ギアWiFiの評判は?300GB&無制限で使えるポケットWiFiの料金・メリット・注意点を徹底解説

ギアWiFiは2021年7月に提供を開始したレンタルポケットWi-Fiサービスです。

「安価に使えるポケットWi-Fi」というコンセプトで提供されたギアWiFiは、キャッチコピー通りに業界最安値を実現!

しかし、始まったばかりのサービスで情報が少なく、不安を感じる方もいらっしゃると思います。

当記事では、そんな方のためにギアWiFiの評判や注意点を解説していきます!

この記事でわかること

  • サービス内容や料金の紹介・比較
  • 実測値や評判のまとめ
  • 注意点の解説
総合評価
星4個
300GB&無制限プランが最安値で、公式のサービス内容で言えば星5評価。しかし、無制限やSoftbank系300GBは過去に何度も問題が発生しており実使用に耐えうるかは未知数。解約金無しプランがあるためお試し利用はオススメ!
通信エリア通信速度通信料金
星3個星4個星5個
SoftBankシングルキャリアだが、メイン回線を利用しておりエリアは広い現状では30Mbs程度の速度を実現している。利用者が増える今後に注目料金は業界最安値!
解約の簡単さホームページの
わかりやすさ
セット端末
星2個星4個星1個
解約はメールフォームから。連絡の翌月が解約月な点に注意。FAQが充実しており必要な情報は網羅している。SoftbankのポケットWiFiルータ新旧3機種を用意。しかし、機種は選択不可

ギアWiFiの評価基準

クラウドWiFiの評価基準
評価項目 評価内容
通信エリア「どこでもWi-Fiに接続できる」がポケットWiFiの最大の魅力。山間部や建物の中心でも利用可能か判定するため、対応キャリアに応じて評価。
通信速度 電波が入っても、実測ベースで必要十分な速度を満たしていなければ意味がない。民間速度測定業社やクチコミから客観的に「Zoom利用時の推奨環境を満たしているか、動画は問題なく視聴可能か」といった点を評価。
通信料金最も重要な月額料金に加え、違約金の金額や契約期間、短期利用時の料金設計などを総合評価。
解約の簡単さ プロバイダによっては解約手順が極めて複雑で、少しでも継続利用をさせるような手法も存在する。ユーザー視点で簡単に解約可能かを評価。
ホームページの
わかりやすさ
 月額費用や違約金などの料金設計だけでなく、機種の詳細情報や注意点までユーザー視点でわかりやすくレイアウトされているかを評価。
セット端末 ニーズに合わせて機種が選択可能かを評価。端末の選択肢が狭いと電池持ちの悪い機種しかなかったり、同時接続台数が少なく実利用に耐えない可能性がある点に注意。
総合評価 上記6項目を総合的に評価。

ギアWiFiのサービス内容と料金を紹介!

fv2

ギアWiFiには3種類のプランが存在しています。

  • 100GBプラン
  • 300GBプラン
  • 中速プラン(無制限利用可)

ポケットWiFi業界最大級のデータ容量「300GB」を提供していることが大きな特徴。

また、一定速度でデータ量無制限という中速プランもあり斬新なラインナップとなっています!

100GB300GB無制限(中速)
月額料金3,300円4,290円4,290円
下り通信速度20~30Mbps20~30Mbps10~15Mbps
上り通信速度15Mbps程度15Mbps程度12Mbps程度
契約解除料:9,900円 契約期間:1年間(1年以降は解約金無料)

上記金額に+550円で解約金なしプランあり!

※無制限プランは解約金なしプラン未提供

それぞれの料金プランを表にしました。

なお、通信速度はギアWiFi公式が日々更新している実測値ベースで記載しています!

ポケットWiFiで実測20~30Mbpsなら業界でも最速クラスの通信速度です。

中速プランは速度が抑えられるかわりに無制限利用可能とはいえ、10~15Mbpsと必要十分以上の速度を確保。

ギアWiFiでは公式が他社ツールを使用して頻繁に速度を計測しており、その画像がこちら。

画像
https://twitter.com/gear_wifi/status/1426073030585847810/photo/1

本当にこれだけの速度が出るなら今一番契約するべきポケットWiFiと言えます。

測定条件はWindowsPCと接続し、他社製の測定サイトを利用しているため一定の信頼性はありますね。

問題はユーザーが増加し、通信トラフィックが増加した時に現状と同じサービスが提供できるかどうか。

この点はサービス開始が2021年7月(当記事は8月作成)ということもあり、まだまだ先は見えません。

しかし、現状速度は出ていますし解約金なしプランもあるため、契約する価値は大いにあります!

「1日にどれぐらいデータを利用するかわからない・・・」という方のために、主要なアプリケーションのデータ消費量をご紹介します!

主要アプリケーションのデータ使用量
サービス名使用容量1GB換算
ホームページの閲覧

(ニュースや調べ物など)

300KB
(1ページ当たり)
約3万3,333ページ
音楽再生 高音質
(音楽ストリーミング)
72MB/1時間約127時間
YouTube(HD画質)1GB/1時間約1時間
YouTube(最高画質)2.5GB/1時間約20分
映画の視聴 標準画質

(NETFLIXやAmazon prime)

500MB/1時間約2時間
映画の視聴 高画質2GB/1時間約1時間
通話アプリ(LINE通話など)18MB/1時間約55時間
ZOOMなどのオンライン会議700MB/1時間約1時間20分

上記の表から1日にどの程度利用するかをある程度計算し、プランを決めましょう!

  • どのプランも+550円で解約金なしプランにできる
  • 通信速度は実測20~30Mbpsと業界最速級
  • 提供から間もないサービスで、今後に注視

ギアWiFiで利用可能な機種

続いて、ギアWiFiで利用可能な機種を紹介します!

304ZT501HW801ZT
機種
発売時期2014年2015年2019年
重量150g150g93g
連続使用可能時間約9時間約9時間約10時間
充電時間約4時間約4時間約3時間
充電ポートmicroUSB type-BmicroUSB type-BmicroUSB type-B
対象コース100/300GB100/300GB中速無制限

ギアWiFiで利用可能な機種は3機種。

利用コースによって機種が変わります。

  • 100GB/300GBコース:304ZT or 501HW
  • 中速無制限コース:801ZT

比較的新しい801ZTは中速無制限コースのみ対応。

また、100GB/300GBコースの場合利用機種は選択不可、さらに機種はどちらも5年以上前の機種とやや残念です・・・。

それでも、ポケットWiFiの性能自体はここ数年でそれほど進化はしていないため、必要最低限の性能は有しているためご安心ください。

また、機種の不調時(破損などユーザー責によらないものに限る)は交換対応も可能です!

ギアWiFiのメリット

続いて、他社レンタルWi-FiよりもギアWiFiが優れている点を解説します!

解約金なしプランが存在する

ギアWiFiの100GB/300GBプランには、違約金なしのプランが存在します。(無制限プランは1年契約プランのみ)

プランの利用料金は基本月額料金+550円。

違約金なしプランのメリットは「お試し感覚で利用可能なところ」です!

レンタルWi-Fiに限らず、通信サービスは環境によって速度や安定性が左右されます。

そのため、通信品質に不安を感じる方もいらっしゃいますよね。

そこで、ギアWiFiの「違約金なしプラン」が役に立ちます!

違約金なしプランで申込を行い、自身の利用環境で動作状況を確認すれば少ないリスクで通信品質を確かめられるのです。

問題無ければ月額料金の安い「契約期間1年プラン」へ変更可能。

万が一速度に不満を持った場合、違約金なしで解約をすることができます!

無制限プランを利用可能

Softbank回線を利用したレンタルWi-Fiサービスで無制限利用可能な事業者は、今のところギアWiFiのみ。

速度は中速に抑えられるとはいえ、通信速度は下り/上りともに10Mbps~15Mbps程度を計測しており必要十分な利用速度と言えます。

無制限プランと言えば、過去にどんなときもWiFiが起こした「実測0.1Mbps」の通信事故が思い出されますが・・・。

ギアWiFiは貸出台数を制限することでこのような問題を未然に防ぐようです。

しかし、あまりにも過剰な通信を行えば当然キャリア(Softbank)側での制限が考えられますので、不要な通信は行わない方がベターかもしれませんね。

300GB大容量プランが利用可能!

ギアWiFiは、無制限でなくとも300GBもの大容量契約が可能です。

さらに、ポケットWiFiでよくある3日10GB制限もありません!

制限なし

引用元:ギアWiFi公式(https://gear-wifi.jp)

300GB利用可能なレンタルポケットWiFiは現状存在していません。

最近までモナWiFiが300GBプランを提供していましたが、Softbank側の制度変更により現在はSIMのみプランで提供している程度です。

300GBプランは過去に様々なサービスで通信障害などの問題が起きており、ギアWiFiもSoftbank系300GBプランのため今後の展開に注目が集まります。

ただ、ギアWiFiの場合は解約金なしプランを提供しているため他社より安心して契約ができますね!

ギアWiFiはお得?他社と徹底比較!

ギアWiFiの料金やメリットを紹介したところで、他社との比較をしていきます!

結論としては、100GB/300GB/無制限の全てのプランでお得な料金設計となっています!

レンタルWi-Fi主要5社と大容量プランで比較

まず、大容量プランで比較をしていきます!

前述の通り、300GBクラスのポケットWiFiは存在しないためやむを得ず200GBプランとの比較にしました。

国内主要レンタルWi-Fi 5社の料金表
レンタル会社月額料金解約金(更新月以外)
ギアWiFi

(300GB)

4,290円12ヶ月以内の解約:9,900円

12ヶ月以降は解約金無料

月額+550円で解約金なし

Chat WiFi

(200GB)

4,928円なし
Let's WiFi

1日7GB

4,730円12ヶ月未満:19,450円

12ヶ月以降:10,450円

どこよりもWiFi

(200GB)

4,900円10,450円
FUJI WiFi

(200GB)

5,028円なし

この料金表をご覧ください、ギアWiFiは300GBで他社より100GB多く使えるにもかかわらず最安値です!

解約金なしプランにしても月額4,830円と、Let's WiFiを除いて最安値。

ギアWiFiのお得さが伝わる料金表になったかと思います!

速度も現状では実測20~30Mbps、この状態で継続利用できるなら最もオススメできるポケットWiFiと言っても過言ではありません!

レンタルWi-Fi主要10社と100GBプランで比較

次に、100GBプランで各社と比較をしてみました。

国内主要レンタルWi-Fi 10社の100GBプラン料金表
レンタル会社月額料金
(100GB)
違約金(更新月以外)
ギアWiFi3,300円12ヶ月以内の解約:9,900円

12ヶ月以降は解約金無料

月額+550円で解約金なし

クラウドWiFi3,718円なし
AiR-WiFi3,278円1年未満:7,700円
2年目以降:5,500円+550円で解約金なし
THE WiFi3,828円24ヶ月以内:10,450円

24ヶ月目以降:0円

ZEUS WiFi3,828円10,450円
SAKURA WiFi4,048円なし
MugenWiFi3,718円1年未満:9,900円
2年目以降:5,500円
STAR WiFi3,718円なし
FUJIWifi4,345円なし
NOZOMI WiFi4,158円なし

ギアWiFiの料金は、AiR-WiFi(3,278円)に次いで2番目の安さです。

AiR-WiFiは100GBプランしか存在しないものの、ギアWiFiと違いトリプルキャリア対応(ギアWiFiはSoftbankワンキャリア)のためやや優位性がありますね。

しかし、実測ベースで速度が出ている&国内クラウドWiFiサービスはSoftbank回線をメインに利用していることから大きな差はありません。

100GBプランならギアWiFiかAiR-WiFiがオススメです!

ギアWiFiの速度は?速度の実測値を大公開!

肝心の速度について、口コミや評判から詳しく解説をしていきます!

まずはギアWiFiが公表している実測をご紹介。

画像

回線が一番混雑する12時の速度情報がありました。

実はギアWiFiは頻繁に実測値をTwitterにアップしており、8月に入ってから最も通信状況が悪かった画像を用意しました。

画像では300GBプランの上りが1.42Mbpsとやや不安な数値を示しています。

画像

ちなみに、別日の速度測定結果はこちら。

300GBプランの上りは8.27Mbpsと信頼できる数値になっています。

続いて、一般ユーザーの速度計測情報を引用しました。

料金が高いが速度も速いことで評判のFUJI WiFiと同等のスピードで、現段階では安定した通信のようです。

混在する昼12:00頃に下り32Mbps、上り10Mbpsを記録しています。

特にその他遅い、つながらないという報告も上がっておらず速度は今のところ安心して利用できそうですね!

ギアWiFiの注意点を解説!

気をつけての写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

ここまで、様々な面からギアWiFiを解説してきました。

次に、契約前に知っておきたい注意点をお伝えします!

使用回線はSoftbankワンキャリア

一般的なレンタルWiFiでは、docomo/au/Softbankのトリプルキャリア対応が現在の主流です。

トリプルキャリアなら一つの電波が弱くても、他事業者の回線が補助する形で安定した通信が行えます。

しかし、ギアWiFiはSoftbankの電波網のみ対応しておりdocomo/auには非対応。

そのため、Softbankの電波が弱いところでは通信が不安定になるというデメリットが存在します。

とはいえ、トリプルキャリア対応の事業者でもdocomo/au回線はあくまでも補助的にしか使えない事業者がほとんどです。

むしろトリプルキャリアを謳うためにコストを削減し、通信回線を狭くする事業者も出てくる始末でどちらが良いとは一概には言えません。

Softbankワンキャリアであることは確かにデメリットでもあるのですが、速度の実測値は企業の姿勢次第のためそこまで気にする必要は無いかもしれません。

無制限プランは1年契約(解約金あり)のみ

ギアWiFiの100GB/300GBプランは+550円で解約金なしプランにできますが、無制限プランは1年契約のみ。

他社で様々な問題が過去に起きた無制限プランだからこそ、解約金なしプランを作って欲しかったですね・・・。

解約手続きが他社と比較してやや面倒

もちろん解約できないようにしているということはありません。

しかし、Webフォームで問い合わせが必要とやや面倒です。

他社レンタルWi-Fiサービスは24時間Web手続き可能としているところも多く、煩雑な印象は否めません。

1年契約プランは自動更新プラン

ギアWiFiの1年プランは自動更新です。

例えば2022年6月に契約をした場合、最初の契約更新月は2023年7月に迎えます。

契約更新月を過ぎた場合、次の更新月を迎えるまでに解約をすると10,450円の違約金が発生する仕組みです。

以前は他社にもこのような仕組みが多かったのですが、最近は「違約金なし」もしくは「最低利用期間のみ設ける」という方法が主流です。

1年利用すればいつ解約しても違約金不要、というようなわかりやすさには欠けるため、注意が必要です。

サービスインしたばかりで実績が少ない

ギアWiFiは非常に魅力的なサービス内容であるものの、まだまだユーザーが少なく情報もありません。

一般的にレンタルWiFiの契約は一定の通信帯域をキャリアから借り受ける仕組みのため、ユーザーが増えれば増えるほど回線が逼迫する傾向にあります。

今は認知度が低くユーザーが少ないため安定した品質ですが、今後ユーザーが増えた場合にどうなるかわからない点は注意が必要です。

ただし、ギアWiFiはその点もふまえてコースごとに契約回線を制限する示唆(無制限プラン残りわずかなど)があり、過去に起きた通信事故には至らない可能性も十分にあります。

ギアWiFiの問い合わせ先と運営会社

HPで問い合わせ先がややわかりづらい表記となっていたため、問い合わせ先をご紹介します。

  • 運営会社:株式会社カウスメディア
  • 問い合わせ先:マイページ内のWEBフォームのみ

まとめ

まとめサイトの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

  • 300GB/無制限プランは業界最大のデータ容量!
  • 料金も最安値で非常にお得!
  • サービスイン間もなく先行き不透明な部分も・・・。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする