【4/11発売】auのGalaxy S24/Ultraが最大22,000円割引 | auオンラインショップ

【注目】楽天モバイル クーポン配布中!最大32,000円相当の還元も!

当サイトiPhone大陸の記事はPRを含みます。

【出戻り歓迎】再契約・2回線目も対象!

\2024年5月31日 23:59まで/RM出戻り

\【残り3日】2024年4月15日 10:00まで/楽天マジ得フェスティバル

RM CP併用

楽天カード会員&楽天モバイルの申し込みが初めての方がiPhoneを同時購入すると、最大4万円相当もお得に契約できます!

楽天マジ得フェスティバルとiPhoneのキャンペーンは唯一、楽天モバイルで併用できるキャンペーンなので、積極的に活用していきましょう。

例えば、約12万円するiPhone14も各キャンペーンを利用すれば、実質8万円台と10万円を切っての購入が可能です! Androidは最大26,930円値引きを実施中!

楽天モバイルの解約履歴がある方や2回線目を申し込みたい方は、三木谷社長の紹介URLから申し込むことで最大14,000ポイントがもらえるのでチェックしておきましょう。三木谷社長の紹介キャンペーン経由で申し込むと、1件につき1万円を三木谷社長が個人的に「災害・人道支援」に寄付してくれます。

「今使っている携帯会社が高すぎる!」「iPhoneを安く買いたい!」「支援活動に協力したい!」そんなあなたは、ぜひこの機会に楽天モバイルを試してみてくださいね!

再契約も対象!SIMのみ契約で14,000ポイント還元

3GB 1,078円~使い始められる!

楽天モバイルのSIMを契約してポイントをもらうにはこちらをタップ

※再契約・2回線目も対象!

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\楽天モバイルでiPhoneが買える!しかも端末代4キャリア最安値/

今すぐスマホを楽天モバイルでお得に手に入れるにはこちらをタップ!

※最大1万相当以上の還元あり

>>最新の【楽天モバイル クーポン】はこちら
>>【楽天モバイルの評判】はこちら

格安SIM Y!mobile(ワイモバイル)

【2024年】ワイモバイルおすすめしない機種3選!評判最悪で買ってはいけない?

ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランドで、大手キャリアと同等の回線速度と大手キャリアよりも圧倒的に料金が安い魅力的な格安SIMです。

ワイモバイルでスマホを購入する際に「スマホの買い換えに失敗したくない」「買わないほうがいい機種ってあるの?」と、スマホ選びに悩んでしまう方も多いでしょう。

ワイモバイルは数多くのスマホを取り扱っているので、どのスマホを選べばいいのか頭を悩ませてしまいますよね。

スマホ選びに失敗してしまうと、日常的にストレスを感じてしまうため、適切なスマホ選びは快適なスマホライフには欠かせないポイントです。

今回は、スマホの買い換えに失敗したくないあなたのために、ワイモバイルのなかでおすすめしない機種を3機種紹介します。

また、買ってはいけないスマホの特徴やワイモバイルで買うべきおすすめスマホ3選も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ワイモバイルおすすめしない機種3選

  • AQUOS wish3
    →Xperia Ace IIIやmoto g53yの方がおすすめ。
    これらの機種の方が価格が安く、優れた性能を持つ
  • Android One S10
    →Libero 5G IVの方がおすすめ。
    Libero 5G IVの方が価格が安く、ストレージ・バッテリー・カメラ性能が優秀
  • かんたんスマホ3
    →完全におすすめしないわけではない、スマホデビューには適したスマホ。
    ただ、物足りなくなってしまう恐れがあるので、「かんたんホーム」と「通常ホーム」を切り替えられる一般的なスマホも視野にいれよう。

ワイモバイル公式 ヤフー店 : https://ymobile-store.yahoo.co.jp/

最大23,000円相当キャッシュバック!学割も開催中!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※店舗と違って事務手数料がタダ!

 

ワイモバイル公式 : https://www.ymobile.jp/store/

オンラインストアなら機種代金が最大2万円値引き!学割も開催中!

今すぐスマホをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,850円する事務手数料が無料!

>>最新の【ワイモバイル キャンペーン】はこちら
>>【ワイモバイルの評判】はこちら

楽天モバイルおトク注意報!

RM 3.2cb

RM Android 26,930円CB

楽天従業員 紹介キャンペーン

楽天マジ得フェスティバル

楽天モバイル 最強青春プログラム

RM6

楽天モバイルではおトクなキャンペーンを多数用意しています!
とくにiPhoneの購入を検討している方は楽天モバイルでの購入を視野にいれましょう。

なんといっても楽天モバイルのiPhoneは4キャリア最安値!

さらに、今なら最大32,000円相当もお得に購入できちゃいます! 還元を加味するとApple StoreよりもおトクにiPhoneの購入が可能です。さらに、楽天カードを持っている方は20,000ポイント増額!

各種キャンペーンをフル活用すれば、iPhone15だって実質9万円台~購入できちゃうんです! おトク過ぎませんか!?

例えば..

楽天カード会員の方がiPhone15(128GB)を購入した場合、通常価格は131,800円ですが、20,000円値引き+20,000ポイント還元で合計40,000円相当お得に購入できます!

キャンペーン適用後の価格は実質91,800円です。

分割払いで購入したい方は48回払いの「楽天モバイル買い替え超トクプログラム」を利用し、24回目の支払いが完了した際に端末を返却することで、機種代金の最大半額分の支払が免除になります。

また、22歳以下の方は学割「最強青春プログラム」の適用で、プラン料金が最安実質858円(税込)~利用可能! 全キャリア最安値の月額料金で使えます。

以前に楽天モバイルを解約している場合でも、今なら再契約で最大14,000ポイントがもらえるので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

まずは 楽天モバイルの料金&ポイントのかんたんシミュレーションでどれだけお得になるかチェックしてみましょう!

※2024年4月1日時点の情報です。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\楽天モバイルでiPhoneが買える!しかも端末代4キャリア最安値/

楽天モバイルのお申し込みはこちらをタップ

※単独回線でも3GB 1,078円~使える!

>>最新の【楽天モバイル クーポン】はこちら
>>【楽天モバイルの評判】はこちら

auお得注意報!

Galaxy S24機種変更おトク割

auオンラインショップで使えるキャンペーン au Online Shop SIM乗りかえ特典

au_PR1

au_スマホスタート応援割

auではiPhone15シリーズやGalaxy S24/S24 Ultra、Pixel 8/8 Pro、TORQUE G06、Xiaomi 13T、Galaxy Tab S9 FE+ 5Gなどの新型スマートフォンやタブレットが続々登場!

それに伴い、auオンラインショップではお得なキャンペーンを多数実施しています。

新規ユーザーだけでなく、既存ユーザーへの還元も怠らないのがauの魅力。機種変更なら最大22,000円、他社からの乗り換えなら最大44,000円の還元が受けられちゃいます!

そして、スマホの買い替えで分割払いを検討している方には24回払いの「スマホトクするプログラム」がおすすめ!

機種に応じた残価を最終回分の支払いに設定し、25ヶ月目に端末を返却すると残価がまるっと免除される購入方法です。超カンタンにお伝えすると、実質半額程度の負担で2年ごとに新しいスマホが使える購入サポート。

例えば..

機種/定価 新規契約 乗り換え 機種変更
Galaxy S24
(256GB)
144,800円(NEW)
実質68,800円~
(初回2,998円+2,991円×22回)
実質57,800円~
(初回2,514円+2,513円×22回)
実質57,800円~
(初回2,514円+2,513円×22回)
Galaxy S24 Ultra
(256GB)
224,800円(NEW)
実質114,800円~
(初回4,998円+4,991円×22回)
実質103,800円~
(初回4,514円+4,513円×22回)
実質103,800円~
(初回4,514円+4,513円×22回)
iPhone 15
145,640円~
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
iPhone 14
127,900円~
実質33,047円~
(初回1,455円+1,436円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質38,547円~
(1,697円+1,675円×22回)
Pixel 8
93,600円~
実質11,047円~
(初回487円+480円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質16,547円~
(729円+719円×22回)

※2024年4月3日時点の情報です。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

Galaxy S24(256GB)なら通常価格は144,800円ですが、25ヶ月目に端末を返却すると65,000円が免除されるため、実質負担金は79,800円。

さらに22,000円割引を適用すると実質57,800円、月々2,513円(初回2,514円)で購入できちゃう! お得過ぎませんか!?

iPhone 14やPixel 8なら実質47円~購入できますよ!

そのほかauオンラインショップではSIM単体契約で10,000円相当還元も行っています。

もしあなたがスマホや携帯会社の切り替えを検討していたり、auでの機種変更を考えているなら、一度auオンラインショップを覗いてみてくださいね。

機種変更なら午前11時45分までの注文完了で当日の18時~22時に商品を届けてくれます(地域限定)

\オンライン購入アドバイザーに無料相談しながら手続きできる!/
auオンラインショップ公式 : https://www.au.com/mobile/onlineshop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

auオンラインショップはこちらをタップ!

※au Online Shop お得割実施中

>>最新の【au キャンペーン】はこちら
>>auショップ 待ち時間対策はこちら

 

ワイモバイルおすすめしない機種3選

ワイモバイル_おすすめしない機種

スマホの購入時のスマホ選びは、楽しい時間であると同時に、たくさん悩んでしまう時間でもあります。

それは、満足のいかないスマホを購入してしまうと、日常的にストレスを感じて、後悔してしまう可能性があるからです。

後から悔いることのないように、購入をおすすめできない機種・理由を把握しましょう。

ワイモバイルでおすすめしない機種は、以下の3つです。

ワイモバイルでおすすめしない機種

  • AQUOS wish3
  • Android One S10
  • かんたんスマホ3

ここでは、ワイモバイルで購入をおすすめしない3つのスマホについて詳しくお話ししますが、ここで紹介するスマホは、”絶対に買ってはいけない”というわけではありません

これらのスマホはそれぞれ魅力のあるスマホですが、それ以上の「良い選択肢がある」と考えられるスマホだということを覚えておきましょう。

AQUOS wish3

AQUOS-wish3

機種名 AQUOS wish3
メーカー シャープ
本体価格

31,680円
【割引後の価格】
13,680円~
(最大18,000円割引)
サイズ 高さ 147mm × 幅 70mm × 厚み8.9mm
重量 約161g
ディスプレイ 約5.7インチ
CPU MediaTek Dimensity® 700
メモリ(RAM)  4GB
ストレージ 64GB
メインカメラ 約1,300万画素
バッテリー容量 3,730mAh

参考:ワイモバイル公式サイト|AQUOS wish3 / シャープ公式サイト|Y!mobile AQUOS wish3

AQUOS wish3は、シャープから2023年7月6日に発売されたスマートフォンです。

AQUOS wishシリーズで好評のさらさらとした手触りと優しい風合いのカラーバリエーションを継承しています。

コンパクトなサイズ感なのに、防水・防塵・耐衝撃対応という丈夫さもあるのがポイントです。

しかし、ワイモバイルで発売されている機種の中で比較すると、AQUOS wish3よりも「Xperia Ace III」の方がおすすめです。

Xperia Ace IIIは、ワイモバイルで人気No.2のスマートフォンです。

AQUOS wish3とほぼ同じサイズ感とCPU性能ですが、AQUOS wish3よりもバッテリー容量が多く、本体価格も安いメリットがありますよ。

Xperia Ace III

Xperia-AceIII

  • 本体価格:25,920円
    割引後の価格:1円~(最大25,919円割引)
  • サイズ・重量:高さ 140mm × 幅 69mm × 厚さ 8.9mm × 162g
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 480 5G Mobile Platform
  • バッテリー容量:4500mAh

参考:ワイモバイル公式サイト|Xperia Ace III / ソニー公式サイト|Xperia Ace III

また、サイズ感にこだわらないのであれば、少しサイズは大きくなりますが、「moto g53y」という選択肢もあります

moto g53yは、AQUOS wish3よりも、ストレージが大きく、カメラの画素数も高いのが特徴です。

生体認証として指紋認証・顔認証を使用可能で、AQUOS wish3よりも価格が安いという利点があります。

moto g53y

moto-g53y

  • 本体価格:21,996円
    割引後の価格:1円~(最大21,995円割引)
  • ストレージ:128GB
  • メインカメラ:約5,000万画素 / PDAF:約200万画素
  • 生体認証:指紋認証・顔認証

参考:ワイモバイル公式サイト|moto g53y 5G / モトローラ公式サイト|moto g53y 5G

AQUOS wish3も魅力的な機種ではありますが、それ以上に魅力のある機種もあることを覚えておきましょう。

→ワイモバイルオンラインストアのスマホセール会場はこちら

Android One S10

Android-One-S10

機種名 Android One S10
メーカー 京セラ
本体価格 36,000円
サイズ 高さ 69mm × 幅 153mm × 厚み 8.9mm
重量 約169g
ディスプレイ 約6.1インチ TFT液晶
CPU Dimensity 700
メモリ(RAM)  4GB
ストレージ 64GB
メインカメラ メイン:約1,600万画素
ワイド:約1,600万画素
バッテリー 4,380mAh

参考:ワイモバイル公式サイト|Android One S10 / 京セラ公式サイト|Android One S10 スペック

Android One S10は、京セラから2023年1月19日に発売されたスマートフォンです。

京セラがワイモバイル向け製品として開発・発売したAndroid One S10は、バッテリーに大きな魅力があります。

4,380mAhの大容量バッテリーを搭載し、スピード充電に対応、バッテリーケアモードで長寿命バッテリーを実現しました。

また、本体とディスプレイに抗菌・抗ウイルス加工がされており、本体を泡タイプのハンドソープやボディソープで洗うこともできるので、いつでも清潔に使用できるメリットもあります。

しかし、ワイモバイルで発売されている機種の中で比較すると、Android One S10よりも「Libero 5G IV」の方がおすすめです。

Libero 5G IVは、Android One S10とCPU性能は変わりありませんが、ストレージ・バッテリー・カメラ性能が優秀です。

そして、Android One S10よりも安く手に入れることができるメリットがありますよ。

Libero 5G IV

Libero-5G-IV

  • 本体価格:21,996円
    割引後の価格:1円~(最大21,995円割引)
  • ストレージ:128GB
  • バッテリー容量:4,420mAh
  • カメラ性能:3眼カメラ
    メインカメラ 約5,000万画素 + 約200万画素 + 約200万画素

参考:ワイモバイル公式サイト|Libero 5G IV / ZTE公式サイト|Libero 5G IV

Libero 5G IVは、ZTEという中国の通信機器メーカーが発売しているスマートフォンです。

京セラは安心の日本メーカーなので、「海外製のメーカーはちょっと…」という場合には、Android One S10を選ぶと良いでしょう。

→ワイモバイルオンラインストアのスマホセール会場はこちら

かんたんスマホ3

kantan-sumaho3

機種名 かんたんスマホ3
メーカー 京セラ
本体価格 34,920円
サイズ 高さ 161mm × 幅 70mm × 厚み 8.9mm
重量 約173g
ディスプレイ 約6.1インチ TFT液晶
CPU MediaTek Dimensity 700
メモリ(RAM)  4GB
ストレージ 64GB
メインカメラ 約1,600万画素
バッテリー 4,500mAh

参考:ワイモバイル公式サイト| かんたんスマホ3 / 京セラ公式サイト|かんたんスマホ3 スペック

かんたんスマホ3は、京セラから2023年3月9日に発売されたスマートフォンです。

シニア層をメインターゲットとしたスマホで、フレイル対策サポートアプリを初搭載し、「押すだけサポート」や「使い方ナビ」で初めてのスマートフォン利用をサポートできる機能が揃っています。

NFC・FeliCa対応でキャッシュレス決済、マイナンバーカードの読み取りができるので、日常生活や行政関係の手続きもより便利になります。

かんたんスマホの本体価格の定価は安くはありませんが、キャンペーンなどを上手く活用できれば1円でGETすることも可能です。

そのため、かんたんスマホ3は、完全におすすめしないわけではなく、スマホデビューには適したスマホだといえるでしょう。

しかし、スマートフォンは使用しているうちに“慣れ”が生じます。

スマホを使い慣れてきて、「さまざまなことがしたい」「今まで以上にスマホを使いこなしたい」と考えた場合、すぐに買い替えというのも少しもったいないですよね。

それならば、かんたんスマホ3ではなく、「かんたんホーム」と「通常ホーム」を切り替えられる、一般的なスマホも視野にいれるのをおすすめします

ワイモバイル公式 ヤフー店 : https://ymobile-store.yahoo.co.jp/

最大23,000円相当キャッシュバック!学割も開催中!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※店舗と違って事務手数料がタダ!

 

ワイモバイル公式 : https://www.ymobile.jp/store/

オンラインストアなら機種代金が最大2万円値引き!学割も開催中!

今すぐスマホをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,850円する事務手数料が無料!

>>最新の【ワイモバイル キャンペーン】はこちら
>>【ワイモバイルの評判】はこちら

 

ワイモバイルで買うべきおすすめ機種3選

ここまで、ワイモバイルでおすすめしないスマホを紹介しましたが、逆に購入すべきといえるおすすめのスマホはあるのでしょうか?

ここでは、ワイモバイルで買うべきおすすめ機種3選を紹介します。

ワイモバイルおすすめ機種

  • OPPO Reno9 A
  • iPhone 13
  • iPhone SE3

おすすめ機種3選のおすすめポイントを紹介するので、ワイモバイルでスマホを購入する際の参考にしてくださいね。

OPPO Reno9 A

OPPO-Reno9-A

機種名 OPPO Reno9 A
メーカー OPPO
本体価格

41,400円
【割引後の価格】
8,640円~
(最大32,760円割引)
サイズ 高さ 160mm × 幅 74mm × 厚み 7.8mm
重量 約183g
ディスプレイ 約6.4インチ 有機EL(AMOLED)
CPU Qualcomm Snapdragon 695 5G
メモリ(RAM)  8GB
ストレージ 128GB
メインカメラ 広角:約4800万画素
超広角:約800万画素
マクロ:約200万画素
バッテリー 公称値:4500mAh
定格値:4400mAh

参考:ワイモバイル公式サイト|OPPO Reno9 A / OPPO公式サイト|Reno9 A スペック

OPPO Reno9 Aは、OPPOから2023年6月22日に発売されたスマートフォンです。

高コスパのワイモバイル人気No1スマホだよ!

「もっと、サクサク。もっと、ワクワク。」をコンセプトにしており、OPPO Reno Aシリーズの強みをさらにアップさせています。

大容量8GBのRAMを搭載、かつ最大16GBまで拡張可能なスペックでサクサク快適な操作感を実現しました。

OPPO-Reno9-A-RAM

36ヶ月使用してもシステム劣化具合を5%以下に抑えることのできる「システム劣化防止機能」や「DCE(Dynamic Computing Engine)」技術を搭載したことで、より快適に操作が可能となり、消費電力も抑えられます

カメラには、「広角:約4,800万画素 / 超広角:約800万画素 / マクロ:約200万画素」の3眼カメラを採用しました。

多彩なカメラモードを搭載しているので、どんなシーンでも鮮やかに美しく思い出に残すことができます。

OPPOの背面加工技術「OPPO Glow」をそのままに、美しいガラス素材を採用したデザイン。シンプルながら高級感のある外観は大きな魅力ですね。

OPPO Reno9 Aは、ミドルレンジのスマートフォンですが、ミドルレンジ以上のスペックとデザインを兼ね備えたスマホだといえるでしょう。

→ワイモバイルオンラインストアのスマホセール会場はこちら

iPhone 13

iPhone 13

機種名 iPhone 13
メーカー Apple
本体価格 115,200円
  【ワイモバイル特別価格】
128GB:93,600円
(機種変更の場合)
サイズ 高さ 146.7 mm × 幅 71.5 mm × 厚み 7.65 mm
重量 173 g
ディスプレイ 6.1インチ Super Retina XDR OLEDディスプレイ
CPU A15 Bionicチップ
メモリ(RAM)  非公開
(4GB)
ストレージ 128GB・256GB・512GB
メインカメラ 1,200万画素
バッテリー 非公開
(3227mAh)

参考:ワイモバイル公式サイト|iPhone 13 / Apple.com|iPhone 13 仕様

iPhone13は、2021年9月24日にAppleから発売されたスマホです。

ワイモバイルは、2023年11月15日にiPhone13の発売をスタートしたよ!

iPhoneシリーズは、どの機種も外れがない安定感が魅力です。

iPhone13は、2021年に発売したスマホではありますが、十分満足のいくスペックを持っています。

大手キャリアでは、新型モデルの販売に力を入れているため、iPhone13シリーズの在庫はほとんどありません。

ワイモバイルでは、まだ発売から間もないこともあって在庫も潤沢なので狙い目ですよ。

iPhone13

iPhone13の外観は、なめらかでiPhoneらしさのある美しいデザインながら、業界最高クラスのIP68等級の耐水性能を持っています。

カラーバリエーションは、グリーン・ピンク・ブルー・ミッドナイト・スターライト・(PRODUCT)RED™の6色展開です。

豊富なカラーバリエーションからあなた好みのiPhone13を見つけましょう!

→ワイモバイルオンラインストアのスマホセール会場はこちら

iPhone SE3

iPhoneSE3

機種名 iPhone SE3
メーカー Apple
本体価格 73,440円
割引額 最大18,000円割引
(オンラインストア)
サイズ 高さ 138.4 mm × 幅 67.3 mm × 厚み 7.3 mm
重量 144 g
ディスプレイ 4.7インチ Retina HDディスプレイ
CPU A15 Bionicチップ
メモリ(RAM)  非公開
(4GB)
ストレージ 64GB・128GB・256GB
メインカメラ 1,200万画素
バッテリー 非公開
(2,018mAh)

参考:ワイモバイル公式サイト|iPhone SE(第3世代) / Apple.com|iPhone SE 仕様

iPhone SE3(第3世代)は、Appleから2022年3月18日に発売されたスマートフォンです。

iPhone SEの「SE」は、“Special Edition(特別版)”という意味だよ!

iPhone SEシリーズは、通常のiPhoneと比較して、コンパクトな躯体で、コストパフォーマンスに優れているのが特徴です。

iPhone 13と同じCPU「A15 Bionic」を搭載しており、高い処理能力を持っています。

iPhone SE3の外観は、iPhone SE2(第2世代)と変わらず、画面の下にホームボタンがある伝統的なデザインです。

現在発売されているiPhoneの中で唯一Touch ID(指紋認証)を搭載しているので、「顔認証よりも指紋認証がいい」という方に適しています。

ワイモバイル公式 ヤフー店 : https://ymobile-store.yahoo.co.jp/

最大23,000円相当キャッシュバック!学割も開催中!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※店舗と違って事務手数料がタダ!

 

ワイモバイル公式 : https://www.ymobile.jp/store/

オンラインストアなら機種代金が最大2万円値引き!学割も開催中!

今すぐスマホをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,850円する事務手数料が無料!

>>最新の【ワイモバイル キャンペーン】はこちら
>>【ワイモバイルの評判】はこちら

 

買ってはいけないスマホの特徴

スマホ選びで後悔しないために、買ってはいけないスマホの特徴を把握しておきましょう。

買ってはいけないスマホの特徴

  • CPU性能が低い
  • 電池持ちが悪い
  • カメラ性能が低い
  • 発売日が古い 
  • 口コミや評価が悪い

ここでは、5つの買ってはいけないスマホの特徴についてお話しします。

CPU性能が低い | 動作がモッサリ

CPUは、Central Processing Unit(中央演算装置)のことを指します。

CPUは、スマホの頭脳や脳みそだよ!

CPU性能は、スマホの操作性を大きく左右するポイントとなるので、できるだけ高性能のものを選ぶのがおすすめです。

高性能なCPUはデータ処理が高速でできるため、スマホの操作性がスムーズでサクサク動作します。

逆に、CPU性能が低いスマホを選んでしまうと、データ処理に時間がかかり、動作がモッサリとしてストレスを感じてしまうこともあるので、注意が必要です。

電池持ちが悪い | 充電が面倒

電池持ちが悪いスマホは、度々充電をしなければならず、手間がかかります。

自宅にいるときなら問題はありませんが、外出先で充電するためにはモバイルバッテリーを持ち運ぶ必要があり、荷物が増えるなど不便を感じることも少なくありません。

充電回数が増えるほど、スマホのバッテリーは劣化してしまいますので、なるべく充電回数を減らせる電池持ちの良いスマホを選ぶのがおすすめです。

スマホのフル充電(0~100%)を500回で寿命がくるといわれているよ。
バッテリーの寿命の目安としては、1年半~2年程度だと覚えておこう!

スマホのバッテリー容量は、平均で3,000~3,500mAh程度ですが、いまのスマホは5,000mAhを超える大容量バッテリー搭載スマホも数多く存在します。

大容量バッテリーかつ省電力モードを搭載したスマホであれば、電池持ちが格段に良くなるでしょう。

ただし、スマホ選びの際には、バッテリー容量だけに注目するのではなく、連続稼働時間などもしっかりチェックしてくださいね。

カメラ性能が低い | 一眼と使い分けるなら問題なし

スマホは常に持ち歩くアイテムなので、スマホのカメラで日々の何気ない瞬間を思い出に残す方も多いでしょう。

美しい景色・日常をそのままの状態で写真に残すためには、スマホのカメラ性能・画素数が高くなければなりません

スマホと一眼を使い分けるならカメラ性能にはこだわる必要はないよ!

現代では、InstagramやXなどSNSを使っている方も多いですが、多くの“いいね”やコメントをGETするためには、画像のクオリティも重要なポイントとなります。

美しい写真を撮るためには、高い画素数はもちろん、カメラの手ぶれ補正や多彩な撮影モード、AIモードなど様々なカメラの機能が搭載されていると良いですね。

また、超広角・広角・標準の3つのレンズを使い分けられる3眼カメラが搭載されているスマホであれば、スマホだけでさまざまな画角の写真を楽しむこともできますよ

発売日が古い | アップデート期間が短い

発売日の古いスマホは、“型落ちスマホ”とも呼ばれています。

発売日が古いスマホは、新機種が発売されるタイミングで値下げされることが多いため、最新機種と比べてお得に手に入れることができます

発売日が古いスマホの中には性能があまり良くないものがあるので、安いからといってすぐに購入してしまうのはNGです。

発売日が古いスマホの中でも、iPhoneは基本的に性能が高く、快適に動作するのでおすすめですよ。

しかし、発売日が古いスマホには、アップデート期間が短いというデメリットがあります

スマホは、“ソフトウェアアップデート”によって、新機能の追加や不具合の修正、セキュリティ強化を行います。

発売日が古いスマホの場合、ソフトウェアアップデートの非対応機種となってしまうケースがあるので、注意が必要です。

ソフトウェアのアップデートができない場合、セキュリティの脆弱性などが出てきてしまうため、使用する上で大きなリスクを抱えることになることを覚えておきましょう。

口コミや評価が悪い | 避けたほうがいいかも

発売からしばらく時間が経っているスマホには、多くの口コミが寄せられ、評価がつけられています。

すでに発売されているスマホの購入を検討している場合には、口コミや評価を確認してください。

ただし、公式サイトには、スマホのマイナス部分については記載されていないので、SNSや知人から口コミや評価を集めるのをおすすめします。

口コミや評価をチェックするなかで、口コミや評価が悪いスマホは、避けたほうが無難です。

しかし、元の期待値が高すぎたからこそ、あまり口コミや評価が良くないケースもあります。

目にしている口コミや評価が、正しい情報か否かしっかりと見極めましょう!

ワイモバイル公式 ヤフー店 : https://ymobile-store.yahoo.co.jp/

最大23,000円相当キャッシュバック!学割も開催中!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※店舗と違って事務手数料がタダ!

 

ワイモバイル公式 : https://www.ymobile.jp/store/

オンラインストアなら機種代金が最大2万円値引き!学割も開催中!

今すぐスマホをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,850円する事務手数料が無料!

>>最新の【ワイモバイル キャンペーン】はこちら
>>【ワイモバイルの評判】はこちら

 

要チェック!

RM 3.2(2)

iPhoneを購入するなら楽天モバイルがおすすめ!

キャリア最安値&最大32,000円相当の還元が受けられ、最新iPhoneでも実質半額以下で購入できちゃいます!

  • 一括払いまたは24回払い
    →最大20,000円値引き+最大12,000ポイント還元
  • 48回払い
    →最大12,000ポイント還元

例えば、他社では約145,000円~150,000円するiPhone 15(128GB)が、楽天モバイルなら131,800円で購入可能。32,000円相当の還元を加味すると、実質99,800円で購入できます。

いま使っているキャリアで機種変更するよりも断然安くなります! 浮いたお金でケースや画面保護フィルムを揃えることも可能。本体容量をワンランクアップしても良いでしょう。

分割払いにしたい方は48回払いの楽天モバイル買い替え超トクプログラムを使って2年後に端末を返却すれば、本体代金の約半分の支払いが免除になります。

iPhone 15(128GB)ならポイント還元も加味すると実質53,880円で入手できちゃうんです!

ぜひ、この機会に楽天モバイル公式サイトを覗いてみてください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

最大32,000円相当還元!

楽天モバイルでお得にiPhone15/15 Proを購入する

※楽天ポイントもザクザクたまる!

>>最新の【楽天モバイルクーポン】はこちら

ワイモバイルでスマホを購入するならオンラインストアがおすすめ!

ワイモバイルオンラインストア かんたん機種変更

ワイモバイルでは、多種多様なスマホが販売されています。

おすすめできるスマホ、おすすめできないスマホをしっかりと見極めてあなたにあったスマホを見つけてください。

また、ワイモバイルは、店頭・オンラインでスマホを購入することができます。

「店頭とオンラインどっちのがいいの?」と悩んでしまう方もいらっしゃると思いますが、ワイモバイルでスマホを購入するならオンラインストアがおすすめです。

それは、ワイモバイルのオンラインストアは、スマホセールやタイムセールを開催しており、よりお得にスマホを購入できるから。

事務手数料(3,850円)やスマホの頭金も0円なので、初期費用を抑えることができます。

さらに、店頭と違って営業時間の縛りもないので「スマホを購入したい」と思ったタイミングで購入可能で、店頭よりも在庫が潤沢です。

スマホセールやタイムセールは、タイミングによって内容が変わりますので、ワイモバイルでスマホの購入を検討している方は、事前にセール内容をチェックしましょう!

ワイモバイル公式 ヤフー店 : https://ymobile-store.yahoo.co.jp/

最大23,000円相当キャッシュバック!学割も開催中!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※店舗と違って事務手数料がタダ!

 

ワイモバイル公式 : https://www.ymobile.jp/store/

オンラインストアなら機種代金が最大2万円値引き!学割も開催中!

今すぐスマホをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,850円する事務手数料が無料!

>>最新の【ワイモバイル キャンペーン】はこちら
>>【ワイモバイルの評判】はこちら

楽天モバイルお得情報!

要チェック!

RM 3.2(2)

iPhoneを購入するなら楽天モバイルがおすすめ!

キャリア最安値&最大32,000円相当の還元が受けられ、最新iPhoneでも実質半額以下で購入できちゃいます!

  • 一括払いまたは24回払い
    →最大20,000円値引き+最大12,000ポイント還元
  • 48回払い
    →最大12,000ポイント還元

例えば、他社では約145,000円~150,000円するiPhone 15(128GB)が、楽天モバイルなら131,800円で購入可能。32,000円相当の還元を加味すると、実質99,800円で購入できます。

いま使っているキャリアで機種変更するよりも断然安くなります! 浮いたお金でケースや画面保護フィルムを揃えることも可能。本体容量をワンランクアップしても良いでしょう。

分割払いにしたい方は48回払いの楽天モバイル買い替え超トクプログラムを使って2年後に端末を返却すれば、本体代金の約半分の支払いが免除になります。

iPhone 15(128GB)ならポイント還元も加味すると実質53,880円で入手できちゃうんです!

ぜひ、この機会に楽天モバイル公式サイトを覗いてみてください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

最大32,000円相当還元!

楽天モバイルでお得にiPhone15/15 Proを購入する

※楽天ポイントもザクザクたまる!

>>最新の【楽天モバイルクーポン】はこちら

ワイモバイルワイモバイル_ロゴ_ミニ
運営会社 ソフトバンクモバイル株式会社
元回線 ソフトバンク
iPhoneの販売 ワイモバイルで販売されているiPhone一覧
1円iPhone ワイモバイルの1円iPhone情報
端末一覧 ワイモバイルの端末一覧
評判・口コミ ワイモバイルの評判・口コミ
クーポンキャンペーン情報 ワイモバイルのキャンペーン
学割 ワイモバイルの学割情報
家族割 ワイモバイルの家族割情報
解約方法 ワイモバイルの解約方法
店舗 全国4,000店舗以上 : ワイモバイルの店舗とオンラインストアを比較
エリア ワイモバイルのエリア
5G 対応 : ワイモバイルの5G
料金 ワイモバイルの料金プラン「シンプル」 / ワイモバイル シンプル2
通話料 22円/30秒 : ワイモバイルの通話オプション
留守電 対応 : ワイモバイルの留守番電話
機種変更 ワイモバイルで機種変更する方法
デメリット ワイモバイルのデメリット
通信障害情報 ワイモバイルがつながらない時の対処法
MNP転出 ワイモバイルからMNP転出する方法
テザリング 可能 : ワイモバイルのテザリング方法
eSIM 対応 : ワイモバイルのAPN設定方法
Wi-Fi ワイモバイルのポケット型Wi-Fi
新規契約 ワイモバイルオンラインストアを使う全手順
予約 ワイモバイルで来店予約する方法
問い合わせ ワイモバイルへの問い合わせ方法
2回線目 ワイモバイル2回線目のお得な契約方法
海外利用 ワイモバイルの海外利用
審査情報 ワイモバイルの審査情報
事務手数料 オンライン申し込みで無料 : ワイモバイルの事務手数料
他社からののりかえ ドコモからワイモバイルへ乗り換える方法と手順
auからワイモバイルへ乗り換える方法と手順
ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える方法と手順
楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換える方法と手順
UQモバイルからワイモバイルへ乗り換える方法と手順
ahamoからワイモバイルへ乗り換える方法と手順
povoからワイモバイルへ乗り換える方法と手順
LINEMOからワイモバイルへ乗り換える方法と手順
IIJmioからワイモバイルへ乗り換える方法と手順
OCNモバイルからワイモバイルへ乗り換える方法と手順
mineoからワイモバイルへ乗り換える方法と手順
LINEモバイルからワイモバイルへ乗り換える方法と手順
J:COMモバイルからワイモバイルへ乗り換える方法と手順
他社との比較 ドコモとワイモバイルの比較
auとワイモバイルの比較
ソフトバンクとワイモバイルの比較
楽天モバイルとワイモバイルの比較
UQモバイルとワイモバイルの比較
ahamoとワイモバイルの比較
povoとワイモバイルの比較
LINEMOとワイモバイルの比較
IIJmioとワイモバイルの比較
OCNモバイルとワイモバイルの比較
mineoとワイモバイルの比較
LINEモバイルとワイモバイルの比較
その他 ワイモバイルのおすすめスマホ
ワイモバイルのかんたんスマホ
ワイモバイルの維持費を極限まで安くする方法
ワイモバイルのまとめて支払いの使い方
ワイモバイルの配送について
ワイモバイルのSIM再発行方法
格安SIMを目的別に探す
格安SIMの速度ランキング 格安SIM キャッシュバック 格安SIM 最安
口座振替ができる格安SIM デビットカードが使える格安SIM 後悔しない格安SIM
ドコモ回線の格安SIM au回線の格安SIM ソフトバンク回線の格安SIM
eSIM対応の格安SIM 学割がある格安SIM 通話無制限の格安SIM
格安SIM 端末セット 小中学生向けの格安SIM 格安SIM かけ放題 アプリ不要
格安SIM 1GB 格安SIM 3GB 格安SIM 大容量
格安SIM 月額0円 テザリングにおすすめの格安SIM 格安SIM 審査 緩い
ドコモエコノミーの格安SIM 音声通話のみで最安の格安SIM 格安SIM 比較表
実店舗がある格安SIM 事務手数料無料の格安SIM 格安SIM 5G対応状況
格安SIMをiPhoneで使うデメリット 格安SIM iPhone キャンペーン 格安SIM 無制限
格安SIM iPhone14 格安SIM iPhone13 格安SIM iPhone12
格安SIM iPhoneSE3 格安SIM iPhoneSE2 格安SIM iPad セット
格安SIMのApple Watch セルラーモデル対応 格安SIM au回線 格安SIM auから
格安SIM Galaxy S22 格安SIM Galaxy S23 格安SIM AQUOS Sense5G
格安SIM ZenFone9 格安SIM Nothing Phone(1) 格安SIM Xiaomi 12T Pro
格安SIM Xperia 1 V 格安SIM Xperia 5III 格安SIM Pixel 7a
格安SIM Pixel7    
  • この記事を書いた人
iPhone大陸

iPhone大陸運営事務局

格安SIMの「ロケットモバイル」を提供する株式会社IoTコンサルティングが運営しています。「IoT」という手段を通して、世の中を効率化し、生産性を上げていくことをミッションに抱えています。年々高騰するスマートフォンや頻繁に変化する格安SIMを後悔せず選べるように「iPhone大陸」を運営しております。

-格安SIM, Y!mobile(ワイモバイル)

© Copyright - 株式会社 IoTコンサルティング All Rights Reserved.