WiMAXのギガ放題に制限はある?通常プランと徹底比較!

WiMAXを検討していく中で「ギガ放題プラン」「通常プラン」どちらにしようか悩んでいませんか?

それぞれ料金はもちろん通信量や速度制限の規定も異なるので、
WiMAXを選択していく上でかなり大切な要素となります。

またギガ放題と言っても実際は速度制限があります。

という事で今回はギガ放題プランと通常プラン、どちらがオススメ出来るプランなのか徹底比較していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

ギガ放題プランと通常プラン比較

冒頭でもお伝えしたようにギガ放題プランと通常プランはそれぞれ料金や通信量などプラン内容が異なります。

表にまとめてみたので、一緒に確認していきましょう!

UQ Flatツープラス ギガ放題 UQ Flatツープラス
契約期間 2年・3年 2年・3年・4年
データ容量 月間データ制限なし 月間7GB
エリア WiMAX2+エリアのみ WiMAX2+エリアとau 4G LTEエリア
特徴 ・電波を掴むエリアが狭め
・建物の構造によって電波状況が大きく左右される
・auスマートフォンと同じエリアで使える
・回線速度が安定している
・別途料金がかかる

まず料金についてお話しますがデータ容量が少ない分通常プランの月額料金は安くなります。

一方ギガ放題プランは月額料金は高いですが月間データ容量はありません。

なので1ヶ月の通信量を気にしながら料金を安く抑えるのか、通信量を気にせずに差額分の684円を多く支払うのかは検討する上でポイントとなります。

次に速度制限の規定についてお話します。

ギガ放題プランは1ヶ月の通信量を気にせずにインターネットを利用する事が出来ます。

ただ、厳密に言うと3日間10GBまでと速度制限を設けています。

ギガ放題で速度制限になってしまった場合、1Mbpsまで通信速度が低下し翌日18時頃~翌々日2時頃まで制限がかけられてしまいます。

しかし翌日18時頃~翌々日2時頃の計8時間を過ぎれば制限が解除され、
いつも通り使用していたように高速でインターネットを利用する事が出来ます。

一方「通常プラン」は月間データ容量の制限があり、7GBの通信量を使用してしまった場合、月末まで速度制限がかけられます。

通信速度は128Kbpsまで低下し次月になるまで制限は解除されません。

それでは、次に「ギガ放題プラン」と「通常プラン」のそれぞれのメリットとデメリットを紹介していきます。

通常プラン

メリット

とにかく通常プランはギガ放題プランと比べて月額料金を安く抑える事が出来ます。

また、スマートフォンで「いつも通信量が足りない!」と悩んでいた方も毎月データ容量をチャージするよりお得となります。

たとえば大手キャリアのau・ソフトバンク・ドコモでは1GBを1,000円で購入すればデータ通信量を追加出来ます。

しかし7GB購入すると7,000円も支払わなければいけません。

一方WiMAXの通常プランは月間7GBが3,696円となるので、明らかにWiMAXの方が安いことはわかると思います。

ということで、スマホの利用メインでWEBサイトの閲覧やLINEを利用する程度などインターネットの使用量が少ない方は通常プランはオススメ出来ます。

デメリット

通常プランは月間制限を設けており当月に7GB使用してしまったら月末まで速度制限がかかります。

しかも速度制限がかけられた場合、128kbpsまで低速化となります。

スマートフォンで通信制限にかかった事がある人はイメージしやすいかと思いますが、128KbpsはWEBサイトを開くのにも時間がかかったり動画はずっと読み込み状態となり、かなりストレスとなります。

またオンラインゲームをメインに利用したり、YoutubeやAmazonプライムなど長時間の動画を見る人はすぐに7GBに到達するので、インターネットの使用量が多い人には通常プランは不向きです。

口コミ・評判

ギガ放題プラン

メリット

ギガ放題プランの最も魅力的なところは1ヶ月の通信量を気にせずにインターネットを利用出来る点です。

制限がない為パソコンでHuluやAmazonプライムなどの高画質の動画を視聴したり、Skypeなどのテレビ電話やオンラインゲームをする方は、快適に利用する事が可能です。

しかし先程もお伝えしたように厳密に言うと3日間10GBまでの速度制限があります。

制限がかかると1Mbpsまで低速化となります。

たしかに制限がかかれば通常の様に高速でインターネットを利用する事は出来ませんが、1Mbpsと言ってもWEBサイトや動画を読み込むのには特にストレスを感じる事がありません。

また制限が翌日18時頃~翌々日2時頃の計8時間程度なので、

それ以降でしたらいつも通り使用していたように高速でインターネットを楽しむ事が出来ます。

つまり、通常プランより使い放題プランの方が速度制限は緩いという事になります。

デメリット

メリットの部分でちらっと紹介しましたが、ギガ放題は3日間で10GBの通信量を超えると速度制限がかかります。

ギガ放題プランは通常プランに比べて制限は緩いですが、通信量のカウント方法が少しややこしいです。

実は速度制限が解除されたからと言って通信量がリセットされる訳ではないんです。

では、ギガ放題のカウント方法についてご紹介していきます。

WiMAXの速度制限は3日間10GB以内に通信量を抑えないと、速度制限がかけられっ放しの状態になります。


UQ WiMAX

速度制限がかからない状態にする為には1日3GB程度に抑えて利用する事で、
制限を避ける事が出来ます。


UQ WiMAX

1日に通信量を多く使用しすぎた場合、その次の日からの3日間を10GBに抑える事ができれば、速度制限は解除されます。


UQ WiMAX

ギガ放題の速度制限は複雑なので分かりにくいかと思います。

WiMAXのユーザーの中には「ギガ放題と言っておきながら制限があるじゃないか!」と
インターネットを快適に利用出来ず損した気持ちになってしまう人もいます。

なのでギガ放題の速度制限を把握しておけば、自分で通信量を調節することが出来ます。

毎月インターネットを快適に利用したい人は通信量に気をつけて利用しましょう。

口コミ・評判

結論

WiMAXの「通常プラン」と「ギガ放題プラン」をまとめると、

通常プラン
  • 月額料金は安いが1ヶ月7GBまでの制限がある!
  • インターネットの使用量が少ない人にオススメ!
ギガ放題プラン
  • 月間通信制限がないうえ、速度制限が緩い!
  • ンターネットの使用量が多い人にオススメ!

ちなみに口コミを見ると通常プランでは容量が足りなかったと後悔している人が多く見受けられます。

確かにWiMAXの「通常プラン」は7GBを超えると速度制限がかかり、月末までインターネットを利用するのが難しくなります。

仮に最初の契約で通常プランを選択した場合、月初めに7GB使用してしまったら通信量を補う為にせっかくWiMAXを購入したのに結局インターネットが利用出来ず、購入した意味がないですよね。

なので最初に契約する際はギガ放題プランを申し込んだ方が良いです。

何故かというと、例えば後から「インターネットをそんなに利用しないな」と思ったら通常プランに変更する事が可能だからです。

またギガ放題プランの場合1ヶ月の速度制限がないので、月末までインターネットの利用が出来ないという最悪な事態を回避する事が出来ます。

とにかく「自分の通信量がよく分からない」と悩んでいる人は、
とりあえずギガ放題で申し込めば間違いありません!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする