法人契約のポケットWiFiのおすすめの選び方を解説!シンプルに考えよう!

在宅ワークの増加や仮想オフィスの導入など、オフィス以外でのデータ使用は増加する一方です。

そんな中、ポケットWiFiを利用検討されている法人の方も多くいらっしゃいます。

しかし、いざポケットWiFiを契約しようにもどのサービスが良いのかわかりにくいですよね?

当記事では、法人利用でオススメのポケットWiFiと選び方を解説していきます!

  • 法人契約のポケットWiFiの選び方はシンプル!
  • ポケットWiFiの種類やサービス内容
  • 必要データ量やメリットを解説!

法人向けポケットWiFiの選び方

まず、ポケットWiFiの選び方について解説していきます!

選び方はできるだけ要点をシンプルにまとめました。

さらに詳しく知りたい方は、選び方の次にあるポケットWiFiの種類やサービス内容の解説も是非ご覧ください!

法人向けポケットWiFiは2択!

ポケットWiFiは様々な種類・サービスが存在しています。

しかし、結論としては以下の2択です。

法人契約のポケットWiFiは2択!
  • 料金最安値で月間100GB使えるAiR-WiFi
  • 品質とサポートが最高でデータ量無制限のdocomo

「たくさんのサービスを比較したい方がいいのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

フットワークが軽く、利用状況が明確な個人で利用する場合はその通りです!

ただし、法人利用の場合は社員1人1人に合わせて契約したり細かく条件を決めることは困難ですよね?

そのため「必要十分な品質」と「余裕をもって利用できるデータ量」を確保した上で、さらに重視するポイントを決めることが最も重要です!

そこで、当記事では高コスパのAiR-WiFiが一番のオススメです!

次点で料金は高額ですが高品質なdocomoをオススメしています!

法人向けAiR-WiFi公式サイトへ

料金重視で選ぶならAiR-WiFi!オススメNo.1

「少しでも経費を節約したい!」と考える方にオススメなサービスがAiR-WiFiです。

AiR-WiFiは月間100GB利用できるポケットWi-Fiサービスで、個人&法人ともに月額料金最安値を実現しています!(2021年8月現在)

参考までに、主要なポケットWi-Fiサービスの料金をまとめました。

※法人利用の場合、各事業者ごとにスケールメリットによる割引が適用される可能性があります。
料金表は公式HP記載の内容や、弊社問い合わせの情報をもとに記載しています。

法人向け主要ポケットWi-Fiの料金表
レンタル会社月額料金利用可能データ量
AiR-WiFi3,278円

契約回線数で更に割引!

月間100GB
docomo7,018円

3回線以上利用なら5,918円

無制限
au(4G LTE)7,865円月間80GB
au(WiMAX)6,013円3日で10GB
Softbank5,280円月間50GB
DoRACOON4,950円1日5GB
UQ WiMAX4,918円3日15GB
Chat WiFi4,928円月間200GB
ZEUS WiFi3,828円月間100GB
No.1 WiFi3,729円月間80GB

AiR-WiFiは100GBという大容量が利用できるにも関わらず、月額料金は3,278円と最安値です。

ちなみに、AiR-WiFiは個人向けサービスも取り扱っています。

個人向け100GBプランでも業界最安値を実現しており、破格の安さでとても人気のあるサービスです!

気になる速度や品質の詳細は後述しますが、実測値でもZoomの利用や動画視聴も問題なく利用可能。

トリプルキャリア対応のクラウドWiFi型サービスでエリアも非常に広く、出先の営業や出張時でも必要十分以上の性能を有しています!

その反面、製品故障などのトラブルや操作設定のサポート体制にはやや不安があります。(故障時の交換対応はしていますが、Webフォーム問い合わせ&郵送対応のため2~3営業日程度の時間がかかる等)

AiR-WiFiの運営は中小企業であり、大手キャリアのdocomoなどと比べると実店舗や電話サポートが無い点は致し方ありません。

品質重視で選ぶならdocomo

少しでもトラブルを省き、快適に利用したいならやはりdocomoです。

docomoのメリット
  • 広いエリアと圧倒的な速度
  • 無制限利用可能なデータ量の豊富さ
  • 実店舗でトラブル対応可能・電話サポート完備

上記のような点から、docomoで契約すれば操作設定や故障対応、エリア問題などのポケットWiFi契約で起こりうるリスクは最小限に抑えられます!

docomoの場合、例えば出張先でルーターが故障してもショップで代替機貸出をしてくれるなど迅速に対応が可能。(代替機の在庫不足や完全予約制の店舗が多い点には注意)

さらにデータの利用は無制限であり、社員の利用ミスや急な大容量データの送受信で速度が遅くなることもなく安心して利用できますね。

参考までに、各社の品質やサポート体制をまとめました!

法人向け主要ポケットWi-Fiの料金表
レンタル会社実店舗の有無電話サポートの有無回線品質
AiR-WiFi星4個
docomo星5個
au(4G LTE)星5個
au(WiMAX)星3個
Softbank星5個
DoRACOON無(Webフォーム問い合わせ後に折り返し電話は有)星4個
UQ WiMAX有(auショップ)星3個
Chat WiFi星4個
ZEUS WiFi星4個
No.1 WiFi星4個

docomoは品質・サポートともに抜群です。

電話サポートに関しては、操作設定窓口(9:00~20:00)だけでなく紛失時は24時間対応可能と万全の体制。

ドコモショップも全国に点在しており修理対応や端末補償の申込ももちろん可能です。

同じ大手キャリアのauやSoftbankも実店舗・電話サポートがあって回線品質も良好ですが、利用可能データ量に上限がありオススメはできません。

その他の事業者はほとんどがWebフォームからの問い合わせがメインであり、法人で最も重要な「トラブル時の迅速対応」という点では不安が残ります。

多少料金が高くても安心して利用したいという方はdocomoのポケットWiFiを利用すれば間違いありません!

  • ポケットWiFiの選び方は、料金or品質!
  • 料金重視ならAiR-WiFi。通信品質も必要十分以上!
  • 品質重視ならdocomo。料金は高いが抜群の速度とサポート!

ポケットWiFiの種類

既に結論を出した法人契約のポケットWiFiの選び方。

しかし、ポケットWiFiについてより詳しく知りたい方のためにさらに解説をしていきます!

続いては、ポケットWiFi業界に存在する3種類の回線についてお伝えをしていきます!

通信キャリア直回線のモバイルWiFiルーター

ドコモのモバイルルーターをおすすめしない3つの理由

通信キャリアとは、docomo/au/Softbankの携帯大手3社のこと。

携帯電話用に自前の基地局・電波網を持つ3社の回線は非常に安定しており、エリアも広いことが大きな特徴です。

地下や建物の奥でもつながりやすく、品質面では最も高い回線と言えます。

直回線とは、上記3社と直接契約を結んでポケットWiFiを利用することを指します。

高品質なネットワークを直接利用できるので、Zoomや動画視聴はもちろん大容量のデータ転送もサクサク動作します!

ただし、大手キャリア3社の料金は月額5,000円〜7,000円程度と非常に高額であることが難点です。

WiMAX

WiMAX(ワイマックス)とは、KDDIグループのUQコミュニケーションズが提供する回線のこと。

モバイル回線の先駆けとも言える存在で、大手キャリアと同様にWiMAXエリアという独自の通信網を構築しています。

WiMAXは比較的安価(月額4,000円程度)で大容量(3日10GB、月間最大100GB)通信が可能、そして通信速度に優れたサービス。

しかし、WiMAXは使用する電波の特性上、屋内や遮蔽物が多い場所(高層ビルの中心や強化ガラスで仕切られた部屋)に弱いというデメリットがあります。

特にオフィスビルは上記の条件に合致するケースが多く、法人利用ではWiMAXの特徴である「速度が速い」という大きなメリットを活かしにくいです。

そのため、当記事ではWiMAX回線の法人利用はあまりオススメしていません。

クラウドWi-Fi

U3 | 【公式】ギガWi-Fi 容量無制限級ポケットWiFi

クラウドWi-FIとは、様々な通信キャリアの回線から最も強い電波を選んで接続する仕組みのことです。※細かい仕組みの説明は長くなるため省きます

日本国内ではdocomo/au/Softbankの3社の回線がクラウドWi-Fiに対応しており、その3社の電波のうち最も強度の高い回線を利用可能。

大手3社のエリアなら通信が可能なため非常にエリアが広く、つながりやすいことが大きなメリットです。

AiR-WiFiやDoRACOONはクラウドWiFi方式でサービスを提供しており、大手3社から回線を借り受けてユーザーへ提供しています。

ただしAiR-WiFiなどの事業者が借り受けている通信回線には限りがあるため、事業者側の運営状況によっては通信速度が出ないリスクも・・・。

クラウドWi-Fi型は多くの中小企業が提供しているサービス方式であり、契約前に口コミなどで信頼できる事業者を見つけることがコツです。

その点AiR-WiFiはユーザーからの評判も高く、実測もZoomや動画視聴は難なく行えるレベルの報告が多数あるため信頼できますね!

回線別の品質表
クラウドWiFiキャリア直回線WiMAX
回線速度星4個星5個星5個
エリアの広さ星5個星4個星3個
安定性星4個星5個星2個
料金星5個星1個星4個
提供会社AiR-WiFiなどdocomoなどUQ WiMAXなど

  • キャリア直回線は高品質だが高額
  • WiMAXはオフィスビル内などの通信は苦手
  • クラウドWi-Fiは料金と品質のバランスが良く高コスパ

ポケットWiFiのサービス内容

続いて、ポケットWi-Fi各社のサービス内容を更に詳しく解説します!

データ量について

ポケットWi-Fiで提供されているデータ量は「月間7GB〜200GB」が中心です。

現代ではZoomなどのWeb会議や動画学習、ファイルの大容量化で利用データ量は増加の一途。

法人利用で日常的にポケットWi-Fiを利用するなら、20GB以下のプランだと使い物になりません。

最低でも50GB、できれば100GB程度のプランを契約することが安定した業務利用が可能なラインです。

また、20GB/50GB/100GBの料金はそれぞれ500円程度しか変わりません。

各容量の最安値ポケットWi-Fi料金表
AiR-WiFi(100GB)月額3,278円
Monster Mobile(50GB)月額2,640円
どこよりもWiFi(20GB)月額2,090円

20GB最安値のどこよりもWiFiと、100GB最安値のAiR-WiFiの料金差で1,100円程度です。

容量を超過した倍は128Kbpsでの通信となり実質利用不可になることをふまえると、法人利用ならデータ量は余裕を持って契約したいですね!

参考までに、各サービスで消費するデータ量もまとめました。

主要アプリケーションのデータ使用量
サービス名使用容量1GB換算
ホームページの閲覧

(ニュースや調べ物など)

300KB
(1ページ当たり)
約3万3,333ページ
音楽再生 高音質
(音楽ストリーミング)
72MB/1時間約127時間
YouTube(HD画質)1GB/1時間約1時間
通話アプリ(LINE通話など)18MB/1時間約55時間
ZOOMなどのオンライン会議700MB/1時間約1時間20分

例えば月22日勤務として、1日2時間Zoomを利用するなら月間約30GB程度。

加えてWebの調べ物や動画学習、社内ツールの利用や報告資料の共有などでデータを利用するなら合計50GBの容量でも少し不安が残ります。

それ以外にもアプリケーションのダウンロード/パソコンのOSバージョンアップでもデータを使用します。

日常利用が前提なら100GBクラスで契約をした方が安心です!

利用機種は購入orレンタル

ポケットWiFiで使用する機種(モバイルルーター)の提供方式は契約する事業者によって異なります。

おおまかに、契約する回線種別(クラウドWiFi・キャリア直回線・WiMAX)によって提供方式が決まっています。

回線別のモバイルルーター提供方式
クラウドWiFiキャリア直回線WiMAX
主にレンタル
(月額料金に込み)
購入(約2万円程度)主に無償提供

AiR-WiFiをはじめとするクラウドWiFiなら、モバイルルーターは主に無償レンタルです。

レンタルの場合機種代金などに費用はかかりませんが、解約時には返却が必要な点、付属品や箱が欠けると賠償金(3,000円〜10,000円程度)が発生する点に注意が必要です。

キャリア回線の場合は購入が必要で、価格は約20,000円程度。

既にモバイルルーターを持っているなら問題ありませんが、持っていない場合は初期費用が高額な点がデメリットです。

WiMAXサービスの場合は無償でプレゼントをしている事業者が多く、どの事業者も最新機種を無償提供しています!

その代わり、WiMAXサービスは後述の解約金や契約期間が厳しくあまりオススメはできません・・・。

契約期間・解約金

ポケットWiFiには固定通信サービス(光回線など)の契約と同じように、事業者ごとに契約期間や解約金が存在します。

法人向け主要ポケットWi-Fiの契約期間・解約金
レンタル会社契約期間・解約金備考
AiR-WiFi1年契約(自動更新)
1年以内の解約:7,700円
1年後・更新月以外の解約:5,500円
月額+330円で契約期間・解約金なし
機種は無料レンタル
docomo2年契約(自動更新)
1,100円
機種は要購入
au(4G LTE)2年契約(自動更新)
1,100円
機種は要購入
au(WiMAX)2年契約(自動更新)
1,100円
機種は要購入
Softbank2年契約(自動更新)
1,100円
機種は要購入
DoRACOONなし(解約金無料)機種は要購入
(21,780円)
UQ WiMAX2年契約(自動更新)
1,100円
機種は要購入
Chat WiFiなし(解約金無料)機種は無料レンタル
ZEUS WiFi2年契約(自動更新)
10,450円
機種は無料レンタル
No.1 WiFi相対契約機種は無料レンタル

当記事オススメのAiR-WiFiは機種レンタル料金が無料にも関わらず、契約期間が1年で解約金も他社より安価です!

さらに、月額料金に330円を追加すれば解約金なしにできる点も大きなメリット。

長期間の利用はもちろん、短期間やいつ解約するかわからない場合にも非常に優秀です!

その反面、解約金が無いor安価な事業者は端末購入が必要なケースがほとんどです。

価格も20,000円程度と決して安くはありませんので慎重に検討しましょう!

  • 日常的に利用するなら100GBクラスの契約をしよう!
  • 機種は購入とレンタルがある!
  • 解約金などの条件も契約前に確認しよう!

ポケットWiFiを法人契約するメリット

ポケットWiFiには個人契約と法人契約が存在します。

代表者や担当者の名前で個人契約をすることももちろん可能ですが、法人契約ならではのメリットもあるため解説していきます!

法人向けプランを利用でき、料金メリットがある

法人契約の場合、複数回線を契約することも珍しくありません。

事業者側としては、複数契約ならスケールメリットで料金の割引をすることも可能です!

割引価格は契約回線数にもよりますが、予算に合わせて柔軟に対応するケースも多いため、複数回線契約なら是非一度見積もりを取ってみましょう!

支払い方法の選択が可能

個人契約の場合、ポケットWiFiの支払い方法はクレジットカードのみ対応というケースがほとんどです。

しかし、法人契約なら話は別。

クレジットカードに加え、口座振替や請求書払いを選択することも可能です!

個別の要望に応えてもらいやすい

料金や支払い方法以外にも、法人契約なら都合に合わせて特別対応をすることも。

例えば「速度や品質に不安がある」「社員が使うかどうか不安」といった理由で申し込みを迷っている場合、数週間程度のお試し利用ができることもあります。

特にAiR-WiFiなどのクラウドWiFiサービスは、料金メリットが魅力な一方で品質を確かめたいという思いもありますよね。

確実に要望が受け入れられる訳ではありませんが、お試し利用や社内規約に合わせてほしい等要望は一度相談してみましょう!

まとめ

まとめサイトの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

  • 法人のポケットWiFiは2択!
  • 料金重視ならAiR-WiFiがオススメ!
  • 品質・サポート重視ならdocomo!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする