【4/11発売】auのGalaxy S24/Ultraが最大22,000円割引 | auオンラインショップ

【注目】楽天モバイル クーポン配布中!最大32,000円相当の還元も!

当サイトiPhone大陸の記事はPRを含みます。

【出戻り歓迎】再契約・2回線目も対象!

\2024年5月31日 23:59まで/RM出戻り

楽天モバイルにお得に乗り換えるなら今がチャンス!!

楽天モバイルの解約履歴がある方や2回線目を申し込みたい方も、三木谷社長の紹介URLから申し込むことで最大14,000ポイントがもらえます! また、三木谷社長の紹介キャンペーン経由で申し込むと、1件につき1万円を三木谷社長が個人的に「災害・人道支援」に寄付してくれ、間接的に支援できるのは嬉しいことです。

iPhoneをセット契約したい方は最大32,000円相当の還元、Androidは最大26,030円引きで購入できます!

楽天モバイルのiPhoneはキャリア最安値!

例えば、約12万円するiPhone14もキャンペーンを利用すれば、実質8万円台と10万円を切っての購入が可能です。 さらに、買い替え超トクプログラムを利用して2年後に端末を返却すれば実質負担金は半額以下!!

「今使っている携帯会社が高すぎる!」「iPhoneを安く買いたい!」「支援活動に協力したい!」そんなあなたは、ぜひこの機会に楽天モバイルを試してみてくださいね!

再契約も対象!SIMのみ契約で14,000ポイント還元

3GB 1,078円~使い始められる!

楽天モバイルのSIMを契約してポイントをもらうにはこちらをタップ

※再契約・2回線目も対象!

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\楽天モバイルでiPhoneが買える!しかも端末代4キャリア最安値/

今すぐスマホを楽天モバイルでお得に手に入れるにはこちらをタップ!

※最大1万相当以上の還元あり

>>最新の【楽天モバイル クーポン】はこちら
>>【楽天モバイルの評判】はこちら

ZTE

Libero 5G IVとLibero 5G IIIの違いを13項目で徹底比較!どっちを買うべき?

Libero 5G IV_vs_Libero 5G III

お買い得情報!

YM3

Libero 5G IVを安く買う方法は「キャンペーン×オンラインショップ」の活用!

手続内容 機種代金
新規契約 3,980円(18,016円お得)
乗り換え 3,980円(18,016円お得)
機種変更 17,676円(4,320円お得)

※2024年4月12日時点の情報です。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

通常価格は21,996円ですが、新規契約または他社からの乗り換えでシンプル2 M/Lを契約すれば一括3,980円で購入できます!

なんと最大18,016円もお得!!

スマホの買い替えはもちろん、新規契約でも3,980円になるのでサブ機や子どものスマホデビューにもピッタリです。

WEBから購入すれば店舗でかかる3,850円の事務手数料も無料です。

ワイモバイルオンラインストアは以下の青いリンクからアクセスできるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

→ワイモバイルオンラインストア ヤフー店 スマホセール会場はこちら

この記事ではLibero 5G IVとLibero 5G IIIの違いを13項目で徹底比較します。この2つの端末はワイモバイルから販売されているもので、スペックとしてはエントリー〜ミドルスペックといったところです。

おサイフケータイや生活防水、4,000mAh以上のバッテリー性能、5G通信、eSIMなど、最低限欲しい機能はしっかり搭載しています。本格的なゲームなどバリバリこなしたい方には向きませんが、スマホとして普段使いしたい方には十分おすすめできる性能を持っています。

2023年モデルのLibero 5G IVと2022年モデルのLibero 5G IIIの違いはなんでしょう?比較項目は以下の通りです。

Libero 5G IVになったことで主にメインカメラ性能とROM容量が強化されています。一方で有機ELディスプレイだったものが、TFT液晶になるなど「もしかしてスペックダウンかな?」と思う部分があるのも事実です。1つ1つ違いを丁寧に解説することで、Libero 5G IVとLibero 5G IIIどっちを買った方がいいのか決められる記事に仕上げました。

参考にして自身にぴったりの端末を選んでくださいね。

【Androidスマホの最新情報】

2024年4月16日更新

ワイモバイル公式 ヤフー店 : https://ymobile-store.yahoo.co.jp/

最大23,000円相当キャッシュバック!学割も開催中!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※店舗と違って事務手数料がタダ!

 

ワイモバイル公式 : https://www.ymobile.jp/store/

オンラインストアなら機種代金が最大2万円値引き!学割も開催中!

今すぐLibero 5G IV/Ⅲをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,850円する事務手数料が無料!

>>最新の【ワイモバイル キャンペーン】はこちら
>>【ワイモバイルの評判】はこちら

楽天モバイルおトク注意報!

RM 3.2cb

RM Android 26,930円CB

楽天従業員 紹介キャンペーン

スマホトク得乗り換え

楽天モバイル 最強青春プログラム

RM6

楽天モバイルではおトクなキャンペーンを多数用意しています!
とくにiPhoneの購入を検討している方は楽天モバイルでの購入を視野にいれましょう。

なんといっても楽天モバイルのiPhoneは4キャリア最安値!

さらに、今なら最大32,000円相当もお得に購入できちゃいます! 還元を加味するとApple StoreよりもおトクにiPhoneの購入が可能です。

各種キャンペーンをフル活用すれば、iPhone15だって実質9万円台~購入できちゃうんです! おトク過ぎませんか!?

例えば..

iPhone15(128GB)を購入した場合、通常価格は131,800円ですが、20,000円値引き+12,000ポイント還元で合計32,000円相当お得に購入できます!

キャンペーン適用後の価格は実質99,800円です。

分割払いで購入したい方は48回払いの「楽天モバイル買い替え超トクプログラム」を利用し、24回目の支払いが完了した際に端末を返却することで、機種代金の最大半額分の支払が免除になります(この場合は12,000ポイントのみ適用)。

また、22歳以下の方は学割「最強青春プログラム」の適用で、プラン料金が最安実質858円(税込)~利用可能! 全キャリア最安値の月額料金で使えます。

以前に楽天モバイルを解約している場合でも、今なら再契約で最大14,000ポイントがもらえるので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

まずは 楽天モバイルの料金&ポイントのかんたんシミュレーションでどれだけお得になるかチェックしてみましょう!

※2024年4月15日時点の情報です。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\楽天モバイルでiPhoneが買える!しかも端末代4キャリア最安値/

楽天モバイルのお申し込みはこちらをタップ

※単独回線でも3GB 1,078円~使える!

>>最新の【楽天モバイル クーポン】はこちら
>>【楽天モバイルの評判】はこちら

auお得注意報!

Galaxy S24機種変更おトク割

auオンラインショップで使えるキャンペーン au Online Shop SIM乗りかえ特典

au_PR1

au_スマホスタート応援割

auではiPhone15シリーズやGalaxy S24/S24 Ultra、Pixel 8/8 Pro、TORQUE G06、Xiaomi 13T、Galaxy Tab S9 FE+ 5Gなどの新型スマートフォンやタブレットが続々登場!

それに伴い、auオンラインショップではお得なキャンペーンを多数実施しています。

新規ユーザーだけでなく、既存ユーザーへの還元も怠らないのがauの魅力。機種変更なら最大22,000円、他社からの乗り換えなら最大44,000円の還元が受けられちゃいます!

そして、スマホの買い替えで分割払いを検討している方には24回払いの「スマホトクするプログラム」がおすすめ!

機種に応じた残価を最終回分の支払いに設定し、25ヶ月目に端末を返却すると残価がまるっと免除される購入方法です。超カンタンにお伝えすると、実質半額程度の負担で2年ごとに新しいスマホが使える購入サポート。

例えば..

機種/定価 新規契約 乗り換え 機種変更
Galaxy S24
(256GB)
144,800円(NEW)
実質68,800円~
(初回2,998円+2,991円×22回)
実質57,800円~
(初回2,514円+2,513円×22回)
実質57,800円~
(初回2,514円+2,513円×22回)
Galaxy S24 Ultra
(256GB)
224,800円(NEW)
実質114,800円~
(初回4,998円+4,991円×22回)
実質103,800円~
(初回4,514円+4,513円×22回)
実質103,800円~
(初回4,514円+4,513円×22回)
iPhone 15
145,640円~
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
iPhone 14
127,900円~
実質33,047円~
(初回1,455円+1,436円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質38,547円~
(1,697円+1,675円×22回)
Pixel 8
93,600円~
実質11,047円~
(初回487円+480円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質16,547円~
(729円+719円×22回)

※2024年4月3日時点の情報です。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

Galaxy S24(256GB)なら通常価格は144,800円ですが、25ヶ月目に端末を返却すると65,000円が免除されるため、実質負担金は79,800円。

さらに22,000円割引を適用すると実質57,800円、月々2,513円(初回2,514円)で購入できちゃう! お得過ぎませんか!?

iPhone 14やPixel 8なら実質47円~購入できますよ!

そのほかauオンラインショップではSIM単体契約で10,000円相当還元も行っています。

もしあなたがスマホや携帯会社の切り替えを検討していたり、auでの機種変更を考えているなら、一度auオンラインショップを覗いてみてくださいね。

機種変更なら午前11時45分までの注文完了で当日の18時~22時に商品を届けてくれます(地域限定)

\オンライン購入アドバイザーに無料相談しながら手続きできる!/
auオンラインショップ公式 : https://www.au.com/mobile/onlineshop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

auオンラインショップはこちらをタップ!

※au Online Shop お得割実施中

>>最新の【au キャンペーン】はこちら
>>auショップ 待ち時間対策はこちら

Libero 5G IVとLibero 5G IIIの違いをスペック一覧表で比較

Libero 5G IVとLibero 5G IIIの違い

Libero 5G IVとLibero 5G IIIの大きな違いはメインカメラの性能とROM容量です。この2つは特にLibero 5G IVになって大きく改良されたポイントで、Libero 5G IVを買うべき大きな魅力になります。具体的にスペック表にまとめると以下の通りです。

機種名 Libero 5G IV Libero 5G III
サイズ
(高さ×幅×厚み)
166mm×76mm×8.6mm 168mm×78mm×9.1mm
重量 194g 約207g
カラー ブルー
ホワイト
ブラック
パープル
ホワイト
ブラック
CPU Dimensity 700(オクタコア)2.2GHz+2.0GHz Dimensity 700(オクタコア)2.2GHz+2.0GHz
RAM 4GB 4GB
ROM 128GB 64GB
アウトカメラ メイン:約5,000万画素
マクロ:約200万画素
被写界深度専用カメラ:約200万画素
メイン:約1,300万画素
マクロ:約200万画素
被写界深度専用カメラ:約200万画素
インカメラ 約800万画素 約800万画素
ビデオ撮影 フルHD フルHD
ディスプレイ 約6.6インチ
TFT液晶
解像度:2,408×1,080(フルHD+)
約6.67インチ
有機EL
解像度:2,400×1,080(フルHD+)
最大輝度 非公表 非公表
リフレッシュレート 非公表 非公表
バッテリー容量 4,420mAh 4,120mAh
急速充電 22.5W対応
(USB Type-C PD-PPS対応 ACアダプタで103分)
最大速度不明
USB Type-C PD-PPS対応 ACアダプタで85分
ワイヤレス充電
生体認証 指紋、顔対応 指紋
SDカード microSDXC/ 最大1TB microSDXC/ 最大1TB
イヤホンジャック
防水・防塵性能 防水:IPX5,IPX7
防塵:IP6X
防水:IPX5,IPX7
防塵:IP5X
充電端子 USB Type-C USB Type-C
おサイフケータイ 対応 対応
SIM nanoSIM / eSIM nanoSIM / eSIM
4G LTE B1 / B3 / B8 / B41 / B42
出典:ZTE Libero 5G IV搭載周波数帯一覧
B1 / B3 / B8 / B41 / B42
出典:ZTE Libero 5G IV搭載周波数帯一覧
5G 転用5G:n3 / n28
Sub6:n77
転用5G:n3 / n28
Sub6:n77
発売日 2023年12月7日 2022年12月15日
価格 21,996円(ワイモバイル) 販売終了
※販売終了前:21,996円
※発売当初価格:24,480円

スペック出典:Libero 5G IVLibero 5G III|ワイモバイル公式

カメラ性能は特に大きく進化した部分で、Libero 5G IVのメインカメラの画素数は5,000万画素です。Libero 5G IIIは1,300万画素だったことを考えると、より綺麗に写真が撮れることに期待が高まります。

またROM容量が64GBから128GBにアップLibero 5G IIIでは使えなかった顔認証を使えるようになった点など、Libero 5G IIIからLibero 5G IVのスペックアップは決して小さくありません。

にもかかわらず価格は同じということも見逃せない点です。単純にスペックだけを見るとLibero 5G IVを買ったほうが良いと感じる方が多いのではないでしょうか。

ここからはLibero 5G IVとLibero 5G IIIの違いを1つずつ見ていきましょう。

パッと見ると、Libero 5G IVを買わない理由はなさそうだけど、どうでしょう?
ただLibero 5G IIIは有機ELディスプレイだけど、Libero 5G IVはTFT液晶なのが気になるな…この辺りも含めてしっかり確認していくぞ!

ワイモバイル公式 ヤフー店 : https://ymobile-store.yahoo.co.jp/

最大23,000円相当キャッシュバック!学割も開催中!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※店舗と違って事務手数料がタダ!

 

ワイモバイル公式 : https://www.ymobile.jp/store/

オンラインストアなら機種代金が最大2万円値引き!学割も開催中!

今すぐLibero 5G IV・Libero 5G IIIをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,850円する事務手数料が無料!

>>最新の【ワイモバイル キャンペーン】はこちら
>>【ワイモバイルの評判】はこちら

 

Libero 5G IVの発売日はいつ?

Libero 5G IVは2023年12月7日に発売されます。

取り扱いキャリアはワイモバイルのみで、ソフトバンクやその他のキャリアでは購入できません。

また、後述しますが、Libero 5G IVはドコモやauの主要バンドに対応していません。そのためLibero 5G IVを他社に持ち込んで使う場合は、電波が繋がりにくい場面がでてくるでしょう。

Libero 5G IVを使いたい場合は、ソフトバンク回線で使うのがおすすめです!

→ワイモバイルオンライストアのスマホセール会場はこちら

 

Libero 5G IVとLibero 5G IIIの本体価格の違いを比較

Libero 5G IVとLibero 5G IIIの違い

販路 Libero 5G IV Libero 5G III
ワイモバイル 21,996円 販売終了
※販売終了前:21,996円
※発売当初価格:24,480円

販売価格出典:Libero 5G IVLibero 5G III|ワイモバイル公式

発売当初価格はLibero 5G IVが21,996円で、Libero 5G IIIは24,480円でした。

Libero 5G IIIは現在、販売終了しているため、これから購入するならLibero 5G IVになるでしょう。

Libero 5G IVはワイモバイルで1円スマホとして販売されている場合もあります。新規契約でも1円になることがあるのでキャンペーンには注目しておきましょう。

なお、Libero 5G IVはワイモバイルショップの実店舗でも、オンラインストアでも買うことができます。

おすすめはワイモバイルのオンラインストアでの購入です。実店舗では3,850円の事務手数料や頭金(1万円以上かかることもある)がかかります。しかしオンラインなら無料です。
家族で外食できちゃうな!ガソリン代や電車賃がかかるし、店舗まで行く時間や待たされる時間も無駄だし、確かにオンラインストアの方が良さそうだな!

また、ワイモバイルオンラインストアで新規契約または乗り換えと同時に購入することで、Libero 5G IVを1円で買うこともできます。

ぜひ、ワイモバイルオンラインストアでお得に乗り換え&機種変更をしてくださいね!

ワイモバイル公式 ヤフー店 : https://ymobile-store.yahoo.co.jp/

最大23,000円相当キャッシュバック!学割も開催中!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※店舗と違って事務手数料がタダ!

 

ワイモバイル公式 : https://www.ymobile.jp/store/

オンラインストアなら機種代金が最大2万円値引き!学割も開催中!

今すぐLibero 5G IV/Ⅲをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,850円する事務手数料が無料!

>>最新の【ワイモバイル キャンペーン】はこちら
>>【ワイモバイルの評判】はこちら

 

要チェック!

RM 3.2(2)

iPhoneを購入するなら楽天モバイルがおすすめ!

キャリア最安値&最大32,000円相当の還元が受けられ、最新iPhoneでも実質半額以下で購入できちゃいます!

  • 一括払いまたは24回払い
    →最大20,000円値引き+最大12,000ポイント還元
  • 48回払い
    →最大12,000ポイント還元

例えば、他社では約145,000円~150,000円するiPhone 15(128GB)が、楽天モバイルなら131,800円で購入可能。32,000円相当の還元を加味すると、実質99,800円で購入できます。

いま使っているキャリアで機種変更するよりも断然安くなります! 浮いたお金でケースや画面保護フィルムを揃えることも可能。本体容量をワンランクアップしても良いでしょう。

分割払いにしたい方は48回払いの楽天モバイル買い替え超トクプログラムを使って2年後に端末を返却すれば、本体代金の約半分の支払いが免除になります。

iPhone 15(128GB)ならポイント還元も加味すると実質53,880円で入手できちゃうんです!

ぜひ、この機会に楽天モバイル公式サイトを覗いてみてください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

最大32,000円相当還元!

楽天モバイルでお得にiPhone15/15 Proを購入する

※楽天ポイントもザクザクたまる!

>>最新の【楽天モバイルクーポン】はこちら

Libero 5G IVとLibero 5G IIIのデザイン・カラーの違いを比較

Libero 5G IVとLibero 5G IIIの違い

Libero 5G IVとLibero 5G IIIのデザイン・カラーを比較すると前面と背面のカメラデザイン、側面の電源ボタンの大きさに違いがあることがわかります。

Libero 5G IVは雫型のフロントカメラが配置されているのに対し、Libero 5G IIIはパンチホール型です。またカメラはLibero 5G IVが2つの大きな丸型ユニットにレンズが収納されているのに対し、Libero 5G IIIは長方形のカメラユニットに収まっています。

側面デザインは若干ですが、Libero 5G IVの方が電源ボタンが大きいことが違いの1つです。

またカラーは3色展開であることとうち2色はホワイトとブラックであることは共通していますが、Libero 5G IVにはブルーがLibero 5G IIIにはパープルが用意されています。

項目 Libero 5G IV Libero 5G III
正面 Libero 5G IVとLibero 5G III_正面デザイン
・フロントカメラは雫型のパンチホールに配置されている ・フロントカメラは丸型パンチホールに配置されている
・どちらもフラットディスプレイで下のベゼルが少し厚め
背面 Libero 5G IVとLibero 5G III_背面デザイン
・カメラは大きな丸型ユニットに合計3つのカメラが収納されており、その右側にフラッシュを配置 ・長方形のカメラユニットに3つのレンズとフラッシュを収納、2つのカメラレンズとフラッシュが縦並び、その右にもう1つのレンズという配置
・背面はどちらもフラットな仕上がり
側面 Libero 5G IVとLibero 5G III_側面デザイン
・比較すると電源ボタンが大きい ・比較すると電源ボタンが小さい
・どちらも側面は金属製のフレームで覆われており、フラットな仕上がり
・ボタンは右側面のみで、上にボリュームボタン・下に電源ボタンを配置
・左側面にはSIMトレーを配置
カラー Libero 5G IVとLibero 5G III_カラー
ブルー
ホワイト
ブラック
パープル
ホワイト
ブラック

写真・スペック出典:Libero 5G IVLibero 5G III|ワイモバイル公式

Libero 5G IIIのフロントカメラはディスプレイの表示領域にあるため、邪魔に感じるかもしれません。Libero 5G IVはより自然にデザインに収まっています

背面デザインはまるで別の機種なのではというくらい、カメラデザインに違いがあります。

丸型のカメラユニットを2つ搭載したカメラデザインは、iPhoneやGalaxyなどと共通した部分があり、最近の流行りに近づけた印象です。一番近いのはZenfone 10ではありますが…

ただ丸型のユニットは2つですが、下のユニットにはよく見ると2つのレンズが収容されており、このデザインは他にはなかなか見ないものとなっています。

一方のLibero 5G IIIは長方形のユニットに3つのレンズとフラッシュを搭載しています。レンズ1つ1つが三角形に近い形に覆われているところが、ユニークなデザインです。

背面が全体的にフラットな部分やFeliCaマークがカメラの右側に配置されていることなど、ほぼ共通しています。

側面デザインは大きく違いがありません。どちらも金属製のフレームで囲われており、仕上がりはフラットです。ボタン配置やSIMトレーの位置もほぼ同じですが、ボタンの大きさだけ若干違います、Libero 5G IVの方が大きく作られていますが、これはLibero 5G IVのみ電源ボタンに指紋センサーを搭載していることが関係しているかもしれません。

同じシリーズの機種を比較した中では、「デザインが大きく変更された機種」と言えそうですね!

 

Libero 5G IVとLibero 5G IIIのサイズ・重量の違いを比較

Libero 5G IVとLibero 5G IIIの違い

Libero 5G IVとLibero 5G IIIのサイズを比較すると、Libero 5G IVは166mm×76mm×8.6mmに対し、Libero 5G IIIは168mm×78mm×9.1mmです。高さ・幅・厚さ全てにおいてLibero 5G IVの方が小さく仕上がっています

また、重量を比較するとLibero 5G IVは194gで、207gのLibero 5G IIIより13g軽くなりました

重量に関しては一般的には200gが重いと感じるか軽いと感じるかのラインと言われているので、数字以上にLibero 5G IVの方が軽く感じることはあるかもしれません。

項目 Libero 5G IV Libero 5G III
高さ 166mm 168mm
76mm 78mm
厚さ 8.6mm 9.1mm
画面サイズ 約6.6インチ 約6.67インチ
重量 約194g 約207g

スペック出典:Libero 5G IVLibero 5G III|ワイモバイル公式

Libero 5G IVとLibero 5G III_サイズ

写真出典:Libero 5G IVLibero 5G III|ワイモバイル公式

Libero 5G IVの方が、Libero 5G Ⅲより高さ・幅ともに2mm小さくなっています。少しでもコンパクトな端末をと考えるならLibero 5G IVを買った方が良いとはなりますが、2mmずつしか変わらないので、それほど違いが感じられるかは疑問が残るところです。

なお、Libero 5G IVは6.6インチ、Libero 5G Ⅲは6.67インチでこのわずかな画面サイズの違いがサイズの差にあらわれていると考えられます。

厚みの差は0.5mmです。薄い方が持ちやすいので、少しでも持ちやすい機種を求めるのであればLibero 5G IVを選んだ方が良いでしょう。なお、クレジットカードの厚みが0.76mmなので、2つの機種の差はそれ以下です。

どちらも6.6インチで200g前後なので、極端に軽い、重たい端末ではありませんが、少しでも軽い端末を選びたいならLibero 5G IVを選びましょう。

→ワイモバイルオンライストアのスマホセール会場はこちら

 

Libero 5G IVとLibero 5G IIIのディスプレイの違いを比較

Libero 5G IVとLibero 5G IIIの違い

Libero 5G IVとLibero 5G IIIのディスプレイを比較するとディスプレイサイズとディスプレイの種類に違いがあります。

Libero 5G IVは約6.6インチのTEF液晶ディスプレイなのに対し、Libero 5G IIIはわずかに大きい約6.67インチの有機ELディスプレイを搭載しています。

項目 Libero 5G IV Libero 5G III
ディスプレイサイズ 約6.6インチ 約6.67インチ
ディスプレイ種類 TFT液晶 有機EL
ディスプレイ解像度 2,408×1,080(フルHD+) 2,408×1,080(フルHD+)

スペック出典:Libero 5G IVLibero 5G III|ワイモバイル公式

わずかではありますが、Libero 5G IIIの方が大きいサイズのディスプレイを搭載しています。ただし、「大きなサイズのディスプレイを求めるなら、Libero 5G IIIを買いましょう」というほどの差ではないかなというのが正直な感想です。画面サイズの大きさはほぼ同じと考えても良いかもしれません。

また、Libero 5G IVとLibero 5G IIIではディスプレイの種類が違い、Libero 5G IVはTFT液晶、Libero 5G IIIは有機EL液晶を搭載しています。TFT液晶と有機ELの違いは以下の通りです。

液晶と有機ELの違い

  • TFT液晶…バックライトの光を、液晶が制御することによって画像を映し出す技術
    メリット:安価である、焼きつきが少ない、屋外でもみやすい
  • 有機EL…素子自体が光を発することで画面を映し出す技術
    メリット:消費電力が少ない、色彩が美しい、残像が発生しにくい、形を変えやすい、視野角が広い

有機ELディスプレイは色の鮮やかさやコントラストが高く、特に優れているのが黒の美しさです。一方でTFT液晶はより明るい画面であることや色が均一になりやすい点で優れています。

したがって、TFT液晶だから必ずしも劣っているわけではありません。しかし、一般的には有機ELディスプレイの方が優れているという声が多いのも事実で、ディスプレイに関してはスペックダウンだと思う方もいるでしょう。

最終的には好みの問題になりそうだな!
そもそも、綺麗な映画を見たい!バリバリゲームをしたいという方が買う機種ではありません。映像にこだわりがなければ、ディスプレイの違いよりも他のスペックの差を判断材料にした方がいいかなと思います。

なお、TFT液晶の欠点でもある、重量の問題ですが、端末全体でみれば、この欠点は克服してるので安心です。Libero 5G IVは前モデル非で13g軽くなっています。ただし、省電力性能にどれだけ違いがあるかは、判断が難しいというのが現実です。

あまりディスプレイの違いは気にする必要がありませんが、強いていうならば、より明るい画面がいいならLibero 5G IV、よりコントラストがはっきりした画面がいいならLibero 5G IIIを選ぶと良いでしょう。

 

Libero 5G IVとLibero 5G IIIのカメラ性能の違いを比較

Libero 5G IVとLibero 5G IIIの違い

Libero 5G IVとLibero 5G Ⅲのカメラ性能を比較すると、最も大きいのはメインカメラ性能の違いです。Libero 5G IVは5,000万画素のメインカメラなのに対し、Libero 5G IIIは1,300万画素にとどまっています。またLibero 5G IVは認識AI機能を搭載していることが大きな進化です。

項目 Libero 5G IV Libero 5G III
アウトメインカメラ 約5,000万画素 約1,300万画素
アウトマクロカメラ 約200万画素 約200万画素
アウト深度専用カメラ 約200万画素 約200万画素
インカメラ 約800万画素 約800万画素

スペック出典:Libero 5G IVLibero 5G III|ワイモバイル公式

Libero 5G IVとLibero 5G III_カメラ

Libero 5G IV(左)とLibero 5G III(右)のカメラ構成(出典:Libero 5G IVLibero 5G III)

どちらのアウトカメラもメイン・マクロ・深度専用カメラの3レンズ構成なのは変わりません。背景ぼかし、夜間撮影モード、ポートレートモードなどの撮影機能を使って、さまざまな写真を撮ることができます。

Libero 5G IVとLibero 5G III_カメラ

Libero 5G IV(左)とLibero 5G III(右)の撮影モード(出典:Libero 5G IVLibero 5G III )

マクロレンズは専用のレンズがあるだけあって、すごいですね!蝶の触覚や水滴までしっかり撮影できています!
2万円ちょっとで買えるスマホで撮った写真だって言ったらみんな驚きそう!これらはどっちにも共通している強みだな!

Libero 5G IVの進化したポイントは大きく2つで、5,000万画素の高解像度写真が撮影できるようになったことと、認識AI機能を搭載したことです。

画素数が上がることで、より綺麗な写真が撮影できることが期待できます。Libero 5G IVになって単純にメインカメラの性能が良くなったと考えて良いでしょう。

また、認識AI機能とは、AIが被写体を「人物」「風景」「動物」などどれに該当するかを自動で認識し、最適な撮影モードを選んでくれる機能です。何も考えずに、撮りたいものにカメラを向けるだけで綺麗な写真を撮れる気軽さが、Libero 5G IVでは味わえます。

カメラについて難しいことは考えたくない、でもそこそこの綺麗な写真を撮影したいと考えている方には、Libero 5G IVがおすすめです。

普段の何気ない写真を残しておきたい方に、Libero 5G IVはぴったりスペックですね。
カメラについて詳しくないって方にこそ、AIを使ったカメラ任せの写真撮影を体感してほしいぞ!

→ワイモバイルオンライストアのスマホセール会場はこちら

 

Libero 5G IVとLibero 5G IIIのCPU・Antutuベンチマークの違いを比較

Libero 5G IVとLibero 5G IIIの違い

Libero 5G IVとLibero 5G IIIを比較すると、全く同じDimensity 700を搭載しています。したがってAntutuベンチマークスコアも同じくらいだと予想されます。

項目 Libero 5G IV Libero 5G III
CPU Dimensity 700 Dimensity 700

スペック出典:Libero 5G IVLibero 5G III|ワイモバイル公式

CPUとは人間で言うと脳に当たるパーツです。CPUの性能によってスマホ自体の性能がよくなるといっても過言ではなく、処理速度や消費電力に大きな影響を与えます。

Libero 5G IVとLibero 5G III搭載されているCPUは多くのミドルレンジスマホに採用されているDimensity 700です。CPUが同じである以上、根本的なパフォーマンスは大きく違わないでしょう。

正確なベンチマークスコアはわかっていませんが、Dimensity 700を搭載するスマホの数字を参考にすると概ね以下の通りと予想されます。

項目 スコア
総合スコア  約36万点
CPUスコア
(スマホ全体の処理性能) 
約12.5万点
GPUスコア
(グラフィック性能) 
約7.5万点
MEMスコア
(メモリ・ストレージの読み書き性能) 
約7万点
UXスコア(操作性能)  約9万点
ベンチマークとはスマホの性能を数値化したもので、戦闘力のようなものとイメージしてもらうといいと思います。Antutuベンチマークはその1つで、4つの性能をそれぞれ数値化することで、スマホ同士の性能差を客観的に比較することが可能です。

また、Antutuベンチマークの目安を示すと以下の通りです。

総合スコア モデル 体感
総合スコア 50万点以上
GPUスコア 18万点以上
フラグシップ ヌルヌルサクサクで超快適
総合スコア 35万〜50万点
GPUスコア 14~18万点
ハイエンド 重いゲームでも快適に利用できる
総合スコア 25万〜35万点
GPUスコア 7~14万点
ミドルハイ たまにゲームをするくらいで日常使いには十分
総合スコア 15万点〜25万点
GPUスコア 3~7万点
ミドル 一般的な使い方であれば快適
総合スコア 15万点以下
GPUスコア 3万点以下
エントリー テキストベースのやり取りやWeb検索などの利用がメイン

総合スコアはハイエンド相当で、快適に利用できる一方でその割にGPUスコアが少し低いかなという印象です。GPU性能はいわゆる画像処理に関する性能で、特にゲームをするときに重要になってきます。普段の操作は問題なくできそうだけれども、ゲーム性能は少し不安というイメージです。

多少の違いはあるかもしれませんが、Libero 5G IVとLibero 5G IIIも同じようなAntutuベンチマークとなるでしょう。

Libero 5G IVとLibero 5G IIIのメインターゲットは、「安価でそこそこ動く機種を求める人」のはずです。ゲームをバリバリやりたいという人はいないでしょうから、それにぴったりな性能と言えそうですね!

 

Libero 5G IVとLibero 5G IIIのRAM/ROMの違いを比較

Libero 5G IVとLibero 5G IIIの違い

Libero 5G IVとLibero 5G IIIのRAMとROMを比較すると、ROMに違いがありますLibero 5G IVは128GBのROMを搭載しているのに対し、Libero 5G IIIは64GBです。

項目 Libero 5G IV Libero 5G III
RAM 4GB 4GB
ROM 128GB 64GB

スペック出典:Libero 5G IVLibero 5G III|ワイモバイル公式

RAM・ROMとは

RAM…メモリとも呼ばれる、データを一時的に保管しておくスペースのこと。たとえると作業デスクの大きさで、容量が大きいと効率よくデータ処理が行えるため、特にマルチタスクの処理速度が上がる。

ROM…ストレージとも呼ばれる、データの保管するスペースのこと。たとえると倉庫の大きさで、容量が大きいと書類や写真・動画などのデータをより多く保管しておける

RAMはどちらも4GBと変わりません。できれば6GB欲しいところですが、メール・ネットサーフィンやSNS・LINEくらいなら問題なくこなせるかなという容量の大きさです。前述した通り、CPUも同じものを搭載しているので、Libero 5G IVとLibero 5G IIIの処理速度は同等と考えられます。

一方でROMには違いがあり、Libero 5G IVは128GB、Libero 5G IIIは64GBです。以下の表は写真やビデオを撮影したときにどれだけ保管できるか示したものです。

項目 Libero 5G IV Libero 5G III
写真(1枚4MBとして計算) 約32,000枚 約16,000枚
動画(フルHD画質) 約21時間 約10時間半

※なおスマホを動かすために必要なプログラムデータで消費する容量もあるため、全てを使うことはできない

他に必須のアプリなどをダウンロードすることを考えると、64GBでは少し心許ないかなというのが正直な印象です。特に動画撮影もする方はLibero 5G IVを選んだ方が無難でしょう。

ただし後述しますが、Libero 5G IVもLibero 5G IIIもSDカードを使って、容量を拡張できます。
SDカードを買うことにもお金がかかるし、もともとスマホに搭載している容量の方が使いやすいから、128GBであることのメリットももちろん大きい。だけどそれが機種を選ぶ選ぶ決定打となる訳ではなさそうだな!

 

Libero 5G IVとLibero 5G IIIのバッテリー・電池持ちの違いを比較

Libero 5G IVとLibero 5G IIIの違い

Libero 5G IVとLibero 5G IIIのバッテリー・電池持ちを比較すると、最も大きな違いはバッテリー容量です。Libero 5G IVのバッテリー容量は4,420mAhであり、4,120mAhのLibero 5G IIIより約7.3%増量しています。

また急速充電速度にも違いがあり、Libero 5G IVは最大22.5Wまでの急速充電に対応している一方で、Libero 5G IIIは最大18Wです。

そのほかバッテリーに関するデータを比較すると以下の通りです。

項目 Libero 5G IV Libero 5G III
バッテリー容量 4,420mAh 4,120mAh
急速充電 最大22.5W対応
(USB Type-C PD-PPS対応 ACアダプタで103分)
最大18W対応
(USB Type-C PD-PPS対応 ACアダプタで85分)
ワイヤレス充電
連続通話時間 [FDD-LTE] 約2,250分 [FDD-LTE] 約2,003分
連続待受時間 [FDD-LTE] 約618時間
[AXGP] 約627時間
[FDD-LTE] 約515時間
[AXGP] 約522時間

スペック出典:Libero 5G IVLibero 5G III|ワイモバイル公式

バッテリー容量、急速充電速度ともにLibero 5G IVとなったことで、Libero 5G IIIより進化しています。

ただし、カタログを見るとLibero 5G IVは満充電まで103分かかるのに対して、Libero 5G IIIは85分で済むことになっています。これは1分あたりの充電量もLibero 5G IVは約43mAhなのに対し、Libero 5G IIIは約48.5mAhなのでLibero 5G IIIの方が急速充電速度がおすすめです、と言えるほど単純なものではなさそうです。

この結果だけを見てLibero 5G IIIの方が早く充電できるとも言えないですし、充電速度は大きく変わらないと思うくらいがちょうどいいかもしれません。

バッテリー容量がLibero 5G IVの方が大きいのは紛れもない事実ですが、単純にLibero 5G IVの方が電池持ちが良いとも言えません。確かに連続通話時間、連続待受時間ともにLibero 5G IVの方が優秀な結果を出しています。

しかし、Libero 5G IVの電池持ちに関する不安点はTFT液晶を採用していることにあります。どのように測定したかは定かではありませんが、通話も待受も画面が点灯しているわけではないので、単純にバッテリー容量の差だけがこの結果に反映された可能性も否定できません。

例えば動画の連続再生時間といったデータをとった場合、電力消費が大きいTFT液晶を搭載しているLibero 5G IVが、有機ELを搭載しているLibero 5G IIIの再生時間を下回るという可能性は十分考えられます。

つまり、どちらの電池持ち(特に動画再生やスマホ操作をして画面が明るい状態が多い場合)が優秀かは判断材料に欠けるってことだね!

連続待受時間はLibero 5G IVの方が優秀というデータが出ているので、スマホを使う時間がそれほど長くない方で、電池持ちを重視する方はLibero 5G IV方が良いでしょう。一方でバリバリ使う方は、TFT液晶と有機ELディスプレイでどれほど消費電力に違いがあるかで変わってくるため、口コミがもう少し集まってから判断するのが良いかもしれません。

→ワイモバイルオンライストアのスマホセール会場はこちら

 

Libero 5G IVとLibero 5G IIIの生体認証の違いを比較

Libero 5G IVとLibero 5G IIIの違い

Libero 5G IVとLibero 5G IIIの生体認証を比較すると、指紋認証の位置と顔認証の可否が違いますLibero 5G IVの指紋センサーは側面にあるのに対し、Libero 5G IIIの指紋センサーはディスプレイ内にあります。またLibero 5G IVのみ顔認証に対応しています。

項目 Libero 5G IV Libero 5G III
指紋認証 側面電源ボタン内蔵指紋センサー ディスプレイ内蔵指紋センサー
顔認証 対応 非対応

スペック出典:Libero 5G IVLibero 5G III|ワイモバイル公式

Libero 5G IVになって側面電源ボタンに指紋センサーが内蔵されました。Libero 5G IIIのようなディスプレイ内指紋認証の場合、保護フィルムによってセンサーの感度が悪くなることがあります。その心配がないことがLibero 5G IVの大きなメリットです。

一方でディスプレイ内指紋認証の方が使いやすいという声もあります。側面にセンサーがある場合は右手左手で使いやすい指が違うため、利き手などによって、認証がしづらいという方もいるかもしれません。一方のディスプレイ内のセンサーであれば、どちらの手の指でも同じように使えます。

どちらが使いやすいかは最終的には好みによる部分もあるため、購入前にしっかり確認しておきましょう。

また、顔認証に対応しているのはLibero 5G IVのみです。日本では指紋認証の方が好まれる傾向にあり、指紋認証があれば顔認証は不要かもしれません。ただ、手袋をしている時や手が濡れている時などに対応できるので、ないよりはあったほうが良いでしょう。

どうしてもディスプレイ認証にこだわるのであればLibero 5G IIIを、こだわりがないのであれば顔認証も使えて便利なLibero 5G IVを選ぶと良さそうだね!

 

Libero 5G IVとLibero 5G IIIのSDカード・イヤホンジャックの違いを比較

Libero 5G IVとLibero 5G IIIの違い

Libero 5G IVとLibero 5G IIIのSDカードの対応状況やイヤホンジャックの搭載状況に違いはありません。どちらもSDカードに対応している一方で、イヤホンジャックは搭載していません。

項目 Libero 5G IV Libero 5G III
SDカード microSDXC/ 最大1TB microSDXC/ 最大1TB
イヤホンジャック

スペック出典:Libero 5G IVLibero 5G III|ワイモバイル公式

Libero 5G IVもLibero 5G IIIもSDカードに対応しています。

SIMトレーとmicroSDカードトレーが一体化しているので、左側面の穴にSIMピン(ない場合はペーパークリップで代用可能)を使ってトレーを取り出しましょう。SDカードをトレーに乗せて、本体に差し込むことで取り付けが完了します。

1TBまで拡張ができます。特にLibero 5G IIIはROMが64GBしかないため、アプリを多くダウンロードしたり、動画・写真をたっぷり撮影するとすぐに容量がいっぱいになってしまいます。SDカードを有効活用しましょう。

イヤホンジャックはどちらの機種にも非対応です。有線で音楽を聴きたい場合は3.5mmイヤホン端子をUSB Type-Cに変換できるアダプターを使うか、最初から接続端子がUSB Type-Cとなっているものを利用しましょう。

 

Libero 5G IVとLibero 5G IIIの4G LTE・5G通信の違いを比較

Libero 5G IVとLibero 5G IIIの4G LTE・5G通信を比較すると、対応バンドはどちらも共通しています。対応電波は以下の通りです。

項目 Libero 5G IV Libero 5G III
4G LTE B1 / B3 / B8 / B41 / B42 B1 / B3 / B8 / B41 / B42
5G 転用5G:n3 / n28
Sub6:n77
ミリ波:非対応
転用5G:n3 / n28
Sub6:n77
ミリ波:非対応

出典:ZTE Libero 5G IV搭載周波数帯一覧ZTE Libero 5G IV搭載周波数帯一覧

実はLibero 5G IVとLibero 5G IIIはほぼソフトバンク専用機となっています。4G LTE通信だとドコモのプラチナバンドであるB19、auのプラチナバンドであるB18とB26に非対応です。

プラチナバンドとは簡単にいうと障害物に強い電波のこと!波長が長いため障害物に強いと言われています!
つまりドコモやauの回線に持ち込んだ時プラチナバンドが使えない…建物内や地下、山奥で電波が悪くなる可能性があるということだ…

楽天モバイルでもauローミングの際にプラチナバンドが使えなくなるので、大きく影響します。

また、5G通信もauやドコモが主に使うn78やドコモが主に使うn79に対応していません。5G通信の面でもソフトバンク以外で使うと電波を受信しにくくなるのです。

Libero 5G IVもLibero 5G IIIもソフトバンク以外で使うことにデメリットがあることは知っておきましょう。

→ワイモバイルオンライストアのスマホセール会場はこちら

 

Libero 5G IVとLibero 5G IIIの防水防塵性能の違いを比較

Libero 5G IVとLibero 5G IIIの防水防塵性能を比較すると、防水性能はどちらもIPX5とIPX7に準拠していることは共通していますが、防塵性能に違いがあります。Libero 5G IVはIP6X等級に準拠しているのに対し、Libero 5G IIIはIP5X等級です。

項目 Libero 5G IV Libero 5G III
防水性能 IPX5等級準拠
(いかなる方向からの噴流水による有害な影響を受けない)
IPX7等級準拠
(規定の圧力、時間内であれば水没しても内部に浸水しない。)
IPX5等級準拠
(いかなる方向からの噴流水による有害な影響を受けない)
IPX7等級準拠
(規定の圧力、時間内であれば水没しても内部に浸水しない。)
防塵性能 IP6X準拠
(耐塵型、針金が危険な箇所に接近しないような保護がある)
IP5X
(防塵型、針金が危険な箇所に接近しないような保護がある)

スペック出典:Libero 5G IVLibero 5G III|ワイモバイル公式
防水防塵性能の出典:楽天モバイル

防水性能はIPX○と表現され、○の数字が大きいほど防水性能が高くなります。

0〜6の数字が流水によるテスト、7と8が水没のテストです。IPX5とIPX7に準拠しているということはどちらも、上から2番目の防水性能を持っています。通常利用であれば、水による故障をすることはほとんどないと考えていいはずです。

また防塵性能はIP●Xと表現され、●の数字が大きいものがより高い防塵性能を持ちます。Libero 5G IIIはIP5X等級に準拠しており、防塵型と呼ばれ、粉塵が入ることはあるが悪影響を与えるものは回避できるというものです。一方のLibero 5G IVはIP6は粉塵の侵入が完全に防護されているで、より高い防塵性能を誇ります。

故障の可能性を少しでも少なくしたい方は、ぜひLibero 5G IVを選びましょう。

 

Libero 5G IVとLibero 5G IIIのその他機能の違いを比較

Libero 5G IVとLibero 5G IIIの違い

Libero 5G IVの独自機能として挙げられるのは「詐欺・迷惑電話対策」機能です。Libero 5G IVでは通話中に画面中央メニュー右下の「録音ボタン」を押すことで通話音声の録音を開始できます。

Libero 5G IVとLibero 5G III_通話機能

Libero 5G IV(左)の通話画面には録音ボタンがある、右はLibero 5G IIIの通話画面(出典:スペック出典:Libero 5G IVLibero 5G III)

さらに通話相手に「この通話の録音を開始しました。」と警告を与えることもできる安心機能付きです。

電話による詐欺や迷惑電話の対策がしたい方はLibero 5G IVを選ぶと良いでしょう。

なお、指紋センサーを長押しすることで、あらかじめ登録しておいたアクション(任意のアプリやWebサイトを開く)を呼び出す機能はどちらも共通して搭載しています。

例えば右手の親指ならメールアプリ、右手の中指ならPayPayアプリを開くといった具合ですね。

ただし、Libero 5G IVの指紋センサーは側面の電源ボタンに、Libero 5G IIIの指紋センサーはディスプレイ内にそれぞれ搭載されています。指紋認証の位置が違うため、操作のしやすさに違いが出てきます。どちらが操作しやすかは、確かめておいた方が良いかもしれません。

ワイモバイル公式 ヤフー店 : https://ymobile-store.yahoo.co.jp/

最大23,000円相当キャッシュバック!学割も開催中!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※店舗と違って事務手数料がタダ!

 

ワイモバイル公式 : https://www.ymobile.jp/store/

オンラインストアなら機種代金が最大2万円値引き!学割も開催中!

今すぐLibero 5G IV/Ⅲをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,850円する事務手数料が無料!

>>最新の【ワイモバイル キャンペーン】はこちら
>>【ワイモバイルの評判】はこちら

 

Libero 5G IVとLibero 5G IIIどっちを買うべき?

Libero 5G IVとLibero 5G IIIの違い

ここまでLibero 5G IVとLibero 5G IIIを徹底的に比較してきました。先に結論を言うと、部分の方にとってのおすすめ端末はLibero 5G IVです。理由はLibero 5G IVは多くの部分でLibero 5G IIIから進化しており、上位互換にあたるからです。

ただし、Libero 5G IIIにもLibero 5G IVと違った強みをいくつか持っています。それを挙げると以下の通りです。

Libero 5G IVとLibero 5G IIIどっちがおすすめ?

  • Libero 5G IV…多くの方におすすめ!(上位互換だから)
  • Libero 5G III…以下の機能に魅力を感じる方のみ
    パープルが欲しい・少しでも大きい画面が欲しい、有機ELディスプレイが欲しい

なお、どちらもCPUは同じDimensity 700を搭載しています。おサイフケータイやeSIM、SDカードなどにも対応しているため、この辺りの機能にこだわりがある方はどちらを買っても問題ありませんが、Libero 5G IVの方が後悔することが少ないはずです。

もう少し詳しく見ていきましょう。

Libero 5G IVがおすすめな方

Libero 5G IV

Libero 5G IVさまざまな点でLibero 5G IIIより進化しています。したがって多くの方におすすめで、具体的なポイントは以下の通りです。

おすすめポイント

  • Libero 5G IIIより13g軽い
  • メインカメラが5,000万画素に強化(Libero 5G IIIは1,300万画素)、認識AI機能が搭載
  • ROM容量が128GBに増量
  • 顔認証に対応(Libero 5G IIIは非対応)
  • 防塵性能がIP6X等級に強化(Libero 5G IIIはIP5X等級)
  • 「詐欺・迷惑電話対策」機能搭載

近年スマホの進化の幅は年々小さくなってきていますが、Libero 5G IIIからLibero 5G IVの幅はかなり大きいと感じます。

特にカメラ性能の向上とROM容量の向上です。これだけでもLibero 5G IVに乗り換える理由になります。

メインカメラは画質が上がっただけではなく、認識AI機能が搭載されました。これはカメラのことは詳しくなくても綺麗な写真を撮れると言うことを意味し、Libero 5G IVのターゲット層にとてもマッチします。

また、Libero 5G IV のROM64GBはあまりにも小さすぎたため、128GBになったことも大きなメリットです。SDカード対応で容量が増やせるものの、内部ストレージに全て保管できた方が便利なのは間違いありません。

より使いやすいスマホを求めるのであれば、Libero 5G IVを選びましょう。

Libero 5G IVは大幅値引きで1円になることもあるので、迷わずLibero 5G IVを購入してOK!
ただし、Libero 5G IIIも全てでLibero 5G IIIより劣っている訳ではないんだな…次からはLibero 5G IIIを買った方がいい人についても説明するぜ!

Libero 5G IIIがおすすめな方

Libero 5G III

Libero 5G IIIは多くの部分でLibero 5G IVの下位互換となっていますが、ディスプレイ性能など一部スペックではLibero 5G IVと違う部分があります

Libero 5G IIIの強み

  • 画面サイズが6.67インチとLibero 5G IV(6.6インチ)より大きい
  • パープルがある(Libero 5G IVの限定色はブルー)
  • 有機ELディスプレイを搭載している(Libero 5G IVは液晶)
    →それに伴い電池持ちがいい可能性もあり
  • 指紋センサーがディスプレイ内に内蔵(Libero 5G IVは側面の電源ボタンにセンサー内蔵)

画面サイズは確かにLibero 5G IIIの方が大きいのですが、差を感じるほどかというと疑問が残ります。6.6インチでも十分大きいはずなので、決定打になるほどの違いではないでしょう。

最も大きいのは有機ELディスプレイであることです。液晶よりコントラストがはっきりして、特に黒が美しく発色されます。少しでも綺麗な画面をと思うのであれば、Libero 5G IIIの方が良いかもしれません。

ただし、液晶も画面全体が明るい、焼き付けを起こしにくいといったメリットもあり、完全な下位互換という訳ではありません。Libero 5G IVの画面を見てみて不満に感じるならLibero 5G IIIにしても良いかもしれませんが、ここも決定打にはならないように思えます。

ちなみに、Libero 5G IIIはワイモバイルオンラインストアで販売終了しています。後続モデルのLibero 5G IVとほぼ同価格だったことを考えるとLibero 5G IVを手にしておいて問題ないでしょう

確かにLibero 5G IIIにはない「強み」はあるのですが、どれもLibero 5G IVからのスペックダウンを受け入れるだけの価値があるものではないように思えます!

ワイモバイル公式 ヤフー店 : https://ymobile-store.yahoo.co.jp/

最大23,000円相当キャッシュバック!学割も開催中!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※店舗と違って事務手数料がタダ!

 

ワイモバイル公式 : https://www.ymobile.jp/store/

オンラインストアなら機種代金が最大2万円値引き!学割も開催中!

今すぐLibero 5G IV/Ⅲをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,850円する事務手数料が無料!

>>最新の【ワイモバイル キャンペーン】はこちら
>>【ワイモバイルの評判】はこちら

 

Libero 5G IVとLibero 5G IIIの違いまとめ

Libero 5G IVとLibero 5G IIIの違い

ここまでLibero 5G IVとLibero 5G IIIの違いを13項目で徹底解説してきました。最後にまとめると以下の通りです。

まとめ

  • 販売価格の違い
    発売当初価格はLibero 5G IVが21,966円、Libero 5G IIIが24,480円
  • デザイン・カラーの違い
    前面のフロントカメラ、背面のカメラユニット、側面電源ボタンの大きさが大きなデザインの違い、背面は別の端末と思うほど違いが大きい
    カラーはどちらも3色でホワイトとブラックは共通、加えてLibero 5G IVはブルー・Libero 5G IIIはパープルをラインナップ
  • サイズと重量の違い
    Libero 5G IIIの方が高さ・幅ともに2mm大きく、少し厚いがほぼ同じサイズといってもいいくらいの差に収まっている
    重量はLibero 5G IVの方が13g軽い
  • ディスプレイの違い
    Libero 5G IVは6.6インチのTFT液晶ディスプレイを搭載、Libero 5G IIIは少し大きな6.67インチの有機ELディスプレイを搭載
  • カメラ性能の違い
    メインカメラの違いが大きくLibero 5G IVは5,000万画素の高解像度カメラなのに対して、Libero 5G IIIは1,300万画素
    メイン・マクロ・深度測定カメラの3レンズ構成なのは共通
    Libero 5G IVは認識AI機能を搭載し、被写体によって自動で撮影機能が選択される
  • CPU・Antutuベンチマークの違い
    どちらもメディアテック社製のミドルレンジCPU Dimensity 700を搭載 Antutuベンチマークの目安は36万点前後で、基本的なスペックには違いがない
  • RAM・ROMの違い
    RAMはどちらも4GBで違いはない
    ROMはLibero 5G IVは128GBに対して、Libero 5G IIIは64GBと少し厳しい
  • バッテリー・電池持ちの違い
    バッテリー容量はLibero 5G IVは4,420mAhである一方で、Libero 5G IIIは4,120mAh
    急速充電はLibero 5G IVが最大22.5Wであるのに対し、Libero 5G IIIは最大18W
    連続待受時間や連続通話時間のデータはLibero 5G IVの方が優秀だが、TFT液晶であることの影響がどの程度あるのかが不明
  • 生体認証の違い
    どちらも指紋認証対応、センサーはLibero 5G IVは側面電源ボタン、Libero 5G IIIディスプレイ内に搭載されている
    顔認証に対応しているのはLibero 5G IVのみ
  • SDカード対応・イヤホンジャック搭載状況の違い
    どちらもSDカードに対応しているため、最大1TBの拡張ができる
    イヤホンジャックはどちらも非搭載
  • 4GLTE・5G通信の違い
    対応している4G LTEバンド・5Gバンドに違いがない、ただしどちらもドコモやauのプラチナバンドに繋がらないなど、ソフトバンク以外では使いにくい仕様になっている
  • 防水・防塵性能の違い
    防水性能はIPX5とIPX7に対応していて、ある程度の流水や水没には耐えられる
    防塵性能はLibero 5G IVがIP6X(最高)なのに対し、Libero 5G IIIはIP5Xに対応
  • その他機能の違い
    Libero 5G IVには「詐欺・迷惑電話対策」機能が搭載されている
    どちらも指紋センサーからのクイックアクセス機能を搭載しているが、指紋センサーの位置が違うので使い勝手に差があるかもしれない

Libero 5G IVは新モデルということもあり、Libero 5G IIIの上位互換であるイメージが非常に高くなっています。にもかかわらず、定価は一緒なので、多くの人はLibero 5G IVを買うべきでしょう特にメインカメラ性能やAIを使った写真撮影機能、ストレージ容量が増加したことはLibero 5G IVを選ぶべき、大きな動機になるはずです。

またLibero 5G IVは1円端末として売り出されることもあり、これからもそういった売り出され方がされるかもしれません。

一方で、Libero 5G IIIの方がいいと思う方も一定数いるでしょう。有機ELディスプレイであることを求める方や指紋センサーをディスプレイ内に欲しい方、少しでも大きな画面を求める方がそれに当たります。

どちらも本格的なゲームなど重たい作業は難しくても、普段使いなら十分なスペックを持っているスマホに仕上がっています。にもかかわらず2万円台で、タイミングによっては1円で買えるコスパの高さが大きな魅力です。

ぜひこの記事を参考にして、ご自身にぴったりの機種を購入して最高のスマホライフを送ってくださいね。

お買い得情報!

YM3

Libero 5G IVを安く買う方法は「キャンペーン×オンラインショップ」の活用!

手続内容 機種代金
新規契約 3,980円(18,016円お得)
乗り換え 3,980円(18,016円お得)
機種変更 17,676円(4,320円お得)

※2024年4月12日時点の情報です。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

通常価格は21,996円ですが、新規契約または他社からの乗り換えでシンプル2 M/Lを契約すれば一括3,980円で購入できます!

なんと最大18,016円もお得!!

スマホの買い替えはもちろん、新規契約でも3,980円になるのでサブ機や子どものスマホデビューにもピッタリです。

WEBから購入すれば店舗でかかる3,850円の事務手数料も無料です。

ワイモバイルオンラインストアは以下の青いリンクからアクセスできるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

→ワイモバイルオンラインストア ヤフー店 スマホセール会場はこちら

ワイモバイル公式 ヤフー店 : https://ymobile-store.yahoo.co.jp/

最大23,000円相当キャッシュバック!学割も開催中!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※店舗と違って事務手数料がタダ!

 

ワイモバイル公式 : https://www.ymobile.jp/store/

オンラインストアなら機種代金が最大2万円値引き!学割も開催中!

今すぐLibero 5G IV/Ⅲをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,850円する事務手数料が無料!

>>最新の【ワイモバイル キャンペーン】はこちら
>>【ワイモバイルの評判】はこちら

楽天モバイルお得情報!

要チェック!

RM 3.2(2)

iPhoneを購入するなら楽天モバイルがおすすめ!

キャリア最安値&最大32,000円相当の還元が受けられ、最新iPhoneでも実質半額以下で購入できちゃいます!

  • 一括払いまたは24回払い
    →最大20,000円値引き+最大12,000ポイント還元
  • 48回払い
    →最大12,000ポイント還元

例えば、他社では約145,000円~150,000円するiPhone 15(128GB)が、楽天モバイルなら131,800円で購入可能。32,000円相当の還元を加味すると、実質99,800円で購入できます。

いま使っているキャリアで機種変更するよりも断然安くなります! 浮いたお金でケースや画面保護フィルムを揃えることも可能。本体容量をワンランクアップしても良いでしょう。

分割払いにしたい方は48回払いの楽天モバイル買い替え超トクプログラムを使って2年後に端末を返却すれば、本体代金の約半分の支払いが免除になります。

iPhone 15(128GB)ならポイント還元も加味すると実質53,880円で入手できちゃうんです!

ぜひ、この機会に楽天モバイル公式サイトを覗いてみてください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

最大32,000円相当還元!

楽天モバイルでお得にiPhone15/15 Proを購入する

※楽天ポイントもザクザクたまる!

>>最新の【楽天モバイルクーポン】はこちら

ZTE記事一覧


Libero 5G IV_vs_Libero 5G III

ZTE

Libero 5G IVとLibero 5G IIIの違いを13項目で徹底比較!どっちを買うべき?
【特別価格】Libero 5G IVの投げ売りキャンペーン・値下げ情報まとめ!ワイモバイル独占販売(2)

ZTE

【特別価格】Libero 5G IVの投げ売りキャンペーン・値下げ情報まとめ!ワイモバイル独占販売
【特別価格】Libero Flipの投げ売りキャンペーン・値下げ情報まとめ!ワイモバイル独占販売

ZTE

【特別価格】Libero Flipの投げ売りキャンペーン・値下げ情報まとめ!ワイモバイル独占販売

ZTE Motorola razr 40/40s

Libero Flipとmotorola razr 40の違いを12項目で徹底比較!どっちを買うべき?

ZTE

Libero Flipの発売日・価格・スペック最新情報まとめ!ワイモバイルから2月29日発売

ZTE

Libero Flipの大きさ・画面サイズ・重さまとめ!折りたたみ可能な携帯性に優れたスマートフォン

HUAWEI ZTE Nothing Phone Xperia Galaxy SHARP Xiaomi Oppo Pixel ASUS Arrows 京セラ Motorola

【2024年】Displayport alternate mode対応スマホ一覧!ケーブル1本でテレビに映像出力できる!

ZTE iPhone(アイフォン) Nothing Phone Xperia Galaxy SHARP Xiaomi Oppo Pixel ASUS Arrows 京セラ Motorola

【2024年】Qi/Qi2対応のAndroid機種一覧!ワイヤレス充電で面倒なケーブルの抜き差しから卒業しよう!

iPhone(アイフォン) HUAWEI Nothing Phone ZTE Xperia Galaxy SHARP Xiaomi Oppo Pixel ASUS Arrows 京セラ Motorola

WiFi6/6E/7対応スマホ一覧!高速Wi-Fiが使えるスマホはこれだ!

ZTE

Libero 5G IIIとLibero 5G IIの違いを10項目で徹底比較!買うならどっち?
Libero 5G II スペック

ZTE 格安SIM Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイル Libero 5G II 発表!発売日・スペック・価格・前モデルLibero 5Gとの違いを解説
  • この記事を書いた人
iPhone大陸

iPhone大陸運営事務局

格安SIMの「ロケットモバイル」を提供する株式会社IoTコンサルティングが運営しています。「IoT」という手段を通して、世の中を効率化し、生産性を上げていくことをミッションに抱えています。年々高騰するスマートフォンや頻繁に変化する格安SIMを後悔せず選べるように「iPhone大陸」を運営しております。

-ZTE

© Copyright - 株式会社 IoTコンサルティング All Rights Reserved.