BIGLOBEのWiMAXで違約金が掛からないお得な解約方法を解説!

あなたはBIGLOBE WiMAXを解約するだけで高額な違約金が発生するというのはご存知ですか?

WiMAXは更新月以外に解約すると違約金が必ず発生します。

この更新月は2年・3年の内の1ヶ月しかなく特に電話でお知らせしてくれる訳でもないので、違約金なしで解約するのは難しいです。

また解約するタイミングを把握しておかないと更に料金的に損をしてしまう事があります。

そこで今回は「ただ解約するだけなのに、高額なお金を支払うなんて勿体無い」という人に
『解約する際の注意点』『0円でBIGLOBE WiMAXを解約する方法』を特別にご紹介していきます!

ぜひ参考にしてみて下さい。

解約する前の注意点

BIGLOBEで解約する前に、注意することはたった2つです。

BIGLOBE WiMAXを解約する際の注意点
  • 契約解除料
  • 解約するタイミング

上記の事を抑えれば無駄な出費をなくすことが出来ます。

それでは、それぞれ詳しく解説していきます!

契約解除料

BIGLOBE WiMAXは必ず「2年契約」もしくは「3年契約」といった年間契約が設けられています。

実はこの年間契約の期間中に解約すると契約解除料=違約金が発生します。

違約金は利用期間によって異なります。

以下の表を参考にしてみて下さい。

契約期間 契約解除料
2年契約 1~12ヶ月目:19,000円
13~23ヶ月目:4,000円
24ヶ月目:0円(更新月)
以降:9,500円
3年契約 1~12ヶ月目:19,000円
13~24ヶ月目:14,000円
25~35ヶ月目:9,500円
35ヶ月目:0円(更新月)
以降:9,500円

以上のように更新月で解約する事が出来れば絶好のタイミングです。

ちなみに自分が「いつ・何年契約をしたのか」覚えていない人も多いかと思いますので、そういう人はBIGLOBEのマイページから確認する事が出来ます。

確認方法は以下の通りです。

1.BIGLOBEマイページにログインする

2.違約金・解除料・割賦契約をクリック

3.更新月、契約解除料が表示されるので確認する

BIGLOBEのマイページにログイン出来れば解約する場合どのくらい料金がかかるのか分かりやすく表示されます。

必ず更新月を確認してから解約手続きを行って下さい。

解約するタイミング

先程お伝えしたように更新月であれば違約金を支払わずに0円で解約する事が可能です。

しかし更新月を逃してしまった場合、自動更新されてしまうので再度契約解除料として違約金が発生します。

なので更新月以外は必ず違約金が発生するものだという事は頭に入れておいて下さい。

また解約のタイミングとして「更新月」の他に「締め日」に注意する必要があります。

BIGLOBEの締め日は毎月25日までと決まっています。

仮に更新月の26日以降に解約手続きを行うと「翌月退会」の扱いとなるので違約金が発生します。

また例えば「9月中にBIGLOBEを解約して10月から月額料金を支払わないようにしたい」と考えた場合、BIGLOBEは日割り計算は行っていないので26日に解約したら10月分の月額料金が発生します。

つまり料金の負担をかけずにBIGLOBEを解約したいなら、25日前に解約手続きを行う必要があるという事です。

その他違約金

WiMAXのほとんどのプロバイダではキャンペーンとして「端末代を0円」で提供している事が多くあります。

しかしBIGLOBE WiMAXでは端末代を月々800円割り引いて端末代の負担を軽くしています。

月々800円×24ヶ月で端末代の支払いは終了するので、仮に24ヶ月以内に解約すると「データ端末代残債分」を一括で支払わないといけません。

なので半年で解約した場合はデータ端末代残債分の14,400円を支払い、
1年で解約した場合は9,600円を支払う事になります。

つまり2年以内に解約したら「違約金+データ端末代残債分+月額料金」を最終的に支払う事になるのでおさえておきましょう。

ただし2年以上使用していたらデータ端末代は発生する事はありません。

解約方法

BIGLOBEでは「ネット」「電話」から解約の申し込みをする事が可能です。

ただし解約手続きの連絡をする前に注意して欲しい事があります。

まず本人確認をする事があるので、スムーズに手続きを行うために契約した本人が連絡をしましょう。

また解約の申し込みをする際に以下は必要となるので準備しておいて下さい。

準備しておくもの
  • BIGLOBE ID
  • 本人の名前
  • 生年月日
  • 登録した電話番号
  • 登録したメールアドレス

契約する際に書類でBIGLOBEの会員証が届いていると思うので紛失していなければ準備しておきましょう。

ちなみに解約してから「やっぱり解約を取り消したい!」と思っても基本的に解約の取り消しは出来ません。

それでもどうしても契約を取り消したいならサポートセンターに問い合わせてみましょう。

ただ取り消す事が出来ない可能性もあるので解約する際は十分に考えてから手続きを行いましょう。

ネットで解約

ではネットで解約する方法をご紹介します。

BIGLOBEWiMAXを利用していた方は「BIGLOBE会員」になっていると思います。

BIGLOBEのマイページが開く事が出来ればメニュー画面にある「サポート情報」「退会・解約」のページへ飛んで下さい。

次に画面が表示されたら下にスクロールして下さい。

「モバイルサービス(BIGLOBEモバイルやWiMAXなど)のみ解約する」
「重複や名義変更のためにIDを削除する」・・・・
などのメニューが出てくると思うので該当しそうであればクリックしましょう!

BIGLOBE WiMAXを利用している方はBIGLOBE WiMAXとBIGLOBE会員を別々に退会する必要があります。

もしもBIGLOBEのメールアドレスやブログを利用しており、どちらか継続する事を考えているなら「モバイルサービス(BIGLOBEモバイルやWiMAXなど)のみ解約する」を選択しましょう。

例えばBIGLOBE WiMAXもBIGLOBE会員も必要ないと思うならBIGLOBE会員の退会手続きも一緒に行わないといけないのでおさえておきましょう。

ちなみに現在ネットで解約手続きを進めても、結局「電話での解約手続き」をする流れになります。

なので現在解約するなら、ネットより電話での解約をオススメします。

電話で解約

BIGLOBE WiMAXを解約する際の電話番号は下記の通りです。

BIGLOBE カスタマーサポートインフォメーションデスク
  • 固定回線/携帯電話:0120-827-193
  • IP 電話:03-6631-4602
  • 受付時間:9時~18時(年中無休)

※当日付の解約受付を希望の方は16時30までの受付

電話で解約する際はサポートスタッフには「WiMAXだけを退会する」のか「WiMAXとBIGLOBE会員の両方を退会する」のかは伝えておいた方が良いでしょう。

端末は返却するの?

ちなみに使用していた端末やUIMカードは返却する必要はありません。

ただ自分で廃棄する必要があります。

まず端末本体は小型家電となるのでリサイクルする義務があります。

近所にある小型家電リサイクルを設置している電気屋さんやauショップにて引き取ってもらいましょう。

次に「UIMカード」の廃棄方法ですがそのままゴミ箱にポイッと捨ててしまうと、悪用されてしまう可能性があります。

なので自分でハサミで切るなりして確実に使用出来ない状態にしましょう。

では、BIGLOBE WiMAXの解約方法をざっとまとめると・・・

  • 違約金に注意!
  • 解約するタイミングに注意!(更新月や締め日)
  • ネットでの解約は電話での連絡を促す流れになっているので
    電話で解約した方が早い!
  • BIGLOBEWiMAXとBIGLOBE会員は基本別々に退会する
    (サポートセンターにWiMAXだけ退会するのか会員も退会するのかを伝えよう!)

違約金0円にする方法

最初に「契約解除料」について説明したように、
更新月以外で解約すると「違約金」が発生するとお伝えしました。

この更新月なんですけど2年・3年の内の1ヶ月のみしかありません。

メールではお知らせをしてくれますが、普段の連絡のやり取りがLINEだったりして毎日メールを見ない人もいるかと思います。

また特別ハガキや電話でお知らせしてくれる訳でもありません。

なので更新月を見逃してしまう可能性は非常に高いです。

解約手続きの期間内(1ヶ月以内)に手続きを行わないと自動更新されてしまうので、
違約金なしで解約するのはかなり難易度が高いという事です。

しかしご安心下さい。

更新月以外で解約しても0円でBIGLOBEを解約する方法があります。

それはBIGLOBEからBroadWiMAXに乗り換えて「違約金キャンペーンを利用する方法」です。

Broad WiMAXの違約金負担CP


画像引用:違約金負担キャンペーン|Broad WiMAX公式サイト

Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンは今使っているBIGLOBE WiMAXの違約金を最大19,000円まで負担してくれるキャンペーンです。

Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンの条件として
「WEBサイトから申し込み」
「違約金がわかる書類をBroad WiMAX宛にメールを送る」の2点が必須です。

BIGLOBEで解約する場合「退会前に違約金の確証を印刷する」をクリックすれば
利用明細が表示されるので印刷もしくは写真を撮ったりスクリーンショットして下さい。

利用明細だけで適用されるのか不安な人はBIGLOBEのマイページから「違約金・解除料・割賦契約」のページに飛ぶと更新月や違約金などが表示されるのでこちらも撮影しておいて下さい。

次に両方撮影したら「info@wimax-broad.jp」宛に画像添付してメールを送れば、
キャンペーンの申請は完了となります。

Broad WiMAX側で無事に確認が終われば違約金をキャッシュバックとして受け取る事が出来ます!

Broad WiMAXに乗り換えるメリット

Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンが適用されるとBIGLOBE WiMAXを0円で解約する事が出来るとお伝えしましたよね。

しかし、さらにBroad WiMAXに乗り換えると以下のメリットがあります。

Broad WiMAXのメリット
  • 月額料金が安くなる
  • 初期費用が0円
  • ご満足保証がある

それでは、それぞれのメリットについて一緒に確認にしていきましょう。

月額料金が安くなる

まず月額料金についてですが「BIGLOBE WiMAX」と「Broad WiMAX」を比較すればBroad WiMAXの月額料金がいかに安いか一目瞭然です。

BIGLOBE WiMAX2+ Broad WiMAX
ギガ放題プラン 【Flat ツープラス】
1~2ヶ月目:3,345円/月
3~24ヶ月目:4,030円月
25ヶ月目以降:4,380円/月
【Flat ツープラス ギガ放題3年】
1~2ヶ月目:3,345円/月
3~24ヶ月目:4,030円月
25ヶ月目~36ヶ月目:4,380円/月
37ヶ月目以降:4,380円/月
1~2ヶ月目:2,726円
3~24ヶ月目:3,411円
通常プラン 【Flat ツープラス(3年)】
1~24ヶ月目:3,345円/月
25~36ヶ月目:3,695円月
37ヶ月目:3,695円月
1~25ヶ月目:2,726円
25ヶ月目~:3,326円

ちなみにBIGLOBE WiMAXは他のプロバイダと比べてキャッシュバックの受取は簡単な方でした。

しかし他のプロバイダが提供するキャッシュバックはすぐに受け取れる訳ではないですし条件が厳しいと言った事があります。

例えば申し込みから約1年後にキャッシュバックの通知メールが来て、一定期間内にキャッシュバックの手続きを行わないとキャッシュバックを受け取る権利がなくなってしまう事があります。

なのでキャッシュバックを受け取れずに結果的に損をしてしまう人が一定数います。

そう考えると「次契約するプロバイダでまたキャッシュバックの手続きをするのはダルいな」と思っている人は、
他のプロバイダと比べてもBroad WiMAXの月額料金は最安値なので純粋に月額料金を安く抑える事ができるBroad WiMAXを選択した方が良いでしょう!

初期費用が0円

Broad WiMAXにWebサイト経由で申し込むと初期費用総額18,857円が0円になる「初期費用0円のWeb割キャンペーン」を使うことができます。

ここでいう初期費用とは端末代金のことで事務手数料3,000円は請求されます。

しかしBroad WiMAXに乗り換えれば、端末代金が0円になるので実質無料で新しい端末を手に入れることが出来るという訳です。

ご満足保証

基本的にどこのWiMAXにも「初期契約解除制度」があります。

これは「提供エリア内と判定されたのに電波が入らない」など電波や端末に不具合が生じた場合、8日以内であれば契約をキャンセルする事が出来るといった制度です。

もちろん違約金を支払う必要はありません。

ただ「初期契約解除制度」も事務手数料として3,000円は必ず支払わないといけません。

しかし高額な違約金を支払わずに解約が出来るのは魅力的なので、端末が届いたらすぐに電波の状況など不具合を確認しておくと良いでしょう。

またBroad WiMAXでは初期契約解除制度とは別に「ご満足保証」というサポートサービスがあります。

これはBroad WiMAXを利用していく中で

「通信速度が遅い!」
「すぐに通信制限にかかるから光回線の方がよかった!」
「電波が届きにくい・・・」

など上記のような不満がある場合、違約金なしで他の回線に乗り換える事が出来るサービスです。

ご満足保証で乗り換えられるインターネット回線は以下の通りです。

ご満足保証で乗り換えられるインターネット回線一例
  • ソフトバンク光
  • auひかり
  • So-net光
  • ビッグローブ光
  • ブロードひかりwith NTT東日本/西日本
  • Yahoo!BB
  • Broad LTE

以上の事からBroad WiMAXは
「8日以内の契約キャンセル」
「電波や端末など不満があれば他の回線に0円で乗り換えられる」

といったサービスを受ける事が出来るので、何かトラブルが発生しても高額な違約金を支払わずに済む事が可能なのです。

Broad WiMAXに乗り換えるデメリット

Broad WiMAXには魅力的なメリットがたくさんありますが、契約してから後悔しないためにデメリットも把握しておく必要があります。

デメリットは以下の通りです。

Broad WiMAXのデメリット
  • 3年契約しかない
  • 有料オプションをわざわざ外さないといけない
  • 初期費用0円CPを使用する場合、契約解除料が高額になる

それでは一緒に確認にしていきましょう。

3年契約

Broad WiMAXには「ギガ放題プラン」と「通常(ライト)プラン」があります。

ざっくりプランの違いについて表にまとめたのでご覧ください。

ギガ放題プラン 通常(ライト)プラン
月間容量 上限なし 月間7GBまで
月額料金 1~2ヶ月目:2,726円
3~24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目以降:4,011円
1~24ヶ月目:2,726円
25ヶ月目以降:3,326円
契約年数 3年 3年

BIGLOBEを利用していた人は「2年契約」「3年契約」のどちらかを選択する事が可能でした。

一方Broad WiMAXはどちらのプランも契約年数が3年しかありません。

なので基本的に3年間はWiMAXを使用し続けなければいけません。

契約期間が長いのはデメリットと言わざる負えませんが、Broad WiMAXの「ご満足保証」を使えば契約解除料を支払うことなく他のインターネット回線に乗り換えることが出来ます。

この「ご満足保証」はBroad WiMAX独自のサービスですので、おさえておきましょう!

有料オプション

Broad WiMAXには「初期費用0円のWeb割キャンペーン」があるとお伝えしましたが、適用条件があります。

適用条件は以下の通りです。

初期費用0円のWeb割キャンペーン適用条件
  • 安心サポートプラス加入(月額550円)
  • My Broadサポート加入(月額907円)

これら2つの合計金額1,457円が月額料金にプラスされてしまうので、
端末が手元に届いたらすぐにオプションを解除しましょう。

解除方法は簡単で「サポートセンター」に連絡するか「お客様サポートサイト」からログインしてオプションの解除手続きを行う事が出来ます。

もちろんオプションを解除しても違約金が発生する訳ではないので、安心して解除の手続きを行なって下さい。

契約解除料が高額

メリットの部分でお伝えした様にBroad WiMAXには「初期費用0円のWeb割キャンペーン」があります。

しかし注意して欲しい事があります。

このキャンペーン適用後の契約開始から起算して24ヶ月以内に解約すると契約解除料と、別途「キャンペーン違約金」が発生します。

利用月数 通常の契約解除料 キャンペーン違約金
0~12か月目 19,000円 9,500円
13~24か月目 14,000円 9,500円
25~36か月目 9,500円 0円
37か月目(更新月) 0円 0円
38か月目以降 9,500円 0円

上の表を見ると初期費用0円のWeb割キャンペーンを使用してから2年以内の解約は20,000円以上の契約解除料がかかるので注意が必要です。

まとめ

それでは、上記の事をまとめると・・・

  • 解約する前にマイページから「更新月」と「違約金」を確認しよう!
  • 電話で解約手続きを行おう!
  • BIGLOBEからBroad WiMAXに乗り換えると違約金が0円になる!

となります。

Broad WiMAXは違約金0円で乗り換える事が出来ますし月額料金も最安値です。

月々支払う通信費が安くなれば家計の負担も軽くなり、より一層潤いのある暮らしが出来そうですよね。

しかし3年契約は長すぎる等Broad WiMAXに向いていない人も現にいるので、
乗り換える際はメリットとデメリットをしっかり確認してから申し込む事で失敗するリスクを避ける事が出来ます。

ぜひ、検討してみて下さい!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする