要なので注意してください。

ドコモ光 乗り換え ONU

STEP6:ドコモ光のキャッシュバックを受け取る

株式会社NNコミュニケーションズでドコモ光へ乗り換えの場合は、キャッシュバックキャンペーンの最大40,000円を受け取ることができます。

以下の金額のキャッシュバックが、ドコモ光を利用していることを条件に、開通から最短1ヶ月後の月末に指定の口座に振り込まれるので、確認してください。

プランキャッシュバック金額
ドコモ光10ギガのお申込み40,000円
ドコモ光1ギガのお申込み25,000円

キャッシュバックを受け取る場合には以下の3つの注意点があるので押さえてきましょう。

キャッシュバックの注意点
  • キャッシュバック振込口座は、原則本人名義のみ
  • 申し込み内容に嘘があった場合は、特典対象外
  • 特典を受け取ってから、サービスを継続して12ヶ月以上利用しない場合は同等額を請求
  • 「ドコモ光」と対となるNTTドコモの携帯電話やスマホを利用していること

振込先が間違っているなどの不具合があった場合も、電話で折り返し連絡がきますので他の代理店と比べても受け取り忘れが少ないので、この点は安心できます。

ドコモ光×NNコミュニケーションズの公式ページはこちらから→https://www.docomo.ne.jp/

ドコモ光の口コミや評判はこちら
ドコモ光のキャッシュバックはこちら
ドコモ光のキャンペーンはこちら
ドコモ光のメリットでデメリットはこちら

ドコモ光に【フレッツ光からの転用】で乗り換える手順は?

この記事では、フレッツ光からドコモ光への乗り換え手順について以下の6ステップで解説していきます。

  • STEP1:フレッツ光の転用承諾番号を取得する
  • STEP2:ドコモ光に申し込む
  • STEP3:回線がドコモ光に切り替わる
  • STEP4:ルーターの交換・設定をおこなう
  • STEP5:レンタル機器があれば乗り換え元に返却する
  • STEP6:ドコモ光のキャッシュバックを受け取る
転用にあたるケース

フレッツ光からソフトバンク光ドコモ光などの光コラボへ乗り換えをする場合には、「転用」という手続きになります。

NTTのロゴが入ったONUやHGW(ホームゲートウェイ)などがあり、プロバイダを回線とは別に契約した場合は以降で紹介する手順で乗り換えてください。

STEP1:フレッツ光の転用承諾番号を取得する

フレッツ光の転用承諾番号を取得するには、NTT東日本・西日本へ電話またはWebで手続きが必要ですので、お住まいの地域に沿った問い合わせ先へ確認をしましょう。

スクロールできます
NTT東日本電話0120-140-202
電話受付:9時~17時 土日・祝日も受付(年末年始を除く)
Webhttps://flets.com/app4/sp/index/
Web受付:8時30分~22時 土日・休日も受付(年末年始を除く)
NTT西日本電話0120-553-104
電話受付:9時~17時 土日・祝日も受付(年末年始を除く)
Webhttps://flets-w.com/collabo/tenyou/entry/
Web受付:8時30分~22時 土日・休日も受付(年末年始を除く)

転用承諾番号を取得するために必要な手続きには以下の情報により、本人確認が必要ですので事前に準備しておいてください。

本人確認に必要な情報について
  • お客さまID、ひかり電話番号もしくはご契約者さまの連絡先電話番号
  • ご契約者さま名
  • ご利用場所住所
  • ご利用料金のお支払い方法

転用承諾番号は、頭文字がEかWのアルファベット+の10桁で構成されている番号のことを言い、頭文字アルファベットの次の4桁については、有効期限です。

有効期限は、発行から15日以内となっており、期限切れの場合は再発行が必要となりますので忘れずに手続きをするようにしましょう。

STEP2:ドコモ光に申し込む

ドコモ光に申し込みをするには、株式会社NNコミュニケーションズの公式ページにアクセスし、サイトの上部右側に「Webお申し込み」のボタンがありますので、こちらから申し込みを行います。

準備しておくもの
  • 転用承諾番号(有効期限が残っているもの)
  • NTTドコモの携帯電話回線

申し込みはWebフォームから以下の内容を入力しますが、お申し込み区分については、「転用」を選択するように注意してください。

ドコモ光 乗り換え 転用 申し込み画面

申し込み手順は以下の通りなので、順番に入力していってください。

ドコモ光申し込み手順
  • 株式会社NNコミュニケーションズにアクセスします。
  • 「Web申し込み」を選択します。
  • 申し込み情報については、「転用」を選択します。
  • お客様情報、設置情報、引越し情報、折り返し希望時間帯、質問事項を入力します。
  • 「確認画面へ」を選択します。
  • 内容確認後、「送信完了」を選択します。
  • 折り返しドコモ光担当者より、申し込み内容などの確認の電話がきます。

申し込みをして数日以内に、株式会社NNコミュニケーションズより「ドコモ光」の申込み意思確認、サービス説明や注意事項などの連絡が電話できます。

その次に、開通日の確認をご自身で行う必要があるため、以下の連絡先へ電話をしましょう。

ドコモ光サービスセンター
【ドコモの携帯電話から】15715(無料)
【一般電話などから】0120-766-156
受付時間:10:00 ~ 20:00(年中無休)

STEP3:回線がドコモ光に切り替わる

フレッツ光からドコモ光へ乗り換える場合は、申し込みから約1〜2週間ほどで事前に確認した開通日に回線が切り替わります。

開通日確認が完了後、株式会社NNコミュニケーションズより「キャッシュバック特典に関する書類」、ドコモ光からは「開通のご案内などご利用に必要な書類」、プロバイダより「プロバイダID/パスワード」などが送られてきます。

切り替え前と異なるプロバイダを契約する場合には、以降で解説するように自身でWi-Fiルーター・パソコンの接続・設定が必要になります。

また、現状の通信速度から変更(1ギガから10ギガへ変更)などがある方は工事が必要です。

STEP4:ルーターの交換・設定をおこなう

回線がドコモ光に切り替わりましたら、特典で送付されてきたWi-Fiルーターやご自身で準備したWi-Fiルーターへ交換し、設定変更を行います。

Wi-Fiルーターと回線終端装置(ONU)を接続し完了となりますが、接続イメージについては以下の図を参考にしてください。

ドコモ光 乗り換え 接続 イメージ 構成

インターネットの接続設定については、以下の動画でも紹介しておりますので、参考にしてみてください。

また、設置や設置方法については、同記事内の「ルーターの交換・設定を行う」(該当記事へ飛びます)で解説しておりますのであわせて確認してください。

STEP5:レンタル機器があれば乗り換え元に返却する

フレッツ光のプロバイダの特典でWi-Fiルーターなどをレンタルしていた機器があれば、忘れずに返却をしましょう。

返却が必要な機器については以下に記載の通りです。

返却が必要な機器について
  • Wi-Fiルーター
  • 電源コード
  • 付属のLANケーブル

乗り換え元から返却キットが送付されてきますので、案内に記載の通りに梱包して返送しましょう。

返却忘れがあったり、返送した機器が故障している場合や返却期限が過ぎてしまう場合は、違約金が発生することがありますのでこの点についても押さえておきましょう。

ただし、フレッツ光からドコモ光へ乗り換える場合、ONUなどNTTからレンタルしている機器については、原則返却不要となっております。

以下のイメージ画像のようなNTTの表示があるONUについては返却不要なので注意してください。

ドコモ光 乗り換え ONU

STEP6:ドコモ光のキャッシュバックを受け取る

株式会社NNコミュニケーションズでドコモ光へ乗り換えの場合は、キャッシュバックキャンペーンの最大40,000円を受け取ることができます。

また、キャッシュバックの受け取りまでにドコモ光を利用していることを条件に、以下の金額が、開通から最短1ヶ月後の月末に指定の口座に振り込まれるので確認してください。

プランキャッシュバック金額
ドコモ光10ギガのお申込み40,000円
ドコモ光1ギガのお申込み25,000円

振込先が間違っているなどの不具合があった場合も、電話で折り返し連絡がきますので他の代理店と比べても受け取り忘れが少ないので、この点は安心できます。

キャッシュバックを受け取る場合には以下の3つの注意点があるので押さえてきましょう。

キャッシュバックの注意点
  • キャッシュバック振込口座は、原則本人名義のみ
  • 申し込み内容に嘘があった場合は、特典対象外
  • 特典を受け取ってから、サービスを継続して12ヶ月以上利用しない場合は同等額を請求
  • 「ドコモ光」と対となるNTTドコモの携帯電話やスマホを利用していること

ドコモ光×NNコミュニケーションズの公式ページはこちら→https://www.docomo.ne.jp/

ドコモ光の口コミや評判はこちら
ドコモ光のキャッシュバックはこちら
ドコモ光のキャンペーンはこちら
ドコモ光のメリットでデメリットはこちら

ドコモ光に【解約新規】で乗り換える手順は?

この章では、他社からドコモ光へ「解約新規」で乗り換える手順について以下の6ステップで解説していきます。

  • STEP1:ドコモ光に申し込む
  • STEP2:工事日の調整・開通工事
  • STEP3:乗り換え元の光回線を解約する
  • STEP4:ドコモ光の開通工事&モデムやルーターの設置
  • STEP5:レンタル機器があれば返却する
  • STEP6:ドコモ光のキャッシュバックを受け取る
解約新規にあたるケース

auひかりやNURO光などの独自回線事業者から、ドコモ光などの光コラボへ乗り換える場合には、「解約新規」という手続きが必要になります。

解約新規で乗り換える手順で一番重要なことが、「ドコモ光を新規契約した後に、他社を解約する」という点で、ここを間違えてしまうと、インターネットが使えない期間ができてしまいますので注意しましょう。

STEP1:ドコモ光に申し込む

ドコモ光に申し込みをするには、NNコミュニケーションズの公式ページにアクセスし、サイトの上部右側に「Webお申し込み」のボタンがありますので、そちらから申し込みを行います。

準備しておくもの
  • NTTドコモの携帯電話回線

申し込みはWebフォームから以下の内容を入力します。

お申し込み区分については、「新規」を選択するようにしましょう。

ドコモ光 乗り換え 解約 新規 申し込み画面

申し込み手順は以下の通りなので、順番に入力していってください。

ドコモ光申し込み手順
  • 株式会社NNコミュニケーションズにアクセスします。
  • 「Web申し込み」を選択します。
  • 申し込み情報については、「新規」を選択します。
  • お客様情報、設置情報、引越し情報、折り返し希望時間帯、質問事項を入力します。
  • 「確認画面へ」を選択します。
  • 内容確認後、「送信完了」を選択します。
  • 折り返しドコモ光担当者より、申し込み内容などの確認の電話がきます。

申し込みをして数日以内に、株式会社NNコミュニケーションズより「ドコモ光」の申込み意思確認、サービス説明や注意事項などの連絡が電話できます。

STEP2:工事日の調整・開通工事

開通日の確認をご自身で行う必要があるため、以下の連絡先へ電話をします。

ドコモ光サービスセンター
【ドコモの携帯電話から】15715(無料)
【一般電話などから】0120-766-156
受付時間:10:00 ~ 20:00(年中無休)

新規契約の場合は、申し込みから約1ヶ月〜2ヶ月ほど開通までかかりますので、他社の光回線解約スケジュールについては、開通工事日に合わせて調整を行いましょう。

また、マンションなどの集合住宅にお住まいの方は、管理会社などの立ち会いが必ず必要になりますので事前にスケジュール調整をしておくようにしておくことをオススメします。

ドコモ光の開通日以降に乗り換え元の解約日を設定しない場合、インターネットが利用できない期間が発生してしまうので、この点についてはしっかりと確認しておく必要があります。

STEP3:乗り換え元の光回線を解約する

ドコモ光の開通工事日が決まりましたら、乗り換え元の光回線について解約手続きを行いましょう。

解約日については、必ず開通工事日から1週間後程度の余裕を持ったスケジュールで設定しておくとインターネットが使えなくなる空白期間が発生しにくいのでオススメです。

ただし、乗り換え元によっては、解約申し込みをした日からインターネットが使えなくなる場合もありますので、乗り換え元に内容をよく確認した上で解約手続きを進めてください。

STEP4:ドコモ光の開通工事&ONUやルーターの設置

こちらでは、以下の開通工事に必要な事項やONU、Wi-Fiルータの設置に必要な手順について解説していきます。

  • ドコモ光の開通工事について
  • ONUやルーターの設置について
ONUとは?

ONUとは光回線に接続するための光コンセントとPCの間に接続する「終端装置」のことで、別称として光モデムとも呼ばれます。

これには光ファイバーケーブルから送られてきた光信号をデジタル信号に変換する役割があり、光回線を利用する際には欠かせない機器の1つです。

また、ONUに無線LANルーターや光電話ルーターの機能を加えたものを一般的に「ホームゲートウェイ」と言いますが、どちらもひっくるめて単にONU(無線LAN一体型ONUなど)と呼称することもあります。

ONUの詳しい内容はこちら

ドコモ光の開通工事について

乗り換え元光回線からドコモ光へ切り替えるためには、ドコモ光の開通工事が必要です。

開通工事からONUやWi-Fiルーターの設置までの簡単な流れは以下の通りです。

開通工事の流れ
  1. 光ファイバーケーブルを電柱から外壁まで引き込む
  2. 外壁から屋内まで配線工事をする
  3. ONUへの接続

ドコモ光の開通工事には、電柱から光ファイバーケーブルを引き込む工事が必要なため、工事立ち会いにかかる時間は1時間〜2時間程度です。

また、マンションなどの集合住宅の場合は、管理人や大家さんなど建物を管理する方の立ち会いが必須となってきますので、事前にスケジュール調整をしておく必要があります。

ONUやルーターの設置について

光回線の宅内工事が完了したら、最後にONUとWi-Fiルーターを設置して完了になりますが、接続イメージについては以下の図を参考に接続しましょう。

ドコモ光 乗り換え 接続 イメージ 構成

以下の動画はONUやルーター設置後のドコモ光のインターネット接続方法を解説したものですので、参考にしてください。

設置や設定方法については、同記事内の「ルーターの交換・設定を行う」(該当記事へ飛びます)で解説しておりますのであわせて確認してください。

STEP5:レンタル機器があれば返却する

乗り換え元でレンタルしているWi-Fiルーターなどの機器があれば、解約に合わせて返却する必要があります。

場合によっては、違約金が発生することがありますのでこの点についても押さえておきましょう。

ほとんどの場合、レンタル機器の返却をするための返却キットが乗り換え元から送付されてきますので、添付の案内にしたがって梱包し、返却をするようにしましょう。

返却が必要な機器について
  • 回線終端装置(ONU)またはモデム
  • Wi-Fiルーター
  • 電源コード
  • 付属のLANケーブル

また、レンタル機器の返却忘れがないように、乗り換え元に返却機器について事前確認をしておくことをオススメします。

一方、撤去工事を行う場合には、ONUや機器の撤去を行ってくれる場合もあるので、撤去工事の際に確認しておきましょう。

STEP6:ドコモ光のキャッシュバックを受け取る

プランキャッシュバック金額
ドコモ光10ギガのお申込み40,000円
ドコモ光1ギガのお申込み25,000円

株式会社NNコミュニケーションズからのキャッシュバックを受け取る手続きについてですが、ドコモ光申し込み時の電話にて振込口座を伝えるだけで完了します。

最短1ヶ月で最大40,000円のキャッシュバックが貰えますので、非常にお得です。

振込先が間違っているなどの不具合があった場合も、電話で折り返し連絡がきますので他の代理店と比べても受け取り忘れが少ないでしょう。

このように、ドコモ光の申し込み窓口を株式会社NNコミュニケーションズにするだけで、手続きが簡単で、最短1ヶ月でキャッシュバックが受け取れるメリットがあります。

ドコモ光×NNコミュニケーションズの公式ページはこちら→https://www.docomo.ne.jp/

ドコモ光の口コミや評判はこちら
ドコモ光のキャッシュバックはこちら
ドコモ光のキャンペーンはこちら
ドコモ光のメリットでデメリットはこちら

ドコモ光に乗り換える際のルーターの交換・設定方法は?

この章では、ドコモ光に乗り換える際のルーター交換および設定方法について以下の2点で詳しく解説します。

  • ドコモ光のルーターの配線手順
  • ドコモ光のインターネット接続設定手順

ルーターの配線手順やインターネットの設定は難しい点が多いのでしっかりと確認していきましょう。

ドコモ光のルーターの配線手順

ドコモ光 乗り換え 機器 接続 方法 構成

ドコモ光のルーター配線については以下の手順で行ってください。

ドコモ光ルーター配線手順
  • 回線終端装置(ONU等)に光ファイバーケーブルを接続する
  • 回線終端装置(ONU等)にLANケーブルを接続する
  • Wi-Fiルーターと回線終端装置(ONU等)をLANケーブルで接続する
  • Wi-FiルーターとパソコンをLANケーブルで接続する
  • 回線終端装置(ONU等)の電源をONにする
  • Wi-Fiルーターの電源をONにする

回線終端装置(ONU等)に光ファイバーケーブルを接続するときは、強いレーザー光が出ているため覗き込まないように注意してください。

ドコモ光のインターネット接続設定手順

Wi-Fiルーターの設定変更については以下のとおりパソコンで行いますので参考にしてください。

インターネット接続手順
  • インターネットブラウザ(Google Chromeなど)を開きます。
  • URL入力欄に「http://ntt.setup」または、「http://192.168.1.1」を入力し、設定ページを開きます。
  • パスワード作成を求められるので、任意のパスワードを設定します。
  • ユーザー名(user)およびパスワード(先ほど設定したもの)を入力します。
  • 設定画面にログインしたら、送付されてきた書類に記載のIDおよびパスワードを入力します。

以下の動画でもインターネットの設定手順について詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

ルーターに設定を入れずに、パソコンに設定を入れる方法もありますが、その場合にはWindowsかMacかによって設定方法が変わるので、お使いのパソコンに合わせて設定をするようにしましょう。

スクロールできます
Windowsの場合「Windowsマーク」を選択
「ネットワーク接続」を選択
「ダイヤルアップ」から「新しい接続を設定する」を選択
「インターネットに接続します」を選択
「新しい接続をセットアップします」を選択
「ブロードバンド(PPPoE)(R)」を選択
プロバイダから送付されてきた書類に書かれた「ユーザー名」「パスワード」を入力
※ユーザー名などはプロバイダによって呼び名が異なります。(認証ID、接続ID等)
接続中になれば完了
※WindowsOSのバージョンなどによって、名称やメニューが異なる場合があります。
Macの場合Appleメニューから「システム環境設定」を選択
「ネットワーク」を選択
「追加」を選択
「インターフェイス」のリストを選択して「PPPoE」を選択
「Ethernet」のリストを選択
PPPoEサービスのインターフェイスを選択
PPPoEサービスにプロバイダー名を入力し、作成を選択する
アカウント名やパスワード、PPPoEサービス名を入力し、「適用」を選択
※macOSのバージョンなどによって、名称やメニューが異なる場合があります。

ドコモ光×NNコミュニケーションズの公式ページはこちら→https://www.docomo.ne.jp/

ドコモ光の口コミや評判はこちら
ドコモ光のキャッシュバックはこちら
ドコモ光のキャンペーンはこちら
ドコモ光のメリットでデメリットはこちら

ドコモ光に乗り換える際にかかる費用は?

この章では、ドコモ光に乗り換えるためにかかる費用について以下の5点で解説して行きます。

  • ドコモ光の契約事務手数料
  • 事業者変更承諾番号の発行手数料
  • 乗り換え元光回線サービスの違約金
  • 乗り換え元光回線サービスの工事費・機器購入費などの残債
  • 乗り換え元光回線サービスの撤去工事費用

契約事務手数料や事業者変更承諾番号などの発行手数料、違約金など乗り換えに必要な費用が多くありますので、以下の内容についてしっかりと押さえておきましょう。

スクロールできます
費用の種類料金
ドコモ光の契約事務手数料3,300円(税込)
事業者変更承諾番号の発行手数料3,300~3,500円(税込)
(無料の事業者もアリ)
乗り換え元光回線の違約金2022年6月30日までの契約:事業者ごとの規定額
2022年7月1日以降の契約:基本料金1ヶ月分
乗り換え元光回線の工事費・機器購入費などの残債分割払いの残額
乗り換え元光回線の撤去工事費用光コラボ:原則無料
auひかり:31,680円(税込)
NURO光:11,000 円(税込)

※更新日:2024/05/19

ドコモ光の契約事務手数料

項目契約事務手数料
新規契約3,300円(税込)
転用3,300円(税込)
事業者変更3,300円(税込)

ドコモ光の契約事務手数料は、新規契約、転用、事業者変更の場合でも同一料金の3,300円がかかってきます。

また、転用の場合でも契約プランを1ギガから10ギガへ速度変更した場合は、速度変更工事費がプラスされるため注意してください。

契約事務手数料については、キャンペーンなどで無料にはならないためこの点については押さえておきましょう。

事業者変更承諾番号の発行手数料

手数料
事業者変更承諾番号3,300円(税込)
転用承諾番号0円

乗り換え元で事業者変更承諾番号を発行する場合には、発行手数料として3,300円がかかりますが、事業者によっては無料で発行してくれるところもありますので、乗り換え元に料金を確認をしておきましょう。

転用手続きに必要な転用承諾番号については、取得にかかる費用が無料ですのでお得に乗り換えが可能です。

乗り換え元光回線サービスの違約金

乗り換え元の光回線サービスによっては、契約年数によって違約金が発生する場合がありますので、解約前に乗り換え元へ確認をしておく必要があります。

ドコモ光へ乗り換えをする前に、違約金が発生しない解約期間をカスタマーサポートなどで確認してから乗り換えをすると良いでしょう。

月額利用料を超える違約金の請求をしてはいけないという趣旨の電気通信事業法が2022年7月1日以降の契約の違約金については改正されたため、月額料金以上の違約金は発生しません。

しかし、2022年6月30日以前に契約している場合は、法改正前となるため、高額の違約金を求められる場合があるので注意が必要です。

なお、違約金が高額になる方はドコモ光よりも違約金負担がある光回線がおすすめなので、以下の光回線の違約金負担がある会社の記事を、あわせて確認してみてください。

乗り換え元光回線サービスの工事費・機器購入費などの残債

ドコモ光へ乗り換えを行う前に確認しておきたい事項として、乗り換え元の工事費用および機器購入費などの残債があるかどうかです。

ほとんどの場合は、工事費用などが契約期間と連動して分割払いになっており、途中解約の場合は残債を精算する必要がありますので、乗り換え元に確認しておく必要があります。

また、途中解約する場合は月割りなどのキャンペーンが途中で終了してしまうことで、残債の支払いが高額になるケースもありますので注意しましょう。

乗り換え元光回線サービスの撤去工事費用

スクロールできます
項目内容撤去費用
全撤去電柱〜宅内までの光回線を全て撤去数万円の費用がかかる場合あり
一部撤去電柱〜宅内までの光回線を残して、
宅内の機器(ONU等)のみを撤去
工事費不要の場合あり

乗り換え元の光回線サービスを解約するためには光回線の撤去工事が必要です。

この撤去工事には大きく分けて「全撤去」と「一部撤去」があり、どちらの工事が必要になるのかを事前に確認しておく必要があります。

全撤去の場合は、電柱から外壁、宅内までの光ファイバーケーブルを全て撤去する必要があるため、回線事業者による工事が必要となり、工事費用が高額になる場合が多くあります。

一方で、一部撤去の場合は、宅内の機器(ONU等)を撤去するだけで済むため、工事費用がかからないか少額の費用になる場合がほとんどです。

お住まいの環境によってどちらの工事が必要になるかが変わってきますので、乗り換え元の回線事業者へ事前に確認をしておきましょう。

ドコモ光×NNコミュニケーションズの公式ページはこちら→https://www.docomo.ne.jp/

ドコモ光の口コミや評判はこちら
ドコモ光のキャッシュバックはこちら
ドコモ光のキャンペーンはこちら
ドコモ光のメリットでデメリットはこちら

ドコモ光に乗り換える際の注意点やデメリットは?

この章では、ドコモ光に乗り換える際の注意点やデメリットについて以下の7点で解説しています。

  • スマホセット割の条件が変わる可能性がある
  • 解約新規でドコモ光に乗り換えると電話番号を引き継げない
  • プロバイダが変わると乗り換え前のメールアドレスが使えなくなる
  • 乗り換え前のオプションサービスはドコモ光に引き継げない
  • 解約月の料金が日割り計算されないケースも多い
  • ドコモ光に切り替わったらルーターの再設定が必要
  • ドコモ光はIPv6が使えるようになるまでに時間がかかることがある

現在お使いのスマホ回線によっては、乗り換えをした場合に料金が高くなるなどのデメリットが発生する場合がありますので、以下の内容についてしっかりと確認していきましょう。

スマホセット割の条件が変わる可能性がある

ドコモ光 スマホ割 ドコモ光セット割

他社の光回線からドコモ光へ乗り換えをする場合、ドコモのスマホ以外であれば、スマホのセット割が適用されません。

以下がスマホのセット割の例をまとめた表になります。

光回線名セット割引名利用スマホ回線割引金額
ドコモ光ドコモ光セット割docomo550円〜1,100円
auひかりauスマートバリューau550円〜1,100円
ソフトバンク光おうち割光セットSoftBank550円〜1,100円

ドコモ光では、「ドコモ光セット割」というセット割引があり、ドコモ光とドコモのスマホを利用の方が適用対象になるため、それ以外のスマホ回線を利用している場合はセット割引を受けられないことになります。

また、NNコミュニケーションズからドコモ光を申し込む場合には、ドコモの電話番号が必要なので、このタイミングでスマホをドコモへ切り替えが必要です。

ドコモ光のスマホセット割については「ドコモのスマホが月々最大1,100円も安くなる」(この記事の該当箇所へ移動します)で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

解約新規でドコモ光に乗り換えると電話番号を引き継げない

乗り換え元で解約してから新規でドコモ光に乗り換えをする場合は、光電話の電話番号を引き継ぐことができません。

そのため、光電話の番号を引き継ぐためには、「アナログ戻し」という作業が必要になり、NTT東日本および西日本に連絡をして工事をしてもらう必要があります。

アナログ戻しとは?

光電話の番号をそのままNTT電話回線に引き継ぐ手続きを「アナログ戻し」といいます。

アナログ戻しをするためには、管轄のNTT東日本か西日本へ連絡をする必要があります。

アナログ戻し連絡先
NTT東日本/西日本共通
電話:0120-116116
受付時間:9:00~17:00

アナログ戻しの手順については以下の通りなので、参考にしてみてください。

アナログ戻し手順
  • NTT東日本またはNTT西日本に、「加入電話に戻したい」旨を電話で連絡
  • 工事日の調整
  • 電話回線工事をする
  • 電話回線が利用可能になる

アナログ戻しをするための費用は、派遣工事が必要な場合とそうでない場合で変わりますが、以下のように2,000円または、10,000円の費用がかかります。

項目費用
派遣工事が必要ない場合(自宅にNTT回線が残っている場合)2,000円(税込)
派遣工事が必要な場合(自宅にNTT回線が無い、新規で引く必要がある場合)10,000円(税込)

派遣工事が必要な場合は、工事当日の立ち会いが必要になりますので、ご自身のスケジュールを空けておきましょう。

プロバイダが変わると乗り換え前のメールアドレスが使えなくなる

乗り換え元からドコモ光へ乗り換える際に、プロバイダが変更になる場合にはメールアドレスが利用できなくなります。

他社の光回線では、プロバイダが変更になった場合でもメールアドレスを引き継げるオプションがありますので、引き続き現状のメールアドレスを利用することが可能です。

また、ドコモ光の場合、以下のプロバイダであればオプションなどを利用しなくても、引き続きメールアドレスを利用することができるので、チェックしておきましょう。

プロバイダプラン
OCNOCN インターネット(タイプA)
plalaplala(タイプA)

光回線サービスによっては、オプションを利用することでメールアドレスをそのまま残すことも可能なので、利用状況に合わせて検討しましょう。

乗り換え前のオプションサービスはドコモ光に引き継げない

乗り換え前の光回線サービスで利用していたオプションサービスを引き続き利用したい場合、基本的に引き継ぐことができません。

ただし、乗り換え元がフレッツ光で「転用」手続きで乗り換えをする場合は、ドコモ光テレビオプションなどを引き続き利用することが可能です。

また、乗り換え元と同じプロバイダを利用できる場合、 プロバイダを解約せずにドコモ光の単独プランと契約することで、 一部のプロバイダオプションを引き継げる場合があります。

解約月の料金が日割り計算されないケースも多い

他社光回線の一部は、解約料金の日割り計算がされずに利用月まるまる請求される場合があります。

以下は他社回線の解約時の日割り計算についてまとめた表で、auひかり以外は日割り計算になりません。

会社名内容
auひかり日割り計算になる
ソフトバンク光日割り計算にならず満額請求
NURO光日割り計算にならず満額請求

ただし、ドコモ光を解約する場合は、ドコモ光ミニで契約している場合には日割り計算となりますが、1ギガおよび10ギガプランの場合は日割り計算になりませんので注意しましょう。

ドコモ光に切り替わったらルーターの再設定が必要

ドコモ光に回線を切り替えした場合、ご自宅のWi-Fiルーターを再設定する必要があります。

設定内容としては、「プロバイダ」の設定をする必要がありますので、ドコモ光から届いた書類を確認しながら設定作業を進めて行きましょう。

Wi-Fiルーター再設定手順
  • Wi-Fiルーターにパソコンを接続する(有線でも無線でも可能)
  • Wi-Fiルーターの設定マニュアルを確認し、パソコンでプロバイダ設定画面を開く
  • プロバイダ設定画面が開いたら、新しいプロバイダの接続IDと接続PASSの情報を入力する
    ※接続IDなどはプロバイダによって名称が異なります。(認証ID、ユーザーIDなど)
  • インターネットに接続されれば完了

ただし、プロバイダに変更がない場合は、Wi-Fiルーターの設定変更は必要ありませんのでこの点については押さえておきましょう。

ドコモ光はIPv6が使えるようになるまでに時間がかかることがある

乗り換え元のIPv6サービスを契約したまま、ドコモ光のIPv6サービスを申し込んだ場合、確認処理に時間がかかることがあります。

この理由は、IPv6のアドレスは重複して2つ以上登録することができないため、登録エラーが発生することで原因を確認するための作業に時間がかかってしまうからです。

スムーズな乗り換えをするために、乗り換え元のIPv6サービスは事前に解約しておくことをオススメします。

IPv6ってなに?

「IPv6」は、「IPv4」に次ぐ最新のインターネットプロトコルの規格です。IPv6はIPv4でのIPアドレスの枯渇の問題などを背景に開発されました。

IPアドレスは、インターネット上での住所のようなもので、IPアドレスでどこからどこへデータを送信するのが確定してはじめてインターネット上での通信が可能になります。

IPv4のIPアドレスは約43億個に限られるのに対し、IPv6では約340澗個(340兆の1兆倍の1兆倍)のIPアドレスが使用可能が利用でき、事実上、無限大にIPアドレスを割り当てできます。

また、IPv6では、「IPoE」による新しい接続方式が利用可能で、従来の「PPPoE」による接続方式と比べると、高速に通信できます

道路で例えると、従来のPPPoE方式では車線が少なく混雑が起きやすいのに対し、新方式のIPoE方式は車線が増えて渋滞が解消されるイメージです。

IPv6対応のサービスへのりかえることで、通信速度の向上と安定が期待できます。

IPv4について更に詳しくみる

IPv6について更に詳しくみる

ドコモ光×NNコミュニケーションズの公式ページはこちら→https://www.docomo.ne.jp/

ドコモ光の口コミや評判はこちら
ドコモ光のキャッシュバックはこちら
ドコモ光のキャンペーンはこちら
ドコモ光のメリットでデメリットはこちら

ドコモ光に乗り換えるメリットは?

この章では、ドコモ光に乗り換えるメリットを以下の5点で詳しく解説して行きます。

  • フレッツ光からの転用の場合は料金が安くなる
  • プロバイダが変わることで通信速度が速くなる可能性がある
  • ドコモ光は10ギガプランに対応している
  • ドコモのスマホが月々最大1,100円も安くなる
  • ドコモ光には工事費無料キャンペーンがある

乗り換えには費用が多くかかるので、上記のメリットを最大限活用していきましょう。

フレッツ光からの転用の場合は料金が安くなる

スクロールできます
基本料金実際の料金※1
ドコモ光戸建て:5,720円(税込)
マンション:4,400円(税込)
10ギガ:6,380円(税込)
戸建て:3,716円(税込)
マンション:2,396円(税込)
10ギガ:4,301円(税込)
フレッツ光【東日本】
戸建て:5,940円(税込)+プロバイダ料
マンションプランミニ:4,455円(税込)+プロバイダ料
マンションプラン1:3,795円(税込)+プロバイダ料
マンションプラン2:3,355円(税込)+プロバイダ料
【西日本】
戸建て:5,940円(税込)+プロバイダ料
マンションプランミニ:4,950円(税込)+プロバイダ料
マンションプラン1:4,070円(税込)+プロバイダ料
マンションプラン2:3,520円(税込)+プロバイダ料
【東日本】
戸建て:8,012円(税込)+プロバイダ料
マンションプランミニ:6,137円(税込)+プロバイダ料
マンションプラン1:5,477円(税込)+プロバイダ料
マンションプラン2:5,037円(税込)+プロバイダ料
【西日本】
戸建て:6,802円(税込)+プロバイダ料
マンションプランミニ:6,027円(税込)+プロバイダ料
マンションプラン1:5,257円(税込)+プロバイダ料
マンションプラン2:4,817円(税込)+プロバイダ料

※更新日:2024/05/19
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間

フレッツ光は、光回線の契約とプロバイダの契約が別途必要な光回線なので、光回線の利用料とプロバイダの利用料が発生します。

一方で、ドコモ光は光回線とプロバイダがセットになった光回線サービスなので、フレッツ光に比べて、利用料金が安くなります。

また、ドコモ光では、以下のように21社からプロバイダを選べるので、希望のプロバイダがある方はそちらを選択しましょう。

タイプドコモ光で利用できるプロバイダ一覧
タイプAGMOとくとくBB
タイプBOCN ロゴ@TCOM ロゴ
AsahiNet光

引用:ドコモ光公式サイト

乗り換えをする場合は、プロバイダ料金と光回線料金がセットになっている一体型を選ぶことで、料金が安くすることができますので、この中でも「GMOとくとくBB」をプロバイダとして選ぶことをオススメします。

また以下の記事ではドコモ光のおすすめプロバイダ21社を比較しているので、プロバイダを選ぶ際の参考にしてみてください。

プロバイダが変わることで通信速度が速くなる可能性がある

利用するプロバイダによって通信速度が変わることも多いにあることに加えて、通信回線の安定性が向上する場合もあります。

通信速度を検討する際には、下りと上り、Ping値の3点から判断すると良いでしょう。

下り、上り、ping値って何?
  • 下り速度

WEBサイトの閲覧・動画視聴・ダウンロードなどの速度。数値が大きいほど速い

  • 上り速度

メールの送信やファイルのアップロードなどの速度。数値が大きいほど速い

自分の端末オンラインゲームのサーバーまでのデータ通信にかかる時間を表す。数値が小さいほどラグが少ない

Ping値の詳しい説明はこちら

以下の表は、ドコモ光で利用できるプロバイダの通信速度を比較したものなので、プロバイダ選びの参考にしてみてください。

プロバイダ下り上りPing値
OCN ロゴ 306.39Mbps 323.75Mbps 18.29
GMOとくとくBB 283.11Mbps 334.95Mbps 19.19
228.26Mbps 308.07Mbps 14.67
286.78Mbps 297.22Mbps 18.39
216.21Mbps240.35Mbps18.9ms
327.23Mbps 608.7Mbps 16.79
92.7Mbps 210.58Mbps 24.08
236.88Mbps 260.48Mbps 16.65
198.57Mbps 233.96Mbps 25.06ms
161.85Mbps 203.77Mbps 23.23
231.57Mbps 193.15Mbps 26.19
178.23Mbps 147.48Mbps 35.72
176.87Mbps 203.29Mbps 25.76
201.27Mbps 244.11Mbps 14.43
183.26Mbps 253.64Mbps 19.67
320.79Mbps 278.52Mbps 20.7
@TCOM ロゴ 258.54Mbps 307.21Mbps 14.39
340.96Mbps 341.2Mbps 14.42
AsahiNet光 418.02Mbps 380.63Mbps 15.39
98.02Mbps8.12Mbps56.8ms
282.47Mbps 215.3Mbps 23.19

※:更新日2024/05/19
※全て実際の速度
※実際の速度:みんなのネット回線速度

プロバイダにこだわりがない方は上記の表やサポート体制などトータルで検討してみると「GMOとくとくBB」がおすすめです。

ドコモ光のおすすめプロバイダについては、以下の記事でより詳しく比較して解説しているので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

光回線の安定性が向上することで光回線の品質が向上し、オンラインゲームをやっている時や映画を視聴している場合にいつもより速く感じる場合があり、ドコモ光でオンラインゲームをプレイするには不満のないレベルです。

以下の動画はドコモ光でApex Legendsをプレイしてみた動画なので、参考にしてみてください。

ドコモ光は10ギガプランに対応している

ドコモ光は、1ギガプランのほかに10ギガプランにも対応しており、オンラインゲームや動画視聴時はタイムラグが少ないので快適に見ることができます。

しかしながら、1ギガプランよりも少ない提供エリアとなっているため、10ギガプランの提供エリアについては以下の表で確認する必要があります。

スクロールできます
都道府県戸建て・マンション
東京都23区、狛江市、調布市、三鷹市、府中市、稲城市、
羽村市、国分寺市、小金井市、小平市、昭島市、清瀬市、
西東京市、多摩市、東久留米市、東村山市、東大和市、
武蔵村山市、武蔵野市、福生市、立川市、あきる野市、
国立市、青梅市、町田市、日野市、八王子市、西多摩郡瑞穂町
神奈川県横浜市、川崎市、茅ケ崎市、綾瀬市、大和市、
逗子市、藤沢市、平塚市、南足柄市、伊勢原市、足柄上郡松田町、
相模原市、横須賀市、海老名市、鎌倉市、厚木市、座間市、小田原市、
秦野市、愛甲郡愛川町、高座郡寒川町、足柄上郡開成町、三浦郡葉山町、
中郡二宮町、中郡大磯町、足柄上郡大井町、足柄上郡中井町
千葉県千葉市、市川市、習志野市、松戸市、白井市、
浦安市、鎌ヶ谷市、市原市、成田市、船橋市、袖ケ浦市、
大網白里市、東金市、八街市、木更津市、流山市、
四街道市、柏市、茂原市、八千代市、君津市、銚子市、
旭市、印西市、我孫子市、鴨川市、佐倉市、山武市、
富里市、野田市、香取市、匝瑳市
埼玉県さいたま市、ふじみ野市、狭山市、坂戸市、志木市、新座市、
草加市、鶴ヶ島市、富士見市、北本市、和光市、
蕨市、秩父郡横瀬町、南埼玉郡宮代町、入間郡三芳町、
飯能市、本庄市、三郷市、羽生市、越谷市、
桶川市、加須市、吉川市、久喜市、熊谷市、戸田市、
幸手市、行田市、鴻巣市、春日部市、所沢市、上尾市、
深谷市、川越市、川口市、秩父市、朝霞市、東松山市、
日高市、入間市、八潮市、蓮田市、白岡市、児玉郡神川町、
秩父郡小鹿野町、比企郡滑川町、北葛飾郡杉戸町、北足立郡伊奈町、
比企郡小川町、比企郡吉見町、入間郡毛呂山町
北海道札幌市
宮城県仙台市
新潟県新潟市
大阪府大阪市、堺市、岸和田市、豊中市、池田市、吹田市、
泉大津市、高槻市、守口市、枚方市、茨木市、八尾市、
泉佐野市、富田林市、寝屋川市、松原市、大東市、
和泉市、箕面市、門真市、藤井寺市、東大阪市、
泉南市、四条畷市、交野市、大阪挟山市
和歌山県和歌山市、田辺市、岩出市
京都府京都市、宇治市、亀岡市、城陽市、向日市、
長岡京市、八幡市、京田辺市、木津川市
奈良県奈良市、大和高田市、橿原市、香芝市、王寺町
滋賀県大津市、彦根市、長浜市、近江八幡市、草津市、守山市、栗東市
兵庫県神戸市、姫路市、尼崎市、明石市、西宮市、
芦屋市、伊丹市、加古川市、宝塚市、川西市、三田市
愛知県名古屋市、豊橋市、岡崎市、一宮市、瀬戸市、
半田市、春日井市、豊川市、津島市、碧南市、
刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、
常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、東海市、
大府市、知立市、尾張旭市、岩倉市、日進市、
清須市、北名古屋市、あま市、長久手市
静岡県静岡市、浜松市、沼津市、三島市、富士宮市、
富士市、磐田市、焼津市、掛川市、
藤枝市、御殿場市、袋井市、裾野市、⾧泉町
岐阜県岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、
羽島市、美濃加茂市、各務原市、可児市、瑞穂市
三重県津市、四日市市、伊勢市、桑名市、鈴鹿市

※更新日:2024/05/19
引用:ドコモ光公式サイト

10ギガプランの提供エリアは順次エリア拡大をしており、利用できる都道府県が増えてきておりますので、利用できないエリアにお住まいの方も今後使えるようになる可能性があります。

以下のエリアは2024年3月26日にサービス提供エリアとして追加されることになっておりますので、ご自身のお住まいで利用可能になる場合は検討してみてください。

都道府県サービス提供追加予定エリア
北海道室蘭市、石狩郡当別町、石狩市、登別市、苫小牧市、北広島市
宮城県塩竈市、岩沼市、気仙沼市、宮城郡七ヶ浜町、
柴田郡村田町、柴田郡大河原町、石巻市、多賀城市、白石市

ドコモのスマホが月々最大1,100円も安くなる

ドコモ光 ドコモ スマホ セット割

ドコモ光は、インターネットとスマホ回線を一緒に利用することでセット割引が適用されます。

この割引きは、手続き不要で毎月最大1,100円の割引が適用されますので非常にお得なキャンペーンです。

以下に割引額とプランについて表にまとめましたので、参考してみてください。

スクロールできます
料金プラン月額料金ドコモ光
定額プランの場合
ドコモ光ミニ
の場合
eximo6,650円
(税込)
1,100円割引550円割引
irumo
(0.5ギガプランを除く)
3,070円
(税込)
1,100円割引
5Gギガホ プレミア6,650円
(税込)
1,100円割引550円割引
5Gギガホ7,650円
(税込)
1,100円割引550円割引
ギガホ プレミア6,550円
(税込)
1,100円割引550円割引
ギガホ6,150円
(税込)
1,100円割引550円割引
5Gギガライト/ギガライト
(3〜7ギガまで)
6,150円
(税込)
1,100円割引550円割引
5Gギガライト/ギガライト
(0〜3ギガまで)
4,150円
(税込)
550円割引220円割引

※更新日:2024/05/19

ドコモ光の定額プランに加入しスマホ回線を「irumo」にすることで、一番お得に最大割引額である1,100円が適用できます。

ドコモのスマホをお持ちでない方は、プランの検討にお役立てください。

ドコモ光には工事費無料キャンペーンがある

ドコモ光 新規工事 工事料無料 キャンペーン

ドコモ光1ギガまたはドコモ光10ギガを新規申込みで、以下のドコモ光の工事料金が無料になるキャンペーンがあります。

プラン工事費用
単独タイプ(タイプA/タイプB)22,000円(税込)
戸建タイプ(タイプC)19,800円(税込)
マンションタイプ(タイプC)16,500円(税込)

適用条件については以下の通りです。

適用条件
ドコモ光1ギガまたはドコモ光10ギガを新規申込みして、申込み月含む7か月以内に利用開始すること。

ただし、特典適用対象はドコモ光の通常工事のみとなっており、土日・祝日工事の追加工事料やドコモ光電話などのオプション工事料、その他工事内容によって発生する追加料金は無料特典の適用対象外となっています。

無料特典を利用しない場合は、16,500円〜22,000円の工事費用がかかってきますので、特典を利用して費用を抑えるようにしましょう。

ドコモ光×NNコミュニケーションズの公式ページはこちら→https://www.docomo.ne.jp/

ドコモ光の口コミや評判はこちら
ドコモ光のキャッシュバックはこちら
ドコモ光のキャンペーンはこちら
ドコモ光のメリットでデメリットはこちら

ドコモ光に乗り換える際に利用できるキャンペーンは?

この章では、ドコモ光をお得に利用できるキャンペーンについて以下の2点で解説しています。

  • ドコモ光乗り換えキャンペーン|他社の違約金をdポイントで還元
  • ドコモ光のキャッシュバック特典をおすすめ7社で比較!

乗り換えに必要な費用を抑えることができるキャンペーンですので、ぜひ参考にしてください。

ドコモ光の契約でdポイントでプレゼント

ドコモ光 dポイント プレゼント

ドコモ光1ギガを「新規」「事業者変更」「転用」で申し込んだ方はdポイントが2,000ptプレゼントされ、ドコモ光10ギガを「新規」「転用」で申し込んだ方はdポイントが17,000ptプレゼントされます。

還元されるポイントについては以下の表のとおりで、「ドコモ光(2年定期契約)」利用開始月の2ヵ月後の月末時点でも契約中であり、契約者がdポイントクラブ会員であることが条件なので、押さえておきましょう。

プラン還元ポイント
ドコモ光1ギガ2,000ポイント
ドコモ光10ギガ17,000ポイント

またポイントが提供されるのは利用開始月から6ヶ月後となっており、ポイント有効期限についても6ヶ月ですのでこの点には注意が必要です。

ドコモ光のキャッシュバック特典をおすすめ7社で比較!

スクロールできます
会社名金額受け取り時期
ドコモ光(公式)dポイント15,000ポイント:転用で1ギガを契約
dポイント20,000ポイント:新規・事業者変更で1ギガを契約
dポイント30,000ポイント:転用で10ギガを契約
dポイント35,000ポイント:新規・事業者変更で10ギガを契約
最短
4ヶ月
株式会社NNコミュニケーションズ25,000円CB:1ギガを新規契約
40,000円CB:10ギガを新規契約
最短
1ヶ月
ニフティ株式会社20,000円CB:1ギガを新規・転用・事業者変更で契約
35,000円CB:10ギガを新規・転用・事業者変更で契約
最短
8ヶ月
GMOインターネットグループ株式会社10,000円CB:ドコモ光を新規契約
12,000円CB:ドコモ光+Lemino or dアニメストアを新規契約
15,000円CB:ドコモ光+スカパー! or DAZN for docomoを新規契約
18,000円CB:ドコモ光+ひかりTVを新規契約
35,000円CB:ドコモ光+ひかりTV +DAZN for docomoを新規契約
64,500円CB:ドコモ光+Lemino+ひかりTV +DAZN for docomoを新規契約
※連絡希望日時を【平日14~17時】に指定限定で+500円
最短
6ヶ月
株式会社wiz20,000円CB:ドコモ光を新規・転用・事業者変更で契約
エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社新規申し込み受付終了

※更新日:2024/05/19

上記の表で7社を比較した結果、キャッシュバック額が最も多い会社が「GMOインターネットグループ株式会社」でキャッシュバックが最も早い会社が「株式会社NNコミュニケーションズ」でした。

ドコモ公式サイトからの申し込みをすると、現金ではなくdポイントでのキャッシュバックとなっておりますので、この点には注意が必要です。

ドコモ光×NNコミュニケーションズの公式ページはこちら→https://www.docomo.ne.jp/

ドコモ光の口コミや評判はこちら
ドコモ光のキャッシュバックはこちら
ドコモ光のキャンペーンはこちら
ドコモ光のメリットでデメリットはこちら

ドコモ光に乗り換える際におすすめのキャンペーン窓口は?

ドコモ光(NNコミュニケーションズ)
月額料金戸建て:5,720円
マンション4,400円
実際の月額料金
※1
戸建て:3,716円
マンション:2,396円
公表している
通信速度
最大1Gbps
実際の通信速度
※2
下り: 273.4Mbps
上り: 299.53Mbps
Ping値: 18.58ms
契約期間2年
事務手数料3,300円
工事費用<特典で実質無料>
工事あり:22,000円
屋内配線がある:11,660円
立ち合い工事無し:3,300円
スマホセット割引ドコモスマホとセットで毎月最大1,100円割引
(離れて住んでいる家族も対象)
キャンペーン1ギガは25,000円キャッシュバック
10ギガは40,000円キャッシュバック
Dポイント2,000ptプレゼント
10ギガ契約でDポイント17,000ptプレゼント
その他の特典パケットパック毎月最大3,850円割引
同一シェアグループ内の「ドコモ光」
2回線目以降は1回線あたり毎月330円割引

WiFiルーター無料レンタル

※更新日:2024年5月01日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

この章では、乗り換えの際におすすめのキャンペーン窓口であるNNコミュニケーションズについて以下の2点で解説しています。

  • NNコミュニケーションズなら最短1ヶ月でキャッシュバックを受け取れる!
  • 他社光回線からドコモ光に乗り換えてキャッシュバックを受け取る手順は?

乗り換え費用に関わる点ですので、キャッシュバック時期や金額、手順などについてしっかりと押さえておきましょう。

NNコミュニケーションズなら最短1ヶ月でキャッシュバックを受け取れる!

会社名金額受け取り時期
株式会社NNコミュニケーションズ25,000円CB:1ギガを新規契約
40,000円CB:10ギガを新規契約
最短1ヶ月

※更新日:2024/05/19

キャッシュバックキャンペーンをやっている会社は複数ありますが、最短でも2〜6ヶ月かかる会社が多い中、株式会社NNコミュニケーションであれば最短1ヶ月でキャッシュバックが可能です。

面倒な手続きも不要で、電話申し込みだけでキャッシュバックの受け取りが可能なのでストレスなく受け取ることができます。

他社光回線からドコモ光に乗り換えてキャッシュバックを受け取る手順は?

他社光回線から乗り換えをした場合には、キャッシュバックを忘れずに受け取るようにしましょう。

乗り換えでキャッシュバックを受け取る手順については以下の通りです。

キャッシュバック受け取り手順
  • 株式会社NNコミュニケーション公式サイトから新規/転用/事業者変更のいずれかで申し込み
  • ドコモ光と対となるNTTドコモの携帯電話回線(ペア回線)を利用しているか確認
  • 申し込みの際に電話にてキャッシュバック振込先を伝える
  • 最短1ヶ月で指定した振込先へキャッシュバック金額が振り込まれる

キャッシュバックを受け取る注意点としては、受け取り時点で「ドコモ光を解約していないこと」や「継続して12ヶ月以上利用している」必要がありますので、この点については押さえておきましょう。

ドコモ光×NNコミュニケーションズの公式ページはこちら→https://www.docomo.ne.jp/

ドコモ光の口コミや評判はこちら
ドコモ光のキャッシュバックはこちら
ドコモ光のキャンペーンはこちら
ドコモ光のメリットでデメリットはこちら

ドコモ光に乗り換える際によくある質問は?

この章では、乗り換えの際によくある以下の4つの質問内容について解説しています。

  • ドコモ光に乗り換える際に工事が必要なケースはある?
  • ドコモ光に乗り換えるのにかかる日数は?
  • ドコモ光に乗り換えをする時にネットを使えない期間はある?
  • ADSLからドコモ光に乗り換える手順は?

ドコモ光に乗り換える際に工事が必要なケースはある?

項目工事必要有無
新規契約(NTT以外の光回線を利用していた場合)必要
速度変更(1ギガから10ギガへ変更)必要
事業者変更不要
転用不要

乗り換える際に工事が必要なケースは、新規でドコモ光回線を開通させるに必要です。

例えば、auひかりからドコモ光へ乗り換えをする場合は、使用する光ファイバーケーブルが異なるため、新たに開通工事をする必要があります。

また、ドコモ光の1ギガを利用中の方で、回線速度のプランを10ギガへ変更したい方も工事が必要になりますので、この点については押さえておきましょう。

ドコモ光に乗り換えるのにかかる日数は?

項目所要日数
解約新規最短1ヶ月〜2ヶ月
転用2週間〜1ヶ月
事業者変更1週間前後

上記がそれぞれの契約種別ごとの所要日数の目安で、解約新規の場合は、新しく申し込みをしてから新規開通工事をして利用可能になるため、所要日数が一番長くなります。

転用については、フレッツ光からドコモ光へ乗り換えるだけなので、申し込んでから約2週間前後で乗り換えが完了しますが、繁忙期などの場合は1ヶ月かかることもあるようです。

事業者変更については、光コラボレーション同士の乗り換えになりますので、申し込んでから工事不要で乗り換えが完了するため、最短で1週間前後の所要時間です。

ドコモ光に乗り換えをする時にネットを使えない期間はある?

項目ネット利用不可日数
解約新規1ヶ月〜2ヶ月
転用常時利用可能
事業者変更常時利用可能

乗り換えをする際に、ネットが使えない期間があるかどうかについては、解約新規/転用/事業者変更によって変わってきます。

解約新規の場合は、開通までに時間を要するため、乗り換え元の光回線の解約を先にしてしまうとネット利用ができない空白期間が発生してしまいますので、ドコモ光の回線が開通してから乗り換え元回線の解約をオススメします。

それができない場合には、ドコモ光では特典として無料のポケットWi-Fiをレンタルしている代理店から申し込むと、ネットが途切れることはないので、そういった特典も利用するようにしましょう。

一方で、転用や事業者変更については工事不要で、申し込みから切り替え日前までは乗り換え元の回線を利用しますので、ネットが利用できない期間はありません。

ADSLからドコモ光に乗り換える手順は?

ADSLからドコモ光へ乗り換え手順
  • STEP1:ドコモ光へ申し込みをする
  • STEP2:日程を調整、立ち会い工事を実施
  • STEP3:モデムやルーターの交換・再設定
  • STEP4:ADSLの解約手続きをする
  • STEP5:ADSLのプロバイダを解約する
  • STEP6:ADSLで使用していたルーターやモデムを返却

ADSLからドコモ光への乗り換え手順については上記の6ステップで行なってください。

ADSL回線とは?

ADSL回線は、Asymmetric Digital Subscriber Line(非対称ディジタル加入者線)の略で、電話回線(メタル回線)で普段利用しない周波数帯を利用して高速なデータ通信を可能にするサービスです。

工事日程の調整については、光回線の工事が発生するため、立ち会いが必要になりますので集合住宅にお住まいの方は管理会社との調整を事前に済ませておきましょう。

また、光回線の工事をする場合は、集合住宅によって建物全体の工事が必要になったり、設備を設置する部屋を新しく設けるなどの工事が必要になる場合がありますので、工事許可を取っておくようにしましょう。

注意点としては、ADSLからドコモ光は「解約新規」での乗り換えになりますので、インターネットが利用できない期間ができないようにドコモ光を開通させてからADSLを解約することです。

手順を間違えてしまうと、インターネットが長期間利用できなくなってしまいますので、この点についてはしっかりと押さえておきましょう。

ドコモ光×NNコミュニケーションズの公式ページはこちら→https://www.docomo.ne.jp/

ドコモ光の口コミや評判はこちら
ドコモ光のキャッシュバックはこちら
ドコモ光のキャンペーンはこちら
ドコモ光のメリットでデメリットはこちら

ドコモ光に乗り換える手順・注意点まとめ

この記事では、ドコモ光へ乗り換える手順や注意点、メリット・デメリットについて解説してきました。

まず、ドコモ光へ乗り換えるには、以下の3つの方法と特徴があるので、自身はどの手続きを行うのか押さえておきましょう。

  • 解約新規:auひかりやNURO光などからドコモ光へ乗り換える手順で、手順を誤ると長時間ネット利用不可。
  • 転用:フレッツ光からドコモ光へ乗り換える手順で、即日切り替えなので常時ネット利用可能。
  • 事業者変更:他社光コラボからドコモ光へ乗り換える手順で、即日切り替えなので常時ネット利用可能。

乗り換える際の注意点としては、インターネットが利用できない空白期間ないように、ドコモ光の新規開通工事が完了してから乗り換え元の解約手続きをすることですので、この点についてはしっかりと押さえておきましょう。

ドコモ光へ乗り換えると以下のようなメリット、デメリットがありますが、ドコモのスマホをお持ちの方はよりお得な光回線になっています。

スクロールできます
メリットフレッツ光からの転用の場合は料金が安くなる
プロバイダが変わることで通信品質が向上する可能性がある
10ギガプランにも対応している
スマホ割によるセット割引により最大1,100円割引になる
新規工事料無料キャンペーンがある
デメリットドコモスマホ回線以外は割引が受けられない
解約新規の場合、「アナログ戻し」をしなければ電話番号を引き継げない
乗り換え前のメールアドレスが使えなくなる
利用するプロバイダによって、引き継げないオプションがある
利用するプランによって、日割り計算される場合とされない場合がある
IPv6が利用できるようになるまで重複登録などで確認に時間がかかる場合がある

ドコモスマホ回線の方以外は割引メリットがあまりないように感じますが、乗り換えキャンペーンのキャッシュバックや新規工事料無料キャンペーンによりかなりお得に乗り換えが可能です。

キャッシュバックについては、最短1ヶ月で振込可能な株式会社NNコミュニケーションズがオススメとなっておりますので、ぜひご検討ください!

ドコモ光×NNコミュニケーションズの公式ページはこちら→https://www.docomo.ne.jp/

ドコモ光の口コミや評判はこちら
ドコモ光のキャッシュバックはこちら
ドコモ光のキャンペーンはこちら
ドコモ光のメリットでデメリットはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

【目次】クリックで見出しに飛びます