DMM光からSo-net光プラスへの乗り換え手順を徹底解説!注意点やデメリットはある?

DMMかSo-net光プラス 乗り換え メリット

この記事では、DMM光からSo-net光プラスへ乗り換える手順や、注意点、デメリットについて解説しています。

また、DMM光とSo-net光プラスの料金や速度、評判などを比較し、さらにはSo-net光プラスの特典についても解説しているので、So-net光プラスに乗り換えるメリットについてもわかるようになります。

DMM光からSo-net光プラスへの乗り換えは「事業者変更」という手続きを取るためインターネットが途切れることなく、切り替え日にはすぐにSo-net光プラスのインターネットの利用が可能です。

DMM光からSo-net光プラスへ乗り換える手順とは?

光コラボはフレッツ光の光回線とプロバイダがひとつにまとまったサービスで、同じ回線設備を利用していることから、乗り換え時に工事を行う必要がなく、スムーズに乗り換えられることが魅力となっています。

DMM光とSo-net光プラスは光コラボというサービスなので、配線やONUの設置等の工事をすることなく乗り換えられる「事業者変更」という手続きで乗り換えが可能です。

事業者変更は光コラボから光コラボに乗り換えることで、乗り換え元から事業者変更承諾番号を取得して、乗り換え先で、事業者変更承諾番号を使って申し込みます。

事業者変更ではONUやルーターの設定は基本必要なく、短期間で乗り換えられますが、キャッシュバック額は、新規で申し込みをする方が高額です。

ただし、新規で申し込む場合には、乗り換え元の光回線の撤去工事や機器の返却と、乗り換え先の光回線の申し込みと開通工事を並行して行う必要があり、開通までの期間が長くなってしまいます。

この記事を読めば、DMM光からSo-net光プラスへの乗り換えの全てがわかるようになるので、ぜひ最後までお読みいただき、参考にしてください!

回線名キャンペーンと
おすすめの点
公式ページ
✔︎50,000円キャッシュバック
✔︎開通工事費と同額の月額料金割引
✔︎開通前モバイルWi-Fiレンタル初月無料
✔︎v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタル永年無料
✔︎総合セキュリティソフト『S-SAFE』無料
✔︎訪問設定サポート無料
So-net光プラスはこちら

※更新日:2024年2月10日

【目次】クリックで見出しに飛びます

DMM光からSo-net光プラスに乗り換える手順は?

DMM光からSo-net光プラスに乗り換えるには以下の6つのステップで行います。

この章では、この6つのステップを順番に解説していきます。

  • STEP1:DMM光から事業者変更承諾番号を取得する
  • STEP2:So-net光プラスに申し込む
  • STEP3:回線の切り替えがおこなわれる
  • STEP4:So-net光プラスのルーターを設置する
  • STEP5:DMM光のレンタル機器を返却する
  • STEP6:So-net光プラスのキャッシュバックの手続きをする

STEP1:DMM光から事業者変更承諾番号を取得する

DMM光からSo-net光プラスへ乗り換える場合、はじめにDMM光で事業者変更承諾番号を取得します。

発行にあたっては、「契約者本人の名前」「契約者の住所」「契約時の登録電話番号」「契約者の生年月日」が必要になるので準備しておいてください。

また、申し込みには契約者本人に限られるので注意しましょう。

事業者変更承諾番号の取得は以下のDMM光サービスセンターへ電話して「事業者変更承諾番号を発行したい」という旨を伝えれば手続きが進みます。

事業者変更承諾番号の取り扱い窓口

DMM光サービスセンター

0120-660-481

(受付時間 10:00〜18:00)

事業者変更承諾番号は「頭文字がTかF +数字の11桁の番号」で、光コラボを契約しているの方が他の光コラボへ乗り換える際に必要となる番号のことです。

「事業者変更承諾番号」には15日間の有効期限がありますが、So-net光プラスでは、事業者変更承諾番号の取得から11日以内に申し込まないと、再発行が必要になるので申し込むタイミングには十分注意してください。

事業者変更承諾番号について詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください!

STEP2:So-net光プラスに申し込む

DMM光で事業者変更承諾番号を取得したら、So-net光プラスの公式ページから申し込みを行ってください。

繰り返しになりますが、So-net光プラスでは、事業者変更承諾番号を取得してから11日以内に申し込まないと、事業者変更承諾番号の再発行が必要になるので申し込むタイミングには十分注意してください。

Q1.は「利用している:他社コラボサービスを利用している(事業者変更)」を選択して次に進みます。

So-net光 dmm光 乗り換え 申し込み 事業者変更

Q2.では事業者変更承諾番号の頭文字のアルファベットが「F」か「T」かを選択します。
(Fで始まる方は東日本、Tで始まる方は西日本にお住まいの方です。)

Q3では戸建てかマンションかを選択して、Q4は、オプションの「サクサクスイッチ」を希望する方がチェックを入れて次に進みます。

さくさくスイッチとは

「さくさくスイッチ」は「So-net 光」サービス専用の高速帯域を提供するオプションサービスです。
「さくさくスイッチ」を申し込むと、利用者の専用帯域が利用でき、利用者が集中する夜間など、とくに混雑する時間帯でも、オンラインゲームやデータダウンロードをストレスなく快適な環境が提供されます。

So-net光 dmm光 乗り換え 申し込み 事業者変更

Q4まで回答が終わると、「So-netのサービスに初めて申し込む方は、こちら」から次に進みます。

So-net光 dmm光 乗り換え 申し込み 事業者変更

次に進むと、「お客さまの情報入力」に進むので、以下の項目を入力した上で申し込みを完了させてください。

記入・回答項目
  • 利用場所情報
  • お申し込み者情報
  • オプション
  • お支払情報
  • 規約
  • 料金・特典・キャンペーン
  • メール・SMS配信設定
  • ご契約内容の通知(電子交付)

So-net光プラスでは、IPv6対応ルーターの無料レンタルができるので、「料金・特典・キャンペーン」の項目から併せて申し込むようにしてください。

So-net光 dmm光 乗り換え 申し込み 事業者変更

申し込みが完了したら、So-net光プラスから「お申し込み受付のご連絡」がメールで、『「So-net 光」に関するご連絡』として郵送にて圧着はがきでも届きます。

キャッシュバックの受け取り通知はこのハガキ内に記載されているメールアドレス宛に届くので、メール設定を行っておくのが良いでしょう。

So-net光プラス ソネット光プラス 入会証

届いたメールからマイページに移動して切り替え日と工事の立ち合いの要否が記載されているので、確認しておいてください。

STEP3:回線の切り替えがおこなわれる

So-net光プラスに申し込んでから約1〜2週間程度の事前に通知されていた回線の切り替え日にSo-net光プラスへ切り替わります。

事業者変更手続きでは、So-net光プラスが開通するのと同時にDMM光の解約は自動的にされるので、特に切り替わってからの手続きは必要ありません。

また、回線が切り替わってからも、インターネットが途切れることもなくそのまま利用できるようになっているので、特典で届いたWi-Fiがある場合にはWi-Fiをホームゲートウェイに接続してください。

Wi-Fiとホームゲートウェイの接続が完了したらスマホやIoT機器(冷蔵庫やエアコン、子供・ペットカメラなど)の再接続設定は必要なので、この作業を忘れないように行なってください。

切り替わっているはずなのにネットが使えないということになっている場合には、ルーターの接続方法が間違っている可能性があります。

インターネットが繋がらないよという場合には、「DMM光からSo-net光プラスに切り替わったらルーターの再設定が必要」(この記事の該当箇所へ移動します)を参考にしてみてください。

STEP4:So-net光プラスのルーターを設置する

So-net光プラスで契約と同時に申し込みをした方はWi-Fiルーターが届くので自宅に設置します。

また、So-net光プラスには、訪問設定サポートが1回分無料で利用できるので、設定に自信がない方は訪問サポートを利用してみてください。

訪問サポートサービスを利用するための申し込みの流れは以下の通りです。

  1. 電話(0120-55-8549)かWEBから申し込む
  2. サポートメニューの確認や希望訪問日時を決める
  3. 専門スタッフが訪問しサポートを実施

サポート内容はインターネット接続設定やパソコン・スマホ・タブレット・周辺機器などのサポート、ウイルス診断・セキュリティ対策などをしてくれるので、So-net光の切り替え日に合わせて利用することをおすすめします。

STEP5:DMM光のレンタル機器を返却する

DMM光を解約すると、借りていたWi-Fiルーターなどのレンタル機器がある場合には返却する必要があります。

解約手続きをすると、DMM光から返却キットが送られてくるので、そのキットでレンタル品の返却をしましょう。

返却キットの中身
  • 返却用の袋
  • 返却用の送り状
  • 返却手順書

返却手順書の内容に従ってレンタル品を袋に詰めて、返却用伝票を使って着払いで発送します。

ただし、レンタル品のうちONU(回線終端装置)はSo-net光プラスでも引き続き利用するので、間違って返却しないように注意してください。

ONUとは?

ONUとは光回線に接続するための光コンセントとPCの間に接続する「終端装置」のことで、別称として光モデムとも呼ばれます。

これには光ファイバーケーブルから送られてきた光信号をデジタル信号に変換する役割があり、光回線を利用する際には欠かせない機器の1つです。

また、ONUに無線LANルーターや光電話ルーターの機能を加えたものを一般的に「ホームゲートウェイ」と言いますが、どちらもひっくるめて単にONU(無線LAN一体型ONUなど)と呼称することもあります。

ONUの詳しい内容はこちら

STEP6:So-net光プラスのキャッシュバックの手続きをする

So-net光プラスが開通後、12ヶ月目と24ヶ月目の2回に分かれてのキャッシュバックの受け取りを行います。

1度手続きをすると2回目も自動でキャッシュバックされるということはなく、2回とも手続きが必要です。

そのため、忘れないようにリマインドの設定をしておくことをおすすめします。

スクロールできます
キャッシュバック金額1回目:戸建/マンション:30,000円
2回目:戸建/マンション:10,000円
キャッシュバック受け取り
タイミング
1回目:対象サービスのご利用開始から12ヶ月後の15日より45日間
2回目:対象サービスのご利用開始から24ヶ月後の15日より45日間
手続き方法受取期間内にマイページまたはSo-net会員アプリから、受取口座を指定

キャッシュバックを受け取れるタイミングになると、45日以内にマイページまたはSo-net会員アプリから手続きをしましょう。

キャッシュバックの受け取りまでの流れは以下の手順で進めてください。

  • So-netメールアドレス宛にメールが届く
  • キャッシュバック受け取り手続きを行う
  • キャッシュバック額が振り込まれるので確認する

So-netメールアドレス宛にメールが届く

キャッシュバックが受け取り可能になった月の15日の午前9時以降に、”So-netメールアドレス宛”に「キャッシュバック受け取り手続きのご案内」のメールが届きます。

申し込み時に登録したメールアドレスではないという点には注意が必要です。

So-netメールアドレスとは

So-net光プラスの申し込み時に発行される「〜@メールホスト名.so-net.ne.jp」のメールアドレスのことです。

スマホやパソコンに新たにこのメールアドレスの登録設定をするか、マイページにログインしないと受信したメールは見られません。

So-netメールアドレスは、申し込み後に届いているSo-net入会証に記載されているので、登録をしていない方は、メール設定を行ってください。

So-net光プラス ソネット光プラス 入会証

受け取り開始時期は、マイページからも確認できるので、So-netメールアドレスの設定の上でしっかりとマイページからも受け取り時期について確認しておきましょう。

キャッシュバック受け取り手続きを行う

メールが届いたら送金先に指定する口座情報(金融機関名、支店名、口座種別、口座番号、口座名義)を準備して、メールの案内に従ってキャッシュバックの受け取り手続きを行ってください。

キャッシュバックの受け取り期間は、1回目と2回目とともに「45日間」なので、この期限を過ぎると受け取れなくなってしまいます。

キャッシュバック額が振り込まれるので確認する

手続き完了後、数時間から数日以内にキャッシュバック額が振り込まれるので、振り込まれているかどうか確認してください。

2度の受け取り完了までに、解約やコース変更、So-netを退会した場合には、キャッシュバックを受け取れないので、キャッシュバック特典を受け取るまでは、必ずSo-net光プラスを継続して利用するようにしてください。

キャッシュバック受け取りの流れのおさらい
  • 受け取り時期になるとメールが届くので、「マイページ」へアクセスする
  • 口座情報などの振り込みに必要な情報を入力する
  • 手続きが完了すると、指定した口座への振り込まれる
  • 振込後に登録してあるメールアドレスに「送金結果」が届いて完了

So-netでは、キャッシュバックの受け取り方法を動画でも確認できるので、ぜひ参考にした上で、受け取り忘れのないようにしましょう!

So-net光プラスの公式ページ→https://www.so-net.ne.jp/

So-net光プラスの評判や口コミはこちら

DMM光からSo-net光プラスに乗り換える際の注意点は?

この章では、DMM光からSo-net光プラスに乗り換える際の注意点について以下の4点を解説していきます。

  • DMM光2段階定額プランは2025年3月31日でサービス提供が終了する
  • DMM光からSo-net光プラスに切り替わったらルーターの再設定が必要
  • So-net光プラスの乗り換えキャッシュバックは2回の受け取り手続きが必要
  • So-net光プラスに乗り換えた直後はIPv6が利用できないことがある

DMM光2段階定額プランは2025年3月31日でサービス提供が終了する

『DMM光』は、合同会社 DMM.com が提供していた光回線サービスですが、2019年8月27日より楽天モバイルがサービス提供事業者となったことに伴い、サービス新規受付が停止しました。

そのため、「DMM光2段階定額プラン」は2023年3月31日(金)で新規受付を終了し、2025年3月31日(月)にサービス提供を終了します。

定額プランはそのまま残るので、「DMM光2段階定額プラン」を利用中の方は「DMM光定額プラン」へ移行するか、So-net光プラスなどの他のサービスへの乗り換えが必要です。

乗り換え先におすすめの光回線については以下の記事でも詳しくご紹介をしておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

DMM光からSo-net光プラスに切り替わったらルーターの再設定が必要

回線が切り替わっても、インターネットが途切れることもなくそのまま利用できるので、特典で届いたWi-Fiがある場合にはWi-Fiをホームゲートウェイに接続してください。

Wi-Fiとホームゲートウェイの接続が完了したらスマホやIoT機器(冷蔵庫やエアコン、子供・ペットカメラなど)の再接続設定は必要なので、この作業を忘れないように行なってください。

So-net光プラスは特に設定することなく利用開始できますが、インターネットに接続ができていない場合には以下の接続を確認してみてください。

NTT レンタル機器タイプパターン
パターンA
パターンB

パターンA

NTTレンタル機器にPPPランプがある場合には、パターンAの接続方法を使って接続してください。

  • So-net光プラスの利用状況を確認する
  • NTT レンタル機器の「LAN1」から「LAN4」のいずれかと、無線LAN ルーターの「WAN」や「インターネット (Internet)」を接続する。
  • ブリッジ (BR) モード、アクセスポイント (AP) モードになっていることを確認してから電源を入れる
  • Web ページの閲覧が可能かどうか確認する

機器の接続については以下の接続イメージを参考にしてみてください。

So-net光プラス ルーター 接続 構成

このイメージでもうまくいかない場合は以下の動画も参考にしてみてください。

パターンB

NTTレンタル機器にPPPランプがない場合には、パターンBの接続方法を使って接続してください。

  • So-net光プラスの利用状況を確認する
  • NTT レンタル機器の「UNI」と、無線LAN ルーターの「WAN」や「インターネット (Internet)」を接続する。
  • ルーター(RT) モードになっていることを確認してから電源を入れる
  • Web ページの閲覧が可能かどうか確認する

機器の接続については以下の接続イメージを参考にしてみてください。

So-net光プラス ルーター 接続 構成

このイメージでもうまくいかない場合は以下の動画も参考にしてみてください。

So-net光プラスの乗り換えキャッシュバックは2回の受け取り手続きが必要

So-net光プラスのキャッシュバックは、So-net光プラスの開通から12ヶ月目と24ヶ月目の2回の手続きが必要です。

1度手続きをすると2回目も自動でキャッシュバックされるということはなく、2回とも手続きが必要です。

そのため、忘れないようにリマインドの設定をしておくことをおすすめします。

スクロールできます
キャッシュバック金額1回目:戸建/マンション:30,000円
2回目:戸建/マンション:10,000円
キャッシュバック受け取り
タイミング
1回目:対象サービスのご利用開始から12ヶ月後の15日より45日間
2回目:対象サービスのご利用開始から24ヶ月後の15日より45日間
手続き方法受取期間内にマイページまたはSo-net会員アプリから、受取口座を指定

また、キャッシュバックを受け取れるタイミングになると、45日以内にマイページまたはSo-net会員アプリから手続きをしましょう。

より詳しいキャッシュバックの手続き方法については「STEP6:So-net光プラスのキャッシュバックの手続きをする」(この記事の該当箇所へ移動します)を参考にしてみてください。

So-net光プラスに乗り換えた直後はIPv6が利用できないことがある

So-net光プラスでは、光回線をさらに快適に使用できる高速化オプション「v6プラス」というIPv6通信を無料で利用できます。

So-net光プラスは、v6プラスが自動適用されるため申し込みは必要ありません。

V6プラスとは?

v6プラスとは、光回線の通信方式の1つで、IPv4IPv6の2つの通信方式を利用できる特徴があります。

IPv6が混雑している場合はIPv4を利用するといった切り替えを自動で行っているので、快適な通信速度を維持できるのが魅力です。

IPv4について更に詳しくみる

IPv6について更に詳しくみる

v6プラスでは、IPv6通信だけでなく、IPv4通信もIPv6通信上で併用して利用できるため、さらに快適にインターネットを利用できます。

基本的には、切り替え日当日からIPv6通信が使えますが、場合によっては実際に利用できるまでに最大で3日程度の時間がかかってしまいます。

v6プラスが利用可能になっていない状態であれば、IPv4での通信方式(PPPoE接続)になってしまい、ルーターの再設定にはインターネット情報の書き換えなどの作業が必要になってしまいます。

そういった場合は使えるようになるまで待つか、待てない方はIPv4(PPPoE)設定を行ってください。

IPv4(PPPoE)設定には、圧着ハガキで届いた『「So-net 光」に関するご連絡』に記載されている「接続先ID」と「接続先パスワード」を利用して、ルーターの設定方法をもとに設定してください。

以下のイメージを参考の上、「接続先ID」と「接続先パスワード」を間違いのないように設定しましょう。

IPv4(PPPoE)の接続設定の方法は以下の動画を参考にしてみてください。

So-net光プラスの公式ページ→https://www.so-net.ne.jp/

So-net光プラスの評判や口コミはこちら

DMM光からSo-net光プラスに乗り換えるデメリットは?

この章では、DMM光からSo-net光プラスに乗り換えるデメリットを以下の6点を解説していきます。

ただし、デメリットではあるものの、対応策があるものについては、併せて解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

  • So-net光プラスはDMM光と比べて基本料金が高い
  • DMM光mobileのセット割が利用できなくなる
  • DMM光の解約月の料金は日割りにならない
  • DMM光とSo-net光プラスの両方で手数料がかかる
  • DMM光の違約金が発生する可能性がある
  • DMM光のプロバイダサービスが使えなくなる

So-net光プラスはDMM光と比べて基本料金が高い

スクロールできます
光回線サービス名月額料金実際の料金※1
DMM光戸建て:4,092円~
マンション:4,158円
戸建て:5,724円〜
マンション:4,580円
So-net光プラス戸建て:6,138円
マンション:4,928円
戸建て:3,651円
マンション:2,441円

※更新日:2024/02/23
※1 光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間

月額基本料で比較するとSo-net光プラスの方が、戸建てで2,046円、マンションだと770円高い料金設定になっています。

基本料金だけで比較すると、So-net光プラスの方が格段に高いように思われますが、2年間の実際の料金で比較するとSo-net光プラスの方が安く利用できます。

これほどまで安く利用できるのは、So-net光プラスの特典が充実しているということなので、特典は活用漏れがないように気をつけてください。

特にキャッシュバックによってお得になっているので、キャッシュバックの受け取り忘れをした場合には、DMM光の方が実際の料金は安くなってしまいます。

キャッシュバックの手続き方法については「STEP6:So-net光プラスのキャッシュバックの手続きをする」(この記事の該当箇所へ移動します)を参考にしてみてください。

DMM光mobileのスマホセット割が利用できなくなる

DMM光と同時にDMMmobileを利用していると、DMM光mobileセット割という特典が適用されましたが、So-net光プラスに乗り換えると、DMM光mobileのスマホセット割がありません。

DMM光mobileセット割とは

DMM mobileとDMMの高品質インターネット光回線「DMM光」をセットでご利用いただくと、DMM光が毎月550円お得にご利用いただけるサービスです。

DMM mobileお申し込み時のDMM会員アカウントでDMM光もご契約いただいた場合に、光回線の月額料金が550円割引となります。

一方で、So-net光プラスを利用する方は以下のようにau・UQモバイル・NUROモバイルのスマホセット割が適用され、最大1,100円が割引されます。

そのため、DMM光からSo-net光プラスに乗り換えるのであれば、So-net光プラスでスマホセット割が適用されるスマホキャリアに乗り換える方が、お得にスマホも利用が可能です。

So-net光のセット割
対象キャリア
割引額
au最大1,100円/月
UQモバイル最大858円/月
NUROモバイル792円/月

※更新日:2024/02/23

DMM光とDMM光mobileのセット割は毎月550円割引に対して、割引額で比較するとSo-net光のスマホセット割の方が大きくなります。

そのため、au・UQモバイルのスマホを利用している方、NUROモバイルの利用を検討している方なら、So-net光プラスへの乗り換えがおすすめです。

ただし、NUROモバイルはSo-net光プラスの申し込みのタイミングでNUROモバイルのMNPまたは新規申し込みの方のみ対象です。

現在すでにNUROモバイルを利用している方は対象にはならないので、この点は注意が必要です。

So-net光プラスで適用されるスマホのセット割については「au・UQ・NUROモバイルのセット割が利用できる」(この記事の該当箇所へ移動します)で詳しく解説しているので、そちらも参考にしてみてください。

もし、au・UQ・NUROモバイル以外のスマホキャリアを使っている方は、他の光回線に乗り換えた方がおすすめですので、以下のおすすめの光回線の記事をぜひ参考にしてみてください。

DMM光の解約月の料金は日割りにならない

DMM光は、解約月の基本料金が日割りされずに満額請求されます。

そのため、月の途中にSo-net光プラスに事業者変更しても、月末に事業者変更をしても、同額の月額料金が請求されるので、乗り換え月はDMM光とSo-net光プラスの利用料金がかかるという点は押さえておいてください。

また、月末は工事が集中することもあるため、直近の月末では工事予定を抑えられない可能性があるのでその場合は余裕を持った工数を取る必要があるという点は押さえておいた方がよいでしょう。

DMM光とSo-net光プラスの両方で手数料がかかる

DMM光からSo-net光プラスへ乗り換える際には、両方の手続きで以下の費用が発生するという点は注意が必要です。

DMM光事業者変更承諾番号
発行手数料:3,300円
So-net光プラス事務手数料:3,500円

DMM光では事業者変更承諾番号の発行手数料に3,300円かかり、変更先の事業者変更日を含む翌々月までに請求されます。

また、DMM光からSo-net光プラスへ乗り換える場合に事務手数料、3,500円がかかり、合計6,800円が必要で、この費用は特典などで無料になるということもないので、残念ながら必ず発生する費用です。

DMM光の違約金が発生する可能性がある

DMM光は2年間の最低利用期間がありますが、この最低利用期間を過ぎてからは契約期間の縛りはなくなります。

そのため、最低利用期間の2年を過ぎれば、いつ解約しても違約金は発生しません。

ただし、最低利用期間内にDMM光を解約する場合には、解約料金(違約金)の支払いが必要です。

内容期間解約料金(違約金)
最低利用期間2年9,500円

また、DMM光では、他の光回線サービスでよくある、解約時に工事費分割払いの残額を一括請求はありません。

というのも、DMM光はキャンペーンで工事費が一括で無料になっているので解約時の工事費の残債の支払いが発生しません。

So-net光プラスでは違約金負担がありませんが、中には違約金負担を特典にしている光回線もあるので、違約金や解約人が高額になる方は、違約金負担がある会社の一覧については以下の記事も参考にしてみてください。

DMM光のプロバイダサービスが使えなくなる

プロバイダとは?

プロバイダとはインターネットサービスプロバイダ(Internet Service Provider)の略で、インターネット利用者と回線業者の橋渡しをする役割を担っています。

インターネットを使うには、回線事業者とプロバイダの両方を契約することが必要ですが、ネット回線とプロバイダが一体になった回線事業者もあります。

この場合、回線事業者と契約するだけで完了するので、プロバイダの申込みは必要ありません。

プロバイダについて詳しく知りたい方はこちら

DMM光のプロバイダはDMM、So-net光プラスのプロバイダは名前の通り「So-net」とのプロバイダ一体型の光回線サービスとなっているため、DMM光からSo-net光プラスに乗り換えると、それに伴いプロバイダも変更になります。

そのため、DMM光を解約すると「@dmm.net」のメールアドレスが使えなくなります。

また、DMM光では光回線乗り換え後にメールアドレスを残すサービスもないため、メールアドレスの変更は避けられません。

解約後もメールアドレスが必要な場合にはSo-net光プラスで発行されるメールアドレスを使うか、Gmailなどのフリーメールを用意してください。

So-net光プラスの公式ページ→https://www.so-net.ne.jp/

So-net光プラスの評判や口コミはこちら

DMM光からSo-net光プラスに乗り換えるメリットは?

DMM光からSo-net光プラスに乗り換えるデメリットを解説してきましたが、この章では、DMM光からSo-net光プラスに乗り換えるメリットについて以下の5点を解説していきます。

  • DMM光からSo-net光プラスへの乗り換えで高額なキャッシュバックがもらえる
  • au・UQ・NUROモバイルのセット割が利用できる
  • So-net光プラスではIPv6を無料で利用できる
  • 光コラボ同士なので工事不要で乗り換えできる
  • 電話番号や光テレビ(フレッツテレビ)を引き継いで乗り換えができる

DMM光からSo-net光プラスへの乗り換えで高額なキャッシュバックがもらえる

DMM光からSo-net光プラスに乗り換える手順でも解説した通り、So-net光プラスのキャッシュバックの受け取りには、So-net光プラスが開通してから、12ヶ月目と24ヶ月目の2回に分かれています。

So-net光プラスはキャッシュバックの受け取りに時間がかかるというのは、受け取り忘れのリスクもあるのでデメリットと言えます。

受け取りが完了するまでに2年がかかるということと、2回とも手続きが必要なので、キャッシュバックの手続きを忘れないようにリマインドの設定をしておきましょう。

スクロールできます
キャッシュバック金額1回目:戸建/マンション:30,000円
2回目:戸建/マンション:10,000円
キャッシュバック受け取り
タイミング
1回目:対象サービスのご利用開始から12ヶ月後の15日より45日間
2回目:対象サービスのご利用開始から24ヶ月後の15日より45日間
手続き方法受取期間内にマイページまたはSo-net会員アプリから、受取口座を指定

キャッシュバックを受け取れるタイミングになると、45日以内にマイページまたはSo-net会員アプリから手続きをしてください。

au・UQ・NUROモバイルのセット割が利用できる

セットにするスマホ割引額セットにできる
モバイル回線の数
au最大1,100円/月最大10回線
UQモバイル最大858円/月最大10回線
NUROモバイル792円/月最大5回線

※更新日:2024/02/23

So-net光プラスを利用している方はau・UQモバイル・NUROモバイルのセット割が適用されます。

DMM光のスマホセット割は毎月550円割引なので、割引額で比較するとSo-net光のスマホセット割の方が大きくなります。

ただし、NUROモバイルはSo-net光プラスの申し込みのタイミングでNUROモバイルのMNPまたは新規申し込みの方のみ対象なので現在すでにNUROモバイルを利用している方は対象になりません。

au・UQモバイルのスマホを利用している方、NUROモバイルの利用を検討している方なら、So-net光プラスへの乗り換えがおすすめです。

以下では各スマホキャリアごとの割引について解説していきます。

  • au:契約者と家族の月額基本料金が永年毎月550円~1,100円引き
  • UQモバイル:契約者と家族の月額基本料金が永年毎月638円または858円引き
  • NUROモバイル:月額基本料金が1年間無料

auのスマホを使う方

auのスマホとSo-net光プラスを利用すると、auスマートバリューという月額料金が、端末1台につき最大1,100円割引になる特典が適用できます。

また、auスマートバリューには割引期間がなく、So-net 光プラスを契約している限り最大10台までであれば、1台当たり毎月最大1,100円の割引が受けられ、家族もauのスマホを使っている場合はその人数分の割引が適用されます。

スマホだけではなく、他にもauケータイ、タブレット(5G/4G LTE)、4G LTE対応PCも割引の対象になるので、1人でも複数デバイスをお持ちの方はお得に利用できますね。

auスマートバリューの適用条件
  • So-net光プラスとSo-net光電話に加入すること
  • auショップまたはKDDI総合案内からauスマートバリューの申し込み手続きをすること

So-net光電話の月額料金は550円なので、割引を適用させるためにSo-net光電話に申し込んでも、収支がマイナスになることはありません。

UQモバイルのスマホを使う方

UQモバイルのスマホとSo-net光プラスを利用すると、自宅セット割という、月額料金が端末1台につき638円または858円の割引になる特典を受けられます。

自宅セット割には割引期間がなく、So-net 光プラスを契約している限り最大10台までであれば、1台当たり毎月最大858円の割引が受けられ、家族もUQモバイルのスマホを使っている場合はその人数分の割引が適用されます。

自宅セット割の適用条件
  • So-net光プラスとSo-net光電話に加入すること
  • So-net 光 プラスWEB申し込み時、またはUQ mobileの店舗や窓口で申し込む

auのスマホと同じく、UQモバイルの適用には So-net光電話の加入が必要です。

NUROモバイルのスマートフォンを使う方

So-net光プラスの申し込み時にNUROモバイルの以下の対象プランに乗り換えると、利用開始月を除く12か月間、NUROモバイルの月額基本料金から792円割引されます。

NUROモバイル音声通話付きSIM月額料金
VSプラン(3GB)792円
VMプラン(5GB)990円
VLプラン(10GB)1,485円
VLLプラン(15GB)1,790円
NEOプラン(20GB)2,699円
NEOプランW(40GB)3,980円

各プランの内容、初期費用、月額料金などは、NUROモバイル公式ページでも確認できるので、検討してみてください。

また、すでにNUROモバイルをご利用中の方は、セット割の対象外なので、この点は注意が必要です。

So-net光電話への加入は不要で、So-net光プラス申し込み後に送付されるメールに記載された専用ページからNUROモバイルの対象プランに申し込むと割引対象になります。

So-netのメールアドレスをお持ちでない方、または連絡先メールアドレスの登録が済んでいない方は、マイページでも同じ内容を確認できます。

So-net 光 & NUROモバイル セット割の適用条件
  • So-net光プラスとSo-net光電話に加入は不要
  • So-net光プラスの申し込み完了後に届く案内メールに記載されている専用ページから、特典対象プランに新規または他社からのお乗り換え(MNP)で申し込むこと

DMM mobileを利用している方はスマホの乗り換えとセット割を同時に行えるのでこの際にスマホの乗り換えも検討してみてください。

スマホの乗り換えも番号を番号を変える事なく簡単にできるので、乗り換えのハードルはかなり下がっています。

スマホのセット割についてより詳しく知りたいという方は以下の記事も参考にしてみてください。

So-net光プラスではIPv6を無料で利用できる

IPv6通信はDMM光でもSo-net光プラスでも無料で利用できますが、DMM光では以下のようにIPv6対応ホームゲートウェイのレンタル費用が200円~300円かかるので、実質的には費用が発生しています。

ホームゲートウェイ200円
無線LAN付きホームゲートウェイ300円

一方で、So-net光プラスであれば、Wi-Fiルーターが無料でレンタルできるので、DMM光よりも安くIPv6を利用可能です。

IPv6通信のメリットとしては、ルーターの処理負荷が軽減されたり、回線の混雑が少なくなったりするので、インターネットの速度が速く、安定して利用が可能です。

IPv6ってなに?

IPv6」は、「IPv4」に次ぐ最新のインターネットプロトコルの規格です。IPv6はIPv4でのIPアドレスの枯渇の問題などを背景に開発されました。

IPアドレスは、インターネット上での住所のようなもので、IPアドレスでどこからどこへデータを送信するのが確定してはじめてインターネット上での通信が可能になります。

IPv4のIPアドレスは約43億個に限られるのに対し、IPv6では約340澗個(340兆の1兆倍の1兆倍)のIPアドレスが使用可能が利用でき、事実上、無限大にIPアドレスを割り当てできます。

また、IPv6では、「IPoE」による新しい接続方式が利用可能で、従来の「PPPoE」による接続方式と比べると、高速に通信できます

道路で例えると、従来のPPPoE方式では車線が少なく混雑が起きやすいのに対し、新方式のIPoE方式は車線が増えて渋滞が解消されるイメージです。

IPv6対応のサービスへのりかえることで、通信速度の向上と安定が期待できます。

IPv4について更に詳しくみる

IPv6について更に詳しくみる

どちらの光回線もIPv6を無料で利用できますが、DMM光ではIPv6の利用には、申し込みが必要なので、IPv6通信ができていない可能性があります。

一方で、So-net光プラスでは、申し込みなどなくIPv6が使えることと、特典としてIPv6通信対応のルーターを無料で利用できるので、機器を別途準備する必要もなく、DMM光よりインターネット環境が改善されるかもしれません。

DMM光を利用している方は、今のインターネット環境を費用をかけずに改善できる場合があるので、インターネットをよくしたいという方にSo-net光プラスへの乗り換えをおすすめします。

光コラボ同士なので工事不要で乗り換えできる

DMM光もSo-net光プラスもどちらもNTTのフレッツ光回線を利用している「光コラボ」と言われる光回線とプロバイダがセットになったサービスです。

光コラボ同士の乗り換えには、利用する光回線の設備や機器が変わらないので、光ファイバーケーブルの引き込み工事など、面倒な工事が不要で切り替えられます。

また、そういった工事が不要なことから、新設工事であれば開通まで2~3ヶ月かかるのに比べて、DMM光からSo-net光プラスへの乗り換えは1~2週間程度で完了します。

光コラボとは?

光コラボ(光コラボレーション)とは、NTTフレッツ光の回線設備を借りて事業を運営するサービスモデルです。例えばドコモ光ソフトバンク光などが該当します。同じ回線設備を利用していることから、乗り換え時に工事を行う必要がなく、スムーズに乗り換えられることが魅力となっています。

電話番号や光テレビ(フレッツテレビ)を引き継いで乗り換えができる

DMM光からSo-net光プラスに乗り換える際に「ひかり電話」「フレッツ・テレビ」は引き続きSo-net光プラスでも利用が可能です。

また、乗り換え時には別途、何か手続きをする必要もありません。

料金も変わることなくそのままで利用できるので、この点は安心して乗り換えられますね。

So-net光プラスの公式ページ→https://www.so-net.ne.jp/

So-net光プラスの評判や口コミはこちら

DMM光とSo-net光プラスを全てのデータで比較!

この章では、DMM光とSo-net光プラスについての料金や速度、キャッシュバックや特典について以下の表にまとめて比較しているので参考にしてください。

スクロールできます
So-net光プラスDMM光
基本料金戸建て:6,138円
マンション:4,928円
戸建て:4,092円~
マンション:4,158円
実際の料金※1戸建て:3,651円
マンション:2,441円
戸建て:5,724円〜
マンション:4,580円
契約期間2年2年
公表している速度1ギガ:1Gbps
10ギガ:10Gbps
1ギガ:1Gbps
10ギガ:10Gbps
実際の通信速度※2下り: 225.91Mbps
上り: 266.29Mbps
Ping値: 16.15ms
下り: 259.97Mbps
上り: 284.3Mbps
Ping値: 18.53ms
スマホのセット割引auスマホのセット割:毎月最大1100円割引
UQモバイルのセット割:毎月最大858円割引
NUROモバイルのセット割:1年間792円割引
DMM光mobileセット割:DMM光が550円割引
契約事務手数料3,500円3,300円
初期工事費戸建て26,400円
マンション:26,400円
事業者変更では不要
戸建て:22,000円
マンション:22,000円
事業者変更では不要
キャッシュバック最大40,000円
※2回に分けてキャッシュバック
【1回目】30,000円
利用開始から6カ月後の
15日より45日間

【2回目】10,000円
利用開始から12カ月後の
15日より45日間
なし
その他のキャンペーンWiFiルーター永年無料
新規工事費実質無料
高速帯域オプション初月無料
セキュリティソフト無料
なし

※更新日:2024/02/23
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度は「みんなのネット回線速度」から引用

DMM光とSo-net光プラスを比較してみると、月額料金やキャンペーンなどの費用面ではSo-net光プラスの方が、かなり充実しているのがわかります。

一方、通信速度に関しては、大きな差はありませんが、DMM光は上りも下りも300Mbps程度の速度が出ているので、DMM光の方が、大容量の通信が多い方はDMM光の方が優位になるでしょう

Ping値に関してはSo-net光の方が数値が低くなっているので、レスポンス(さくさく度合い)に関してはSo-net光プラスの方が良いということになります。

下り、上り、ping値って何?
  • 下り速度

WEBサイトの閲覧・動画視聴・ダウンロードなどの速度。数値が大きいほど速い

  • 上り速度

メールの送信やファイルのアップロードなどの速度。数値が大きいほど速い

自分の端末オンラインゲームのサーバーまでのデータ通信にかかる時間を表す。数値が小さいほどラグが少ない

Ping値の詳しい説明はこちら

So-net光プラスの方がPing値が低いのは、v6プラスのユーザーがDMM光に比べて多いということが要因だということが考えられます。

V6プラスとは?

v6プラスとは、光回線の通信方式の1つで、IPv4IPv6の2つの通信方式を利用できる特徴があります。

IPv6が混雑している場合はIPv4を利用するといった切り替えを自動で行っているので、快適な通信速度を維持できるのが魅力です。

IPv4について更に詳しくみる

IPv6について更に詳しくみる

So-net光プラスの公式ページ→https://www.so-net.ne.jp/

So-net光プラスの評判や口コミはこちら

DMM光とSo-net光プラスの料金を詳しく比較!

先ほどはDMM光とSo-net光プラスを全てのデータで比較してきましたが、この章では以下の2点からDMM光とSo-net光プラスの料金にフォーカスしていきます。

  • 月額基本料金だけならDMM光の定額プランの方が安い
  • au・UQ・NUROのスマホを利用中ならSo-net光プラスの方が安くなる

月額基本料金だけならDMM光の定額プランの方が安い

光回線サービス名月額料金実際の料金※1
DMM光戸建て:4,092円~
マンション:4,158円
戸建て:5,724円〜
マンション:4,580円
So-net光プラス戸建て:6,138円
マンション:4,928円
戸建て:3,651円
マンション:2,441円

※更新日:2024/02/23
※1 光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間

月額基本料で比較するとSo-net光プラスの方が、戸建てで2,046円、マンションだと770円高い料金設定になっています。

基本料金だけで比較すると、So-net光プラスの方が格段に高いように思われますが、2年間の実際の料金で比較するとSo-net光プラスの方が安く利用できます。

これほどまで安く利用できるのは、So-net光プラスの特典が充実しているということなので、特典は活用漏れがないように気をつけてください。

特にキャッシュバックによってお得になっているので、キャッシュバックの受け取り忘れをした場合には、DMM光の方が実際の料金は安くなってしまいます。

キャッシュバックの手続き方法については「STEP6:So-net光プラスのキャッシュバックの手続きをする」(この記事の該当箇所へ移動します)を参考にしてみてください。

au・UQ・NUROのスマホを利用中ならSo-net光プラスの方が安くなる

So-net光プラスでは「au」「UQモバイル」「NUROモバイル」のスマホを利用すると、スマホセット割が適用でき、以下のようにスマホ料金が毎月最大1,100円割引されます。

セットにするスマホ割引額セットにできる
モバイル回線の数
au最大1,100円/月最大10回線
UQモバイル最大858円/月最大10回線
NUROモバイル792円/月最大5回線

※更新日:2024/02/23

実際の月額料金だけでもDMM光より安いことに加えて、セット割も考慮すると毎月1,000円程度の割引により、So-net光プラスの方がよりお得に利用可能です。

DMM光は光回線の月額料金が550円割り引かれる一方で、au、UQモバイル、NUROモバイルは最大10回線まで割り引かれます。

そのため、家族など、適用されるスマホが多いほどますますお得になります。

ただし、NUROモバイルはSo-net光プラスの申し込みのタイミングでNUROモバイルのMNPまたは新規申し込みの方のみ対象なので現在すでにNUROモバイルを利用している方は対象にはならないのでこの点は注意が必要です。

So-net光プラスで適用されるスマホのセット割については「au・UQ・NUROモバイルのセット割が利用できる」(この記事の該当箇所へ移動します)で詳しく解説しているので、そちらも参考にしてみてください。

また、スマホのセット割についてより詳しく知りたいという方は以下の記事も参考にしてみてください。

So-net光プラスの公式ページ→https://www.so-net.ne.jp/

So-net光プラスの評判や口コミはこちら

DMM光とSo-net光プラスの通信速度を詳しく比較!

この章では、以下の2点からDMM光とSo-net光プラスの通信速度にフォーカスしていきます。

  • 通信速度はDMM光の方が速い
  • IPv6の利用料金はDMM光が月額200円~/So-net光プラスは完全無料!

通信速度はDMM光の方が速い

So-net光プラスDMM光
公表している速度1ギガ:1Gbps
10ギガ:10Gbps
1ギガ:1Gbps
10ギガ:10Gbps
実際の通信
速度※1
下り: 225.91Mbps
上り: 266.29Mbps
Ping値: 16.15ms
下り: 259.97Mbps
上り: 284.3Mbps
Ping値: 18.53ms

※更新日:2024/02/23
※1:実際の速度は「みんなのネット回線速度」から引用

通信速度に関しては、大きな差はありませんが、DMM光は上りも下りも300Mbps程度の速度が出ているので、DMM光の方が、大容量の通信が多い方はDMM光の方が優位になるでしょう。

Ping値に関してはSo-net光の方が数値が低くなっているので、レスポンス(さくさく度合い)に関してはSo-net光プラスの方が良いということになります。

So-net光プラスにはさくさくスイッチという有料オプションがあるので、通信環境をよりよくしたい方はこのオプションの利用がおすすめです。

さくさくスイッチとは

「さくさくスイッチ」は「So-net 光」サービス専用の高速帯域を提供するオプションサービスです。
「さくさくスイッチ」を申し込むと、利用者の専用帯域が利用でき、利用者が集中する夜間など、とくに混雑する時間帯でも、オンラインゲームやデータダウンロードをストレスなく快適な環境が提供されます。

IPv6の利用料金はDMM光が月額200円~/So-net光プラスは完全無料!

IPv6通信はDMM光でもSo-net光プラスでも無料で利用できますが、DMM光では以下のようにIPv6対応ホームゲートウェイのレンタル費用が200円~300円かかるので、実質的には費用が発生しています。

ホームゲートウェイ200円
無線LAN付きホームゲートウェイ300円

一方で、So-net光プラスであれば、Wi-Fiルーターが無料でレンタルできるので、DMM光よりも安くIPv6を利用可能です。

ただし、契約の申込時に無料ルーターの申し込みを忘れると、利用開始月とその翌月でしか無料にならなくなってしまうので忘れずに申し込むようにしてください。

IPv6通信のメリットとしては、ルーターの処理負荷が軽減されたり、回線の混雑が少なくなったりするので、インターネットの速度が速く、安定して利用が可能です。

IPv6ってなに?

IPv6」は、「IPv4」に次ぐ最新のインターネットプロトコルの規格です。IPv6はIPv4でのIPアドレスの枯渇の問題などを背景に開発されました。

IPアドレスは、インターネット上での住所のようなもので、IPアドレスでどこからどこへデータを送信するのが確定してはじめてインターネット上での通信が可能になります。

IPv4のIPアドレスは約43億個に限られるのに対し、IPv6では約340澗個(340兆の1兆倍の1兆倍)のIPアドレスが使用可能が利用でき、事実上、無限大にIPアドレスを割り当てできます。

また、IPv6では、「IPoE」による新しい接続方式が利用可能で、従来の「PPPoE」による接続方式と比べると、高速に通信できます

道路で例えると、従来のPPPoE方式では車線が少なく混雑が起きやすいのに対し、新方式のIPoE方式は車線が増えて渋滞が解消されるイメージです。

IPv6対応のサービスへのりかえることで、通信速度の向上と安定が期待できます。

IPv4について更に詳しくみる

IPv6について更に詳しくみる

どちらの光回線もIPv6を無料で利用できますが、DMM光ではIPv6の利用には、申し込みが必要なので、IPv6通信ができていない可能性があります。

一方で、So-net光プラスでは、申し込みなどなくIPv6が使えることと、特典としてIPv6通信対応のルーターを無料で利用できるので、機器を別途準備する必要もなく、DMM光よりインターネット環境が改善されるでしょう。

So-net光プラスの公式ページ→https://www.so-net.ne.jp/

So-net光プラスの評判や口コミはこちら

DMM光とSo-net光プラスの評判や口コミは?

この章では、DMM光とSo-net光プラスの実際の利用者からの声を集めてみましたので、実際に使っている人の声を参考に、それぞれのサービスの印象を確認してみてください。

  • DMM光の評判と口コミ
  • So-net光プラスの評判と口コミ

DMM光の評判と口コミ

DMMうううううううううううう!
150うううううう!!
使用中のインターネットの速度は: 150Mbps.
お使いのインターネットの速度はどのくらいですか?
#DMM光
12:01 PM · Jul 13, 2019

DMM光に変えてみた
IPv6プラスです
午後9時頃なら十分な数値ですね
土日も計測したと思います
#DMM光
#光回線
#インターネット回線
#DMM
#光コラボレーション

9:03 PM · Mar 8, 2019

DMM光はメールで質問窓口作ってくれ…
電話超待たされるしだるいんだよね

10:51 AM · Jul 4, 2023

引用:X

XでDMM光の評判や口コミを調べてみたところ、DMM光は通信速度が速くなったという声もあれば遅いといった声もあり、さまざまです。

また、サポートについての声も見られ、サポートセンターが混み合ってなかなか繋がらないという声が目立ちました。

DMM光の問い合わせは電話窓口しかないため、メールやチャットなどは利用できず、何か困ったことがある時には解決まで少し時間がかかりそうです。

So-net光プラスの評判や口コミ

これ自宅のSo-net光プラス

9:26 AM · Dec 19, 2023

So-net光
この時に契約したSo-net光のキャッシュバック申請完了๛ก(ー̀ωー́ก)
カレンダーに書き込んでたお陰でやらかさなかった๛ก(ー̀ωー́ก)
9:28 PM · Sep 27, 2023

自宅のネットが少し悪くて、
昔プロバイダのテクサポで働いてたから分かるけど、
こういう時の問い合わせクッッソ時間かかるな…
思ったり相談先探したら、今チャットで対応してくれんのな!
解決しましたわ! 以上超丁寧で
ありがとう、So-net光プラス
10:51PM・Jun 5, 2023

引用:X

XでSo-net光プラスの評判や口コミを調べてみたところ、So-net光プラスは通信速度の速さサポート対応の良さに良い意見がある一方で夜間に速度が遅くなるという声もありました。

また、キャッシュバックの受け取りが2回に分かれていることや、全額受け取るまで期間が開くという点からも受け取り忘れにはカレンダーにリマインドなど工夫をしている方がいました。

やはりSo-net光プラスは、キャッシュバック額が高額ですが、受け取りにはリマインドを活用するなど、忘れないように工夫が必要な点は押さえておく必要があります。

なおよりSo-net光の評判や口コミを知りたいという方は、以下の記事も参考にしてみてください。

So-net光プラスの公式ページ→https://www.so-net.ne.jp/

So-net光プラスの評判や口コミはこちら

DMM光からSo-net光プラスへの乗り換えにおすすめのキャンペーン窓口は?

DMM光からSo-net光プラスへの乗り換えにおすすめのキャンペーン窓口はSo-net光プラスの公式ページからの申し込みがおすすめです。

この章ではSo-net光プラスの公式ページから申し込んだ際の以下の4つの特典について解説していきます。

  • So-net光プラスは事業者変更でもキャッシュバックが高額!
  • 高性能WiFiルーターを無料でレンタルできる!
  • So-net光プラスは設定サポートが初回無料!
  • So-net光プラスはセキュリティソフトが永年無料!

So-net光プラスは事業者変更でもキャッシュバックが高額!

So-net光プラス キャッシュバック  乗り換え 事業者変更 40000 50000
スクロールできます
So-net光プラス
キャッシュバック特典
キャッシュバック額40,000円
【内訳】
1回目:戸建/マンション:30,000円
2回目:戸建/マンション:10,000円
受け取り時期1回目:対象サービスのご利用開始から12カ月後の15日より45日間
2回目:対象サービスのご利用開始から24カ月後の15日より45日間
適用条件So-net光プラス (事業者変更) へ新規入会・コース変更された方
申し込みから6カ月後の月末までに利用開始となった方

※更新日:2024/02/23

So-net光プラスへ事業者変更で乗り換えた場合には、40,000円のキャッシュバックが受け取れます。

キャッシュバック50,000円は光回線の工事が必要な、新設で申し込む方のキャッシュバック額なので勘違いのないようにしましょう。

So-net光プラスのキャッシュバックの受け取りには、So-net光プラスが開通してから、12ヶ月目と24ヶ月目の2回に分かれています。

2回とも手続きが必要なので、忘れないようにリマインドの設定をしておくことをおすすめします。

キャッシュバックを受け取れるタイミングになると、45日以内にマイページまたはSo-net会員アプリから手続きをしましょう。

高性能WiFiルーターを無料でレンタルできる!

So-net光プラス 特典 Wi-Fi ワイファイ 無料

So-net光プラスを申し込むと、v6プラス対応高速ルーターが永年レンタル無料事業者変更の申し込みと同時にレンタルルーターにも申し込むと、v6プラス対応ルーターが、永年無料でレンタルできます。

本来であれば、So-net v6プラス対応ルーターが月額料金660円かかりますが、乗り換え時の特典として月額660円が無料になります。

「v6プラス」は次世代通信と呼ばれており、使用できるIPアドレスの数が多く回線の混雑を避けられるので、混雑が起きにくいので、オンラインゲームやリモートワーク、ビデオ通話をする方には必須です。

V6プラスとは?

v6プラスとは、光回線の通信方式の1つで、IPv4IPv6の2つの通信方式を利用できる特徴があります。

IPv6が混雑している場合はIPv4を利用するといった切り替えを自動で行っているので、快適な通信速度を維持できるのが魅力です。

IPv4について更に詳しくみる

IPv6について更に詳しくみる

So-net光プラスは設定サポートが初回無料!

So-net光プラス サポート 乗り換え

So-net光プラスに契約すると、訪問設定サポートが1回分無料で利用できます。

サポート内容はインターネット接続設定やパソコン・スマホ・タブレット・周辺機器などのサポート、ウイルス診断・セキュリティ対策などをしてくれるので、So-net光の切り替え日に合わせて利用することをおすすめします。

訪問サポートサービスのご利用の流れは以下の通りです。

  1. 電話(0120-55-8549)かWebから申し込む
  2. サポートメニューの確認や希望訪問日時を決める
  3. 専門スタッフが訪問しサポートを実施

So-net光プラスはセキュリティソフトが永年無料!

So-net光プラス 特典 セキュリティ s-safe 無料

So-net光プラスには、月額料金550円のセキュリティソフト「S-SAFE」が、無料で利用できる特典があります。

S-SAFEとは

ウイルス、トロイの木馬、ランサムウェアに対するセキュリティ機能に加えて、オンラインバンキングの接続も保護するセキュリティソフトです。

最大7台までインストールできるので、家族全員で安全にインターネットを利用できます。

S-SAFEはWindows・Mac・Android・iOSに対応しているので、スマホとパソコンの個人情報を多く持っている機器を保護してくれます。

また、S-SAFEは、バンキングプロテクション機能により、オンラインバンキングやショッピングサイトの利用に伴う脅威から守ってくれます。

S-SAFEはスマホやPCのインターネット使用時間の制限やWeb閲覧制限、スマホから位置情報を確認することも可能なので、お子さまのインターネット保護も可能です。

So-net光プラスの公式ページ→https://www.so-net.ne.jp/

So-net光プラスの評判や口コミはこちら

DMM光からSo-net光プラスへの乗り換えに関するよくある質問

この章では、DMM光からSo-net光プラスへの乗り換えに関するよくある質問として以下の4点を解説していきます。

  • DMM光からSo-net光プラスへ乗り換える時の問い合わせ窓口は?
  • So-net光プラスとSo-net光minicoの違いは?
  • So-net光プラスはどこの会社が運営をしてるの?
  • DMM光のレンタル機器を返却しなかったらどうなる?

DMM光からSo-net光プラスへ乗り換える時の問い合わせ窓口は?

DMM光からSo-net光プラスへ乗り換える場合、以下のDMM光サービスセンターが問い合わせ窓口です。

事業者変更承諾番号の取り扱い窓口

DMM光サービスセンター

0120-660-481

(受付時間 10:00〜18:00)

発行にあたっては、「契約者本人の名前」「契約者の住所」「契約時の登録電話番号」「契約者の生年月日」が必要になるので準備しておいてください。

また、申し込みには契約者本人に限られるので注意しましょう。

So-net光プラスSo-net光minicoの違いは?

So-net光プラスとSo-net光minicoは両方のサービスともにSONYのグループ会社として通信事業を行っているソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営しています。

So-net光minicoとSo-net光プラスの違いは以下の通りで、So-net光minicoは、So-net光プラスに比べて月額料金が安い、契約の期間制限がない、解約金もかからないという特徴を持つサービスです。

スクロールできます
回線名So-net光minicoSo-net光プラス
月額料金戸建て:4,500円
マンション:3,400円
戸建て:6,138円
マンション:4,928円
実際の月額費用
※1
戸建て:4,638円
マンション:3,546円
戸建て:3,651円
マンション:2,441円
契約期間なし3年
解約金なし戸建て:4,580円
マンション:3,480円
最大速度1Gbps1Gbps
混雑時の速度低下ありなし
スマホセット割NUROモバイルのセット割auスマートバリュー
UQモバイル自宅セット割
キャンペーン内容WiFiルーター永年無料
工事費用実質無料
最大50,000円キャッシュバック
WiFiルーター永年無料
工事費用実質無料

※更新日:2024/02/23
※1 光回線とwifiセット&新規契約
実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間

ただし、2年以上利用する場合には、実際に料金がSo-net光プラスを契約した方が安くなるので、短期間の利用を想定していない方には、So-net光プラスの方がお得になります。

So-net光プラスはどこの会社が運営をしてるの?

So-net光プラスは先ほど解説した通り、SONYのグループ会社として通信事業を行っているソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営しています。

プロバイダであるSo-netはOCN、J:COM NET、Yahoo!BBに次いで日本では4番目に会員数が多い大規模なプロバイダです。

DMM光のレンタル機器を返却しなかったらどうなる?

DMM光を解約すると、借りていたWi-Fiルーターなどのレンタル機器がある場合には返却する必要がありますが、返却がない場合、機器代金を含む違約金がかかる場合があります。

DMM光はSo-net光プラスに乗り換えると、解約扱いになるのでDMM光から送られてくる返却キットでレンタル品の返却をしましょう。

返却キットの中身
  • 返却用の袋
  • 返却用の送り状
  • 返却手順書

返却手順書の内容に従ってレンタル品を袋に詰め、返却用の送り状を使って着払いで発送します。

So-net光プラスの公式ページ→https://www.so-net.ne.jp/

So-net光プラスの評判や口コミはこちら

DMM光からSo-net光プラスへの乗り換え まとめ

DMM光からSo-net光プラスへの乗り換えには以下の6つのステップで行ってください。

  • STEP1:DMM光から事業者変更承諾番号を取得する
  • STEP2:So-net光プラスに申し込む
  • STEP3:回線の切り替えがおこなわれる
  • STEP4:So-net光プラスのルーターを設置する
  • STEP5:DMM光のレンタル機器を返却する
  • STEP6:So-net光プラスのキャッシュバックの手続きをする

基本的には乗り換えてすぐにインターネットが使えるようになりますが、場合によっては、インターネットが使えないということがあるので、その際にはルーターの設定を別途行う必要があります。

DMM光もSo-net光プラスもIPv6が使えますが、So-net光プラスの方がよりお得に使えることと、ルーターが無料で使えること、さくさくスイッチなど通信環境がよくなるサービスがあるのが通信環境を改善できるでしょう。

月額料金ではDMM光の方が安くなっていますが、So-net光プラスにはキャッシュバックやスマホのセット割があるので、実際のランニングコストはSo-net光プラスの方がよりお得に使えます。

ただし、キャッシュバックの受け取りには期間が空くのでこの点は注意が必要です。

何か困ったことがあればこの記事に立ち返れば、解決できるようになっているので、ぜひSo-net光プラスへのスムーズな乗り換えにお役立てください!

So-net光プラスの公式ページ→https://www.so-net.ne.jp/

So-net光プラスの評判や口コミはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

【目次】クリックで見出しに飛びます