WiMAXは無制限じゃない?容量制限の実態とオススメを紹介!

WiMAXのプランには「通常プラン」「使い放題プラン」があります。

WiMAXのプランを選択する際にインターネットの使用量が多い人には「使い放題プラン」をオススメしています。

一見、使い放題だから無制限のように思う人がいるかと思いますが、厳密に言うと無制限ではありません。

という事で今回は、WiMAXの無制限の実態について解説しオススメのWiMAXを紹介していこうと思います。

お役に立てたら幸いです。

WiMAXの無制限は嘘?

冒頭でもお伝えしましたが、WiMAXには使い放題プランを提供しているプロバイダが数多く存在します。

ただ「ギガ放題・使い放題プラン=無制限」と勘違いしてしまいそうですが、実際は無制限ではなく月間データ容量に制限がないだけです。

地味に公式サイトにも無制限とは記載しておらず「月間通信制限なし」というように書かれています。

もう少しWiMAXの通信制限について詳しく説明すると、実際は3日間10GBまでという制限があります。

仮に通信制限がかかった場合、翌日の18時頃~翌々日2時頃まで通信速度が1Mbpsまで低速化になります。

しかし1Mbpsまで通信速度を低速化にされたとしても、インターネットが全く使えないという訳ではありません。

WEBサイトや動画は難なく読み込めますし、問題なくネットの利用は出来ます。

しかも翌日の18時頃から翌々日2時頃の計8時間ほどは制限がかかりますが、
2時以降でしたら再度通常使用していたようにインターネットを利用する事が出来ます。

つまり、使い放題プランに通信制限はあると言ってもかなり緩いという事です。

しかし!WiMAXの使い放題の通信制限に関して注意して欲しいことが2つあります。

1つ目は通信制限がかかっている最中に大きなファイルやアプリをダウンロードする際は通常より時間がかかってしまうという点です。

2つ目はWiMAXの使い放題プランの速度制限のカウント方法が複雑という点です。

一度制限がかかり解除されたら通信量がリセットされるんじゃないかと思いませんか?

実はWiMAXの使い放題プランは通信量がリセットされる訳ではありません。

では、通信速度制限のカウント方法について解説していきましょう。

WiMAXの速度制限は3日間10GB以内に通信量をおさえないと、速度制限がずっとかけられた状態になります。


UQコミュニケーションズ

速度制限をかけない状態で利用するためには、1日3GB程度に抑えて利用する事をオススメします。


UQコミュニケーションズ

例えば1日に通信量を多く使用しすぎた場合、
その次の日からの3日間を10GBに抑えれば速度制限は解除されます。


UQコミュニケーションズ

ここまで大丈夫でしょうか?

なのでWiMAXを無制限で利用したい場合は3日間10GBまで抑える事が出来れば、ある意味、無制限での利用は可能という事です。

WiMAXの通信制限についてまとめると、

  • WiMAXのギガ放題・使い放題は月間データ容量に制限がないという意味で、
    厳密には3日間10GBまでの制限がある
  • 使い放題の速度制限は1Mbpsまで低速化するが、インターネットは問題なく利用出来る
  • 3日間10GB以内に通信量を抑えれば「無制限」で利用する事は可能

となります。

無制限のWiMAXの選び方

使い放題プラン

冒頭でもお伝えしましたが、WiMAXのほとんどのプロバイダでは「通常プラン」「使い放題プラン」を提供しています。

WiMAXで無制限に近い状態で利用したいと考えているなら「使い放題プラン」を選択するのがベストです。

念のために「通常プラン」と「使い放題プラン」の料金と通信量を比較してみましょう。

もちろんプロバイダによって料金は変動しますが、WiMAX回線の大元であるUQコミュニケーションズで比較するとざっとこんな感じになります。

UQ Flatツープラス ギガ放題 UQ Flatツープラス
月額料金 4,380円/月 3,696円/月
通信量 月間上限なし 月間7GB

「通常プラン」の方が通信量は少ないので、その分月額料金も安くなります。

しかし「使い放題プラン」と「通常プラン」の差額は684円となります。

これを安いか高いかは人それぞれになってしまいますが、
月間通信制限をかけられてWEBサイトや動画の読み込みが遅くてイライラするなどのストレスに比べれば支払う価値は十分にあります。

プロバイダ

次にプロバイダを選ぶのですがWiMAXを提供しているプロバイダは20社以上あり、月額料金やキャンペーンが様々にあります。

特にキャッシュバックキャンペーンに関しては、2年・3年の合計金額を安く抑える事が出来るので、プロバイダを比較するうえで重要となってきます。

しかしキャッシュバックキャンペーンは確実に受取る事が出来なければ合計金額を安く抑えることはできませんよね。

ここが注意して欲しいポイントなのですがキャッシュバックキャンペーンはほとんどの場合、すぐにキャッシュバックが受け取れるという訳ではありません。

たとえば端末が発送されてから11ヶ月後にプロバイダから「キャッシュバック受取申し込みメール」届き、1ヶ月以内に手続きを完了させないとキャッシュバックを受け取る権利がなくなってしまう事があります。

キャッシュバックの受取は特にトラブルが多く「受け取れなかった!」という口コミが見受けられるので自己管理を徹底しないといけません。

キャッシュバックは2・3年の合計金額を安く抑える事が出来るので受取る事が出来たら、かなりお得となります。

しかし11ヶ月後のキャッシュバック手続きを忘れてしまいそうだと思うならキャッシュバックの合計金額を重視するより、純粋に月額料金が安いプロバイダを選択するのが最適です。

またWiMAXを利用しているユーザーの中に
「WiMAX回線が繋がらないから違うプロバイダにしよう!」
と考えている人を見かけます。

しかしプロバイダを変更しても回線が繋がりやすくなる訳ではありません。

なぜかというと、WiMAXを提供しているすべてのプロバイダはUQコミュニケーションズが提供するWiMAX回線を利用しているからです。

つまり回線が悪いというのはプロバイダ云々ではなくWiMAX回線が単純に繋がりにくいだけなので、接続状態が悪い人はLTE回線の無制限を選択するという事を考えた方が良いでしょう。

それではWiMAXでオススメするプロバイダを紹介していくので参考にしてみて下さい。

おすすめランキング

1位
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB

他のプロバイダと比較してもキャッシュバック金額が群を抜いて高いのがGMOとくとくBBです。
GMOとくとくBBは現在、新規申し込みで最大34,000円のキャッシュバックが受けられるキャンペーンを実施しています。
月額料金だけを見れば正直GMOとくとくBBよりも安いプロバイダはありますが、キャッシュバック込みで考えた2年間の合計金額がGMOとくとくBBより安くなるプロバイダはほぼありません。
ただしGMOとくとくBBは申し込んで端末が発送されてから11か月後に送られてくるメールで受け取りの手続きをしないとキャッシュバックが受け取れません。この手続きを忘れるとGMOとくとくBBを利用するメリットはほぼなくなるので忘れずに手続きをしてください。

2位
Broad WiMAX
Broad WiMAX

ブロードワイマックスは何と言っても他社と比較しても毎月かかる月額料金が圧倒的に安く設定されています。
利用開始から3ヵ月間は2,726円で利用でき、3か月目以降は多少値上がりして3,411円になりますが、それでも他社より毎月1,000円以上安く利用出来ます。
2年間の合計金額で言えばGMOとくとくBBには劣りますが、GMOとくとくBBはキャッシュバックを受けるためには端末発送から11か月後に手続きをしなければならず、せっかく申し込んでも手続きをし忘れてしまったなんていう人もいます。
その点、ブロードワイマックスは単純に月額料金そのものが安いので、特に面倒な手続き等は必要なく安心して2年間使い続けることが出来ます。

3位
5G CONNECT
5G CONNECT

5G CONNECTは、契約期間の縛りがない珍しいWiMAXプロバイダです。

月額料金は安いとはいえませんが、6ヶ月〜1年など短期的な利用を考えている方には、ベストなWiFiサービスです。

WiMAX +5Gでは、3日制限が撤廃されたので、より無制限に近い状態でインターネットを利用できます。

また5G CONNECTには30日間のお試し期間が設けられているので、安心して使い始められます。

電波状況や通信速度が気になる方でも、気軽に申し込んでみてください。

4
クラウドモバイル
クラウドモバイル

クラウドモバイルはキャッシュバックの受取が非常に簡単で受け取れるタイミングも他社より圧倒的に早いのが魅力です。一般的にキャッシュバックキャンペーンは受け取りの際にキャッシュバックに関するメールが送られてきて、一定期間内に手続きをしないとキャッシュバックが受け取れなくなってしまいます。しかしながらクラウドモバイルはAmazonギフト券が自宅に送られてくるので受け取り忘れのリスクがありません。さらに一般的にキャッシュバックが受け取れるのは申し込みから1年後ですが、クラウドモバイルのキャッシュバックは最短で端末到着日に受け取ることが可能です。

5
BIGLOBE WiMAX 2+
BIGLOBE WiMAX 2+

元々NECグループであり、ADSLや光回線のプロバイダも手掛ける大手の老舗プロバイダが提供するWiMAX回線がBIGLOBE WiMAX2+です。
キャッシュバック金額や月額料金の安さで言えばGMOやブロードワイマックスにはやや劣り、利用期間中に解約した場合の違約金が他社と比較してやや高めという点はデメリットですが、支払い方法に口座振替が選択出来るというのが大きなメリットです。
さらに、BIGLOBEは他社のキャッシュバックよりも受取が容易で、例えばGMOなどは利用開始から11か月後にメール等で手続きをしなければならないのでメールを見忘れたりするリスクがありますが、BIGLOBEは封筒で自宅に送られてくるのでキャッシュバック受取り忘れのリスクが低いです。
クレジットカードが使えない人、金額よりもキャッシュバックを確実に受取りたい人はBIGLOBE WiMAX2+が選択肢に入ってくるでしょう。

6
So-net WiMAX 2+
So-net WiMAX 2+

BIGLOBEと同じくADSLや光回線のプロバイダも運営している回線大手のso-netが提供するWiMAXもオススメ度が高いプロバイダです。
so-net最大の特徴は何と言っても初心者に優しいという点で、インターネットやパソコンの疑問・不安について解決してもらえる安心サポートが12か月間無料でついてくるキャンペーンが付帯してきます。
正直に言ってWiMAXのプロバイダはどこもサポートに関しては期待できず、WiMAXは現状「ある程度インターネットや回線に詳しい人が使う回線」という位置付けになってしまっています。
しかしso-netであれば上記のように手厚いサポートがあるので、インターネットや回線について詳しくない人でも安心してWiMAXを利用することが出来るのです。

7
UQ WiMAX
UQ WiMAX

WiMAX回線の提供元であるUQコミュニケーションズが運営するプロバイダがUQ WiMAXです。回線の大元のプロバイダではあるものの、正直に言ってあえてUQ WiMAXで申し込むメリットはありません。10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施していますが10,000円満額受け取れるのは型落ちの端末を選んだ場合だけで、最新端末を選ぶと1円もキャッシュバックは受け取れません。さらにどのプロバイダでも基本的に端末代金はキャンペーンにより0円になりますが、UQ WiMAXは端末代金として800円がしっかり取られます。別に回線の提供元だからといって回線品質が特別良いということもないので他のプロバイダを検討しましょう

無制限プランはあるの?

出来るなら「3日間の通信量を気にせずインターネットをがんがん使用したい!」と考えている人にとって無制限プランのあるポケット型Wi-Fiはかなり魅力的ですよね。

しかし残念ながら完全に無制限のポケット型Wi-Fiは存在しません。

ポケット型Wi-Fiの「使い放題・ギガ放題・無制限プラン」は、以下の3つのどれかに該当するはずです。

  • 月間データ容量に制限がない代わりに3日間の通信制限がある
  • 無制限だけど通信速度が遅い
  • 無制限だけど異常なヘビーユーザーと見なされたら通信制限がかかる

上記のことから、ポケット型Wi-Fiを無制限に近い状態で利用する事は可能です。

なのでインターネットをたくさん使用したいと考えている人は、1ヶ月○GBまでなど月間通信制限を設けているプランより、上記のような無制限状態に近いプランを選択するのが最適です。

AXGP

上記で挙げた「無制限だけど通信速度が遅い」についてお話しますが、
たとえばYahoo!WiFiにはアドバンスモード(AXGP)があります。

このアドバンスモードとは「無制限に利用が出来る通信モード」のことを言います。

1ヶ月7GBを超えると自動でAXGP回線を使用した通信モードになるという事です。

しかしAXGP回線はLTE回線と比べて提供エリアがかなり狭くなりますし、月末まで回線速度は下り最大110Mbpsまで低下します。

一方WiMAXで通信制限がかかった場合、翌日の18時頃~翌々日2時頃の8時間だけ1Mbpsとなりますが、8時間過ぎれば最大708Mbpsまでの高速通信が可能です。

また月末まで待たずとも通信制限後の3日間を10GB以内に通信量を抑えれば、
通信制限は解除されるので、WiMAXの方が制限は緩いという事がわかるかと思います。

つまり無制限と言っても提供エリアがかなり狭かったり、月末まで回線速度が遅くなるなど厳しい条件があるという訳なので注意して下さい。

レンタル

次に「無制限だけどヘビーユーザーには制限がかかる」についてです。

最近ポケット型Wi-Fiは購入する他にもレンタルするという方式を採用している会社があります。

レンタルするという事なので、最終的にはルーターを返却しなければいけません。

また、仮にルーターを破壊・紛失してしまった場合は2万円近くの弁済金を支払わないといけません。

しかし契約期間の縛りがないので違約金が発生することはありません。

なので「いつまで利用するか検討もつかない」「短期で利用するかも」と考えている人には、ポケット型Wi-Fiのレンタルはオススメ出来ます。

またレンタルの最大の魅力と言えるのがLTE回線を無制限で利用出来るという点です。

先ほどもお伝えしたようにYahoo!Wi-FiなどのLTE回線を利用したポケット型Wi-Fiは、月7GB超えてしまったら無制限であっても通信速度が低下します。

しかしポケット型Wi-Fiのレンタルは同じLTE回線で月7GB超えても通信速度を維持しながら利用する事が出来ます。

ただしレンタル会社の注釈には「異常なヘビーユーザーと見なされた場合速度が制限される場合があります」と書いているので完全に無制限で利用出来るという訳ではないので注意して下さい。

しかしレンタルは限りなく無制限に近い状態で利用出来ると考えても良いかもしれません。

まとめ

WiMAXの無制限についてまとめると

  • WiMAXの使い放題・ギガ放題は月間データ容量に制限がないという意味で、
    厳密には3日間10GBまでの制限がある。
  • WiMAXは3日間10GBまでに抑えれば、ある意味「無制限」で利用する事は可能
  • WiMAXおよびポケット型Wi-Fiには完全な無制限プランは存在しない
  • WiMAXの他に無制限に近い状態で利用出来るポケット型Wi-Fiはある

となります。

5Gが実装されれば完全な無制限プランもありえますが、現段階では無制限に近いプランを利用する事しか出来ないので注意しましょう。

また無制限と言ってもWiMAXの他にもレンタルする方法などもあるので、
ぜひ検討してみて下さい。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする