ChargeSPOT Wi-Fiってどんなサービス?月額料金や特徴を徹底解説!【レンタル充電付きWi-Fiサービス】

ChargeSPOT Wi-Fiとは

2022年6月7日より、まったく新しいポケット型Wi-Fiサービス「ChargeSPOT Wi-Fi」の受付が開始しました!みなさん、ChargeSPOTって見覚えありませんか?

ChargeSpot

そうなんです!ChargeSPOTは全国3万箇所以上に設置されている「充電レンタルサービス」です。そしてChargeSPOTとポケット型Wi-Fiのサービスが組み合わさったものが「ChargeSPOT Wi-Fi」というわけです。

ChargeSPOT Wi-Fiならレンタル充電サービスも付いて、Wi-Fiもお得に使えちゃうんです!月に1回以上レンタル充電サービスを使う方は、間違いなくChargeSPOT Wi-Fiがおすすめ!肝心のデータ容量は100GBと申し分なく、月額料金も最安級です。

ただ、まだ新しいサービスなのでどういった内容なのかわからないという方も多いのではないでしょうか…。

そこで今回は、ChargeSPOT Wi-Fiの料金プランや端末代金などの料金回り、特徴やメリット・デメリットをわかりやすく解説していきまます!

ポケット型Wi-Fiを検討している方は必見ですよ。

ChargeSPOT Wi-Fiとは?サービスの概要

ChargeSpot Wi-Fiとは

ChargeSPOT Wi-Fiとは、全国3万箇所以上に設置されている充電レンタルサービスのChargeSPOTとポケット型Wi-Fiが組み合わさったサービスです

ChargeSPOTはモバイルバッテリーの設置数全国No.1!コンビニや駅、カラオケ、カフェなどに設置されています。私は最近ディズニーの近くのイクスピアリの中で発見しました笑
本当に色んな箇所に設置されているので、万が一の時に助かりますよね!

またモバイルバッテリーは、「USB-C」「Lightning」「Micro USB」の3つのケーブルを内蔵しています。そのためスマホに限らず、タブレットやノートPC、ゲーム機、利用しているWiFiルーターなど様々な端末を充電することができ非常に便利です!

ChargeSPOT Wi-Fi
月額料金 ChargeSPOTあり : 3,608円
ChargeSPOTなし : 3,278円
端末代金 実質0円
月間データ容量 100GB
契約期間 25ヶ月目の末日まで
※申込完了月を1ヶ月目として
契約事務手数料 3,300円
最大通信速度(下り) 150Mbps
支払い方法 クレジットカード
お試し期間 なし
解約金 10,450円
運営会社 Linklet株式会社

また前提として押さえておきたいのが、レンタルサービスなのはChargeSPOTのモバイルバッテリーであって、Wi-Fiサービスではないということです。Wi-Fiサービスは契約期間のある申込みになるので気をつけてくださいね!

では料金プランや月額料金はどうなのかチェックしていきましょう。

ChargeSPOT Wi-Fiの料金プランと月額料金

ChargeSPOT Wi-Fiの料金プランは、ChargeSPOT「あり」と「なし」の2つがあります。モバイルバッテリーをレンタルすることがない方は、ChargeSPOTなしのプランを選ぶとよいでしょう。

ChargeSPOT Wi-Fiの月額料金は、ChargeSPOTありの場合が月額3,608円、ChargeSPOTなしの場合が月額3,278円です。違うのはChargeSPOTのお得なサービスが付いてくるかどうかです。

ChargeSPOTあり ChargeSPOTなし
月額料金 3,608円 3,278円
ChargeSPOT 1回(5日間)無料 定価でレンタル
月間データ容量 100GB 100GB
端末代金 実質0円 実質0円
契約期間 25ヶ月目の末日まで
※申込完了月を1ヶ月目として
25ヶ月目の末日まで
※申込完了月を1ヶ月目として
解約金 10,450円 10,450円

データ100GB使える他社のポケット型Wi-Fiと比較しても、月額料金は最安級です。ChargeSPOTがいらないという方なら3,278円で使い始められるので、そこまで大きな負担にはならないでしょう。

WiMAXだと毎月4,500前後かかるので、毎月の支払いを抑えたい方はChargeSPOT Wi-Fiを検討してみてくださいね!

ChargeSPOT Wi-Fiの端末代金とスペック

ChargeSPOT Wi-Fiで取り扱っている端末は、「NA01」の1台のみです。機種が選べないという点は残念ポイントですね。

「NA01」のスペックは、以下の通り。

NA01 スペック
イメージ ◯×特徴星評価顔評価
下り最大 150Mbps
バッテリー 最大12時間
同時接続台数 最大10台
重量 148g

下り最大150Mbpsの速さがでれば、高画質の動画やゲームアプリも快適に使えるでしょう。

なんといってもChargeSPOT Wi-Fiの魅力は、機種代金が実質0円な所です。ChargeSPOT Wi-Fiの機種代金は26,400円ですが、同額の割引が適用されるため、実質0円で使い始めることができます。初期費用を抑えられるのは嬉しいですよね!

一括 分割
機種代金 26,400円 1,100円×24回
(26,400円)
機種代割引キャンペーン -1,100円×24回 -1,100円×24回
実質負担金 実質0円 実質0円

また機種代金の支払い方法は一括と24回分割から選ぶことができます。どちらの支払い方法でも機種代金割引キャンペーンは適用されます。一括でも分割でも支払う機種代金は同じなので、状況にあわせて支払い回数を選んでみてくださいね!

ちなみに機種代金の支払い回数が一括でも分割でも、割引は24ヶ月間に渡って毎月通信料から-1,100円が引かれていきます。ここポイントですよ!機種代金からではなく、通信料から割り引かれるので覚えておきましょう。

ChargeSPOT Wi-Fiと他社のポケット型Wi-Fiを比較

続いてChargeSPOT Wi-Fiと、他社のポケット型Wi-Fiの月額料金を比較していきましょう。ポケット型Wi-Fiサービスは複数あるため、申込みの際に迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

以下は、月間データ容量100GB使えるポケット型Wi-Fiをまとめた表になります。

ChargeSPOT Wi-Fi AiR-WiFi MUGEN WiFi ZEUS WiFi
月間データ容量 100GB/月
月額料金 3,278円

3,608円
3,278円

3,608円
実質3,328円(10,000円のキャッシュバックを受け取り24ヶ月利用した場合) 3,828円
端末代金 実質0円 0円(レンタル) 0円(レンタル) 0円(レンタル)
下り最大 150Mbps 150Mbps 150Mbps 150Mbps
契約期間 25ヶ月間 1年 2年 2年
支払い方法 クレジットカード クレジットカード クレジットカード クレジットカード
お試し期間 なし 30日間 30日間 なし

表からもわかるように、月額料金は最安級です。ただ契約期間が長い点はネックですね…。長期的に使う予定がある方なら、ChargeSPOT Wi-Fiはおすすめです。

2年使うには長いという方は、AiR-WiFiがおすすめです。契約期間は1年間と他社と比べて短く、お試し期間もあるので気軽に使い始めることができますよ!

ChargeSPOT Wi-Fiの特徴 | 契約するメリットは?

メリット

続いてChargeSPOT Wi-Fiの特徴や契約するメリットを確認していきましょう。

ChargeSPOT Wi-Fiのメリット
  • 初月の料金が0円
  • 全国3万箇所以上のChargeSPOT充電レンタルがお得に使える
  • 3大キャリアに対応しているためエリアも広く快適に使える

初月の料金が0円

ChargeSPOT Wi-Fiは、ChargeSPOTあり・なしに関わらず、初月の基本料金が0円になります。ChargeSPOTありなら3,608円、ChargeSPOTなしなら3,278円がまるっと0円になるのでかなりお得ですよね!

ただ注意しておきたいのが、0円になるのは基本料金の部分だけになります。契約事務手数料3,300円は初月にかかってくるので、覚えておきましょう。

ChargeSPOT Wi-Fiは機種代金26,400円も実質0円なので、それだけで最大30,008円の初期費用を節約できますね!

全国3万箇所以上のChargeSPOT充電レンタルがお得に使える

充電レンタル

ChargeSPOTありのプランを利用している場合、一般の方よりもモバイルバッテリーをお得にレンタルすることができます。

以下は通常通りChargeSPOTをレンタルした場合と、ChargeSPOT Wi-Fi(ChargeSPOTあり)を契約している場合のレンタル料を比較した表です。

回数 ChargeSPOT Wi-Fi
レンタル料
回数 通常レンタル料
1回/月
(120時間)
0円 30分/回 165円
2回/月
(120時間)
360円 6時間/回 330円
3回/月
(120時間)
720円 24時間/回 480円
4回/月
(120時間)
1,080円 48時間/回 660円
5回/月以上
(120時間)
1,440円 120時間/回 48時間超過後は24時間ごとに330円(上限120時間)

ChargeSPOT Wi-Fi(ChargeSPOTあり)の場合は、1ヶ月に1回無料でモバイルバッテリーを使うことができます。2回目以降も1回のレンタルで120時間(5日間)利用できて、通常レンタルよりも圧倒的に安く使うことができます。

例えば通常レンタルで120時間レンタルした場合1,650円かかりますが、ChargeSPOT Wi-Fiなら月5回以上借りていても1,440円と210円安いです。

月に1回・6時間以上ChargeSPOT充電レンタルサービスを使う方は、ChargeSPOT Wi-Fi(ChargeSPOTありプラン)を利用したほうがよいでしょう!

3大キャリアに対応しているためエリアも広く快適に使える

ChargeSPOT Wi-Fiは、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の通信回線を利用しています

そして、その時その時の繋がりやすい回線に自動接続してくれるため、快適にインターネットを楽しむことができます。

対象エリアは大手キャリアと同じです!1つのキャリアだとどうしても繋がりにくいエリアがでてきますが、3キャリア対応なので幅広いエリアで安心して使うことが可能ですよ!

ChargeSPOT Wi-Fiを申し込む際の注意点・デメリット

利用する際の注意点・デメリット

ChargeSPOT Wi-Fiを申し込む際は、以下の点に注意してください。

ChargeSPOT Wi-Fiの注意点
  • 契約期間が25ヶ月間と長い
  • 口座振替に対応していない
  • ChargeSPOTのレンタル期限を超過すると1,650円の違約金がかかる
  • 契約期間中に解約すると端末代金の割引が消滅する

契約期間が25ヶ月間と長い

ChargeSPOT Wi-Fiの契約期間は申し込み完了月を1ヶ月目として、25ヶ月目の末日までとなっています。約2年間の縛りがあるため、短期的な利用を考えている方にChargeSPOT Wi-Fiは向いていません。

契約期間中でも解約はできますが、10,450円の解約金がかかってしまうので負担が大きくなってしまいます。

利用予定期間が決まっているのであれば、最初から縛りのないポケット型Wi-Fiサービスを契約したほうがよいでしょう。

契約期間のないポケット型Wi-Fiは、以下の記事で解説しているので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

【ポケット型Wi-Fi・モバイルWi-Fi】縛りなしのルーターはある?契約期間と違約金を解説!

口座振替に対応していない

ChargeSPOT Wi-Fiの支払い方法は、クレジットカードのみです。口座振替には対応していません。

対応しているクレジットカードは、以下の通りです。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • アメックス
  • ダイナース

ChargeSPOT Wi-Fiを利用するには、上記クレジットカードを用意するか、口座振替に対応しているポケット型Wi-Fiサービスを利用する必要があります。

「クレジットカードを使いたくない」「クレジットカードが作れない」という方には、少し残念ですね…。

口座振替に対応しているポケット型Wi-Fiサービスは、以下の記事で解説しているので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

ポケット型Wi-Fi・モバイルWi-Fiで口座振替が出来る?クレジットカード不要なのはココ!

ChargeSPOTのレンタル期限を超過すると1,650円の違約金がかかる

ChargeSPOT Wi-FiのChargeSPOTありのプランを利用している方は、モバイルバッテリーをお得にレンタルできます。しかし返却期限を守らないと、思わぬ違約金が発生します。

ChargeSPOTのレンタル期間は、ChargeSPOT Wi-Fiを使っていても使っていなくても、最大120時間(5日間)ですそして120時間(5日)を超過してしまった場合は、1,650円の違約金がかかってしまいます…

レンタル料と合計すると3,300円の支払いが発生してしまうので、必ず期限は守るようにしましょう。せっかくお得に利用できても、違約金がかかってしまっては意味がありません。

契約期間中に解約すると端末代金の割引が消滅する

ChargeSPOT Wi-Fiで取り扱っているルーターは、機種代金と同等の割引が受けられるため実質0円で購入できます。しかし契約期間中に解約をしてしまうと、割引が消滅してしまうので注意が必要です。

1,100円×24回の割引は、機種代金から引かれているわけではなく、あくまで毎月の通信料から引かれていることを覚えておいてください

例えば端末を24回分割で購入しており、12回支払ったタイミングで解約した場合、残り12回分の端末代13,200円の支払いは残ります。

後から「何の請求かわからない…」とならないように覚えておきましょう。

ChargeSPOT Wi-Fiの申込み手順

ChargeSPOT Wi-Fiの申込み手順は、以下の通りです。

  1. ChargeSPOT Wi-Fi公式サイトにアクセスし「お申込み」をタップする
    ChargeSpot Wi-Fi 申込み手順1
  2. 機種代金の支払い方法やオプション、契約台数を選択する
    ChargeSpot Wi-Fi 申込み手順2
  3. 契約者の情報を入力する
    ChargeSpot Wi-Fi 申込み手順3
  4. 入力が終わったら同意欄にチェックを入れ「確認画面へ進む」をタップする
    ChargeSpot Wi-Fi 申込み手順4
  5. 入力内容を確認しクレジットカード情報を入力する
    ChargeSpot Wi-Fi 申込み手順5
  6. 利用規約・重要説明事項に同意し「申込完了」をタップする
    ChargeSpot Wi-Fi 申込み手順6

申込みが完了してから最短2日で端末が手元に届きます。あとは電源を入れ、WiFi接続の設定を端末側で行えばすぐに使えるようになりますよ!

ChargeSPOT Wi-Fiに関するよくある質問

ChargeSPOT Wi-Fiに関する、よくある質問をまとめました。以下のような疑問を抱えている方は、ここで解決しておきましょう。

よくある質問
  • お試し期間はある?
  • 契約事務手数料はかかる?
  • 口座振替に対応している?
  • 契約期間の縛りはある?解約金は?

お試し期間はある?

ChargeSPOT Wi-Fiにお試し期間はありません

その代わりに基本料金初月無料であったり、端末代金実質無料などのキャンペーンを開催しています。

契約事務手数料はかかる?

ChargeSPOT Wi-Fiを契約する際は、3,300円の事務手数料がかかります

契約して初月の支払いは、基本料金は無料になりますが、事務手数料3,300円はかかるので覚えておきましょう。

口座振替に対応している?

ChargeSPOT Wi-Fiは口座振替には対応していません

申込みをする際はクレジットカードを用意しておきましょう。クレジットカードを持っていない方は新たに作成するか、口座振替に対応しているポケット型Wi-Fiサービスを検討してみてくださいね。

ポケット型Wi-Fi・モバイルWi-Fiで口座振替が出来る?クレジットカード不要なのはココ!

契約期間の縛りはある?解約金は?

ChargeSPOT Wi-Fiの契約期間の縛りは、申し込み完了月を1ヶ月目として、25ヶ月目の末日までとなっています

途中解約もできますが、解約金が10,450円かかります。

まとめ

ChargeSpot Wi-Fiとは

今回は新たに登場したChargeSPOT Wi-Fiについて解説しました。最後にChargeSPOT Wi-Fiがおすすめな方を整理しておきましょう!

ChargeSPOT Wi-Fiがおすすめな方
  • 月額料金重視でポケット型Wi-Fiを使いたい方
  • 100GBたっぷりデータを使いたい方
  • 初月の料金を抑えたい方
  • 端末代金をかけたくない方
  • 長期的な利用を考えている方
  • ChargeSPOT充電レンタルサービスを1回以上・6時間以上使う方
  • クレジットカードを持っている方

逆をいえば上記に該当しない方は、他社のポケット型Wi-Fiサービスでもよいかもしれません。

ChargeSPOTの最大の特徴は、やはりモバイルバッテリーのレンタルサービスがお得に使える点です。今までにない新しいサービスではありますが、ネット環境が欠かせない現代だからこそ、必要なサービスなのかもしれません。

ChargeSPOTは全国3万箇所にあり、電池がなくなったときには非常に役立ちます。借りた場所と返却する場所は別でもいいので使い勝手はよいでしょう。帰宅時にレンタルして自宅の最寄りで返却するなんてこともできちゃいますよ!

ぜひあなたも、ポケット型Wi-Fiと充電レンタルサービスを組み合わせた、新しいサービスを体験してみてはいかがでしょうか。

ポケット型Wi-Fi・モバイルWi-Fiおすすめ比較!モバイルルーターならこれだ!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする