OCN光からソフトバンク光への乗り換え手順は?事業者変更承諾番号の発行やルーター交換の流れも完全解説!

OCN光 乗り換え ソフトバンク光

OCN光は、ドコモが運営するプロバイダがNTTのフレッツ光回線を利用して提供する光回線サービスで、ソフトバンク光は、ソフトバンクがNTTのフレッツ光回線を利用して提供する光回線サービスです。

どちらも「光コラボ」の一種で、OCN光からソフトバンク光に乗り換える際は事業者変更の手続きで簡単に乗り換えることができます。

さらに、条件や解約のタイミングに加えて、お得なキャンペーンやキャッシュバックの特典を利用することで実質無料で乗り換えを行うこともできます。

本記事では、OCN光からソフトバンク光への乗り換える際の手順やメリット・デメリットに加えて、乗り換えの際に使えるお得なキャンペーンや注意点についても詳しく解説をしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

回線名キャンペーンと
おすすめの点
公式ページ
ソフトバンク光新規申し込みで40,000円キャッシュバック
他者転用・事業者変更:19,000円
工事費実質無料
他社解約違約金を最大100,000円負担
ソフトバンク、Y!mobileユーザーは毎月最大1,100円割引
10ギガ500円で開始可能
ソフトバンク光の公式ページはこちら

※更新日:2024年7月01日

【目次】クリックで見出しに飛びます

OCN光からソフトバンク光に乗り換える手順をわかりやすく解説!

まずは、OCN光からソフトバンク光への乗り換えを検討している方のために、乗り換えの手順について詳しく解説していきます。

「乗り換えって複雑な手続きがあるんじゃないの?」「何か面倒くさそうだな…」と不安を抱いている方もいるかもしれませんが、コラボ光同士の乗り換えの手順はそこまで煩雑なものではありません。

最も重要なポイントは、OCN光で事前に専用の番号を発行し、その後にソフトバンク光での申し込みを行うという点です。

以下のような流れで、簡単にOCN光からソフトバンク光に乗り換えることができますので、それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

  • STEP1:OCN光から事業者変更承諾番号を取得する
  • STEP2:ソフトバンク光に申し込む
  • STEP3:回線の切り替えがおこなわれる
  • STEP4:光BBユニットの設置をする
  • STEP5:OCN光のレンタル機器を返却する
  • STEP6:ソフトバンクのキャッシュバックを受け取る

STEP1:OCN光から事業者変更承諾番号を取得する

OCN光からソフトバンク光に乗り換える場合、手続きの種類としては「事業者変更」になるため、まずは乗り換える前のOCN光で「事業者変更承諾番号」を発行する必要があります

事業者変更承諾番号を発行するには、OCN光の公式ページを参考に、OCN光のカスタマーサポートへ電話での問い合わせを行って発行してもらう方法が簡単です。

発行してもらった事業者変更承諾番号は、スマートフォンや用紙にメモをしておくようにしましょう。

また、事業者変更承諾番号には有効期限があり、発行日を含めた15日間を過ぎると無効になってしまい、再度発行手続きが必要になるため、期限内に次のステップへ進むようにしてください。

事業者変更承諾番号の発行は、今回のようなOCN光からソフトバンク光への乗り換えに限らず、光コラボ回線サービス同士の乗り換えでは必ず必要な手続きになります。

OCN光を解約してソフトバンク光を新しく契約するのではなく、コラボ光回線同士であるため「事業者変更」で簡単に乗り換えることができるという点を覚えておくとよいでしょう。

事業者変更承諾番号についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

STEP2:ソフトバンク光に申し込む

乗り換え元のOCN光で事業者変更承諾番号を取得できたら、次はソフトバンク光に申し込みます。

ここで重要なポイントは、ソフトバンク光を申し込む際に「事業者変更」の手続きで申し込むという点です。

申し込む際の契約形態には、主に「新規」「転用」「事業者変更」の3種類がありますが、OCN光で取得した事業者変更承諾番号を使って正しく乗り換えるためには必ず「事業者変更」を選ぶようにしてください。

そして、契約の際にはSTEP1で取得した事業者変更承諾番号を入力(電話であればオペレーターに申告)することで事業者変更の手続きとなります。

申込窓口は、大きく分けてソフトバンク公式サイトからの申し込みと販売代理店を経由しての申し込みの2つがあります。

「公式の方が安心で保証されているのでは…?」と思う方もいるかもしれませんが、ソフトバンク公式から認可されている正規の販売代理店であれば問題ありません。

また、代理店からソフトバンク光を申し込んだ場合でも、実際に使用する光回線はソフトバンク公式で契約した場合と全く変わりません。

さらに、代理店からの申し込みであれば、お得なキャンペーンや多額のキャッシュバックを受け取ることができる場合が多いため、公式サイトよりも代理店からの申し込みの方がおすすめです。

ソフトバンク光を申し込む際のお得なキャンペーンや代理店で受けられるキャッシュバックについては、記事の後半でご紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

STEP3:回線の切り替えがおこなわれる

OCN光で取得した事業者変更承諾番号を使って、ソフトバンク光で事業者変更の手続きを行うと、乗り換えの手続き自体は完了となります。

ソフトバンク光の契約の際に、回線切り替え日が伝えられ、その切り替え日に自動的にサービスが切り替わるため、OCN光の解約などの手続きも不要です。

また、今回のOCN光からソフトバンク光への乗り換えのようなコラボ光同士の事業者変更であれば、基本的に設置工事や切り替え工事も必要ありません

自宅でインターネットやWiFiを利用していて、切り替え日になると自動的にサービスが切り替わる仕組みになっています。

そのため、切り替えの際に長時間インターネットが利用できくなるということもないので安心してください。

STEP4:光BBユニットの設置をする

回線切り替え日を迎えたら、好きなタイミングで光BBユニットの設置を行います。

光BBユニットは、ソフトバンク光の利用が便利になる機器で、契約時に指定していれば契約後に自宅に郵送されてくるようになっています。

下記の公式サイトのイラストや説明を参考にしながら、自宅に既に引かれている光回線の配線を光BBユニットに接続します

各種機器の接続設定方法 | インターネット・固定電話(ソフトバンク公式サイト)
※光BBユニットの配線方法がイラスト付きで解説されています。

らくらく配線ツール(ソフトバンク公式サイト)
※手順を追って配線を確認することができます。

上記サイトで解説されている通り、光BBユニットの配線作業は難しくありません。

仮に配線を間違った場合は、インターネットの利用ができない状態になりますが、配線を間違えただけではエラーや故障になりませんので、落ち着いて正しい配線を行ってください。

光BBユニットは、ブロードバンドルーターですが、「Wi-Fiマルチパック」というオプションに加入することでWi-Fiルーターとしても利用することができます

Wi-Fiマルチパックは、光BBユニットのレンタルと合わせて月額1,600円(税込)ほどの料金ですが、ソフトバンクやワイモバイルとのセット割を適用することで月額550円(税込)で利用することができます

既にWi-Fiルーターがある方や好みのルーターを使いたい方は不要ですが、新しくWi-Fiルーターを購入しようとすると数千円かかります。

また、ソフトバンクの光BBユニットは高速通信にも対応しており、市販のWi-Fiルーターに引けを取らない性能であるため、Wi-Fiマルチパックに加入して光BBユニットをWi-Fiルーターとしても利用することをおすすめします。

光BBユニット(ソフトバンク光)とは?

光BBユニットとは、ソフトバンク光が提供する通信高速化機能や電話機能など備えた多機能なルーター
光電話やIPv6高速ハイブリッドに対応しており、ソフトバンク光でこれらのオプションを利用するには光BBユニットの使用が必須。
ソフトバンク光の契約の際に「光BBユニットのレンタル」を申し込むことで利用可能。

STEP5:OCN光のレンタル機器を返却する

光BBユニットを配線・設置し、ソフトバンク光の回線でインターネットが利用できるようになったら、乗り換え元のOCN光で使っていたレンタル機器を返却する必要があります

ソフトバンク光への乗り換え(事業者変更の手続き)が完了すると、数日以内に登録している住所宛にOCN光から「返却キット」が郵送されてきます

郵送されてきた返送キットの中に、どの機器を返送すればよいか案内がありますので、案内に従って利用していた機器を必要に応じて梱包し、近くのコンビニや郵便局等で返送しましょう。

この時注意すべき点は、レンタル機器が故障していた場合や返送を忘れたまま放置した場合は、違約金がかかることがあります。

違約金は機器によって1,000円~13,000円ほどかかる場合があるため、機器の配線を取り外す際には故障に注意し、返却作業も忘れないうちに済ませておくとよいでしょう。

また、レンタル機器の返送にかかる送料は自己負担となりますので、その点は覚えておくようにしましょう。

STEP6:ソフトバンクのキャッシュバックを受け取る

OCN光で使っていたレンタル機器の返却まで済んだら、OCN光からソフトバンク光への乗り換えで行うべき手順は完了となります。

あとは、ソフトバンク光の契約で特典として受けられるキャッシュバックの受け取りを忘れないようにしましょう

ソフトバンク光には、違約金キャッシュバックと契約した代理店独自のキャッシュバックの2種類のキャッシュバックがあります。

違約金キャッシュバックは、他社の回線から乗り換えでソフトバンク光を契約する際に、他社の回線の解約にかかった違約金などをソフトバンクが負担し、その費用分をキャッシュバックしてくれるものです。

また、代理店のキャッシュバックは、契約する代理店によって条件や金額は異なるものの、最大で数万円のキャッシュバックを受けることができるものです。

いずれのキャッシュバックも、契約して数日ではなく、数か月~1年後に振込や郵送などで受け取るようになっていることが多い傾向にあります。

受け取り期限を過ぎてしまうとキャッシュバックが貰えなくなる可能性があるため、契約時にはキャッシュバックの受け取り方法や期限を確認しておくようにしましょう

ソフトバンク光の違約金キャッシュバックや代理店独自のキャッシュバックについては、2024年7月/ソフトバンク光のキャッシュバック・キャンペーン窓口12社を徹底比較!おすすめの申し込み窓口って?(同サイトの別記事に飛びます)で詳しく解説していますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

OCN光からソフトバンク光に乗り換える際の注意点は?

OCN光からソフトバンク光に乗り換える方法は、先ほど解説した通り至って簡単な手順で行うことができます。

しかし、OCN光からソフトバンク光に乗り換える際にはいくつか注意点があります

OCN光の解約月の料金やソフトバンク光のBBユニットの設定に関する注意点など、乗り換え後に快適にインターネットを利用するために、注意事項3点について以下で詳しく見ていきましょう。

・OCN光の解約月の料金は日割りにならない
・ソフトバンク光に切り替わったら光BBユニット(ルーター)の設定が必要
・ソフトバンク光に乗り換えた直後はIPv6が利用できないことがある

OCN光の解約月の料金は日割りにならない

OCN光からソフトバンク光に事業者変更で乗り換えた場合、OCN光は自動的に解約となりますが、解約月の月額料金は日割りになりません

例えば、OCN光の月額料金が4,000円であった場合、例えば月初めの1月1日に事業者変更が完了したとしても、1月分の月額料金は満額請求されます。

OCN光の請求締めは月末で、毎月1日~月末日までの期間が1か月分の料金となります。

そのため、日割りにならないことを考慮すると、事業者変更の完了を月末近くに行えるのが理想です。

乗り換えの手続きから乗り換え完了までの日数を想定して、できるだけ月の中旬~下旬の早めに手続きするのがよいでしょう。

ソフトバンク光に切り替わったら光BBユニット(ルーター)の設定が必要

OCN光からソフトバンク光に乗り換えた場合、基本的にはソフトバンク光で「光BBユニット」の利用を推奨されていますが、光BBユニットを使用する場合は初期設定が必要です。

Wi-Fiを使いたい場合などは必須で行わなければならない設定なので、以下の手順で初期設定を行ってください。

1.光BBユニットを正しく配線する
2.光BBユニットの電源を入れ、LANケーブルでパソコンと接続する
3.パソコンを起動させ、インターネットブラウザを開く
4.インターネットブラウザのURLバーに「192.168.1.1」と入力する
5.光BBユニットのセットアップメニューが表示される
6.ログイン画面でIDとパスワードを入力する(IDとパスワードは光BBユニット裏面ラベルに記載)

通常、上記の手順でログインを行うと自動的に初期設定が行われますが、設定が行われない場合や方法が分からない場合は、以下の公式サイトを参考にしてみてください。

光BBユニットを設定する(ソフトバンク公式サイト)
※自宅に届いた光BBユニットの型番によって方法が異なるため、最初に型番を選択してください。

ソフトバンク光に乗り換えた直後はIPv6が利用できないことがある

IPv6とは、インターネットの通信方法を定めたルールの1つで、混雑を回避しながら高速で快適なインターネット通信が可能となっています。

しかし、OCN光からソフトバンクに乗り換えた直後は、「IPv6」が利用できないことがあります

その理由は、IPv6通信が1つの回線につき1つの事業者しか利用できず、プロバイダ側の通信方式の切り替えが終わるまでは従来のIPv4通信となるためです。

IPv6通信が利用できていない状態でもインターネットは使用できますが、「ちょっと遅いな」と感じることがあるかもしれません。

ただし、数時間~数日経過すればIPv6を利用可能となり、高速なインターネット通信が可能となるため特に接続方法の変更などの作業は不要です。

IPv4とIPv6の違いって?

インターネットに接続する機器はインターネット上での住所を示すIPアドレスが振られます。

IPv4の場合、世界で使えるIPアドレス数は約43億個である一方で、IPv6には約340澗(かん)のIPアドレスが存在します。

つまりIPv4に比べて格段に多くのIPアドレスを使用できるのがIPv6の最大の特徴で、最新の通信方式とセットで速度向上が可能。同時にセキュリティの強化も図られています。

IPv4について更に詳しくみる

IPv6について更に詳しくみる

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

OCN光からソフトバンク光に乗り換えるデメリットは?

まずは、OCN光からソフトバンク光に乗り換えるデメリットですが、インターネットの速度や品質は住居タイプやエリアもしくはWi-Fiルーターの性能などによる影響が大きいため、それらの点で大きなデメリットはありません

ただし、以下のように細かい料金の部分や乗り換えに伴う手数料などの点でわずかながらデメリットがあるため、乗り換える前の判断材料としても、以下で詳しく見ていきましょう。

・ソフトバンク光はIPv6やWiFiの利用にオプション料金がかかる
・OCN光とソフトバンク光の両方で手数料がかかる
・OCN光のプロバイダサービスが利用できなくなる

ソフトバンク光はIPv6やWiFiの利用にオプション料金がかかる

オプション名月額料金(税込)
光BBユニットレンタル513円
光BBユニット専用無線LANカード・使用料
(Wi-Fiマルチパック)
1,089円
合計(スマホとのセット割なし)1,602円
合計(スマホとのセット割あり)550円

※更新日:2024/07/23

OCN光からソフトバンク光に乗り換えるデメリットの1つ目は、オプション料金についてです。

OCN光からソフトバンク光に乗り換える手順で解説した通り、ソフトバンク光ではIPv6通信が利用できますが、IPv6通信を利用する為には「光BBユニット」の利用が必須となっています。

また、Wi-Fiを利用したい場合も「光BBユニット」が必要になりますが、Wi-Fiを利用するという観点だけであれば、自分で購入したWi-Fiルーターや既に持っているものを使用する事も可能です。

「光BBユニット」は、レンタルするのに月額513円かかり、光BBユニットにWi-Fi機能を付ける「Wi-Fiマルチパック」は月額1,089円かかるため、どちらも加入すると月額1,600円ほどになります。

しかし、ソフトバンクやワイモバイルの携帯を契約している場合は、セット割が適用され、
この「光BBユニット」+「Wi-Fiマルチパック」+「電話サービス」の3つがセットで月額550円で利用できます。

そのため、OCN光では利用できないサービスもかなりお得に利用できるため、ソフトバンクやワイモバイルの携帯を契約している場合はソフトバンク光に乗り換えるのがおすすめといえます。

OCN光とソフトバンク光の両方で手数料がかかる

光回線サービス名手数料(税込)内容
OCN光3,300円事業者変更承諾番号の発行手数料
ソフトバンク光3,300円契約事務手数料

※更新日:2024/07/23

OCN光からソフトバンク光に乗り換える場合、OCN光とソフトバンク光でそれぞれ3,300円の手数料がかかります。

OCN光では、乗り換えのための事業者変更承諾番号を発行する手数料がかかり、ソフトバンク光では契約の事務手数料がかかります。

合計6,600円の手数料がかかりますが、これらの手数料は他のコラボ光回線同士での乗り換えの多くで発生する費用で、仮に新規契約だとしても契約事務手数料がかかります。

また、これらの手数料は代理店から申し込むことで受けられるキャッシュバックで補填するのが可能で、キャッシュバック内容によっては手数料以上の金額を受け取ることができます。

ソフトバンク光のキャッシュバックについては、2024年7月/ソフトバンク光のキャッシュバック・キャンペーン窓口12社を徹底比較!おすすめの申し込み窓口って?(同サイトの別記事に飛びます)で詳しく解説していますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

OCN光のプロバイダサービスが利用できなくなる

OCN光からソフトバンク光へ乗り換えた場合、OCN光の光回線は解約となるため、OCN光で加入して利用していたオプションサービスなどは利用できなくなります

例えば、OCN光で発行したメールアドレスを利用していた場合も、そのアドレスが使えなくなるため注意してください。

ちなみに、OCN光では「OCN バリュープラン(月額基本料金275円)」に加入することで解約後もOCN光のメールアドレスを利用できますが、メールのみに月額料金をかけるのはあまりおすすめしません。

光回線は乗り換えでお得になる事も多いため、メールアドレスはGmailやYahooメールなどのフリーメールサービスを利用するのがよいかもしれません。

また、OCN光で光電話サービスに加入していた場合、OCN光で発行した電話番号であればその番号も利用不可となります。

ただし、NTTのアナログ電話で発行した番号を利用していた場合は、「アナログ戻し」という手法で引き継ぎも可能です。

その他、OCN光独自のサービスについては全て利用不可となるため、解約前に何が引き継げるのかをOCN光で確認し、必要なものは別途乗り換えなどの対応を行うようにしておきましょう。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

OCN光からソフトバンク光に乗り換えるメリットは?

OCN光からソフトバンク光へ乗り換える大きなデメリットはありませんが、メリットはどういった点なのか解説します。

OCN光からソフトバンク光への乗り換えは、コラボ光回線同士の乗り換えであるため基本的に工事が不要であることに加えて、料金や通信速度の面でも大きなメリットが複数あります

どういった理由で以下のようなメリットがあるのか、それぞれ解説しますので、以下で詳しく見ていきましょう。

・毎月の光回線料金が安くなる
・IPv6 IPoE+IPv4に対応しているから通信速度が速くなる
・OCN光の違約金や工事費残債をソフトバンクが負担してくれる
・高額なキャッシュバックがもらえる可能性がある
・ソフトバンク・ワイモバイルのスマホが安くなる
・光コラボ同士なので工事不要で乗り換えることができる

毎月の光回線料金が安くなる

光回線サービス名月額料金実際の料金※1
ソフトバンク光戸建て:5,720円
マンション:4,180円
戸建て:3,933円
マンション:2,393円
OCN光戸建て:5,610円
マンション:3,960円
戸建て:4,703円
マンション:2,915円

※更新日:2024/07/23
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間

上記の表の通り、ソフトバンク光はOCN光と比べて通常の月額料金はやや高くなっていますが、セットの割引やキャッシュバックを含めると、2年間の月額料金がかなり安くなります

例えば、戸建て住宅であれば月額料金には800円近い差があるため、2年間で考えると2万円近くお得に利用することができます。

光回線は、自宅でインターネットやWi-Fiを使用する方であれば必要な固定費となるため、できるだけ安く使えた方がいいでしょう。

また、OCN光からソフトバンク光に乗り換えることによって光回線自体の品質が低下することはないため、乗り換え他方がお得になります。

月額料金を安くできるソフトバンク光のキャンペーンについては、2024年7月/ソフトバンク光のキャッシュバック・キャンペーン窓口12社を徹底比較!おすすめの申し込み窓口って?(同サイトの別記事に飛びます)で詳しく解説していますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

IPv6 IPoE+IPv4に対応しているから通信速度が速くなる

光回線サービス名公表している速度実際の速度※1
ソフトバンク光1Gbps下り: 247.01Mbps
上り: 319.89Mbps
Ping値: 14.99ms
OCN光1Gbps下り: 306.31Mbps
上り: 344.1Mbps
Ping値: 18.19ms

※更新日:2024/07/23

※1:実際の速度は「みんなのネット回線速度」から引用

上の表にある通り、OCN光からソフトバンク光に乗り換えた場合、通信速度が上がることが多い傾向が伺えます。

通信速度はマンションの戸数や利用状況によっても異なるため、必ず速度が上がるとは断言できませんが、平均速度を見ると速度が上がる可能性が高いといえます。

その理由として、ソフトバンク光ではIPv6高速ハイブリッド「IPv6 IPoE + IPv4」を利用可能で、高速な通信方式であるIPv6と従来の通信方式を切り替えなしで状況に応じて両方使用することができます。

ただし、ソフトバンク光で「IPv6 IPoE + IPv4」を利用するには光BBユニットのレンタルが必須となっているため、ソフトバンク光を利用する場合は光BBユニットのレンタルをおすすめします。

ちなみに、OCN光も「IPv6」に対応しており、公式サイトではIPv4との同時利用も可能と記載がありますが、やはり平均速度を考慮すると乗り換え後のソフトバンク光の方が速くなる可能性が高いでしょう。

IPv6ってなに?

「IPv6」は、「IPv4」に次ぐ最新のインターネットプロトコルの規格です。IPv6はIPv4でのIPアドレスの枯渇の問題などを背景に開発されました。

IPアドレスは、インターネット上での住所のようなもので、IPアドレスでどこからどこへデータを送信するのが確定してはじめてインターネット上での通信が可能になります。

IPv4のIPアドレスは約43億個に限られるのに対し、IPv6では約340澗個(340兆の1兆倍の1兆倍)のIPアドレスが使用可能が利用でき、事実上、無限大にIPアドレスを割り当てできます。

また、IPv6では、「IPoE」による新しい接続方式が利用可能で、従来の「PPPoE」による接続方式と比べると、高速に通信できます

道路で例えると、従来のPPPoE方式では車線が少なく混雑が起きやすいのに対し、新方式のIPoE方式は車線が増えて渋滞が解消されるイメージです。

IPv6対応のサービスへのりかえることで、通信速度の向上と安定が期待できます。

IPv4について更に詳しくみる

IPv6について更に詳しくみる

OCN光の違約金や工事費残債をソフトバンクが負担してくれる

ソフトバンク光 あんしん乗り換えキャンペーン

OCN光からソフトバンク光に乗り換えるメリットの3つ目は、乗り換えの際の違約金などについてです。

OCN光からソフトバンク光に乗り換える際には、「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」を利用することができます。

「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」は、ソフトバンク光に乗り換える際に発生する違約金や撤去工事費などを、最大100,000円までソフトバンクが負担してくれるキャンペーンです。

OCN光から乗り換えを行う場合、契約しているプランの更新年数やサービスによっては違約金が数万円ほど請求されることもあり、回線の撤去工事が発生した場合に撤去工事費を払わなければいけないケースも少なくありません。

乗り換えを検討している人の中には、時期を自分で選べなかったり、どうしても工事が発生してしまう住宅に住んでいたりすることも多いと思いますので、乗り換えの際にはぜひこちらのキャンペーンを利用して、マイナスなく乗り換えしてください。

こちらのキャンペーンの申し込み方法や注意点などについては、2024年7月/ソフトバンク光のキャッシュバック・キャンペーン窓口12社を徹底比較!おすすめの申し込み窓口って?(同サイトの別記事に飛びます)で詳しく解説していますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

高額なキャッシュバックがもらえる可能性がある

ソフトバンク光を契約する場合、ソフトバンクの公式が行っているキャッシュバックの他に、代理店(WEB)から申し込むことで受けられるキャッシュバックが存在します。

代理店で受けられるキャッシュバックは金額が大きく、最大で3万円~5万円もの高額なキャッシュバックを受けることが可能です。

申し込む代理店によってキャッシュバックの条件は異なりますが、指定のオプション加入などの複雑な条件なくソフトバンク光に乗り換えるだけで受けれられるキャッシュバックも多くあります。

高額なキャッシュバックをもらえるおすすめの申込窓口は本記事の「高額キャッシュバックを最短2ヶ月で受け取り可能!」で紹介しています。

また、複数の代理店から条件や金額を参考に選びたい方は、「2024年7月/ソフトバンク光のキャッシュバック・キャンペーン窓口12社を徹底比較!おすすめの申し込み窓口って?(同サイトの別記事に飛びます)で詳しく解説していますので、ぜひこちらも参考にしてみてください。

ソフトバンク・ワイモバイルのスマホが安くなる

セットにするスマホ割引額セットにできるモバイル回線の数
ソフトバンク最大1,100円/月最大10回線
ワイモバイル最大1,650円/月最大10回線

※更新日:2024/07/23f

ソフトバンク光では、「おうち割光セット」に加入すれば、光回線とセットでソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が月額1,100円~1,600円割引されるというお得な特典があります。

セットにできるモバイル回線は10回線までという制限はありますが、自分のスマホだけではなく家族のスマホ料金同時に値引きすることできます。

例えば、ソフトバンク光を1回線契約して、家族4人ともソフトバンクかワイモバイルのスマホを利用していれば、月額4,400円~6,600円、年間にすると5~8万円もお得にスマホを使うことができます。

既にソフトバンクやワイモバイルのスマホを利用している方は、もれなくおうち割光セットでスマホ料金を割引できますし、そうでない方も、割引額を考えるとスマホの乗り換えも検討してみる価値はあると言えます。

光コラボ同士なので工事不要で乗り換えることができる

OCN光とソフトバンク光は、光コラボ回線同士であるため、基本的に乗り換えの際の工事は不要となります。

工事には、工事業者が来て契約者の立ち合いが必要な「派遣工事」と、工事なしで立ち合いも不要な「無派遣工事」がありますが、OCN光からソフトバンク光への乗り換えは原則「無派遣工事」です。

フレッツ光や光コラボ回線からそれ以外の光回線に乗り換える場合などは工事が必要となりますが、工事があると必ず立ち合いが必要となり、必ず日程調整が必要となります。

また、工事業者のスケジュールや時期によっては工事が数週間~数か月先になり、開通して回線を利用できるようになるまで時間を要することもしばしばあります。

そのため、OCN光からソフトバンク光へは工事不要で乗り換えることができ、利用できない時間もほぼ発生しないため、簡単に乗り換えられるのも魅力の1つです。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

OCN光からソフトバンク光に乗り換える際の事業者変更承諾番号の発行手順は?

OCN光からソフトバンク光への乗り換えは、「事業者変更」という手続きになるため、事業者変更承諾番号」という番号を発行する必要があります

事業者変更承諾番号は、乗り換え元のOCN光で発行➔ソフトバンク光への乗り換え申込時に使用という流れで使います。

そのため、ソフトバンク光への申込みをする前に、必ずOCN光で事業者変更承諾番号を発行するようにしましょう。

ここでは、事業者変更承諾番号を発行するための手順や即日発行できるのかについて解説しますので、以下で詳しく見ていきましょう。

・OCN光で事業者変更承諾番号を発行する手続きの流れ
・事業者変更承諾番号は即日発行できる?

OCN光で事業者変更承諾番号を発行する手続きの流れ

OCN光からソフトバンク光に乗り換える際に使う「事業者変更承諾番号」は、まずOCN光で番号を発行する必要があります

OCN光で事業者変更承諾番号を発行する手続きは、以下の流れで行うことができます。

1.OCN光のカスタマーズフロントに電話する
2.契約情報などを伝え、事業者変更承諾番号を発行してもらう
3.伝えられた番号をメモしておく

OCN光の電話窓口(事業者変更承諾番号発行)

<OCN光解約の際の問い合わせ先>
OCN光カスタマーズフロント
0120-506-506
受付時間:10:00~19:00(日曜・祝日・年末年始除く)

OCN光で事業者変更承諾番号を発行するには、電話窓口での手続きとなります。

上記の「OCN光カスタマーズフロント」に電話し、自分の契約している情報などを伝えた上で、事業者変更承諾番号を発行してもらってください。

事業者変更承諾番号を発行してもらったら、電話口で番号を伝えられるはずなので、その番号をスマホのメモ機能や用紙にメモしておくようにしてください。

ちなみに、事業者変更承諾番号には有効期限があり、OCN光の事業者変更承諾番号の有効期限は発行日を含めて15日間です。

事業者変更承諾番号を発行してもらったら、できるだけ早めにソフトバンク光で乗り換えの申し込み手続きを行うようにしましょう。

事業者変更承諾番号は即日発行できる?

OCN光の事業者変更承諾番号は、基本的に即日発行することができます

しかし、OCN光での契約状態に不備や未納があるような場合は、即日発行できない場合もあるため注意が必要です。

また、前述した通り、OCN光で発行した事業者変更承諾番号の有効期限は発行日を含めて15日間です。

さらに、発行日など問わず、事業者変更承諾番号の発行には発行手数料の3,300円(税込)がかかります

この発行手数料はOCN光での請求となるため、乗り換え後に発行手数料の請求が来る点も覚えておくようにしましょう。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

OCN光からソフトバンク光へ乗り換える際の解約金や解約方法は?

OCN光からソフトバンク光へ乗り換える際には、事業者変更の手続きになるため、OCN光での解約手続きは必要ありません

しかし、ソフトバンク光への乗り換えの手続きを行い、事業者変更が完了すると、OCN光は自動的に解約扱いとなります。

そのため、OCN光での解約金やプロバイダ解約の要否について不安な方もいると思います。

ここでは、OCN光からソフトバンク光へ乗り換える際のOCN光の解約について、以下の2点について解説しますので、詳しく見ていきましょう。

・OCN光の解約金はいくら?無料にする方法はある?
・ソフトバンク光への乗り換え時にプロバイダの解約手続きは必要?

OCN光の解約金はいくら?無料にする方法はある?

解約金の種類金額
違約金2022年6月30日以前の契約11,000円
2022年7月1日以降の契約3,600円
※ただし更新月であれば無料
端末代の残債レンタルのため発生なし
手数料0円

※更新日:2024/07/23

OCN光からソフトバンク光へ乗り換える場合、事業者変更の手続きが完了するとOCN光は自動的に解約の扱いになります。

そのため、上記の表の通り、解約のタイミングによってはOCN光の解約金が発生します

2022年6月30日以前の契約であれば11,000円、2022年7月1日以降の契約であれば3,600円が請求されますが、いずれも更新月に事業者変更が完了すれば解約金はかかりません

また、OCN光の端末はレンタルのみであるため端末の残債はなく、解約に関する手数料は上記の違約金以外には発生しません。

さらに、更新月以外の解約でも、ソフトバンク光に乗り換えを申し込む際にSoftBank あんしん乗り換えキャンペーンを利用することで、これらの違約金はソフトバンク側が負担してくれます。

そのため、更新月に事業者変更を行うか、ソフトバンク光でキャンペーンを利用することで確実に解約金の負担をゼロにすることができるのでいずれかの方法で乗り換えるようにしましょう。

ソフトバンク光への乗り換え時にプロバイダの解約手続きは必要?

OCN光からソフトバンク光へ乗り換える際に、「プロバイダの解約手続きは必要?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、OCN光からソフトバンク光への乗り換えでは、プロバイダの解約手続きは必要ありません

OCN光は、光コラボ回線であるため、プロバイダと光回線がセットで「OCN」が取り扱っている状態となります。

そのため、OCN光からソフトバンク光へ乗り換えが完了し、OCN光が解約となった時点でプロバイダも同時に解約扱いになるため、契約者側での手続きは不要です。

ただし、OCNは「OCN光」以外に、ドコモ光の光回線にOCNがプロバイダとなる「ONC for ドコモ光」なども提供しているため、それらの場合は別途手続きが必要となる点は注意してください。

プロバイダとは?

プロバイダとはインターネットサービスプロバイダ(Internet Service Provider)の略で、インターネット利用者と回線業者の橋渡しをする役割を担っています。

インターネットを使うには、回線事業者とプロバイダの両方を契約することが必要ですが、ネット回線とプロバイダが一体になった回線事業者もあります。

この場合、回線事業者と契約するだけで完了するので、プロバイダの申込みは必要ありません。

プロバイダについて詳しく知りたい方はこちら

OCN光からソフトバンク光にメールアドレスや電話番号を残して乗り換える方法は?

OCN光からソフトバンク光へ乗り換える場合、事業者変更の手続きが完了するとOCN光は解約となります。

そのため、OCN光で発行したメールアドレスなどのオプションサービスは基本的に使えなくなってしまいます

ただし、メールアドレスや電話番号は日常的な連絡やオンラインサイトの会員登録情報に使用されることが多く、「OCN光で使っていたものをそのまま使いたい」という方もいるでしょう。

ここでは、OCN光で使っていたメールアドレスや電話番号の引継ぎについて、以下の2点について解説しますので、詳しく見ていきましょう。

・OCN光からソフトバンク光へメールアドレスを残して乗り換える方法
・光コラボ同士なので電話番号は無条件で引き継げる

OCN光からソフトバンク光へメールアドレスを残して乗り換える方法

OCN光からソフトバンク光へ乗り換える場合、OCN光で発行したOCNのメールアドレスは基本的に使えなくなってしまいます

ただし、OCN光のバリュープラン(月額275円)に加入することで、OCNのメールアドレスをソフトバンク光に乗り換えたあともそのまま使用することができます

OCN光で発行したメールアドレスをそのまま使いたい方は、OCN光からソフトバンク光へ乗り換える前、もしくは事業者変更承諾番号の発行を行う際に手続きを行うようにしましょう。

また、月額料金をかけてまでメールアドレスを残したくないという方は、これを機会に使用するメールアドレスをフリーメールに乗り換えておくことをおすすめします。

GmailやYahooメールなどのフリーメールサービスは、OCN光のメール機能と大きな差はなく、光回線やスマホを乗り換えた場合も関係なくそのまま使い続けることができます

光コラボ同士なので電話番号は無条件で引き継げる

OCN光からソフトバンク光に乗り換える場合、OCN光で使っていた電話番号は基本的に引き継ぐことができます

OCN光の「光電話」で利用していた電話番号は、光コラボ回線同士の乗り換え(事業者変更)であれば電話番号を変えることなく引き継ぐことができるため、特にOCN側で手続きは必要ありません。

ソフトバンク光へ申し込む場合に、光電話も引き続き利用する場合は、利用中の電話番号を伝える必要がある点には注意しておきましょう。

また、OCN光で利用している電話サービスがOCN光独自のもので、OCNのみで発行や利用ができる電話番号であった場合は引き継ぐことができない場合もあるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

OCN光からソフトバンク光に乗り換える時のルーターの接続方法は?

OCN光からソフトバンク光に乗り換える場合、ソフトバンク光から郵送されてくる「光BBユニット」という専用ルーターを正しく配線・設置する必要があります。

光回線や配線に関してあまり知識がない方は、「どうやってやるんだろう…」と不安を抱くこともあるかもしれませんが、光BBユニットの接続は誰でも簡単に行うことができます

ここでは、OCN光からソフトバンク光に乗り換える際の光BBユニットの接続方法について、3つのステップに分けて手順を解説していきますので、以下で詳しく見ていきましょう。

STEP1:NTT機器と光BBユニットをつなぐ
STEP2:光BBユニットとPCを接続する
STEP3:光BBユニットとパソコンの電源を入れる

ちなみに、ソフトバンク光公式サイトでは以下のような配線に関する案内ページや、手順を追って配線方法を確認できる「らくらく配線ツール」もあるため、こちらも参考にしながら試してみてください。

各種機器の接続設定方法 | インターネット・固定電話(ソフトバンク公式サイト)
※光BBユニットの配線方法がイラスト付きで解説されています。

らくらく配線ツール(ソフトバンク公式サイト)
※手順を追って配線を確認することができます。

STEP1:NTT機器と光BBユニットをつなぐ

ソフトバンク光 光BBユニット 配線方法

OCN光からソフトバンク光に乗り換えると、ソフトバンク光から「光BBユニット」が郵送されてきます。

まずは、NTTの通信機器と光BBユニットをLANケーブルで接続します。(※上記配線図の2⃣)

ONUと呼ばれるNTT機器にあるUNIという接続口と、光BBユニットにある灰色の接続口をLANケーブルで接続してください。

ちなみに、光コンセントとNTT機器が接続されているか(※上記配線図の1⃣)も確認し、接続されていない場合はこちらも正しく配線するようにしてください。

STEP2:光BBユニットとPCを接続する

ソフトバンク光 光BBユニット 配線方法

NTT機器と光BBユニットが接続できたら、光BBユニットと自分のパソコンをLANケーブルで接続します。(※上記配線図の3⃣)

光BBユニット側は、水色になっている接続口で4つのうち好きな接続口に接続してください。

パソコン側は、機種によって異なりますが、基本的にはLANケーブルの端子が1つはあるはずです。

STEP3:光BBユニットとパソコンの電源を入れる

ソフトバンク光 光BBユニット 配線方法

光BBユニットをNTT機器とパソコンにそれぞれ接続し、光BBユニットがNTT機器とパソコンの仲介をしているような状態になったら、次は電源を入れます。

NTT機器、光BBユニット、パソコンにそれぞれ電源アダプタが繋がっていることを確認し(※上記配線図の4⃣)、パソコンを起動してください。

光BBユニットやNTT機器は、電源アダプタを繋ぐと自動的に起動状態になります。

パソコンを起動したあと、光BBユニットを使用する場合は初期設定が必要なのでそのまま初期設定を行っておくことをおすすめします。

Wi-Fiを使いたい場合などは必須で行わなければならない設定なので、以下の手順で初期設定を行ってください。

1.光BBユニットを正しく配線する
2.光BBユニットの電源を入れ、LANケーブルでパソコンと接続する
3.パソコンを起動させ、インターネットブラウザを開く
4.インターネットブラウザのURLバーに「192.168.1.1」と入力する
5.光BBユニットのセットアップメニューが表示される
6.ログイン画面でIDとパスワードを入力する(IDとパスワードは光BBユニット裏面ラベルに記載)

通常、上記の手順でログインを行うと自動的に初期設定が行われますが、設定が行われない場合や方法が分からない場合は、以下の公式サイトを参考にしてみてください。

光BBユニットを設定する(ソフトバンク公式サイト)
※自宅に届いた光BBユニットの型番によって方法が異なるため、最初に型番を選択してください。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

ソフトバンク光に乗り換えた後のOCN光ルーターの返却方法は?

OCN光からソフトバンク光に乗り換える際に、ソフトバンク光の光BBユニットの設置が終わり、インターネットを利用できるようになったら、OCN光のルーターなどの機器を返却する必要があります

OCN光のルーターの返却方法はとても簡単で、自宅に郵送されてくる返送キットを使い、同封されている案内に応じて対応すれば問題ありません

ただし、一定期間返却を忘れてしまうと違約金などが発生する場合もあるため、忘れないように早めに対応しておきましょう。

ここでは、OCN光のルーターなどの返却方法について、3ステップに分けて手順を解説していますので、以下で詳しく見ていきましょう。

STEP1:乗り換え手続き後に送られてくる返送キットを準備する
STEP2:返送キットにOCN光のレンタル機器を入れる
STEP3:梱包した荷物を着払いで返送する

STEP1:乗り換え手続き後に送られてくる返送キットを準備する

OCN光からソフトバンク光への乗り換え(事業者変更)が完了すると、OCN光は自動的に解約扱いになります。

乗り換えが完了して数日以内に、OCN光から登録されている住所宛に「返送キット」が郵送されてきます

OCN光のルーターなどはこの返却キットを使って簡単に返送することができるため、忘れないように受け取り、早めに対応するようにしましょう

STEP2:返送キットにOCN光のレンタル機器を入れる

OCN光から返送キットが郵送されてきたら、OCN光の使い終わったレンタル機器を返送キットに梱包します。

この時、機器に破損があった場合は違約金などが発生する可能性があるため、取り外しや梱包については慎重に行うようにしてください。

もし、梱包するときにすでに破損していた場合は、返送前にOCN光側に伝えておくことをおすすめします。

また、梱包する機器の種類や梱包の方法が分からない場合は、同封されている案内に記載がありますが、それでも分からない場合は以下のOCN光の問い合わせ窓口に問い合わせてみてください。

OCN光問い合わせ窓口

<OCN光解約の際の問い合わせ先>
OCN光カスタマーズフロント
0120-506-506
受付時間:10:00~19:00(日曜・祝日・年末年始除く)

STEP3:梱包した荷物を着払いで返送する

OCN光の使い終わったレンタル機器を返送キットに梱包できたら、着払いで返送します。

返送キットの中に、着払い伝票が入っていますので、正しく記入・貼り付けし、近くのコンビニや運送局などに持ち込んで発送するようにしてください。

再度注意喚起となりますが、一定期間返送を忘れてしまったり放置したりすると違約金が発生する可能性があるため、返送キットが届いたらできるだけ早めに対応するのをおすすめします。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

OCN光とソフトバンク光を比較!安くて速い光回線はどっち?

ソフトバンク光OCN光
基本料金戸建て:5,720円
マンション:4,180円
10ギガ:6,380円
戸建て:5,610円
マンション:3,960円
実際の料金※1戸建て:3,933円
マンション:2,393円
10ギガ:3,188円
戸建て:4,703円
マンション:2,915円
※機器レンタル料月330円含む
契約期間2年2年
公表している速度1ギガ:1Gbps
10ギガ:10Gbps
1Gbps
実際の通信速度※2下り: 247.01Mbps
上り: 319.89Mbps
Ping値: 14.99ms
下り: 306.31Mbps
上り: 344.1Mbps
Ping値: 18.19ms
スマホのセット割引ソフトバンク、ワイモバイルスマホの
通信料月々1,100円割引
2023年2月~5月8日
(すでに終了)
契約事務手数料3,300円3,300円
初期工事費戸建て:31,680円
マンション:31,680円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
キャッシュバック最大40,000円キャッシュバック2023年2月~5月8日
(すでに終了)
その他のキャンペーン他社への違約金・撤去費負担(10万円)
開通までWiFiルーター無料貸出
オプション初月無料
工事費実質無料
2023年2月~5月8日
(すでに終了)

※更新日:2024/07/23

※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間

※2:実際の速度は「みんなのネット回線速度」から引用

ソフトバンク光OCN光は、どちらが光回線としておすすめできるサービスなのでしょうか。

結論からいうと、ソフトバンク光がOCN光より月額料金・通信速度ともに上回っており、総合的にソフトバンク光の方がおすすめです。

ここでは、OCN光とソフトバンク光の通信速度や月額料金について比較しながら解説していますので、以下で詳しく見ていきましょう。

・月々の料金はソフトバンク光の方が安い!
・通信速度はソフトバンク光の方が速い!
・IPv6はOCN光が無料/ソフトバンク光は有料(月額550円~)

月々の料金はソフトバンク光の方が安い!

光回線サービス名月額料金実際の料金※1
ソフトバンク光戸建て:5,720円
マンション:4,180円
戸建て:3,933円
マンション:2,393円
OCN光戸建て:5,610円
マンション:3,960円
戸建て:4,703円
マンション:2,915円
※機器レンタル料月330円含む

※更新日:2024/07/23

※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間

上記の表の通り、月額基本料金はOCN光の方が安いですが、キャッシュバックやスマホとのセット割を考慮すると、2年間の実際の料金はソフトバンク光の方が安くなっています

ソフトバンクやワイモバイルのスマホを使っていない方は、OCN光の方が安くなる場合もありますが、スマホの回線はどのキャリアも品質に大きな差はなく、光回線とセットにすることでお得に利用することができます

ちなみに、複数の代理店から条件や金額を参考に選びたい方は、「2024年7月/ソフトバンク光のキャッシュバック・キャンペーン窓口12社を徹底比較!おすすめの申し込み窓口って?(同サイトの別記事に飛びます)で詳しく解説していますので、ぜひこちらも参考にしてみてください。

通信速度はソフトバンク光の方が速い!

光回線サービス名公表している速度実際の通信速度※1
ソフトバンク光1ギガ:1Gbps
10ギガ:10Gbps
下り: 247.01Mbps
上り: 319.89Mbps
Ping値: 14.99ms
OCN光1Gbps下り: 306.31Mbps
上り: 344.1Mbps
Ping値: 18.19ms

※更新日:2024/07/23

※1:実際の速度は「みんなのネット回線速度」から引用

上記の表の通り、利用ユーザーから報告されている速度を比較すると、ソフトバンク光の方が平均の通信速度はかなり速いという結果になっています

光回線の通信速度は、マンションの配線方式や他の利用者の利用状況によっても変化しますが、平均速度に大きな差があるため、ソフトバンク光のほうが快適な通信で利用できるといえるでしょう。

IPv6はOCN光が無料/ソフトバンク光は有料(月額550円~)

ソフトバンク光OCN光
IPv6の費用550円/月
(オプションパック/おうちセット割を利用)
550円/月
(機器レンタル料)

※更新日:2024/07/23

最後に、OCN光とソフトバンク光で利用できる「IPv6通信」の利用料金について比較してみましょう。

OCN光では、IPv6の利用料金は無料とされていますが、機器をレンタルする必要があるため月額550円かかります。

一方、ソフトバンク光でも同様に、IPv6を利用するためには「光BBユニット」をレンタルする必要がありますが、レンタルとWi-Fi利用のオプションをセットで加入し、スマホセット割を適用することで月額550円で利用できます。

高速通信であるIPv6を利用するためにかかる費用は、どちらも同じになるため、前述した月額料金や通信速度の面で、総合的にソフトバンク光の方がおすすめであるといえるでしょう。

IPv6ってなに?

「IPv6」は、「IPv4」に次ぐ最新のインターネットプロトコルの規格です。IPv6はIPv4でのIPアドレスの枯渇の問題などを背景に開発されました。

IPアドレスは、インターネット上での住所のようなもので、IPアドレスでどこからどこへデータを送信するのが確定してはじめてインターネット上での通信が可能になります。

IPv4のIPアドレスは約43億個に限られるのに対し、IPv6では約340澗個(340兆の1兆倍の1兆倍)のIPアドレスが使用可能が利用でき、事実上、無限大にIPアドレスを割り当てできます。

また、IPv6では、「IPoE」による新しい接続方式が利用可能で、従来の「PPPoE」による接続方式と比べると、高速に通信できます

道路で例えると、従来のPPPoE方式では車線が少なく混雑が起きやすいのに対し、新方式のIPoE方式は車線が増えて渋滞が解消されるイメージです。

IPv6対応のサービスへのりかえることで、通信速度の向上と安定が期待できます。

IPv4について更に詳しくみる

IPv6について更に詳しくみる

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

OCN光からソフトバンク光に乗り換えにおすすめのキャンペーン窓口は?

ソフトバンク光(株式会社STORY)
月額料金戸建て:5,720円
マンション:4,180円
10ギガ:6,380円
実際の月額料金
※1
戸建て:3,933円
マンション:2,393円
10ギガ:3,188円
公表している通信速度1ギガ:1Gbps
10ギガ:10Gbps
契約期間2年
事務手数料3,300円
工事費用<「工事費サポート はじめて割」適用で0円>
立ち合い工事必要:31,680円
立ち合い工事不要:4,620円
スマホセット割引ソフトバンク、ワイモバイルスマホの
通信料月々1,100円割引
キャンペーン最大40,000円キャッシュバック
転用、事象者変更は19,000円キャッシュバック
10ギガは月額料金が6ヶ月間500円&
ホームゲートウェイ6ヶ月間無料
その他の特典他社への違約金・撤去費負担(10万円)
開通までWiFiルーター無料貸出
オプション初月無料
工事費実質無料

※更新日:2024年7月01日
※1:光回線とwifiセット&新規契約
※1:実際の月額料金=(月額料金+wifi料金)×契約期間+契約事務手数料+開通工事費-(キャッシュバック+月額割引)÷契約期間
※2:実際の速度引用元→みんなのネット回線速度

OCN光からソフトバンク光への乗り換える場合におすすめの申込窓口は、ソフトバンク光公式代理店である株式会社STORY」です。

代理店から申し込むことで、ソフトバンク光公式で受けることができる特典だけでなく、代理店独自の特典を一緒に受けることが可能であるため特典を二重取りすることができます。

株式会社STORYでは、ソフトバンク光をお得に契約することが可能であり、さらに有料オプション加入などの特別な条件なく最大55,000円の高額キャッシュバックを受け取ることも可能です。

また、ソフトバンク光では、OCN光の解約の際に発生した解約金を負担してくれるキャンペーンも存在します。

ここでは、ソフトバンク光の申込で受けられる高額なキャッシュバックや違約金キャッシュバックについて解説していますので、以下で詳しく見ていきましょう。

・高額キャッシュバックを最短2ヶ月で受け取り可能!
・OCN光の違約金・工事費残債・撤去費用をソフトバンク光が負担!

高額キャッシュバックを最短2ヶ月で受け取り可能!

ソフトバンク光 STORY
株式会社STORYのキャッシュバック
キャッシュバック額最大55,000円
受け取り時期最短2か月後
適用条件webから申し込み、開通後に株式会社STORYに連絡する

※更新日:2024/07/23

株式会社STORYでは、最大55,000円の高額キャッシュバックを受けることが可能です。

受け取るための条件には難しいものはなく、有料オプション加入などの別の費用が発生することもありません。

また、キャッシュバックの受け取り時期に関しても、最短2か月と他社と比較しても早く受け取ることが可能であり、すぐに受け取りたい方にとってはとても有り難い特典です。

ちなみに、キャッシュバックを受け取るためには開通後に株式会社STORYへ連絡する必要があるため、忘れないように時期を確認して対応するようにしてください。

OCN光の違約金・工事費残債・撤去費用をソフトバンク光が負担!

あんしん乗り換えキャンペーン ソフトバンク光
SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン
負担額最大100,000円
受け取り時期課金開始日を1ヵ月として6ヵ月目
適用条件申し込み後、課金開始日を1ヵ月目として5ヵ月目の末日までに違約金の証明書の提示

※更新日:2024/07/23

「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」は、他社のブロードバンドサービスを利用中の人を対象とするもので、

OCN光からソフトバンク光に乗り換える際に発生する解約金や撤去工事費などを、最大100,000円までソフトバンクが負担してくれるキャンペーンです。

ただし、条件として一度OCN光には解約金を支払う必要があり、支払った証明書の提示によってかかった費用を還元してもらう流れとなっています。

そのため、OCN光を解約した際にかかった費用を示す書類は必ず保管するようにしておく必要があります。

ソフトバンク光の申込で受けられるその他のキャンペーンに関しては、以下「2024年7月/ソフトバンク光のキャンペーンまとめ!新規契約や乗り換えでおすすめな申し込み窓口は?」で紹介していますので、こちらもぜひチェックしてみてください。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

OCN光とソフトバンク光を評判や口コミで比較!

本記事では、OCN光からソフトバンク光への乗り換え方法や注意点などを紹介しましたが、実際OCN光やソフトバンク光の評判はどのようなものがあるのでしょうか?

ここでは、OCN光ソフトバンク光について、それぞれの評判や口コミをいくつかご紹介しますので、乗り換えを迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

・OCN光の評判や口コミは?
・ソフトバンク光の評判や口コミは?

OCN光の評判や口コミは?

OCN光、マジで調子悪い。変えなきゃ良かった。アドバイスくれたNTTのお姉さんの言うこと聞いとくべきだったな。
午後11:07 · 2023年12月30日

ocn光繋がらない。
午後5:58 · 2024年1月10日

ocn光のコールセンターのババア会話噛み合わねえしいちいち返答1週間かかるってもうずっとストレス解約したい
午後4:45 · 2024年1月15日

引用:X

XでOCN光の評判や口コミを調べてみると、通信速度に安定感がある一方で、タイミングによっては速度が遅いと感じる方もいたので、住んでいる地域や時間帯によっては通信環境が悪いこともあるようです。

また、コールセンターのサポートは対応に時間がかかる場合が多いようであまり良い意見はありませんでした。

OCN光の口コミに関しては以下「OCN光の評判が悪いのはなぜ?実際の口コミから分かったメリット・デメリットを徹底解説!」もご確認ください。

ソフトバンク光の評判や口コミは?

ソフトバンク光の悪い評判に関する
クラウドワークスアンケート結果一覧

↓スクロールで複数の評判、口コミを見る事が可能です↓

悪い評判

正直、良い点がないです。
継続する可能性が低く、携帯キャリアを変更するときか、または引っ越しの際に見直す可能性が高いです。

悪い評判

最初以外のサービスが悪い。
携帯キャリアであったり、また長期利用者に対する特典が少なく、
お得感が全くない状態です。

悪い評判

アパートから戸建てに引越しをする際に、
Wi-Fi工事をするにあたってチャットサポートをしていましたが、
中々うまくできず、工事まだ半年かかりました。

悪い評判

今の所悪いと思う所はみつからないが、
しいて言うなら「ソフトバンク」という会社(キャリア)のイメージが、
好き嫌い結構分かれてる気がする。

悪い評判

ソフトバンクAIRの評判があまり芳しくないのがソフトバンクの悪いところ!!
有名なのでお客様一人ひとりに対して手厚いサポートをしている姿がとても大変そうに思いました!!

悪い評判

他社から乗り換えてから今まで使ってきたが、
悪い所は特に思い当たらない。強いて言うなら機器が少し大きいと思えるぐらい。

悪い評判

もう少し値段が安ければ、もう言うことないです。
ワイモバイルなので、割引が適用されているので、
ありがたいと思っています。

悪い評判

夕方や週末などのピーク時には、通信速度が低下することが時頼あることです。
ただ、使っててそんなに気になるほどのレベルではありません。

悪い評判

速度が出ない所でしょうか?
公称値1Gbpsに対して実測値400Mbpsは流石にと言いたくもなります。
しかし、速度だけではなく安定感やパケロスの少なさも重要であり、
少なくともその2点は優れているのでトレードオフなのかなと思っています。

悪い評判

私が契約時におくられてきたレンタルするソフトバンク光のルーターの安定性が低くWi-Fiを快適に使用できない時が頻繁にあった。

悪い評判

最初工事にすこし時間がかかったことくらい。
繋がってからの不満はこれといってないです。たまに、ほんのたまーに映像ずれがあるぐらい。

悪い評判

サポートの電話が繋がらないのは不便なので、
もう少し回線を増やすなどしてくれると、お客さんとしては助かると思いました。

悪い評判

特に混雑時間帯や利用者の多い地域では、通信速度が低下することがあるようですが、
普段使用する分に関しては特段問題ありません。

悪い評判

格安の会社がたくさんあるのでそこに比べたら少し高く感じてしまうことがあります。
しかし、相談がしやすいのでこのまま継続して使っています。

悪い評判

お値段はあまり安くありません。
テレビ光を利用する時に、テレビ1台いくら〜など、とても分かりにくかったです。

悪い評判

たまにではあるものの、速度がなぜかわからないけれど遅くなることです。
ひと晩経つと毎回直っているのですが、それもいまいちよく分かりません。

悪い評判

マンションの設備の関係で、長年使用していますが、できるならば今すぐ変えたいくらい麺族度は低いです。
値段もサービスも合格点に行っていません

悪い評判

ソフトバンク光の悪い点は料金が他社より高めであり、一部地域でのサービスエリアが制限されていることです。

悪い評判

電波が非常に悪いと思いました。
住んでる地域によるものかと思いますが、あまりにも、使いづらさを感じてます。違う部屋に移動しただけでも、電波が悪くなりました。

悪い評判

他の格安の通信業者と比べると費用は少し高いのかなと感じます。
もう少し安くなると良いなと思うので、高いと感じる方は多いかもしれません。

悪い評判

料金も含めて特に利用していて不便だったり不都合に感じた点はなかったので悪い点は特に思いつかないです。

悪い評判

長期利用者に対するキャンペーンやサービスが悪い(ほぼない)と感じる点です。
もっと、何らかの形で還元して欲しいです。

悪い評判

サポートがあまり充実していなかったり、キャンペーンをあまり実施してくれないことだと思います。
そこらへんは値段相応かなと思います。

悪い評判

繋がりが悪い。電波が途切れることがある。
本体の電源を落とすと治るが面倒くさい。そこが改善されるとなお良い

※更新日:2024/07/23

ソフトバンク光の良い評判に関する
クラウドワークスアンケート結果一覧

↓スクロールで複数の評判、口コミを見る事が可能です↓

良い評判

ソフトバンク光のいいところは、私も経験があるのですが、
実店舗があるのでわからないことがあったらすぐき聞きにいけることです。

良い評判

それまで使っていたネット回線の解約金を補償してくれる所。
まさかそんなことをしてくれるなんて思っていなかったので
乗り換えの決断は早かった。

良い評判

孫さんが手を引いているだけあって経営体制がとてもしっかりとしていて安心できました!!
世界的に有名な企業なのでどっしりとした安定感があり安心できました!!

良い評判

他社のメディアコンバータには無線LAN機能がついておらず、
自分で無線LANルータを用意する必要があったが、乗り換えたらついていた。

良い評判

スタッフの対応が良いです。
電話も良かったですが、アパートに来て下さった業者さんも丁寧な説明をしてくださいました。
問題なく使用できています。

良い評判

設置するまでの対応もスムーズで早くて説明もしっかり丁寧なので安心して利用できるところが良いと思いました

良い評判

ソフトバンク光は光ファイバー回線を利用しており、
高速で安定した通信品質を提供してくれていることです。
これにより、ストレスなくインターネットを利用することができる点です。

良い評判

回線の安定度、サポートの充実が長所だと思います。
特に、自己診断機能は他社にはない
(少なくとも、So-netやドコモ、Nuroにはありません)
機能で、これがあるだけで何が悪いのかがすぐわかるため非常にありがたい機能です。

良い評判

通信速度が常に安定しており、ネットの利用時にもストレスを感じず利用でします。
また了解の節約にもなり助かります。

良い評判

面倒な工事を複数行う必要がなく、数多くのマンションアパートに対応している点では他の回線より優っているのではないか。

良い評判

料金もそこそこ抑えられつつ、品質の良い回線を使えるのでおすすめです。
特に今遅い回線の方は変えても後悔しないのではと思います。

良い評判

大手なので安心感もあり、基本的には使い勝手も良く、特別に困ることもないので、
使い続けやすい。スマホとセットで割引もある。

良い評判

ソフトバンク光は光ファイバー回線を利用しており、高速で安定した通信品質を提供していいるため、
快適なインターネット環境を実現し、ストリーミング動画やオンラインゲームなどをスムーズに楽しむことができるところです。

良い評判

サポートが充実しているのと割引やキャンペーンがあるので通常よりも安く契約ができます。
また、通信速度も速いのでダウンロードの待ち時間がほとんどありません。

良い評判

これまでネットのつながりが悪いなと思ったことが一度もないので、問題なく使えるということが一番のいいところなんじゃないかと思います。

良い評判

大手なので安心感があります。
メッシュWi-Fiもあり、少しお値段高めですが、使ってみたい方は数ヶ月からでも利用できます。

良い評判

日常生活にも、リモートワークにおいても不備なく使えるところが良いと感じています。
複数台つないでも遅くなるということもなく、快適に使えています。

良い評判

長年使用していますが、特にないです。大問題も発生したことが無いのが良いところと言えるかもしれません。

良い評判

ソフトバンク光の良い点は高速な通信速度と安定性、豊富なキャンペーンや特典、そして優れたカスタマーサポートだと思います。

良い評判

良い点は、安定した通信速度と手頃な料金設定です。
キャンペーンを利用するとさらにお得にサービスを始めることができ、利用に最適です。
また、携帯サービスとのセット割引が大きなメリットで、通信費をまとめて節約できる点も魅力的です。

良い評判

ソフトバンクやワイモバイルの携帯電話を解約していると、
携帯電話代がすこし、やすくなり、それに加えて光も、実質安くなるのはいい所です。

良い評判

良いところは通信速度も問題なく、やはり大手の安定感と信頼感はとてつもなく大きいなと感じることができ、不満は特にないです。

良い評判

通信速度も料金も適正で携帯がソフトバンクならむしろ他と比べるとお得だと思います。
使用していて不都合な点はないのですごく良いと思います。

良い評判

携帯キャリアの割引がかかり、気持ちお得になるのと、PayPayポイントがつく点くらいしか思いつかないです。
また、ある程度、通信は安定していると感じます。

良い評判

コストパフォーマンスがよいところだと思います。
前まで別の業者を使用していたのですが、それに比べてかなり安いと思います。

良い評判

安いところがいい。
あとはサポートしてくれる人柄がよく、迅速に対応してくれることが多い。
おうち割でやすくつかわせていただいてる。

※更新日:2024/07/23

ソフトバンク光では、スマホとのセット割に関してお得に感じている方の口コミが多くみられました。

通信速度に関しての口コミがみられるものの、やはり夜間帯の口コミが多く、たくさんの方が利用する時間帯には通信速度が遅くなる傾向にあるようです。

また、解約の際に電話での解約がスムーズにいかないケースが多いようで、悩んでいる方もいらっしゃるようです。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

OCN光からソフトバンク光への乗り換えに関するよくある質問

OCN光からソフトバンク光への乗り換えに関するよくある質問について以下でまとめているので、それぞれ細かく紹介していきます。

・OCN光からソフトバンク光へ乗り換える時の問い合わせ窓口は?
・OCN光のマイページにログインする方法は?
・OCN光とOCN for ドコモ光の違いは?

OCN光からソフトバンク光へ乗り換える時の問い合わせ窓口は?

OCN光からソフトバンク光への乗り換えの際に困った事があった場合は、以下の問い合わせ先に連絡してください。

OCN光・ソフトバンク光問い合わせ窓口

<OCN光解約の際の問い合わせ先>
OCN光カスタマーズフロント
0120-506-506
受付時間:10:00~19:00(日曜・祝日・年末年始除く)

<ソフトバンク光問い合わせ先>
ソフトバンク光サポートセンター
186-0800-111-2009
受付時間:10:00~19:00(平日のみ)

OCN光のカスタマーズフロントではソフトバンク光への乗り換えの際に必要な「事業者変更承諾番号」を発行してもらうことができるほか、機器の返却方法などの不明点も問い合わせることができます。

ただし、電話では休日や昼の時間など、繋がりにくい場合が多く発生するため、時間に余裕を持って連絡することをおすすめします。

OCN光のマイページにログインする方法は?

OCN光のマイページでは、ドコモdアカウントまたはOCN IDでのログインが必要となります。

基本的にはドコモメールでの対応となりますが、他社のメールアドレスでもお客様情報の登録が可能です。

また未登録である場合は、メールアドレスから新規登録をすることが可能なので以下からマイページの申し込みを行いましょう。

OCN マイページへのログイン

OCN光とOCN for ドコモ光の違いは?

OCN光はOCNが提供している光コラボサービスのことに対して、OCN for ドコモ光はドコモ光で利用するプロバイダをOCNにした場合のことを指します。

それぞれ違いはありますが、回線設備もプロバイダといった実際に利用する設備や通信速度は基本的に同じといわれています。

しかし、OCN光とOCN for ドコモ光は2023年6月30日で新規・転用・事業者変更の手続きの受付を終了しています。

ちなみに、既にサービスを利用中の方は、引き続きサービスの利用が可能です。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

OCN光からソフトバンク光への乗り換え まとめ

本記事では、OCN光からソフトバンク光へ乗り換える際の乗り換え手順や注意点に加えて、OCN光とソフトバンクの比較、ソフトバンク光の申込で受けられる高額キャッシュバックなどについても解説しました。

ソフトバンク光は、OCN光よりも平均速度が速く、キャッシュバックやスマホとのセット割を使うことで実際の月額料金も安くお得に使うことができます

光回線の乗り換えは、面倒で手間がかかると思っている方も多いですが、OCN光からソフトバンク光への乗り換えは、光コラボ回線同士であることもふまえてとても簡単に行えます。

本記事を参考に、ぜひお得にソフトバンク光に乗り換えてみてください。

ソフトバンク光の評判や口コミはこちら
ソフトバンク光のキャンペーンはこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックはこちら
ソフトバンク光の料金はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

【目次】クリックで見出しに飛びます